2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/23(月) 01:45:35.09 ID:flM3MQWl0


片桐早苗「それで…詳しいことを説明してもらいましょうか」


千川ちひろ「詳しいこともなにも…さっき言った通りですよ…」


緒方智絵里「その…なんでそんなことになったんですか?」


ちひろ「先日、プロデューサーさんに仮死状態になるドリンクを飲ませたら、仮死に落ちる時と、そこから目覚める時に快感を感じてしまうようになり…その…クセになってしまった

んですよ」

引用元: 千川ちひろ「プロデューサーさんがドMになりました」 



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 01:46:07.28 ID:flM3MQWl0


岡崎泰葉「でも、そういうのって、ドMとは言わないんじゃないですか?」


早苗「おやおや、それではどういうのがドМなのか説明してよ泰葉ちゃん」

泰葉「ふぇ!?え、えっと、その、い、痛みを受けることが快感なのがМで、それのさら上の刺激を求めるのがドМなんです…よね?」

ちひろ「進んで仮死状態になろうなんて…上の刺激を求め過ぎてますよ……しかもそれだけでなく、副作用であらゆる痛みを快感として捉えるようになってしまっているんです」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 01:46:34.82 ID:flM3MQWl0

智絵里「それで…何か困ることがあるんですか?」

ちひろ「えっ」

早苗「うーん、あたし的にはそれでいいような気もするんだけどなぁ…」

泰葉「私は…その…」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 01:47:24.98 ID:flM3MQWl0

ちひろ「そういった問題じゃないんですよ…」

泰葉「どういうことですか?」

ちひろ「今はまだ、っていうか今も酷いですが、それでも仮死状態がクセになりすぎて、ドリンク以外の方法を求めだしたら危ないんですよ」

早苗「最悪…そのまま死んじゃうもんね…」

ちひろ「そうならないように、ドリンクを調整して、仮死状態が短くなるようにして渡していますけど…いつまでもこんなこと続けれません…早いうちになんとかしないといけないんです。それに、痛みは体の救難信号なんです。それを快楽にしてしまうと…取り返しのつかないことになるかもしれないんです。プロデューサーは体が丈夫だから危険なことに挑んでしまうかもしれません」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 01:47:56.97 ID:flM3MQWl0

智絵里「それで、わたしたちはどうすればいいんですか?」

ちひろ「はい、そこでこのドリンクを用意しました」

泰葉「また、ドリンクですか…」

早苗「どんな効果なの?」

ちひろ「これは、痛みを蓄えるドリンクです」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/23(月) 01:48:32.53 ID:flM3MQWl0

早苗「痛みを蓄える…?なんでそれが関係あるの?」

ちひろ「先ほどもいった通り、プロデューサーさんはドМとなってしまっています。仮死状態以前に、骨折ですら快感にもなっています。痛みを正常に感知できないんです。だから、痛いことは痛いと思い知らせるべきなんです」

早苗「痛みを蓄えさせて、快楽の上を行く痛みを与えるのね」

ちひろ「はい、このドリンクは仮死状態の時に蓄えた痛みを解放するようにしています。まずは、仮死状態が危ないことだと教えてあげましょう」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 01:49:00.38 ID:flM3MQWl0

泰葉「私たちは、その、Pさんに痛みを…与えればいいんですか?」

ちひろ「そういうことになりますね。仮死状態の快楽がどんなものかわからないけど、けっこうな痛みを蓄積させないといけないです。この人数では厳しいので事務所のみんなにはすでに連絡しておきました。また、プロデューサーさんに痛みを与えるのが嫌だっていうなら参加しなくても大丈夫ですよ」

早苗「そうもいってられないからね…あたしは協力するよ」

智絵里「わたしも…Pさんを元にもどしたいです」

泰葉「このままではPさんが危ないですから。私も心を鬼にします」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 01:49:28.81 ID:flM3MQWl0

ちひろ「それではお願いします。そろそろプロデューサーがくるころです…」


ガチャ


モバP(以下P)「おはようございます」

「おはようございます」

ちひろ「おはようございます、プロデューサーさん。さっそくで悪いんですが、このドリンクを飲んでください」

P「えっ…もしかして、アレですか?」

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 01:50:02.19 ID:flM3MQWl0

ちひろ「アレですよ」

P「そんな…今飲んでも大丈夫なんですかね…」ニヤニヤ

早苗(あっ、あれはアウトの顔だ)

ちひろ「どうぞ、改良品ですので効果も見たいんですよ」

P「仕方ないですねぇ…それでは、ゴクリ…………何にもならないですよ?」

ちひろ「おかしいですね? すみませんがまた改良してきますのでそれまでは我慢してください」

P「えぇ…わかりました。待つのも……いいですからね」

早苗(放置プレイまで…)

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 01:50:28.59 ID:flM3MQWl0

智絵里「あ、あの、Pさん!」

P「どうした?智絵里」

智絵里「Pさん、あ、あの、...チ...チ...チョ...チョ...チョップ、です。えい」シュッ

P「うっ」ズバッ

智絵里「えい、えい、えい」シュシュシュッ

P「あんっ、いんっ、うんっ///」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 01:50:55.74 ID:flM3MQWl0


早苗「……なんていうか、P君の喘ぎ声とか…なんかキツいわね」

泰葉「えっ、そ、そうですかね?」

早苗「……まぁ、人によるわよね」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 01:51:23.35 ID:flM3MQWl0


P「い、いきなり、どうしたんだぁ…智絵里ぃ…」ビクンビクン

智絵里「Pさんは…痛いのが…気持ちいいんですよね?」シュッ

P「えふんっ/// そ、そんなことはないぞぉ///」

智絵里「う、嘘はダメです」シュバッ

P「おうふっ/// か、仮にそうだとすれば、なんだというのだね」

智絵里「P、Pさんは、変態さんです!」シュビッ

P「おぉん///」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 01:51:49.89 ID:flM3MQWl0


