2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:31:09.77 ID:raXaMFpN0

事務所

ガチャ

可憐「こ、こんにちは……」

P「お、来てくれたか」

小鳥「あ、もしかしてプロデューサーさんが話してた新しい子ですか?」

P「ええ、今日からアイドルの…… はい、自己紹介して」

可憐「あ、あの。し、篠宮可憐、です……」

引用元: P「篠宮可憐を食べたい」 



【Amazon.co.jp限定】 THE IDOLM@STER MILLION LIVE! M@STER SPARKLE 01 (デカジャケット付)
春日未来 (CV.山崎はるか) 白石 紬 (CV.南 早紀 周防桃子 (CV.渡部恵子) 豊川風花 (CV.末柄里恵) 七尾百合子 (CV.伊藤美来)
ランティス (2017-08-23)
売り上げランキング: 785
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:31:56.87 ID:raXaMFpN0

小鳥「ふふ、そんなに緊張しなくて大丈夫よ。プロデューサーさんは別に可憐ちゃんのことをとって食べたりしないわ」

P「ちょ、小鳥さんなんてこと言うんですか」

小鳥「ふふ、冗談ですよ」

可憐「よ、よろしくお願いします……」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:32:43.44 ID:raXaMFpN0

小鳥「アイドル、頑張ってね」

P「俺からも改めてよろしくな。よし、社長に挨拶行くぞ」

可憐「は、はい……」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:33:16.63 ID:raXaMFpN0



 その夜

P「ふう……」

P(小鳥さんも案外冗談きついな。食べたりしないなんて言うからビックリした)

P「……」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:33:54.48 ID:raXaMFpN0

P「……」

P(……食べたら、どんな味がするんだろう?)

P「……なんて言ってないで寝るか」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:34:56.89 ID:raXaMFpN0


 翌日

可憐「お、お疲れさまでした……」

P「可憐、お疲れさま。初仕事はどうだった?」

可憐「き、緊張しました。とても……」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:35:43.35 ID:raXaMFpN0

P「でもアロマを焚いてから、順調に進んだな」

可憐「は、はい、この香りに包まれると、と、とても落ち着くんです……」

P「そうか、それなら常に現場へ持って行ってもいいかもしれないな」

可憐「お、怒られないですか?」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:36:30.30 ID:raXaMFpN0

P「大丈夫だろう、責任は俺が持つよ。……おっとそうだ、これは返すよ」

可憐「は、はい…… あっ」

P「どうかしたか?」

可憐「プロデューサーさん、いい香りがする……」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:37:06.70 ID:raXaMFpN0

P「そうか? ああ、近くでこれ焚いてたからかな?」

可憐「……落ち着く」

P「……」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:37:45.49 ID:raXaMFpN0

P「ほら、現場で落ち着いてないで、帰るぞ」

可憐「ご、ごめんなさい……」

P(……)

P(あの腕、どんな味がするんだろう?)


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:38:27.74 ID:raXaMFpN0


 事務所

P「よし、後は報告書を書いて…… そうだ、出張精算書を忘れてた」

可憐「……」

P「あー、しんど」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:39:02.17 ID:raXaMFpN0

可憐「あ、あの……」

P「うお!? 可憐か、ビックリした……」

可憐「あ、ご、ごめんなさい……」

P「どうしたんだ? もう夜遅いぞ」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:39:29.92 ID:raXaMFpN0

可憐「あ、えっと、プロデューサーさんが遅くまで、お、お仕事しているので……」

P「ああ、まあそういう仕事だからな」

可憐「え、えっと、これ、……受け取ってください」

P「これは、アロマか?」

可憐「は、はい。 そ、その、疲労回復にいいので……」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:40:31.32 ID:raXaMFpN0

P「ああ、ありがとう。家で使わせてもらうよ」

可憐「で、では、お先に失礼します……」

P「ああ、また明日な。遅いからタクシー使っていいぞ。それで明日領収書持ってこいよ」

ぱたん

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:41:05.39 ID:raXaMFpN0

P「……」

P「……綺麗な腕だったな」

P「……」

P(あの綺麗な腕、いったいどんな味がするんだろうか)

P(……気になる)

P「っと、書類の続きやらないと……」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:42:35.32 ID:raXaMFpN0




 P「……」ガチャ

 可憐「あ、プロデューサーさん、お、おはようございます……」

 P「……」

 可憐「プ、プロデューサーさん?」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:43:13.70 ID:raXaMFpN0

 P「……」スッ

 可憐「ど、どうしたんですか? ナイフを持って……」

 P「……可憐」

 可憐「は、はいっ」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:43:56.74 ID:raXaMFpN0

 P「……腕、食べさせてくれ」

 可憐「え? な、何を言ってるんですか……」

 P「食べたいんだ。その腕」

 可憐「いや……」

 P「……」

 可憐「や、やめて、ください……!」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:44:25.74 ID:raXaMFpN0




ピピピッ

P「……夢か」

P「……」

P「……会社行こう」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:45:01.56 ID:raXaMFpN0


