1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 22:57:19.25 ID:z+RdEnJo0
P「……って、どこのテレビの企画ですかこれ」

社長「テレビの企画じゃない、私と小鳥君の趣味だ
   ちなみに、給料的な意味で君に拒否権は無い」

小鳥「ぴよぴよ」


みたいな感じで頼む

引用元: P「何も言わずにアイドル達を10分ほど抱きしめてみる」 



アイドルマスター プラチナスターズ - PS4
バンダイナムコエンターテインメント (2016-07-28)
売り上げランキング: 1,910
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 23:32:25.61 ID:bjVz6AYB0
P「さて…どうしたものか」

P「(何も言わずに…だからなぁ、泣かせてしまうかもしれないし下手をすればセクハラで逮捕…)」

P「…」チラッ

社長「…」ワクワク

小鳥「…」ソワソワ

P「(まあ、流石にそこらへんはあの二人がちゃんと説明してくれるだろう…多分)」

P「さて、最初は誰が…」

ガチャ

やよい「おはようございまーす!」

P「(AUTO)」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 23:42:19.25 ID:bjVz6AYB0
やよい「あっ!プロデューサー!おはようございます!」ガルン

P「(よりによって開幕からやよい…!謝り倒せば許してはくれるだろうが…)」

やよい「あれ?どうしたんですかプロデューサー?」キョトン

P「(罪悪感がトップクラス…!)」

やよい「元気、無いんですか?そういう時はいつものアレやりましょう!ハイ、ターッ…」

P「(ええい、ままよ!)」ガバッ

やよい「えっ?」

P「…」ギュッ

やよい「…ひゃわっ!?」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 23:50:50.70 ID:bjVz6AYB0
やよい「プ、プロデューサー…?どうしたんですか?」

P「(くっ…まずい、罪悪感もそうだがこう密着するといい匂いが…)」

P「(それに、柔らかい感触が色々と…!)」

やよい「な、何か辛いこと、あったんですか…?」

P「(聞いてくれやよい、汚い大人二人が俺をいじめるんだ…!)」

やよい「なにか困ってるなら、わたしでよければ、聞いてあげたいなーって…」

やよい「その、わたし、まだ子供だからわからないかもしれないですけどっ」

P「(やよいはやさしいなぁ!)」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/31(金) 23:59:19.53 ID:bjVz6AYB0
3分経過

やよい「あ、あの…プロデューサー…?」

P「(…よし、大分慣れて来た。このままいけば苦労する事なく…)」

やよい「(うう…プロデューサー、何もしゃべってくれない…)」

やよい「(そんなに、辛いんだ…わたしが、わたしが何かしてあげなきゃ…)」

やよい「…えいっ」ギュッ

P「()」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 00:05:53.02 ID:WfqPJ/Nt0
P「(やよいに抱きしめ返された)」

P「(密着度がアップ!匂いがアップ!理性がダウン!)」

P「(いかん、落ち着け、犯罪だぞ、やよいは違法だ、いやアイドル達は全員違法だけど)」

やよい「…プロデューサー」

P「(oh…ウィスパーボイス…)」

やよい「プロデューサーがどれだけ苦しいか、わたしには分からないです」

やよい「でも、こうやってプロデューサーが少しでも楽になれるなら」

やよい「その、わたしも嬉しいかなって」

P「(…やよいはかわいいなぁ!)」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 00:14:06.80 ID:WfqPJ/Nt0
6分経過

やよい「…」ナデナデ

P「…」

やよい「…プロデューサー?そ、その…」

P「(…やよいはあの後、ずっと俺の頭を撫でてくれている)」

P「(俺の方も、少しあった邪な気持ちはやよいの天使度で吹き飛んだ)」

P「(このまま平和に終わると思っていたんだが…)」

やよい「(よく考えたら、誰かが来て、プロデューサーとこうしてるの見られたら…)」

やよい「(こ、これって、コイビトがすること…だよね?)」

やよい「あぅぅ…」オロオロ

P「(やよいの様子がおかしい)」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 00:20:34.71 ID:WfqPJ/Nt0
やよい「(社長と小鳥さんはいないみたい)」

やよい「(プロデューサーはまだ何もしゃべってくれないし…)」

やよい「(ど、どうしよう…!ずっとこのままだと、誰かが…)」

やよい「プ、プロデューサー…」

P「(どうしたんだ…?)」

やよい「みんなが、来ちゃいますから、そろそろ…」

P「…」

P「(ま ず い)」

P「(とうとうやよい自身が恥ずかしいと意識し始めてしまった…!)」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 00:28:47.70 ID:WfqPJ/Nt0
9分経過

やよい「うぅ…」

P「(あれからかなり経過したはずだぞ…!)」

やよい「プ、プロデュー…ふぇ…」

P「(やよいはもう耳まで真っ赤になってもはや涙目状態)」

P「(もうすぐやよいのリミットがブレイクしてしまう)」

やよい「やあぁ…」

P「(…でも、この状態のやよいを見ると少し興奮)」

P「(…)」

P「(あ゛あ゛あ゛あ゛!雪歩おおおお!今すぐ俺が埋まる用の穴を!穴を!)」




ピピーッ

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 00:33:07.40 ID:WfqPJ/Nt0
やよい「え?笛の音…?」