早苗「ねぇ…十分感じてると思うんだけど」

ちひろ「……えぇ。でも、これだけなんですよ」

泰葉「どういうことですか?」

ちひろ「この程度では、満足してくれないんですよ…」

早苗「………まるで試したみたいな言い方ね」

ちひろ「試しましたから、いろいろと」

泰葉「えっ…それって…」

ちひろ「泰葉ちゃんが考えているようなことじゃないですよ…札束で叩いたり、ですよ」

早苗「いや…それもなんていうか、いろんな意味でひどいわよ」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 01:52:30.48 ID:flM3MQWl0

智絵里「はぁ…はぁ…ま、まだです…」ブンッ

P「んっ/// …智絵里、そろそろやめにしないか?チョップしてくれるのは嬉しいが、智絵里の手が心配だよ」

智絵里「Pさん…ごめんなさい…わたし…」

P「いいんだ、智絵里が俺のことを考えてチョップしてくれていたってのはよくわかっているし、その、よかったから」

智絵里「また…チョップしてもいいですか?」

P「あぁ、いつでもこい」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 01:52:57.74 ID:flM3MQWl0


早苗「何か…変にかっこよく決めてるのがムカツクわね」

ちひろ「次はどうしますか?」

泰葉「私は…ここでは、その…」

早苗「いったい何するつもりなのよ…」

泰葉「ち、ちがいますよ!た、ただ、なんていうか、恥ずかしくって…」

早苗「まぁいいわ。それじゃ、あたしがシメてあげますか…」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/23(月) 14:08:57.01 ID:SrTT6nzM0

早苗「P~く~ん~」

P「ひぃ、早苗さん!?」

早苗「そんなに痛いのがいいならおねえさんがシメて、あ・げ・る♪」

P「そ、そんな、やめてくださいよ…」ニヤニヤ

早苗「…顔、ニヤけてるよ」ギリリリ

P「ああああああああっ骨がきしむううううう///」

早苗「ほれほれ」グイッ

P「逆関節になるうううう///」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 14:09:27.64 ID:SrTT6nzM0

泰葉「うわぁ…あれでも気持ちいいんですね…」

ちひろ「正直…ここまで重傷だったとは思っていませんでした」

智絵里「これって…後で一度に痛みが、くるんですよね?大丈夫なんですか?」

ちひろ「全ての痛みを蓄えているわけではないですからね。一定ライン溜まったら違和感を感じますので、プロデューサーの様子を観察しておかないといけませんよ」

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 14:09:56.59 ID:SrTT6nzM0


P「ぐううううう」

早苗(うーん、なんだかなぁ…P君は喜んでいるみたいだから悪い気はしないんだけど……何かなぁ)

P「あれ?早苗さん、どうしました?」

早苗「ねぇ…P君がさ、あたしに技かけてよ」

P「え?」

早苗「ほら…その、P君が痛いだろうなってのを実際にあたしにかけてくれれば、それをP君にかけれるでしょ?あっ、別に絞め技や関節技じゃなくてもいいよ」

P「えっ、いや…それじゃあ早苗さんも痛いんじゃ…」

早苗「なーに、大丈夫よそれぐらい。ほらほら、試しにやってみなよ」

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 14:10:35.01 ID:SrTT6nzM0

P「うーん、そこまでしなくてもいいんじゃないですか?」

早苗「むぅ…あたしがやってって言っているんだからいいじゃない」

P「早苗さんはアイドルですから。もしものことがあったらいけません」

早苗「だったらさ、痛みを感じたら言うからさ、やってみてよ」

P「なんでそこまで…仕方ないですね、それじゃやりますけど、少しでも痛くなったらすぐに言ってくださいね」

早苗「うん!さぁ、こい!」

27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 14:11:31.88 ID:SrTT6nzM0

P「それでは、腕、失礼しますよ」グイッ

早苗(おっ…これはアームロックか? じわじわくるわね…あっ、この感じは結構いいかも…って)

早苗「がああああ」

P「これ以上いけない。早苗さん、痛みを感じたらすぐにいうように言ったじゃないですか!」

早苗(さっきの感じ……やっぱりこれは…)

早苗「い、いいのよ。ね、ねぇ…ほ、他にもやってみてよ」

P「ダメです。約束守れていないじゃないですか」

早苗「次はちゃんと言うからね?ねっ?」

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 14:14:22.97 ID:SrTT6nzM0

P「…絶対に言ってくださいよ」グイッ

早苗「あんっ///」

早苗(あぁ…これ…いい…)

早苗「ひゃっ…ぁあ……んっ…///」

P「……早苗さん、もしかして、気持ちいいんですか?」

早苗「あっ…ち、違っ…んんっ!…違うわぁ、あんっ!」

P「嘘はダメですよ」ギリッ

早苗「ひゃん!……あ…ちがっ…う…のぉ…///」

P「これはどうです?」グイ

早苗「ああんっ! ほ、骨がきしん…じゃ…うぅ……あっ」

P「……」ヒネリ

早苗「んぁっ…か、かんせつぅ……いいっ!」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 14:17:07.08 ID:SrTT6nzM0

泰葉「わぁ…」

智絵里「きゃっ」

ちひろ「早苗さんがМだったとは…ってそうじゃなくって、二人ともいい加減にしてください!!」


P「…っは!つ、つい…。早苗さん、大丈夫ですか?」

早苗「えっ…えぇ…大丈夫……ごめんなさい」

P「いえ、こちらこそすみません…」

ちひろ「全く、目的を忘れないでください」

P「目的ってなんですか?もしかして、さっきの智絵里も関係が?」

ちひろ「うーん…やっぱり教えておいた方がスムーズにいきそうですね。それでは、説明しましょう…」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 14:19:44.96 ID:SrTT6nzM0
早苗さん終了
早苗さんはMだと思うんだ
こんな感じで逆転することもあるので悪しからず

