2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:36:26.09 ID:2FcmIGFg0

モバP「え?ラブレター!?飛鳥って書いたことあるの!?」

飛鳥「一応ね……だが先に言っておくけど心温まるような話じゃない」

飛鳥「言うならそう、これはボクの過ち。いわば罪の告白だと思ってくれ」

モバP「罪って……おまえ何をやったんだよ」

飛鳥「これはボクがこのプロダクションにきて最初の夏の話さ」


引用元: 二宮飛鳥「ラブレターの話をしよう」 


 

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 10 Jet to the Future
歌:多田李衣菜(CV:青木瑠璃子)、木村夏樹(CV:安野希世乃)
日本コロムビア (2017-04-19)
売り上げランキング: 31
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:38:50.88 ID:2FcmIGFg0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

当時、気になる人がいたんだ。

その人はボクのことを色々と気にかけてくれてね。

悪い気はしなかったし、正直にいうとその心遣いは心地よかった。

それはその人がボクと似た波動もつもの、つまり“痛いヤツ”だったからかな?

ともかくボクはいつしか友情以上の情を持つようになったんだ。

そしてその気持ちがついに抑えきれなくなってね……書いてしまったんだ

蘭子にラブレターを

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



モバP「ちょっと待って」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:40:38.05 ID:2FcmIGFg0

モバP「え?なに?蘭子に書いたの?」

飛鳥「ああ、まだデビューして間もない新人が2代目シンデレラガールに書いたんだ」

モバP「いや、それ以前に性別とか色々と……」

飛鳥「そんなの恋の炎の前では些細なことだよ……話を続けていいかな?」

モバP「いや、その……どうぞ」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:43:00.31 ID:2FcmIGFg0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

衝動に突き動かされるままに書いたラブレター

だけどボクにはそれを直接渡す勇気がなかった

初めて知ったよ。人は人を愛するとこんなにも弱くなるのかってね……

けど、ボクは自分を信じた。

これは本当の弱さじゃないってね

だからボクは勇気をだしたんだ


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:44:21.19 ID:2FcmIGFg0

地獄のようなレッスンが終わると走ってミッションに取り掛かった

向かった先は更衣室にある蘭子のロッカー

まだ誰も戻ってきてないことを確認してからラブレターを取り出した

黒い封筒の中には黒い便箋と思いを込めた赤い文字……

そしてトランプのジョーカーが入っている

ボクはそれをロッカーの隙間に差し込んだ

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:46:22.66 ID:2FcmIGFg0

ちなみにラブレターの内容はこれだよ



こんにちは……いやこの場合は初めましてかな?

僕はこのプロダクションに古くから住んでいる幽霊さ。

僕はずっと君のことを見てきた。いわば魔王の瞳に魅入られしもの……

これからも君のことを見守っているよ


                  プロダクションのジョーカーより

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


モバP「ちょちょちょ待って」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:48:53.60 ID:2FcmIGFg0

モバP「なんだよプロダクションのジョーカーって!?」

飛鳥「どうだい?カッコイイだろ?」

モバP「いやおまえジョーカーじゃなくて二宮飛鳥だろ!?」

飛鳥「だって……名前を書くの恥ずかしいし//////」モジモジ

モバP「なんでそこで恥ずかしがる!!」

飛鳥「しょ、しょうがないだろ!これでも精一杯勇気をだしたんだ!」

飛鳥「だいたいPは誰かに告白したことがあるのかい!?」

モバP「いや、その……ないです」

飛鳥「だったらボクの一世一代の告白に口出ししないでくれ!」

モバP「サーセン」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:51:24.53 ID:2FcmIGFg0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

少し逸れたが話を続けるよ

ラブレターを置いたボクは一度更衣室を出て談笑しているみんなと合流

そのままみんなと更衣室へ向かった……つまりアリバイってやつを作ったのさ

そしてそのまま蘭子がラブレターに気づくのを待った

ラブレターに気づいた蘭子は目を輝かせながら手紙を懐にしまい

部屋で赤面しながら読むに違いない

その時ボクはそう思っていた……それがあんな惨劇に繋がるなんて



蘭子「これは……手紙か?」ガサガサ


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:54:58.39 ID:2FcmIGFg0

実際、人生は計算外のことばかりだ。まさかこの場でラブレターを読み始めるなんてね

だがきっと蘭子は目を輝かせ喜ぶに違いない!

