1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 19:40:47.66 ID:PEbV7poA0
マミ「それを集めて発表するの」

まどか「良いと思う所と悪いと思う所ですか?」

マミ「そうよ、もちろん匿名だけどね?」

さやか「なんの意味があるんですそれ?」

ほむら「………他人から見た長所は励みにして、短所は自分では分からない意見を聞く事で克服なり改善なりをする為…という所かしら」

マミ「その通りよ♪」

杏子「ふーん?」

まどか「良い所と…悪い所かぁ」

マミ「みんなで正直な意見を聞けば親睦も深まると思うの♪」

ほむら「…そうかしら?」

マミ(…ってQBが言ってたのよね)

引用元: マミ「その人の良いと思う所と悪いと思う所を紙に書いてね?」 


巴マミの平凡な日常 (4) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
原案:Magica Quartet 漫画:あらたまい
芳文社 (2017-04-12)
売り上げランキング: 5,544
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 19:50:50.30 ID:PEbV7poA0
…………

マミ「みんな書き終わったみたいね」

まどか「えと、ほむらちゃんのはこっちの箱でさやかちゃんはこっちと…」

さやか「なんで書いた紙を集める箱を別々にするんですマミさん?」

マミ「単純に分かりやすく仕分ける為っていうのと発表毎に違う子に読んで貰おうと思ってね」

杏子「なんか逆にめんどくさくないそれ?」
マミ「一応仕切ってる立場の私も書いたから公平にする為でもあるのよ、確かにちょっと面倒だけどね?」

ほむら「まずは誰のものを公表するのかしら?」

マミ「そうね…それはじゃんけんで負けた人にしましょ♪」

さやか「うへー…なんかどきどきするぅ」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 19:59:23.52 ID:PEbV7poA0
さやか「……負けた」

まどか「じゃあさやかちゃんのやつが一番最初だね」

さやか「…開票すんのは誰になるのかな?」

マミ「そうね…さっきのじゃんけんで一番先に抜けた人で良いかしら?」

ほむら「なら私ね」

杏子「んじゃちゃっちゃと行ってみよーか!!」

さやか「えっ、もう!?ちょっとくらい心の準備が欲しいってば!!」

ほむら「じゃあ開票するわ」

さやか「えー…なんか怖い…」ドキドキ

15: 元ネタは稲中であってる 2012/09/07(金) 20:09:11.77 ID:PEbV7poA0
ほむら「まずは良い所からね」

さやか「……お、お手柔らかにお願いします…」

ほむら「……まず1枚目、『自分の意見をはっきり言える所』」

さやか「そっそっかな?」アセアセ

まどか「うん、さやかちゃんは言いたい事ははっきり言うもんね」

マミ「そうね、それは長所って言えると思うわよ?」

さやか「…えへへ」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 20:15:50.92 ID:PEbV7poA0
ほむら「2枚目は『明るくて元気な所』」

まどか「あ、それわたしが書いたやつ」

杏子「言ったら匿名になんないだろバカ」

まどか「あ、ごめんなさい!?」

さやか「あはは、まどかはおっちょこちょいだよねやっぱり!!」

まどか「あはは…」

ほむら「…3枚目、『正義感が強い』最後は『感情豊か』……だそうよ」

さやか「そっかー…みんなそんな風に感じてたのね?」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 20:21:54.23 ID:PEbV7poA0
ほむら「じゃあ悪い所の方を見て見ましょう」

さやか「うっ、そうだそっちもあるんだっけ…」

マミ「…確かにちょっと怖いわよね」

ほむら「…1枚目、『バカ』」

さやか「っ」ピキッ

杏子「…すげー率直だな」

まどか「…さ、さやかちゃん」

さやか「…ふっ、オーケェオーケェ大丈夫大丈夫、このくらいは予想してたし、うん実際あってると思うもん」

ほむら「……2枚目行くわよ」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 20:31:00.47 ID:PEbV7poA0
ほむら「……2枚目は『考えが甘い』」

さやか「…うぐ」

ほむら「…3枚目は『たまに何も考えないで行動しちゃう所かな?』だそうよ」

さやか「……そ、そうだね……」ズーン

マミ「………」

まどか「………」

さやか「………やっぱりみんなわたしの事バカだと思ってたんだ…あはは…はは」

杏子「…さやか」

ほむら「…………………………………さ、最後は……」

さやか「…なに?」

ほむら「………『悲劇のヒロイン気取りの偽善者』……」

さやか「……え?」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 20:36:08.81 ID:PEbV7poA0
さやか「なにそれ」

