1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 18:23:22.29 ID:1ClFaDGAP

机の下

乃々「ここなら見つからない…はず」




乃々「(今日も今日とてもりくぼはエスケープです)」

乃々「(プロデューサーさんもいい加減諦めてくれたらいいのにぃ…」

輝子「…ふひ、Pはいい奴だから…アイドルもとい友達…は放っておけない」

乃々「ひっ!?…あ、し、輝子さん…か、良かったです」

輝子「ふ…ふふ…ずっといましたけど、存在感無いから気づかれない…ぼっち…ぼっち」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1386149002

引用元: モバP「森久保ォ!」 


 

ミニッチュ アイドルマスターシンデレラガールズ 森久保乃々 アクリルキーホルダー
ファット・カンパニー (2017-06-26)
売り上げランキング: 37,224
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 18:27:50.87 ID:1ClFaDGAP

乃々「ご、ごめんなさい…焦ってて気づかなくて…それより私も隠れていいですか…?」

輝子「勿論いい…同じ場所で同じ時間を過ごす…これこそ友達だから…ふ、ふふふ…ふひひ…ひ…あああひゃヒャッハー!!!」

乃々「あ、やめてぇ…、ここでトリップしないで…騒いだら見つかっちゃ」

P「安心しろ!そんな心配する必要も無くまるごとずばっとお見通しだァ!!!」

輝子「うおおお!?引き出しの中から国民的青狸ロボの如く我が親友ことPが出てきたぜえーッ!!!!」

P「おら森久保ォ!レッスン行くぞォ!輝子、友達らしく一緒にお前もレッスンだ」
ズズズズ…(←乃々が引きずられる音)

3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 18:31:55.55 ID:1ClFaDGAP

………
……



『ほら、動くなってば☆』
キラキラッ

『え、男君なにを…☆』
ドキドキィ

『よし、取れた、全くお前はおっちょこちょいだなっ☆』
スッ

『芋けんぴ───頭についてんぞ☆』
カリッ

『やだっ私ったらぁ☆』
ドキドキリンコォ



乃々「…ふふふ」
パラパラ

比奈「わーお、そのマンガの実物見るのは初めてっス」

乃々「比奈さん、知ってるんですか…?やっぱり漫画には詳しいんですね」」

比奈「そういう訳じゃないっスけどその筋じゃ有名というか」

乃々「?」




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 18:37:38.87 ID:1ClFaDGAP
比奈「とにかく誰かを笑顔にできる漫画は最高って事っスよ」

乃々「はい、私も暗い話よりかは…明るい話の方が好きだから…」

P「いい話だなァ!!!!それじゃ俺らも笑顔のバクダンを落として回りに行くぞォ!!!」

比奈「ああ!エニグマの紙から飛び出すが如く漫画からプロデューサーが出てきたッス!」

P「おら森久保ォ!少女マンガの如く少女に夢を与えるアイドル活動始めんぞォ!比奈、頭にスクリーントーンくっついてるから風呂入ってきなさい」
ズズズズ…(←乃々が引きずられる音)

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 18:53:11.52 ID:1ClFaDGAP
………
……


ウギャアア  ノオオオオ
グチャア 

小梅「………………」

乃々「(いつものように脱兎してたもりくぼですけど…)」

ギャー ギャー
ウアアア…ウウウウ…
ノージーザスフェイフェイダヨーオーマイゴッド!


小梅「うふふ…ふふ…」

乃々「(プロデューサーさんから逃げこんだ先は小梅ちゃんのお楽しみタイムでした)」

小梅「あ、終わっちゃった……た、楽しい時間はすぐにすぎるね」

乃々「(こ、これでゆっくり隠れられ)」

小梅「それじゃ、次の見よっと…今日は乃々ちゃんも一緒だから、う、嬉しいな」

乃々「」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 19:05:46.20 ID:1ClFaDGAP
乃々「むーりぃー!」

