1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 22:18:13.45 ID:FNyv7B5d0
ちなつ「好きです」

終業式も近い、ある晴れた日。
私は、結衣先輩に告白した。

勝算なんて無かったし、焦っていたわけでもない。
結衣先輩と出会ってから一年が過ぎようとしているこの時期に、
なんとなく、ひとつの区切りを付けたくなった。
ただ、それだけ。

私の言葉に結衣先輩はあっけに取られたような顔をしたあと、
申し訳無さそうに、「ごめん」と一言つぶやいた。

予想していたとおりの言葉。
覚悟も出来ていたはず。
それでも言葉を発しようとした瞬間、涙腺が緩みそうになる。
そんな自分の弱さに、ちょっとだけ失望しながら、
「ですよね」
と、一言、笑みを作りながら返した。

私がどうこうと言うわけではなく、恋愛というものがわからない。
そんなフォローの言葉をかけてくれた気がしたけれど、よく憶えていない。
結衣先輩の負担にならないよう、平静を装うことに全力を尽くしていたからだろうか。
その甲斐あって、私は涙をこぼすことなく、微笑みを保ちながらその場を離れることが出来た。


こうして私は、結衣先輩にふられた。

引用元: ちなつ「安価で結衣先輩を吹っ切りたい」 


 

ゆるゆり Blu-ray BOX (完全生産限定)
ポニーキャニオン (2014-07-16)
売り上げランキング: 34,884
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 22:20:02.16 ID:FNyv7B5d0
【新学期 1-2教室】

ちなつ「あー、春休み終わっちゃったよー」

あかり「終わっちゃったねぇ。でもあかり、またみんなに毎日会えるから嬉しいかな」エヘヘ

ちなつ「あかりちゃんはほんっといいこだよねえ……」ナデナデ

あかり「えへへ……なでなでされちゃった/// ってあかり子供じゃないよっ!」プクー

ちなつ「あはは、ごめんごめん」

ちなつ「……話変わるけどさ、なにか面白いこと無いかなあ?」

あかり「どうしたの?」

ちなつ「最近毎日に張り合いが無いんだよねぇ。春休み中に何か打ち込めることに出会えると思ったんだけど」

ちなつ「やっぱり結衣先輩を超える素敵ななにかは無くってさー」

ちなつ「ていうか、まだ結衣先輩に未練がある女々しい自分がもう嫌で嫌で」ハァ

ちなつ「だから恋でも趣味でも何でもいいから、すぐにでも新しいことにハマりたいってわけ」

あかり(ちなつちゃん、がんばって結衣ちゃんへの想いを断ち切ろうとしてるんだ……)

あかり(強いなぁちなつちゃん……。うん!あかり、力になりたいっ!)

あかり「あかりにまかせて!……そうだ!>>6とかいいと思うよっ!」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 22:24:35.75 ID:XCPB8oAg0
三点倒立

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 22:34:22.17 ID:FNyv7B5d0
あかり「あかりにまかせて!……そうだ!三点倒立とかいいと思うよっ!」

ちなつ「……あかりちゃん、私のパンツ見たいの?」

あかり「え!?そ、そんなことないよ!」

あかり「三点倒立することによって頭に血がのぼっていいアイディアが浮かぶって聞いたよ!」

ちなつ「頭に血が上ったら、冷静じゃなくなっちゃうと思うんだけど……」

あかり「確かに!!」

ちなつ「でもまあせっかくあかりちゃんが言ってくれたんだし、信じてみてもいいかな」

ちなつ「ってことで、あかりちゃん。今すぐ三点倒立していいアイディアだしてね☆」ニコッ

あかり「え?ええええええ!パンツ見えちゃうよっ!?」

ちなつ「言いだしっぺがやらないと、ね?」

あかり「う……。そ、そうだよねぇ、ちなつちゃんの言うとおりだよ……」クスン

あかり「よ、よしっ、あかりがんばるよっ!とうっ!!」ガバッ

ちなつ「おっ、じょうずじょうず!ふむふむ、今日はくらげのパンツなのね」

あかり「み、見ないでよぅ.///」

あかり「……ひ、ひらめいたよっ!>>15

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 22:38:43.34 ID:v0FGovZ60
音ゲー

