1: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:05:31.36 ID:4CTencTE0
今さらですが、けいおんSSです。
時系列は
唯・・・大学1年
憂・・・高校3年
です。
大学編の話の後になります。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387879531

引用元: [けいおん] 憂「えっ…クリスマス予定あるの?」 



2: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:10:04.09 ID:4CTencTE0
12月のある日 朝 平沢家

憂「えっ…クリスマス予定あるの?」

唯「えへへー、私も大学生だからね。」エッヘン

憂「そ、そうなんだー。えっと…誰と過ごすの?(たぶん軽音部の人達だよね?)」

唯「それは内緒だよー。」

憂「えっ…」

唯「でさぁ、受験生の憂には悪いんだけど、その日外に出ててもらえないかな?」

憂(内緒…家にいて欲しくない…これって…)

4: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:12:04.70 ID:4CTencTE0
唯「ねぇ、憂、ダメかな?」

憂「い、いいよ。ちょうどその日は終業式だから、そのあと梓ちゃん達と勉強する約束してたんだ。」

唯「おぉ、あずにゃん達と勉強かぁ…クリスマスなのに受験生は大変だねぇ…」

憂「じゃ、じゃぁ私学校行ってくるね。」

唯「いってらっしゃーい。変な人に付いていっちゃだめだよー。」

5: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:13:52.68 ID:4CTencTE0
高校

憂「ってことがあって…」

梓「えぇー!?それって…」

憂「うん…たぶん…」

純「いやいや、唯先輩に彼氏ができたなら、憂と梓には話すでしょ。それに、唯先輩って女子大だよね?」

憂「うん、そうなんだけど…」

6: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:15:43.03 ID:4CTencTE0
梓「それにしても、唯先輩、なんでこんな平日に家にいるの?」

憂「えっとね、授業が休講になって、土日挟んで4連休になったから帰ってきたんだって。」

純「へぇ、いいなぁ、大学生…」

梓「そ、そうなんだ・・・」

7: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:16:28.13 ID:4CTencTE0
純「あれあれー?梓、唯先輩に会いたいんじゃないの?」

梓「べ、べつにそんなんじゃないよ。受験で忙しいこの時期に唯先輩なんかにあったら気が抜けちゃうよ。」

憂「えー、そんなことないよ。お姉ちゃんがいるとリラックスできるよ。」

純「憂は本当に唯先輩が好きだね。」

8: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:17:11.79 ID:4CTencTE0
夜 平沢家

唯「あーやっぱり憂の作るご飯は美味しいなあ。」

憂「そうかな?普通の味付けだよ?」

唯「そんなことないよー。憂のご飯は世界一だよ。」

憂「ありがとうお姉ちゃん。ところで・・・」

唯「ん?」

9: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:18:07.57 ID:4CTencTE0
憂「今朝言ってたクリスマスの用事なんだけど・・・」

唯「えー内緒って言ったじゃん。」

憂「そ、そうだよね。お姉ちゃん、もう大人だもんね。」

唯「えへへー、大人だなんて、そんな・・・」テレテレ

憂「・・・」

10: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:19:01.81 ID:4CTencTE0
唯「あっそうだ!」

憂「ん?どうしたの?」

唯「土曜日は夜ご飯外で食べてくるから!」

憂「え?月曜日に帰るんじゃないの?」

11: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:20:45.45 ID:4CTencTE0
唯「うん。だけどちょっと用事があるんだ。」

憂「そ、それって軽音部の人?」

唯「・・・うん。そうだよ。」

憂(今、間があったような・・・)

12: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:22:49.67 ID:4CTencTE0
次の日 高校

純「それは怪しいね。」

梓「でも唯先輩って嘘ついたらすぐ分かるくらい嘘下手だったよね?」

憂「うん。間はあったんだけど、嘘ついてるとは思えなかったんだよね。」

純「でも、それは高校生までの唯先輩でしょ?大学生になって嘘つくのがうまくなったのかもよ?なんといっても大学生だからね。」

13: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:24:12.03 ID:4CTencTE0
梓「うーん、唯先輩はやる気を出すとすごいから・・・あり得るかも。」

憂「そうなの。お姉ちゃん、本気を出すとすごいんだよ!」

梓「うん、だけど今はそれを自慢してる場合じゃないよ、憂。」

憂「あっそうだった・・・」

純「というか、実際に確認してみればいいんじゃないの?」

14: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:25:29.07 ID:4CTencTE0
憂「うーん、昨日も内緒って言われたこと聞いちゃったし・・・あんまりしつこいとお姉ちゃんに嫌われちゃうよ。」

