1: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 19:17:46.10 ID:SR2cS6PJ0
ある日の部室

ボッスン「あー……暇だなー」

ヒメコ「ホンマ暇やわー」

ボッスン「なあ……これっていいことなのかな」

ボッスン「なんも事件がないってことだろ?」

ヒメコ「まぁ確かにそうかもしれへんなー」

ボッスン「……ウンコ」

ヒメコ「アカン、ボッスンが暇すぎてウンコ言うてもうてるわ」

スイッチ『……』カタカタカタカタ

ボッスン「何やってんだよスイッチ?」

スイッチ『来期のアニメのチェックだ』

ボッスン「へー」

スイッチ「!」

スイッチ『見ろ二人とも』

ボッスン「なんだよ?」

スイッチ『来期始まるアニメの中にモモカが主役のアニメがある』

ヒメコ「ホンマ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1496571465

引用元: ボッスン「麻宮アテナ?」 


2: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 19:18:33.16 ID:SR2cS6PJ0
ボッスン「すげーなモモカ!! で、なんてアニメだ?」

スイッチ『『サイコーソルジャー』というアニメだ。 事あるごとに『サイコー!!』と叫ぶ女戦士を主人公にしたアニメだ』

ヒメコ「めっちゃつまんなさそうなんやけど」

スイッチ『まぁストーリーだけで判断するのは良くない。 もしかしたら素晴らしい作画が見られるかもしれないからな』

スイッチ『それに俺が驚いたのはモモカが出てることだけじゃない』

ボッスン「?」

スイッチ『準ヒロイン役はあの麻宮アテナなんだ』

ボッスン「麻宮アテナ?」

3: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 19:19:01.26 ID:SR2cS6PJ0
ヒメコ「知っとる!! 超能力使える人やろ!?」

ボッスン「さらっと凄い事言ったぞ今!?」

スイッチ『ヒメコの言う通り、彼女は超能力が使えるアイドル歌手だ』

ボッスン「へえ……」

スイッチ『今なら彼女のライブに行けば数量限定で『サイコボールを優しく当ててもらえる券』がもらえる』

ボッスン「いるのそれ!?」

ヒメコ「でもすごないモモカ? あの麻宮アテナを差し置いて主役やで!」

スイッチ『そうだな、こういう本職じゃない人がアニメに出演する時は大抵主役だからな』

4: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 19:19:44.29 ID:SR2cS6PJ0
ガラガラ!

ボッスン「ん?」

モモカ「姉さん!! スイッチ!!」

ヒメコ「おーモモカ!!」

スイッチ『噂をすれば』

ボッスン「俺もいる!! 俺もいるから!!」

モモカ「! ご、ごめんボス男」

ヒメコ「それで……どないしたんや?」

モモカ「アタイ、新しいアニメの主演が決まったんだよ!!」

スイッチ『サイコーソルジャーだな』

モモカ「!! 知ってたのかい?」

スイッチ『ついさっきな』

ヒメコ「よかったやんモモカ!! あの麻宮アテナと共演やで! しかも主役!!」

モモカ「うん!! それが本当に嬉しくて……」

ボッスン「そんなにすげえのかよ麻宮アテナ……」

5: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 19:20:14.28 ID:SR2cS6PJ0
モモカ「それでね……偶にはと思って……」

ボッスン「?」

モモカ「アタイのアフレコ現場に来て欲しいんだ!!」

ボッスン「おお!!」

スイッチ『声優・吉備津百香の生声が聞けるわけか』

ボッスン「いいのかモモカ? 俺達が行っても」

モモカ「うん!! 周りの人からはちゃんと許可もらったから……」

モモカ「今のアタイをみんなに見て欲しいんだ!」

ボッスン「おっしゃ!! そうと決まれば行こうぜ!!」ダッ

ヒメコ「ちょ……ボッスンどこ行くねん!! 場所知らんやろ!!」

ボッスン「あっ」

モモカ「ボス男、収録は明日なんだ……」

ボッスン「えっ」

スイッチ『おっしゃ!! そうと決まれば行こうぜ!!』

ボッスン「やめて!!/// 追い打ちかけるようなこと言わないで!!///」

6: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 19:20:49.70 ID:SR2cS6PJ0
当日

