2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 20:46:38.01 ID:IOVbrsMa0
――事務所――

律子「――はい。その件につきましては……」

P「……」カタカタ

小鳥「……」カタカタ

律子「――はい。失礼します」ピッ

小鳥「そろそろ、お昼ですねー」チラッ

小鳥「プロデューサーさん、律子さん。お昼行きましょうか?」

P「!」

引用元: P「昼飯一緒に食わないか?」 真「はい! もちろんいいですよ!」 



アイドルマスター 菊地真 1/8スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み完成品フィギュア
ファット・カンパニー (2015-10-24)
売り上げランキング: 44,912
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 20:47:45.02 ID:IOVbrsMa0
律子「……? プロデューサー? どうかしましたか?」

P「い、いや。なんでもない……」

小鳥「あずささんも一緒にどうですか?」

あずさ「あらあら。よろしいんですか? では私も」ウフフ

P(……この事務所に入社して二週間)

P(食事の時間がこんなに苦痛になってしまうとは……)

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 20:49:08.66 ID:IOVbrsMa0
P(新米の俺を気づかって昼飯に誘ってくれるのはありがたい……)

P(ただ……)

小鳥「おいしいイタリアンのお店見つけたんです」

小鳥「ランチタイムはすっごくお得ですから、お財布にも優しいんです」フフフッ

あずさ「それは楽しみですねー」

律子「はい。小鳥さんの探してくるお店はいつも美味しいですから」

P「……楽しみですね」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 20:50:59.68 ID:IOVbrsMa0
――街中――

律子(小鳥さん、プロデューサー殿が来てから定食屋に入らなくなりましたね)ヒソヒソ

小鳥(……ピヨ!!)

あずさ(あらあ? 確かにそうですね)ヒソヒソ

小鳥(そ、それは……)ヒソヒソ

小鳥(私ももう2X歳ですし、少しは女らしくしようかと……)ヒソヒソ

小鳥(こういうアピールが効くって、雑誌に書いてあって……)ヒソヒソ

律子(なるほど。そういうわけだったんですか)ヒソヒソ

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 20:52:53.11 ID:IOVbrsMa0
――店内――

律子「わあ! とっても美味しそうですね!」

小鳥「そうなんですよ。香りもいいですし」

あずさ「はい。お店の雰囲気もいいですねー」

小鳥「それじゃあ、食べましょうか?」

一同「いただきまーす!」

P「……いただきます」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 20:55:07.59 ID:IOVbrsMa0
P(確かに店の雰囲気はいいし、味も良い)カチャカチャ

P(ただ……)

P(量が少ない!!)

P(大盛りを頼めば良いんだろうが)チラッ

一同「――――」キャッキャウフフ

P(なんとなくそうはできない雰囲気……)

P(俺は新米だし、しかも周りは女性ばかりの職場)

P(ある程度覚悟はしていたが、まさかこんなにやりづらいとは!)

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 20:56:32.95 ID:IOVbrsMa0
P(正直、息が詰まることもある……)

P(牛丼屋でがつがつと食いたいときもあるんだ)

P(音無さんを初め、事務所の皆はマナーも良いし……)

P(こっちも気にしてしまうんだよな……)ハアッ

小鳥「プロデューサーさん?」

P「……は、はい!」ビクッ

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 20:58:25.44 ID:IOVbrsMa0
律子「どうしたんですか? 溜め息なんてついて」

あずさ「なにか……、悩み事でしょうか?」

P「い、いえ……、そういうわけでは」

小鳥「お口にあいませんでしたか?」ショボン

P「……!」

P「いえ、違います! あんまりに美味しかったものですから!」

P「少し浸ってしまいました……」アハハ

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:00:06.96 ID:IOVbrsMa0
律子「ああ、なるほどです。確かに美味しいですから」

あずさ「ええ、とっても」

小鳥「そうだったんですか。心配しちゃいました」ニッコリ

P「え、ええ。すみません」アハハ…

P(うう……。なんで素直に言えないんだろうか)

P(仕事上ではそれなりに意見も言えるんだが……)

小鳥「また良いお店、探しますからね?」

P「……はい! 楽しみにしてます!」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:02:05.86 ID:IOVbrsMa0
――事務所への帰り道――

