1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 16:42:10.42 ID:NStv8ix80
あかり「ゆるゆり♪♪はっじっまぁるよー」

あかり「……」

あかり「なんてねっ♪」

あかり「……」

あかり「もう、終わっちゃったねぇ……」

引用元: あかり「はーい!」 



ゆるゆり (15) 特装版 (百合姫コミックス)
なもり
一迅社 (2017-05-31)
売り上げランキング: 5,137
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 16:44:33.87 ID:NStv8ix80
あかり「この背景セットもそろそろ仕舞わなきゃ」ゴソゴソ

あかり「あとそれから、衣装も……」ゴソゴソ

あかり「特に今回はいろいろ小道具たくさん作りすぎちゃったもんね」ゴソゴソ

あかり「ふふっ、たのしかったなぁ」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 16:50:34.66 ID:NStv8ix80
ガチャ

あかり「ふぅ、お片づけ終了!!」

あかり「さてと、それじゃ、どこに行こっかなー」

あかり「特に用はないけど、京子ちゃん結衣ちゃんの家に行こうかな」

あかり「いつも通りお散歩するんじゃ味気ないもんね」

あかり「せっかく暇になったんだし!!」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 16:53:28.29 ID:NStv8ix80
あかり「お姉ちゃん!いってきまぁす」

ガチャ バタン

あかね(日曜日に外に出かけるのは珍しいわね……)

あかね(ま、いっか)

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 16:59:50.09 ID:NStv8ix80
ピンポーン

京子「はーい」

あかり「京子ちゃん!遊びに来たよ」

京子「おーあかりじゃん ちょっと待ってねー」


京子「いらっしゃーい」

あかり「おじゃましまーす ごめんねー突然遊びに来て」

京子「いいよいいよー たまにはそういう楽しいこともアリだって 気にしない気にしない」

あかり「ありがとー あ、それと」

京子「なに?」

あかり「結衣ちゃんは今日は来てないの?」

京子「ふっふっふ実は……」

あかり「実は……」ゴクリ

京子「居ない!」

あかり「えーなにそれー」プンスカ

京子「当たり前でしょー 結衣だって忙しいんだから」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 17:12:19.39 ID:NStv8ix80
あかり「忙しいの?」

京子「たぶんねー いや、知らないけどさ」

あかり「たぶんなら呼んでもいいかな」

京子「せっかくあかりが来たんだし、いいんじゃない」

あかり「それじゃ呼ぶねー」ピポピ

あかり「あ、もしもしー結衣ちゃん? 今京子ちゃんの家に居るんだけど うんそうそう、来れる? ほんと? わあい 待ってるねー」

京子「来れるみたいだね」

あかり「京子ちゃんの家に三人は久しぶりだよー」

京子「そういえばそうかもね」

あかり「……ふふっ」

京子「あかり?」

あかり「なに?」

京子「い、いや なんでもない」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 17:21:06.74 ID:NStv8ix80
結衣「おじゃましまーす」

京子・あかり「いらっしゃーい」

結衣「お菓子持ってきたよ」

京子「でかした結衣!」

結衣「一人で全部食べるの禁止な」

京子「心配するなって!」

結衣「とか言いながらコンビニ袋ごと持ってくなって」

京子「大丈夫大丈夫」

結衣「何が大丈夫なんだ……」

あかり「~♪」ニコニコ

結衣「あかりはまたなんかニコニコしてるし……」

あかり「だって京子ちゃんの家で京子ちゃんと結衣ちゃんが一緒に居るのなんて久しぶりなんだもん」

結衣「あのなー いつも学校で同じクラスなんだから……」

あかり「それに加えてあかりも居るしね!」

結衣「それなら茶道部で同じだろ?」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 17:25:46.85 ID:NStv8ix80
あかり「でもー」

京子「ま、いいじゃん 笑顔なのはいいことだよ」

あかり「そうそう 京子ちゃんの言う通りだよ」

京子「そんなことより遊ぼうぜ!」

あかり「あかりスライムがいいなー」

京子「あったなーそんなの よく覚えてるね」

あかり「ま、まぁね! 昔スライムでよくからかわれたんだもん」

結衣「あぁ……」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 17:36:41.25 ID:NStv8ix80
京子「はい、これ」

あかり「えへへ これこれー 懐かしいなー」ねちょねちょ

京子「結衣があかりにこうべちょっとね やってたね」

結衣「そんなことあったっけ」

あかり「あったよー そして! 恨みをここで晴らしちゃうよ― えいっ」

結衣「うわっ」 ねちょ

京子「あかりが大胆行動に!」

結衣「あかりどうした!」

あかり「……えへ」

あかり「うーん、そうだよね ごめんなさい 拭かないとね 京子ちゃんも手伝ってくれる?」

京子「へ? あ、うん」

結衣(何がしたかったんだ……)

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 17:55:29.92 ID:NStv8ix80
結衣「あかり……」

あかり「結衣ちゃんごめんね ちょっとやってみたかったの」

結衣「これ取るの大変だぞ」

京子「んー 案外服に付いてるのも簡単に取れるね」

結衣「脚とズボンに付いた分と……まったく」

京子「ああもう面倒くさいなあ!」

結衣「京子! 手のひらで撫でて延ばさないで」

京子「ほーらなーでなーで」

結衣「取れなくなるだろ!」ガスッ

京子「いたっ」

結衣「まったく……」

あかり(二人とも天然すぎるよぉ……画的には最高だけどね!)

