1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:03:33.38 ID:UayLq1YM0
P「たまにはこんなスキンシップも必要だよな」

P「まずは>>4でもからかうか」

引用元: P「安価でみんなをからかってみよう」 


 

【早期購入特典あり】THE IDOLM@STER PLATINUM MASTER ENCORE 紅白応援V (ジャケ柄ステッカー付)
歌:天海春香、星井美希、如月千早、高槻やよい、萩原雪歩、菊地真、双海亜美/真美、水瀬伊織、三浦あずさ、四条貴音、我那覇響、秋月律子
日本コロムビア (2017-03-29)
売り上げランキング: 703
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:04:44.64 ID:iC+2NyNv0
とーま

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:11:02.55 ID:UayLq1YM0
P「お、お前はジュピターの鬼ヶ島羅刹!」

冬馬「だから、天ヶ瀬……」

P「ああ、そういうのいいから」

冬馬「ちくしょう!」

P「(これじゃあ、いつもと同じだな)」

冬馬「ところで何か用かよ?」

P「(ここは>>11と言ってからかってみるか)」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:12:11.86 ID:CR3HC83fO
明日も隣にいてくれないか?

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:17:34.92 ID:UayLq1YM0
P「明日も隣にいてくれないか?」

冬馬「はあ?どういう意味だよ?」

P「分からないか?」

冬馬「俺はジュピターの仕事、お前は765プロのプロデューサーとして忙しいだろ」

P「俺、明日も明後日もこれからもずっと冬馬の隣にいたいんだよ!」

冬馬「え……」

P「きゃっ!言っちゃった///」

冬馬「うわっ……」ゾク

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:21:47.37 ID:UayLq1YM0
冬馬「い、いや……ないわー」

P「(引いてる引いてる!)」

P「冬馬だって、俺の気持ちに気づいてるんでしょ!?」

冬馬「えー、いやー、それは……」ゾゾゾ

P「(まあ、これくらいにしておこうかな?)」

1.このくらいでやめておく
2.さらにからかう
>>22

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:23:09.45 ID:H7tBxyRO0

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:27:13.17 ID:UayLq1YM0
P「なあ、冬馬……俺もう我慢できそうにないよ」

冬馬「は、ははは……じょ、冗談もこのくらいにしようぜ?」

P「じょ、冗談な訳……無いだろ?」ハァハァ

冬馬「お、おい!」

P「冬馬!」ガシッ

冬馬「や、やめ……うわあああああああああ!」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:33:47.23 ID:UayLq1YM0
冬馬「」

P「恐怖のあまり気絶したか、やりすぎたな」

翔太「ああ!冬馬君、こんなところにいたんだね!探したよ!」

北斗「チャオ☆」

P「翔太に北斗!」

翔太「冬馬君、いつの間にかいなくなってるんだもん!あれ、冬馬君気絶してる!」

P「はは……な、何かいきなり倒れたぞ?」

翔太「しょうがないな!冬馬君がお世話になったね、765のプロデューサー!」

P「ま、まあ、これくらいどうってことないさ」

翔太「じゃあ僕達は冬馬君を連れて行くね!じゃあね!」

北斗「チャオ☆」

P「お、おう、じゃあな」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:39:40.95 ID:UayLq1YM0
P「さーて、俺も事務所に戻るか……んっ?」トントン

北斗「チャオ☆」

P「北斗?お前、帰ったはずじゃ?」

北斗「実はですね、さっきの冬馬とのやり取り、僕だけは見てたんですよ」

P「え!?(ま、まずい!他の事務所のアイドルを気絶させた事が知れ渡るのは……)」

北斗「まさか、あなたもだなんて思いませんでしたよ!」

P「ん?」

北斗「いやあ、本当に嬉しいですよ!」

P「は、はあ……」

北斗「それじゃあ、早速行きましょうか、ホテルに」

P「はあ!?」

北斗「今夜は寝かせませんよ?」

P「え……アッーーーーーー!!!」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:45:08.70 ID:UayLq1YM0
P「……」ワナワナ

P「お、音無さん……あなたって人は……」

P「とんでもない本をお描きになる……」

P「はぁ……」

P「気分を変えて>>31でもからかってみよう」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:46:57.89 ID:jZk7xnKV0

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:49:35.93 ID:UayLq1YM0
P「真でもからかってみよう!」

P「まずは>>36をしてみるか」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 22:50:43.66 ID:qAKppcVQ0
増やす

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:01:16.54 ID:UayLq1YM0
P「そうだ、増やしてみよう!」

真「プロデューサー、どうかしてんですか!」

P「真、髪に糸くずがついてるぞ」

真「本当ですか!えーと、どこら辺だろう?」

P「とってやるから、ちょっとじっとしててくれ」

真「分かりました」

P「……よーし、とれたぞ!」

真「本当ですか!ありがとうございます!」

P「(ふふふ、アホ毛3本に増やしたったwwwwww)」

真「ニヤけてますけど、どうかしましたか?」

P「い、いや!(でも本人が全く気づいてない、他のことをするか)」

P「(今度は>>44でもしてみよう)」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:06:02.52 ID:0Qs06GwC0
真から半径50センチ以上離れない