社長、小鳥「大成功ー!」バッ

やよい「ふぇっ!?」

小鳥「いやぁいいもの見せて貰いました…ビデオを回していないのが惜しい、惜しすぎるわ!そうだ、監視カメラ…」

やよい「えっ?えっ?」

P「やよい!すまんかったあああああ!」バックステップドゲザ

やよい「プ、プロデューサー?」

P「こんな駄目駄目なPは穴掘ってもらって埋まってますううう!」

社長「キミィ!落ち着きたまえ!そんな事は萩原君でなければ不可能だ!」

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 00:37:52.39 ID:WfqPJ/Nt0
やよい「…ドッキリ、ですか?」

P「ああ、この二人に脅されて…」

社長「さて」

小鳥「何の事やら」

やよい「うー…本当に心配しちゃったんですよ…」ジワ

社長「いや!全て我々が悪い!」

小鳥「すいません、マジすいません」

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 00:43:30.40 ID:WfqPJ/Nt0
やよい「でもでも!本当にやっちゃうプロデューサーもいけないと思います!」

P「うっ…本当にすまなかった」

やよい「だから…お仕置きしないといけないかなって」

P「お、お仕置き…」

P「(いかん、さっきまで抱き合っていたせいか変な方向に想像してしまう)」

やよい「その…もし、わたしが」

P「あ、ああ」

やよい「辛いときがあったら…ま、また…抱きしめてくれませんかっ!?」

P「は、はいぃっ!」

P「…」

P「えっ」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 00:50:01.42 ID:WfqPJ/Nt0
P「それぐらいなら…いくらでも。是非頼ってくれ」

やよい「ほ、本当ですか!?うっうー!ありがとうございますっ!」

P「おいおい、お仕置きなんだろ?やよいがお礼を言ったらおかしいじゃないか」

やよい「あ、そうでした…えへへ」

P「やよいはかわいいなぁ」ナデナデ

やよい「ひゃう…あっ、そうだ、プロデューサー!さっきやりそびれちゃったので、アレ、もういっかいやりましょう!」

P「おう、バッチコイだ」サッ

やよい「ハイ、ターッチ!」

やよい、P「イェイッ!」



おしまい

141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 01:30:03.12 ID:USSuM66I0
響「おはようだぞー!あれ?プロデューサーだけ?ピヨ子とかはどこに行ったんだ?」

P「…………」スタスタ

響「プロデューサー?何で自分に近付いて来…

         ギュッ

響「ふわっ!?」

P「…………」

響「えっあっ…!な、なんでいきなり自分を抱きしめてるんだ!?」

P「…嫌か?」

響「べ、別に嫌とかじゃないけど…何だか良い匂いしてちょっと落ち着くし……」はふぅ

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 01:30:36.90 ID:USSuM66I0
響「はっ!じゃなくて!自分は何でこんな事してるのかって聞いてるんだ!」

P「駄目か?」

響「だ、駄目……じゃないか?だって自分、アイドルだし、プロデューサーはプロデューサーだし…」

響「自分達、恋人とかじゃないんだから事務所でこんな事してるの誰かに見られたら…あっ!み、見られなかったらOKって訳じゃないからな!」

P「あぁ…分かってるよ」ギュッ

響「ひぅっ!ま、また強く…全然分かってないじゃないかー…」

響「…もぅ。一体なんなんさ…」ぽふっ

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 01:49:32.41 ID:WfqPJ/Nt0
低ランクの反応
そういうのもあるのか

157: >>153こう? 2012/09/01(土) 01:55:42.36 ID:USSuM66I0
伊織「そんなになる前に、私に相談の一つ位しなさいよ」

伊織「アンタじゃ抱えきれない悩みでも、スーパーアイドルの伊織ちゃんならお茶の子さいさいなんだから」にひひっ

伊織「ま…とりあえず今は、私が支えておいてあげるから……早く元気になりなさい」ギュッ…

カンカンカン ワイワイガヤガヤ モーアミモマミモハシャギスギヨ ンッフッフーン

伊織「っ!?律子達の声!こんなに早く帰って来るなんて…!は、早く離しなさいよアンタ!」

P「…………」ギュッ

伊織「きゃっ!い、今そんな事してる場合じゃ無いでしょ!こんなトコ見られたらどうす…あぁもうっ!」

ガチャッ

亜美「たっだいま~いおり…んんんっ!?何で兄ちゃんぶっ倒れてんの!?鼻血ドバドバ出てるし!!」

伊織「な、何でもないわ何でも…」ズキズキ

194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 03:28:51.51 ID:NyAjilzM0
真美「おっはよ→、兄ちゃん!」

P(次は真美か……真美なら子供だから何とかなるだろ、たぶん)

真美「……兄ちゃん?なんで黙ってんの?」

P(…やるしかない)

ギュッ

真美「ひゃわっ!?」

P(やべえ、すごく良い匂いだ…)

P(それにこの抱き心地……真美も成長したんだなぁ、中身以外は……)

195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 03:31:31.11 ID:NyAjilzM0
真美「ちょっちょっ兄ちゃん、何してんの!?」

P(スマン、今は喋れないんだよ)

真美「…なんで何も言ってくれないのさー!」

P(悪いが、文句はあの二人に言ってくれ)

真美「むー…」

196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 03:35:36.51 ID:NyAjilzM0
真美「あっ」

P(なんだ…?何か思いついたのか?)