梓「それに、もし唯先輩の嘘がうまくなってるなら、聞いてもはぐらかされちゃうんじゃない?」

純「うん、だから唯先輩じゃなくて他の先輩に聞いてみれば?」

憂「あぁそっか!純ちゃんさすが。」

梓「で、誰に聞くの?」

15: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:27:23.61 ID:4CTencTE0
純「そりゃ澪先輩でしょ。」

梓「それ、純が澪先輩と話したいからじゃないの?」

純「まぁ、それもあるけど、澪先輩はしっかりしてるから、仮に唯先輩と出かけるのが澪先輩じゃなくても、予定とか把握してそうじゃない?」

梓「たしかに・・・でも、今の時間って大学生は授業受けてるよね?もし澪先輩に電話したら・・・」

16: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:29:05.36 ID:4CTencTE0
---妄想---

-大学-

教授「~であるからして…」

携帯『あぁ神様お願い 二人だけの』

学生(…!)

17: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:31:54.19 ID:4CTencTE0
澪(私の携帯!)

携帯『ドリームナイトください』

澪(ないよー、どこ…)ガサガサ

教授「…」

18: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:33:07.03 ID:4CTencTE0
携帯『お気に入りのクマちゃん抱いて 今夜もおやすみ』

澪(ないよー)涙目

携帯『ふわふわタイム』

学生「ふわふわタイム」

携帯『ふわふわタイム』

教授「ふわふわタイム」

---妄想終了---

19: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:34:04.55 ID:4CTencTE0
純「ちょっ…ちょっとストップ!」

梓「え?」

純「おかしいでしょ!」

梓「どこが?」

憂「そうだよ梓ちゃん、澪さんは左利きなのに今の回想だと右利きになってたよ!」

20: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:35:18.79 ID:4CTencTE0
純「いや、そこじゃないよ。第一SSなんだからそんなの読者に伝わらないよ。」

憂「えっ、でも今回は絵をつけていくコンセプトだったはず…」

純「うん、まぁ、そうなんだけど…作者が書くの遅すぎて絵が間に合わなかったんだよ…」

憂「あぁ…」

純「そ、それよりも、もっとおかしなところあったでしょ。」

21: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:36:18.70 ID:4CTencTE0
憂「えっと…自分の歌ってる曲を着信音にするとか…」

純「たしかに!そこは盲点だった!けど…そこじゃないよ。」

憂「えぇ?じゃぁもう変なところないよ?」

純「憂がボケちゃったら、私がボケられないじゃん。」

憂「そんなつもりはないんだけど…」

梓「そうだよ憂、どう考えても他の人が歌うのは不自然だよ。」

純「梓が言っちゃうの!?」

22: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:39:20.70 ID:4CTencTE0
CM デデッデデデッデデレレレレレレレーン けいおん!

http://upup.bz/j/my91251iGCYt6zxs53PZf5I.jpg

23: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:42:01.52 ID:4CTencTE0
純「まぁ紆余曲折はあったけど、梓の言いたいことは何となくわかったかな。」

梓「うん、澪先輩に今連絡するのは悪いかなって…」

純「でも、そうすると誰に連絡する?」

憂「紬さんは?」

梓「うーん、ムギ先輩か…」

憂「だめなの?」

梓「ダメっていうか…」

24: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:44:39.10 ID:4CTencTE0
---妄想---

紬「もしもし、うわぁ梓ちゃん?久しぶりね。」

紬「えっテンション高い?あのね、私、後輩からこうやって電話かかってくるのが夢だったのー。」

紬「それで?うん…うん…えっ、唯ちゃんが軽音部の人と?えっと…知らなかった…」

紬「梓ちゃん、ごめんなさい…せっかく電話してくれたのに役に立てなくて…」ショボーン

---妄想終了---

25: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:45:56.62 ID:4CTencTE0
梓「って感じで、必要以上に落ち込んじゃいそうで…」

純「ムギ先輩が知らないことは前提なんだね。」

梓「ち、違くて、別に他意はなくて、、」あたふた

純「分かってるから大丈夫。からかっただけ。」

憂「でも紬さんもダメとなると…」

梓「…」

26: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:51:20.49 ID:4CTencTE0
---大学---

律「ということで、って…なんじゃそりゃぁ!」

律「久しぶりに連絡してきたと思ったら、なんて失礼な奴!」

律「いいよ、もう、で、何の用だ?」

律「うん、うん、土曜日に?」

律「いや、私はその日はバイトあるから唯と遊ぶ予定はないぞ。」

27: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 19:52:39.40 ID:4CTencTE0
律「心当たり?いや、ぜんぜ…あぁ…」

