1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 19:38:42.10 ID:Iv5fieq70
春香(私には何の特徴も無い……歌も踊りもお芝居も特に凄いわけじゃない)

春香(こんな私がアイドルデビューしてもすぐに埋もれてしまう)

春香(そんなの絶対イヤ!!だから……私は)



P「今日から俺が君のプロデューサーだ、よろしくな!」

春香「あはは、私をプロデュース出来るなんて幸せですね」

P「え」

春香「精々、私のために走り回ってくださいね。あなたは私の犬なんですから」

P(えぇぇ……)

春香(あぁぁぁ、ドンビキされてるぅ!)

引用元: 春香「あはは、私をプロデュース出来るなんて幸せですね」 P「え」 


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 19:45:28.82 ID:Iv5fieq70
春香(もう後には引けない……やるしかない!!)

春香「とっととジュース買ってきてくださいよ。喉乾きましたから」

P「は、はぇ?」

春香「一回で理解できないんですか?どうしようもない駄犬ですね」

P「いや……理解はしてるけど……」

春香「じゃあとっとと行ってくださいよ」

P「あ、はい……」タタッ



春香「はぁ……誰がブラックコーヒー頼んだんですか?」

P「何か飲みそうだったから」

春香「アイドル目指す女子高生がこんなもの飲むとでも?もう少し勉強した方が良いですよ」

P(こんな女子高生見た事無いって)

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 19:53:37.86 ID:Iv5fieq70
春香「こんなダメダメな犬にはお仕置きしないと」

P「は?」

春香「さあ、早く跪いてくださいよ」

P「え……?ここで?」

春香「当たり前じゃないですか。ほら」

P(多分逆らっても無駄だな……)サッ

春香「あははは!服従のポーズ……駄犬の癖に分かってますね」

P(な、何だ靴を脱いで……)

春香「ほら、もっと這いつくばりなさい」グリグリ

P「い、痛い!痛いって!!」

春香「犬の癖に口答え……ですか。主人に逆らうだなんて……」グニッ

P「ヒャウン」

春香「良い声で鳴きますね……」

P(ぬぁぁ……)

春香(ごめんなさい!!ごめんなさい!!でもこうしないと私……!!)

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 19:58:02.40 ID:Iv5fieq70
P「な、何なんですかあの娘は!」

社長「む……天海君のことかね」

P「他にいるわけないでしょ!どうなってるんですか!」

社長「あの娘は765プロで唯一他のアイドルに会わせた事が無い箱入り娘なのだよ」

社長「故に世間知らずというか……」

P「逆ですよね!あの性格だから他のアイドルに会わせてないんでしょ!」

社長「流石、鋭いではないか」

P「猿でも分かりますよ!!俺どうすれば良いんですか!?」

社長「……がんばれ」ポン

P「マジですか」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 20:05:06.31 ID:Iv5fieq70
千早「あら、あなたが天海春香……?」

春香「……」チラッ プイッ

千早「……初めまして、私は如月千早」

春香「プッ……」

千早「な、何がおかしいの?」

春香「いや、千早ちゃんってまな板そっくりだなって」



雪歩「あ、あの……私、萩原雪歩って……」

春香「……」チラッ

雪歩「ヒッ……」

春香「はっ、何その態度?それでトップアイドル目指してるのかな?」

雪歩「は、はぅぅ……」

春香「ふふっ、もしそうなら傑作ね。今のうちに穴掘って家帰った方が良いんじゃない?」



P「誰も春香とユニットを組みたがらない」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 20:12:51.24 ID:Iv5fieq70
P「結局春香はソロでいくことになったよ」

春香「当然じゃないですか。トップアイドルになるのに仲間なんていりません」

P「そ、そうか……」

春香「全て自分の力だけでねじ伏せる。馴れ合いや仲良しごっこだなんて虫酸が走ります」

P「で、でもユニットはユニットで良い面がたくさん……」

春香「実力がある者同士……ならそうでしょうね。765プロではとてもメリットになりませんよ」

P「春香……」

春香「てか何私のこと呼び捨てにしてるんですか?自分の立場がまだ分からないほど馬鹿なんですか?」

P「」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 20:19:26.22 ID:Iv5fieq70
春香(れ、レッスンしんどい……)ハァハァ

P「お、お疲れ……」

春香「あ、……相変わらず目が腐ってますね。誰が疲れてるんですか?」

P「いやだって今ハァハァ言ってたじゃん」

春香「昼間っからそんな妄想してるだなんて変態ですね」

P「いや妄想でも無いし……変態でも無いし」

春香「変態なら私に踏まれて嬉しいですよね」

グリグリ

P「あぉぉ……」

春香「笑っちゃいますよ。大の大人が女の子になすすべもなく踏まれてるんだから」

P(こ、これが春香なんだ……!俺は絶対トップアイドルにするんだ!)