結衣「あかりも手伝って!」

あかり「あ、ごめんね 結衣ちゃん」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 18:04:23.80 ID:NStv8ix80
~~~~

結衣「あ、もうこんな時間か」

京子「なにー? もう帰るの?」

あかり「トランプやってたらあっという間だったよぉ でもあかりもそろそろ帰らなきゃいけないから帰るね」

京子「りょーかい」




あかり「それじゃあまた明日!」

京子「またなー」

京子「結衣は服洗うの忘れずになー」

結衣「どうやってそれを忘れろって言うんだ……また明日」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 18:10:00.30 ID:NStv8ix80
バタン

あかり「たっだいまー」

あかね「おかえりー」

あかり「ご飯出来たら呼んでね!」

あかね「はいはい」


ドタタタ バタン


あかね(どうも勉強してるみたいじゃないのよね……)

あかね(何してるのかしら)

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 18:13:30.56 ID:NStv8ix80
あかり「やっぱりあかりは想像だけじゃ上手く描けないんだよね」

あかり「……」

あかり「今日は結衣ちゃんに迷惑かけちゃったけど」

あかり「……」

あかり「また今度」

あかり「……」

あかり「ちゃんとケーキでも買って」

あかり「……」

あかり「謝りにいかないと」

あかり「……」

あかり「…」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 18:22:16.05 ID:NStv8ix80
あかね「ご飯出来たわよー」

\はーい/
ドタタタ





あかり「わぁい南蛮風チキン竜田 あかり南蛮風チキン竜田大好き」

あかね「おいしい?」

あかり「うん!」

あかね「それはよかった」ニコニコ

あかり(あかりに喜んで貰えて嬉しいわうふふふふ……なんてね 美味しいのはほんとだけどね)

あかね「あかり?」

あかり「? なぁにお姉ちゃん」

あかね「あ、あぁっと……あ、そうそう この前、部屋の模様替えでもしてたみたいだけど」

あかり「模様替え……ん、うん そうなの 模様替えしたんだよ」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 18:27:09.12 ID:NStv8ix80
あかね「大変だったでしょう」

あかり「まぁねー」

あかね「お姉ちゃん、ちょっと部屋見たいなー」

あかり「だぁめ 私のプライベートだもん!」

あかね「そう……それじゃ仕方ないわね」

あかり「そうそう それじゃ、ごちそうさま!」

あかね「はい、お粗末さまでした」

ドタタタ

あかね「……」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 18:36:08.20 ID:NStv8ix80
あかり「あ、もう九時だぁ」

あかり「……」

あかり「明日までに仕上げられるかなぁ」

あかり「……」

あかり「ううん、頑張らなくちゃね! 一月の分はもう少しだもん」

あかり「……」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 18:51:21.31 ID:NStv8ix80
あかり「櫻子ちゃん向日葵ちゃんおはよー」
ちなつ「おはよー」

櫻子「おっはよー」
向日葵「お二人ともおはようございますわ」

櫻子「あ、そうそうあかりちゃん聞いてよ!」

向日葵「櫻子あなた!」

櫻子「それがさー」

向日葵「ダメですわー!」

櫻子「今朝家の前で向日葵と鉢合わせしたらさー」

向日葵「赤座さんも笑って見てないでやめさせてください!」

あかり「櫻子ちゃん向日葵ちゃんが嫌がってることはしちゃだめだよー」

ちなつ「……」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 19:01:58.13 ID:NStv8ix80
ちなつ(茶道部に入って早半年)

櫻子「向日葵が夏服着ててびっくりしちゃった」

ちなつ(私は、未だにあかりちゃんのことがよくわかっていない)

あかり「向日葵ちゃんでもうっかりすることがあるんだねー」

ちなつ(たぶん、いい子であることは確か)

あかり「向日葵ちゃんかわいー」

ちなつ(でも、何か隠してる気がする)

向日葵「赤座さんまで!」

ちなつ(頑なに自分の家には招かないところとか、そんなことしか根拠はないけど 私の勘)

あかり「ちなつちゃん?」

ちなつ「う、うぇっ? なに?」

あかり「どうしたのボーっとして」

ちなつ「何でもないよー」ニコニコ

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 19:12:37.47 ID:NStv8ix80
ちなつ「ねぇ、あかりちゃん」

あかり「なぁに」

ちなつ「今度、あかりちゃんの家で遊びたいなー だめ?」

あかり「んー……いつもごめんね うちはダメなの」

ちなつ(今まではこう来られると家庭の事情を詳しく聞くのが野暮な気がしてたけど 今日は……)

ちなつ「どうしてもっ! あかりちゃんと仲良くなりたいのっ!」

あかり「ちなつちゃん……」パァァ

ちなつ(イケるかも?)

あかり「でも、ごめんね 理由は言えないけど……それに、私達もう友達だし仲良しだよっ」

ちなつ「そう……だよね ごめんね 無理言っちゃって」

ちなつ(ちっ)

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 19:21:01.96 ID:NStv8ix80

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 19:50:18.70 ID:NStv8ix80
櫻子「体育だりー」

向日葵「ほら次は櫻子の番ですわよ しゃきっとなさい」


あかり「わあい跳び箱 あかり跳び箱大好き」

ちなつ「いつものあかりちゃん的決め台詞だけどなんなのそれ」

あかり「ひ・み・つ」バキューン

ちなつ「そして謎ポーズ……」

あかり「あ、私の番だー」

ズッ ダンッ

向日葵「赤座さんってわりと何でも出来ますわよね」

櫻子「意外となー」

ちなつ「体力と記憶力に関してはびっくりさせられることが結構あるのよね」

櫻子「私ほどじゃないけどな!」

向日葵「秘訣があったら教えて欲しいですわ」

ちなつ「勉強は向日葵ちゃんの方が出来るんじゃないの?」

櫻子「スルー?」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 20:02:16.30 ID:NStv8ix80
櫻子「ぐぬぬ……」

あかり「どうしたの?」

櫻子「向日葵が……向日葵が……うがーっ!」

向日葵「櫻子うるさいですわよ」

櫻子「うるさいおっぱい大魔神!」

向日葵「は!?な、何」

櫻子「開脚跳びするとき無駄に寄せてあげやがって!!嫌味か!!」

向日葵「知りませんわよ!!」

バシーンバシーン


あかり「出たおっぱいドリブル」ニコニコ

ちなつ「なにそれ」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 20:19:34.62 ID:NStv8ix80
あかり(この二人はもう脚色のしようがないくらいまんまなんだよねー)

櫻子「――!!」
向日葵「――!!」

あかり(仲が良いだけなんだけど)

あかり(あ……そういえば昨日のどうしよう終わってないよ)

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 20:21:06.37 ID:NStv8ix80

あかり「ちなつちゃん 今日部活行く?」

ちなつ「へ? 行くけど?」

あかり「あのね あかり今日は用があって行けないんだ だから京子ちゃん結衣ちゃんに伝えておいて欲しいんだけど……」

ちなつ「わかった 伝えておくね」

あかり「ありがとう!」

ちなつ(たまに、休むのよね……)

ちなつ「ふむ」

あかり「なに?」

ちなつ「へ? あ、あぁ、いやなんでもないよ」

あかり「最近それ多いよね ぼーっとしすぎかな?」

ちなつ「お、お互い様よ」

あかり「しゃきっとしないと!」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 20:37:24.18 ID:NStv8ix80
ガラッ

ちなつ「こんにちはー」

京子「おー」

結衣「いらっしゃーい」

ちなつ「それとー最初に伝言です 今日はあかりちゃん来ません」

結衣「あ、そう わかったー 伝言お疲れ様」

ちなつ「どういたしましてー」

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 20:57:21.30 ID:NStv8ix80
京子「今日はお茶菓子ありませーん」

ちなつ「えー」

結衣「私が用意忘れちゃったんだ ごめん ま、いつも通り会を始めようか」

京子「今日は亭主役ちなつちゃんねー」

ちなつ「はーい」

京子「正客は私」

結衣「半東は私がやるよ」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 21:05:57.88 ID:NStv8ix80
ちなつ「……はー」

京子「なんか面白いことでもしたい」

結衣「なんか って言ってる間は永久に見つからないから諦めろ」

京子「遊園地行きたい」

ちなつ「いいですねー……」

結衣「そんなお金あるのか?」

ちなつ「まーなんとかー……」

京子「ちなつちゃんなんか元気ないね」

ちなつ「あーはい……まぁその、ちょっと気になることがあるんですよ」

京子「なになに?」

ちなつ「あかりちゃんの家って入ったことあります?」

京子・結衣「ある」

ちなつ「最後に入ったのはいつですか」

京子「確か入学式のころだったかな」

ちなつ「そうなんですかー」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 21:17:02.26 ID:NStv8ix80
ちなつ「今日の話なんですけどね 家に遊びに行きたいって誘って見たんですけど断られちゃったんです」

京子「ふむふむ」

ちなつ「ちなみに、京子先輩達はその時は誘われて行ったんですか?」

結衣「いや、せっかくだから一緒に行こうかと思って勝手に家まで行ったよ」

京子「小学生のときもそうしてたからねー」

ちなつ「……あかりちゃんの部屋には入りました?」

京子「リビングには行ったけど部屋には行かなかったなぁ」

ちなつ「ほら、そういうことですよ」

結衣「そういうことって?」

ちなつ「部屋には誰も入ったことがないなんて変じゃありません?」

京子「変かな?」

ちなつ「怪しいっていうかなんていうか」

京子「ちなつちゃんの勘ぐりすぎじゃない?」

結衣「あかりにも秘密にしたいことの一つや二つあるんだよ きっと」

ちなつ「んー……」

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 21:24:11.49 ID:NStv8ix80
ちなつ「なんか引っかかるなぁ」

京子「もうしょうがないなぁ そんなに疑うなら今からあかりの家に行こう!」

ちなつ「大丈夫なんですか?」

結衣「どうだろう……あかり、今日は用事があるから誘いを断ったんだろ?」

ちなつ「……あ! それですよ!」

京子「?」

ちなつ「別に今日初めて誘ったわけじゃなくて、今までも用事が無さそうな時も何回も全部断られてるから、変だなーって思ってたんです」

京子「あーなるほどー」

結衣「たしかに、そう言われてみればあかりがその手のことを断るのは珍しいよな」

ちなつ「でしょう!?」

京子「なら尚更あかりの家に行ってみなきゃ!!」

ちなつ「大丈夫……かな」

京子「大丈夫!大丈夫!」

ちなつ(ちょっと話を聞いてみようと思っただけだったんだけど……)

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 21:37:00.20 ID:NStv8ix80
ピンポーン

京子「おーいあかりー」

ピンポーン

京子「あかりー私だー」

結衣「オレオレ詐欺かよ」

ピピピピンポ-ン

京子「あー!かー!りー!」

ちなつ「あかりちゃん……居ないんじゃないんですか?」

結衣「用事って外出系のことだったのかな」

京子「あかりのねーちゃんはまだ帰ってくる時間じゃないしなー」

ちなつ「お母さんは?」

京子「……あれ? 知らなかったのか?」

結衣「おい京子」

ちなつ「え……?」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 21:46:30.93 ID:NStv8ix80
京子「……ま、まあ家に居ないならしょうがないな! 帰るか!」

ちなつ「え……あの」

結衣「ちなつちゃん こういうことは本人から聞いた方がいいよ」

京子「それじゃまた明日な!」

ちなつ「……」




あかり「ごめんね……京子ちゃんわざわざ来てくれたのに……」

あかり「たぶん結衣ちゃんとちなつちゃんと……櫻子ちゃんと向日葵ちゃんは居たかな……」

あかり「……」

あかり「でもこれは……秘密だから……」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 21:55:22.45 ID:NStv8ix80
あかり「……ふぅ で、出来たぁ」



あかり「あ、もしもし はい、あかりです」

あかり「はい、はい」

あかり「今回はFAXで送った通りなんですけど」

あかり「はい……はい わかりました」

あかり「後はお任せします」

あかり「はい! 楽しみに待ってます!」

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 22:36:50.56 ID:NStv8ix80
ちなつ(結局朝会ったときは聞かなかった……)

ちなつ(昼食は向日葵ちゃんも櫻子ちゃんも居るから避けたほうがいいよね)

ちなつ(どうしよう……あかりちゃんが気になって仕方がないよ)

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 22:43:17.67 ID:NStv8ix80
ちなつ(ほんとに……もう あかりちゃんが部屋に入れてくれればいいだけなのに)

ちなつ(……)

ちなつ(ううん こんなにいつまでも悩んでるなんてちーならしくないわ!)

ガタッ

先生「どうかしましたか吉川さん」

ちなつ「あっ」

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 22:46:32.16 ID:NStv8ix80
櫻子「しゃーお昼だー!!」

向日葵「櫻子あなた当番でしょ 早く仕度なさいな」

櫻子「わーってるって うるさいなー」


ちなつ「ねぇあかりちゃん」

ピクッ
あかり「なに?」

ちなつ「ちょっとトイレ行かない?」

あかり「へ? いいけど」

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 22:51:08.91 ID:NStv8ix80
あかり「ね、ねぇちなつちゃん トイレってもう通り過ぎたよ」

ちなつ「いいのっ 四階奥のトイレに行きたいのっ」

あかり「わ、わけがわからないよぉ」

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 22:59:10.14 ID:NStv8ix80
ちなつ「……」

あかり「着いたよ?」

ちなつ「あかりちゃん 先に謝っておくね ごめんなさい」

あかり「そ、そんないきなり謝られても困っちゃうよぉ」

ちなつ「ねぇ あかりちゃんのお母さんって」

あかり「……」

ちなつ「その……」

あかり「ねぇ、ちなつちゃん……その話、誰から聞いた? 私、言ってないよね」

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 23:04:58.15 ID:NStv8ix80
ちなつ「京子先輩から聞いた いや、言ってないけど 察しちゃった だから間違ってたら否定して……ほしいな」

あかり「……そう……なんだ」

ちなつ「……」

あかり「……」

ちなつ「……」

あかり「うん……そうだよ」

ちなつ「そっか……なんか、落ち着いたよ」

あかり「えへっ 落ち着いたって変なの」

ちなつ(なんで……笑うのかな……)

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 23:12:12.09 ID:NStv8ix80
あかり「同情した?」

ちなつ「えっ……そんなことないよ!!」

あかり「……」

ちなつ「……」

あかり「だから、黙ってたんだけどなぁ」

ちなつ「……ごめん」

あかり「ううん 気にしないで」

ちなつ「私達、友達だよね?」

あかり「うん、もちろん! ちなつちゃんが友達で居てくれるなら」

ちなつ「あかりちゃんっ!!」ダキッ

あかり「もー」ナデナデ

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 23:21:18.85 ID:NStv8ix80
櫻子「――♪」
向日葵「――!!」

ちなつ「……」

向日葵「吉川さん?」

ちなつ「っ」

向日葵「どうかされました?」

ちなつ「……何でもないよ?」

あかり「あはっ ちなつちゃんまたぼーっとしてるー」

向日葵「……」

櫻子「……?」

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 23:25:08.02 ID:NStv8ix80
ちなつ「ただいまーっと」

ちなつ(あかりちゃんってば部活のときまでいつも通りだったな)

ちなつ(京子先輩も結衣先輩も昨日のことは全然触れないし)


ちなつ(私、同情しちゃったかな……しちゃったよね……)

ちなつ(……)

ちなつ(最低……だよね 友だちとして)

128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 23:30:10.77 ID:NStv8ix80
あかり「今日は危なかったぁ……」

あかり「ちなつちゃん朝から様子が変だからバレちゃったかと思ったよぉ」

あかり「呼び出されたときなんかもうどきどきしまくり」

バリッ

あかり「わぁいうすしお あかりうすしお大好き」


あかり「最後に抱きついて来た時のちなつちゃん、可愛かったなあ」

あかり「次はちなつちゃんメインにしようかな」

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 23:45:03.66 ID:NStv8ix80
あかり「おっはよーちなつちゃん!!」

ちなつ「あ、おはようあかりちゃん」

あかり「えへへ」ニコニコ

ちなつ「なんで朝から笑ってるの」

あかり「なんだか嬉しくて」ニコニコ

ちなつ「わけわかんない」

あかり「ちなつちゃん!!」ダキッ

ちなつ「あ、あああ、あかりちゃん!?」

あかり「あ、そうだ お父さんは居るよ?」ニコニコ

ちなつ「!?」

あかり「えへへ」ニコニコ

ちなつ(な、何考えてるのあかりちゃん)

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 23:57:56.76 ID:NStv8ix80
あかり「ちーなつちゃん!」

ちなつ「言われなくてもお昼くらい一緒に食べるわよ」

あかり「ありがとうちなつちゃん」