あずさ「おいしかったですねー」ウフフ

律子「ええ! とっても!」

小鳥「明日はどうしますか?」

あずさ「この間のお店はどうでしょうか? サラダがとっても美味しかったわあ」

律子「いいかもれません! あそこの野菜は無農薬で――」

P「……」

28: 支援ありがとう 2012/11/05(月) 21:03:58.55 ID:IOVbrsMa0
――事務所――


ワイワイガヤガヤ


P(……ん? どうしたんだ? 事務所がやけに騒がしいが)

ガチャリ

P「なんの騒ぎだ?」

美希「あ! プロデューサー!」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:06:02.77 ID:IOVbrsMa0
春香「おかえりなさい! プロデューサーさん!」

P「ああ、ただいま」

P(誰かに皆が群がってるな。よく見えないが)

???「みんな、少し落ち着いてよ……!」

亜美「んっふっふ~。まこちん、久しぶりなんだからよいではないか→」

真美「真美たちもみんな心配してたんだよ→?」

雪歩「うぅー。真ちゃん……」ジワッ

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:07:59.58 ID:IOVbrsMa0
P「なあ、美希?」

美希「どうしたの?」

P「見慣れない子が居るんだが、あの子は……」

美希「……そっか。プロデューサーは真くんと会うのは初めてだったね」

P「真くん?」

春香「はい! 765プロのアイドル、菊地真です!」

春香「ダンスレッスン中に怪我をしちゃって、いままで休養してたんです」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:09:20.42 ID:IOVbrsMa0
P「そうだったのか……」

春香「愛称は『真王子』なんですよ」クスッ

P「へえ」

美希「む~。春香! プロデューサーは美希とお話してたの!」

春香「そうだったね。ごめん美希」ニッコリ

美希「む~」プンスカ

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:11:14.29 ID:IOVbrsMa0
???「あ! みんなちょっとごめん!」タタタッ

???「す、すみません!」

P「あ、ああ。君は……」

真「菊地真です! あなたはこの事務所のプロデューサー、ですよね?」

P「ああ……」

真「くう……。やっぱりそうかあ……」ガックリ

P(なんだか落ち込んでるみたいだが……、どうしたっていうんだ?)

37: 支援ありがとう 2012/11/05(月) 21:13:24.39 ID:IOVbrsMa0
真「あの、実はボク、今まで怪我をしてて休んでいたんです」

P「ああ、その話なら今、春香に聞いたよ」

真「くう。出遅れちゃったなあ……」

真「みんなは二週間も先にプロデュース活動を始めてもらってるってことですよね?」

P「ああ、そうなるが。でも、気にすることも無いさ」

P「最初の一週間は挨拶や事務的な手続きばかりだったし」

P「本格的なプロデュースはほとんどこれからなんだ」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:15:24.31 ID:IOVbrsMa0
真「そうだったんですか! へへっ! それを聞いて少し安心しました!」

真「これからよろしくお願いしますね! プロデューサー!」ニコッ

P「!」

P「ああ! こちらこそよろしく頼む!」グッ

真「それじゃあ、失礼します!」ペコッ

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:17:06.82 ID:IOVbrsMa0
P(……菊地真かあ)

『美希「……そっか。プロデューサーは【真くん】と会うのは初めてだったね」』

『春香「愛称は【真王子】なんですよ」』

『真「あの、実は【ボク】、今まで怪我をしてて休んでいたんです」』

P(まさか、うちの事務所にも男のアイドルがいるとは知らなかったな……!)

P(これからは少し居心地がよくなるかな?)

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:19:00.98 ID:IOVbrsMa0
――午後

社長「あー、キミぃ」

P「はい?」

社長「今日から菊地真君が復帰したんだが……」

P「はい! そうみたいですね。話は春香たちに聞きました」

社長「おお! そうだったのかね。さすが我が社のホープ! 仕事が早いね!」

P「いえ、それほどでも……」

社長「それなら私から改めて話をする必要もないかな。引き続き頑張ってくれたまえ!」

P「はい! ありがとうございます!」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:21:07.52 ID:IOVbrsMa0
――翌日

――事務所――

P「真。体の調子はどうだ?」

真「はい! 全く問題ありません!」

真「空手の型だってこの通り!」ババッ

P「おお! すごいな! 真は空手をやってるのか?」

真「はい! 最初は父さんに無理やりやらされたんですけど……」

真「いまはとっても楽しいです!」

P「そうか」ニッコリ

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:23:06.92 ID:IOVbrsMa0
P「ああ、そうだ……」

真「?」

P「真は昼飯はどうするんだ?」

真「お昼ですか? お昼は、みんなとコンビニに行こうって話してるんですけど……」

P「そ、そうなのか」

P「その……、真が良かったらで構わないんだが」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:25:16.87 ID:IOVbrsMa0
P「俺と一緒に外へ食いに行かないか?」

春香「……」ガタッ!