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 20:25:41.68 ID:Iv5fieq70
春香「……ちょっとあなた」

「は?」

春香「何無視してるんですか?こんなに可愛い子がCD手売りしてるるのに馬鹿なんですか?」

「何言ってんだ……」

春香「ほら、とっとと買ってくださいよ。グズでノロマですね」



P「そんな事して売れるわけねえだろ!!何やってんだよぉ!!」

春香(ですよね)

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 20:34:13.63 ID:Iv5fieq70
「何アレ?笑えるわー」スタスタ

P「新人アイドルの天海春香でーす!!よろしくお願いします!!」

春香「……」

「……プッ」スタスタ

春香(こうなる事は分かってたのに……)

P「今ならこの場で彼女のサインを……」

ガシッ

春香「もう良いですよ。何時間も延々と同じこと言わなくても」

P「は、春香……」

春香「世間は馬鹿ですから私の魅力が分からないんです。もう行きましょう」

P「……」

春香(分かってたはずなのに……分かってたはずなのに……)グスッ

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 20:42:09.83 ID:Iv5fieq70
P「大丈夫か……?」

春香「な、何の事ですか……?」

P「いや、だってお前泣いて……」

春香「ほ、本当に無能ですね……また妄想ばっかり」ゴシゴシ

P「……大丈夫だ、大丈夫だから」

春香「な、何ですか急に、気持ち悪いですね……」

P「だから、一緒に頑張ろう。そして買わなかった事を後悔させてやるんだ」

春香「は、ぁ……と、うぜんじゃ……ないですか……」

P「お前ならきっと……いや絶対にトップアイドルになれる」

春香「うっ……うぅ……ぷろ……でゅーさーさん……」グスッ

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 20:53:02.41 ID:Iv5fieq70
春香「下僕の癖に私を待たせるだなんて良い度胸してますね」

P「いや……渋滞で」

春香「言い訳よりも先にすることがあるんじゃないですか?」ズイッ

P「うぇ?」

春香「……」ジーッ

P「え、えー……遅れて申し訳ありませんでした」

春香「一番最初に言うべき言葉ですよね?あと、春香様が抜けてますけど」

P(あの後ちっとは態度が変わるかと思ったら全然だ……)

春香「主人に寂しい思いさせるだなんて……どんな罰にしましょうか」

P(ぇぇぇ……ん?寂しい?)

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 20:59:21.64 ID:Iv5fieq70
春香「そうだ……これなんか良いかもしれません」

P「ん?」

チュッ

P「ぁ……」

春香「き、キスぐらいで呆然とするだなんて童貞丸出しですね」

P「い、いやお前……」

春香「ああ、臭い臭い。嫌になっちゃいますね」タタッ

P「……」



春香(身体が……熱い……)ハァハァ

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 21:09:48.55 ID:Iv5fieq70
P「やっと見つけた……」

春香「わ、私を見つけるのにこんなに時間がかかるだなんて……ほんと使えないですね」

P「いきなりあんなことして……」

春香「あ、もしかしてあれで舞い上がっちゃってるんですか?だからチェリーなんですよ」

P「……春香」

春香「まあそんなことは置いといて、早く今日の予定教えてくださいよ」

P「……」

春香「あれ、もしかして忘れたんですか?もう痴呆始まってるんじゃないですか?」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 21:19:50.66 ID:Iv5fieq70
P「今日は何時も通りレッスン」

春香「はぁ……私のプロデューサーなんですから仕事ぐらいちゃちゃっと取ってきてくださいよ」

P「で……少し先の話になるんだが仕事が入った」

春香「え……嘘だったらまた踏みますよ?」

P「嘘じゃ無い。天ヶ瀬冬馬のラジオのゲストに招かれた。それも向こうから直接」

春香「天ヶ瀬冬馬……?まさかあの961プロの……?」

P「ああ、今最も勢いがあると言っても過言じゃないアイドルだ」

春香「ふ、ふぅん……上等じゃないですか。私の踏み台には丁度良いですよ」



黒井「くくく……765プロからアイドルなんぞ出させん……圧倒的実力差を見せつけて絶望させてやるまでだ」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 21:24:17.44 ID:Iv5fieq70
P『大丈夫だ、春香なら」