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:13:23.96 ID:UayLq1YM0
真「そう言えば、今日は雪歩がテレフォンショッキングに出るんだ!テレビ、テレビ!」

P「……」スッ


ワイワイガヤガヤ

春香「でねー」

真「そりゃいいや!」

P「ははは!」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:14:29.31 ID:UayLq1YM0
真「もっと高めて果てなく♪」チラッ

P「真!よそ見ぜずにボーカルレッスンに集中だ!」

真「は、はい!」


真「あ、あの、プロデューサー」

P「何だ?」

真「僕、トイレに行きたいんですけど」

P「うん」

真「何で一緒に入ろうとするんですか?」

P「ははは!」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:20:05.27 ID:UayLq1YM0
真「よくよく思い返してみると、今日はずっと僕の側にいますよね」

P「嫌だったか?」

真「い、嫌では無いんですけど……そ、そんなに近づかれるのはさすがに恥ずかしいかなって///」

P「急に顔が赤くなったけどどうした?もしかして熱でもあるのか?」ピトッ

真「!!……ね、熱はありません!と、とにかくトイレにはついてこないでください!」

P「ああ、分かった」

P「さて、真がトイレに行っている間に次はどういう風にからかってみるか考えよう」

P「>>55なんかいいかもな」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:23:00.72 ID:nIVBxZM30
ガン無視

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:29:26.30 ID:UayLq1YM0
真「プロデューサー!」

P「……」

真「プロデューサー?」

P「……」

真「……」

P「……」

真「きゃぴぴぴーん!菊地真ちゃんなりよー!!」

P「……」

真「……」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:34:42.07 ID:UayLq1YM0
真「あの、プロデューサー?」

P「……」

美希「あ、ハニー!今日はもうお仕事終わりだよね!ミキ、ご飯食べに行きたいの!」

P「お、いいぞ!」

真「あ、ぼ、僕も!」

P「……」

春香「プロデューサーさん!私も一緒していいですか?」

P「もちろんいいぞ!それじゃあ、行くか!」

春香・美希「はーい(なの)!」

真「うぅ……プロデューサー……」グスン

P「(さて、そろそろ>>64するか)」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:36:38.41 ID:iC+2NyNv0
無視

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:46:29.98 ID:UayLq1YM0
美希「ミキね、いちごババロアたくさん食べたいな!」

春香「それじゃ、夕御飯じゃないよ!」

P「俺、ディナーもさる事ながらスイーツを美味しい店知ってるんだ!今日はそこに行こう!」

美希「わーいなの!」

春香「流石はプロデューサーさんですね!」

P「ははは!」

ガチャン

真「プ……プロデューサー」グスン

真「……」

真「僕、何か気に触ることでもしちゃったのかなぁ……」

真「あはは……はははは……」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:54:58.12 ID:UayLq1YM0
美希「あ、あそこにいるのは雪歩なの!」

雪歩「あの、みんなでどこに行くの?」

春香「3人で夕ご飯食べに行くんだけど、雪歩も来る?」

P「今日は俺の奢りだ!」

雪歩「本当ですかぁ!私も行きたいですぅ」

P「それじゃあ行こう!」

雪歩「その前にプロデューサー?何か忘れてたりしてませんか?」

P「……え?」

1.何も忘れてない
2.何かを忘れていた
>>81

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:55:29.00 ID:DhZ6nm/70
2

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:57:07.09 ID:UayLq1YM0
P「そうだ、俺は」

1.事務所に戻る
2.雪歩を無視する
>>86

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/07(土) 23:57:54.92 ID:DhZ6nm/70
1

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:04:05.82 ID:UayLq1YM0
P「悪い、ちょっと事務所に戻る用事を思い出した!」

美希「えー、ミキお腹空いたの!」

春香「私もついて行きます!」

P「いや、3人はそこのコンビニでちょっと待っていてくれ!」

雪歩「分かりましたぁ」

P「それじゃあ、ちょっと行ってくる!」タタタッ

美希「早く戻ってきてね、ハニー!」

春香「そう言えば、雪歩はどうしてスコップ持ってるの?」

雪歩「使わずに済んでよかったですぅ~」

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:06:01.63 ID:Yy3wimK+0
真「うぅ…」グスッ

ガチャ

P「……」

真「プロデューサー……」

P「(ど、どう声をかけようか……)」

>>95

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:07:54.59 ID:iSLMldml0
……

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:12:30.16 ID:Yy3wimK+0
P「……」

真「……」

P「……」

真「うぅ……」グスッ

P「(やばい、言葉が出ない!!)」

P「(どうする、どうするの俺!?)」

>>105

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:14:59.80 ID:7ut3THUp0
財布を奪って逃げる