美希「……」ガタタッ!

雪歩「……!」

真「ええ! 構いませんよ! ならみんなも一緒に」

P「……いや」

P「出来れば二人だけの方がいいんだが……」ヒソッ

真「……え?」////

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:26:49.28 ID:IOVbrsMa0
真「二人……、ですか?」////

P「ああ。ダメか?」

真「いえ、ダメってことはないですけど」チラッ

春香・美希・雪歩「……」

貴音「良いではありませんか」

真「貴音?」

貴音「真は私たちに比べて、プロデューサーとの時間が少ないのは確かなのです」

貴音「一緒に食事をとって、仲を深めることも大事かと」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:29:04.01 ID:IOVbrsMa0
春香「……まあ」

美希「……そうかも知れないの」

雪歩「……」

P(本当はみんなも誘ってあげるべきなんだろうが)

P(たまには、気がねなく食事をとりたい)

P(男同士で!)クワッ

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:30:40.80 ID:IOVbrsMa0
真「わかりました」

P「!」

真「確かにこういう時間をとって話をするのも大事ですよね!」

真「ご一緒しますよ! プロデューサー!」

P「ああ、ありがとう」

真(……そうだよね。変に意識することなんて無い)

真(単に二人で食事に行くだけなんだし……)

真(……二人で)////

62: 支援ありがとう 2012/11/05(月) 21:32:29.71 ID:IOVbrsMa0
――昼休み

小鳥「プロデューサーさんは今日は真ちゃんとお昼なんですよね?」

P「ええ。ですから、申し訳ないですけど……」

小鳥「いえ! そんな申し訳ないだなんて……」

P「すみません。それじゃあ」ソソクサ

オーイ! マコトー!

ハイ! イキマショウカ! プロデューサー!

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:34:03.18 ID:IOVbrsMa0
小鳥「……」

律子「……小鳥さん?」

小鳥「律子さん!」クワッ

律子「……は、はい!」ビクッ

小鳥「今日のお昼はたるき亭にしましょう!」

律子「え、ええ。構いませんよ?」タラッ

あずさ「あらあら」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:35:33.93 ID:IOVbrsMa0
――街中――

真「今日はどこへ連れて行ってくれるんですか? プロデューサー」ワクワク

P「え? まあ、そんなに楽しみにされると恐縮なんだが……」

P「……牛丼を食いに行きたくてな」

真「……へ?」キョトン

P「……! 嫌だったか?」

真「え! いや! そんなことないです! 食べたいです、牛丼!」

P「そ、そうか」ホッ

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:37:15.56 ID:IOVbrsMa0
真(……牛丼かあ。正直、少しがっかりしたけど)

真(プロデューサーと二人でご飯なんだよね)////

真(男の人と二人で食事に行くなんて……)////

真(いま僕たち、他の人たちから見たらどう見えてるんだろう?)

真(やっぱり、こ、恋人同士かな)////

P「真?」

真「……え? ああ! どうかしましたか? プロデューサー」

P「いや、店に着いたぞ?」

真「す、すみません! 入りましょう!」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:39:26.39 ID:IOVbrsMa0
――店内――

ガヤガヤ

P「結構混んでるな……」

真「そうですね……」

P「とりあえず、座ろうか」

真「はい!」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:41:09.17 ID:IOVbrsMa0
真「プロデューサーは何を食べるんですか?」

P「俺は牛丼特盛、卵と豚汁と御新香かな。真は」

真「えっと……ボクは」

真(プロデューサー凄い食べるんだな……)

真(ボクも結構食べられるんだけど……)

真(あんまりいっぱい食べたらプロデューサーに、はしたないって思われるかな?)ウーン

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:42:16.61 ID:IOVbrsMa0
真「プロデューサーは何を食べるんですか?」

P「俺は牛丼特盛、卵と豚汁と御新香かな。真は?」

真「えっと……ボクは」

真(プロデューサー凄い食べるんだな……)

真(ボクも結構食べられるんだけど……)

真(あんまりいっぱい食べたらプロデューサーに、はしたないって思われるかな?)ウーン

81: >75 Pのセリフに「?」付け忘れました 2012/11/05(月) 21:44:31.21 ID:IOVbrsMa0
P「真も俺と同じのでいいか?」

真「……!」

真(そんな平然と! い、いいのかな?)