小梅「わっ」

乃々「止めましょう、ね?ね!これ以上は限界ですぅ!」

小梅「も、もしかして、映画を続けて見たりするの苦手?…つ、疲れちゃった?」

乃々「お気遣いありがとうです小梅ちゃん…でもその心配は全然明後日の方向なのぉ…」

小梅「あ、そうだ…じゃ、じゃあジャンルを変えるね、今度はゾンビじゃなくて…この心霊物にするから…」

乃々「むーりぃー!!!!それってジャンル変わってなーいぃー!!誰か助け」

P「小梅が誘ってくれてるのにいい度胸だな森久保ォ!」

小梅「あ…Pさんが…さ、貞子みたいに…TV画面から這い出てきた…あは」

P「おら森久保ォ!俺も付き合うから皆で一緒にホラー映画の鑑賞じゃあ!!小梅、スプラッタ映画だけは簡便な」
ズズズズ…(←乃々が引きずられる音)

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 19:13:29.00 ID:1ClFaDGAP

………
……



お昼


乃々「(お昼です…もりくぼの数少ない安息の時間です…)」

乃々「(…でも何だか食欲が出ない、うう、これも全部アイドル活動のプレッシャーのせいでしょうか?)」

みちる「フゴフゴ! フゴフゴゴ!ゴゴゴゴゴンゴゴ!!!!!」
モグモグモグモグ

乃々「………………」

みちる「フゴゴゴ、モシャモシャモグモグモグ」

乃々「………………」

乃々「(いいえ、この姿を見てるだけで、お腹がふくれちゃってるみたいです…)」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 19:21:34.95 ID:1ClFaDGAP
乃々「…幸せそうに食べますね」

みちる「フゴフゴ……ゴクン、そりゃ勿論!ご飯ほど大切な時間は無いもの!」

乃々「(うう…何て前向きなオーラ…飛ばされそう)」

みちる「食べるために人間って生きてると思うよ!食べる事ってそれだけで誰でも幸せになれるしね!!」

乃々「で、でもぉ…私は今日食欲が無いみたいで」

P「おら森久保ォ!その若い身体で何言ってやがんだァ!!!!」

みちる「あれ、このパン中からお惣菜じゃなくてプロデューサーが出てきた」

P「俺が奢ってやらァ!!飯食いに行くぞ森久保ォ!消化によくて食べやすいもん紹介してやるゥ!!」

P「みちる、勿論お前も連れて行くからその猛禽類の瞳で睨むのは止めて、パン台無しにしてごめんなさい許して」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 19:30:26.11 ID:1ClFaDGAP
………
……


乃々「それじゃ、後はお願いします…」

愛海「本当にいいんだねー☆」

乃々「は、はいぃ…約束守ってくれる、なら」

愛海「もっちろん!女の子の大切な部分の約束はあたし絶対守っちゃう!」




乃々「(お仕事の身代わりを頼んだもりくぼですぅ…)」

乃々「(その代償は……その、も、揉まれるだけだし…これくらい、何てことは)」



愛海「それじゃ早速報酬を頂いちゃおうかな、うひひひひ」

乃々「…え、ま、まだお仕事は

愛海「先払いでよろしくっ☆」
ワキワキ

乃々「」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 19:40:53.55 ID:1ClFaDGAP
乃々「ま、まだ心の準備が…」

愛海「先か後かの違いだから、今やっちゃうのも変わんないっ」
ジリジリ

乃々「(う、うう…じわじわ距離を詰められてますぅ)」

愛海「へへへへ、ここまでこのあたしをその気にさせたらもう逃げられないよー♪」

乃々「愛海ちゃん…顔が怖いです…」

愛海「大丈夫大丈夫!ヘーキヘーキ!お仕事変わって欲しいんでしょ!」

乃々「それはそうですけどぉ…私、凄い取引しちゃったんじゃないかって…」

愛海「なーに痛くなんかしないってばぁ…ああ!もう離してる時間がもったいない!!いっくよー!!」
バッ

乃々「っ!(と、飛び込んで…避けられな)」

P「おら森久保ォ!易々と乙女の貞操売ってんじゃねえぞ!」

愛海「ああ?!乃々ちゃんの丘をこの手に掴んだと思ったらプロデューサーの大胸筋になってたー!?!?」

P「おら乃々ォ!そういうのはちゃんと将来のためにとっとけ!愛海、揉みたきゃ俺の厚い胸板でも揉んど…え?いや、その、本当に揉もうとしな…あっ」
ズズズズ…(←乃々が引きずられる音)

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 19:49:24.95 ID:1ClFaDGAP
………
……