冷静に考えて男の喘ぎ声とか誰得なのかと思ったこの頃

34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/23(月) 22:14:12.73 ID:WQGX8LzS0


P「なるほど…ドリンクの影響でドМになったからその効果を取り除くためにみんなが攻撃してくるんですね」

ちひろ「はい、最初に言うべきでしたね。遅れてしまってすみません」


智絵里「あの…ちひろさん…」ボソッ

ちひろ「蓄積のことは言うと意味がないからね」ボソッ


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 22:14:39.99 ID:WQGX8LzS0

P「それにしても…早苗さん…」

早苗「な、なによ…」

P「いえ…同士ですね」

早苗「ち、違うからねっ!あたしは、あたしは違うからね!!」

泰葉「人それぞれですから」

智絵里「えっと…チョップ…しましょうか?」

早苗「もういやぁ!」ダッ


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 22:15:11.50 ID:WQGX8LzS0


棟方愛海「おはようございまーって早苗さんどこ行くの!?」


P「おはよう、愛海。早苗さんにも悩みはあるのさ。ところで、愛海の仕事は午後からだったはずだが?」

愛海「うひひ、プロデューサーが大変だって聞いたからね。あたしがもっと気持ちいいことを教えてあげようとおもってね」

P「ん?愛海の胸でも揉ませてくれるのか?」

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 22:15:39.28 ID:WQGX8LzS0

愛海「ちょっ、違うってば。あたしがプロデューサーの胸を揉むの!」

ちひろ「あれ?愛海ちゃんって女の子の胸にしか興味がないんじゃ…」

愛海「なんだか…最近、プロデューサーの胸に魅力を感じるようになったんだ…肩を揉んだ頃から興味はあったんだよね。それに、プロデューサーの胸、胸筋しっかりしてるし…」

P「まぁ…揉めないこともないが……でも、それは今回のことに意味があるのか?」

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 22:16:08.52 ID:WQGX8LzS0

愛海「まぁ、揉みたいだけってのもあるから。それじゃ…いただきます」モミッ

P「ちょっ、まっ」

愛海「ノンストップで行ってみましょ♪」モミモミ

P「ごまえーっ!!///」

愛海「うわぁ…これは、wonderlandなneverlandだよ…女の子とは違うこの……はまっちゃいそう…」モミモミ

P「やっ、やめるんだーっ///」

愛海「ほれほれ…気持ちいいんでしょー?危ないことするぐらいならあたしが揉んであげるからやめなよー」モミモミ

P「くっ…屈しない!」

愛海「仕方ないなぁ…痛いのがいいんだっけ?おっぱいを痛めつけるのは好きじゃないけど…えい」ツネリ

P「ノンストップでイってしまうーッ!!」


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 22:17:16.19 ID:WQGX8LzS0


ちひろ「まさか…そんな方法を使うとは…」

泰葉「えっ、えっと…止めなくていいんですかっ!?」

智絵里「あわわ…///」

ちひろ「性感帯は責めてませんでしたからね…何か変化があるかもしれません、様子をみましょう」


41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 22:17:43.08 ID:WQGX8LzS0


愛海「あぁー、この微妙なやわらかさが、すてき♪」モミリ

P「こ、このぉ…好き勝手させておけば…セクハラだぞっ!」

愛海「んー?聞こえなーい プロデューサーも喜んでいるんだし、いいじゃーん♪」モミツネリ

P「あひぃ!……このぉ、背後にいるからって…ならばっ!!」モミ

愛海「ひゃあん!?ち、ちよっと、そこはお尻ぃ!?///」

P「これ以上触られたくなければ離れるんだな……ひぎぃ!?」

愛海「う、うひひ、こんなことであたしはやめないんだからね」モミモミ

P「このぉ…いいのか?触るぞ?揉むぞ?セクハラだぞ?」

愛海「や、やれるもんならやってみれば?本気になったあたしはプロデューサーでも止めれない!」

42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 22:18:08.28 ID:WQGX8LzS0

P「そうか…ならば…」モミ

愛海「ひゅいっ///」

P「これが愛海の75かぁ…小ぶりだがいい触り心地だぞ?」ナデリ

愛海「ふ、ふんっ、そんなんじゃダメだよっ/// んっ…/// あたしの秘技、教えてあげる!」モツリ

P「わっほい/// くっ…これならどうだ!」モナリ

愛海「あんっ/// だ、だめだにぇ…そんにゃんじゃ…あっ…」モツミネリ

P「ぐふぉ/// こ、このぉ…」モナミデリ

愛海「あぁん/// ま、まだまだぁ…」


43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 22:18:45.91 ID:WQGX8LzS0


泰葉「わぁ…/// Pさんが愛海ちゃんをおんぶしながら…」

智絵里「ひゃあ…///」

ちひろ「うーん…大きな変化はないみたいですね。それよりもこのままだといろいろ危ないんでそろそろ止めましょう。二人ともやめてくださいっ!!」

P「ち、ちひろさん…」

愛海「な、なに…止めなくっても…」

ちひろ「…人前で揉み合いしたり、プロデューサーさんにぴったり密着して、愛海ちゃんは大胆ですね」

愛海「えっ!? うひゃあ!?///」

44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/23(月) 22:19:13.27 ID:WQGX8LzS0

