1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 20:41:39.62 ID:Or32g8i30
P「いつのまにか、俺が765プロに来てから結構な月日が経ってたんだな」

P「それにしても、まさかこんなことになるとは思わなかった」

P「同じ事務所で働いているアイドルに、恋心を抱いてしまうなんて」

P「やっぱり俺って、プロ失格なのかな……」

引用元: P「アイドルをくすぐって、俺への気持ちを確かめてみる」 


アイドルマスター 四条貴音 1/8スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み完成品フィギュア
ファット・カンパニー (2015-09-16)
売り上げランキング: 23,239
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 20:43:37.38 ID:Or32g8i30
P「でも、どうしても気になるんだ。彼女の気持ちが」

P「彼女は俺を、どういう風に見てるんだろうか?」

P「何とかして知る方法はないかなあ……」

P「そういえば、最近読んだ本に興味深いことが書いてあったな」

P「確か本のタイトルは、『人間の体のふしぎふしぎ?』だったっけ?」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 20:47:06.94 ID:Or32g8i30
P「この本によると、嫌いな人とか知らない人にくすぐられた時は……」

P「不快感を覚えるだけで、とても笑えるものじゃない」

P「でも知り合いや仲が良い人にくすぐられると……」

P「くすぐったさを覚えて笑ってしまう」

P「そして一番くすぐったく感じてしまうのは……」

P「好きな異性にくすぐられた時である」

P「とかなんとか」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 20:49:38.31 ID:Or32g8i30
P「つまり正しく解釈すると」

P「くすぐった時の反応で、相手の気持ちがわかるってことだよな」

P「よおし!」

P「そうと決まれば善は急げだよな!」

P「あいつをくすぐって、俺にどんな感情を持っているかを確認しよう!」

P「よし、俺はここに宣言する!」

P「俺は今から、>>13をくすぐりに行くぞ!」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 20:51:36.13 ID:iILD2w+N0
お姫ちん

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 20:59:41.87 ID:Or32g8i30
P「すまんな、貴音。いきなり呼び出して」

貴音「問題ありません。あなた様の誘いであれば、拒む理由など何一つありませんので」

P「ありがとう、貴音」

貴音「さて、あなた様。何やらとても重要な話があると、いっておりましたね?」

P「ああ……そうなんだ。正直、多大なる勇気を振り絞ったのは間違いない」

P「だけど今貴音にこれをしておかないと、俺は絶対に後悔するだろうからな」

貴音「何と、それほどまでに……」

貴音「何やらわたくしも、緊張してまいりました……」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 21:03:58.91 ID:Or32g8i30
P「貴音。すまないが、ちょっと目を瞑ってくれないか?」

貴音「……これで、よろしいのですか」

P「ああ、それで大丈夫だ。そのまま楽にしていてくれ」

貴音「……はい」

P「……やっぱり、緊張するな……ヒィーフゥーヒィー……」

貴音「…………」

P「よっしゃあ! やってやるじぇい! うおおおおコチョコチョコチョ!」

貴音「ひいっ! ひあああああああああああっ!?」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 21:08:44.04 ID:Or32g8i30
P「まずは王道の脇の下からだ!」

貴音「あ、きゃ、あーっははははははははははっ!」

P「おお! やった! やったよ! 貴音が笑った!」

貴音「やめっ! あはははっ! あ、あなた様! あなた様ああああっ!」

P「いや、演技力に定評のある貴音のことだしな……」

貴音「おやめ、くださいっ! あひひひひひひひひひ! ひーっ!」

P「しかも、貴音のやさしさは誰よりも俺が知っている……これは演技かもしれない」

貴音「やめてくださいっ! やめてーっ! あひゃひゃひゃははははは!」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 21:20:16.76 ID:Or32g8i30
P「貴音どうだ? くすぐったいか?」