真「じゃ、じゃあ牛丼だけは大盛りにしてもらえますか?」

P「ああ! わかった!」

P「今日は俺のおごりだからな! 遠慮なく食ってくれ!」

真「はい! ご馳走になります!」

82: 支援ありがとう 2012/11/05(月) 21:46:13.14 ID:IOVbrsMa0
――そして

P「うまい! 久しぶりだから尚いっそううまいな!」ガツガツッハフハフッ

真(男らしいなあ……)

真(なんかちょっと……いいかも)////

P「どうした? 真もどんどん食べてくれ!」

真「……はい!」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:48:18.67 ID:IOVbrsMa0
――事務所への帰り道――

真「ごちそう様でした! プロデューサー!」

P「いやいや。これくらいなんともないぞ!」

真「あ、あの……」

P「?」

真「プロデューサーは事務所のみんなともこうして食事したことあるんですか?」

P「ん? ああ、実は……」

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:50:43.27 ID:IOVbrsMa0
真「そうだったんですか……」

P「ああ。このことは音無さん達には内緒だぞ?」

P「正直、洒落た店でご飯を食べても、食った気しないんだよな」

真「はははっ! なんかそれ、分かる気がします」クスッ

P「音無さん達との食事はそういうのだし、一回、とある噂を聞いて貴音と行ったこともあるんだが……」

真「……貴音、ですか」

P「……ああ」トオイメ

真(詳しく聞くのはやめておこう……)

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:52:10.10 ID:IOVbrsMa0
真「……あ!」

P「ん? どうした?」

真「信号変わりそうです! 行きましょう!」ギュッ

P「あ、ああ! って、急に走るな!」

真「これくらい何言ってるんですか!」タタタッ

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:54:16.97 ID:IOVbrsMa0
P「……はあはあっ」ゼエゼエ

真「まったく! プロデューサー! だらしないですよ!」

P「食べたばっかりなんだから、仕方ないだろ……?」ハアハア

P「真はなんとも無いのか?」

真「ええ! ちっとも!」

P「さすが普段から鍛えてる奴は違うな」

真「へへっ!」

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:55:47.11 ID:IOVbrsMa0
真「さ! 行きましょう! プロデューサー!」

P「ああ……」

P(それにしても……)

P(……真の手、柔らかかったな)

P(それに、良い匂いもした……)

P(……!)ハッ

P(な、何を考えてるんだ俺は!)

P(真は男なんだぞ!)

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 21:57:37.56 ID:IOVbrsMa0
――事務所――

小鳥「お帰りなさい! プロデューサーさん!」ニコニコ

P「ただいま戻りました」

P「音無さん、なにかあったんですか?」 

小鳥「……え?」

P「いえ、なんだか嬉しそうなので……」

小鳥「……そうですか? 気のせいですよ」フフフッ

小鳥(……言えないわ。久しぶりに食べた、たるき亭の定食が美味しくて気分が上がってるだなんて……)

P「……?」

105: 支援ありがとう 2012/11/05(月) 21:59:46.75 ID:IOVbrsMa0
律子「……あっ! プロデューサー、戻ってきました?」テテテッ

P「……どうかしたのか?」

律子「ええ。実はお願いしたいことがありまして」

P「……?」

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 22:01:39.29 ID:IOVbrsMa0
P「……ダンスの構成が変わった?」

律子「ええ。細かいところなんですけど、いくつか変わった部分がありまして……」

P「それで?」

律子「その変更があったのが、真の休養の直後だったんです」

P「あー。なるほど……」

律子「はい。真だけ、変更後のダンスの練習をしていないんです」

律子「ダンス部分は早いうちに詰めに入っていたんで、失念していました」

律子「……私のミスです。すみません」ペコッ

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 22:03:05.41 ID:IOVbrsMa0
P「よし! わかった! それを俺が指導すればいいんだな?」

