1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/03(金) 02:19:30.22 ID:cmPUAlk/0
夏海「えっ…」

れんげ「ほたるんいなくなっちゃうん?」

小鞠「」

蛍「はい…また、お父さんの転勤で…」

蛍「もう、三日後にはここを…うぅっ」うるうる

夏海「そ、そんな…嫌だよ、そんなの!」

れんげ「うちも嫌なのん、もっとほたるんと遊びたいのん!」

小鞠「…し、仕方ないよ、蛍のお父さんも、仕事しないとダメなんだし…」

夏海「何言ってんだよ!ほたるんがいなくなっちゃうんだぞ!?」

小鞠「…仕方ないの」

夏海「!!…悲しくないのかよ!?」がしっ

小鞠「悲しいよ!!嫌だよ!!!蛍が居なくなるなんて…私…っ」ガラッバタン

蛍「…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1388683170

引用元: 蛍「私、引っ越すことになったんです…」 



のんのんびより 11巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
あっと
KADOKAWA (2017-05-23)
売り上げランキング: 5,465
2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/03(金) 02:27:47.28 ID:cmPUAlk/0
夏海「…」

れんげ「…」

蛍「…ちょっと悪いことしちゃいましたね…センパイ」

夏海「何言ってんだよー、やるって言ったのは蛍だろー?」ニシシ

れんげ「こまちゃん、飛び出て行ったとき泣いてたのん…」

蛍「でも、センパイにとって私は大事な存在ということが分かりました!」

蛍「えへへ…」ほわーん

夏海「まぁ、もうネタばらししてあげないと可哀想だし、探しに行きますか」

蛍「そうですね…センパイの泣き顔見たかったなぁ…」ぼそ

夏海「…」ぞわっ

れんげ「こまちゃん、向こうの方に走っていったのん」びし

3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/03(金) 02:36:34.52 ID:cmPUAlk/0
木の下

小鞠「うぅ…ひっぐ…」ぽろぽろ

小鞠「いやぁ…嫌だよ…行かないで…」

小鞠「また、私のお弁当、この場所で食べましょうって言ってくれたのに…」

小鞠「また、私の不味いお弁当食べてよ…うぅ…ひっぐ」

小鞠「美味しいお弁当がいいなら、練習するからぁ…行かないでぇぇ…うわああん」


コソコソ

夏海「…」

れんげ「…」

蛍「…」

夏海「(ものすごい罪悪感が…)」

れんげ「は、早く謝った方がいいのん…」

蛍「(号泣するセンパイ可愛いです…)」ハァハァ

4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/03(金) 02:46:54.42 ID:cmPUAlk/0
夏海「ほたるん、早く行ってあげなよ…」

れんげ「こまちゃん泣きすぎてえずいてるのん…」

蛍「わかりました!」ごそっ


ゴソゴソ

小鞠「っ…だ、だれ?」

蛍「…なに泣いてるんですか、センパイ」ぎゅっ

小鞠「(!?…やわらかい…)…蛍?」ぐすん

蛍「(あててんのよ)こんな所で1人で何してるんですか?」

小鞠「……本当に行っちゃうの?」

蛍「…こっち向いてください」

小鞠「…」くるん

蛍「(泣きじゃくって目が真っ赤のセンパイ可愛い…)」

小鞠「な、何か言ってよ…」

蛍「センパイを泣かせちゃってごめんなさい…」

小鞠「い、いいの、仕方ない事だし…泣いてないし!」ふいっ

蛍「へへ…そんな、目腫らして鼻声で言われても、説得力無いですよ?」ふふ

小鞠「うぅ…」

5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/03(金) 02:53:27.94 ID:cmPUAlk/0
蛍「にしてもセンパイ、あんまりビックリしてませんでしたよね…」

蛍「私、ちょっとショックです…」

小鞠「えっ…な、何かごめん…」

蛍「まぁ、いつもみたいにお姉さんぶって、我慢してるセンパイが可愛かったので良いですけど♪」

小鞠「う~///」

蛍「それに、お弁当の約束、覚えてくれててうれしかったです」ニコ

小鞠「えっ………見てたの?///」

蛍「はい♪」

蛍「料理の練習するから行かないで~の所、とてもグッときました…///」

小鞠「も、もう!///」

小鞠「…で、でも、本当に行っちゃうんだよね…?」うるうる

蛍「(あぁ~センパイの涙目+上目遣いは反則です…グラっときました)」


蛍「……実はですね…」


6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/03(金) 03:06:56.66 ID:cmPUAlk/0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

夏海「いやぁ、まさかあそこまでダメージ受けるとはねぇ…」

れんげ「こまちゃんはほたるんの事が大好きなのん」

蛍「い、いやぁ、そんなお似合い夫婦だなんて、まだ早いですよ///」

れんげ「誰もそんな事は言ってないのん」

小鞠「ホントあんた達最低…人の気持ちを何だと…」

夏海「ゴメンよぉこまちゃん、でも愛しのほたるんはこれからもずっと一緒で良かったじゃん♪」

小鞠「う、うるさい!何が愛しよ///」

蛍「せ、せんぱい…私の事、嫌いなんですか…?」ウルウル

小鞠「い、いや、その…ううん、嫌いじゃないから、泣かないで…?」おろろ

蛍「じゃあ好きですか!?」パァァ

小鞠「…ま、まぁそういう事にしておくわ…///」

蛍「(チョロいところがまた、可愛いです♪)」

夏海「さっさと帰るぞ!バカ夫婦!」

小鞠「ふ、夫婦じゃないってば!///」

蛍「えへへ…」ギュッ

小鞠「あっ…手///」

蛍「帰りましょう一緒に、これからもずっと一緒です♪」

小鞠「…ふん///」きゅっ

今日はおしまい