向日葵「赤座さんどうしましたの?」

あかり「いろんなちなつちゃんを知りたくって!」

向日葵「そ、そうですの……」

櫻子「なんか恋人みたいだな!」

ちなつ「私にそっちのケはないから!!」

あかり「そーだよ櫻子ちゃん あかりにとってちなつちゃんは大切な友達なんだから」

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 00:08:43.45 ID:CWYB2U680
向日葵「櫻子 先に生徒会室行ってますわよ 赤座さんも吉川さんもまた明日」

櫻子「あ、置いてくなー!」

あかり「ばいばーい」

ちなつ「またねー」



あかり「ちなつちゃん部活いこー」

ちなつ「はいはい」

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 00:23:07.61 ID:CWYB2U680
あかり・ちなつ・京子・結衣「ありがとうございました」


京子「ふー……肩凝るわー」

あかり「あかりはまだ足が痺れるよぉ」

結衣「ま、でも 最初よりは大分お茶会っぽくなってるんじゃないか」

ちなつ「ほんとですよねー」

京子「最初なんかもう手順印刷したプリントとにらめっこしながらだったもんなー」

あかり「あかりたち成長してるね!」

結衣「終わってから立ち上がるたんびに京子に倒れてこられることもなくなったし」

京子「あ……足がっ!!」バタッ

結衣「やめろバカ」

京子「いててて」

ちなつ「ほんと二人ってば仲いいですよねー」

あかり「ほんとだよねー あかりも仲間にいれてー」

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 00:34:13.04 ID:CWYB2U680
あかり「それじゃあねー」

京子「おー またなー」

結衣「また明日ー」

ちなつ「お疲れ様でしたー」



ちなつ(なんだか……昨日今日でもっとあかりちゃんのことがわからなくなっちゃった)

157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 00:44:51.16 ID:CWYB2U680
ちなつ(あれからあかりちゃんは私に冷たかったり馴れ馴れしかったりする節を見せてきた)

ちなつ(態度はいろいろ変えたけど、言動一つ一つは私の知るあかりちゃんで)

ちなつ(つまり、表面上も本当のところもそんなに変わってないと思えるんだけど)

ちなつ(でも、やっぱり私にはあかりちゃんがわからないまま)


ちなつ(……変わったのは私の方かもしれない)

ちなつ(最近はずっとあかりちゃんのことばっかり見て考えてる気がするから)

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 01:02:11.37 ID:CWYB2U680
ちなつ「月が綺麗」

ともこ「そうね」

ちなつ「十五夜の月ってだけで特別な感じがする」

ともこ「そうね」

ちなつ「……」

ともこ「ちなつ、最近元気ないわよね」

ちなつ「そう……かな」

ともこ「何かあったの?」

ちなつ「……」

ともこ「無理に言わなくてもいいのよ?」

ちなつ「……いや、やっぱり言わせて」

ともこ「わかったわ」

ちなつ「赤座さん ってお姉ちゃんのお友達にいるでしょ? その妹のあかりちゃんの話なんだけど」

165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 01:16:43.87 ID:CWYB2U680
ちなつ「あかりちゃんはね。クラスのお友達だったの。最初は、いい子だなって思った。
     それから、優しい子っていうか、気を遣える子だとも思った。でも一学期の間ずっと接していると
     ときどき、何を考えているのかわかんなくなるっていうか、何か隠してるなって思いはじめて。
     友達だもん。出来るだけいろいろ知りたくて、それで、いろいろあってあかりちゃんが隠してたこと知っちゃった。
     それでね、今度は知ったら知ったであかりちゃんが変になっちゃったっていうか、遠くなっちゃったていうか……
     やっぱり、わからなくなっちゃった。だからね……だから……」

ともこ「ねぇ、ちなつ」

ちなつ「な、何?」

ともこ「優しくしてあげなさい」

ちなつ「……」

ともこ「お姉ちゃんからはこれくらいしか言えないわ」

ちなつ「わかった」

ともこ「あかねちゃん……あかりちゃんのお姉さんのことなら、よく知ってるわ
     でも、あかりちゃんのことはきっと、ちなつの方がよく知ってるのよ
     それでも何か言うとしたら……優しくしてあげなさい」

ちなつ「……うん」

169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 01:34:21.72 ID:CWYB2U680
ちなつ「あかりちゃんおはよー」

あかり「ちなつちゃんおはよー なんだかちなつちゃんから声をかけてもらうのは久しぶりだよぉ」

ちなつ「そうかなー あ、京子先輩結衣先輩もおはようございます!」

京子「おはようちなっちゃん!」

結衣「おはよー」

ちなつ「今日から10月ですね!」

あかり「そうだね ハロウィンの準備しなくちゃ」

結衣「茶道部なのにハロウィンやるのか?」

京子「結衣は馬鹿だなー茶道部関係なくやるに決まってんだろ!」

結衣「馬鹿とはなんだ馬鹿とは」

京子「やーい馬ー鹿馬ー鹿」

結衣「調子に乗るなバカ」ガスッ

京子「いたっ、何する私は馬鹿じゃない!」

結衣「馬鹿じゃないにしてもバカなんだよ」

あかり「もーふたりとも喧嘩しないでっ」ニコニコ

174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 01:49:24.94 ID:CWYB2U680
あかり(最近は大分ちなつちゃんと仲良くなれた気がするよぉ)

あかり(皆と仲良く出来るのは嬉しいな)

あかり(ふふっ)


向日葵「あの、赤座さん お願いがあるんですけれども」

あかり「なぁに 向日葵ちゃん」

向日葵「また、生徒会の資料整理を手伝って欲しいんですの」

あかり「また杉浦先輩と池田先輩が揃って病欠なの?」

向日葵「いいえ、今回はちょっと資料の量がありえないだけですの」

あかり「わかった いいよー たぶん茶道部のみんなも一緒に手伝ってくれるよ! ね、ちなつちゃん」

ちなつ「う、うん!」

向日葵「申し訳ありませんの……ありがとうございますわ」

182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 02:17:17.75 ID:CWYB2U680
ガラッ
京子「おっじゃましまーす」

綾乃「あら、歳納さん達どうしたの」

向日葵「私が呼びましたの」

綾乃「あぁ、今日はちょっと量が多いからね でも、案外私達だけでもなんとかなるわよ?」

千歳「まーまーえぇやないの綾乃ちゃん たまには大人数で作業した方が楽しいで」

綾乃「……それもそうね じゃあ今日はよろしく」

京子「よくわかんないけど許可は出た! 報酬はラムレーズンな!」

結衣「人にたかるんじゃない」

184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 02:24:18.80 ID:CWYB2U680
あかり「八人だとちょっと狭いね」

櫻子「まったくだよ 向日葵ってば考えなしに人を呼んでぇ」

綾乃「大室さん わざわざ来てくれた茶道部の人に失礼でしょ」

京子「いーよいーよ丁度私も狭いと思ってたところだから」

千歳「なら広いところにでも引っ越すー?」

結衣「この資料全部持ってくほうが面倒くさいよ」

向日葵「口より手を動かすべきですわ」

ちなつ「……」もくもく

193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 02:41:11.36 ID:CWYB2U680



ちなつ「優しく……か」



194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 02:42:47.75 ID:CWYB2U680
ちなつ「ねぇあかりちゃん」もくもく

あかり「なぁに」もくもく

ちなつ「なんで向日葵ちゃんの話を受けたの?」もくもく

あかり「えーとねー 困ってそうだったからかな」もくもく

京子「あかりが眩しすぎる……」

あかり「なんでそんなこと聞くの?」もくもく

ちなつ「あかりちゃんのことがよくわかんないから もっと知りたいから」もくもく

綾乃「!? よ、吉川さん その話は私が聞いてもいいのかしら?」

ちなつ「あ、いいですよー 大した話じゃないんで」

あかり「私のことがわかんないとか 大したことじゃないとかちなつちゃんひどーい!」

195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 02:43:48.54 ID:CWYB2U680
ちなつ「ねぇあかりちゃん」もくもく

あかり「なぁに」もくもく

ちなつ「なんで向日葵ちゃんの話を受けたの?」もくもく

あかり「えーとねー 困ってそうだったからかな」もくもく

京子「あかりが眩しすぎる……」

あかり「なんでそんなこと聞くの?」もくもく

ちなつ「あかりちゃんのことがよくわかんないから もっと知りたいから」もくもく

綾乃「!? よ、吉川さん その話は私が聞いてもいいのかしら?」

ちなつ「あ、いいですよー 大した話じゃないんで」もくもく

あかり「あかりのことがわかんないとか 大したことじゃないとかちなつちゃんひどーい!」もくもく

200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 02:58:32.00 ID:CWYB2U680
ちなつ「結局さ あかりちゃんはどうしたいわけ?」もくもく

あかり「どう って?」もくもく

ちなつ「私に冷たくしたり優しくしたりさ」もくもく

あかり「そんなことしてないよー」もくもく

ちなつ「でも、私はそう感じたよ」もくもく


綾乃「あの二人は突然何なの歳納さん」ヒソヒソ
京子「知らないよ 私が聞きたいわ」ヒソヒソ

向日葵「櫻子……あなたは黙ってなさい」ヒソヒソ
櫻子「」ングググ!!


あかり「前に言ったけど『いろんなちなつちゃんを知りたい』んだよ」もくもく

ちなつ「……」

あかり「……」

ちなつ「……信用出来ないよ あかりちゃん」

あかり「そっかー……」

204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 03:09:45.00 ID:CWYB2U680
あかり「ふふふっ 嬉しいなぁ」もくもく

ちなつ「……?」もくもく

あかり「ちなつちゃんがそんなにあかりのこと考えてくれてたなんて知らなかったよぉ」もくもく

ちなつ「ついさっきまで私も知らなかったから当然よ」もくもく


あかり「ちなつちゃんはどうしたらあかりのこと、信じてくれる?」もくもく

ちなつ「……あかりちゃんの部屋に入れてくれたら」もくもく

あかり「それは……出来ないよ」もくもく

ちなつ「じゃあ私も無理」もくもく


あかり「これじゃ埒があかないよ……だから、ねぇ、ちなつちゃん」とんとん ぱさっ

ちなつ「……なぁに」もくもく

あかり「先にあかりを、信じさせて?」


ちゅっ

綾・千・京・結・向・櫻「!!??!!????」

ちなつ「!!!!!!」

205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 03:18:20.68 ID:CWYB2U680
ちなつ(!!!?????????)

あかり「えへへ」

ちなつ(!!???)

あかり「えへ……へ」


ともこ『優しくしてあげなさい』


ちなつ(そう、だよね ここで逃げちゃ、ダメなんだね)


あかり「あ、みんなごめんね ……あかりはちょっとトイレ行ってくるね」

ちなつ「待って!!」


ガッ ぢううう


綾・千・京・結・向・櫻「!!??!!??!???!!!??!!!!????????」

あかり「!!」

211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 03:33:59.48 ID:CWYB2U680
あかり「……」

ちなつ「……」

綾・千・京・結・向・櫻「……」ソワソワソワソワ


あかり「なんで?」

ちなつ「わかんない でも、体が動いた」

あかり「……そっか」

ちなつ「あかりちゃんのこと、もっと教えてよ」

あかり「……」

ちなつ「……」

あかり「いいよ」ニコッ


ちなつ「じゃあそういうわけなんで お先に失礼します♪」

あかり「また明日ねー」
ガララ バタン



綾・千・京・結・向・櫻「……ふぅ」

217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 03:54:26.26 ID:CWYB2U680
あかり「ちなつちゃんと二人きりで帰るのって初めてじゃない?」

ちなつ「そーいえばそうかも」


あかり「ちなつちゃんがキスし返してきたときはどうしようかと思ったよー」

ちなつ「……逆にしなかったらどうするつもりだったの?」

あかり「たぶんお家に帰ってた」

ちなつ「それから?」

あかり「それから後のことは そのとき考えるよー」

ちなつ「はぁ……キスしてよかった」

あかり「あはっ なにそれー」

220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 04:05:52.68 ID:CWYB2U680
あかり「ついたよー」

ガチャ

あかり「ただいまー」
ちなつ「おじゃましまーす」

バタン ガチャリ

ちなつ「!」


あかり「ねぇ、ちなつちゃん」

ちなつ「……なに?」

あかり「今なら誰も聞いてないから改めて聞くね」


あかり「なんでキスしたの?」



あかり「同情かな?義務感かな?それとも好奇心?恋愛感情じゃないよね?」

ちなつ「なによ……それ」 ぽろ


ちなつ「あかりちゃんの方が信用してくれてないじゃない!!」
バシン

227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 04:25:44.49 ID:CWYB2U680
あかり「……痛いよちなつちゃん」

ちなつ「当たり前でしょ! 痛くしてるんだから!」ぽろぽろ

あかり「……」

ちなつ「わかんないよ! 私のこともあかりのことも! こんなに伝えたいのに!」ぽろぽろぽろ

あかり「……」

ちなつ「後はもう、私があかりちゃんに伝えられるのなんて、痛みだけだよ……」ぽろぽろぽろぽろ

あかり「……ちなつちゃん」 ギュッ

ちなつ「やめてよ!」バッ

あかり「!」

ちなつ「いま、同情したでしょう? うん、わかったよあかりちゃん 同情されるのはムカつく」

あかり「そうだね……ごめんね」

ちなつ「まずはあかりちゃんの部屋を見せて 話はそれから」

あかり「……わかった」

228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 04:26:15.89 ID:CWYB2U680
ちゃうねん 黙ってると落ちそうやねん

232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 04:42:46.35 ID:CWYB2U680
あかり「ここだよ」

ガチャ パチッ

ちなつ「なんだ、普通の部屋じゃない……」

ちなつ「と、言いたいところだけどなにこれ」

あかり「あかりの部屋、兼仕事部屋 だよ」

ちなつ「へぇ、そうなの」

キョロキョロ
ちなつ「あかりちゃんの部屋って確かにちょっと広いけどそれ以上に物が多すぎ」

ちなつ「あれは背景の板? それからよくわかんないものと……ベッドの上の制服、これ何処の?」

あかり「七森中の制服なんだ それ」

ちなつ「どこの学校よ 聞いたことないわ ……それからなんだか机の上も魔窟になってるし」

あかり「作業スペースはちゃんと確保してあるんだよ?」

ちなつ「はぁ、あかりちゃんの部屋がこんな汚いなんて思ってもみなかった」


あかり「がっかりした?」

ちなつ「まだまだ全然、もっと教えて?」

235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 05:02:01.22 ID:CWYB2U680
ガサゴソガサゴソガサゴソ

あかり「あわわ ちなつちゃんそれ以上部屋を荒らさないで! 元に戻すの大変なんだからぁ」

ちなつ「はいはい あとはそうね……仕事って何?」

あかり「えへへ 仕事、なんて言ったら偉そうだけどね はいこれ」

ちなつ「……漫画?」

あかり「そう、ゆるゆり」

ちなつ「あかりちゃんが描いたの?」

あかり「ううん まさか、あかりはそんなに絵が上手じゃないし、漫画描くほどたくさん時間取れないよ」

ちなつ「じゃあ、あかりちゃんの仕事ってなんなの?」

あかり「原作……でもないかな 強いて言えば、原案?」

ちなつ「? よくわかんない けど、読んでいい?」

あかり「駄目だったら手渡さないよ」

ちなつ「それもそうだよね」バフッ
バフッ
あかり「あかりの部屋で、あかりのベッドの上で、あかりが隣に居るのに誰かに読まれるなんて思ってなかったなぁ」

265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 11:08:03.75 ID:CWYB2U680
パタン
ちなつ「はい、読み終わった」

あかり「読まれちゃった」

ちなつ「なるほどね 性格とかいろいろ、まるで私達みたいじゃない これ」

あかり「うん、そうなんだ それを大体私が考えたんだよ 引いた……よね えへへ」

ちなつ「なんで愛想笑いするのよ」

あかり「だって……」

ちなつ「あかりちゃん……」

あかり「……」

ちなつ「私は……いいよ 気にしない これからもあかりちゃんと友達だよ」

あかり「ちなつちゃん、優しいね」

ちなつ「言っとくけど同情じゃないからね」

あかり「うん……うん」

ちなつ「私の気持ちはやっぱりよくわかんないけど しょうがないよね だって」

あかり「……?」

ちなつ「私はまだ、恋をしたこともないし」

268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 11:23:27.79 ID:CWYB2U680
あかり「そっか それもそうだよね 恋なんてわからないよね」

ちなつ「うん だから、私とあかりちゃんは友達 ちょっとトクベツだけど」

あかり「トクベツかぁ」

ちなつ「いいでしょ?」

あかり「いいね」

ちなつ「きっと私の気持ちの答えを知るにはもっといろいろ知らなきゃいけないと思う」

あかり「うん あかりのこと、もっと教えてあげるね」

ちなつ「ありがとうあかりちゃん」

269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 11:31:06.02 ID:CWYB2U680
ちなつ「ところで、こんなの絶対いつかバレると思うんだけど どうしてそんな隠してるの?」

あかり「だって、こんなこと考えてるってバレたら いじめられちゃうよ」

ちなつ「そんなこと……」

あかり「あるよ たぶん あのねちなつちゃん……あかり、怖かったんだ」

ちなつ「……」

あかり「皆から無視されたり、机に落書きされたりとか、そういうのを想像して 怯えてた」

ちなつ「……」

あかり「この話ね ちょっと長いよ」

ちなつ「全然問題ないから 私は今日、あかりと話をするためにここに来たんだもん」

276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 11:54:07.73 ID:CWYB2U680