律子「はい。トレーナーさんにも連絡してみたんですが、予定が詰まってるみたいで」

P「大丈夫だ。俺に任せてくれ」

律子「すみませんが、お願いします。これ、これまでの練習中のビデオです。参考にしてください」

P「ああ。ありがとう」

律子「スタジオは押さえてあります。私は午後から春香たちに着くので、なにかあったら……」

P「そんなに心配するな! 任せろっていったろ?」

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 22:04:39.53 ID:IOVbrsMa0
――
――――

P「と、いうわけでだ」

P「真は午後から俺とダンスレッスンだ」

P「他の皆は歌のレッスンに行くから、別々になってしまうが……」

真「はい! わかりました!」

美希「真くんだけ別なのは少し寂しいの」

春香「プロデューサーさんはこっちには来てくれないのかな?」ボソッ

P「ん? 春香、何か言ったか?」

春香「い、いえ! なんでもありません」アセアセッ

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 22:06:27.29 ID:IOVbrsMa0
――そして

――レッスンスタジオ――

P「それじゃあ、レッスンを始めようか!」

真「はい! よろしくお願いします!」

P「ああ! 真ならすぐに皆に追いつけるぞ!」

P「それじゃあ、変更した箇所なんだが……」

P「ビデオ、再生するぞ?」

真「はい!」

123: 支援ありがとう 2012/11/05(月) 22:08:18.97 ID:IOVbrsMa0
P「……どうだ? 真」

真「うーん。流れは分かったんですけど……」

真「正面からの映像だけなんで細かい部分がなかなか……」

P「うーん、確かにそうだな……」

P「じゃあ、実際にやってみるか!」

真「そうですね。でも……」

P「これでもレッスンはちゃんとサポートしてきたんだ」

P「細かい部分もちゃんと指導できるはずだ!」

真「そう、ですよね! はい! お願いします! プロデューサー!」

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 22:09:36.86 ID:IOVbrsMa0
 ~♪ ~♪♪

 ジャーン・・・・・・

真「……ふう」

真「どうでしたか? プロデューサー?」

P「うん、流石だな。大体は良さそうだ」

P「だけど、確かに細かいところで気になるところはある」

真「はい」

P「そこのところを調整していこう!」

真「お願いします!」

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 22:11:37.43 ID:IOVbrsMa0
P「とりあえず、曲の変わり目の部分なんだが」

真「はい」

P「もっと腰を左に突き出す感じかな?」スッ…

真「うひゃあ!!」ビクッ

P「うわあ!!」

P「ど、どうしたんだ? 急に?」

真「い、いえ……」

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 22:13:12.47 ID:IOVbrsMa0
真(『どうしたんだ』なんて、急に触られたらビックリするに決まってるじゃないかあ……)////

真(で、でも……)チラッ

P「?」

真(プロデューサーは全然気にしてみたい……)

真(そ、そりゃそうだよ。これはレッスンなんだから)

真(こんなことで一々動揺してたらプロ失格だよね)

真「何でもありません! 続けましょう!」

P「ああ。それでここのところは――」

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 22:15:08.74 ID:IOVbrsMa0
――しばらくして

P「……ふう。大体良さそうだな」

真「は、はい!」ハアッハアッ

P(う……)

P(汗で髪が顔に張り付いて、なんだか色っぽいな)////

P(息も切らせて……)

P(それになんだかいい匂いが……)

P(……! だ、だから何を考えているんだ俺は!)

P(俺にその気はないんだ! ……ないはずだ)

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 22:16:34.92 ID:IOVbrsMa0
――そして

P「さ、さあ真。そろそろ時間だ。着替えて事務所に戻ろう」

真「はい! そうですね!」

P「……」

真「……」

P「……どうした?」

真「……え?」

141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 22:18:05.56 ID:IOVbrsMa0
真(ど、どうしたって……)

真(着替えたいから出て行ってほしいんだけど……)

P「……?」

真(……! そ、そういうことか!)

真(いまの二人はアイドルとプロデューサー。男も女も無いんだ!)

真(仕事とプライベートはしっかり分けて考えなくちゃ!)

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 22:19:09.32 ID:IOVbrsMa0
真「それじゃあ、着替えちゃいますね」

P「ああ」

真「……」ヌギッ

P「……」

P「…………」

P「……………………」

P「うわあああああああああああ!!!!」

真「」ビクッ!!