ボッスン「お、お邪魔しま~す」

スタッフ「いらっしゃい!! モモカちゃんのお友達だね!!」

ボッスン「は、はい!!」

ヒメコ「はえ~……ホンマにここで収録するん?」

モモカ「そうだよ姉さん!!」

スイッチ『収録現場なんて滅多に見れないからな。 ちゃんと目に焼き付けておかねば』

モモカ「……」

モモカ(凄い緊張する……)

モモカ(で、でも!! 友達がいても普通に演技ができるってことを証明しなきゃ!!)

モモカ(これがアタイのスキルアップになるんだ!!)

モモカ(それに……)

モモカ「……」チラッ

スイッチ「?」

モモカ「!!///」

モモカ(アタイが演じてる姿を……自分を……スイッチに見てもらいから)

7: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 19:21:27.62 ID:SR2cS6PJ0
スタッフ「じゃあモモカちゃん!! 始めるよ!!」

モモカ「は、はい!!」

モモカ「……」スゥ~












??「ちょい待ちや!!」

モモカ「!!?」

8: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 19:21:54.04 ID:SR2cS6PJ0
ボッスン「おい、なんだよヒメコ」

ヒメコ「なんで関西弁ってだけでアタシと決めつけとんねん!! どう聞いても男の人の声やったやろ!!?」

ボッスン「いや、変声できるようになったかと……」

ヒメコ「なんでお前みたいな器用なことをアタシができんねん!!」

??「こらこら!! 何無視しとんねん!!」

モモカ「だ、誰だいアンタ……?」

??「何っ!? ワイのこと知らへんのか!?」

??「……しゃーない、教えたるわ」

??「麻宮アテナの恋人……麻宮アテナのプロデューサー……」

??「椎 拳崇とはワイのことや!!」

9: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 19:22:24.50 ID:SR2cS6PJ0
拳祟「ここが吉備津百香が今日収録しとるっちゅうスタジオやな」

スタッフ「あれもモモカちゃんのお友達かい?」

モモカ「ち、違うよ……」

拳崇「人をアレ呼ばわりすなっ!!」

ボッスン「なんか男版ヒメコみたいなやつが来たぞ」

ヒメコ「アホッ!! なんで関西弁で突っ込んだだけでこの地味男と一緒にされんねん!!」

スイッチ『さりげなく彼をディスってるぞ』

拳祟「さりげなくどころか思いっきりや!!!」

ボッスン「うーん……ツッコミのキレはヒメコほどじゃねえな」

ヒメコ「ツッコミに覇気が感じられへん」

拳祟「なんで急に評論家みたいになっとんねん!!」

10: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 19:23:00.64 ID:SR2cS6PJ0
スタッフ「おいおい、モモカちゃんの友達じゃないなら帰ってもらえないか?」

拳祟「そうは行かへん!! ……吉備津百香!!」

モモカ「!!!」

拳祟「あんた、今度『サイコーソルジャー』で主役やるらしいやないか」

モモカ「う、うん……」

拳祟「それが納得行かへんのや」

ヒメコ「ど、どういうことや?」

拳祟「なんでや……」

モモカ「??」

拳祟「なんでワイのアテナがサブヒロインなんや!!!」

ヒメコ「ま、まさか……それに納得行かへんから……」

拳祟「せや!! こうやって吉備津百香本人に抗議しに行ったんや!!」

ボッスン「なんやて!?」

スイッチ『関西弁がうつってるぞボッスン』

11: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 19:23:51.06 ID:SR2cS6PJ0
ヒメコ「モモカ本人は何も悪くないやろ!!」