あかり「今思い出したんだけどね どうしてこんなこと始めたのかって」

あかり「あかりはね 寂しかったんだ お母さんが死んじゃって お父さんが忙しくなって」

あかり「でもそれはお姉ちゃんも一緒なんだってわかってたから お姉ちゃんにも甘えられなくて」

あかり「だから最初はいっぱい、いーっぱいお姉ちゃんに可愛がってもらうあかりを想像して お話を書いてたの」

あかり「それから結衣ちゃんや京子ちゃんの二人にも想像の中で甘えて」

あかり「だんだん二人も寂しいかなって勝手に思って それも想像して」

あかり「そうやって過ごして中学校に入る直前くらいだったかな」

あかり「かわいいクラゲバッチをしたカウンセラーの先生にね お話を書いてたノートを見られちゃったの」

あかり「先生はよくわかんないけどすごい人でね あかりの話を見て あっという間に漫画にしちゃってね」

あかり「それから最近アニメ化もされたんだよ!」

あかり「原案くらいしか考えてないし中学生が働いてるってバレたらきっと怒られちゃうし」

あかり「何より、名前を出さなければあかりが書いたってバレないから 全部先生がやってることになってるんだ」


あかり「……ってちなつちゃん寝てる!?」

ちなつ「冗談よ」ムクリ

あかり「もー」プンスカ

279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 12:07:26.95 ID:CWYB2U680
ちなつ「だいたいわかった」

あかり「そっか 聞いてくれてありがとう」



ちなつ「あかりちゃん!」ダキッ

あかり「ちなつ……ちゃん」ナデナデ

ちなつ「……」

あかり「今なら素直に甘えられる気がするよ」ナデナデ

ちなつ「なんか私が甘えてるみたいだけどね」

あかり「ふふっ」

285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 12:22:03.04 ID:CWYB2U680
ちなつ「あかりちゃん的には私って腹黒で結衣先輩が大好きであかりちゃんのファーストキスを奪っちゃうイメージなんだよね」スリスリ

あかり「うっ……ごめんね」

ちなつ「ファーストキス……奪っちゃったね」

あかり「本当にそうなるなんて思ってもみなかったよ」

ちなつ「あとそれから、腹黒もちょっと合ってるかな」

あかり「そうなの?」

ちなつ「あかりちゃんのこと全部知らないと信用出来なかったんだもん ね?」

あかり「そんなことないよ ちなつちゃんはいい子だよ」

ちなつ「きっと私達よく似てるんと思うの」

あかり「えー あかりは腹黒じゃないよー」

ちなつ「さっきいい子って言ったよね!?」

あかり「えへへ」
ちなつ「ふふっ」


ちゅっ

あかり「友達のキスだね」
ちなつ「友達のキスだよ」

291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 12:31:44.31 ID:CWYB2U680
あかり「それじゃあまたね!」

ちなつ「また明日!!」






ちなつ「ただいまー」

ともこ「おかえりちなつ」

ちなつ「あれお姉ちゃん?」

ともこ「今日はたまたま休講が出たの」

ちなつ「ふーん そうなんだぁ」

ともこ「嬉しそうね なにかあった?」

ちなつ「ヒ・ミ・ツ」バキューン

ともこ「なぁにそのポーズ」クスクス

ちなつ「教えてあげなーい」



ともこ「きっと上手くいったのね……よかった」

299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 12:53:15.71 ID:CWYB2U680
あかり(あかりの小さな秘密はバレちゃった)

あかり(あんなに必死に守ってきたのに、お姉ちゃんにも秘密だったのに……でも、後悔はしてないよ)

あかり(もう、素直になっていいんだよね)

あかり(ありがとう ちなつちゃん)



あかり「おねーちゃん」

あかね「あら、どうしたのあかり」

あかり「お姉ちゃん大好き!!」ダキッ

あかね「!!」

あかり「……」

あかね「あかり……」

あかり「っ……ごめ
あかね「ううん いいのよ お姉ちゃんもあかりのこと好きよ 大切な妹だもの」

あかり「うん……うん……」ぽろぽろ

302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 13:01:18.85 ID:CWYB2U680
ちなつ「あかりちゃんおはよー」

あかり「あ、おはよーちなつちゃん」

京子「おはよーっと」

結衣「おはようちなつちゃん」

ちなつ「おはようございます京子先輩結衣先輩!」

ちなつ(昨日あんなところ見られちゃってたけど、なんだかいつも通りね)

304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 13:06:32.93 ID:CWYB2U680
あかり「おはよー櫻子ちゃんたちー」

櫻子「お、おう! おはよう!!」

向日葵「……おはようございますわ」

ちなつ「おはよう向日葵ちゃん」

向日葵「吉川さんちょっと」クイクイ

ちなつ「?」

向日葵「昨日のことは誰にも言っていませんわ 櫻子にも口止めしてあります」

ちなつ「……そっか、ありがとう」

306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 13:12:15.51 ID:CWYB2U680
あかり「今日はちょっとドキドキしながら学校に来たけど皆いつも通りでよかったよぉ」

ちなつ「……そうね」

あかり「?」

ちなつ「ううん なんでもない 私の考えすぎよ」

309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 13:27:55.99 ID:CWYB2U680
京子「今日の部活は中止でーす」

あかり「えーっ?」

ちなつ「なんでですか!?」

結衣「……」

京子「わかってるくせにー このこのー」

あかり「あっ」

京子「というわけで! 今日は緊急座談会!! あかりに聞く を開催したいと思います!! どんどんぱふぱふ」パチパチ

結衣「……」パチパチパチパチ

315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 13:49:43.73 ID:CWYB2U680
京子「それじゃあ早速始めたいと思うわけですが 昨日のアレはなに!?」

ちなつ「あ、あれはですね!!」

京子「ほうほう……いきなり険悪な雰囲気になったかと思いきやいきなりキスをしてそのまま出ていってしまう」

結衣「……」

京子「どうしたのやらと思っていたら今朝は普段通り もはやただの喧嘩いうよりは痴話喧嘩にしか見えないアレの真相やいかに!!」

結衣「……京子ちょっと煽りすぎ」

あかり「あかりがね、ちょっと酷いことしちゃったの」

結衣「それで?」

あかり「それでよくわかんないけど勢いであかりのお家に一緒に行って仲直りしたの」

京子「……そっか」

あかり「ちゃんと仲直りしたから、これまで通りで大丈夫だよ」ニコッ

結衣「言われなくってもそのつもりだよ」

ちなつ「結衣先輩……」

京子「まぁ、それならよし! 私としては茶道部の中で険悪なムードのまんまじゃ困るから聞いてみただけだから!」

あかり「京子ちゃん……」

322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 14:03:34.46 ID:CWYB2U680
京子「さ・て・とー」

あかり(京子ちゃんの目がすっごく輝いてるよぉ……)

京子「それで結局、どこまでいったの?」

あかり「え、えぇぇ!? 今ので話し終わりじゃないの!?」

京子「だってー昨日のキスは意味深すぎるよー いくら私や結衣にそっちのケはないからって気にならないわけがない!」

結衣「……」

あかり「そ、それはその……」

ちなつ「キスまではしました」

あかり「ちなつちゃん!?」

ちなつ「友達のキス でしょ?」

京子「ちぇーっ なーんだそっか 私はてっきりあかりはそっちの趣味だと思ってたんだけどなぁ」

あかり「京子ちゃん!?」

京子「いやだって ほらー あの漫画」

あかり「えっ」

結衣「……?」

328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 14:13:30.51 ID:CWYB2U680
あかり「知ってたの?」

京子「アニメは見れる分の一話目くらい全部チェックするよそりゃー アレは気づかないワケがない」

あかり「……」

京子「ま、私の中で誰が描いてたのか確定したのはちなつちゃんの話聞いてからだったんだけどね」

京子「そして今、あかりの反応がすべてを物語っているわけです」

結衣「京子……何の話だ?」

京子「『こういうことは本人から聞いた方がいいよ』 ね? あかり」

あかり「京子ちゃん……知ってたんだ……うん わかった 結衣ちゃんだけ知らないのは不公平だもんね」

333: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 14:40:59.79 ID:CWYB2U680
結衣「教えて、あかり」

あかり「あかりね 漫画の原作やってるの……原作っていうか原案?」

京子「なんだなもりじゃないんだ」

あかり「先生はサイン会とかやってるからわかってたでしょ京子ちゃん」

京子「まぁねー 言ってみただけ―」

結衣「……ただの漫画だったら 隠さないよな? きっと私達にくらいはこっそり教えてくれるはずだ」

あかり「うん……そうだね さすが結衣ちゃん」

ちなつ「二人とも……」

あかり「なんていうか その 女の子同士の友情っていうか その ゆるゆりっていうのなんだけど」

結衣「ゆるゆり……」

あかり「気持ち悪い……よね」

結衣「……」

337: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 14:57:06.70 ID:CWYB2U680
結衣「あかりはときどき変に自虐的だよな」ぽんっ ナデナデ

あかり「結衣……ちゃん」

結衣「正直に言えば、かなり驚いた 私は全然気が付かなかったよ」

あかり「あかりがそーいう目で皆を見てることは頑張って隠してたもん」

結衣「ん……そっか」

あかり「ごめんね」

結衣「謝らないでくれよ」

あかり「……」

結衣「なんていうのかな……その友達だから 今までも、これからも」

あかり「ありがとう」

339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 15:08:07.86 ID:CWYB2U680
あかり「それじゃっ ばいばーい!!」

京子「またなー」

ちなつ「また明日ー」

結衣「また明日」





結衣「京子……」

348: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 15:37:16.96 ID:CWYB2U680
あかり「櫻子ちゃん向日葵ちゃんおはよー!」

ガラッ

ザワッ

あかり「……?」

ちなつ「どうしたのあかりちゃん」

ヒソヒソ

ちなつ「……?」

向日葵「ちょっと吉川さん」チョイチョイ

ちなつ「なにがあったの……?」

向日葵「先に言っておきますけど、私でも、櫻子でもないですわよ」

あかり「なんだか皆からの視線を感じるよ」

向日葵「これが後ろのロッカーの上に……」

あかり「!!」

櫻子「なんていうかそれ……丸っきり私たちみたいで」

向日葵「誰が描いてるのかとか、よくわからないんですけど正直これは……」

356: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 15:53:16.53 ID:CWYB2U680
あかり(……)

あかり「ちょっと見せてもらってもいいかな?」

向日葵「え、えぇどうぞ」

あかり「……わぁ ほんとにあかりたちが漫画になってるみたい」パラ パラ

あかり「しかもこれ、あかりとちなつちゃんがキスしてるー」

向日葵「赤座さん……」


ちなつ(あかりちゃん……)

ちなつ「悪いんだけど向日葵ちゃん もうちょっと詳しく教えて」

向日葵「えあ、はい わかりましたわ 私にも何が何だかさっぱりなんですけれど」

ちなつ「状況だけでいいから」

向日葵「朝学校に来ましたら 妙に教室がざわついていたので聞いてみたら この漫画が」

あかり「……」

向日葵「教室の空気はいまのところ他人の空似? か 赤座さんたちかわいそう くらいですわ」

櫻子「そーそー だから気にすんなって!!」

363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 16:03:50.31 ID:CWYB2U680
向日葵「まぁ うちは女子校ですから この手のネタにはそれほど抵抗はないと思います」

向日葵「だから大したことにはならないと思うのですが……しばらくは噂の種になるかと」

櫻子「大丈夫大丈夫 気にすんなって!!」

向日葵「……櫻子あなたバカですの?」

櫻子「馬鹿とはなんだ馬鹿とは!! 私は一生懸命励ましてるだけだろー!!」

あかり「ありがとう 櫻子ちゃん向日葵ちゃん」

371: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 16:29:36.72 ID:CWYB2U680
あかり「……」

ちなつ「あかりちゃん」

あかり「あ、ちなつちゃんかぁ……ううん、大丈夫だよ?」

ちなつ「もう……あかりちゃんはほんとしょうがないなぁ 友達でしょ? つらかったら言ってよ」

あかり「……」

ちなつ「……」

あかり「あのね 最近はちなつちゃんや京子ちゃん結衣ちゃんにあかりの駄目なところ受け入れてもらったでしょ?」

ちなつ「駄目じゃないよ」

あかり「いいんだよちなつちゃん ……今日は忘れてたことをちょっと思い出しただけだから」

ちなつ「……」

あかり「あかりはやっぱり変なんだなって」

ちなつ「バカ」

あかり「……優しいね」

ちなつ「そうしようって決めたから」

あかり「そっか」

376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 16:47:23.14 ID:CWYB2U680
ちなつ(それにしても、誰がやったんだろう)

ちなつ(向日葵ちゃんと櫻子ちゃんは違うって言ってたし、そもそも漫画のことは知らなかったはず)

ちなつ(あと、私とあかりちゃんのキスを見たのは先輩たちだけど)

ちなつ(同じ理由で杉浦先輩と池田先輩も違う)

ちなつ(一緒に登校してきた京子先輩結衣先輩も私たちを先回りしてダッシュでおいてくれば……)

ちなつ(それじゃタイミング的に遅すぎるから無理)

ちなつ(全員怪しい気もするし……全員怪しくない気もする)

ちなつ「もうっ」

あかり「どうしたの? ちなつちゃん」

ちなつ「……ううん、なんでもない」

あかり「さっきあかりに言ったこと」

ちなつ「ほんとにたいしたことじゃないから 気にしないで」

あかり「……そこまで言うなら 聞かないけど」ムスー

ちなつ「困ったときは頼るから♪」

あかり「ちなつちゃんってばずるいなぁ」

379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 16:59:32.72 ID:CWYB2U680
ちなつ「ただいまー」

ちなつ(あれから直接からかってくる人は居なかったけど)

ちなつ(好奇心丸出しの視線はずっと感じた)

ちなつ(あかりちゃんつらいだろうな……罪悪感と恥ずかしさのダブルパンチだもんね)

ちなつ(冷静に考えれば犯人は私の知り合いとも限らないんだよね……普通に売ってるものだし)

ちなつ(考えるだけ無駄 かなぁ)

382: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 17:10:05.89 ID:CWYB2U680
あかり(京子ちゃんや結衣ちゃんに今日の話は出来なかったなぁ)

あかり(そのうち伝わっちゃうかもしれないけど 今はごめんね)

あかり(……ちなつちゃん)

あかり(最近はなんだかずっとちなつちゃんのことばっかり)

あかり(噂になってもしょうがないかな ごめんねちなつちゃん ごめんね……ごめんなさい)

385: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 17:14:57.23 ID:CWYB2U680
※登場人物は全員20歳以上です  女子校生です  TMA

397: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 17:30:50.29 ID:CWYB2U680
あかり「ちなつちゃんまってー!!」タタタ

ちなつ「次理科室だから早く移動しないといけないのにぼーっとしてるあかりちゃんが悪いんだからね」スタスタスタ


生徒1「あっ 見てみて あの子たちが噂の……」

生徒2「かわいー いいよねぇ ねぇ私たちもさー」

生徒1「もー 冗談はやめてよー」

クスクスクスクス


あかり「……」

ちなつ「行こっ」 ガシッ

あかり「あっ」

402: ここまで平和だった方が珍しかったってことで 2012/09/20(木) 17:36:31.44 ID:CWYB2U680
あかり「ちなつちゃん」 スタスタ

ちなつ「なに」スタスタ

あかり「あかり、やっぱりしばらくちなつちゃんとは」スタスタ

ちなつ「だめ」スタスタ

あかり「……」スタスタ


あかり(ちなつちゃんにとってあかりって何なんだろう)

409: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 17:46:11.86 ID:CWYB2U680
ちなつ(あれからもう二週間は経ったけど、あれ以外には何もなかった)

ちなつ(だから犯人はわからないまま)

ちなつ(それと、私たちの関係についての噂は広まるばっかりで)

ちなつ(私たち以外にも……私たちは違うけど、そーいう人たちが出始めてるって噂を聞いたりもしてる)

ちなつ(学校がピンク色ね)


あかり「わぁい酢酸オルセイン溶液 あかり酢酸オルセイン溶液大好げほっ」

ちなつ(あかりちゃんは気にしてるんだか気にしてないんだか……)

あかり「すっぱいよぉ……」

416: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 17:54:25.50 ID:CWYB2U680
カーミンはちょっと強いから中1じゃ使わないと思うよ

419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 18:02:17.22 ID:CWYB2U680
あかり・ちなつ・京子・結衣「ありがとうございました」


ちなつ(先輩たちもとっくに話は聞いてるとおもうけど、特に何も言ってこないのよね)

ちなつ(私とあかりちゃんが付き合ってるとか、そんな感じのことだけしか聞いてないのかもしれないし)

京子「……暇だなー」

結衣「そうだ京子、けん玉とかは? 押入れに入ってるぞ」

京子「けん玉ー……パス」

結衣「そ、そっか……じゃあお手玉とか!」

京子「茶道部らしいおもちゃしかないねぇ」

あかり「京子ちゃん 茶道部はおもちゃがある部活じゃないよ」

ちなつ(……今日も茶道部に変化なし と)

423: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 18:07:02.58 ID:CWYB2U680
あかり「また明日ねー」

ちなつ「おつかれさまでーす」

京子「おー おつかれー」

結衣「また明日― さ、京子 帰ろう」