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 22:47:04.52 ID:FNyv7B5d0
あかり「……ひ、ひらめいたよっ!音ゲーだよ、ちなつちゃん!!」

ちなつ「よし、記念に写メ取ってあげたよ、あかりちゃん」カシャッ

あかり「ねぇ、あかりのアイディア聞いてた?っていうか、ほんとに写メ撮っちゃったの!?」

ちなつ「だってこんなシーンたぶん二度と見られないし。スカートで顔が隠れてるから安心して」

あかり「そういう問題じゃないよね!?」

ちなつ「うーん、音ゲーねぇ。ゲームはそんなにしないけど、やらないで却下もアレだしねぇ」

あかり「ちゃんと聞いててくれたんだ、よかったぁ」ホッ

あかり「ってよくないよくない!写メ消してぇ!!」

ちなつ「『これはいったいだれでしょう?』、櫻子ちゃんと向日葵ちゃんに送信っと」ピッ

あかり「ちなつちゃあああん!!」

ちなつ「楽しみはみんなで分かち合わないと……ね?」ニコッ

あかり「うぅ……楽しんでくれるとは思えないんだけど」

ちなつ「さて、やっぱり音ゲーと言えばゲーセンだよねぇ」

ちなつ「ゲーセンと言えば>>23に聞くのが一番かなぁ?」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 22:48:47.44 ID:wB9e+sev0
櫻子ちゃん

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 22:58:15.92 ID:FNyv7B5d0
ちなつ「ゲーセンと言えば櫻子ちゃんに聞くのが一番かなぁ?」

あかり「へぇ、櫻子ちゃんってゲームセンターに詳しいんだ」

ちなつ「詳しいかどうか分からないけど、この間『ゲーセン最高!』とか言ってはしゃいでたから」

あかり「そうなんだ~、あかりもあんまり行ったことないんだよねぇ。」

あかり「おねえちゃんが、不良がたくさんいるからダメだって」

ちなつ「……ふ、ふーん」

ちなつ「(あかりちゃんのおねえさんにはノータッチでいたい。なんとなく)」

櫻子「おはよ~!」

向日葵「おはようございます、みなさん」

あかり「櫻子ちゃん向日葵ちゃん、おはよう」

ちなつ「おはよう。いいタイミング、櫻子ちゃんにお願いしたいことがあったんだ」

櫻子「ん?なにかな?頼りになる櫻子さんになんでもきいてくれたまえ!」エヘン

向日葵「また偉そうに。吉川さん、櫻子でいいんですの?」

ちなつ「うん。ゲーセンの音ゲーについて聞きたくって」

櫻子「ゲーセンかぁ。>>32

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 23:01:10.62 ID:EF3YoUik0
この前船見先輩といったよ
すっごい楽しかった!

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 23:01:50.94 ID:xhqRwwQq0
>>30

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 23:11:29.77 ID:FNyv7B5d0
櫻子「ゲーセンかぁ。この前船見先輩といったよ。すっごい楽しかった!」

あかり「……ちょ、ちょっと櫻子ちゃん」アセアセ

向日葵「あ、あなたいつの間に……」

櫻子「それでさ~、メダルゲームっていうの?それをやったらどっさり出てきちゃって!」

櫻子「競馬ゲームやったんだけど、私と船見先輩で予想が同じになっちゃって」

櫻子「気が合うね、とか言いながら、せっかくだからって全部かけたら大当たり!!」

櫻子「いや~、億万長者になった気分だったね!」ムフー

あかり「……」チラ

ちなつ「へぇ~。すごいじゃない櫻子ちゃん、今度メダル分けてよ、ね?」

櫻子「いいよ、使いきれないくらいゲットしちゃったから。今度みんなで行こうよ」

ちなつ「他には、音ゲーとかはやらなかったの?」

櫻子「うん、やらなかったな~」

ちなつ「そっか、じゃあ別の人に聞かなくちゃダメかな」

向日葵「そ、それで櫻子、どうして船見先輩といっしょにゲームセンターなんかに?」ソワソワ

櫻子「あー、それはねー。>>40

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 23:13:50.44 ID:2mpZl+4D0
船見先輩カッコイイから私から誘ったんだよ!