P「さぁ、早く離れるんだ」

愛海「う、うん…///」

P「愛海が、俺が危ないことをしないようにと思ってしたことだと、よくわかっているから気にするな。というか、俺も触ってしまってごめんな」

愛海「い、いいよ…プロデューサーには感謝してるし、あたしも触らせてもらっちゃったから…あの、あたしの触りたかったら…その…」

P「ん?どうした?」

愛海「うぇ、えっと…き、着替えてくるっ! プロデューサー、早く元に戻るといいね!」ダッ


P「愛海はいい子だな」

ちひろ「そうですね。で、何やってんですか?Pさん?」

P「えっと…仕方なく…」

ちひろ「止めなければどこまでもいってしまいそうでしたがね。まぁ、早めに止めなかったこちらにも責任はありますが、ほどほどにしてくださいね」

P「はい…」

48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/24(火) 07:32:05.84 ID:GbuoQJS20


結城晴「なぁ…さっき、愛海が顔真っ赤にしながら走っていたんだけど何かあったのか?」


P「お、晴おはよう」

ちひろ「おはようございます。愛海ちゃんも女の子なんです」

晴「おはようございます。まぁ、揉まれなくて助かったぜ。ところでPが大変なんだって?」

ちひろ「大変な変態になってますね」

P「うーん、否定できない」

49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 07:34:06.44 ID:GbuoQJS20

晴「痛みを与えれば治るんだっけ?だったら兄貴から聞いた奴やってやるよ」

P「なんだそれは?」

晴「なんか、男に対する最終手段って聞いた。ものすごく痛いんだってさ。Pって体丈夫だからやってもいいか?」

P「あぁ、どんとこい! 俺はトラックに撥ねられても無事でいる自信があるからな」

ちひろ「男に対する…ものすごく痛い…まさかっ!?」


51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/24(火) 08:04:58.63 ID:GbuoQJS20

晴「よーし、えいっ」ズンッ

P「ほでゅあっ!?」バタッ

晴「えっ!?お、おいP!大丈夫か?」

ちひろ「晴ちゃん…それは本当に最終手段なんですよ…それに、そこは普通鍛える場所じゃないんです…」

晴「えっ?そ、そうなのか?」

ちひろ「男の人のそこは…内蔵なんですよ。筋肉や骨で守られていないので…だからものすごく痛いんです。そして、そこはその、大切な所なので…」

52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/24(火) 08:18:22.87 ID:GbuoQJS20

晴「何で大切なんだ?」

ちひろ「うぇ!?え、えっと…学校で習いませんでしたか!?」

晴「教えてもらっていないよ」

ちひろ「最近の教育はいったい……えっと…その…」

晴「なんだ?」

ちひろ「あ、赤ちゃんの素を作る場所です…」

晴「え?」

ちひろ「と、とにかく!詳しくは中学校で学ぶと思いますのでそれまではそこは大切な所だと覚えておいてください!!」

晴「う、うん」

53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 08:24:06.26 ID:GbuoQJS20

晴「う、うん」

ちひろ「そ、そうだ!Pさんは…」


P「あへぇ///」


ちひろ「あ、大丈夫だわ」

晴「大丈夫なのか?」

ちひろ「まぁ、Pさんの体は改造人間かってくらい丈夫ですからね…まさかここも丈夫だったとは…」

54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 08:27:24.96 ID:GbuoQJS20

晴「おーい、P…ってなんだこの顔」

P「う、うぅ…晴…」

晴「お、元に戻った。ごめんなP。そんな大切な場所だって知らなかったんだ」

P「いいんだよ…それに、晴はちゃんと手加減してくれていたからな。晴の本気の蹴りはあんなんじゃないはずだろ?」

晴「それは…やっぱりPにそこまで痛いことするのは気が引けるし…」

P「なぁ…晴…」

晴「なんだ?」

P「もう一度、やってみてくれるか?」

55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/24(火) 08:33:15.15 ID:GbuoQJS20

晴「うぇっ!?え、えっと、大切なところなんじゃないのか?」

P「何…程よい加減で蹴ってくれたらいいから…」

晴「え で、でも…」

P「ほら、この方法なら早く治るかもしれないから…」

晴「う、うぅ…」ペチッ

P「ぐぅっ!…全然だぞ…晴…」

晴「……」ベチッ

P「おぉん!いいぞ…」

晴「…ッ!」ベシッ

P「ぐふんっ!!…もっと、もっとだ!!」

晴「ひぃ!!」ドズンッ

P「アッーーーーーーーーー!!」

晴「う、うわ…こ、こんな…うわああああああ」ダッ

56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/24(火) 08:34:05.39 ID:GbuoQJS20


泰葉「……」

智絵里「…うわぁ」

ちひろ「…ドン引きしてしまって止めるのを忘れていました」

P「ふぅ…晴のやつもこれで男の股間を蹴ることはないだろう…」

ちひろ「いや、晴ちゃんは理解してましたし。それ以上の恐怖を与えてしまってますよ」

P「……反省してます」

ちひろ「だんだん変態度がヒドくなっていませんかね?」

P「いや…みんながいろいろしてくれるとその…もっとしてくれって思うようになってしまいましてね」

ちひろ「ダメだ…早くなんとかしないと…」

64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/26(木) 18:43:41.14 ID:dYgvjwOL0


池袋晶葉「おはよう。さっき晴が走ってで外に向かっていったが何があったんだ?」


ちひろ「おはようございます。ちょっとPさんが暴走しましてね」

P「おはよう。手は出していないから通報はやめてくれ」

晶葉「手を出さなければいいというものでもないと思うが…それより、なんでPがドМになるようなことになったんだ?」

ちひろ「先日、救命処置講習を行なった時にプロデューサーさんに仮死状態になるドリンクを飲ませてしまいましてね…それの影響です」

晶葉「ちひろさんがドリンクでミスをするなんて珍しいな」

ちひろ「私自身がそれ以前からドリンクの影響で暴走してしまっていたみたいですので…自分は大丈夫だという過信はいけないと思い知りましたよ。もう二度とドリンクを自分で試したりしないよ」