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 22:20:12.54 ID:IOVbrsMa0
真「ど、どうしたんですか! プロデューサー!」

P「お、お、お、おおお……」

真「……お?」

P「……お、おんな?」

真「……は?」

P「真、お前女だったのか?」

真「」

154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 22:21:34.41 ID:IOVbrsMa0
P「……ま、真?」

真「……」ツーン

P「そろそろ、機嫌直してくれないか?」

真「ひどいですよ。男と間違えるなんて……」

P「……すまない」

真「……」

P「……真?」

157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 22:22:58.68 ID:IOVbrsMa0
真「……やっぱりボク、アイドルなんて向いてないのかな」

P「……!」

真「女の子らしくって、憧れてアイドル事務所に入ったのに……」

真「プロデューサーに男と間違えられるなんて……」

P「いや、そんなことは……」

真「だって!」

P「……」ビクッ

真「プロデューサー、気づいてくれなかったじゃないですか……」グスッ

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 22:24:07.14 ID:IOVbrsMa0
P「真……」

真「……」グスッ

P「そんなことない」

真「……慰めなんてやめてくださいよ」

P「いや、慰めなんかじゃない」

P「真はかわいい女の子だよ」

真「……」

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 22:25:26.87 ID:IOVbrsMa0
P「真に初めてあった時、真、俺に笑ってくれたろ?」

P「その時、俺、胸がドキッとしたんだ」

P「昼に食事しに行った帰り道に手を引かれたとき」

P「やっぱり、胸が高鳴った」

P「とっても良い匂いがした」

P「今のレッスン中だってそうだ。俺、ドキドキしっぱなしだった」

P「それに……」

164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 22:27:06.04 ID:IOVbrsMa0
P「さっき、真の下着を見たときも……」

真「うわああああああ!!」////

真「そ、それは言わなくてもいいです!」

P「ん? そ、そうか? ……そうだよな」////

P「ま、まあ……」コホン

P「とにかく! 真は魅力的な女の子だよ!」

真「……」////

真「……あ、ありがとうございます」////

169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 22:28:28.98 ID:IOVbrsMa0
P「みんなが『王子』とか『くん付け』で呼んでたりしてたから勘違いしてしまったが……」

P「むしろ、真が女の子で安心したんだ」

P「俺、その気があるんじゃないかって不安だったんだ」アハハ・・・

真「……ふふっ! 良かったですね! ボクが女の子で!」

P「ああ! 真はとってもかわいい女の子だ!」

真「……へへへっ!」////

174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 22:30:09.51 ID:IOVbrsMa0
――数日後

――事務所――

P「ここの店は雰囲気も良くてな? ランチタイムはセットが安くて――」

真「へえ! いいですね! 行きましょうよ! プロデューサー!」

P「もちろん大盛でな! ……あ! 春香たちも一緒にどうだ?」

春香「……いえ、結構です」

美希「胸焼けしそうなの」ボソッ

雪歩「お二人の邪魔しちゃ悪いですぅ」

179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 22:32:03.92 ID:IOVbrsMa0
P「……ん? そうか。気にしなくてもいいんだぞ?」

真「そうだよ! 皆で行こうよ!」

雪歩「う、うん……」オドオド

春香(見せ付けられるってわけね……、でも)

美希(でもまあ……、二人の関係は日も浅いし)

春香・美希(隙あらば……)キラーンッ

春香「じゃあ、ご一緒しまーす!」

美希「美希もなの~!」

182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 22:33:35.44 ID:IOVbrsMa0
小鳥「うぅ~。何でこんな事に……」グスグスッ

律子「小鳥さん、いい加減元気出してください……」

あずさ「あらあら」

小鳥「たったの二日。たったの二日ですよ? 律子さーん」ピヨヨ・・・

小鳥「しかも、さっき言ってたお店、私が教えてあげたお店で……」

律子「はいはい。わかりましたから」ナデナデ

小鳥「ううう。短い夢でした」ウルウル

186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 22:35:25.49 ID:IOVbrsMa0
真「この前、行ったお店もまた行きたいですね! 生姜焼き、とっても美味しかったです!」

P「ああ! あの店か! 少し並ぶけど、美味いよな!」

真「……なにより!」ニコッ

P「……ああ!」ニッ

P・真「ご飯大盛が無料!!」

                     おわり