スイッチ『そうだぞ、文句があるならモモカを起用したアニメスタッフに言うべきだ』

拳祟「それならもう買収済みや」

スタッフ一同「肉まんうめー!!!」

ヒメコ「なんで肉まんで買収されんねん!!」

拳祟「あとはモモカはん……あんたが主役をアテナに譲るだけや!!」

ボッスン「ま、待てよ!! それこそモモカのマネージャーと話し合って……」

マネージャー「肉まんうめー!!」

ヒメコ「あんたも肉まんかいっ!!」

拳祟「肉まんは世界共通の食べ物や。 この美味さには誰にも逆らえへん」

ボッスン「いや、ハンバーグも中々行けると思うぜ」

ヒメコ「どうでもいい所で張り合わんでもええわ!!」

12: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 19:24:18.21 ID:SR2cS6PJ0
拳祟「モモカはん、よう考えてみいや」

拳祟「ヒロインの声に相応しいのはアテナやと思わへんか?」

モモカ「……」

スイッチ『異議あり!!』

モモカ「スイッチ!?」

拳祟「なんやパソコンの兄ちゃん」

スイッチ『確かに麻宮アテナのあの声はヒーリング効果があるほど優しい声だ』

スイッチ『だがこのヒロインの性格……容姿……これを総合的に見ると』

スイッチ『モモカの声の方が合うのではないだろうか』

モモカ「スイッチ……」

スイッチ『少なくとも俺は原作の時からモモカに合うと考えていた』

ボッスン「このアニメ、原作があるのか?」

スイッチ『ああ、サイコーソルジャーは元々ネオゲオで発売されたクソゲーなんだ』

ヒメコ「クソゲーが原作かいっ!!」

13: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 19:24:50.84 ID:SR2cS6PJ0
スイッチ『それに彼女の本職はアイドル歌手だろう?』

拳祟「兄ちゃん、やけにその子の肩を持つやないか」

拳祟「……せやけどモモカはん、この肉まん食いとうない?」

拳祟「主役降りたらあげてやってもええで」

モモカ「……いや、別にいらないけど」

拳祟「なんやて!!?」

ヒメコ「……なぁボッスン、アイツ中々引きさがろうとせえへんで。 モモカ、困っとる」

ボッスン「……」

14: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 19:25:19.28 ID:SR2cS6PJ0
ボッスン「……なぁ、モモカ。 お前は主役、やりたいか?」

モモカ「ア、アタイ?」

ボッスン「ああ」

モモカ「……」

モモカ(最初、麻宮アテナが起用されるって聞いた時はいいのかなって思った……)

モモカ(アタイなんかまだ駆け出しだし……彼女の方が相応しいんじゃないかって……)

モモカ(……でも!!)

モモカ「……やりたい!!」

モモカ「アタイ、主役をやりたい!!」

モモカ「スタッフさん……それにファンのみんなの期待に応えるためにも……最後までやり遂げたい!!」

ボッスン「よく言った!!」

ボッスン「後は……俺達の出番だ!!」

15: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 19:25:49.46 ID:SR2cS6PJ0
ボッスン「……おし!! じゃあお前ら!!」

ボッスン「……久しぶりに仕事やるか!!」

ヒメコ「せやな!!」

スイッチ『そうだな』

ザッ

拳祟「!!」

ボッスン「モモカは絶対に……主役から降ろさせねえ!!」

拳祟「……君らはモモカはんのボディガードかなんかかいな」

ボッスン「俺達は……」

ヒメコ「アタシらは……」

スイッチ『俺達は……』














ボッスン・ヒメコ・スイッチ『「「スケット団ス!!」」』

17: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 19:26:16.89 ID:SR2cS6PJ0
ボッスン「なあ拳祟、あんたが麻宮アテナを好きなのはよく分かった」

ボッスン「けど世の中には……好きってだけじゃまかり通らねえこともあるんだ」

拳祟「……好きじゃまかり通られへんから帰れって言うたらワイが納得すると思うんか?」

ボッスン「そうは思わねえぜ……だから双方が納得する方法を思いついた……」

拳祟「言うてみぃ」









ボッスン「ジェネシスで勝った方が主役だ!!」

拳祟「納得行くわけないやろ!!」

18: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 19:26:49.46 ID:SR2cS6PJ0
拳祟「なんやジェネシスって!! 何訳の分からんこと言うとんねん!!」