だってジョーカーなんだ!幽霊なんだ!

そんな非日常の存在からラブレターをもらったら誰だって歓喜するはず!

蘭子「なにこれ、気持ち悪い……」ガクブル

まったく、人生ままならないものさ


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:57:22.45 ID:2FcmIGFg0

みりあ「蘭子ちゃん!なに読んでるのー?」

莉嘉「もしかしてラブレターじゃない?」

みりあ「ラブレター!?みりあにもみせてー!!」

飛鳥(まずいな、まさか周りが騒ぎ出すとは……)

早苗「どれどれ……ブホwwwwwww」

早苗「なにこれwwwwwwww幽霊wwwwwwジョーwwwwwカーwwwwww」

飛鳥(そして公衆で読み上げられるとは……)プルプルプル


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 20:59:18.83 ID:2FcmIGFg0

早苗「ちょっとwwww誰よwwwwwこんなイタズラwwwwww」

飛鳥(いや、イタズラじゃなくてラブレターなんだけど)

みりあ「私と莉嘉ちゃんと蘭子ちゃんが最初に更衣室に戻ったよ」

莉嘉「じゃあ、誰かがレッスン中に仕掛けたの?」

早苗「それはないわ。だってレッスン中は鍵がかかってるし」

みりあ「じゃあ本当に幽霊!?」

飛鳥(そうだ、それでいい。ジョーカーは謎の存在でなければいけないんだ)

莉嘉「そういえばレッスンが終わったあと飛鳥ちゃんどこに行ってたの?」

飛鳥「」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 21:01:06.83 ID:2FcmIGFg0

飛鳥「な、なにを言ってるんだい?ボクは君たちと一緒に居たじゃないか?」

莉嘉「でも走ってどっか行ってたじゃん」

飛鳥「そ、それは熱くなった身体を冷まそうと屋上へ……」

早苗「こんな暑い夏の日に?」

飛鳥「」ダラダラダラ


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 21:03:01.73 ID:2FcmIGFg0

光「レイナ以外にこんな悪質なイタズラをする奴が居たなんて」

飛鳥「い、いや……本当にボクじゃ……」

光「安心してくれ!蘭子さんはあたしが守るから!」

飛鳥(まずい……このままじゃジョーカーの存在がボクだとバレてしまう!!)

蘭子「う~ん……でも飛鳥ちゃんはこんな気持ち悪い手紙書かないと思う」

飛鳥(悪かったね、気持ち悪い手紙を書いて)


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 21:04:44.02 ID:2FcmIGFg0

結局その時はうやむやに終わった。

だけど、ボクに疑いの目が向いているのは確実だった。

実際、光はボクを蘭子から遠ざけようとしていたしね

このままじゃいずれバレるのは時間の問題だ

そう思ったボクはある作戦に出た。

翌朝、ボクは誰も起きてないことを確認したら女子寮の蘭子の部屋の前に来た。

手にはジョーカーメモリと手紙。

手紙に書かれた文字はそう……

『ナンジョー=ジョーカー』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


モバP「ストップ!ストップ!」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 21:07:12.21 ID:2FcmIGFg0

モバP「光がしばらく引きこもったのってお前が原因か!?」

飛鳥「自分から疑いの目を遠ざけ、なおかつ邪魔者を消す」

飛鳥「我ながら完璧な作戦だったよ」

モバP「ちくしょう!悪びれもせずに言いやがって!」

モバP「あの時大変だったんだぞ!!」

飛鳥「最初に言っただろう?これは罪の告白だって」

モバP「アイドルじゃなかったら殴りてえ」

飛鳥「落ち着きたまえ、話はこれで終わりじゃないんだ」

モバP「まだこの惨劇が続くのかよ……」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 21:09:46.32 ID:2FcmIGFg0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ともかくボクから疑いの目を離すことには成功した。

成功はしたがこれでは光=ジョーカーで決着がつく

つまり光が蘭子にラブレターを書いたということになってしまう。

それだけは避けたい、そう思ったボクはもう一枚手紙をジョーカーのカードとともに

今度は蘭子だけが見るように出した。


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 21:12:06.76 ID:2FcmIGFg0

こんにちは……いや、こんばんはかな?

