1: ◆.s08/pYCBQ 2017/10/09(月) 17:50:56.10 ID:hag90dYF0

ヨウ「(タマゴから孵化するポケモンのニックネーム)、一緒に考えてほしいんだ」


リーリエ「えええええっ!?(私達に子供が出来た時の名前!?)」



ヨウ「(名付けのセンス無いから)、やっぱり自分一人で考えるのは独りよがりかなと思って」


リーリエ「い、いいいいきなり、何を仰るんです!(私達、まだ手を握ったことすら無いのに!)」


ヨウ「しかしここ最近、この事で頭が一杯で…。気が狂いそうなんだ」


リーリエ「で、でででもそれは、私たちには、なんというのか、……早いです!早すぎます!」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1507539056

引用元: 【ポケモン】ヨウ「生まれてくる子の名前を考えてほしい」 リーリエ「…は、い?///」 


2: ◆.s08/pYCBQ 2017/10/09(月) 17:51:51.53 ID:hag90dYF0
ヨウ「そんなことはない。僕達にとって、もう間もなくのことだ。(タマゴが孵るのなんて)」


リーリエ「ひぇ!///」


ヨウ「(良いニックネームを)僕は真剣に考えてるんだ…」


リーリエ「ひゃあ!///」


ヨウ「(トレーナーを志す上での経験として)、これはリーリエにとっても大切なことになるだろう」


リーリエ「それはそうかもしれませんけど!///」


3: ◆.s08/pYCBQ 2017/10/09(月) 17:52:40.57 ID:hag90dYF0
ヨウ「それじゃあ早速だけど…、やっぱり変に凝ったのよりは、呼んであげた時に親しみやすい感じが良いと思うんだけど、どうかな?(ニックネームなんだし)」


リーリエ「…急な話過ぎて、わたしにはわからないですよもう…///」


ヨウ「なるほど、いまだかつてないこと故に臆してしまう気持ちはよくわかる」


ヨウ「しかし、君はコスモッグに“ほしぐもちゃん”という素敵な名前を付けてやっていたじゃないか」


ヨウ「あんな感じで良いんだよ」


リーリエ「そんなお名前を付けちゃうんですか!?(私たちの子供ですよ!?)」


ヨウ「別に…、良い名前じゃないか」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/09(月) 17:53:22.45 ID:hag90dYF0
リーリエ「わ…、わたしだって、その、あ、ああ赤ちゃんの名前をできるだけ早めに考えてあげるのは悪いことではないとは思いますが…!///」


リーリエ「でもそれ以前の話として、もしもヨウさんがわたしのことを本気で考えてくれているなら、もう少し順序を立てて、言うべきことを言ってほしいんです!」


ヨウ「……!」


リーリエ「…私だってべ、別に嫌とかじゃ、ないんですよ…?///」


ヨウ(…なるほど。タマゴ孵化に関して基礎から教えてくれということか)


ヨウ「僕としたことが、気持ちが先走る余り、君の立場も考えず話を端折りすぎた。…すまない」


リーリエ「ヨウさん…!」


5: ◆.s08/pYCBQ 2017/10/09(月) 17:54:33.36 ID:hag90dYF0
ヨウ「よし…!よく聞いてくれリーリエ」


リーリエ「は、はい!」


ヨウ「まず、預かり屋のいもーとさんとおねーちゃんさんについてだが…、
リーリエ「嬉しいです…!わたしもヨウさんのこと……!!///」



リーリエ「・・・・・・・・・・。」



リーリエ「何故そこで他の女の子が出てくるんですか…?」


ヨウ「…え?」


6: ◆.s08/pYCBQ 2017/10/09(月) 17:55:26.01 ID:hag90dYF0
おこリーリエ「わたしとヨウさんの間に、その方達は関係ないでしょう…!」


ヨウ「そんなことはない。(トレーナーである)僕にとってある意味、最重要人物だ」


リーリエ「ええええ…!そうなんですか!?」


ヨウ「そうだよ。」


ヨウ「ついさっきも、落ち着きのないイワンコみたいにグルグル回るケンタロスに跨りながら、いもーとさんのことをずっと見つめていた」


リーリエ「へ、変態ではありませんか!何をやっているのですヨウさん!」


ヨウ「何って…、これが一番効率的なんだ…。別に変態じゃないよ」


リーリエ「こ、効率って何ですか!?」


7: ◆.s08/pYCBQ 2017/10/09(月) 17:56:10.56 ID:hag90dYF0
ヨウ「というか、僕と同じ道を行くのであれば将来的に君もやることになると思う」