ヒメコ「アカン、この人ジェネシストちゃうわ」

スイッチ『まさかウォン老師の故郷である中国の人が知らないとは』

拳祟「誰やウォン老師って!!」

ボッスン「どうする拳祟、やるのか? やらねえのか?」

拳祟「……勝負したろ。 それでワイが勝てばアテナが主役、そっちが勝ったらモモカはんが主役ってことやな?」

拳祟「けどな……勝負するのはジェネシスやない」

ボッスン「どういうことだよ?」

拳祟「名付けて……」









『麻宮アテナを主役にしたい!!! 恋の肉まんバトル三本勝負!!!』

拳祟「これや」

ヒメコ「何が『これや』や!! タイトルめちゃくちゃな上にお前の意思前面にでとるやんけ!!!」

19: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 19:27:15.27 ID:SR2cS6PJ0
拳祟「ワイが決めた三つのバトルで勝ち越したら大人しく引き下がったるわ」

ヒメコ「なんでそんな偉そうになんねん!!」

スイッチ『どうするボッスン』

ボッスン「へっ……どうするもこうするもねぇだろ」

ボッスン「俺のジェネシス対決か……お前の三本勝負か……」

ボッスン「……それをジェネシスで決めようじゃねえか」

ヒメコ「素直にジェネシスやりたい言えや!!」

20: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 19:27:51.12 ID:SR2cS6PJ0
結局ジャンケンで決めることになった。

拳祟「ジャーン」

ボッスン「ケーン」

ボッスン・拳祟「ポンッ!!」

モモカ「か、勝ったのは……」

拳祟「ワイや!! っちゅうわけで三本勝負や!!」

拳祟「そっちに丁度三人おることやし一人一回出てもらうで」

モモカ「姉さん……スイッチ……」

ヒメコ「心配いらんて、アタシらが絶対勝ったる!!」

スイッチ『対決内容はなんだ?』

拳祟「一本目の対決は……」

ボッスン「ジャンケンに負けたジャンケンに負けたジャンケンに負けた」

ヒメコ「いつまで引きずっとんねん!!!」

拳祟「アイドルクイズ対決や!!!」

ボッスン「……アイドルクイズ対決?」

21: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 19:28:24.50 ID:SR2cS6PJ0
拳祟「いや、正確にはアテナクイズ言うた方が正しいな」

ボッスン「! まさか……麻宮アテナに関するクイズか?」

拳祟「せや!! ワイが出す問題10問全部答えられたら勝ちや!!」

スイッチ『俺が行こう』

モモカ「スイッチ!」

スイッチ『安心しろ、こう見えても俺はオタクなんだ』

ボッスン「いや、知ってるから」

22: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 20:16:12.56 ID:SR2cS6PJ0
拳祟「ほな行くで!! 第1問!!」

スイッチ『来い!!』

拳祟「アテナの誕生日はいつや?」

スイッチ「……」

この時、笛吹和義は気づいた。













スイッチ『俺はゲーム・アニメオタクだからアイドルのことは分からなかった』

ボッスン・ヒメコ「アホオオオオオオオ!!!!」

拳祟「ヤマカンでいってみい」

スイッチ『11月11日』

ボッスン「それ俺の誕生日!!」

ブブー!!