ほむら「……わ、私に言われても」

さやか「………ふーん」チラッ

まどか「…わ、わたしじゃないよ!?」

マミ「……せ、詮索はしない方が良いと思うの!!」オロオロ

杏子「直せば問題ねーじゃん」

さやか「………ま、いっか…ふーん…」

ほむら「………………」

まどか「……さやかちゃん怖いよ…」

さやか「わたしのやつ終わったよね、次行こ次♪」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 20:43:23.97 ID:PEbV7poA0
さやか「で?次は誰?」

マミ「……あの…もう止めた方が……」オロオロ

さやか「え?なにそれ?」

マミ「ひっ」

さやか「わたしだけ酷い事言われて終わりなの?酷いねマミさん」

ほむら「……続けましょう」

まどか「ほむらちゃん!?」

ほむら「…そうじゃないと納得しないでしょ?」

さやか「うん、当たり前だよね」ニコリ

杏子「…で?どうすんのさ、またじゃんけんする?」

マミ「…し、仕方ないわね…そうしましょう」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 20:48:49.02 ID:PEbV7poA0
マミ「…………」カタカタカタカタ

さやか「マミさんの負けー」

杏子「読むのはあたしか」

ほむら「………」

まどか「………」

さやか「………」

マミ「……何か言ってよ…」

杏子「…まずは良い所からだしリラックスリラックスってな」

マミ「…う、うん」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 20:54:24.05 ID:PEbV7poA0
杏子「1枚目、『胸がでかい』」

マミ「なっ…」

杏子「2枚目も『おっぱいがおっきい』」

マミ「……………」

ほむら「………」

さやか「羨ましー」

まどか「…さ、さやかちゃん…マミさん多分嫌がってるよ…」オロオロ

マミ「…別に良い事なんかないのに」

ほむら「……素直に褒められた事を喜びなさい、巴マミ」

杏子「そーだそーだ」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 21:02:45.22 ID:PEbV7poA0
杏子「んじゃ3枚目、えーと『大人っぽくて格好いい』だって」

マミ「……そ、そう?」

まどか「うん!!マミさんは格好いいと思いますわたし!!」

マミ「…ありがとう鹿目さん」ウルッ

さやか「おっぱいがおっきいもんね、大人に見えますよね」

マミ「…………」

まどか「さやかちゃん…今は…」

杏子「4枚目は『戦力になる』…ねぇ、素っ気ない褒め方だなこいつ」

ほむら「…………」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 21:11:06.59 ID:PEbV7poA0
杏子「んじゃ悪い所な、1枚目は『胸でかすぎ』」

マミ「……いい加減にしてよ!!私だって別に好きで大きくなったんじゃないのに!!」

ほむら「………」

マミ「胸なんか大きくても男の子にやらしい目付きで見られるだけだしクラスの女の子にも酷い事言われるし最悪なんだからぁ!!」
まどか「ま、マミさん落ち着いてください!!」オロオロ

さやか「なんて言われてるんだろ?」

ほむら「…………さあ」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 21:20:13.02 ID:PEbV7poA0
杏子「はいはいわかったから2枚目行くぜ?えーと…『ちょっと無理し過ぎな感じがする』…だって」

マミ「…無理?無理し過ぎってる何?」

まどか「え、あの、えと…あうぅ…」オドオド

さやか「まどか、顔に出過ぎ」

まどか「え……その…」オロオロ

マミ「…そう、鹿目さんなのね?」

まどか「……あの…あぅ…」オドオド

マミ「ねぇ無理し過ぎって何がなの?ねぇ私って無理してるの何にねぇ?」

まどか「ご、ごめんなさ…」カタカタカタカタ

ほむら「止めなさい巴マミ、詮索はしない方が良いと言ったのは貴女よ?」

マミ「…だって、だって」ジワッ

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 21:29:26.02 ID:PEbV7poA0
杏子「3枚目、『無理矢理作ったお姉さんキャラが痛い』だって、うわぁ言うねぇー」