425: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 18:08:23.75 ID:CWYB2U680
京子「……つまんねぇなー」
ピロロロン
京子「……」めるめる

京子「ほんとつまんねー」ピッ
ピロロン
京子「……」めるめる

京子「どうしちゃったんだよ」ピッ
ピロロン
京子「……」めるめ

京子「……」

京子「寝よ」

432: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 18:24:01.30 ID:CWYB2U680
京子「おはよー」

綾乃「あら、歳納さん おはよう」

結衣「おはよう」

千歳「おはよーさん」

綾乃「歳納さんなんか元気ないわねー どうかしたの?」

京子「んー まーねー」

結衣「そうなのか京子? 無理すんなよ」

京子「……」

京子「あー結衣? 心配しないでいいから 大丈夫大丈夫」

結衣「わかったよ」

千歳(なんやろなー)



千歳「そういえばなー 噂で聞いてんねんけど隣のクラスの生徒2さんと生徒3さんがなー」

437: 池田繋がり 2012/09/20(木) 18:40:37.34 ID:CWYB2U680
ガラッ
綾乃「古谷さんも大室さんも 今日も早いわねー」

千歳「ごくろうさん」

櫻子「そんなことないですよー」エッヘン

向日葵「一年生の仕事ですから」


千歳「せや、古谷さんちょっと」

向日葵「はい、なんでしょうか」

千歳「二人だけの内緒な 最近ちょっと歳納さん元気ないねん 原因を赤座さんか吉川さんに聞いてほしいんけど」

向日葵「……船見先輩に聞けばよろしいのでは?」

千歳「あのなー ウチはその船見先輩が原因なような気がしとんねん」

向日葵「私にしていい話ですの? それ」

千歳「これでも古谷さんのことは信用してるさかい」

向日葵「……わかりましたわ 出来るだけこっそり聞いてみます」


櫻子「おーおーなんだ向日葵ばっかり!!」

向日葵「……はぁ、櫻子には教えてあげませんわ」

447: 19:00-00:00保守目安 5分 2012/09/20(木) 18:58:58.63 ID:CWYB2U680
向日葵「あら、今日は早いんですのね おはようございますわ 赤座さんに吉川さん」

櫻子「おっはよー!」

あかり「おはよー向日葵ちゃん櫻子ちゃん」

ちなつ「おはよー」


向日葵「吉川さん」クイックイッ

あかり(向日葵ちゃんってよくちなつちゃんのこと……)

456: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 19:10:27.45 ID:CWYB2U680
ちなつ「なぁに?」

向日葵「歳納先輩のことなんですけれど」

ちなつ「京子先輩がどうかしたの?」

向日葵「この前お見かけしたとき、なんだか全然元気がありませんでしたわ 何かありましたの?」

ちなつ「えっ、京子先輩が?」

向日葵「しっ、静かに…… 知らないのであれば、仕方がありませんわ ただちょっと注意して見て欲しいんですの」

ちなつ「……わかった」


ちなつ(京子先輩が……気が付かなかった)

ちなつ(変な人だけど、大切な先輩だし 心配よね)

ちなつ(私でわかる範囲だとやっぱりあかりちゃんの……)

ちなつ(まさかね いつもの考えすぎよちーな)


あかり「ねぇちなつちゃん さっき何の話してたの?」

ちなつ「あっ、あかりちゃん!? えっと、大したことじゃないから」

あかり「……そっか、じゃあ聞かないでおくね」

466: そして1000までに完結しない 2012/09/20(木) 19:27:41.29 ID:CWYB2U680
あかり「お休みの日にみんなでお出かけするのなんてすごい久しぶりな気がするよぉ」

結衣「新学期始まってからはなんだか忙しかったしな」

京子「もうあっちこっち行きすぎてつーかーれーたー」

ちなつ「まぁまぁ京子先輩 みんなのいろんな趣味のお店が見れて楽しかったじゃないですか」

あかり(ちなつちゃんだけ違いすぎる……なんて言えないよね……)

京子「まーねー」

ちなつ(それにしても……あれから結構京子先輩を見てるけど 私にはよくわかんないや)

470: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 19:34:43.08 ID:CWYB2U680
京子「休憩しない? 休憩!」

ちなつ「京子先輩 ココらへんで休憩できそうなお店はなさそうなのでもうちょっと頑張ってください」

結衣「しょうがないなぁ おんぶしてやろうか」

京子「……おんぶ?」

結衣「疲れてるんだろ? ほら」

京子「……」

結衣「……どうした京子?」

京子「……結衣」

結衣「なんだ?」

京子「バカにしないで!!」 スタスタスタ

結衣「!! おい!」

あかり「あわ、あわわわ京子ちゃん!?」

ちなつ(……やっとわかった こういうことね)

478: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 19:44:45.00 ID:CWYB2U680
ちなつ(あのあと京子先輩は一人で帰っちゃうし、結衣先輩はずっと泣いて動こうとしないし)

ちなつ(ほんともうあの人達は……)

ちなつ(なんか京子先輩のリアクション見たらわかっちゃった)

ちなつ(結衣先輩は京子先輩に対して必死っていうか……卑屈っていうか下僕っていうかとにかく、対等じゃなかった)

ちなつ(……思い返してみると結構前から 結衣先輩の態度ってそうだった気がする)

ちなつ(原因はきっと、ゆるゆりよね……結衣先輩が何を考えてあんな風になったのかはよくわからないけど)

ちなつ(……)

ちなつ(私もあかりちゃんに同じことされたらムカつくだろうなぁ)


ちなつ(ここは愛のキューピッドちーなが、頑張るべきかな 向日葵ちゃんにもお願いされてるし)

ちなつ(素直になれない二人のうち 京子先輩を諭すか、結衣先輩をたしなめるか)

ちなつ(どっちにしようかな……)

492: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 20:05:58.45 ID:CWYB2U680
ちなつ「……よし」

ゆっりっゆっららららゆる

京子『もしもしー』

ちなつ「ちなつです こんばんは」

京子『おーちなっちゃーん 今日はごめんねー』

ちなつ「いえ、気にしないでください」


京子『それでどったの?』

ちなつ「はぁ……先輩? 私がなんで電話かけてるのかほんとにわからないんですか?」

京子『エスパーじゃないからね 口に出してもらわないとわかんないよ』

ちなつ「……なんだ、わかってるじゃないですか」

京子『……』

ちなつ「怒ってるんでしょう? なら、その気持ちをちゃんと伝えましょうよ!」

ちなつ「なんで結衣先輩があんな京子先輩に媚びるような態度とるか理由聞きましたか!?」

京子『あはは……ちなっちゃんそこまでお見通しか 参ったねこりゃ……』

ちなつ「明日ちゃんと部活来てくださいね 待ってますから それじゃ」 プツッ

496: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 20:13:15.59 ID:CWYB2U680
ちなつ(結局結衣先輩には電話出来なかった……ちーなのばかぁ)

ちなつ(なんか下手するともう学校来てくれなくなりそうな気がしたんだもん……)

ちなつ「はぁ……」

あかり「ちなつちゃん 大丈夫?」

ちなつ「ん、へぇ?」

あかり「昨日のことなら大丈夫だよちなつちゃん きっと京子ちゃんと結衣ちゃんはちゃんと仲直り出来るよ!」

ちなつ「……」

ちなつ「あかりちゃんってほんと……」

あかり「な、なに?」

ちなつ「なんでもない」

あかり「……」

499: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 20:18:40.13 ID:CWYB2U680
本編ゆるゆりだはこんなごちゃごちゃしてませんよ

502: \アッカネーン/ 2012/09/20(木) 20:23:45.39 ID:CWYB2U680
あかり「おっ掃除♪おっ掃除♪おっ掃除のじっかん♪」

ちなつ「あかりちゃん、任せたよ!」

あかり「えっ?」

ちなつ「ごめんっ」

あかり「サボっちゃだめだよー!」







ちなつ「たぶんここは通るよね……」




506: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 20:35:28.88 ID:CWYB2U680
ちなつ「……」

結衣「どうしたのちなつちゃん そんなところで仁王立ちして」

ちなつ「結衣先輩を待ってました そんなことより結衣先輩こそ 掃除の時間に校門からどこへ行くんですか?」

結衣「家へ帰るんだよ」

ちなつ「駄目です」

結衣「どいてくれないかな」

ちなつ「人の話聞いてます?」

結衣「私が帰ろうが、別に、ちなつちゃんには関係無いだろ」

ちなつ「……はい?」ダンッ

結衣「!」ビクッ

ちなつ「オオアリですよ!! そんなだから京子先輩にも愛想つかされるんですよ!!」

結衣「……」

ちなつ「いいですか!? 私は茶道部なんです! それから結衣先輩も! これでも関係ないって言うんですか!!」

ちなつ「よく聞いてください! 『私としては茶道部の中が険悪なムードのまんまじゃ困る』んです!!」

結衣「……ははっ そういえば、そんなこと京子が言ってたな ……わかったよ」

515: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 20:49:10.24 ID:CWYB2U680
ガラッ スッ

あかり「ちなつちゃん掃除さぼるなんてひどーい あ、結衣ちゃん……って京子ちゃんはまだ?」

ちなつ「ごめんねあかりちゃん」

結衣「……」

ガラッ スッ

京子「おーっすみんなー」

ちなつ「待ってましたよ、京子先輩」

あかり「ちゃんとみんな揃ったねー」ニコニコ



京子「……」

結衣「……」



あかり「まだ仲直りしてないのかなぁ……」

ちなつ「あかりちゃんちょっと黙ってて」

523: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 20:59:03.36 ID:CWYB2U680
京子「ねぇ結衣 あかりたちは居てもいい?」

結衣「……」チラッ


あかり「出てったほうがいいかな……」ヒソ
ちなつ「それを決めるのは結衣先輩よ」ヒソ


結衣「……」

京子「……」

結衣「あかりにちなつちゃん 悪いんだけど」

あかり(やっぱり出ていったほうがいいよね)

結衣「居てくれるかな?」

あかり(えっ居ていいの? ……それってどういう意味!?)

結衣「二人にも聞いて欲しいし」

534: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 21:18:22.38 ID:CWYB2U680
京子「結衣、私たちはもっと正直になるべきだと思う」

結衣「なんかその台詞、アメリカのドラマみたいだな」

京子「茶化さないで お願い」

結衣「……うん」

京子「私、怒ってる」

結衣「ごめん」

京子「けどね、私にも悪いところがあったんだと思う」

結衣「……」

京子「だから、まず私の話を聞いて なんで怒ってるのか」

結衣「それは……」

京子「いいから、聞いて きっとわかってるつもりでも 言葉にしなきゃわからないんだよ」

結衣「……わかった」

540: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 21:34:48.69 ID:CWYB2U680
京子「昔のこと 覚えてるかな 私たちが小さかったころのこと」

結衣「あぁ、結構覚えてる」

京子「自分で言うのも恥ずかしいけど、私、いつも結衣の後ろに隠れてたよね」

結衣「……そうだったね」

京子「そのころはいつも思ってたんだ『結衣はかっこいいな』って」

結衣「……」

京子「憧れてた って言ってもいいかもしれない」

結衣「そう……だったんだ」

京子「中学校に入ってから結衣に怒られたりとかするのも 正直言って、ちょっと嬉しかった 私の好きな結衣なんだって」

結衣「……」

京子「だからさ 結衣から媚売られてるって感じたときはなんか無性に悲しくてさ」

京子「だんだん なんでそうなっちゃったのかわからない自分が悔しくて それから、そんなことする結衣が嫌で」

結衣「……」

京子「私からのお願いは一つ 私と対等で居て欲しい」

京子「それだけ 柄にもない感じでごめん さ、次は結衣の番だよ」

552: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 21:57:09.70 ID:CWYB2U680
結衣「京子は……ずるいなぁ」ぽろぽろ

京子「……泣かないで」

結衣「ごめん……」ぐいっ

京子「なんでも、全部、黙って聞くから」

結衣「わ、私さ 京子のことすす、好きなんだ その 親友じゃなくて、それ以上に」

京子「……顔、あげて 私を見て」

結衣「……京子はいつのまに、そんな強くなっちゃったんだろうなぁ」ぽろ

京子「……」ぐいっ

結衣「いつから京子のことが好きだったかなんてもう覚えてないけど」

結衣「それがもう絶対確実なものになったのはあかりとちなつちゃんのキスを見た時だったかな」

あかり(!!)

結衣「なんかいいんだな って思って……あぁ、いやごめん 京子が聞きたいのはこんな話じゃないよね」

京子「いいよ 続けて」

563: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 22:23:57.07 ID:CWYB2U680
結衣「いいなって思ったけど、でも私には、京子に自分の気持ちを伝える勇気がなかった」

京子「……」

結衣「しかもそのあとの部活で『私や結衣にそっちのケはないから』なんて言われて もうどうしたらいいのかわかんなくなったんだ」

京子「……それでどうしたの」

結衣「あの後、現実逃避のためだったのかもしれないけど、その時話に出てたゆるゆりを全部読んだよ あかり、なかなか面白かったよ」

あかり「ど、どういたしまして」

結衣「それでふと、みんなこーいうのが好きになってくれれば、私も京子に告白しやすくなるかなって思っていろんな教室においてきた」

京子「……」
あかり(……)

結衣「あかりの教室には、あかりとちなつちゃんの噂が立つような巻を選んで置いたよ」

京子「……」

結衣「でもさ、そんな卑怯なことをしてもさ、それでも私は自信が持てなかったんだ」

京子「……」

結衣「だから私は、今度は京子に好きになってもらおうと思って京子に優しく……いや、甘やかそうとしたんだ 逆効果だったけどさ」

京子「……」

結衣「これで、全部だよ」

578: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 22:50:14.53 ID:CWYB2U680
京子「結衣、こんなこときっと言いたくなかったよね」

結衣「……うん、出来れば一生黙っていたかった 気持ちは隠して京子の友達で居たかったよ」

京子「……バカ」ぽろ

結衣「ごめん」

京子「バカ、バカ……」ぽろぽろ

結衣「うん……ごめん」

京子「バカ、バーカ、バァァァカ、結衣のバーーーーーーーーーッカ!!」ブワッ

結衣「……ごめん京子」ギュゥ


582: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 22:53:31.76 ID:CWYB2U680
京子「そんないじけた結衣なんて私知らない!」ギュゥ

結衣「そうだね」ギュゥ

京子「私は別に女の子同士の恋愛なんて興味ない!」

結衣「……そっか」

京子「でも! かっこいい結衣になら何されてもいい! 今、そう思った!!」ぽろ

結衣「ごめん……かっこいい結衣は、京子に恋をした瞬間居なくなっちゃったよ」

京子「でも! でも! 私は結衣が本当はかっこいいの知ってる!」 ぼろぼろ

結衣「そうだね……この恋を諦めたらまたかっこ良くなれるかな」ナデナデ

京子「そうじゃないよバカ! 今の結衣でも過去の結衣でも意味ないよ!!」 ぼろぼろぼろぼろ

バッ ぐいっ

結衣「っ!!」

京子「私は! 私のことが好きでしかもかっこいい 未来の結衣を待つことにする!!」

結衣「……」

京子「……」

結衣「……わかった ありがとう、京子」

585: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 22:55:11.01 ID:CWYB2U680
あかり「二人とも……よかった、よかったよぉ」グスッ

ちなつ「……そうだね」

あかり「……」ごしごし

ちなつ「……」

あかり「あかり、ちょっとトイレ行ってくるね」

ちなつ「いってらっしゃい」





あかり『あ、みんなごめんね ……あかりはちょっとトイレ行ってくるね』


ちなつ「……あ」


ちなつ「京子先輩!結衣先輩!私、失礼します!!」

結衣「え、あ、どこ行くの!?」

ちなつ「わかりません!!」

594: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 23:08:38.11 ID:CWYB2U680
あかり「……」


ちなつ「あかりちゃん」

ピクッ
あかり「あ、れ ちなつちゃん、どうしたの?」

ちなつ「あかりちゃんこそ、こんな校門前まで来て、トイレじゃないの?」

あかり「う、うん そうだよ トイレだよ」

ちなつ「……どこのトイレよ」

あかり「お家の……」

ちなつ「それで? 終わったらまた部室まで戻ってきてくれるわけ?」

あかり「あう……」

ちなつ「どうせそれから後のことはその時考えよう とか思ってたんでしょ」

あかり「……うん」

ちなつ「バレバレなんだから」

610: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 23:32:14.03 ID:CWYB2U680
ちなつ「正直、私には今なんであかりちゃんが逃げようとしてるのかわからないんだけど」

あかり「あれ、じゃあなんであかりがトイレに行かないのわかったの?」

ちなつ「だって、言い訳がいつも同じなんだもん」

あかり「……あは、あかりってばおっちょこちょい 記憶力にはちょっと自信があったんだけどなぁ」


ちなつ「そ・れ・で」

あかり「言わなきゃ、だめ?」

ちなつ「友達でしょ」

あかり「……うん、そうだね じゃぁ、あかりの家にまた来る?」

ちなつ「あかりちゃんがいいなら 喜んで」

614: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 23:45:17.98 ID:CWYB2U680
ガチャッ

あかり「ただいまー」
ちなつ「おじゃましまーす」

バタン

あかり「……」 トタタタタ

ガチャ
パチッ
バタン

あかり「この前見せたときより片付いてるでしょ?」

ちなつ「ほんと、特にベッドのまわりの衣装と小物と背景と全部片付いてる」

あかり「お姉ちゃんにバレないように片付けるの大変だったんだから!」

ちなつ「……まだ隠してるの?」

あかり「……うん」

ちなつ「ま、いいけどね この部屋は私とあかりちゃんだけの秘密ってのも悪くないし」


あかり「じゃぁ適当に座ってて、見せたいものがあるんだ」

ちなつ「うん」 ぼすっ

624: ◆ekwhW/g5ZZpd 2012/09/20(木) 23:54:19.01 ID:CWYB2U680
ガサゴソ

あかり「あった これこれ はい」

ちなつ「ノート?」

あかり「あかりの日記だよ」

ちなつ「なんで日記を見せるの?」

あかり「まぁいいから読んで読んで」

ちなつ「……」ぺら ぺら

あかり「……」

ちなつ「……」ぺら ぺら