貴音「あーっはははははは! くす、くすぐったいです、あなた様あ!」

P「むう……」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 21:25:21.39 ID:Or32g8i30
P「一応くすぐったいと言ってくれてるけど、果たして本当なんだろうか……うーん」

貴音「ほ、本当です! 本当本当! 本当ですからあ! ああん!」

P「くそっ、俺には判別がつかん! おまけに脇をぎゅっと締められて……」

貴音「ああん! ああ! あーっはははははは! おやめくださいいぃ!」

P「どうも思うようにくすぐれない! くそっ! 誤算だ!」

貴音「何でも、いいからあ! あなた様あ! やめてやめてえ! あひいいい!」

P「すまない貴音。脇のガードを、少しゆるめてくれないか」

貴音「無理ぃ! 無理ですあなた様! 本当にやめてくださひいいいっひひひひひひひ!」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 21:31:08.56 ID:Or32g8i30
P「ちいっ! このガード、どうやって突破すればいいんだ!」

貴音「はうあうあう! ああああああああんっ! あっあっ!」

P「こう、突っつく感じにすればどうだ……」

貴音「あうっ! あっ! 駄目っ! ひゃあっ! あなた! 様! それは! 駄目!」

P「それともこう、揉むような感じでモミモミモミ」

貴音「はひゃああああああっ! ううううううああっ! もう本当に、やめてえっ!」

P「くそっ貴音、逃げないでくれ! 大丈夫だ、何も変なことはしていない!」

貴音「どこかですかああああっはっはっはっはははははは! ああああああっ!」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 21:36:10.01 ID:Or32g8i30
P「こうなったら、こうだ! 貴音すまん!」ガバッ

貴音「え、あうっ!」

P「こうやって後ろから抱き締めれば逃げられまい、貴音!」

貴音「あ、あなた様、お願いです! もう、もう堪忍してくださいぃ!」ジワッ

P「それはできないんだ! 一度始めた以上、後にはひけないんだ!」

貴音「どうしてくすぐるんですか、あなた様ぁ!」

P「それは言えない! ともかく、これで貴音の脇腹は無防備! いざコチョコチョコチョ!」

貴音「いやあああああああああああっ! あなた様あああああああああああっ!」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 21:42:43.34 ID:Or32g8i30
P「コチョコチョコチョ! コチョコチョコチョコチョのコチョ!」

貴音「あーっはっはっは! あっははははははは! ああっ!」

P「確かに笑ってる。この上ないくらいに笑ってるんだが……」

貴音「く、くすぐったければ、あははははは! だ、誰だって! あーっははははは!」

P「その笑いがあまりにも激しすぎて、嘘っぽくも見えるんだよなあ」

貴音「う、嘘じゃない! あひひひひひ! どうしてこの状況で嘘とかぁ! あううう!」

P「何より普段の貴音とは、ギャップがあり過ぎる」

貴音「わ、わたくしは、ひゃふふふふふ! わたくしはくすぐったがり屋なのですよおおお!」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 21:49:36.51 ID:Or32g8i30
P「ただ、脇の下よりくすぐりやすいのは間違いなく明らか! このまま秘密の扉をこじ開けてやる!」

貴音「もう、もうやめてえええっ! ああああああっ!」

P「うおっ! 貴音、ちょっと待て! 尻が、尻が!」

貴音「ひゃあん! ひゃあああああああっ! やめてえええええっ!」

P「た、貴音頼む! そんなに、そんなに尻を振らないでくれ!」

貴音「言わないでくださいいっ! 耐えられないのですよおっほっほっほほほほほ!」

P「お、俺の股間に貴音の尻が! 股間と尻がドッキングしてしまう!」

貴音「らめえ! もう、本当にらめええええっ!」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 21:56:25.75 ID:Or32g8i30
P「ま、まずい! 俺のナニが、ビッグに! ああビッグに!」