マミ「………………………」

まどか「そ、そんな…なんでそこまではっきり書いて…」

ほむら「まどか!!」

まどか「…あ」

マミ「………へぇ?」

まどか「あうあうあう…」カタカタカタカタ

さやか「やっぱりまどかもそう思ってたんじゃん」

ほむら「ちょっと黙りなさい」

マミ「………………鹿目さんはそんな事絶対ないと思ってたのに」

まどか「…………うぅ…」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 21:35:59.45 ID:PEbV7poA0
マミ「…もう良いわよ、最後のを見て貰えるかしら?」

まどか「……」カタカタカタカタ

さやか「まどかビビり過ぎだよ?」

ほむら「だから黙ってなさい」

杏子「はいはい最後な、えーと『デブ』」

マミ「あ?」ビキッ

杏子「…ちょ、あたしじゃねーからな!!」ビクビク

マミ「…………」チラッ

ほむら「………」フイッ

マミ「…………」

ほむら「…………」

マミ「………………………………………………………………………」

ほむら「………………………………………………………」

まどか「」カタカタカタカタ

さやか「すごい険悪な雰囲気だね」

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 21:41:24.43 ID:PEbV7poA0
マミ「……さて、次は誰かしら…ふふふふ…」

さやか「はやくじゃんけんしてよ」

ほむら「……………」

まどか「……………」

杏子「……やるか」

ほむら「…もう引き返せないものね」

まどか「……こんなのってないよ…」

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 21:48:44.50 ID:PEbV7poA0
杏子「……あたしか」

まどか「……わたしが読むの?」オロオロ

さやか「はやく」

マミ「さっさとしなさい」

まどか「…はい…じゃ…じゃあ良い所から…えと…1枚目は『実は優しい』」

杏子「…ふーん、そんな事ねーと思うけどな」

まどか「…そんな事無いよ……えと、2枚目は『結構良い奴』だって」

杏子「…ふーん」

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 21:57:24.84 ID:PEbV7poA0
まどか「…3枚目は『良く食べる』」

杏子「好き放題してるだけだっつの」

さやか「栄養は偏ってそうだけどね」

マミ「お菓子が果物を食べている所しか見た事ないものね…」

杏子「うっさいな、別に良いじゃん」

まどか「…最後は『魔法少女としては優秀』…だって」

杏子「…それ褒めてんの?」

ほむら「他に思いつかなかったのよ」

杏子「…あっそう」

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 22:04:28.41 ID:PEbV7poA0
まどか「…えと、悪い所…だよね…」

杏子「溜めないでいーから早く言ってくれっての」

まどか「…うん、1枚目は『お菓子の食べ過ぎは良くないと思う』」

杏子「はいはいわかったわかった…次次!!」
まどか「………えと」


2枚目『万引き女』
3枚目『泥棒は犯罪よ?』
4枚目『泥棒女』

まどか「…………ほ、他のもお菓子の食べ過ぎはダメだって!!杏子ちゃん気をつけなきゃダメだよホントに!!」

杏子「えー、ホントかよ?」

128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 22:09:52.53 ID:PEbV7poA0
ほむら「………」

マミ「………」

まどか「ね、みんなホントにそう思ってるもんね!?」

杏子「…そんなにダメかな?」

さやか「…まどか」

まどか「…っ…」ビクッ

マミ「…世の中はっきり言った方が良い事ってあるのよ?」

ほむら「……そうね」

まどか「………でも」

ほむら「優しさをはき違えてはダメよ、まどか」

まどか「…………」

杏子「なに?なんだよおい?」

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 22:17:37.93 ID:PEbV7poA0
さやか「…結局まどかのごまかしを押し通したね」

ほむら「あの子変な所で頑固だから」

マミ「仕方ないわね…まったく」

まどか「こういう事はゆっくり説明した方が良いと思うの、ダメ…かな?」

杏子「なんなんだよ一体?」

さやか「…はぁ、まあいいか、次行こ次」

マミ「じゃあ二人でじゃんけんね」

ほむら「………」パー

まどか「…………」ちょき

ほむら「……私ね」

マミ「じゃあ私が読むわね?」

ほむら「………ええ、かまわないわ」

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 22:23:37.55 ID:PEbV7poA0
マミ「じゃあ良い所から、1枚目は『クール』だそうよ?」

ほむら「そう」

杏子「カッコつけてるだけじゃん」

ほむら「…………」

マミ「…二枚目は『ホントは優しい』ですって」

ほむら「…………」チラッ

まどか「…えへ…」

ほむら「…………そう」

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 22:30:29.10 ID:PEbV7poA0
マミ「3枚目、『強い』」