律「うん?まぁ…私達ももう大学生な訳で…人に言えない用事の一つや二つ…」

律「あるわけないか!あはは…って梓?あれ?切れちゃった…」

28: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 20:09:45.43 ID:4CTencTE0
---高校---

梓「…あれ?切れちゃった…」

憂「どうだった?」

梓「うん、なんか律先輩は知ってる風だったけど、秘密な感じをかもちだしてた…かな…」

憂「えぇ…それって…」涙目

純「まさか本当に唯先輩に彼氏ができたとは…大学生ってすごい。」

梓「いや、でもまだ決まったわけじゃないし…」

憂「…いく」

梓「えっ?」

29: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 20:10:36.64 ID:4CTencTE0
憂「私、土曜日お姉ちゃんについていく!」

梓「えぇ?それって尾行するってこと?」

憂「うん!」

純「何それ、探偵みたい!私も行く!」

梓「いや、でも、唯先輩にもプライバシーが…」

30: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 20:19:25.16 ID:4CTencTE0
-土曜日-

純「とかなんとか言いながら、結局梓も来るんだね。」

梓「いや、ほら、唯先輩だから、悪い男に騙されてるかもしれないし…」

憂「うぅ…お姉ちゃん…今日の朝もすごい楽しそうに家を出て行って。」

梓「それに、憂のことが心配で…」

純「唯先輩のこととなると何をしでかすか分からないからね…」

梓「で、待ち合わせはここであってるの?」

31: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 20:20:33.19 ID:4CTencTE0
憂「うん、この駅で集合って言ってたから。」

純「あっあの人じゃない?」

憂「えっどこ?」

純「ほら、あの短髪の…唯先輩も手振ってるし…」

梓「…男の人…だね…」

憂「うぅ…お姉ちゃんに彼氏…そんな…」

梓(唯先輩…)

純「歩き出したよ、私たちも行こう。」

33: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 20:27:16.50 ID:4CTencTE0
憂「お姉ちゃんに彼氏…お姉ちゃんに彼氏…」

梓「憂、大丈夫?さっきからそれしか呟いてないよ。」

憂「う、うん…お姉ちゃんに彼氏…」

純「でもさ、あの二人って本当に付き合ってるのかな?」

憂「えっ!?」目キラキラ

梓「どういうこと、純?」

純「だって手繋いだりしてないし、寄り添ったりもしてないじゃん。普通カップルならそういうのすると思わない?」

34: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 20:28:44.13 ID:4CTencTE0
梓「いや、そんなのそのカップル次第だろうし、私としては人前でイチャイチャするのはどうかと…」

憂「そうだよ純ちゃん!普通カップルなら人前でイチャイチャして、キスとかもするよね!」

純「いや、キスはどうか…」

憂「何言ってるの純ちゃん!大学生のカップルだよ!人前でキスくらいするよ!だから、そういうことしてないお姉ちゃんとあの人は付き合ってないよ!」

35: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 20:32:34.53 ID:4CTencTE0
梓「いや、憂ちょっと落ち着いて…」

憂「わ、私はいつでも、落ちつ、落ち着いてるよ小豆ちゃん。」

梓「小豆ちゃんって誰!?」

純「あっ、唯先輩が彼氏に抱きついた。」

梓「えっ、どk…」

憂「えぇぇぇぇ!?」

36: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 20:33:31.24 ID:4CTencTE0
純「しかも彼氏、それをほどいて頭をどついたよ。」

憂「お姉ちゃぁぁぁん…あの人、絶対許さない!文句言ってくる!よくもお姉ちゃんを…」

梓「ちょ、ちょっと憂、ストップストップ!」

憂「止めないで梓ちゃん!」

梓「ちょっと、純も憂を止めるの手伝ってよ。」

純「…」

梓「純ってば!ボーッとして、どこ見てるの!?」

純「いや、あの二人どこいったかなって。」

梓 憂「え?」

39: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 20:53:21.22 ID:4CTencTE0
梓「本当にこっちであってるの?」

純「たぶん…」

梓「たぶんって、しっかりしてよ純。」

純「だってしょうがないじゃん、梓と憂がうるさくしてるから、そっちに気をとられちゃったんだもん。」

梓「わ、私だってうるさくしたかった訳じゃないよ。元は憂が…」

憂「お姉ちゃん…彼氏…お姉ちゃん…彼氏…」

純「あちゃー、こりゃ相当重症だね…」

梓「笑ってる場合じゃないでしょ。憂をどうにかしないと。」

41: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 20:56:56.10 ID:4CTencTE0
純「どうにかって?」

梓「うーん、とりあえず、唯先輩達を探そう。さっきの純の意見に賛成ってわけじゃないけど、まだ彼氏だって決めつけるには早いと思うし。」

純「そうだね…ってあれ憂は?」

憂「お姉ちゃん…彼氏…」

梓「ちょっと、憂!前、前!」

憂「お姉ちゃん…彼氏…お…いだっ」ゴン!