65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/26(木) 18:44:26.46 ID:dYgvjwOL0

P「え?では新ドリンクはどうするんですか?」

ちひろ「やりようはいくらでもありますので、Pさんを実験体にしたりはしないので安心してください」

P「あれ、今日飲んだのは…」

ちひろ「あぁ…あれについては今度説明しますので安心してください。それで、晶葉ちゃんの持ってる大きな箱は何ですか?」

晶葉「これか?ふふふ…Pに痛みを効率よく与えるために開発したビンタしてくれる機械だ」

P「ビンタか……それはもうやってもらったからなぁ…」

晶葉「え?」

ちひろ「まぁまぁまぁ、使ってみようではありませんか」

P「そうですね…どんなのか楽しみだ……」ニヤリ

66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 18:44:57.01 ID:dYgvjwOL0


晶葉「なぁ…本当に元に戻るんだろうな?」

ちひろ「元に戻さないといけないんです。原因は私なんですから絶対に戻してみせます」

晶葉「ちひろさんが言うなら、信用しよう」


P「それで、どういった機械なんだ?」

晶葉「よいしょっと…これがビンタ君マークⅡだ」

ちひろ「マジックハンドがたくさんついた大きいベルトって感じですね」

P「マークⅠは?」

晶葉「そ、それはない。ごほん、これは、ベルトを装着することで、痛みが強く、かつ、安全なポイントを探してビンタしてくれる機能をもった機械なのだ」

67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 18:45:23.83 ID:dYgvjwOL0

P「ふむ…つけてもいいか?」

晶葉「どうぞ」

P「よいっしょ…おわっ」ガション

晶葉「真ん中のボタンを押せば動く。止めるときはもう一度同じボタンを押せばいいぞ」

P「これか…えいっ」ポチッ

パーン

P「内ももっ!?」

ペーン

P「二の腕っ!?」


晶葉「どうだ?これなら…」


68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 18:45:49.58 ID:dYgvjwOL0


ペシーン

P「い、いたい!」

晶葉「何っ!?」

ちひろ「え?もう限界値ですか!?」


P「む、むーりぃー…」ポチッ

晶葉「き、気持ちいいんじゃなかったのか…?」

ちひろ「…プロデューサーさん、ビンタしてもいいですか?」

P「ちひろさん……お願いします…」

ちひろ(Мなのは変わっていない…?もしかして…)

ちひろ「それでは…」

パッーン!

P「あひぃ!///」


69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 18:46:19.41 ID:dYgvjwOL0


晶葉「そんな…プロデューサーがしてはいけない顔になってる…」

ちひろ「どういうことですか…効果は残っているなんて…もしかして全ての痛みを快楽に変えているというわけではなかった…?」

泰葉「快楽に変えれる痛みに違いがあるとかですか?」

ちひろ「そうね…プロデューサーさん、何で私のは痛くなくて、晶葉ちゃんの機械ではダメだったんですか?」

P「いえ…ちひろさんのは痛くないわけじゃないんですよ。その痛みが気持ちいいんです。でも、ビンタ君は…例えるなら真冬に自転車こいでる時に木の枝が耳に当たった時のような鋭い痛み…その、暖かさがないんです」

ちひろ「快楽に変えれる痛みと、そうでない痛みがあるんですね……想定外でした…」


泰葉「ということは…快楽を求めて危険なことをする可能性はないってことなんですかね?」ボソッ

ちひろ「プロデューサーさんがそれを判断できているならね。でも、仮死状態にはまっていることにはかわりないから、このまま仮死状態の時の痛みを許容できるものに変えないといけないですね。」ボソッ

70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 18:46:56.65 ID:dYgvjwOL0


晶葉「暖かさがないなんて…そんな……本当に、気持ちよくなかったのか?」

P「ごめんな、晶葉。せっかくだけど、これは痛いだけだったんだ。叩かれた時に感じる温もりがなかったんだ」

晶葉「そんな……私は…大丈夫だったのに…なんで………」ボソッ

P「俺のことを思ってこれを作ってくれたのは嬉しかったよ、ありがとう晶葉」

晶葉「なぁ…P…」

71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 18:47:22.55 ID:dYgvjwOL0

P「どうした?」

晶葉「私を…ビンタしてくれないか?」

P「え?」

晶葉「私には、その、叩かれた時の温もりというのが全くわからないんだ。だから…P…教えてくれ…」

P「……そうか、でも軽くしかやらないからな?それにするのはシッペだ、これでもわかるはずさ」

晶葉「うん…」

P「じゃ…いくぞ?」

72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 18:47:52.28 ID:dYgvjwOL0


Pはそう言うと私の袖をまくり上げて、腕を露出させた。手首を掴み、指二本を腕に当てて照準を合わしている。掴まれた手首にPの熱を感じる。暖かい。

本当は、ビンタをしてもらいたかった。P君マークⅤに搭載されたビンタ君マークⅠと何が違うのか知りたかった。P君がしてくれるビンタでも私は十分満足できていた。マークⅡは、Pの肉体を考慮して強化したからもしかしたらそこに問題があったのかもしれない。Pの言う温もりとは何なのか、本当にそこに違いがあるのか、P、私に教えてくれ。

Pが二本の指を振りかぶる、照準が定まったようだ。これから、Pにシッペをされる。あぁ…P本人にしてもらえると思うと……さぁ、くるぞ。


73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 18:48:19.77 ID:dYgvjwOL0


ペシッ


74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 18:48:46.82 ID:dYgvjwOL0

思わず声を上げてしまった。Pが心配してくれている。
驚いた……痛みにではない、痛みはむしろ弱かった。でも…暖かい…シッペされた場所から広がるのだ、温もりが。
いつも感じることのないモノ。確かに違うモノがあった……もっと、知りたい。