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 23:24:17.77 ID:FNyv7B5d0
櫻子「あー、それはねー。船見先輩カッコイイから私から誘ったんだよ」

向日葵「」

あかり「え、櫻子ちゃん、結衣ちゃんのこと、その」

櫻子「うん。前にさ、晩御飯当番でメニュー悩んでた時、相談に乗ってくれてさ」

櫻子「困ったことがあったら相談してよ、とか言ってくれてさ」

櫻子「なんかすっごく頼りになる感じでカッコイイ!って思っちゃって///」

櫻子「その後、時々メールとかでいろいろ話したりしてたんだよね」

櫻子「で、そのうち船見先輩見かける度にドキドキするようになって」

櫻子「もしかしてこの気持ちって、好きってやつなのかなーとか気づいちゃったんだよね」キャー

櫻子「で、思い切ってデートに誘ってみたらオッケー貰えてさ~。幸せだったなあ」

向日葵「……そ、そうでしたの。まさかあなたがそこまで進んでいたとは思いませんでしたわ……」ズーン

あかり「で、でも結衣ちゃんは単に遊びに行っただけなんじゃないかなぁ?」

櫻子「む?そんなことないよ!ちゃんとしたデートだったもん!」

あかり「でも」

ちなつ「ありがとあかりちゃん、もういいよ。>>49

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 23:27:04.27 ID:IWfKDqIh0
ところで包丁持ってない?

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 23:39:40.45 ID:FNyv7B5d0
ちなつ「ありがとあかりちゃん、もういいよ。ところで包丁持ってない?」

あかり「え?持ってるわけ無いよ……ちょ、ちょっとちなつちゃん!?」

ちなつ「なに動揺してるのあかりちゃん。あ、さては変な想像してたでしょー?」ジトー

あかり「え、えっと……そんなこと、ないよ」

ちなつ「今日、調理実習あったでしょ?先生が包丁用意してこいって言ってたの忘れてて」

あかり「調理実習は明日だよ?それに包丁用意しなさいなんて言ってなかったし……」

ちなつ「そっか、私の勘違いだったか。私ったらおバカさん☆」テヘペロ

あかり「ちなつちゃん……」

ちなつ(あぶないあぶない、包丁持って結衣先輩に問い詰めようかと思っちゃった)

ちなつ(……あーあ、まだ私の中にこんなに結衣先輩への想いが残っちゃってるのか)

ちなつ(ほんのちょっとの未練が残ってるだけかと思ってたんだけどなぁ……)

ちなつ(はぁ……自分がこんなに未練がましいとは思わなかったな)

ちなつ(やっぱり恋を忘れるには恋しかないのかな……)

ちなつ(誰か……誰かへの想いで結衣先輩への気持ちを全部塗りつぶしちゃいたい)

ちなつ「みんな。昼休みに相談したいことあるんだけど、いいかな?」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 23:46:05.28 ID:FNyv7B5d0
【昼休み 1-2教室】

ちなつ「カクカクシカジカで新しい恋に出会いたいの」

あかり(うまく結衣ちゃんのことは隠したね)ホッ

向日葵「そうでしたの……、私達に協力できることがあるなら何でも言ってくださいな」

櫻子「私も全力で応援するよー!いっしょに恋の相談とかしたいしね」

あかり「そ、そうだね!」

あかり(櫻子ちゃんもいっしょで大丈夫かな……)