純 梓「…」

42: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 20:58:30.54 ID:4CTencTE0
デデッデデデッデデレレレレレレレーン けいおん

http://upup.bz/j/my91254rotYt6zxs53PZf5I.jpg

43: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 21:01:25.75 ID:4CTencTE0
憂「ごめんね、心配かけちゃって。」

梓「本当に大丈夫?」

憂「うん、お姉ちゃんとあの人が一緒にいるところみて少し驚いちゃっただけだから。」

純「少し…ね…」

憂「そ、それよりも、お姉ちゃんは!?」

梓「それが、見失っちゃって…」

純「しかもあれから10分以上経ってるから、もう近くにいないかもしれない…」

44: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 21:02:40.18 ID:4CTencTE0
梓「見つけるのは難しいかも…」

憂「うーん…」

純「別れて探す?」

梓「そうだね、それが…」

憂「あっち!」

梓「えっ?」

45: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 21:03:27.90 ID:4CTencTE0
憂「お姉ちゃん!」

ダッダッダッ

純「って、ちょっと憂!」

梓「どこ行くの?」

ダッダッダッ

梓「はぁ、はぁ、やっと追い付いた…急に走り出してどうしたの?」

純「梓、あれ…」

梓「えっ?…って唯先輩!なんで?なんで分かったの?」

憂「うーん、なんとなく、お姉ちゃんの匂いがこっちからしたような気がしたから…」

46: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 21:04:02.08 ID:4CTencTE0
梓「匂いって…そんなの分かるの?」クンカクンカ

憂「なんとなくだよ。それよりも…」

梓「それより?」

憂「お姉ちゃん、あの人と食材買ってる…」

梓「あっ、本当だ。」

純「食材買うってことは…まぁ、そういうことだよね。」

憂「それって…」

47: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 21:05:23.54 ID:4CTencTE0
---妄想---

唯「ご飯できたよー」

彼氏「おぉ、美味しそうだな。」

唯「一杯食べてねー」

彼氏「いただきます…モグモグ…って、これ塩と砂糖間違えてるぞ。」

唯「えー?本当に?…モグモグ…あっ本当だ…えへへ、ごめんね。」

彼氏「全く、お前はしょうがないやつだな…でも、そういうお前が大好きだよ。」

唯「私もー!大好きー!」

彼氏「…唯」

唯「…彼氏」

---妄想終了---

48: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 21:06:11.33 ID:4CTencTE0
憂「だめぇぇぇぇ!」

純「そして、唯先輩と彼氏は熱い夜を過ごすのであった…」

憂「いやぁぁぁぁ!」(純ちゃんの襟掴みながらブンブン)

純「ちょ、憂、痛い、痛い…」

梓「ちょっと、憂、自分の想像でしょ!落ち着いて。あと純も余計なこと言わない。」

憂「あっ…そうだよね…純ちゃんごめんね…」

純「うん、私も調子に乗ってごめん。」

梓「じゃぁ行くよ、唯先輩達もうお会計してるよ。」

50: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 21:09:18.86 ID:4CTencTE0
純「さて、食材を買って…次はどこにいくんだろうね?」

梓「うーん、でも普通、食材買ったらそのまま帰るよね?食べ物とか腐っちゃうし…重いし…」

純「あの人、唯先輩に重いものを持たせて、自分は軽いのしか持ってないね。」

梓「あっ、本当だ…重い荷物を女の人に持たせるのか…あれはマイナスポイントかも…」

純「ひょっとして、あんまり良い彼氏とは言えないかもしれない…って…」

憂「…うぅ…」涙目

51: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 21:10:03.10 ID:4CTencTE0
純「あっ、でもほら、手とか怪我してるのかもしれないし、きっと何か事情があるんだよ。」

憂「…うん。」シュン

梓「ちょっと純!」コショコショ

純「え?」コショコショ

梓「今、憂はナイーブになってるんだから、言葉には気を付けてよ。」

純「そ、それを言うなら梓だって言葉に気を付けなよ。」

52: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 21:11:00.91 ID:4CTencTE0
梓「わ、私は気を付けてるよ。」

純「うそ、『あれはマイナスポイントかも…』とか言ってたくせに。」

梓「うっ…それは…」

憂「二人とも!」

梓 純「へ?」

憂「私は、大丈夫だから。だからケンカしないで…ね。」

53: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 21:12:26.68 ID:4CTencTE0
梓「う、うん、ごめんね。」