貴音「あなた様あ! もう、無理ですぅ! もう本当に無理です! 無理なんですう!」

P「もし貴音が演技をしてるなら、俺の異常には確実に気づかれてることに!」

貴音「いやあ! いやあああああああ! 助けて! あなた様、助けてくださいいい!」

P「まずい! これは実にまずいぞ!」

貴音「もう、いやです! あーっはははははははは! 死んじゃう! 死んじゃうううっ!」

P「どうする? どうすればいいんだ?」

貴音「死んじゃううううううう! あーっはっはっはっは! あーーーーーーーーーっ!」ガクリ

P「……ん?」

貴音「…………」ピクピクピクピク

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 22:00:53.34 ID:Or32g8i30
P「貴音? おい、貴音!」

貴音「…………」

P「しっかりしろ貴音!」

貴音「…………」

P「……まさか」

P「完全に、気を失っている……のか?」

P「と、いうことは」

P「あれは、演技じゃなかったのか……?」

P「…………」

P「つまり、貴音は俺の事が……好き……ってこと……だよな?」

P「…………」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 22:13:35.71 ID:Or32g8i30
P「イヤッホオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオイ!」

P「よっしよっし! これで心おきなく告白できるな!」

P「それにしても嬉しい! この世に生を受けてン十年、こんなに嬉しい事はない!」

P「ああ、生きてて良かった……」

貴音「…………あなた様」

P「ん? おお、目が覚めたのか貴音! ナイスタイミング!」

貴音「…………」

P「改めて俺は、貴音に言いたい事が……ん?」

貴音「…………」

P「貴音? 貴音さーん?」

貴音「…………覚悟」ガシッ

P「うおっ!?」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 22:25:40.61 ID:Or32g8i30
P「あひひひひひひひひひひひいいひひひひひひひひひひひ! やめてくれえ!」

貴音「あなた様、この程度で根を上げるのですか? まだ30秒しか経っていないのですが?」コチョコチョコチョ

P「あひひひひひひひひ! やめてくれ! 許してくれ貴音!」

貴音「わたくしも何度もお願いしたのですが、聞き入れてもらえませんでした」コチョコチョコチョ

P「俺が悪かった! ぎゃははははははは! 貴音、助けてくれえ!」

貴音「このようなやり方で、わたくしの気持ちを探った罰です」コチョコチョコチョ

P「死ぬう! ぎゃあああっははははははは! ごめんなさい! ごめんなさあああああい!」

貴音「さあ、まだまだこれからですよ? 覚悟なさってくださいね、鈍感なあなた様?」

おわり

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 23:03:17.43 ID:qMxRyJ1FP
P「さて、貴音にはこっぴどくやられて流石の俺も懲り懲りだ……」

P「というと思ったか!まだまだ俺のアイドルへの情熱はこれしきのことじゃ途切れないさ」

P「というわけで、次のターゲット、伊織に向かうとしよう……」

P「伊織のことだ、普通に攻めるにはちょっと厳しいものがある」

P「変化球でせめてももし好意があるなら……」

P「いやでも伊織だしなぁ……下手すると笑うどころか滅多打ちにされるんじゃ……」

P「いやいや!こんなことで怖気づいてどうする!当たって砕けろ、くすぐって弾けろ、だ!」

P「いざ……」

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 23:09:00.53 ID:qMxRyJ1FP
伊織「おはよう」

P「伊織おはよう」

伊織「……何よ」

P「え?いや別に何ってこともないんだがな」

伊織「何か企んでそうな顔ね。変なことしたらわかってるんでしょうね?」

P「いやいやいや、そんな不審者を見るような目で見ないでくれよ」

伊織「全く……それで?今日のスケジュールはどうなってるの?」

P「あーそれなんだがな。一つずれ込んだみたいでこの後の撮影が1時間ほど遅れるんだ」

伊織「あらそうなの。全く、この伊織ちゃんを待たせるなんていい度胸ね」

P「あ、そこでなんだがな。監督が空き時間に演技の練習をして欲しいとのことなんだ」

伊織「演技?私の今の演技に不満があるっていうの?」

P「いやそういうことじゃないんだがな。むしろ喜んでたんだが、もっとよくしたい!っていうことで」

P「演技に注文が入ったわけだよ。あの子なら数時間でものにできる、って太鼓判を押されちゃってな」

伊織「そ、そう。まあそういうことならやってもいいけど。それで、どんなことをすればいいの?」

P「監督が言うにはな、人形のような無機質な表情が欲しいらしいんだよ」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 23:14:46.77 ID:qMxRyJ1FP
伊織「人形、ね。まあ難しい注文だけど私にかかればお手のものよ」