ちなつ「それで、誰が私に合ってるから、客観的な意見を教えて欲しくて」

向日葵「そうですわね……、>>60とか?」

櫻子「>>61がいいよ!」

あかり「うーん、>>62は?」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 23:47:29.59 ID:2MFkd3az0
撫子

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 23:47:41.97 ID:NBQNzI3F0
あかね

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 23:47:42.84 ID:jDy6Vz8D0

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 00:01:13.19 ID:f7hfyq5C0
向日葵「そうですわね……、撫子さんとか?」

櫻子「うちのねーちゃん!?なんでねーちゃんが出て来るんだよ」

向日葵「そうですわね……、撫子さんなら年上ですし、吉川さんの失恋の痛みを消せるのでは、と」

櫻子「ねーちゃんには無理無理!きっつい言葉かけるだけだよ。私なんていつも(以下略」

向日葵「それはあなたが原因でしょうに……」

向日葵(あ……それ以前に撫子さんには彼女さんらしき方がいらしたんでしたわ)

向日葵「すみません、私の案は取り下げさせていただきますわ」ペコリ

櫻子「ようやくわかったか。同じねーちゃんなら、あかりちゃんのおねえちゃんがいいんじゃない?」

櫻子「前に写真見せてもらったら、すっげー優しそうだったし!」

ちなつ「え”!い、いやそのあかりちゃんのおねえさんは……その、ごめん」

ちなつ(あかりちゃんちにお泊りして以来、苦手なんだよねぇ。あかりちゃんには悪いけど)

あかり「そ、そうだよ、おねえちゃんとちなつちゃんじゃ歳も離れてるし」

あかり「そ、それなら……あの……り、とか?」ボソッ

櫻子「あかりちゃん、聞こえないよ?」

あかり「だ、だから……その……、あ、あかりなんてどうかな!?」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 00:04:47.32 ID:f7hfyq5C0
向日葵「ええっ!!///」

櫻子「ま、マジでっ!?あかりちゃんすっげー///」

あかり「///」

あかり(ううぅ、い、言っちゃった……言っちゃったよぉ)

あかり(今まで隠してきたのに、伝える気なんてなかったのに……)

あかり(おねえちゃんにちなつちゃんを取られちゃうかもって思ったら)

あかり(声に出しちゃってた……)

あかり「あ、あの、今のは、ただのじょうd」アセアセ

ちなつ「>>74

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 00:09:11.46 ID:FmUK+47B0
セフレならいいよ

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 00:20:55.18 ID:f7hfyq5C0
ちなつ「セフレならいいよ」

向日葵「よ、吉川さんっ!?」ガタッ

あかり「え?セフレ?え……?」

櫻子(セフレってなんだろ?うーん。……あ!)

櫻子「スフレくれたらいいよってことか!ちなつちゃん、噛んじゃダメだよ~」アハハ

向日葵「あなたは黙ってなさい!」

櫻子「……うぉっ!」ビクッ

向日葵「吉川さん……、どういうつもりなんですの?」

向日葵「たしかに赤座さんはこの相談に便乗……というか、きっかけとしたにしろ、
     私の見たところ、赤座さんは想いは本物のように思えましたわ」

向日葵「それをなんですの?意うに事欠いて、せ、セフレ、だなんて……」

向日葵「冗談でも言っていいことと悪いことがありますわ!」

ちなつ「……」

向日葵「なんとかおっしゃいなさいな!いくらお友達とはいえ、私本気で怒ってますのよ」

ちなつ「だって……」

84: すまん ちょっと訂正 2012/06/19(火) 00:29:47.13 ID:f7hfyq5C0
ちなつ「だってからかってるんでしょ?」

ちなつ「私が今までどれだけ先輩を好きで、追いかけて、苦しんで、喜んで、悲しんで、」

ちなつ「その全部をあかりちゃんは見てきたでしょ!?」

ちなつ「私が本気で違う道を探そうとしてるのに、他でもないあかりちゃんにそんな冗談言われたら!」

ちなつ「私だって……私だって怒るよっ」ポロポロ

向日葵「よ、吉川さん……?」

向日葵「そこら辺の事情はよくわかりませんが、赤座さんはけっしてからかってなど……」

あかり「ち、ちなつちゃん……、>>86

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 00:30:01.57 ID:7CRhWvOh0
あかりセフレでもいいよ