拳祟「正解は3月14日や」

23: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 20:16:48.65 ID:SR2cS6PJ0
ヒメコ「なんで自分のことも分からへんねん!!」

ボッスン「何が安心しろだよ!!」

スイッチ『すまない、ここら辺でボケ数を稼ごうと思ってな』

ボッスン「何ボケ数って!? 俺らがいつ大ボケ対決やろうって言った!!?」

ボッスン「……わりいモモカ、一本目は負けちま……」

モモカ(そんなスイッチも好き……///)キュン

ボッスン「なんか嬉しそうなんだけど!?」

24: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 20:17:14.44 ID:SR2cS6PJ0
拳祟「ほな次は2本目行くで」

ヒメコ「対決内容はなんや?」

拳祟「……格闘や!!」

モモカ「格闘!?」

ボッスン「おっしゃ!! もらったぜヒメコ!!」

ヒメコ「せや!! アタシの勝ちや!!」

拳祟「ほう……その姉ちゃん、強いみたいやな」

拳祟「せやったら……そこの兄ちゃん」

ボッスン「なんだよ?」

拳祟「わいと勝負や」

ボッスン「はぁ!!?」

25: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 20:17:42.41 ID:SR2cS6PJ0
ボッスン「なんで俺なんだよ!! ヒメコやるって言ったじゃん!!」

拳祟「ワイは誰が出るかはそっちで決められるなんて一言も言うてへんで?」

ヒメコ「なんやその後出しジャンケン!! 卑怯にも程あるやろ!!」

拳祟「それともあれか? そっちのリーダーはチキンかいな?」

ヒメコ「ボッスン!! アイツの挑発に乗ったらアカン!!」

ボッスン「おおいいぜ!! やってやろうじゃねえか!!」

スイッチ『手遅れのようだ』

ヒメコ「アホーーーーーーー!!!」

26: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 20:18:27.07 ID:SR2cS6PJ0
拳祟「スタジオじゃ狭いから外で勝負や」

ボッスン「おう!!」

ヒメコ「ど、どうなるんやろか……」

スイッチ『不安だな』











拳祟「ほな行くでえ!!」

拳祟「超球弾や!!」ゴオオ!!

ボッスン「なんか凄いの出てきたけど!!」

ヒメコ「あいつも超能力者やったん!?」

スイッチ『まずい、このままだとボッスンに直撃する』

モモカ「避けてボス男!!!」

ボッスン「た、弾が速い!! 間に合わねえ!!!」

ボッスン「うわああああああああ!!!」









ゴオオオオオ!!!!

27: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 20:18:53.53 ID:SR2cS6PJ0
ボッスン「……」

ヒメコ「……あれ、傷一つついてへん」

拳祟「なっ……ワイの超球弾を……相殺しおった!!」

拳祟「……覇王翔吼拳で!!」

ヒメコ「な、なんやそれ!?」

スイッチ『覇王翔吼拳……極限流空手の使い手なら誰しもが持っている技だ』

ヒメコ「ボ、ボッスン……極限流の使い手やったんか?」

ボッスン「……違う」

ヒメコ「じゃあなんで……」

ボッスン「……なんか出た」

ヒメコ「はぁ!?」

28: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 20:19:28.44 ID:SR2cS6PJ0
ヒメコ「ちょ……そんなわけないやろ!! なんとなくで出せるわけないやろ!!」

ボッスン「いや、なんか出た」

ヒメコ「だから出せるわけないやろ!!」

スイッチ『ヒメコ、ボッスンが覇王翔吼拳を出せた理由は簡単だ』

ヒメコ「な、なんでや?」

スイッチ『ボッスンが器用だからだ』

ヒメコ「器用とかそういうレベル超えとるやろ!!」

拳祟「……」ボーッ

スイッチ『ボッスン、相手が呆然としている今がチャンスだ』

ヒメコ「ええい!! もうやったれや!!」

ボッスン「覇王翔吼拳!!!」ゴオオ!!

ドカアアアアアン!!