~~~~~~~~~~

ちなつ「……はい、読み終わった」

あかり「途中で読むのやめても良かったんだよ?」

ちなつ「じゃあ途中で止めなさいよ」

あかり「えへへ……なんだかちなつちゃんが読んでくれるのが嬉しくって」

ちなつ「あっ、そ」

628: ◆ekwhW/g5ZZpd 2012/09/21(金) 00:05:03.43 ID:5TyvDJal0
あかり「ちなつちゃん、その日記見てどう思った?」

ちなつ「どうって……えーっと 結構細かく書いてるなーとか?」

あかり「うん、それもそうだね あかりの記憶力はこれで鍛えたからね」

ちなつ「他にもあるの……? えーっとなんだろ」ぺら ぺら

あかり「ちなつちゃん、最後まで読んでくれて嬉しかったな」

ちなつ「?」

あかり「正解はね その日しあわせだったこととか、良かったことしか書いてないの」

ちなつ「あ、ほんとだ」ぺら

あかり「日記で見せたかったのはそれだけ」

ちなつ「……?」

634: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 00:26:17.94 ID:5TyvDJal0
あかり「ふぅ」 ぼすっ

ちなつ「日記がつまり……何?」


あかり「あかりね、寂しかったんだ」

ちなつ「うん……知ってるよ」

あかり「だけどしあわせなことをたくさん集めたら、きっと寂しくなくなるかなって思って」

ちなつ「……」

あかり「ゆるゆりもそうなの その日にあったしあわせだなって思ったことを想像にして」

あかり「あかり、想像するの上手じゃないから本当にあったことをちょっと変えるだけだったけど」

あかり「とにかく 皆がしあわせになるように いっぱいお話の中だけのことを増やして しあわせも増やして」

ちなつ「そうだったね 大丈夫 ちゃんと覚えてるよ」

あかり「……」

ちなつ「あかりちゃん?」

あかり「でも、そうやって集めたしあわせで 誰が寂しくなくなったんだろうな って」

644: 寝てたのは内緒 2012/09/21(金) 00:55:12.21 ID:5TyvDJal0
あかり「今日の結衣ちゃんを見てて思ったんだ」

ちなつ「そっか……」

あかり「きっと結衣ちゃんはあかりのことは責めないと思う」

ちなつ「私もそう思うよ」

あかり「でもやっぱり、結衣ちゃんはあかりのせいで傷ついたんだよ」

あかり「どんなしあわせで、あったかいものを集めたつもりになっても誰かはいつか必ず傷ついちゃう」

ちなつ「? ……そ、そんな少しの可能性のこと言ったってキリがないよ」

あかり「その上あかりのこともしあわせにできないお話に意味なんてないんだよ」

ちなつ「……?」

あかり「だからもう、なんかいやになっちゃった」

ちなつ「……」イラッ

あかり「……」

ちなつ「あかりちゃん」

あかり「なぁに」

ちなつ「ぜんっぜん伝わってこないんだけど!?」

647: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 00:59:32.54 ID:5TyvDJal0
あかり「ひぇぇ」

ちなつ「私、あかりちゃんのことはよく知りたいと思うし、一番の親友としては理解してあげたいんだけど……」

ちなつ「もっとわかりやすく言ってくれない? ねぇ、あかりちゃん!」

あかり「ちなつちゃんってばすぐ怒る……」

ちなつ「しょうがないでしょ! あかりちゃんが煮え切れないんだから!!」

あかり「ほんとは、今日はちょっと愚痴を聞いてもらったらそれでおしまいにしようと思ってたんだけどなぁ」

ちなつ「こんな意味不明な愚痴聞かされて帰れるわけないでしょ」

あかり「うーん……」

ちなつ「頭の中が整理出来たら起こしてねっ」 ばふっ

655: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 01:30:18.60 ID:5TyvDJal0
あかり「あかりもねー……よくわかんないんだー」

ちなつ「整理できてから起こしてって言ったでしょ」

あかり「最近はずっとお話考えるのに夢中で、結衣ちゃんや京子ちゃんのこと、全然気が付いてなかった」

ちなつ「だから整……もう、しょうがないなぁ」

あかり「なんの為にお話考えてるのかわかんなくなっちゃったんだ」

ちなつ(えー……)

あかり「先生が待ってるからか、書いてる間だけは寂しくないからか、本当のことをちょっと忘れられるからか」

ちなつ(……)

あかり「とりあえず確かなのは、もう現実とは遠すぎて、あかりが後から読み返してもあんまり意味が無いことかなぁ」

ちなつ(……)

あかり「それでも読んで誰かがしあわせになってくれてるなら、それはいいかなって思ってたんだけど」

ちなつ(……)

あかり「よりによって結衣ちゃんを傷つけるきっかけになっちゃったし」

ちなつ(……)

あかり「なんだかもう、いいかなぁ って」

660: マングローブ 2012/09/21(金) 01:47:08.00 ID:5TyvDJal0
ちなつ(……)

あかり「ちなつちゃん?」

ちなつ(……あっ)

あかり「聞いてた?」

ちなつ「さ、さぁ もう一回やる気がなくなっちゃった理由を箇条書きで3つにまとめてみよう! はい、ひとーつ」

あかり「え、え? えーっと ・あかりがしあわせになるお話じゃなくなったから」

ちなつ「ふたーつ」

あかり「・誰かを傷つけるようなお話を書きたくないから」

ちなつ「みーっつ」

あかり「みっつ……みっつ目は……」

ちなつ「みーーーっつ」

あかり「……特に無し」

ちなつ「はい、以上で終了 合ってる?」

あかり「たぶん……あかりもいろいろあやふやになってきちゃった」

667: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 01:59:06.12 ID:5TyvDJal0
あかり「はぁ、何回も同じ事言わされて疲れちゃったよぉ」

ちなつ「あかりちゃんがよく考えないでふぃーりんぐで行動するのが悪いんでしょ」

あかり「そんなー」

ちなつ「あのね、あかりちゃん」

あかり「は、はい」

ちなつ「こんな何度も何度も何度も繰り返し考えなきゃいけないほどあいまーいな理由なんだから、きっと大したことないのよ」

あかり「……」

ちなつ「あかりちゃんがしあわせにならないお話が嫌なら、お話を変えればいいじゃない いいと思うよあかりちゃんハーレム」

あかり「簡単にいうね、ちなつちゃん……」

ちなつ「それから、誰かを傷つけるうんぬんはもう論外ね」

ちなつ「偉い人が言ってたわ 『生きてるだけでも誰かを傷つける』って だから、考えるだけ無駄 っていうか結衣先輩はほとんど自爆じゃない」

あかり「……そうかな」

ちなつ(話あんまり聞いてなかったけど……まぁ、納得してくれたかな)


ちなつ「私が思うに、きっとあかりちゃんはもっと別のことを悩んでたのよ」

あかり「別のこと……?」

669: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 02:11:03.91 ID:5TyvDJal0
ちなつ「きっともうどうしようもなくもやもやしてたんでしょ」

あかり「うん その通りだけど それはお話が……」

ちなつ「だからそれが思い違いなのよ たぶん」

あかり「じゃあ、なに?」

ちなつ「それは知らない」

あかり「無責任だなぁ」

ちなつ「それじゃ なんか思いついたら起こしてね」 ばふっ

676: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 02:36:15.89 ID:5TyvDJal0
あかり「うーん」

あかり「んー……」

あかり「……」

~~~~

あかり「ねぇ、ちなつちゃん ねぇってば」

がばっ
ちなつ「……んーなぁに  って、外暗くなってない!?」

あかり「うん、あかりも今気がついたらお外まっくらでびっくりしちゃった」

ちなつ「なによそれ、まぁいいやもう あかりちゃんと付き合うなら今更だよね……それで?」

あかり「……それで?」

ちなつ「悩みは解決したの?」

あかり「あ……」

ちなつ「もう ほんと何なの!」 めるめる ピッ

ちなつ「今日は泊まるからね とことん付き合ってあげる  布団とご飯はよろしくね」

あかり「ちなつちゃん……」

680: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 02:43:34.10 ID:5TyvDJal0
あかり「ちなつちゃん あかりのパジャマでごめんね」

ちなつ「いいよ サイズ違わないし」


ぼすぼすっ

あかり「ちなつちゃん 今思ったこと、聞いてもいい?」

ちなつ「はいはい、なんでもどうぞ」

あかり「えーっとね なんでこんなにあかりに付き合ってくれるの?」

686: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 02:50:36.22 ID:5TyvDJal0
ちなつ「そ、それは……親友だからよ」

あかり「……そっか」

ちなつ「……なんで残念そうに言うのよ」

690: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 02:58:45.48 ID:5TyvDJal0
あかり「あかりね、この前ちなつちゃんがお家に遊びに来てくれてからずっと……」 

あかり「ちなつちゃんにたくさんあかりのこと教えたと思うんだ」

ちなつ「そうね」

あかり「でもね、あかりはあんまりちなつちゃんのこと知らないなーって思ったの」

ちなつ「……そう?」

あかり「うん」

ちなつ「……知りたい?」

あかり「うん」

ちなつ「私はあかりちゃんと違ってお母さん元気だし、特に面白い秘密もないよ?」

あかり「それでもいいんだ」

あかり「だって……よくわかんないけど」

ちなつ「意味分かんない」

692: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 03:02:58.95 ID:5TyvDJal0
あかり「よくわかんないけど、知りたい」

ちなつ「……私もおんなじようなことをあかりちゃんに言ったなぁ」

あかり「うん 言われた」

ちなつ「言うなれば知的好奇心……なのかな」

あかり「そういう風にいえば、この気持ちが止められなくてもしょうがない感じがするね」

ちなつ「……私とあかりちゃんって同じ気持ちなの?」

あかり「たぶん」

ちなつ「そっか」

698: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 03:23:47.81 ID:5TyvDJal0
あかり「……ちなつちゃん せっかくお布団二つ用意したのにこっちで寝るの?」

ちなつ「そのほうが話しやすいからいいじゃない」

あかり「……そっか」

ちなつ「だからなんで残念そうなのよ」

あかり「別に残念とは思ってないもん 優しいなって」

ちなつ「あ、わかった 『練習』、してほしいんでしょ?」

あかり「ベベベ、ベッドで!? っていうか話聞いてる!?」

ちなつ「冗談よ」

あかり「……………… 電気消すね」

ちなつ「はーい」

パチッ

703: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 03:31:29.72 ID:5TyvDJal0
ちなつ「……」

あかり「……」

ちなつ「あかりちゃんに私のこと一個教えてあげる」

あかり「なぁに」

ちなつ「さっきね ほんとは言ってからすごいドキドキしちゃった」

あかり「練習?」

ちなつ「そ」

あかり「あかりたちにはまだ練習は早いよ」

ちなつ「私もそう思う」

710: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 03:45:58.27 ID:5TyvDJal0
ちなつ「それとね」

あかり「一個じゃなくなっちゃうけどいいの?」

ちなつ「いいの 私が話したいんだから」

あかり「そっか」

ちなつ「あかりちゃんがトイレに行ったときね」

あかり「その言い方だとあかりが本当にトイレ行ったみたい」

ちなつ「なんかこう 居なくなっちゃうなって思ったら すごい嫌だった」

あかり「……これからトイレに行こうとするたびについて来るとかはやめてね?」

ちなつ「別にいいじゃない それくらい」

あかり「……そうだね」

ちなつ「私がトイレに行くときも きっと来てね」

あかり「……」

あかり「うん きっと」

714: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 03:56:57.73 ID:5TyvDJal0
あかり「ちなつちゃんって向日葵ちゃんのことどう思う?」

ちなつ「なんで突然向日葵ちゃん?」

あかり「……秘密」

ちなつ「まぁ、いいけど 強いて言えば……頭のいい子 だよね」

あかり「結衣ちゃんは?」

ちなつ「落ち着いてて頼り甲斐のある先輩 だけど意外と……ね」

あかり「ふふっ そうだね それじゃあ京子ちゃんは?」

ちなつ「変だけど 実はいろいろわかってて侮れないよね」

あかり「うん そうだね じゃあ次は……」

~~~~~


721: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 04:05:17.89 ID:5TyvDJal0
あかり「……うん そっか ありがとう」

ちなつ「結局茶道部と生徒会全員のこと……疲れた」

あかり「ごめんね」

ちなつ「でも、一人聞いてないよね」

あかり「……ちなつちゃんは、ちなつちゃんのことどう思ってる?」

ちなつ「それ、答えてもいいけど この手の質問は次で最後にするよ? 後悔しない?」

あかり「……」

ちなつ「……」

あかり「あかり……あかりのこと、どう思ってる?」

ちなつ「いい子……かな」

あかり「それだけ!?」

ちなつ「あと、素直でちょっと自虐的で想像するの苦手って言ってるわりに自分の世界に入ったら帰ってこないし、いろいろと私を困らせる子」

あかり「うん……なんかごめんね」

ちなつ「気にしないで」

あかり「ありがと ちなつちゃん」

726: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 04:13:54.14 ID:5TyvDJal0
ちなつ「もやもやはなくなった? 私、眠くなってきちゃったんだけど」