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:18:52.78 ID:Yy3wimK+0
P「……」スタスタ

真「!!」

P「……」スッ

真「そ、それは僕の財布!?」

P「いやあ、カッコつけて奢るなんて言ったけど、給料日前で金なかったんだよね!」

真「プロデューサー!?」

P「って事でさよーならーーー!!」ビューン

真「え?……え!?」

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:21:17.86 ID:Yy3wimK+0
P「おまたせー!!」

美希「ハニー!もうお腹ペコペコなのー!」

春香「さあ、行きましょう!」

雪歩「それでプロデューサー?」

P「ふふん!これを見ろ!」

雪歩「やっぱりお金は大事ですよね!」

P「ああ!!」

P・雪歩「HAHAHAHAHAHA!」


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:25:47.89 ID:Yy3wimK+0
P「夕食を食べに行った帰りにレーシングカー轢かれる夢をみた……」

P「いやあ、リアリティがあって怖かった……」

P「>>127でもからかって気分を紛らわそう!」

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:27:02.22 ID:iSLMldml0
奇乳化した千早

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:35:26.01 ID:Yy3wimK+0
千早「プ、プロデューサー!!」

P「どうした、千……うおっ!?」

千早「あ、あまりまじまじと見ないでください///」

P「(千早の胸がゴーヤのような形状に!)」

千早「我那覇さんに貰ったゴーヤを食べたらこんな事に!」

P「そ、そうか……プッ」

P「(これはからかい甲斐がある)」

P「千早、>>136

136: 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 2012/07/08(日) 00:37:48.05 ID:ySXFmoWwI
切ってみよう

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:42:59.45 ID:Yy3wimK+0
P「千早、切ってみよう」

千早「何言ってるんですか!真剣に悩んでるんです!」

P「俺は真剣だぞ?」

千早「いや、そういうのはもういいですから!」

P「……」

千早「む、無言で包丁を持って……いい加減にしてください!」

P「(ははは、慌ててる慌ててる)」

P「千早……」

1.悪い冗談だよ
2.輪切りにする
>>142

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:43:49.24 ID:fKWu1VS4i

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:47:44.50 ID:Yy3wimK+0
P「悪い、冗談だよ」

千早「全く!」

P「ところで千早、その胸どうする気だ?」

千早「私もどうすればいいか……」

P「そうだな……」

1.解決策を提案(内容も)
2.かまわずからかう(内容も)
>>148

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:48:07.55 ID:fKWu1VS4i
2

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:49:20.66 ID:Yy3wimK+0
P「どうにかなるさ!」

千早「どうにかって……」

P「ところで千早、>>154

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:51:25.11 ID:EgfmeqxP0
ほおつねっていいか

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 00:57:35.36 ID:Yy3wimK+0
P「ほおつねっていいか?」

千早「プロデューサー、さっきからわんわんえふあ!」

P「え?何だって?」ギュウ

千早「ふおゆーさー!」

P「だから何?」ムギュッ

千早「……」

P「ふふん!」ニマニマ

千早「んあ!」

P「うがっ!」バシッ

157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 01:01:34.75 ID:Yy3wimK+0
P「何もビンタしなくても……」ヒリヒリ

千早「自業自得です!」

P「分かったよ、その胸を戻す方法を考えよう」

千早「はい!……でも、あの胸に戻る……くっ」

P「響から貰ったゴーヤを食べたら、そうなったんだよな?」

千早「はい」

P「うーん、それなら、>>161

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 01:03:26.53 ID:Ef4nsRlz0
響を殴ろう

168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 01:07:31.68 ID:Yy3wimK+0
P「響を殴ろう!」

千早「そんな!我那覇さんにそんな事!」

P「千早!」ガシ

千早「で、でも……」

171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 01:11:53.32 ID:Yy3wimK+0
響宅

響「みんなー、ご飯できたぞー!」

家族「ブヒーバウチュウシャー!!!」

響「今日はゴーヤをふんだんに使ったからね!きっと凄く美味しいぞ!!」

家族「……」ズーン

ピンポーン

響「あれ、誰だろう?はーい、今行きまーす!」

ガチャ

P「よう」

千早「こんばんは、我那覇さん」

響「プロデューサーに千早?どうしたのさー?」



173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 01:19:18.39 ID:Yy3wimK+0
響「……うぎゃああああ!!千早、その胸はなにさ!」

千早「これは……」

響「あはは!まるでゴーヤみたい!いくら壁だからってそれはないぞ!」

千早「」プチッ

P「今から一緒にこれから一緒に殴りに行こうか~♪」

響「あははははは!」

千早「んあー!んあー!んあー!」シュッシュッシュッ

響「うぎゃ!ぎゃふん!うぎっ!」

千早「んあー!くっ!んあー!んあー!」シュッシッシュッシュッ

響「うがっ!ちょま!ぎゃおおおん!」

寝る