リーリエ「そんな奇妙な事、致しませんよ…!」


ヨウ「ちなみに今回、子が産まれる時までの間ずっとそうしてるつもりだ」


リーリエ「わたしが苦しんでいるであろうというときに何をしているんですか!?」


ヨウ「(…苦しむ予定があるのか?)……まぁ、その辺の偏見は追々改めていってもらうとして…、」


ヨウ「生まれくる子の育成方針を君と共有しておこうか」


8: ◆.s08/pYCBQ 2017/10/09(月) 17:56:57.06 ID:hag90dYF0
リーリエ「……あ、ああ、なるほど。こう育ってほしいという願いをお名前に込めるというのも良いかもしれませんね」


ヨウ「うむ」


リーリエ「私なら…、優しくて穏やかな子になってくれたら嬉しいな。…でも、元気に育ってくれたら、お母さんはそれが一番嬉しいです…///」


ヨウ「僕は“おくびょう”な子が良いな。むしろ、“おくびょう”一択だ」


リーリエ「…何故、わざわざ臆病な子になることを願うのです…!?歪んでますよ!」


ヨウ「強い子になるぞ…」


リーリエ「…臆病な子なんですよね?」


9: ◆.s08/pYCBQ 2017/10/09(月) 17:57:48.81 ID:hag90dYF0
ヨウ「生まれた子が、“ほっぺすりすり”したり“あまえる”姿が目に浮かぶようだ…。」


リーリエ「あ、それはいいですね!凄くかわいいです…!」


ヨウ「そして、隙を見計らって“わるだくみ”して、相手をどんどん倒していってもらうと。」


リーリエ「わ、悪い子じゃないですか!少なくとも臆病な子ではないです!!」


ヨウ「悪い子…っていうか、なんて言うんだろう…、相手から見て、いやらしい動きをするヤツだと思ってもらえれば狙い通りだ」


リーリエ「子供は親のモノではありません!どうしちゃったのですヨウさん!?」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/09(月) 17:58:29.96 ID:hag90dYF0
ヨウ「…どうやらこの育成方針はお気に召さないようだな。ならいっそ…、“ようき”な子で行くか」


リーリエ「陽気って…。全然、タイプが違うんですが、ヨウさん的にそこまで譲歩しちゃっていいんですか?」


ヨウ「タイプは変わったりしないさ。変わるのは“せいかく”だ」


リーリエ「だから、性格が変わっているではありませんか?」


ヨウ「?」


リーリエ「?」


11: ◆.s08/pYCBQ 2017/10/09(月) 17:59:20.98 ID:hag90dYF0
リーリエ(…? あれ…? なんかお話が噛み合ってない気がします…)


リーリエ「あ、あの、ヨウさん?」


ヨウ「?」


リーリエ「本当に(わたしのこと)、好き…なんですよね…?」


ヨウ「……好きに決まってるじゃないか…!」


リーリエ「!!」ドキッ


12: ◆.s08/pYCBQ 2017/10/09(月) 18:00:04.16 ID:hag90dYF0
ヨウ「悔しいな…。(僕がポケモンの事、好きだって)、わざわざ口にしなくても君にはちゃんと伝わってると思ってた…」


リーリエ「そ、そうなのですか?」


ヨウ「はっきり言わせてもらえば、好きなんて言葉じゃ軽すぎる…!(ポケモンの事)」


リーリエ「ひぇ!(わたしの事!?)///」


ヨウ「僕は愛している!!(ポケモンの事)」


リーリエ「ひゃあ!(わたしの事!!)///」


ヨウ「(ポケモンは)僕の人生の全てだ!!」


リーリエ「…す、全て…!…ヨ、ヨウさん…!(そこまでわたしのことを想ってくれていたなんて…!)」ヘタリ


13: ◆.s08/pYCBQ 2017/10/09(月) 18:00:44.15 ID:hag90dYF0
ヨウ「フッ、ここまで言い切っちゃうと流石にちょっと恥ずかしいな…///」


リーリエ「ヨウさん・・・!!///」うるっ


ヨウ「リーリエも同じ想いでいてくれたなら、こんなに嬉しいことは無い…」


リーリエ「嗚呼、ヨウさん・・・・・・!!///」ぶわっ


ヨウ「話を元に戻すが…だからこそ、生まれてくる子の名に妥協はしたくない」


がんばリーリエ「…わ、わかりました!わたしもゼンリョクで覚悟を決めます!」


ヨウ「おお…!…なんかやる気になってくれて、僕は嬉しい」


14: ◆.s08/pYCBQ 2017/10/09(月) 18:01:26.66 ID:hag90dYF0
リーリエ「ならば、ヨウさん!まずクリアしなければならないことがあると思うのです!」