君が僕の手紙を見せびらかすからナンジョー君には身代わりになってもらったよ

いわゆる“贖罪の山羊”というやつだね

ちなみにナンジョーと書いたのはボクがイギリス人の幽霊で漢字が苦手だからさ

『薔薇』は書けるけどね。面白いだろ?

ともかく、この手紙は秘密、君と僕の秘密だ 約束できるね?

おりこうさんだ、賢い君に歌を贈ろう


   たとえ一億と二千年経っても僕の気持ちは変わらない

        君を知ったその日から僕の地獄に音楽は絶えない



                         プロダクションのジョーカー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


飛鳥「次の日、早苗さんが女子寮で集会を開いたよ」

モバP「大事になってるじゃねえか!?」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 21:13:43.46 ID:2FcmIGFg0

モバP「っていうかそんな大事になってるのになんで俺に報告が来てないんだよ!?」

飛鳥「それはPが容疑者のひとりだったからさ」

モバP「なん……だと……」

飛鳥「池袋博士の警備システムをくぐり抜け、あやめ殿やレイナ様のトラップを回避」

飛鳥「早苗さんや木場さんの巡回をかいくぐることができる変態なんて限られてるからね」

モバP「俺って変態扱いされてんのかよ……っていうか飛鳥もよくバレずに動けたな」

飛鳥「障害が大きいほど恋は燃え上がるのさ」ドヤッ

モバP「ちくしょう、やっぱり殴りてえ」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 21:15:33.55 ID:2FcmIGFg0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

早苗「誰とは言いませんが悪質な手紙が出ていると私に相談しに来た子がいます」

早苗「名前は書かれていないので手紙はプリントアウトさせてもらったわ」

莉嘉「なにこれ……キモい」

みりあ「光ちゃんが犯人じゃなかったんだ……」

早苗「女子寮のセキュリティが反応してない所をみると恐らく内部犯の可能性が高いわ」

飛鳥「ま、まさかボクたちを疑うのかい!?」ドックン!ドックン!

早苗「疑いたくはないけどね……でも今なら単なるイタズラで済むわ」

早苗「これでも元警察だから筆跡である程度特定できるの。自首するなら今のうちよ!」

飛鳥(悪いね、その手紙はPの筆跡を真似たものだ。バレるはずがない)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


モバP「お前のせいで俺が容疑者になったんじゃねえか!?」

飛鳥「悪いね、少し利用させてもらった。おかげでバレずに済んだよ」

モバP「畜生、こいつ悪びれもせずに……!」

飛鳥「そんなにカリカリしないでくれ、もうすぐ事態は終局へと向かうんだ」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 21:17:04.68 ID:2FcmIGFg0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しばらくすると蘭子はのあさんと行動を共にするようになった


飛鳥「蘭子、どうして最近のあさんと一緒にいるんだい?」

のあ「早苗に頼まれたのよ。同じクール属性だから蘭子を守って欲しいって」

飛鳥「守る?いったいなにから?」

のあ「プロダクションのジョーカー……あの気持ち悪いストーカーまだ捕まってないのよ」

飛鳥「は?気持ち悪い?」

のあ「どうかした?」

飛鳥「いや……なんでもないよ」プルプルプル


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 21:19:12.87 ID:2FcmIGFg0

のあ「蘭子にも困ったものね。護衛なら真奈美やあいに頼んだらいいのに」

飛鳥「そ、そうだよ!なんならボクもボディーガードに……」

蘭子「否!孤高の瞳を持つものこそ我が騎士に相応しい!(やだ!のあさんがいい!)」ギュウ!