純「ごめん。」

憂「二人は悪くないよ…あれ?お姉ちゃん…」

梓 「あそこに入っていったね。」

純「…神社?」

56: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 21:17:50.92 ID:4CTencTE0
純「唯先輩、神社になんの用だろうね?」

憂「うーん、なんだろう。」

純「私、神社とかお正月くらいにしか来ないよ。」

憂「私は家の近くの神社にたまに行くよー。」

純「さすが憂…梓は?」

梓「私もお正月くら…(『10円×100回』)…あっ…」

57: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 21:19:13.82 ID:4CTencTE0
純「ん?どうしたの?」

梓「ううん、なんでもない。それより…」

憂「どうしたの梓ちゃん?」

梓「いや、確かに神社だから隠れる場所全然なくて仕方ないんだけど、狛犬の影からこそこそ見てるのって、回りから見たらどうなんだろう。」

純「梓、探偵は回りを気にしたら終わりだよ。」

梓「いや、探偵なら、なお回りを気にした方がいいんじゃないの?」

憂「あっ、お参り終わったみたい。」

58: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 21:20:13.52 ID:4CTencTE0
純「売店の方に向かったね。」

梓「社務所でしょ、純。」

純「えー、意味が通じれば別にいいじゃん。」

梓「いいけど、日本人として、それくらいは知っておいた方がいいと思うよ。」

純「むー。」

59: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 21:22:41.42 ID:4CTencTE0
憂「まぁまぁ…」

梓「全く、憂は純に甘いなぁ。」

憂「えー、そんなことないよ。」

純「唯先輩、社務所でおみくじ引くのかな?」

梓「まぁおみくじ以外もあるけど、唯先輩はそうだろうね。」

60: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 21:28:33.62 ID:4CTencTE0
純「あっ、引いてる。で、中を見て…」

梓「あの顔は…大吉ではなさそうだね…」

純「でも凶だったら、もっと残念そうな顔しそうだよね?末吉とか?」

梓「あぁ、確かに末吉って反応に困るよね。」

純「あっ、あとなんか他に…なんだろう?」

梓「うーん、御守りを授かってるように…見えるけど…」

純「うん、それでその御守りを、彼氏に渡してるね。」

梓「あれ?でも彼氏嫌がってる。」

純「なんでだろう?あっ、出るみたい。どうする?」

61: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 21:42:21.84 ID:4CTencTE0
梓「どうするって追いかけるんでしょ?」

純「いや、なんのお守りを授かったのかなって。」

梓「…」

純「梓、聞いてる?」

梓「う、うん。でもそういうのは聞かないほうがいいんじゃない?ねぇ憂?」

憂「すいません、今の人の授かった御守りって何の御守りでしたか?」

梓「ってはや!」

62: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 21:51:43.30 ID:4CTencTE0
巫女「えっと、そういうことは言えない決まりで…」

憂「今の私のお姉ちゃんなんです、ほら、こうすれば…そっくりですよね?」

巫女「あら、本当。えっと…確か、恋愛成就の御守り…」

憂「えぇぇぇぇぇぇぇぇ!?」

純「決定的…」

梓「あの、それいが…」

純「あっ、憂!どこへ行く!?」

梓「え?」

純「梓、憂を追いかけるよ!」

梓「う、うん。あの、ありがとうございました。」

巫女「はい、お体に気を付けて、頑張ってくださいね。」

梓「…!ありがとうございます。」

65: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:02:44.03 ID:4CTencTE0
クリスマス

---高校---

純「クリスマスになっちゃった訳だけど。憂、大丈夫?」

憂「うん。もう私の中で整理はできたよ。気を使ってもらってありがとね。」

梓「で、今日は午前で学校終わるけど、夜まで勉強していく約束を私たちとしてるんだよね?」

憂「うー、ごめんね、無理言って。迷惑だったよね。」

梓「冗談だよ、冗談。いいよ、どうせ勉強はしないといけないんだから。」

純「そうそう、せっかくのクリスマスなのに一人で家で勉強なんて寂しすぎるもん。」

憂「梓ちゃん、純ちゃん、ありがとう。」

66: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:04:03.58 ID:4CTencTE0
---部室---

純「あぁ、クリスマスイヴだって言うのに、なんで女3人で勉強なんかしてるんだろう。」

梓「はいはい、文句言う前に手を動かす。受験までもうそんな日がないんだよ。」

純「分かってるよー。でも梓だってそう思うでしょ?」

梓「まぁ、たまにそういう時もあるけど、今は恋愛より勉強でしょ。」

純「あーもう、来年のクリスマスは絶対に大学生活をエンジョイしてやるんだから。」

憂「…」

67: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:06:00.34 ID:4CTencTE0
純「そ、そういえば今日は直と菫は来ないのかな?」