あかり「うん……たぶんもう大丈夫……ふぁ……あかりも眠いや」


ちなつ「あかりちゃん 私ね、私の気持ちの答え見つけたよ」

あかり「……」

ちなつ「よくわからないことだらけの中から あかりちゃんと離れたくないって気持ち、見つけたの」

あかり「……」

ちなつ「ちょっとわがままかな 恋じゃないかもね」

あかり「……」

ちなつ「寝ちゃったかな」

あかり「……」


728: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 04:16:20.39 ID:5TyvDJal0
ちなつ「あ、そうだ あかりちゃん ついでに言っておくと 私はあかりちゃんの話好きだよ」

あかり「……」

ちなつ「あかりちゃんは嘘っぽいしあわせだけでつまんないって思ったのかもしれないけど」

あかり「……」

ちなつ「私としては、どうしたって何か嫌なところは目につくような世の中だけど ゆるゆりを読んでる間だけはしあわせな世界にいる感じがして ……うまく言えないけど」

あかり「……」

ちなつ「そーいうのがあってもいいと思うんだよね」

あかり「……」

ちなつ「……それじゃ、おやすみ」

あかり「……」










あかり「おやすみ、ちなつちゃん」

734: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 04:30:41.37 ID:5TyvDJal0
ピピピピ ピピピピ

あかり「……ん」

ちなつ「おはようあかりちゃん」

あかり「ぁほぇー…… あ、おはよーちなつちゃん……ってもう制服着てる!? 寝坊!!??」

ちなつ「違うよ慌ただしいなー 私は教科書とか昨日のまんまだからあかりちゃんの家は早く出ないといけないの」

あかり「あ、そっかー びっくりしたー」

ちなつ「まったくもう」

あかり「……」

ちなつ「まだ寝ぼけてる?」

あかり「ちょっとー」

ちなつ「しょうがないなー」


ちゅっ ぺろ


あかり「!?」

ちなつ「私はもう起きて口洗ったもん 唇くらい減るもんじゃないし いいでしょ?」

740: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 04:56:21.90 ID:5TyvDJal0
ちなつ「それじゃ あかりちゃんのお姉さんによろしくー ご飯美味しかったでーす」

あかり「わかったー伝えておくねー」

ちなつ「行ってきまーす」

あかり「行ってらっしゃーい ……でも、途中で待っててねー!!」

ちなつ「考えとくね!」

あかり「もー」





先生へ

赤座あかりです こんにちは

741: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 04:56:54.96 ID:5TyvDJal0
千歳「あのなー綾乃ちゃん 噂で聞いてんねんけど」

綾乃「また噂? 千歳も噂、好きね」

千歳「まーまーえぇやないのー面白いしー」

綾乃「それを黙って聞いちゃう私も私よね」

千歳「それでなー生徒3さんが生徒1さんになー」





先生へFAXでもメールでもなくて

手紙を送るのは久しぶりな気がします

742: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 04:57:27.67 ID:5TyvDJal0
向日葵「櫻子あなたまたこんな散らかして……お嫁さんに行けませんわよ?」

櫻子「大丈夫だもんねー ほうようりょくのある人と結婚するし!」

向日葵「……はあ ま、櫻子がどうなろうが私には関係ありませんけど」

櫻子「なにー!? おっぱい大きいからって調子乗んなよ!!」

向日葵「今胸の話してました!?」





最近のあかりは寂しくありません

大切な友達が出来ました

743: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 04:57:59.05 ID:5TyvDJal0
京子「なんか面白いことないかなー」

結衣「無いなら探せ、もしくは作れ 面倒くさい」

京子「お、結衣ってばいいこと言うね!」

結衣「……あぁなんかまた私間違ったか?」

京子「いいや、間違ってないよ結衣! さすが私の結衣だ!」





まだお互い知らないことだらけだけど

きっといつか最高のパートナーになれる気がしています

744: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 04:59:29.98 ID:5TyvDJal0
あかり「ちなつちゃーん」

あかり「ちなつちゃんってばー」

あかり「おーい」

ちなつ「ばぁっ!!」

あかり「っ!! もうっ びっくりさせないでよね、ちなつ!」

ちなつ「ちょっとあかりちゃん!!」

あかり「あっ」





それから、次の原稿ですけど余裕はありますが少し早めに送りたいと思います

今までとちょっと違うところもあるので

またお会いしたいです

それでは
                                          赤座あかりより

747: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 05:03:39.34 ID:5TyvDJal0
\アッカリーン/

あかり「はーい!」

あかり「ゆるゆり♪♪♪はっじっまぁるよー」

あかり「……」

あかり「こんな感じかなっ♪」

あかり「……」

あかり「……だめ?」


ちなつ「三期やりたいならもっと頑張れあかり!」

あかり「ふぇぇ ちなつってば厳しいよー!!」



終わり

788: おまけ 2012/09/21(金) 10:12:33.16 ID:5TyvDJal0
ピンポーン
あかり「こんにちはー」
ピンポーン
あかり「ちなつちゃーん?」
プッ
ちなつ『あかりちゃん? 今出るね』

ガチャッ
ちなつ「いらっしゃーい」



あかり「ちなつの家に来るのは久しぶりだねー」

ちなつ「うんそうだね でも、あと一時間もしたら向日葵ちゃんも櫻子ちゃんも来るよ」 バタン

あかり「勉強会なんだから当たり前だよー」

ちなつ「んーごめん 牛乳しかなかった」 コト コト トポポポポ

あかり「わぁい牛乳 あかり牛乳大好き」

ちなつ「それならよかった」

789: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 10:17:42.83 ID:5TyvDJal0
あかり「んっく んっく んっく ……はー」

ちなつ「……」ニコニコ

あかり「なーに? 飲んでるところじっと見ないでよー」

ちなつ「おいしい?」

あかり「うん おいしいよ」

ちなつ「……」ガタッ

あかり「だ、だめだよぉ せめてちなつちゃんの部屋に行ってから……」

ちなつ「いいじゃない 今はお姉ちゃんも居ないみたいだし」 ジリッ

あかり「だめ……」ガタッ

ちなつ「……ね?」ジリッ

あかり「やっ……」 どたっ

ちなつ「あかりかわいい……」

793: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 10:24:15.89 ID:5TyvDJal0
あかり「ほんとに だめだって……」


ガララ
ともこ『ただいまー』



あかり「帰ってきたよ!」

ちなつ「ちぇっ……」 ちゅっ

あかり「!!」

バッ



ちなつ「お姉ちゃんお帰り」

ともこ「あかりちゃん遊びに来てたのね いらっしゃい」

あかり「おおお、おじゃましてます!」

ともこ「……あかりちゃん顔真っ赤よ?」

あかり「な、何でもないです! ちなつちゃん部屋いこっ」 グイッ

ちなつ「あっ」

794: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 10:31:43.23 ID:5TyvDJal0
ガチャ バタン

あかり「……」

ちなつ「はー ドキドキしちゃった」ニコニコ

あかり「ねぇ、ちなつ」

ちなつ「なぁに? あかり」


あかり「お願いだから ああいうのはもうやめて」 ぽろ

ちなつ「……あかり?」

あかり「見られちゃったらどうするの? もしなにかの拍子に……」 ぽろ ぽろ

ちなつ「な、泣くほど嫌だった? ごめんあかり」

あかり「うん ちなつと会えなくなったりするのは嫌だよ……」ぽろ

ちなつ「そんなことにはならないって 大丈夫だから」ナデナデ

あかり「うん……うん」

796: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 10:39:39.98 ID:5TyvDJal0
あかり「ちなつはなんであんなことするの?」

ちなつ「……あかりのことが好きだから」

あかり「……」

ちなつ「……」

あかり「あ、あかりもね ちなつのこと好きだけど ……よくわかんないよ 怖い」

ちなつ「なんか……ほんと、ごめん」

あかり「あかりこそ 泣いたりしてごめんね」

797: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 10:50:31.99 ID:5TyvDJal0
ちなつ「私、急ぎすぎなのかな」

あかり「……?」

ちなつ「あかりにもっと触れて、先に進みたいっていつも考えてるんだ」

あかり「……」

ちなつ「そうしないとあかりが離れていっちゃいそうでさ」

あかり「……そっか」

ちなつ「私も、あかりと一緒に居られなくなるのは 怖い」

あかり「……うん」

ちなつ「だから気をつけるね」

あかり「ふふっ よろしくね?」

ちなつ「なんか生意気ー」

あかり「でもあかりはちなつから離れられないから ちなつが気をつけてくれないと」

ちなつ「……ずるいなー」


あかり「ちょっとだけ……」ぎゅぅ

ちなつ「ちょっとだけね」ちゅっ

798: おわり 2012/09/21(金) 10:53:30.85 ID:5TyvDJal0
あかり「……」

ちなつ「……」


ピンポーン


あかり「あ、櫻子ちゃんたちだ」

ちなつ「もうそんな時間?」

あかり「早く出てあげないと!」

817: ともあか……? 2012/09/21(金) 13:34:00.64 ID:5TyvDJal0
ガチャリ
ちなつ「いらっしゃい」

あかり「今日はお世話になりまーす」

ともこ「はい、いらっしゃい」

あかり「お姉ちゃん今日は帰ってこないからって……あかり一人でお留守番出来るのに……その」

ともこ「赤座さんの頼みだもの 全然問題無いわ 気にしなくていいのよ」

ちなつ「そーだよあかりちゃん 普通にお泊りに来たと思えばいいんだよ!」

あかり「ありがとうございます」ペコリ

ともこ「うふふ」





ともこ「お風呂、ちなつと一緒に入るくらいの余裕はあるわよ?」

あかり「あ、いいんです」

ともこ「そう?」

819: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 13:44:02.28 ID:5TyvDJal0
ともこ「……」 じーっ

あかり「……」

ともこ「……」 じーっ

あかり「……あ、あの?」

ともこ「あかりちゃんって本当によく赤座さんに似てるわ きっと赤座さんが小さくなったらそっくりね」

あかり「ちなつちゃんのお姉さんもちなつちゃんが大人になった感じにそっくり……かなぁ?」

ともこ「ともこ でいいわよ? あんまり似てない?」

あかり「と、ともこさんはその、大人っぽいっていうか……ちなつちゃんは元気だから」

ともこ「うふふ そうね ちなつが迷惑かけたりしてない?」

あかり「いえ 全然! いつも仲良くしてます!!」

823: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:05:08.61 ID:5TyvDJal0
あかり「……」

ともこ「……」

あかり「あの、お姉ちゃんって学校ではどんな感じですか?」

ともこ「いつもニコニコしてて 優しくて 周りを明るく変えちゃう人よ」

あかり「……そうですか」

ともこ「お家とは違った?」

あかり「あ、いえ そうじゃなくて、一緒なんです」

ともこ「……」

あかり「私にも優しくて大好きなお姉ちゃんなんですけど……これからもよろしくお願いします」

ともこ「……こちらこそ ちなつをよろしくね」

あかり「はい!」


ともこ「あ、そうだ」

あかり「?」

ともこ「ここ 私の膝の上に座らない?」

あかり「……へ?」

828: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:30:49.65 ID:5TyvDJal0
あかり「うんしょ」

ともこ「あかりちゃんは軽いわねー」ナデナデ

あかり「は、はい」

ともこ「……」

あかり(うぅ、恥ずかしいけど断れなかったよぉ)

ともこ「私も今くらい素直だったら……」

あかり「?」

ともこ「あかりちゃんっていい匂いね……」すんすん

あかり「ひぇ おおお、お風呂入ってないです! あの!? あぅ」

ともこ「かわいい♪」

あかり「ひょえぁぁ……」

832: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 14:59:15.57 ID:5TyvDJal0
ともこ「そういえばあかりちゃんは、ちなつのこと聞かなくていいの? 私いろいろ知ってるわよ」

あかり「いいんです ちなつちゃんのことならちなつちゃんに聞きますから」

ともこ「そう、本当に仲がいいのね」


あかり「私、それよりお姉ちゃんのことが気になるんです」

ともこ「赤座さんが?」

あかり「その……ともこさんに言うようなことじゃないんですけど」

あかり「ちなつちゃんと仲良くしてみてはじめて、自分が寂しかったのがよくわかったっていうか」

ともこ「……そうだったの」

あかり「お姉ちゃんもきっとおんなじじゃないのかなって」


ともこ「あかりちゃんはいい子ねぇ」 ナデナデ

あかり「ふぇぁ……」

ともこ「……私はあったかいかしら?」

あかり「……? はい あったかいです よ?」

ともこ「ありがとう あかりちゃん」

833: おわり 2012/09/21(金) 15:02:05.68 ID:5TyvDJal0
トタトタトタ

ちなつ「あかりちゃーんお風呂次入ってい……お、お姉ちゃん何してるの!?」

あかり・ともこ「あ」

845: 京あか 2012/09/21(金) 15:43:41.23 ID:5TyvDJal0
あかり「京子ちゃーん」

京子「おーあかりー 遅いぞー」

あかり「だって急に呼び出すんだもん」

京子「いやー ごめんごめん」

あかり「今日はどうしたの?」

京子「それなんだけど デートしようぜ!」

あかり「えぇっ!?」

京子「聞いてくれよー 今日な、結衣のやつと約束してたのに急にキャンセルしやがってさー」

あかり「な、なーんだ……結衣ちゃんとお買い物する約束だったのかぁ」

京子「まぁ、そういうわけで今日はよろしく ジュースくらいはおごるからさ」

あかり「わぁい 京子ちゃん大好き」

京子「へへ……」

847: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 15:48:21.04 ID:5TyvDJal0
京子「あかり このリボン付けてみてよ」

あかり「えー?」

京子「こうやって お団子にちょっと……」

あかり「京子ちゃん近い! もーちょっとやめてー」

京子「ほら かわいいじゃん」

あかり「そう……かな えへへ」

京子「似合ってる似合ってる 子供っぽいよ うくくく」

あかり「京子ちゃん!? バカにしてるでしょ?」

京子「ごめんごめんって」

あかり「もー……」

848: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 15:57:30.51 ID:5TyvDJal0
あかり「本屋さんにもよるの?」

京子「ミラクるんの新刊出てるんだよねー」

あかり「そうなんだ? ……あ、ほんとだー」

京子「あかりは他に何か好きな漫画とかないの?」

あかり「えーっとねー」

ウィーン
向日葵「あら、赤座さんに歳納先輩 こんにちは」

京子「おぅ!?」

あかり「向日葵ちゃんだー」

京子「な、なんだ古谷さんか どうしたんだ?」

向日葵「どうって……参考書を買いに来ましたの」

京子「そうかそうか 教科は?」

向日葵「社会ですわ」

京子「それなら……これとかいいと思うよ」

あかり「わー京子ちゃん 頭いいみたい!」

京子「そうだろそうだろ ってあかり私のことそんな風に見てたのか……」

850: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 16:04:32.83 ID:5TyvDJal0
京子「喉乾いたなー」