真美「…兄ちゃん、こういうのってセクハラっていうんだよね」

P「!」

P(これは…下手すればシャレにならんぞ…)

真美「このまま何も言わなかったら…真美、兄ちゃんのことセクハラで訴えちゃおっかなー」

P(後で2人がネタバラシしてくれるから大丈夫…だよな?)

P(うん、俺はやらされてるだけだ…無実無実)

198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 03:40:28.58 ID:NyAjilzM0
P「……」

真美「ほーら、なんか言わないと兄ちゃんケームショ行きだよ?」

P(罰を受けるべきは俺ではなく発案者の二人だと思います)

真美「……」

真美「…うあー、これでもダメかぁ……兄ちゃんってば、意外と手ごわいですなぁ」

P(危ない…一瞬、本当に刑務所行きになるかと思ったぞ)

真美「うー…」

199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 03:44:38.73 ID:NyAjilzM0
3分後

真美「ねえ兄ちゃん、いつまでこうしてるの?」

真美「誰か来ちゃったらどうすんのさー」

P(誰も来ないことを祈るしかないが…)

P(恐らくその辺は社長と音無さんがなんとかしてくれているだろう)

真美「……」

真美「兄ちゃん、なんで何も言ってくれないの…?」

P(それにしても、最初と比べて明らかにテンションが落ちたな…)

P(長時間無視され続けてるわけだから、当然といえば当然か)

P(すまん、真美…)

201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 03:48:21.80 ID:NyAjilzM0
6分後

真美「……」

P(真美は、あれから暫く無言で俺に抱かれている)

P(さすがに、何か言ってくれないと間が持たないな……俺が言えたことじゃないけど)

真美「……」

真美「兄ちゃん…」

真美「『真美はまだ子供だから、こういうことしても大丈夫』……って思ってるんでしょ」

203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 03:52:45.31 ID:NyAjilzM0
P「……」

真美「真美だって、もう中学生なんだよ?」

真美「こんなことされたら……意識しちゃうに決まってるじゃん……」ギュッ

P(oh...)

真美「うぅ……」カァァ

真美「なんか急に恥ずかしくなってきたっぽいよー……」

P(それは俺も同じだ…)

206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 03:56:07.57 ID:NyAjilzM0
………

真美「そろそろ離れてよぉ、兄ちゃん」

P「……」

真美「兄ちゃんってば…ホントに誰か来ちゃうっしょー!」

P「……」

真美「んもー…」

P(真美は先ほどから顔を真っ赤にしたまま、俺から離れようと奮闘している)

P(照れ隠しだろうか……それを見ていると、俺の中でなにか込み上げてくるものがある……)

P(……ヤバイヤバイ、早く終わってくれよマジで)

208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 04:00:21.31 ID:NyAjilzM0
ピピーッ

真美「えっ!?なに、この音?」

小鳥・社長「大成功ー!」バッ

真美「えっ?えっ?」

社長「いやー良かったよ真美くん、いかにも思春期といった感じだ」ハハハ

小鳥「真美ちゃんも、異性のことを意識し始める年頃なんですねー」ウフフ

真美「えっ、なんで社長とピヨちゃんがいるの?」

P「すまん、真美…あれ全部ドッキリだったんだよ」

真美「えーっ!?」

210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 04:03:22.76 ID:NyAjilzM0
P「全部、この二人に言われてやったことだ」

真美「えっ…ぜ、全部見てたの?」

小鳥「てへぺろ☆(・ω<)」

社長「てへぺろ☆(・ω<)」

真美「『てへぺろ☆』じゃないっしょー!!」

真美「うあうあー!真美、めっちゃ恥ずかしいこと言っちゃったじゃん!」

P「悪かったよ、真美…」

212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/01(土) 04:11:27.55 ID:oiud3jWyO
真美「じゃあさ……約束してよ、兄ちゃん」

P「約束…?」

真美「『もう、真美以外の人とはこういうことしない』って、約束して!」

P「お、おう…分かったよ」

真美「んっふっふー、これで兄ちゃんは真美のモノだね!」

P「ああ……って、なんでそうなるんだよ!」

社長・小鳥「ヒューヒュー!」

P「お前らは黙ってろ」

社長・小鳥「ヒュウ…」

終わり