 事務所

P「……」

P(アイドルの腕を切るなんて仕事の相棒として何を考えてるんだ)

P(いや、そもそも人間の手を切るということ自体が立派な犯罪だろ)

P(というか動物でもダメだろ。道を外れてる)

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:45:34.71 ID:raXaMFpN0

可憐「プ、プロデューサーさん」ぽんっ

P「うおおお!?」ビクッ

可憐「あ、ご、ごめんなさい。よ、呼んでも反応がなかったので……」

P「そ、そうか、ごめんごめん」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:46:21.06 ID:raXaMFpN0

可憐「だ、大丈夫ですか?」

P「大丈夫だよ。えーっと、今日からレッスンだったな。俺は細かい指導は出来ないから、頑張ってくれ」

可憐「は、はい」

P「レッスン場はこの前教えたよな。俺も少しこっちを片づけたら様子を見に行くから、最初は一人で行ってくれ」

可憐「わ、わかりました」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:47:15.53 ID:raXaMFpN0

P「……」

小鳥「プロデューサーさん、コーヒーどうぞ」

P「あ、ありがとうございます小鳥さん」

小鳥「可憐ちゃん、アロマを使ってるんですか?」

P「ええ、それが趣味みたいです」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:47:57.39 ID:raXaMFpN0

小鳥「やっぱりそうですか。部屋に来た時からいい香りがするなって思ったんです」

P「話の種に俺も買ってみたんですけど、種類が多すぎて難しいです」

小鳥「プロデューサーさんにアロマってちょっとイメージないです」

P「うっわ、小鳥さんひどい」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:48:28.59 ID:raXaMFpN0

小鳥「ふふ、冗談ですよ。コーヒーを飲んだら早めに書類を片づけて、可憐ちゃんを見に行ってあげてくださいね」

P「そうですね。ありがとうございます」

P「……」

P(可憐の手、暖かかったな)

P(……どんな味がするんだろう?)

P「……っと、仕事仕事」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:48:57.80 ID:raXaMFpN0

 数時間後

P「さて、可憐は順調かな?」

可憐「1、2、3、4……」

P「ふむ……」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:49:31.48 ID:raXaMFpN0

P(やっぱり綺麗な手だな)

P(……美味しそう)

P「……っと、いけね」

P「……」ペチペチ

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:50:12.43 ID:raXaMFpN0

ガチャ

可憐「あ、プ、プロデューサーさん……」

P「順調か?」

可憐「は、はい。て、丁寧に教えてもらって、何とかなってます……」

P「そうか。あ、気にせず続けてくれ」

可憐「は、はい」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:50:48.93 ID:raXaMFpN0


P「……」

可憐「1、2、3、4……」

P「……」

可憐「5、6、7、8……」

P「……」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:51:21.06 ID:raXaMFpN0

可憐「あ、あの……」

P「どうかしたか?」

可憐「わ、私、変ですか?」

P「え、そんなことないが、何かあったか?」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:52:02.27 ID:raXaMFpN0

可憐「あ、あの、さっきから楽しそうにこっちを見ているので……」

P「え? あ、ごめん、そういうわけじゃないんだ。ただ……」

可憐「ただ?」

P「可憐の手、綺麗だなって思ってさ」

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:52:33.85 ID:raXaMFpN0

可憐「そ、そんなこと……」

P「いや、本当だよ。なんたって美味しそう……」

P(しまった!)

可憐「えっ?」

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:53:02.28 ID:raXaMFpN0

P「あ、いや、その、なんだ…… 食べられるんじゃないかってくらい綺麗だよ」

可憐「あ、えっと、ありがとうございます……」

P「いや、俺も変な例えをしてごめん」

P(気まずい……)

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:53:32.87 ID:raXaMFpN0



P(よりによって本人に言っちまうとは)

P「……はあ」

可憐「……」ピトッ

P「っ!?」ビクッ

可憐「あ、ご、ごめんなさい……」

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:54:05.92 ID:raXaMFpN0

P「可憐か、ビックリした……」

可憐「あ、あの、大きな背中だなって……」

P「そ、そうか。まあいきなり背中触られるのは驚くから、せめて何か言ってくれ」

可憐「い、言えば触っていいんですか?」

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:54:34.39 ID:raXaMFpN0

P「まあ、それくらいは別にいいよ。ただし事務所内だけな」

可憐「は、はい」

P「今日はもう終わりだろう。帰っていいぞ」

可憐「は、はい。 お、お疲れさまでした……」


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:55:18.59 ID:raXaMFpN0



 P「可憐?」

 可憐「プ、プロデューサー……」

 P「どうしたんだ? 包丁なんか持って」

 可憐「あ、あの……」

 P「どうした?」

 可憐「わ、私の腕…… 食べてください!」バッ


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:55:52.54 ID:raXaMFpN0


ピピピッ ピピピッ

P「……」

P(なんて夢見てるんだよ……)

P「……会社行こ」


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:56:31.01 ID:raXaMFpN0


 事務所

P「おはようございます」

可憐「お、おはようございます……」

P「可憐、早かったな」

可憐「は、はい、何だか起きてしまって……」

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:57:08.77 ID:raXaMFpN0

P「そうか……」

P(さっきの夢を思い出すと何だか気まずい)