P「それでだ、外での撮影なんだがちょっと風とか強いだろ?それでも表情を崩さないってのが重要らしい」

伊織「結構無茶な注文をしてくるのね。でも私は演技に入ったら動じないわ」

P「そうかそうか。それなら安心だ。だが、ちょうど時間もあるしリハと思ってちょっとやってみようか」

伊織「ここで?別に風も何もないけど」

P「そこでだ。ちょっと条件は違うんだが、俺の膝に座ってくれ」

伊織「……は?」

P「そうすると自然と俺の息が当たるだろ?まあそれで耐えられるのは当然だろうけど一応な」

伊織「な、な、なんで私があんたの膝なんかに座らなくちゃいけないのよ!」

P「いやだって、それがちょうどいいし。今試すにはそれが一番かなって」

伊織「わ、私がそっちを向いてる最中に変なことするかもしれないじゃない!」

P「するわけないだろ?これができないなら本番も厳しいかもしれないし、俺も安心できないな」

伊織「……一回だけよ」

P「もちろん伊織が一発で決めてくれればそれで」

伊織「当たり前じゃない!……こ、ここに座ればいいのね?」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 23:18:33.73 ID:qMxRyJ1FP
P「あぁ。ちょうどいいからそのぬいぐるみも持ってくれ。人形らしさが増す」

伊織「うさちゃんよ!よいしょ……こ、これでいいのね?」

P「あぁ。この状態でしばらく耐えられれば合格だな」

伊織「わ、わかったわ……」

P「……」

伊織「……」ドキドキ

P「……ふー」

伊織「ひゃぁ!な、何するのよ!」

P「おいおい動くなよ。これしきの風で動揺してどうする」

伊織「か、風っていうか……もう」

P「……はー」

伊織「っ……」

P「……ふーふー」

伊織「……」プルプル

P(さてそろそろ仕掛けるか……)

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 23:24:12.13 ID:qMxRyJ1FP
P「……よっ」チョン

伊織「ひゃぁ!ちょ、ちょっとあんた!」

P「落ち着け伊織。物が飛んできて当たったからと言って反応してちゃ役は務まらないぞ?」

伊織「……わかったわ」

P「……ほっ」チョンチョン

伊織「……んっ……っ」

P「……それそれっ」ツンツン

伊織「……んっ!……んー……」

P(つつくたびに体が跳ねる……さてそろそろメインに移るとしよう……)

P「よいしょっ」コチョ

伊織「んぁっ!ちょ、ちょっと!」

P「それそれ!」コチョコチョ

伊織「やっ!あ、あはは!ちょ、ちょっとやめなさいよ!あ、あははは!」

P「まだまだ!」コチョコチョ

伊織「こ、こんなの練習なんかじゃ、あっ!あはは!や、やめぇ!も、もうこんなの!」ダッ

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 23:31:14.30 ID:qMxRyJ1FP
P「逃がすかっ!」ガッ

伊織「え?あ、足が!ちょ、ちょっとあんたいい加減に……」

P「そこだっ!」コショコショ

伊織「ひゃぁん!あ、あはははははははは!!」

P(立ち上がって逃げようとする伊織をすかさず足でホールド!)

P(画は完全に変態だが両手のふさがっている伊織はこれでもう逃げられない!!)