梓「そ、そうだね。どうしたんだろ?」

憂「クリスマスだもん。きっと彼氏と遊んでるんだよ…」シュン

純(気持ちの整理できたって言ってたけど、やっぱりそんな簡単じゃないよね。)

さわ子「違うわよ、直ちゃんは弟たちとクリスマスパーティーをするから帰ったわ。菫ちゃんも、パーティーの準備があるからって帰っていったわ。」

憂「あぁ、そうだったんですか。」

梓 純「って…えぇぇぇぇぇ!?」

68: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:09:22.33 ID:4CTencTE0
さわ子「あら、どうしたの急に大きな声を出して。」

梓「いや、先生が突然出てきたので。」

純「いつからいました?」

さわ子「いつからって、ずいぶん前からいたわよ。」

梓「全然気がつきませんでした。」

純「気配を感じなかったです。」

さわ子「そう?でも憂ちゃんは、ちゃんとお茶とお菓子を出してくれたわよ。あっ、おかわりお願いできるかしら?」

憂「はい。」

梓 純(本当、憂って何者なんだろう…いや、先生もだけど…)

70: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:10:41.62 ID:4CTencTE0
さわ子「それにしても…こうしてると、去年の唯ちゃん達を思い出すわね。」

梓「あぁ、そうですね。」

さわ子「あの頃は、4月から梓ちゃんだけで大丈夫かなって思って心を痛めてたのよ。」

梓「毎日楽しそうにお茶飲んで、全然そんな風には見えませんでしたけど。」

さわ子「あら、失礼しちゃうわ( ̄З ̄)」

純「あはは、でも確かにあの頃の梓はすごい寂しそうだったんもね。」

梓「ちょっと、純…」

71: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:11:23.89 ID:4CTencTE0
純「本当に、私と憂が入って良かったね。感謝してよー。」

梓「…うん、ありがとう。」

純「って、そこはツッコンでくれないと梓。」

憂「直ちゃんとスミーレちゃんが入ってくれて良かったよね。」

梓「うん、先輩達の軽音部が廃部にならなくて本当に良かった。」

さわ子「あら?確かにこの軽音部はりっちゃん達が作り直したものだけど、今は梓ちゃん達の軽音部よ。」

梓「…先生って、たまに良いこと言いますよね。」

さわ子「たまには余計よ。」

72: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:13:39.85 ID:4CTencTE0
純「それにしても、直と菫が言ってるパーティーって、全然違うものだよね。」

梓「直は普通の家庭でやるクリスマスだろうけど、菫はムギ先輩の家だからね。」

さわ子「私もムギちゃんの家でやるパーティーに行ってみたいわ。」

---妄想---

梓「いや、ムギ先輩が主宰してるわけじゃないから無理だと思いますよ。」

---妄想終了---

さわ子「ちょっと!妄想くらいさせてよ!」

73: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:14:58.30 ID:4CTencTE0
純「そういえばムギ先輩はもう帰ってきてるのかな?」

梓「さぁ、どうなんだろう。」

さわ子「きっと、ムギちゃんは唯ちゃん達とパーティーでもしてるんじゃない?」

憂「…お姉ちゃん…」ウルッ

さわ子「えっ、ちょっと、憂ちゃんどうしたの?」

梓「先生、ちょっと。」

さわ子「へ?」

カクカクシカジカ

74: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:15:37.19 ID:4CTencTE0
さわ子「なるほど、そんなことがあったのね。」

憂「すいません、もう気持ちの整理はつけたつもりだったんですけど。」

梓「憂、いいんだよ、空気を読めない先生が悪いんだから…」

純「そうそう、クリスマスなのにこんなところで寂しく過ごしてる先生が悪いんだから…」

さわ子「ちょっと、二人とも私に対してひどくない!?しかも純ちゃんに至ってはただの悪口だし!」

75: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:16:56.28 ID:4CTencTE0
純「あっ、バレた。」

さわ子「まったくもう…」

憂「…」

さわ子「ねぇ、憂ちゃん。」

憂「はい?」

さわ子「唯ちゃんは、憂ちゃんにバレないように彼氏作ったり、その事を内緒にしたりはできないと思うし、しないと思うわよ。」

憂「はい、私もそう思ってました。でも実際私たちは見ちゃったんです。お姉ちゃんが彼氏といるところを…」

76: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:18:19.57 ID:4CTencTE0
さわ子「本当に彼氏だったのかしら?」