あかり「あ、そうだよ 最初の約束忘れてないよね?」

京子「大丈夫ちゃんと覚えてるよ」

あかり「よかった♪」

京子「自販機そこら辺にあったかなー」

あかり「すぐそこのスーパーの前にあったような」

京子「あぁ、あれか」

851: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 16:11:36.87 ID:5TyvDJal0
あかり「あかりが言ったんだけどね スーパーの前まで来たのに自販機で買うの?」

京子「いいよ めんどくさいし それで、何飲む?」

あかり「プカリがいい! 同時押しはナシだよ!!」

京子「ちぇっ」

あかり「京子ちゃんってばぁ」

ガコン
京子「はい あかり」

あかり「わぁい  んくっんくっ……はー」

京子「じゃあ私にもちょうだい」

あかり「えー」

京子「私のお金で買ったんだからいいだろー」

あかり「……もーしょうがないなぁ」

京子「さんきゅっ」


ウィーン
あかり「あれ、結衣ちゃん?」

京子「ぶふぉっ」

853: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 16:30:23.65 ID:5TyvDJal0
結衣「二人揃って何してんの?」

あかり「何って……」

京子「お、おう結衣! 買い物だったのか!?」

結衣「まぁね」

京子「買い物で忙しいとは一人暮らしも大変だな!!」

結衣「いや 暇だったから少し買い足しに来ただけなんだけど……」

あかり「結衣ちゃ……いや、京子ちゃん?」

京子「結衣! また今度な! 行くぞあかり!!」

あかり「京子ちゃん!?」

結衣「あ、おい ……行っちゃった」

855: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 16:41:43.65 ID:5TyvDJal0
思いついたの となると大好きなあかりがつい入ってくる
こだわりといえばこだわり

859: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 17:07:09.68 ID:5TyvDJal0
京子「……」ズカズカズカズカ

あかり「ど、どこ行くの京子ちゃん」

京子「っ……」 ぴた

あかり「ねぇ京子ちゃん、結衣ちゃん急用だったって……」

京子「あははは……」

あかり「嘘だったの?」

京子「いやー普段町中で結衣に会うことなんてないのになー……なんで今日に限って会っちゃうかなぁ」

京子「……ごめん」

あかり「ううん! あかりは全然気にしてないよ!!」

京子「そっか、あかりは優しいなぁ」



あかり「嘘をついたことより……なんでそんな嘘をついたのか教えて?」

京子「あかりにはわかんないだろーなー」

あかり「言ってみなきゃわかんないよ?」

京子「だからさー 恥ずかしかったんだよね あかりと二人っきりで買い物なんてさ」

861: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 17:16:29.63 ID:5TyvDJal0
あかり「? 結衣ちゃんとなら平気なの? あかりじゃ恥ずかしい?」

京子「うん……そうなんだよ」

あかり「京子ちゃん変なの」

京子「ほんとにな……」

京子「よし 悪いあかり 私、もう帰るわ」

あかり「あれ? どっか行きたいところあったんじゃないの?」

京子「いや、今日はもういい また今度一人で行くよ  じゃっ!」

862: 終わり 2012/09/21(金) 17:18:45.19 ID:5TyvDJal0
あかり「……」

あかり「京子ちゃーんっ!!」

京子「!」

あかり「また誘ってねー! 今日は楽しかったよー!!」

京子(あかり……)

あかり「そしたら今日のリボン付けてくからねー!!」

京子「……」

京子「あかりー あれ、似合わないからやめといた方がいいぞー!!」

あかり「えぇーっ!?」

900: 京綾 2012/09/21(金) 20:15:11.18 ID:5TyvDJal0
綾乃「歳納京子ーっ!」

結衣「京子なら居ないよー」

綾乃「何ですって? まったく……どこに行ったか聞いてる?」

結衣「ごめん 知らないんだ」

綾乃「……そう わかったわ また来るから」

ちなつ「杉浦先輩また来てくださいねー」

ちなつ(京子先輩の相手を任せるには最適よねー)

903: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 20:19:47.77 ID:5TyvDJal0
綾乃「歳納京子ってば何処にいったのかしら……」

千歳「綾乃ちゃん 普通にごらく部で待ってればよかったんと違う?」

綾乃「それはなんか違うのよね!」

千歳「……何のために探してるん?」

綾乃「そっそれは……っ!!」

綾乃「まぁいいじゃない」

千歳「ま、ウチとしてはそれはそれで」

綾乃「付きあわせて悪いわね……あっ! 向こうの階段!!」

千歳「歳納さんやなぁ」

綾乃「ま、待ちなさーい!! 歳納京子ーっ」

905: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 20:24:49.23 ID:5TyvDJal0
綾乃「歳納京子ーっ!」

千歳「待って綾乃ちゃん速いー」

綾乃「……あれ?」

千歳「はぁ……はぁ……あれぇおらへんなぁ」

綾乃「……」

綾乃「千歳 今何時?」

千歳「えーっとなー 三時半やでー」

綾乃「……仕方がないわね 今日は生徒会室に戻りましょ」

千歳「古谷さんたちに仕事押し付けたまんまやしなー」

907: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 20:29:21.75 ID:5TyvDJal0
綾乃「歳納京子ーっ!」

結衣「あー綾乃? 悪いんだけど京子は今タイミング悪く席外してて……」

綾乃「ふ、二日連続だなんて間の悪いこともあるのね」

ちなつ「さっきまで居たんですけどねー」

908: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 20:34:34.52 ID:5TyvDJal0
ガラッ
綾乃「歳納京子ーっ!」

結衣「……ごめん」

綾乃「……」

千歳「あ、綾乃ちゃんそんな肩落とさんと 今日は仕事あらへんしきっと見つかるって」

綾乃「邪魔したわね……」

結衣「お、おう……」
ザッ


ちなつ「尋常じゃない落ち込み方してましたね」

結衣「京子のやつわざとなのか……?」

911: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 20:42:10.13 ID:5TyvDJal0
ガラッ
綾乃「歳納京子ーっ! は居ないわよね?」

ちなつ「残念ながらいません」

綾乃「いいのよ吉川さん 今日は歳納京子が帰ってくるまでここで待つことにするわ」

結衣「うわ……」

ちなつ「あー……」

あかり「あ、あの……京子ちゃんは用事があるから今日は帰っちゃったんです」

綾乃「なっ……!」

千歳「あーあー綾乃ちゃんしっかりしてー」

916: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 21:07:38.10 ID:5TyvDJal0
綾乃「ごらく部で待機という奥の手を使っても会えないなんて……」

千歳「もう教室で渡したらええんとちゃう?」

綾乃「はっ、恥ずかしいじゃない……」

千歳「他の子には普通にそうしてたんに、綾乃ちゃんはかわえーなー」

綾乃「……」

千歳「どうしても歳納さんじゃなきゃ駄目なん?」

綾乃「他の部長には手渡しだったのに歳納京子にだけ手を抜くわけにはいかないじゃない」

千歳「でもごらく部は正規の部活やあらへんで」

綾乃「……いいじゃない 私がそうしたいんだから」

千歳「ウチは綾乃ちゃんのしたいようにすればええと思ってんよ」

綾乃「ありがとう」

920: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 21:30:11.66 ID:5TyvDJal0
綾乃「よし、行くわよ」

千歳「頑張れ綾乃ちゃん」

ガラッ
綾乃「歳納京子ーっ!」

ちなつ「こんにちはー」

あかり「こんにちは杉浦先輩」

結衣「ここまで来ると芸術的だな」

綾乃「……」

綾乃「私、避けられてるのかな」 うるっ

千歳「きょ、今日逃すと次会えるの月曜日やで 落ち込んでる場合やないよ 頑張れ綾乃ちゃん」


京子「うーっすただいまー ……って綾乃じゃん」

千歳「ウチも居るでー」

綾乃「あ……歳納、京子……」 ぽろ

929: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 21:57:11.95 ID:5TyvDJal0
綾乃「ど、何処行ってたのよ歳納京子……ずっと探してたんだからぁ」 ぽろ ぽろ

京子「……なんで泣いてるの?」

綾乃「知らないわよぉ」 ぽろぽろ

京子「なんだかよくわからんが ご、ごめん」


綾乃「……」 じーっ

京子「……何だよ」

綾乃「はい、これ」

京子「……活動報告書か」

綾乃「おほん」

綾乃「そうよ! 記入したら速やかに生徒会室まで持って来なさいよ歳納京子!!」
 
綾乃「たかが紙切れ一枚渡すのにこんな時間がかかるとは思っても見なかったけど!」


結衣「……会えなかったのが結構悔しかったみたいだな」
千歳「せやろな」

935: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 22:21:58.27 ID:5TyvDJal0
綾乃「歳納京子 わかった!?」

京子「おう! 任せとけ!! ここにそれっぽい活動実績と顧問引受人の名前書いておけばいいんだろ?」

綾乃「全然わかってな……え? あ、そうだけど…… なんで知ってるの?」

京子「いや実はさー この前クラスの奴にごらく部は部活にしないのかって言われちゃってさー」

結衣(あー……言われてたなそんなこと 京子が真に受けるはずないからスルーしてたけど)

京子「そんでその時にこれのこと教えてもらったんだよ」

綾乃「そ、そう……」

京子「綾乃なら頼めば用紙くれそうだったし、先に顧問探してたんだけど 用紙の方が先に手に入るとは思ってなかったよー」

綾乃「じゃ……じゃあ 今週は……」

京子「顧問引き受けてくれる先生探してたんだ」

綾乃「避けられてたわけじゃなかったのね……良かった……」

京子「何いってんだ綾乃? ま、『好きにだらだらするだけだよ~』という活動理念を受け入れてくれる先生は見つからなかったんだけどね」

結衣「当たり前だろバカ」

940: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 22:44:19.21 ID:5TyvDJal0
結衣「ところで、なんで今さら部活に昇格しようなんて思ったんだ?」

京子「んー 最近綾乃がここに来る回数増えてるだろ?」

綾乃「そ、それはっ」

京子「やっぱり非正規の部活じゃ何かと面倒かけてるのかなーって思ってさ」

綾乃「そんなこと……」

結衣「いや、綾乃 遠慮しなくていいよ 私たちも少しは自覚あるからさ」

綾乃「ほんとに……」

京子「今までわざわざ生徒会室からここまで往復させて悪かったね」

綾乃「急にどうしたのよ……」

綾乃(そんなに私と会いたくないわけ……?)


京子「今から最終手段として西垣ちゃんに話しに行こうかなって」

結衣「爆発か……仕方ないな」

綾乃「……」

京子「活動実績はコムケの本とかでなんとかしよう」

綾乃「……」

943: 終わり 2012/09/21(金) 22:58:36.15 ID:5TyvDJal0
京子「ま、そういうわけだから 綾乃は生徒会室で待ってて これ書いたら持ってくから」 ひらひら

綾乃「……」

バッ
京子「あっ」
バリッ

綾乃「……やっぱり『好きにだらだらするだけ』の人たちをこの学校の部活と認めるわけにはいかないわ」

京子「急にどうしたんだよ ……っておい 綾乃、指」

綾乃「え? あ、切れてる」

京子「……」

ちゅぅぅ

綾乃「!!!!!!?????!?」

ばっ

綾乃「なななん、な、なにするのよ!!」

京子「いやだって 指切れてたし」

ガラッ
綾乃「お、覚えておきなさいよ!!」
バシンッ
千歳「綾乃ちゃん 歳納さんのために頑張ってたんやけどええんかな……ま、ウチとしてはこれはこれで」 ダラダラ

951: 埋め 2012/09/21(金) 23:22:18.75 ID:5TyvDJal0
りせ「……」

楓「こ、こんにちは」

りせ「……」

楓「はい! ふるたにかえでっていいます」

りせ「……」

楓「えへへ……」

りせ「……」

楓「ばくはつ……?」

りせ「……」

楓「あいのなせるわざですね」



向日葵「どんな会話をしてるんですの……」

櫻子「それより楓ちゃんが会長の話聞けるっていうのが驚きだよ」

菜々「はっはっはっ! まったく、将来有望だなっ!!」

櫻子「うわぁっ!? いつの間に!?」

955: 埋め 2012/09/21(金) 23:31:26.78 ID:5TyvDJal0
あかり「あ、そういえばねぇお姉ちゃん」

あかね「なぁにあかり」

あかり「昨日久しぶりに机の端っこ見たら そこに置いてあったはずのあかりの乳歯の入ったビンがなくなっちゃってたんだ」

あかね「あらあら どこか別の場所にしまったんじゃないの?」

あかり「……そーだったかなぁ」

あかね「……」



~~~~~~~~~~~


あかり「お姉ちゃん昨日の話なんだけど」

あかね「見つかった?」

あかり「うん! 小棚の端っこに移動してた!!」

あかね「あかりったらおっちょこちょいさんね」

あかり「えへへ……」

957: 埋め 2012/09/21(金) 23:40:47.91 ID:5TyvDJal0
結衣「ここがあかり大陸か……」

ちなつ「ここのどこかに伝説の秘宝\アッカリーン/が……」

あかり「\アッカリーン/」

ちなつ「きゃぁっ!!」
結衣「ちなつ危ないっ!」 ガシッ

ちなつ「結衣先輩っ……」 きゅんっ


カンカン!!

京子「はいカーット! ちなつちゃん台詞間違えちゃだめだよ!!」

ちなつ「えへ ごめんなさーい♪」

結衣「そもそもたった四人で映画って……」


あかり「\アッカリーン/って……\アッカリーン/って……あかりの台詞これだけなの……」

959: 埋め 2012/09/21(金) 23:49:13.04 ID:5TyvDJal0
京子「今日はこれを使いたいとおもいまーす」

トン

結衣「今度は何ボックスだ?」

ちなつ「嫌な予感しかしません……」

京子「その名も、新ジャンルボックス!」

結衣「……どう新ジャンルなんだ?」

京子「この中には新ジャンルなお題が入っていて それを引くと周囲の空間がそのお題にあったものに変換されるらしい!」

結衣「……」

ちなつ「そんな物騒なものを作る人なんて……」

京子「もちろん、西垣っちゃん謹製だ!!」

結衣「こんなもんもってくんなーーーっ!!!!!!」ガッ

ブンッ



ガスッ
あかり「いたっ……なに?」

960: 埋め 2012/09/21(金) 23:49:45.79 ID:5TyvDJal0
                               ヽ`
                              ´
                               ´.
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙

963: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/21(金) 23:54:36.10 ID:5TyvDJal0
ネタ使い尽くした感 決してヒントが欲しいとかそんなわけでは