杏子「あ、それあたしだ」

ほむら「……貴女、さっき魔法少女としては優秀って聞いた時疑問符を浮かべていなかったかしら?」

杏子「だってそれしか思い付かなかったし」

ほむら「………はぁ、まあ良いわ」

マミ「…最後ね、4枚目は『胸が軽そう』」

ほむら「……」ピキッ

まどか「…ほむらちゃんの眉間に皺が…」ビクビク

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 22:34:57.35 ID:PEbV7poA0
ほむら「………まだ長所のはずよね?」

マミ「ええ、良い所として書かれているわよ?」

ほむら「…………」チラッ

さやか「……っ!?チガウチガウ」ノシ

杏子「………ビクッ」ブンブン!!

マミ「…詮索はなしよ?」

ほむら「……………ええ、わかっているわ」

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 22:43:33.47 ID:PEbV7poA0
マミ「じゃあ悪い所ね、1枚目は『あんまりおしゃべりしてくれない所かな?』だそうよ?」

ほむら「っ!?」

さやか「確かにあんまりしゃべんないな」

杏子「二人だと会話に困るなこいつだと」

ほむら「…………………………………そう、かしら」

まどか「うん、もっとお話ししたいな、ほむらちゃんと」

ほむら「……わかったわ」コクコク

マミ「…はいはい次行くわよ?」

ほむら「ええ」

158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 22:49:56.25 ID:PEbV7poA0
マミ「2枚目、『貧乳』」

ほむら「…………ふん」

さやか「あ、動じないんだ?」

ほむら「このくらいは予測していたわ」

マミ「3枚目、『哀れ乳』」

ほむら「……………」プルプル

杏子「あ、動じた」

ほむら「……………言い方が変わっただけじゃない、下らない」

マミ「4枚目、『百合臭い』」

ほむら「言い掛かりよ!!まどか!!違うからね!?私はそんなのじゃないんだから!!」

まどか「え、あ、うん…」

ほむら「まど…か?」

まどか「……ごめんなさい」

ほむら「」

166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 22:56:24.83 ID:PEbV7poA0
ほむら「」

まどか「……ごめんね…なんか必死になってるほむらちゃんみたら…そうなのかな…って」ササッ

ほむら「……う…」ジワッ

まどか「…ホントにごめんね?」

さやか「まどかの反応は普通だと思うよ?」
杏子「だな、ちょっと変態だよな」

ほむら「黙りなさい、下らない妄言なんて書いて…許しがたいわ」

マミ「良いから最後の鹿目さんのを見てみましょ?」

まどか「…あぅ…」ビクビク

172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 23:07:05.56 ID:PEbV7poA0
さやか「読んでないのわたしだけだしわたしで良いよね?」

まどか「うん…お手柔らかにね…さやかちゃん」

さやか「それは保証出来ないかな」

まどか「……………」

さやか「んじゃ良い所、1枚目は『すごく優しい子』、2枚目は『周りに気を使える良い子』だって」

まどか「そ、そんな事ないよ…」

さやか「3枚目も『良い奴』だって」

まどか「うぅ…なんか恥ずかしいよ…」

さやか「4枚目は『すごく可愛い、まるで天使』………あのさぁ、これは気持ち悪いって」

ほむら「………よ、余計な詮索はしししない約束…」カタカタカタカタ

まどか「…………」

187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 23:17:49.93 ID:PEbV7poA0
さやか「はい次つぎ、悪い所いこっか」

まどか「…………う…」ビクビク

さやか「…1枚目、『可愛い過ぎて困る』ねぇいい加減にしなよ、まどか困らせてたのしいの?」

ほむら「」

まどか「……………ほむらちゃん…しかいないか…ごめんやっぱり無理だよ…わたし普通だもん」

ほむら「違う、私じゃない」

さやか「……ふーん?じゃあ誰が?」

ほむら「……えと、その…」ゴソゴソ

めがほむ「べ、別人格のめがほむが書いたのよ!!」

さやか「…………」

マミ「………」

杏子「………」

まどか「…ほむらちゃん」

めがほむ「この子はめったに出てこないレアキャラみたいなものなの!!私も油断してたの信じてまどか!!」

まどか「ああ、うん…もういいよほむらちゃん、後で相談くらいならみんなで乗るから、ね?」

192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 23:23:25.89 ID:PEbV7poA0
さやか「はいはい自爆した奴は放っといて次行くよ?えーと、二枚目は『泣きすぎ』だって」