純「本当に?」

さわ子「確かに…街中で抱きついたり、恋愛の御守りを渡してたのは事実かもしれない…でも、事実=真実とは限らないんじゃないかしら?」

憂「先生…」

さわ子「って、昨日見た、名探偵コ〇ン 14番目の標的で言ってたわ。」

梓「受け売りですか!?」

77: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:19:25.37 ID:4CTencTE0
デデッデデデッデデレレレレレレレーン けいおん


http://upup.bz/j/my91259CsBYt6zxs53PZf5I.jpg

78: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:20:03.75 ID:4CTencTE0
---帰り道---
純「あぁ、寒い…寒い。」

梓「純の場合、心の中まで寒そうだけど?」

純「なにをー、言ったな梓。」

憂「…」

梓「ねぇ憂、このまま家に帰るんだよね?」

憂「うん、お姉ちゃんにこの時間に帰って来てって言われたから。」

79: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:21:58.58 ID:4CTencTE0
梓「そっか。さわ子先生も言ってたけど、やっぱり何か勘違いってこともあるしさ。」

純「気になるならもう聞いちゃえばいいんじゃないかな?」

梓「たしかに、聞いたら話してくれると思うし、今よりもスッキリするよ。」

憂「うん…そうかもしれない。」

梓「じゃぁ憂、私と純はここでさよならだけど、ちゃんと家に帰るんだよ。」

純「ボーっとしてたら危ないんだからね。」

憂「うん、大丈夫だよ、心配性だなぁ。」

80: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:22:24.59 ID:4CTencTE0
梓「じゃぁまた明日、補講で。」

純「またねー。」

憂「うん、バイバイ、今日はありがとね。」

81: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:23:23.21 ID:4CTencTE0
---平沢家---

憂「ただいまー」

唯「おーかーえーりー!外は寒かったでしょ?ささ、早く中へお入り。」

憂「あれ?お姉ちゃん…(聞くんだ、聞くんだ…)」

唯「ん、どうしたの?」

82: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:42:53.14 ID:4CTencTE0
憂「か、彼氏さんは?」

唯「えっ彼氏って誰の?」

憂「誰のって、お姉ちゃんの…」

唯「ふぇ?私、彼氏なんていないよ?」

憂「えっ、だって、この前の休みに男の人と遊びに行ってたでしょ?」

唯「男の人?男の人となんか遊んでないよ?」

憂「うそだよ。」

83: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:43:47.43 ID:4CTencTE0
唯「本当だって。」

憂「お姉ちゃん…なんで、嘘つくの…?」

唯「憂?」

憂「お姉ちゃん、今までは、なんでも相談してくれたのに…」

唯「…?」

憂「私、お姉ちゃんの後を追いかけたの…それで見たんだもん…」

84: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:44:31.25 ID:4CTencTE0
唯「えっと…」

憂「お姉ちゃんが男の人に街中でくっついたり、一緒に食材買ったり、神社で恋愛成就の御守りを授かったりするの…」

唯「ちが…」

85: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:45:05.59 ID:4CTencTE0
憂「悪いと思ったよ。だけど、私、お姉ちゃんに彼氏ができたなんて信じたくなくて…それに…なにより…私に言ってくれないのが…寂しくて…うっ…うぅ…」

唯「…憂。」

86: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:45:40.47 ID:4CTencTE0
憂「ごめんね…勝手なこと言ってるのは分かってるよ…だけど…」

ギュー

憂「え?」

唯「憂…いい子だから…いったん落ち着こうね…よしよし…」

憂「お姉ちゃん…」

87: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:47:24.91 ID:4CTencTE0
唯「ごめんね…勘違いだけど…寂しい思いさせて…」

憂「そんな、お姉ちゃんが謝ることじゃ…え?勘違い…?」

唯「そうだよ。この前会ってたのは晶ちゃんっていって…確かに男の子みたいに見えるけど…女の子だよ。」

88: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:48:35.16 ID:4CTencTE0
憂「えっ、えぇぇぇ!?で、でも恋愛成就の御守りは?」

唯「あれは、晶ちゃんに好きな人がいるから、その恋が叶いますようにって。」

憂「そうなんだ…」

唯「そうだよ、だから彼氏なんていないし、私は憂に隠し事なんてしないよ。」

憂「あっ、でも、そしたら今日はなんで…?」

89: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:49:07.73 ID:4CTencTE0
唯「私ね、大学に入って最初に、憂のご飯が食べたいなって思ったんだ。もちろん寮のご飯も美味しいんだけど、やっぱり憂のご飯が一番なんだよ。」

憂「…」

91: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:49:52.77 ID:4CTencTE0
唯「持っていくものとかもすぐ忘れちゃうし、何がどこにしまってあるかも分からなくて。」