拳祟「ほらさいならーー!!」

ボッスン「覇王翔吼拳を破らぬ限りお前に勝ち目はない!!」

ヒメコ「顔芸せんでええわ!!」

スイッチ『ボッスン、その顔はリョウじゃなくてリュウだ』

29: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 20:20:01.78 ID:SR2cS6PJ0
拳祟「や、やるやないか……甘くみとったわ……」

ボッスン「これで俺達の一勝一敗だ!!」

拳祟「せやけど……この対決には勝てへんやろ」

ヒメコ「なんでもやったるわ!!」

ボッスン「頼んだぜヒメコ!!」

拳祟「最終対決は……」

ボッスン「なんだ……?」

拳祟「肉まん早食い対決や!!」

ボッスン「は、早食い対決!?」

30: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 20:20:30.95 ID:SR2cS6PJ0
ドン!!

拳祟「ここに肉まんが100個あるやろ?」

ヒメコ「どこに持っとってたんや!!」

拳祟「先に50個食べ終わった方の勝ちや」

ボッスン「ヒメコ……やれるか?」

ヒメコ「や、やるしかないやろ!!」

拳祟「フッフッフッ……これがワイの真骨頂や、伊達に肉まん好きを公言してへんで!!」

モモカ「姉さん……」

ヒメコ「だ、大丈夫! 大丈夫やってモモカ!!」

31: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 20:21:05.21 ID:SR2cS6PJ0
スイッチ『ちょっと待ってくれ』

ボッスン「どうしたスイッチ?」

スイッチ『ヒメコには申し訳ないがこの試合は彼女に出てもらう』

ヒメコ「彼女?」

スイッチ『そろそろ来るはずだ』

タッタッタッ……

??「はぁ……はぁ……」

ボッスン「!!」

??「ごめんなさい……はぁ……遅れちゃった」

スイッチ『とんでもない、グッドタイミングだ』

スイッチ『拳祟、ヒメコの代わりに彼女がやる。 いいだろうか?』

拳祟「ええで、誰が来ようが勝てるわけあらへんからな」

ヒメコ「あんたやったら勝つの間違いなしや!!」

ボッスン「ああ……頼んだぜ……」






















ボッスン「キャプテン!!」

??→キャプテン「ええ!!」

32: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 20:21:42.21 ID:SR2cS6PJ0
スイッチ『よーいスタート!!』

拳祟「なめとったらアカンで!! ワイのスピードを……」

キャプテン「……」シュッシュッシュッシュッ

拳祟「!!!?」

ボッスン「出た!! キャプ食い!!」

拳祟「に、肉まんが口に触れた途端消えよる!!」

キャプテン「……」シュッシュッシュッシュッ

拳祟「ア、アカン!! ワイもはよ食べへんと……」

拳祟「……んぐぅ!!? 喉に……」

ボッスン「悪いな拳祟……この勝負、俺達の勝ちだ!!!」












キャプテン「は~美味しかった~」

拳祟「な、舐めとったんは……ワイの方やったんや……」

33: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 20:22:08.42 ID:SR2cS6PJ0
ボッスン「悪いが拳祟、負けを認めてもらうぜ」

拳祟「恐れ入ったでスケット団……友情パワーがこんなに強いん思わんかったわ」

モモカ「みんな……ありがとう!! アタイの為に……」

ボッスン「気にすんなって」

??「……いた!!」

ボッスン「ん?」

??「拳祟!! こんな所で何やってるの!?」

拳祟「ア……アテナ!!?」

ヒメコ「ほ、ホンマもんの麻宮アテナや!!」

ボッスン「こ、この人が……」

アテナ「私がアニメの仕事をもらったって言った途端、どこかに行っちゃうんだから!!」

拳祟「す、すまんアテナ……せやけどワイ、アテナが主役じゃあらへんのが納得いかへんから……」

アテナ「!! もしかして……」

拳祟「勝負……申し込んだんや」

アテナ「……もう!!!」

34: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 20:22:39.66 ID:SR2cS6PJ0
アテナ「ご、ごめんなさい……私の友達が迷惑を……」

