1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/16(木) 00:24:31.99 ID:KHZy3Pie0


※特に盛り上がりもないSSです。


 とある休日。街中にて。


幼馴染「久しぶり、三ヶ月ぶりぐらい?」

男「そんぐらいだな」

幼馴染「相変わらず童貞?」

男「童貞の何が悪い」

幼馴染「そっか。童貞なんだ」

男「お前こそ彼氏は?」

幼馴染「先々週告白された」

男「うそ。まじ?」

幼馴染「断ったけどね」

男「もったいねー。せっかくお前のこと好きになってくれた人いたのに」

幼馴染「私が好きじゃないもん」

男「じゃあしょうがないか」

幼馴染「しょうがないよ」

男「お昼食べた?」

幼馴染「まだ」

男「どっかで食べようぜ」

幼馴染「じゃあ、あそこにある喫茶店」

男「適当だな」

幼馴染「喫茶店って落ち着くから好きなんだよね」

男「わからんでもない」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1489591471

引用元: 幼馴染「男だ」男「男です」 


 

ポンコツンデレな幼馴染(1) (KCデラックス 月刊少年マガジン)
海月 れおな
講談社 (2016-12-16)
売り上げランキング: 5,333
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/16(木) 00:25:56.11 ID:KHZy3Pie0

 喫茶店


幼馴染「んー」

男「決まった?」

幼馴染「タマゴサンドかナポリタン。どっちが良い?」

男「俺はナポリタンが好き」

幼馴染「タマゴサンドにしようかな」

男「何で聞いたんだよ」

幼馴染「サンドイッチだったらタマゴサンドが一番だと思う」

男「それは同意だ」




ーーーー



店員「タマゴサンドとオムライスです」

幼馴染「美味しそう」

男「美味しそうだな」

幼馴染「......」もぐもぐ

男「......」もぐもぐ

幼馴染「......」もぐもぐ

男「......」もぐもぐ


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/16(木) 00:26:34.31 ID:KHZy3Pie0


幼馴染「あのさ」

男「なに?」

幼馴染「サンドイッチ? サンドウィッチ?」

男「......は?」

幼馴染「どっちが正しいの?」

男「サンドイッチって、確かサンドウィッチ伯爵が簡単に食べられる料理として考えた食べ物なんだろ」

幼馴染「へー」

男「確か語学的に表すのはサンドイッチが正しいらしいよ」

幼馴染「へー」

男「口語的に使う場合はサンドイッチでもサンドウィッチでも良いとかだった気がする」

幼馴染「へー」もぐもぐ

男「お前、どうでも良いと思ってるだろ」

幼馴染「うん」

男「折角人が教えてやってるのに」

幼馴染「ねえねえ、そのオムライス頂戴」

男「じゃあ、スプーンもう一つ貰うか」

幼馴染「別に今、男が使ってるので良いじゃん」

男「そうか?」

幼馴染「うん」

男「じゃあ、はい」つスプーン

幼馴染 もぐもぐ

男「どうですか?」

幼馴染「美味しい」

男「それは良かった」

幼馴染「あー食べた食べた」

男「あのさ、俺の使ったスプーンで食べるの嫌じゃないの?」

幼馴染「嫌じゃないけど?」

男「ふーん......そっか」

幼馴染「あ。もしかして私と間接キスするの照れてる? 童貞だねー」

男「童貞関係ないだろ」

幼馴染「その私が口の中に入れたスプーン舐め回しても良いよ?」

男「しねーよそんなこと」

幼馴染「なんだ。つまんないの」

男「つまらないって何だよ」

幼馴染「べっつにーなんでもないよーだ」

男「全く......」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/16(木) 00:28:21.49 ID:KHZy3Pie0


ーーーー



男「どっか行く?」

幼馴染「本屋」

男「じゃあ行くか」



 なんやかんやして、夕方。帰り道。



男「久しぶりにお前と遊んだけど、楽しかったな」

幼馴染「たまにはいいね」

男「家が百メートルぐらいしか離れていないのになんでこんなに会わないんだろうな」

幼馴染「なんでだろうね」

男「まあ、会いたいと思ってるわけでは無いけど」

幼馴染「ふーん......」

男「じゃあな」

幼馴染「あのさ」

男「なに?」

幼馴染「たまには遊びに誘ってよ」

男「ん? おう?」

幼馴染「たまにでいいからさ」

男「どうしたんだよ急に」

幼馴染「別に。ただ、たまには男と遊びたいなーと思っただけ」

男「そうか」

幼馴染「あとさ、男って彼女作ったりしないの?」

男「そりゃあ、欲しいと思う時もあるよ。でも、どうしても欲しいというわけでは無いかな」

幼馴染「そっか」

男「大丈夫か?」

幼馴染「何が?」

男「いつも、こんなこと聞かないじゃん」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/16(木) 00:29:58.56 ID:KHZy3Pie0


幼馴染「......」

男「幼さん?」

幼馴染「私って、男のこと好きなのかな?」

男「......はい?」

幼馴染「小学校の時に知り合ってこうやって腐れ縁で大学生になった今でも遊んだりしてるけどさ」

男「そうだな」

幼馴染「たまにこうやって会って遊ぶと、やっぱ男といると楽しいなーって思うんだよね」

男「そっか」

幼馴染「私って男のこと好きなの?」

男「俺に聞かれても困るよ」

幼馴染「キスしても良い?」

男「へ?」

幼馴染「だめ?」

男「......べつに......だめではないけど」

幼馴染「ん......」

 幼馴染は少し背伸びをし、男にキスをした。

男「......えっと」

幼馴染「キスしちゃった」

男「しちゃったな」

幼馴染「ごめん」

男「なんで謝るんだよ」

幼馴染「私、男のこと好き」

男「......」

幼馴染「急展開でごめんね」

男「本当だよ。急展開すぎるよ」

幼馴染「どうしよっか?」

男「どうしようと言われましても......」

幼馴染「......」

男「......」

幼馴染「......」

男「付き合う?」

幼馴染「......うん」

男「じゃあ、よろしく」

幼馴染「よろしく」

男「じゃあ、たまには遊びに誘うわ」

幼馴染「うん」

男「じゃあな」

幼馴染「ばいばい」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/16(木) 00:31:27.07 ID:KHZy3Pie0


 三年後



幼馴染「ども」

男「お互い都合が合わなくて遊ぶの一ヶ月ぶりぐらいになっちゃったな。ごめん」

幼馴染「別に良いよ。スカイプはしてるわけだし。あと、遊ぶじゃなくてデートでしょ」

男「そうだったな」

幼馴染「全く」




 喫茶店



幼馴染「私たち、付き合って三年経つんだよ。知ってた?」

男「まじで? 時が過ぎるのは早いなー」

幼馴染「そうだね」

男「好きだよ」

幼馴染「......なに急に」

男「お前が顔赤くするの見るの好きなんだよね」

幼馴染「赤くなってないし」

男「なってるよ」

幼馴染「ねえねえ」

男「なに?」

幼馴染「好き」

男「......そっか」

幼馴染「......うぅ」

男「自分で言っといて照れるなよ。赤い顔がさらに赤くなってるぞ」

幼馴染「うっさい」

男「はは。おもしれー」

幼馴染「私を照れさせた罰として、パフェおごって」

男「えー。二回目のは自滅しただけじゃん」

幼馴染「私の命令は絶対」

男「じゃあ割り勘な」

幼馴染「しょうがないな。それで許してあげよう」

男「なあなあ」

幼馴染「なに?」

男「好き」

幼馴染「やっぱり奢りで」

男「えー。そんなー」




おしまい