晶葉「できたぞ、ボタンを押すとアイドルを辞める事が出来る装置だ」

乃々「やった…これで私もやっと辞める事ができますぅ…!」

晶葉「くれぐれも悪用するんじゃないぞ」




20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 19:56:49.39 ID:1ClFaDGAP
乃々「それじゃ早速…」

晶葉「押すのか?」

乃々「え?そ、そのために作ってもらったんですから」

晶葉「…本当にいいんだな?今までのアイドルとしての乃々の全てを捨てて」

乃々「それは」



『乃々に…友情の証…机の下同盟…きのこ…プレゼント…ふひ』

『漫画ありがとうっス、アタシのオススメも今度もってくるっスよ』

『…こ、この作品は、可愛い…じゃなかった、グロテスクなの少ないからきっと平気…』

『フゴフゴフゴゴほら、乃々ちゃんもプロデューサーの奢りなんだから食べないと!え?プロデューサーが泣いてる?きっと嬉し泣きだよ!』

『ね、ほら、ちょっとだけだから!先っぽだけでいいから!アタシに任せてくれ…あ、真奈美さん、違うんです、これは取引(コキャッ」



乃々「…それ、は」




23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 20:11:01.42 ID:1ClFaDGAP

晶葉「そう、私達アイドル達との関係」

乃々「………………」

晶葉「そして君を応援してくれてるファンもだ」

乃々「…っ」

晶葉「最後に」


LIVEの後

乃々『む…りぃ…』

晶葉『乃々大丈夫か?放送コードに引っかかりそうな顔してるぞ』

乃々『ふ、ふふふふふ…もりくぼはここで果てますぅ…道半ばで倒れますぅ…』

晶葉『待て、ロボを呼ぶからあと少しだけ頑張れ」
ケイタイトリダシポパピプペ

晶葉『あー大至急会場まで来てく』

P『森久保ォ!ライブお疲れ様だァ!やっぱお前は最高だァ!!』

晶葉『うわあ!?ロボを呼び出したと思ったらPが飛んできたあ!?』

P『疲れたなら運んでやるから安心しろォ!身体は大切にしろよォ!晶葉、ロボならウサミンの肩と腰のマッサージで忙しいらしい』
ヒョイ(←乃々を担ぎ上げる音)


乃々「……………私、は」

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 20:25:49.88 ID:1ClFaDGAP

乃々「………………その、これ」
スッ

晶葉「解ってるよ」
パシッ

晶葉「君ならきっとこうすると思っていたさ」

乃々「…最初から、こうなるって?」

晶葉「当たり前さ、君ならこんな装置も悪用は決してしない…そう思ってから作ったんだ」

乃々「晶葉ちゃん…」




P「なーんていい話で終わらせるかァ!」
デデンデンデデン♪デデンデンデデン♪

晶葉「ああ!研究中の物質転送装置からPが放電と共に召還されたれたあ!」

P「おら乃々ォ!口が裂けてもアイドル辞めるとか言うんじゃねえ!泣くぞォ!晶葉、お前何物騒な装置作ってんだ後でお仕置きな」
ズズズズズ(←晶葉を引きずる音)


おしまい

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/04(水) 20:40:41.93 ID:1ClFaDGAP


おまけ、最後までギャグだけにしたかったので止めたオチ




晶葉「それに誰よりもPに執着してる君が辞めるはずもない」

乃々「えっ」

晶葉「ロボ、音声の再生」

ウサミンロボ「ウサッ」

『アイドル向いてないと思うので辞めてもいいんですけど…プロデューサーさんといるなら…その…』

『プロデューサーさんがいるから…もう少しだけ頑張ってみようと思います…』

『プロデューサーさんにそんなお願いされたら…断れないですけど…』

『あうぅ…強引ですぅ…嫌いじゃないですけど』

乃々「あ、あわわわわわわ、違、違ってこれその…あの消してぇ…!」

晶葉「やれやれどの口で言うんだい、私もうかうかしてられないか…ま、Pは譲らないけどな」

乃々「…む」

晶葉「助手の隣にいるのは私だけでいいからな、ふふ」

乃々「………………」
ズズズズズ(←乃々にオーラが出る音)







P『お、おら輝子…出てくタイミングが無くなったぞぉ…どうしよう』

輝子『ふひひ…恋バナ…友情の証……楽しそう……』




おしまい