のあ「わかったわ。だから抱きつかないでちょうだい」

飛鳥「!!?」ガーン


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 21:20:38.99 ID:2FcmIGFg0


たかが子供が大人に勝てるわけがない、そんなことはボクでもわかるさ

どうやらボクはキューピットになってしまったようだ。

まったくいい道化(ジョーカー)だよ。

だがのあさんになら蘭子を任せることができる。

そう思ったボクは最後の手紙を出すことにした。


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 21:24:02.53 ID:2FcmIGFg0

深夜、より一層厳しくなった警備をかいくぐり女子寮の掲示板の前に来た。

そして一番目立つ場所に大きく一枚の手紙を貼り付けた。



こんにちは、みなさん。

どうやら僕はこの世界でも拒絶される運命(さだめ)のようだ

今回はキューピットになってしまったけどいつか気づくだろう

真実の愛、そして誰が魔王の騎士に相応しいかを!

それまで僕は君のことを待ち続けることとしよう

それまで高峰のあ、あなたが蘭子を守るんだ

あなたはハートのエースなのだから(ここにハートのエースを貼る)

そして僕は……

 愛するものから拒絶されてもなお……待ち続ける……

   ああ、世界とはこんなにも僕に無関心だったのか……


      プロダクションのジョーカーになりきれなかったスペードの11(ジャック)より

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 21:26:42.46 ID:2FcmIGFg0

飛鳥「これがボクの罪、最初で最後のラブレターさ」

モバP「おう……なんかもう……色々酷くて声の掛け方がわからねえわ」

飛鳥「だめだなぁ……こういう時はやさしく抱きしめるものだよ」エッグエッグ

モバP「泣くなよ、待ち続けるんだろ?ジョーカー」ギュウ!

飛鳥「そんなのただの強がりに決まってるだろ、それにボクもうジョーカーじゃない」グスングスン

モバP「昔から言うだろ、初恋は実らないって」

モバP「なら探せばいいさ、11(ジャック)に相応しいQ(クイーン)を」ナデナデ

飛鳥「なんだいそれ?わけがわからないよ……」

モバP「新しい恋を探せ。女は恋を重ねて美しくなるものさ」

飛鳥「うわあああああああん!!!!」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 21:29:43.12 ID:2FcmIGFg0

飛鳥「悪かったね、みっともない所を見せて」

モバP「構わないさ、もう泣くんじゃないぞジョーカー」

飛鳥「その呼び名はよしてくれ、ちょっと恥ずかしい//////」

モバP「最後にこの言葉を贈ろう」

モバP「滅びの先の夢、待ち受ける大いなる罰。」

飛鳥「?それはどういう意味だい?」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 21:31:19.38 ID:2FcmIGFg0



早苗「こういう意味よ、プロダクションのジョーカーさん♪」ニッコリ

飛鳥「」



29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 21:32:42.76 ID:2FcmIGFg0

早苗「あ、それとも今は11(ジャック)さんって呼んだ方がいいかしら?」

飛鳥「こ、これはどういうことだい!?」

モバP「俺も秘密裏にプロダクションのジョーカー捜索に協力しててな」

モバP「実は今までの会話は俺の携帯を通してプロダクション全体に生放送中だ」

飛鳥「だ、だましたのか!?」

モバP「俺への疑いを払拭するには真犯人を見つけるしかなかったからな」

飛鳥「」

早苗「さあ覚悟しなさい!キツイお仕置きが待ってるからね~♪」

飛鳥「」ズルズルズル

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 21:34:44.73 ID:2FcmIGFg0

その後のことは言う必要はないだろう。

みんな表面上は気にしてないフリをしているがその優しさが逆に厳しい。

意味を良く理解してない年少組にいたってはボクのことをジョーカーさんと呼ぶようになってしまった。

そしてボクは今日も青空の下で一人思う

世界がボクに対して無関心だったらどんなによかっただろうと……


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 21:36:26.97 ID:2FcmIGFg0

終わりです。

元ネタは放課後のジョーカーでぐぐってくれ