P「さぁさぁ!これでもかぁ!」

伊織「や、やめ!い、ひひひひひひ!あ、あんた覚えてなさははははは!!」

P「おいおいこれしきのくすぐりで笑ってちゃダメだろ?」

伊織「こ、こんなのあははは!無理に!あっ!決まってるじゃない!やあああああ!」

P「まだまだ余裕がありそうだな!どんな場合にも耐えられなきゃ意味がない!」

伊織「も、もうくるしっ、あははははは!やめ、やめてふっふふふふふふふ!」

P「っと……」ピタッ

伊織「はぁ……はぁ……あんた、どういうつもりなの?」

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 23:36:32.85 ID:qMxRyJ1FP
P「どうもこうもリハーサルの練習だろ?」

伊織「こんなのがあっ!練習んっ!になると思ってやぁ!ちょ、ちょっとあんたやめんっ!!」

P「ほらほらこれしきのつつきに反応するようじゃまだまだだと言ってるんだ」

伊織「そ、それとこれとは違うって……も、もう後で覚えてなさい……」

P「さて、伊織も疲れたようだしこの辺で……」スッ

伊織「全くよ……もうおかげでくたくた……」

P「っとみせかけて!ここからが本番だぁ!!」スッ!

伊織「ひゃぁ!あ、あははははははははははは!!!」

P「さっきので弱点はつかんだ!ここだ!このわきの最深部が弱いんだろ!」

伊織「や、やめぇ!やめなさっ、はっ!はっ!はははははははは!」

P「まだまだここから!ここからだぞ伊織!!」

伊織「も、もうだめ、い、いきがぁ!!あっ、そ、それにも、も、あっ!あはははは!」

P「なんだ?何がいいたいんだ?」

伊織「だ、だから!こ、これ以上は!やっ!あはははははははは!」

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 23:43:10.15 ID:qMxRyJ1FP
P「こっからだ!!ここからがラストスパートだ!!」

伊織「やぁ!だ、だめ、も、もう!も、も!もおおおおお!!!!」

P「なんだ?何がいいたいんだ!そんなに暴れるな!い、椅子が倒れる!」

伊織「やぁん!だ、だめ!あっ、あははははは!だ、だめえええええええええ!!」

P「う、うわぁ!……ててて、伊織大丈夫……か……」

伊織「や、やっ、だめっ、みないで、みないでええええええ」ジョワー

P「……え?」

伊織「……」バタッ

P「いおりんの聖水……・いただきました……」

――

伊織「ん~……あれ、今何時…?はっ!も、もう1時間以上過ぎてるじゃない!」

P「おーおはよー伊織」

伊織「な、何悠長にしてんのよ!は、はやく車だして!」

P「あ、あぁ。さっきのは嘘嘘。今日はオフだぞー」

伊織「……え?というかあんたなんで床拭いて……っ!!!」カアァ

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 23:48:54.85 ID:qMxRyJ1FP
P「ずびばぜんでじだ……」

伊織「さてと、これは私のを見た分よ」

P「え?私の分?」

伊織「だ、だからその……私の……言わせんじゃないわよっ!」

P「ごふっ!」

伊織「も、もう……あんただからよかったものの……」

P「え?何?俺だからよかった?というか結構笑ってたもんな伊織」

伊織「あんなに不意打ちされたら誰でもそうなるわよ……」キュッキュッ

P「でも、笑ってたってことはだよ……ん?なんだこのひも……手足全部に……」

伊織「……よしできた。それじゃあ今から始めるわよ?」

P「え?ま、まさか……あ、あははははははははは!!!」

伊織「これでもくらいなさい!ほらほらもっともっと!!」

P「ま、まってくれ!い、伊織は俺のことがあはははははははは!」

伊織「ほらほら休んでる暇なんてないわよ!そんなんじゃ、プロデューサーなんて務まらないわよ?」

伊織「全く……やるならもっとストレートにきなさいよ!それなら考えてあげても……なんてね?にひひっ!」 
伊織編 完