Pに顔をビンタするようにお願いする。Pは驚きながら私の要求を拒否する。アイドルの顔は叩けない。相変わらず優しい人だ。この優しさのおかげで私は頑張ってこれた。
しかし、今はそんな優しさが憎く思える。私はこの温もりをもっと知りたいのだ。

Pに必死の説得をすると、Pはしぶりながらも許可してくれた。私の研究生命がかかっていると言ったのだ。嘘ではない。
Pは力加減は譲らないといった。本気でやってほしかったが、こちらの無理を聞いてもらっているのだ、その要求を受け入れよう。一方的なのはパートナー同士ではないからな。

75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 18:49:12.68 ID:dYgvjwOL0

私の両頬にPの手が添えられる。まるで、これからキスをするかのようだ。私としてはそれも嬉しいのだが、今は、ビンタだ。
右頬からPの手が離れていく。あぁ…右からビンタされるんだ…

Pは黙ったまま私の顔を真剣な表情で見つめる。Pの瞳に自分の顔が映っている。なんてだらしない顔をしているのだ私は…こんな顔するのは天才科学者ではない、これでは変態科学者だ。Pは失望したりしないのだろうか?こんなだらしない私の顔を見て。

…焦らされる。見つめあったまま数時間が経過したかのように感じる。今か今かと待っているのにその左手は振り下ろされない
すると、Pが口を歪め、ニヤリとした
あぁ…ついにくるんだ…いつも、P君にしてもらっていた以上のことを、、Pにしてもらえるんだ…


76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 18:49:39.21 ID:dYgvjwOL0


スッ……パーンッ!!


77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 18:52:39.73 ID:dYgvjwOL0


一瞬何をされたかわからなかった。温もりが広がるのは、左頬。
右頬をビンタされると思っていたのに、ビンタされたのは左頬だったのだ。
わざと手を当てておくでそちらからはこないと思わせたのだ。

ぞくぞくする……これが…温もり。Pから与えられる痛みと温もり。私が今までしていたことはいったいなんだったのだ…
どうしてくれる、P。私はこれからどうやって自分を満足させればいいんだ…責任はとってもらうからな。

あぁ…いったい誰だ、PをドМだなんて言ったのは…こんな……こんなサービスをしてくれるなんて………


PはドSじゃないか!!


78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 18:53:09.77 ID:dYgvjwOL0


晶葉「……」ポロポロ

P「……」

ちひろ「ちょ、ちょっとPさん!?晶葉ちゃんが泣いちゃったじゃないですか!」

P「……はっ!? 晶葉!! ゴメン…本当にゴメン!!」

晶葉「いや……いいんだ…これは私がPに頼んだことなんだ」

P「だからって、泣いているじゃないか」

79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 18:53:35.82 ID:dYgvjwOL0

晶葉「私は…泣いているのか…これは……」

P「すまない、調子に乗ってしまっていた。本当にゴメン!!」

晶葉「いいんだ、この涙は………なぁ、P。君が、申し訳ないと思うなら、今度、私のラボに遊びに来てくれないか?最近来てくれていないだろ」

P「あぁ、わかった。もちろん行くよ。行かせてもらう。絶対にだ」

晶葉「そうか…ありがとう。それでは、私は一度戻るとするよ。ちひろさん、そういうことだからPを責めないでほしい」

ちひろ「え、えぇ…」

晶葉「では、楽しみにしているよ」

80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/26(木) 18:54:03.28 ID:dYgvjwOL0


バタン


P「はぁ…」

ちひろ「なんでフェイクかけたりしたんですか?」

P「いや…晶葉の顔見ていると…こうしないといけないと思って…」

ちひろ「…まぁ、晶葉ちゃんから言われましたからこれ以上は何もいいません」

P「はい、ありがとうございます」



90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/12/27(金) 11:48:24.40 ID:puw2r1v00


~ロッカールーム 1


早苗「…はぁ」

あたしは、なんてことをしてしまったんだろ。
泰葉ちゃんや智絵里ちゃんが居る前で、P君に、なんてはしたない姿を見せてしまったのか。

あたしはМではなかったはず。縛られるのなんて嫌いだった。ましてや、痛みなんて。
P君をシメるのは楽しい。もちろん本気でやってはいない。P君も嫌がってはいない…はず。お互いにじゃれてる感じが心地いいの。
…興味がなかったわけではないわ。あたしにシメられるP君の嬉しそうな表情。あれを見てから、興味がわいてしまったの。
P君に、シメられたいと思うようになってしまったの。

その思いは本物だった…。実際に、関節をキメられてよくわかってしまったわ。P君にシメられて、よかったんだから。

あぁ…これからどうすればいいんだろ…P君のこと……シメても、満たされないものが見つかってしまったんだもの。
P君に…タイホされちゃいたいな…



91: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/27(金) 11:48:53.22 ID:puw2r1v00



~レッスンルーム


晴「…うぅ」

怖かった…いつもの頼れるPがあんなことになってしまうのが、あの姿が怖かった。
でも本当に怖かったのは、そうしたPの表情を見て、楽しいって思ってしまったことなんだ。
俺は…それが怖くなって逃げてしまったんだ。

今も、足に残っているあの感触。靴越しでもわかってしまったあの、弾力。
最初は気持ち悪かったけど、もう一度、もう一度蹴ってみたいって思ってしまう。

俺…どうしてしまったんだろ…俺が蹴りたいのはサッカーボールのはずなのに…
なぁ、P…責任はとってくれよな


92: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/27(金) 11:49:21.07 ID:puw2r1v00


~ロッカールーム 2


愛海「……むぅ」

あぁ…なんであんなことになっちゃたんだろ。
あたしは女の子の柔らかいお山が好きだったのに。
プロデューサーの胸なんかに負けないって思っていたのに…胸には勝てなかったよ…

…それに、プロデューサーに触られてしまっちゃった。あたしの…
揉んだことはあるけど、揉まれたことはなかった。あんなの始めてだよ…

ちひろさんに言われて気がついたけど、あたし、思いっきり胸もプロデューサーに押し付けていたんだよなぁ。
プロデューサーは…あたしの胸はどう思ってくれているのかな…
ねぇ、今度、感想を聞かせてよ


93: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/27(金) 11:49:48.68 ID:puw2r1v00


ちひろ(…みなさん、けっこうダメージを受けてしまっているようですね。晶葉ちゃんも様子がおかしかったですし。これは早くなんとかしないと)

(でも…どうすればいいんでしょうか。機械的な行為はおそらく快楽には変換されない。どうしても効率が……あれ?)

