1: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 20:44:55.74 ID:jdiIHsgKo
陽子「っはよー!」ピトッ

綾「っひゃうん!?」

綾「よ……よよよ陽子、いきなり首筋触らないでよ!!」///

陽子「あはははー、冷たかった?」

綾「もう……」

陽子「いやー、まさか二学期がもう明日で終わるとはな」

綾「早かったわね。寒さもどんどんきびしくなってくるし……」

綾「実はこの時期、ツインテールって首元が寒いのよね」

陽子「髪の毛で隠れないもんね」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387539895

引用元: 綾「二学期の終わり」 


きんいろモザイク Pretty Days( イベントチケット優先販売申込券 ) [Blu-ray]
KADOKAWA メディアファクトリー (2017-03-03)
売り上げランキング: 1,709
3: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 20:47:27.77 ID:jdiIHsgKo
カレン「オハヨウゴジャイマース!」

陽子「その点カレンってよさそうだよな」

カレン「なんの話デース?」

陽子「いや、カレンのロングヘアーいいなって話」

カレン「ほ、ほめてもなにも出ないデスよ」///

4: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 20:50:58.71 ID:jdiIHsgKo
カレン「アヤヤも、髪留めをほどけばロングヘアーデス」

綾「そうね……」

忍「おはようございます!」

アリス「おはよー」

陽子「おー、しの、アリス、来たか」

カレン「うずうず……」

綾「ど、どうしたのそんなにうずうずして」

カレン「ちょっと、やってみたかったことがありマス」

5: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 20:53:30.43 ID:jdiIHsgKo
綾「な、なに……って、きゃっ」

カレン「アヤヤのツインテールをつかんで……」

カレン「頭の上にもってくると、ほら、ウサギさんデス!」

綾「なによ、それ……」

カレン「ほらアヤヤ、早くウサギさんの真似を……!」

綾「ええっ……ぴ、ぴょこ、ぴょこ、ぴょーん!」

……

四人(かわいい)

綾「みんな……なにか、言ってよ……」///

6: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 20:57:25.55 ID:jdiIHsgKo
カレン「えー、続きましてー」

綾「まだやるの!?」

カレン「まだまだー、ヘリコプターとかやりたいデス」

綾「それ絶対振り回すでしょ!?」

カレン「まあまあ、細かいこと言わずにー」グイグイ

綾「あ、やめて、ちょ、痛いから」

ブチッ

7: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 21:01:27.80 ID:jdiIHsgKo
綾「あ……」

カレン「髪留め、切れちゃいマシタ」

綾「っ、カレン……」

カレン「ゴメンナサイ。ちょっと調子乗りマシタ」

綾「……」グスッ

カレン「アヤヤ……?」

綾「カ、カレンの、ばかばかばか、ばーか!」ダッ

カレン「アヤヤ!」

カレン「行っちゃいマシタ……」

陽子「……」

陽子(あれは、確か……)

8: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 21:06:12.63 ID:jdiIHsgKo
綾「……ただいま」ムスッ

陽子「あれ、髪下ろしてるじゃん」

綾「代えの髪留め、家に忘れてきたの」

綾「私ポニーテールとかは似合わないし」

カレン「まだ……怒ってマスか?」

綾「大丈夫よ」イラッ

カレン「怖いデース……」

カレン「ヨーコ、あの切れた髪留めに心当たりは」

陽子「うん、多分……」ボソボソ

カレン「なるほど、そんな大事なものを」

カレン「それは怒るわけデスネ」

9: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 21:08:54.45 ID:jdiIHsgKo
カレン「アヤヤ、本当にゴメンナサイ」

綾「いいわよ、気にしてないから」

陽子「でも綾、髪下ろしてるのもいいね。似合ってるよ」

綾「そ……、そう、かしら」///

カレン(分かりやすいデス)

10: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 21:12:53.01 ID:jdiIHsgKo
アリス「でもアヤはいいよね。髪の毛サラサラで」

綾「さらさらでも、困ることあるのよ。痛みやすいし……」

綾「手入れは結構しっかりしてるのよ」

陽子「なんか女の子らしいな、髪の話題って」

綾「……」///

陽子「???」

11: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 21:17:24.99 ID:jdiIHsgKo
~昼休み~

カレン「お弁当、食べマショウ!」

綾「そうね」

忍「頂きまーす」モグモグ

12: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 21:20:42.31 ID:jdiIHsgKo
忍「綾ちゃんの髪、綺麗ですー!」サラサラ

綾「ちょっとしの、そんなに触らないでよ」

忍「きっと金髪が似合いますよ! 今度染めてあげます!」

綾「え、遠慮しとくわ」

忍「えー、どうしてですか? 綾ちゃんも陽子ちゃんも、皆金髪になれば世界は平和なのに」

綾「……壮大ね」

13: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 21:24:37.07 ID:jdiIHsgKo
綾「……」モグモグ

綾(髪が邪魔で食べにくい……)

綾「ちょっとしの、頼んでもいいかしら?」

忍「なんですか?」

綾「私がお弁当食べる間、私の髪を押さえててくれないかしら」

忍「わ、わかりました!」スッ

カレン「人づかい荒いデス」

14: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 21:27:59.52 ID:jdiIHsgKo
綾「ありがとね」モグモグ