春香『な、何ですかその言い方。まるで私が緊張してるみたいじゃないですか』

P『俺がついてる、いつも通りの春香で行け』

春香『……当然です』



冬馬「今日のゲストは765プロの天海春香だ」

春香「どうも」

冬馬「えー、じゃあまずは俺達の新曲でも聞いてもらうか」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 21:31:56.76 ID:Iv5fieq70
冬馬「どうだ、『Alice or Guilty』……」

春香「……」

冬馬(へっ、驚いて声も出ねえか)

春香「君を見失う……アリス……だってさぁああああああ」

冬馬「んな!?」

春香「ギルティ!?ギルティってププッ……笑いのセンス良すぎでしょ」

冬馬「な、何だとぉ!!」

春香「大体前pv見て思ってたけどあの黄色い人何?ポジション確認してるの?」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 21:37:32.76 ID:Iv5fieq70
冬馬「ポジションって何の事だよ」

春香「チンポジに決まってるじゃない」

冬馬「ち、チン……何言ってやがるんだ!」

春香「私だってブラの位置直す時はバレないようにするよ?」

冬馬「ぶ、ブラ……」

春香「それに黄色い人ダンス下手くそだよね。動きが激しくない割にモタモタしてるし」

冬馬「あいつの悪口言うなよ!手足長いから仕方ねえだろ!」

春香「あー、そう……ふーん」

冬馬(こ、こいつ……一体何なんだ……)

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 21:41:41.19 ID:Iv5fieq70
春香「てか冬馬君ってさ……」

冬馬「あ?」

春香「童貞でしょ?」

冬馬「ブッ……いきなり何言ってんだよ!!」

春香「質問に答えて。そうだよね?」

冬馬「ち、ちげえし……」

春香「えー、嘘ばっかし!さっきのチンとかブラに対する反応見るだけで分かるよ」

冬馬「何でそんだけで分かるんだよ!!俺は童貞じゃねえ!!」

春香「うわー、童貞がいっちょまえに喋ってる。童貞が許されるのは小学生までだよ」

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 21:51:09.90 ID:Iv5fieq70
P(その後春香にボロクソに言われ続け冬馬はズタボロに)

P(途中でストップが入ったが生ラジオだったため、時すでに遅し)



春香「どうでした、プロデューサーさん。私、冬馬君に勝ちましたよ」

P「ああ……そうだな……」

春香「いやー、爆笑もんでしたよ。冬馬君口下手すぎだし……あの取り乱しっぷり」

P「ははは」

春香「何笑ってるんですか。私の許可なく笑わないで下さい」

P(大丈夫かな……干されないかな……)

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 22:03:31.41 ID:Iv5fieq70
黒井「ど、どういう事だ……何故あのような真似をしでかした小娘が……!!」



P(意外にも春香はあの日から仕事が入るようになった)

P(売れっ子アイドルを容赦なく叩きのめす無名アイドル)

P(とりあえずインパクトは凄かったみたいだ……)



春香「飲み物、お菓子」

P「えぇ……」

春香「さっさと行ってください」

P(春香は相変わらずだけど……)

春香「あ、ペットのエサ代は飼い主が出さないといけませんね。はい、心優しい私はちゃーんとあげますよ」

P「ありがとうございます……」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 22:12:55.39 ID:Iv5fieq70
春香「恐れ、ひれ伏し、崇め奉りなさい!」



P「すっげーその役似合ってる。春香のために作られたんじゃないか?」

春香「は?私をこんな腹黒女と一緒にしないでくれませんか?」

P「ほとんど同一人物だろ」

春香「何かムカツキます……あー、急に疲れました。どこかにいい椅子は無いかな~」

P「……」

春香「椅子は無いかなー、座って休憩したいんだけどなぁ」

P「……」サッ

春香「あ、こんなところにあったんだ」ストッ



P(なんとこの映画が大ヒット。春香人気もわっほい!)