(痛みの選別ができるなら、なんで仮死ドリンクで快楽を感じるんですか?ドリンクに温もりなんて…ますますわけがわからなくなりました)

P「ちひろさん?みんな大丈夫でしたか?」

ちひろ「え、えぇ。晶葉ちゃんはラボに行っちゃっいましたが、他のみんなは建物の中にいますよ」

P「よかった…出て行った原因は僕にありますからね…心配で」

94: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/27(金) 11:50:38.31 ID:puw2r1v00

ちひろ「プロデューサーさん、痛みに温もりが必要なら、なんで仮死ドリンクが気持ちいいんですか?あれには温かみも痛みもないはずですよ?」

P「えっと…その…」

ちひろ「もしかして…なにか、あるんですか」

P「え、えぇ…」

ちひろ「そ、そんな!? ごめんなさい、本当にごめんなさい!! 私が…あんなドリンクを…」

P「い、いえ!何か痛みや変化とかはないんです。ただ…あれを飲むと…」

ちひろ「なんですか?」

P「その…目覚める時に…ちひろさんに、包まれているように感じるんです」

ちひろ「っ!?///」

95: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/27(金) 11:51:06.79 ID:puw2r1v00

P「その…仮死状態になる時のもうダメかもしれないってところから…ちひろさんが、自分を包み込んでくれて、助け出してくれるような、そんな感覚があるんですよ…」

ちひろ「えぇ…///あ、あの…えっとぉ///」

P「仮死ドリンクだけじゃなくって、ちひろさんからもらうドリンクからは、ちひろさんの優しさを感じるんです。だから、イベントも頑張れるんです」

ちひろ「あわぁ///あう……///

P「ちひろさん、いつもありがとうございます」

ちひろ「あ、あ……私こそ…あ、ありがとう、ございます!!///」ダッ


バタン


P「あれ?ちひろさんまで、どこかに行ってしまった」


泰葉「……」

智絵里「……」

100: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 16:43:31.09 ID:7hzUijx10


泰葉「あっ!ちひろさんがいないとPさんの変化がわかりません!」

智絵里「わたしたちでも…わかるかな?」

泰葉「確証ができないので、ちひろさんがいたほうがいいですよね…私は探してきますので、Pさんをお願いしてもいいでしょうか?」

智絵里「はい。まかせて、ください」

泰葉「それでは、お願いします」


P「うーん、どうしたものか」

泰葉「Pさん、私がちひろさんを探してきますね」

P「泰葉、それじゃ頼むよ」

泰葉「はい」


バタン

101: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 16:44:01.82 ID:7hzUijx10


智絵里「……」

P「……」

智絵里(はっ!もしかして、今はPさんと二人きり…どうしたらいいかな…)

P「ごめんな、俺のためにみんないろいろしてくれているのに…」

智絵里「い、いえ、みんなPさんのことが心配で、Pさんのためにすることを嫌だなんて思ってはいませんから…」

P「そうか…せめて、俺を叩くことでストレス発散にでもしてくれればとも思ったが、みんな優しいからなぁ…余計なストレスを与えていないか心配になってしまってな。どっかに言ってしまうし」

智絵里(みんな恥ずかしかっただけだと思うけどなぁ…)

P「……あのさ、智絵里」

智絵里「はい、なんですか?」

P「智絵里は、俺をチョップしてどうだった?」

智絵里「正直、Pさんを叩くのは、嫌です。でも、Pさんのためだと思えば、がんばれます。Pさんに異常があるっていう方が嫌ですから。だから、もっとして欲しかったら言ってくださいね」

P「智絵里…ありがとう…それじゃ、お願いしてもいいかな?」

智絵里「はい! えいっ」ビシッ

P「ぐはっ」

102: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 16:44:38.70 ID:7hzUijx10

智絵里「~~~」

P「~~~」


冴島清美「これは…風紀の乱れですね……」

清美(ちひろさんからのメール、プロデューサーがドリンクでドМになったから一定の痛みが必要とかちんぷんかんぷんなことが書いてあって、風紀の乱れる予感を感じて来てみればこのありさまですか…)


智絵里「えへへっ、Pさん♪」ザシュッ

P「ぐへへっ、ちえり~」


清美(プロデューサーのためだとは思いますが…これではただのSMプレイですね。超☆アイドルである私のプロデューサーであるというのに……事務所の風紀、私が正さないと)


103: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 16:45:06.81 ID:7hzUijx10


智絵里「はぁ…ん……あっ…P…さん……」ビシッ

P「ちえり……ぐっ」


清美「喝ーーーーーーーッ!風紀の乱れは許しませんっ!」


智絵里「きゃっ!?」

P「うわっ!?き、清美か…どうした?」

清美「どうしたもこうしたもありません!神聖な事務所でのSMプレイはれっきとした風紀の乱れです!」

智絵里「え、SMプレイ!?」

P「ち、違うぞ!俺たちはそんなことはしていない!」

清美「恍惚の表情でチョップを繰り出す緒方さんとそれを受けて悶えるプロデューサー、どう見てもSMプレイです!」

智絵里「わ、わぁ…」

P「智絵里は俺のためにだな…」

清美「言い訳は聞きません。風紀を乱す者には罰です!」

智絵里「そ、そんな…Pさんは悪く…」

P「いや、罰なら俺だけにしてくれ」

清美「もともとプロデューサーにしか罰を与えるつもりはありません。今回は特別ですし」

智絵里「あっ……」

104: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 16:45:34.19 ID:7hzUijx10