忍「……」

忍「綾ちゃんの髪の毛……見とれちゃいます」

忍「……」クンクン

綾「し、しの……なにやってるのよ」///

忍「ハッ!? つい家でアリスの髪をモフるような感覚でやってしまいました」

綾「家でアリスになにしてるの!?」

15: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 21:30:09.85 ID:jdiIHsgKo
陽子「やっほー」

アリス「遊びに来たよー!」

忍「うわさをすれば! アリスー」モフッ ナデナデ

アリス「えへへー」

陽子(まるでペット)

16: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 21:32:58.79 ID:jdiIHsgKo
綾「風が吹いてきたわね」

アリス「アヤの髪がなびいて……」

綾「っ……くしゅん!」

バサバサ

カレン「HAHAHAHAHA! アヤヤ、髪の毛がバラけて妖怪みたいになってマス!」

綾「仕方ないでしょ……」

カレン「NONO、妖怪は退治しないといけないネ」

カレン「悪霊退散、覚悟ォ!」

綾「ひぇー、やめてぇ!」

陽子「なにこれ」

17: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 21:36:01.90 ID:jdiIHsgKo
陽子「ああもうこんな時間か。私たち教室に帰るねー」

綾「ええ」

カレン「おさらばデス」

綾「また、帰りに会いましょう」

陽子「……うん」

陽子(髪を下ろした綾もいいんだけどね……)

18: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 21:38:55.34 ID:jdiIHsgKo
~放課後~

綾「帰ろっか」

カレン「そうデスね。C組へアリスたちを誘いに行きマショウ!」

綾「よいしょ……と」スッ」

綾「っ! あいたたた」

カレン「どうしたデス?」

綾「肩にかけたかばんの取っ手に髪の毛が引っかかって……痛い!」

カレン「ロングヘアあるあるデスネ」

……

19: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 21:42:36.34 ID:jdiIHsgKo
~帰り道~

忍「綾ちゃん、今日一日ロングヘアで過ごしたけどどうでしたか?」

綾「なにその質問。……まあ、ちょっと違和感があったけど、そんなに変わらないわよ」

忍「実は、私もいつかは髪をのばしてみたいんです……」///

アリス「髪の長いこけしなんて怖いよ!」

陽子「こけし呼ばわりなのな、やっぱり」

20: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 21:46:30.52 ID:jdiIHsgKo
カレン「ロングヘアもなかなかいいデショウ?」

綾「うーん」

カレン「これを期に、ロングヘア同盟はいかがデスか?」

陽子「何だそれは!」

カレン「説明しよう! ロングヘア同盟とは、ロングヘアのロングヘアによるロングヘアのための……」

陽子「やっぱりいいです」

綾「うーん……考えておくわ」

陽子「……」

21: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 21:49:04.96 ID:jdiIHsgKo
陽子「あ、私用事あるんだった! 皆、先に帰ってて」

綾「あ、うん……」

カレン「……」

カレン「さよならデース!」

22: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 21:52:24.06 ID:jdiIHsgKo
カレン「はあ、もう二学期もおしまいデース」

アリス「そうだね」

カレン「それじゃ、私こっちデース」

綾「私もこっちよ」

忍「さようなら!」

アリス「バイバイみんな!」

綾(明日で冬休み……か)

綾(陽子と二人きりで下校する時間が、なくなってしまうのね)

綾(その時間が、私好きだったのに)

綾「……」

綾(今日も、陽子と一緒に帰りたかったな……)

23: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 21:55:21.89 ID:jdiIHsgKo
~次の日~

綾「陽子! おはよう」

陽子「おはよー。今日も寒いね」ハアハア

陽子「ああ、今日はツインテールなんだ」ハアハア

綾「ええ……やっぱりこっちのほうが、慣れてるしいいわ」

陽子「そっか」ハアハア

綾「なんでそんなに息が荒いのよ」

陽子「寝坊して走って来たからな」

綾「今、体あたたまってるでしょ」

24: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 21:58:06.70 ID:jdiIHsgKo
綾「でもまだそんなに焦る時間でもないと思うけど」

陽子「うん。実は、授業始まる前に綾に渡したいものがあってね」

綾「え……?」

陽子「はいこれ、新しい髪留め」

綾「……っ!」///

陽子「きのうのやつと同じだろ?」

25: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 22:02:59.28 ID:jdiIHsgKo
陽子「でも驚いたよ、あれ何年前にあげたやつだっけ?」

陽子「まだ使ってたんだな」

綾「……なによ」///

陽子「私のプレゼント、大事に使ってくれて嬉しかったよ、ありがと」

綾「フン!」///

26: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 22:04:30.24 ID:jdiIHsgKo
陽子「これは少し早いけど、クリスマスプレゼントだ」

陽子「……あと、綾はやっぱりツインテールが似合うよ」

綾「も、もう」

陽子「綾……?」

綾「いっぺんに嬉しいこといっぱい言わないでよ……ばか」///

28: ◆VJRQu9X6ME 2013/12/20(金) 22:07:41.80 ID:jdiIHsgKo
綾(でも……二学期が終わる前に、こんなに素敵なことが起きて、幸せだわ)

綾(ありがとね……陽子)

カレン「……」

カレン「それを口で言えないところが、アヤヤらしいデス」

綾「な!?」


おわり