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 00:41:14.85 ID:f7hfyq5C0
あかり「あかり、セフレでもいいよ?」

向日葵「あ、赤座さん!その……セフレ……の意味を分かって言ってるんですの!?」

あかり「ううん、わからないけど、いいの」

あかり「向日葵ちゃん、あかりなんかのために本気で怒ってくれてありがとね」ニコ

あかり「ちなつちゃんの心がそれで少しでも癒えるなら……あかり、それでいいかなって」

向日葵「赤座さん……でもそれでは」

あかり「それにね……向日葵ちゃんが本物だって言ってくれたあかりの気持ち」

あかり「あかり自身、冗談で流しちゃおうとしちゃってたんだ……」

あかり「ずっと……ずっと大切にしてきたのにね」ポロポロ

向日葵「あ、赤座さん……」ウルッ

向日葵「吉川さん……これでも赤座さんがあなたをからかってるとおっしゃるの?」

ちなつ「>>95

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 00:44:22.61 ID:tmHt5goZ0
本当に私のこと好きなら証明して見せてよ

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 00:53:40.47 ID:f7hfyq5C0
ちなつ「本当に私のこと好きなら証明して見せてよ」

あかり「証明……?」

向日葵「今の赤座さんを見れば充分証明できてますでしょう!?これ以上何を……」

櫻子(ヘビーな展開過ぎて正直ついていけない……)

櫻子(……でも)

櫻子「わ、私も誰かを好きになるって気持ち知ったの最近で、偉そうなこと言えないけど」

櫻子「あかりちゃんは本当にちなつちゃんのこと好きなのはわかるよ?」

櫻子「だから……」

あかり「ちなつちゃん、あかり何をしたらいい?何をしたら証明できる?」

向日葵「赤座さん、吉川さんも意地になってるだけですわ……」

向日葵「受けてたってもこじれるとしか」

ちなつ「>>104

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 00:55:02.93 ID:KSUkDptE0
キス

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 01:07:45.52 ID:f7hfyq5C0
ちなつ「キス」

あかり「え?」

ちなつ「本当に私のことが好きなら、キスしてみせてって言ったの!///」カァァ

さくひま「!!」

向日葵(私達がでしゃばるまでもなく……)

向日葵(すでに吉川さんには赤座さんの気持ちが届いていたということですか)

ちなつ「……どうせできないんでしょっ?」フイッ

あかり「……」

ちなつ「い、今なら取り消してあげt……え?」

あかり「……」チュ

ちなつ「///」プシュー

櫻子「おおおおおお!生ちゅー初めて見た!///」ドキドキ

向日葵「あ、あなたにはまだ早いですわよ!!///」ガンミ

あかり「証明……出来たかな?///」

ちなつ「>>117

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 01:08:33.88 ID:RnAnZDqD0
やっぱり結衣先輩じゃないとだめ

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 01:27:20.24 ID:f7hfyq5C0
ちなつ「やっぱり結衣先輩じゃないとだめ」

櫻子「ちょ、ちょっとそれはさすがに酷くない!?」

櫻子「あかりちゃんだよ!?あのあかりちゃんが自分から、き、きききキスしたんだよ!?」

櫻子「どれだけ勇気出したか、一番の友達のちなつちゃんならわからないわけないじゃん!!」

櫻子「そ、それなのにそんな……酷いよ」グスッ

向日葵「櫻子……」ナデナデ

向日葵「吉川さん……、それがあなたの答え、というわけでよろしいんですのね?」

ちなつ「……」コクリ

あかり「あはは……やっぱり、ダメだったか……」

あかり「……う、うわあああぁぁぁぁぁぁん」ボロボロ

ちなつ「……」

ちなつ「ちょっとあかりちゃん、なに勝手に終わった感じにしなってるの?」

あかり「え、だ、だってあかり証明できなくて」グスグス

ちなつ「あ、あんな唇が触るか触らないか程度のキスで結衣先輩への想いが消えると思ってるの!?」

ちなつ「もっと……結衣先輩への想いが消えてなくなるくらいキスして!!」

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 01:40:36.93 ID:f7hfyq5C0
あかり「ち、ちなつちゃん……!?」