憂「…」

92: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:52:24.16 ID:4CTencTE0
唯「それにね、部屋にいるときに憂と話せないのがすごく寂しいの。去年までは一緒に暮らしてたから当たり前だと思ってたのにね。」

憂「…」

93: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:53:11.54 ID:4CTencTE0
唯「でね、思ったの、私って憂がいないと何もできないんだなぁって。いつも憂に迷惑ばっかりかけてたなって。」

憂「そんなこと…」

94: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:54:07.97 ID:4CTencTE0
唯「だから、憂に感謝の気持ちを込めて、何かしたいなって…」

憂「なにか…?」

唯「それは…ほら、こっちにおいで。」

95: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:55:19.30 ID:4CTencTE0
憂「お姉ちゃん…どこい…あっ…」

唯「メリークリスマス&いつもありがとう、憂!」


http://upup.bz/j/my91218ADPYt6zxs53PZf5I.jpg

96: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:57:24.69 ID:4CTencTE0
>>90

いつもありがとうございます。

みなみけも今作ってるので、次も見てくれたら嬉しいです。

97: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 22:57:54.26 ID:4CTencTE0
憂「…これ、お姉ちゃんが?」

唯「そうだよ。全部私が作ったの。この前食材を買ってたのも、晶ちゃんに料理を教えてもらうためでもあったんだよ。」

憂「うぅ…お姉ちゃん…」

98: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 23:00:38.36 ID:4CTencTE0
唯「えへへ、憂のことをビックリさせようと思って、外にいてもらったんだけど、砂糖とか醤油がどこにあるか分からなくて大変だったんだよ。」

憂「うん、うん。」

唯「それと…」

憂「…?」

唯「はい。」

99: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 23:01:29.33 ID:4CTencTE0
憂「これって…御守り?」

唯「そうだよ。あの神社は学業にご利益があるってことで有名なんだって。憂、受験生だからこれを渡したくて。」

憂「うぅ…ありがとう、お姉ちゃん。本当に、ありがとう。」

唯「ほら、憂、泣かないんだよ。」



http://upup.bz/j/my91219oFMYt6zxs53PZf5I.jpg

100: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 23:02:45.16 ID:4CTencTE0
憂「うん、でも…嬉しくて…それに、お姉ちゃんのこと疑っちゃったのが…」

唯「そんなこと気にしなくていいんだよ、憂。それを言うなら私こそ、受験前の憂に変な心配かけさせちゃってごめんね。」

憂「そんな、お姉ちゃんは何も悪くないよ。」

唯「憂は私のことを悪くないって思ってくれてるし、私も憂のことは悪くないって思ってるよ。だから、それじゃだめ?」

101: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 23:16:00.98 ID:4CTencTE0
憂「うん、そうだよね、うん。」

唯「じゃあ憂、ご飯食べよう。せっかく作ったんだから冷めないうちに食べてほしいな。」

憂「そうだね!早くお姉ちゃんの料理食べたいよ。」

唯「いっぱい食べてねー。」

憂「いただきます…モグモグ…」

唯「どう?どう?」

102: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 23:16:37.08 ID:4CTencTE0
憂「お姉ちゃん…」

唯「ん?」

憂「…これ、お塩とお砂糖間違えてるよ。」

唯「えー?本当に?…モグモグ…あっ本当だ…えへへ、ごめんね。」

103: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 23:17:38.65 ID:4CTencTE0
憂「ふふ、お姉ちゃんはもう。」

唯「あー笑ったなー。」

憂「笑ってないよー。それに、私はそういうお姉ちゃんが大好きだよ。」

唯「えへへー、私も憂のこと大大好きだよ。」

憂「えー、それなら私は大大大好き。」

唯「いやいや、私なんて…」

おしまい

104: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 23:18:30.32 ID:4CTencTE0
おまけ

---次の日---
高校

純「えぇ、あの人女の人だったんだ…」

梓「でも、本当に良かったね。」

憂「うん!それでね…」

梓「ん?」

105: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 23:19:32.74 ID:4CTencTE0
憂「はい、純ちゃんと梓ちゃんにって。」

純「えっ私も?」

梓「御守り…」

106: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 23:22:09.63 ID:4CTencTE0
憂「純ちゃん、受験頑張って!応援してる!だって。」

純「ありがとうございます。」

憂「で、梓ちゃんには…これも。」

純「えー梓だけずるいなぁ。」

107: せやかて工藤 ◆J7CBFFrhMY 2013/12/24(火) 23:23:16.17 ID:4CTencTE0
憂「はい。」

純「…あめ?」

憂「うん。あめちゃん。」

梓(『唯先輩がくれたアメ…』)

梓「…甘い。」



本当におしまい