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 22:20:44.68 ID:Iv5fieq70
P(しかし、人気とは裏腹に春香の表情が曇っているのを頻繁に目にするようになった)



春香「……」

P「どうしたんだ春香、疲れてるのか?」

春香「あ……べ、別に普段どおりですよ。下僕の癖に口出ししないで下さいよ」

P「犬が飼い主を心配するのは当然だろ」

春香「何でも無いって言ってるじゃないですか。馬鹿犬」グリグリ

P「ぁぉぉ……」

春香「……」グリグリ

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 22:24:45.87 ID:Iv5fieq70
死ね 殺す 引退しろ ブス
 許さない 自宅燃やすぞ

春香「怖い……助けて……」

春香「プロデューサーさん……」

春香「……」グスッ

春香「プロデューサーさん……私……」

春香「どうしたら良いんですか……?」

春香「怖いよぉ……」

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 22:30:37.97 ID:Iv5fieq70
P「やはり……そんな事が……」

社長「うむ……私に相談しているのだから既に君にも話してると思ったが」

P「……」



春香「……何ですか、私は仕事ももう終えたので帰りたいんですが」

P「俺が送って行くよ」

春香「必要無いです。変態に送られるだなんて不安しか無いです」

P「……」

春香「分かったらどいてください。私の道を遮るだなんて何考えてるんですか」

P「待て」ガシッ

春香「っ……」

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 22:38:51.91 ID:Iv5fieq70
P「お前がラジオでジュピターを侮辱した事、かなり恨んでる連中がいるらしいな」

春香「……またお得意の妄想ですか?」

P「社長に聞いたよ」

春香「!!」

P「何で俺に相談しないんだ?」

春香「……出過ぎたまねしないで下さい。所詮あなたは私n」

P「ふざけるな」

春香「ヒウッ」

P「何故俺に知らせなかった」

春香「……」

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 22:46:00.53 ID:Iv5fieq70
P「そんなに俺の事信用出来ないのか?」

春香「……」

P「……どうなんだ?」

春香「ち……がうん……です……」

P「……」

春香「ただ……巻き込みたく……グスッ……なかったから……」

P「……そんな事だろうと思った」

春香「だって……もし……もし……私のせいでプロデューサーさんが……死んじゃったら……」

P「やっぱり、春香は優しいな」

春香「だから自分で……でも……怖くて……不安で……私……私……」ポロポロ

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 22:53:54.37 ID:Iv5fieq70
P「怖かっただろう、辛かっただろう……本当に良く今まで頑張った」

春香「ヒック……グスッ……」ギュッ

P「俺にも……出来る事をする」



P「頼みがある」

冬馬「てめえは765プロの……」



冬馬「そういやあの時の天海の芝居神がかってたよな」

北斗「そうそう、でも冬馬の発狂っぷりも中々の物だったよ」

翔太「あの脚本考えた人も趣味悪いよねぇ」

冬馬「全くだぜ」

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 23:02:50.85 ID:Iv5fieq70
春香「こ……これって……」

P「ああ、あいつらに必死に頼み込んだ。最初は『自業自得だろうが』で断られそうになったがな」

春香「……」

P「しかし……まだ無くならないだろうな」

春香「分かってます。こういう売り方をするって決めた時から覚悟してました」

P「じゃあ俺も巻き込まれるよ」

春香「えっ……」

P「俺も春香をトップアイドルにするって決めた時からある程度波乱万丈になるのは予想してたからな」

春香「本当……何考えてるんですか。刺されても知りませんよ?」

P「主を守れるならそれで良いさ」

春香「頭……悪いんですね……どうしようもないぐらい……」

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 23:08:49.75 ID:Iv5fieq70
春香「馬鹿で変態で童貞でドジで無能で全然使えない……」

P「うん」

春香「その上踏み心地や座り心地は最高でワガママもすぐに聞いてくれて……」

P「うん」

春香「かっこよくて優しくて笑顔が素敵で……頼りになって……私を大切にしてくれて……」

P「うん」

春香「こんな私の側にずっといてくれた……プロデューサーさんが大好きです」ギュゥ

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/25(土) 23:14:43.60 ID:Iv5fieq70
P「長かったな、ここまで」

春香「でも今思えばあっという間でした」

P「色々あったな」

春香「まあ私がトップアイドルになる事は生まれる前から決まってたんですが」

P「そうだな。その通りです」

春香「あはは、……私をプロデュース出来て幸せでしたか?」

P「もちろんだ、春香は?」

春香「……私も、です。言わなきゃ分からないなんて本当に残念な人ですね」

P「かもな……」

チュッ




終わり