P「それで…俺はどんな罰を受ければいいんだ」ハァハァ

清美「…………」ピシィッ

P「あはぁん!!」

智絵里「えっ…ムチ…ですか?」

清美「罰と言えばムチです。私は形から入る正確ですからね」

P「なんか…さらにSMっぽくなったようnひぎぃ!」

清美「SMではありません。おしおきの罰です」ピシィ

P「そ、そんな…ぎゃあ!」

清美「ははは、丁度よかったじゃないですか。プロデューサーには痛みが必要なんでしょ?お仕置きを受けて、異常も治せる。一石二鳥ですね!」ピシシシィ

P「あはあああん」ビクンビクン

智絵里「えっ…あぁ…」

清美「ふふふ、ムチで叩かれて喜ぶなんて…プロデューサーは変態ですね。変態は風紀を乱さないようにしつけないといけませんよね」ビシィッ

P「は、はいいいい」ビクンビクン

清美「ほら!私は風紀を乱しませんと言いなさい!」ピシィピスィ

P「私は風紀を乱しましぇえん!!」ビクンビクン

清美「他のアイドルにセクハラをしないと近いなさい!」ピシ

P「誓いますうううう」ビクン

清美「だらしない顔ですね…そんな顔ですから風紀を乱すんです!反省しなさい!」ピシィ

P「反省しますうううう」ビクンビクン


105: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 16:46:02.33 ID:7hzUijx10


智絵里「あれ…Pさんの様子が…」

清美「どうしたんです?変態からいったい何に進化するんですか?」ピシシシシッ

P「もっと、もっとぉ!!」ビクンビクン

智絵里「こ、これ以上はダメです!やめてください!」

清美「確かに…気持ち悪いほどビクンビクンし始めましたね。ここらでおしおきはやめてあげ…」

P「もっと、もっとしてくれ!何でもしますから!」ビクビク

清美「うわぁ…」

智絵里「あわわ…ちひろさんはまだですか…!?」


扉<バタン


ちひろ「すみません…つい…」

泰葉「大丈夫ですよ。Pさんは深い意味で言って…ってPさん!?」

智絵里「ちひろさん!Pさんが!」

ちひろ「もう、変化が起こって…Pさんっ!これをッ!」グッ

P「ガボボボボボ」ゴクン

清美「ちょっと…何飲ませたんですか?」

智絵里「えっと…多分仮死状態になるドリンクかと」

清美「え…なんで?」

泰葉「起きた時に痛みを与えて仮死状態になりたくないと思わせるためだそうですよ」

清美「ほんと…ドリンクって何なんですかね…」


P「」ビクンビクンビクン


清美「ねぇ…あれ、大丈夫なの?」

智絵里「わたしたちには…」

泰葉「ちひろさん…?」

ちひろ「……大丈夫ですよ」

清美「ちょっと!その間はなんですか!?」


P「」ビクン…ビク…ピクッ………

「Pさああああん!?」


106: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 16:46:37.52 ID:7hzUijx10


~数分後、そこには元気に仕事をするPの姿が~

P「もう二度と仮死状態なんてしないよ」


ちひろ「はぁ…何もなくてよかったです…」

智絵里「これで…Pさんは元に戻ったんですよね?」

ちひろ「あぁ言ってますからね。これで痛みに恐怖を持ってくれるでしょう。みんなに連絡しておきますね」

泰葉「よかったです…」

清美「何がなんだか…とりあえず、プロデューサーは今後、風紀を乱さぬように気を付けてください!」

P「いやぁ…みんなには迷惑をかけてしまってすまない。なんだかすっきりした気分だよ」

智絵里「チョップはいらないですか?」

P「智絵里からはチョップよりもチョコをもらいたいな」

智絵里「もう…Pさんったら…」

清美「むっ……風紀の乱れを感じました」スパーン

P「んあー!///」ビクン

107: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 16:47:42.53 ID:7hzUijx10

ちひろ「えっ」

泰葉「もとに…戻ったんじゃ…」

P「清美…ハリセンは控えてくれっていったじゃないか…二人きりの時以外は///」

清美「知りません、風紀が乱れそうな気配を感じたからです」

ちひろ「…えっと、清美ちゃん。プロデューサーとは普段何を…」

清美「え?何って風紀を乱したらハリセンでお尻を叩いているだけですけど」

ちひろ「いつもこんな反応なの?」

清美「えぇ、プロデューサーはドМの変態ですからね。だからちひろさんがプロデューサーがドリンクのせいでドМになったと聞いていまいちどういうことかわからなかったんですよ」

泰葉「ということは…」

智絵里「Pさんはもともと…」

ちひろ「ドМ…だったと…」

P「いやぁ…お恥ずかしい…」

清美「まぁ、こんなに大勢をプロデュースする激務などドМにしかできませんよね」

ちひろ「…ま、まぁ仮死状態になるのが止まっただけいいとしますか…」

泰葉「PさんがMかぁ…」

智絵里「清美さんはいつも、その…」

清美「言っておきますけど、これはSMプレイではありませんから。これは正当なオシオキです。プロデューサーはこれからも私からは逃げられませんから」


数ヵ月後、そこにはSの片鱗が現れたPによってオシオキされる清美の姿があったとかなかったとか

109: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/04(土) 16:49:41.12 ID:7hzUijx10
~終わり~