ちなつ「なんてね……。もう充分伝わってるよ。照れくさくてあんなこと言っちゃったけど」

あかり「ほ、ほんと……?」ウルッ

ちなつ「あかりちゃん……」ギュ

ちなつ「……ごめんね。私、あかりちゃんの気持ち、ずっと気づかなかった」

ちなつ「あかりちゃんには色々相談したり、お願いしたり、たくさんしてもらったのに」

ちなつ「私は自分のことばっかり……」

ちなつ「でもこれからはあかりちゃんのこと、ちゃんと見るから」

ちなつ「あかりちゃんのこと、いっぱい知りたいから」

ちなつ「だから……こんな私だけど、よろしくお願いします///」

あかり「うんっ、よろしくね!ちなつちゃん!」

あかり「それじゃさっそく……んー」

ちなつ「ちょっ、あかりちゃんなにしてんの!?」

あかり「え?だってもっともっとキスしないと……」

ちなつ「あ、あれは例えというか……」

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 01:46:36.58 ID:f7hfyq5C0
ちなつ「さっきのキスで充分だから……」

ちなつ「練習じゃない……本当のファーストキスだけで胸がいっぱいだから」

あかり「ちなつちゃん……///」

パチパチパチ

あかちな「??」

クラスメイト一同「なんだかよくわかんないけどおめでとう!」パチパチパチ

ちなつ「私たちだけで盛り上がってたけど……///」

あかり「昼休みの教室だったの忘れてたよぉ!!///」

櫻子「まあいいじゃん」

櫻子「みんな修羅場っぽいとこやカップル誕生見られて大満足でしょ」ニヤニヤ

向日葵「終わりよければ全てよし、ですわ」フフッ

あかちな「ううぅ~///」

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 01:59:38.35 ID:f7hfyq5C0
それから私たちはクラス公認のカップルになった。
(なってしまった)

まあ、人目を気にせずイチャイチャできていいんだけどね///

あれから、櫻子ちゃんはなんだか責任を感じで、四苦八苦してるらしい。


櫻子「っていうかちなつちゃんの失恋相手って船見先輩だったの!?」

櫻子「うっわ、責任重大じゃん……。私に惚れちゃったせいでちなつちゃんを振ったに決まってるよ……」

向日葵「……それはどうかしらね?」クスクス

向日葵「さて。私も、ぼーっとしていてはいけませんわね」


向日葵ちゃんもなんだかやる気を出してるみたい。
がんばってね!


そして私は、あの日のことを振り返る。

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/19(火) 02:03:00.43 ID:f7hfyq5C0
あかり「……あかりなんてどうかな?」

桜の舞い散る、ある晴れた日。
私はあかりちゃんに告白された。

今まで気づきもしなかった一番の親友からの、
突然の一言だった。

あまりにも唐突過ぎたその一言は、私を混乱させるに充分すぎるもので、
結衣先輩のように、相手を思いやる言葉一つ出せずに、
ずいぶんと酷い言葉をかけてしまった。

それでも、諦めず、私に思いを伝えてくれたあかりちゃん。
一生懸命、私を諌めてくれた、向日葵ちゃん、櫻子ちゃん、
かけがえの無いみんなのおかげで、私は大切なものを得ることが出来た。

私の、大切な恋人。


ちなつ「大好きだよ、あかりちゃん」

あかり「あかりも!」


こうして私は、あかりちゃんと恋人になった。



おわり