可憐「わ、私コーヒー淹れてくるので、の、飲みますか……?」

P「あ、ああ、頼むよ」

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:57:40.36 ID:raXaMFpN0


可憐「……」

P「……」

可憐「……あっ」

カランカラン

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:58:13.25 ID:raXaMFpN0

P「大丈夫か?」

可憐「あ、いや……」

P「っ!?」

可憐「あ、あの……」

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 16:58:49.89 ID:raXaMFpN0

P「……なんで包丁があるんだ?」

可憐「……」

P「話してくれないとわからないよ」

可憐「そ、その……」

P「……とりあえずこれは俺が預かっておく」

可憐「……」

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 17:01:31.15 ID:raXaMFpN0

 仕事中

P「……」カタカタ

P(可憐が包丁を持ってきていた。あれは、正夢?)

P「……まさかな」

小鳥「プロデューサーさん、どうかしました?」

P「あ、いえ、何でもないです」

P(とにかくあの一件は可憐が何か言ってくれるまで触れない、そうしよう)

46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 17:02:06.70 ID:raXaMFpN0

 夜

P「……よし、出来た」

P「おっと、こんな時間か」

P(そういえば、可憐がレッスンから戻ってこないな)

P「……」ガタッ

P(見てくるか)


47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 17:02:43.71 ID:raXaMFpN0


P「可憐、まだやってるのか?」ガチャ

可憐「……」ポロポロ

P「ど、どうした可憐!?」

可憐「ご、ごめんなさい……」ポロポロ

P「大丈夫だから、な?」

可憐「……」

48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 17:03:14.70 ID:raXaMFpN0




P「……落ち着いたか?」

可憐「は、はい……」

P「レッスンで失敗したのか?」

可憐「い、いえ……」

P「じゃあどうしたんだ?」

可憐「……」

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 17:03:49.63 ID:raXaMFpN0


可憐「わ、私最近変なことを考えるんです……」

P「変なこと?」

可憐「は、はい。その……」

P「その?」

50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 17:04:20.06 ID:raXaMFpN0

可憐「プ、プロデューサーさんのことを、刺したいって……」

P「……え?」

可憐「あ、そ、その、ごめんなさい。い、今は思ってないんですけど……」

P「……」

51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 17:04:53.09 ID:raXaMFpN0

可憐「と、時々思うことがあるんです。け、今朝も……」

P「……包丁はそれで持ってきたのか?」

可憐「は、はい……」

P「そうか……」

52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 17:05:36.62 ID:raXaMFpN0

可憐「……」

P「……それなら良かった」

可憐「えっ……?」

P「俺はてっきり、可憐が自殺をするんじゃないかと思ったんだ……」

53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 17:06:33.60 ID:raXaMFpN0

可憐「……お、怒らないんですか?」

P「え? ああ、そうだな。まあ俺も…… いや、何でもない」

可憐「プ、プロデューサーさんも……?」

P「ち、違うんだ! あー、なんと言うか……」

可憐「?」

54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 17:07:04.21 ID:raXaMFpN0

P「……可憐の腕、食べてみたいって思ったんだ」

可憐「っ!?」

P「ご、ごめん。俺も時々なんだ」

可憐「……」

P「その、綺麗な腕だなって思った時に、ふと……」

55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 17:07:32.34 ID:raXaMFpN0

可憐「……」

P「……やめてもいいぞ」

可憐「え?」

P「こんなやつがプロデューサーなんだ、続ける気もないだろ?」

可憐「……」

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 17:07:59.99 ID:raXaMFpN0

P「社長には俺から何とか言っておくから……」

可憐「……」つんっ

P「っ!?」ビクッ

可憐「あ、ご、ごめんなさい……」

P「ビックリした……」

57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 17:08:25.91 ID:raXaMFpN0

可憐「わ、私は続けます」

P「え?」

可憐「あ、アイドル、続けます……」

P「……そうか」

58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 17:09:25.93 ID:raXaMFpN0

可憐「そ、その、刺しませんから……」

P「わ、わかってるよ。俺も食べたりしないから」

可憐「あ、で、でも、指で背中突っつくのは、いいですか……?」

P「まあ、それはいいが、あくまで事務所内でな」

可憐「は、はい……」

59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 17:10:01.40 ID:raXaMFpN0

P「……っと、今日は遅くなっちまったな。もう帰ろう。タクシー使っていいから」

可憐「は、はい……」

P「領収書忘れるなよ」

可憐「あ、あの……」

P「どうした?」

可憐「あ、改めてよろしくお願いします」

P「あ、ああ。よろしくな」

60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/09(土) 17:10:37.69 ID:raXaMFpN0

P「……」

P(まさかアイドルと似たようなこと考えてるなんてな)

P(刺したい、か)

P(可憐に刺されるのなら、それも悪くはないか……)

P(って何考えてるんだ俺は、ちゃんとプロデュースしないとダメだろ)

P(……明日から頑張ろう)


おわり