まどか「…やっぱりそうなのかな?」

さやか「3枚目も『泣き虫』だって、確かにそうだよね」

まどか「うーん…そうだよね」


さやか「んじゃ最後、4枚目」

まどか「うん」

197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 23:25:37.55 ID:PEbV7poA0








さやか「…『お父さんが超ヒモ』」









まどか「…………は?」キョトン

213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 23:31:14.21 ID:PEbV7poA0
まどか「ねぇさやかちゃんもう一回言って?」

さやか「…『お父さんが超ヒモ』」

まどか「……うん、聞き間違いじゃないんだ?」

さやか「……………」

まどか「ねぇ、さやかちゃん」


さやか「なに?」

まどか「……わたしね、それ書いたの誰か分かるんだよ?」


さやか「……そうなの?」

まどか「うん、だってほむらちゃんはもうわかってるし杏子ちゃんはわたしの家の事とか教えてないしマミさんだって知らないはずだもん」

さやか「…………」

232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 23:41:00.03 ID:PEbV7poA0
まどか「…知ってるよね?お父さんが頑張ってる事くらいなのにヒモってなに?なんでそんな事書けるの信じられないよわたし
ねえなんで?お母さんのお仕事が凄い大変だからお父さんはそれを支える事を選んだんだよそれってそんなに非難される事なの?ねえどうなの
しかもお父さん今関係ないよねなのになんでお父さんの事が出てくるのねえちょっと待ってよさやかちゃん逃げないでちゃんと説明してよどうして逃げるの
逃げるくらいならなんでこんな事かいたのわたしもうホントに信じられないよこんなのってないよ聞いてるのさやかちゃんry…」タッタッタッ

マミ「」カタカタカタカタ

杏子「」カタカタカタカタ

ほむら「」カタカタカタカタ

246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 23:48:55.38 ID:PEbV7poA0
杏子「………まどかのやつなんか落としてったな」カサ

『万引き女』
『泥棒は犯罪よ?』
『泥棒女』

杏子「………………………ふーん?」

マミ「…なに?」

杏子「さやかはまどかに追われて逃げてったしほむらはまだカタカタ言ってるし、とりあえず説明してくんない?」イライラ

マミ「説明なんていらないでしょ?そのままの意味よ」

杏子「……でぶ」ボソッ

マミ「………あ?」ビキッ

ほむら「」カタカタカタカタ

QB「キュップイ」

261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/07(金) 23:59:10.41 ID:PEbV7poA0
……………

ほむら「…………」

QB「やあ、気が付いたかいほむら?」

ほむら「………みんなは」キョロキョロ

QB「他の魔法少女たちなら魔女になったよ?まどかを覗いてね!!」

ほむら「………なっ…」

QB「そしてまどかももうすぐだ、見てご覧ほむら、あれを……あの暗闇のような雲の中にまどかは居る、あと数分後には最悪の魔女として彼女は誕生するはずだ」

ほむら「…………まど…か…」

QB「なんとなく試した実験がこんなにも上手くいくなんて思わなかったよ!!なんせただ紙とインクで構成された原始的な情報がこの結末を呼んだんだからね!!」

ほむら「…紙と…インク…?」

QB「君たちはマンガと呼んでいる媒体だね、たしか何かのスポーツの情報媒体だったはずだ」

269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/08(土) 00:09:27.19 ID:o/lgGNOz0
ほむら「そんな…ワルプルギスの夜さえ来て居ないのに…対峙する前にこんな事になるなんて!!」

QB「本音をぶつけ合うだけでこうなるなんて僕には理解できないけどね、こうなってしまったって事は感情と言うものはきわめて危険な存在なんだろうね、それこそ宇宙を揺るがす程にね」

ほむら「…………」チャキ

QB「……どうしたんだいほむら?」

ほむら「また戦いをしに行くのよ」

QB「……キミは」

ほむら「…こんな結末認めない、もう二度とこんな下らない結末にはさせないわ…巴マミがあれをやろうとしたら全力で止めれば良いだけだもの」

QB「ほむら、キミは」

ほむら「……待ってて、まどか」

おわり