スイッチ『いえいえそんな』

アテナ「吉備津さん……本当にごめんなさい」

モモカ「ううん、アタイも気にしてないよ。 それよりも……」

アテナ「それよりも……?」

モモカ「こうやって麻宮アテナさんに会えた事が……共演できてすごく嬉しいんだ!!」

アテナ「吉備津さん……」

モモカ「アタイ、いつかはアンタみたいなアイドルになりたい!!」

モモカ「だからこれからも……頑張るよ!!」

アテナ「……ええ!! 応援してるわ!!」

35: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 20:23:23.92 ID:SR2cS6PJ0
アテナ「さ、帰りましょう拳祟」

拳祟「は、はい……」

ボッスン「……拳祟」

拳祟「な、なんやボス男はん?」

ボッスン「……また勝負しようぜ」

拳祟「……おう!! 次は負けへんからな!!」

スイッチ『その後、ボッスンを見たものはいない』

ボッスン「勝手に殺すなよ!!」

36: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 20:23:50.02 ID:SR2cS6PJ0
ボッスン「あれ、そういえば」

ヒメコ「なんやボッスン」

ボッスン「なぁ、なんでキャプテンは俺達がここにいるって分かったんだよ?」

キャプテン「私? 私はスイッチに呼ばれてここに来たの」

ボッスン「スイッチが?」

スイッチ『ああ、三本勝負を仕掛けて来た時にキャプテンに連絡したんだ』

ボッスン「そんな前から!?」

スイッチ『あの時に早食い対決があると思ってな』

ヒメコ「な、なんで分かったんや?」

スイッチ『彼の名前を聞いた時、肉まん好きなのを思い出してな』

スイッチ『肉まん好きの彼のことだから早食い対決ぐらいあるだろうと思って呼んだんだ』

ヒメコ「ちょ、ちょい待ちスイッチ。 拳祟知ってたんか?」

スイッチ『ああ、彼はKOFの常連だ』

ボッスン「ケ、KOF? なんだよそれ?」

37: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 20:24:19.05 ID:SR2cS6PJ0
スイッチ『世界格闘大会、『The King Of Fighters』だ』

ボッスン「へー……そんなんあるんだ」

スイッチ『格闘の実力も中々のものでな、中継で何度か見た事ある』

ボッスン「……俺、とんでもないやつに勝っちゃったんだ」

ヒメコ「凄いやんボッスン!!」

キャプテン「凄いわボッスン!!」

モモカ「流石だよボス男!!」

ボッスン「ま、まぁ……? 俺にとっちゃあんなん朝飯前だし?」

ボッスン「そのKなんとかってやつに出ても? 余裕で勝てるし?」

スイッチ『無理だろうな』

ヒメコ「無理やな」

モモカ「無理だね」

キャプテン「ちょっと……難しいわね」

ボッスン「お前らなんなの!?」

39: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 20:25:10.18 ID:SR2cS6PJ0
数日後

ボッスン「また暇になったなー」

ヒメコ「ウンコ言うたらアカンで」

ボッスン「ウンコ」

ヒメコ「言うな言うとるやろ!!」

スイッチ「……」

ボッスン「おっ、スイッチ!! それってサイコーソルジャーか!?」

スイッチ『ああ、やはりモモカは適役だった』

スイッチ『それに作画も素晴らしい』

40: ◆LYNKFR8PTk 2017/06/04(日) 20:25:44.47 ID:SR2cS6PJ0
ガラガラ……

京「なぁ、スケット団ってここか?」

ボッスン「あ、草薙先輩」

スイッチ『どういったご用件で?』

京「ストーカー被害にあってんだよ。 なんとかしてくんねぇか?」

ヒメコ「ストーカー?」











パリイイイイイン!!!

庵「今日が貴様の命日だ!! 死ね、京!!!」

ボッスン「うわあっ!? 窓割って出てきた!!?」

京「わざわざ俺の学校まで来るとは……お前もつくづく暇人だな八神」

庵「御託はいい、始めるぞ」

京「ああ、行くぜ」

ゴオオ!!!

ボッスン「ちょ!! 燃える!! 部室燃えるから!!!」

ヒメコ「外でやりいや!!」

スイッチ『どうやらまたしばらく暇じゃなくなりそうだぞ』

~終わり~