ヨウ「というと?」


リーリエ「(わたしたちのお互いの)両親に会って、お許しをもらいに行きましょう…!」


ヨウ「(タマゴの親である)両親!?親に直接(ニックネームを)相談という事か!凄い発想だ…」


リーリエ「両親に許可なく(婚約を)決めるつもりだったんですか?」


ヨウ「だって、普通それは僕達(トレーナー)の意思が全てだと思ってたから」


リーリエ「ヨ、ヨウさん、なんかワイルドですね…」


15: ◆.s08/pYCBQ 2017/10/09(月) 18:02:14.46 ID:hag90dYF0
ヨウ「しかし(タマゴの)両親に会ったとしても、(意思の疎通的な意味で)話を解ってもらえるだろうか…?」


リーリエ「取り合ってすらもらえないかもしれませんね…。反対だってされるでしょう…」


ヨウ「反対されるのかー!」


リーリエ「しかし、にいさまもかあさまも、ヨウさんの事は強く信頼してますから、根気よく頼めばいつか必ずわかってもらえるはずです。頑張りましょう!」


ヨウ「・・・・・・。」


リーリエ「どうしました、ヨウさん?」



16: ◆.s08/pYCBQ 2017/10/09(月) 18:03:12.44 ID:hag90dYF0
ヨウ「…グラジオと…ルザミーネさんに…許可を取るのか?何故?」


リーリエ「当たり前でしょう。 ヨウさんのお母様にだって、挨拶しに行かなくては!」


ヨウ「う、うちの親…?  …うちなんて許可とるまでも無くOKだと思うけどな…?」


リーリエ「子供の一大事ですよ?そんなはずありません」


ヨウ「……わ、わかったよ…。 なら今、電話で許可とるから、待ってて」


リーリエ「ちょっと!ダメですよヨウさん!そんな重大な話を電話なんかで…!  あ、行ってしまいました…」


――――
―――


ヨウ「OKだって」


リーリエ「嘘でしょう…!!?」


17: ◆.s08/pYCBQ 2017/10/09(月) 18:03:58.57 ID:hag90dYF0
ヨウ「『なんでそんなこと聞いてくるの?』ってキョトンとされてしまった…」


リーリエ「…ま、まぁお許しをもらえたなら…良かったと思いましょうか…」


ヨウ「あ、でも『生まれた子達で、ポケGOのレイドボスを最大数(20)で取り囲めるくらいの数になったら一度見せにきてね』って言われた」


リーリエ「そんなに産めませんよ!(私!)///」


ヨウ「産める産める。それくらいあっという間だよ。(ポケモン。)」


リーリエ「ヨウさんは産まないからそんなことが言えるのです!///」


ヨウ「僕が産むわけだろう…。何言ってんだ…」


18: ◆.s08/pYCBQ 2017/10/09(月) 18:04:50.37 ID:hag90dYF0
リーリエ「…あ、そういえば…、 式のスピーチは、やはりククイ博士にお願いするべきでしょうか?」


ヨウ「……スピーチ? 一体、何の式のスピーチ?」」


リーリエ「結婚式に決まっているではありませんか。 …ひょっとして結婚式は挙げないんですか?」


ヨウ「(自分のポケモンの)結婚式なんて、普通…しないと思うけど……」


リーリエ「…近年は減少傾向とは聞いていましたが、もうそんな風潮なのですか…。何だか寂しいです」


ヨウ「さ、最近もへったくれもないと思うが」


19: ◆.s08/pYCBQ 2017/10/09(月) 18:05:36.76 ID:hag90dYF0
リーリエ「わたしはその、結婚式、やりたいな。 …実は小さい時から憧れてたんです…///」


ヨウ「わ、わざわざ偉いな…。リーリエを“おや”に持てた子はきっと幸せだろう…」


リーリエ「えへ!///」


ヨウ「リーリエの意見を聞いているといかに自分が狭い視野だったのかが身に染みる…。自分は生まれてくる子への気持ちばかり先走っていた…」


リーリエ「生まれてくる子は宝物ですけど、(奥さんである)わたしにもちゃんと目を向けてくださいね」


ヨウ「(後輩トレーナー指導的な意味で)勿論だ」


20: ◆.s08/pYCBQ 2017/10/09(月) 18:06:58.30 ID:hag90dYF0
ヨウ「しかし…それならそれで、式のスピーチは預かり屋の姉妹にやってもらうべきなんじゃないかな?」


リーリエ「だ、だからなんでその人達推しなのですか、ヨウさん!」


ヨウ「だ、だって、これ以上の適任者はいないだろう…?(タマゴの親同士の結婚だろ?)」


おこリーリエ「ククイ博士がダメなら、ハウさんでもハプウさんでも良いです!でも、預かり屋さんはありえません!私たち二人の共通の知り合いにするべきです!」


ヨウ「何故、そこまで預かり屋姉妹を嫌う?何か恨みでもあるのか?」


リーリエ「むしろ何にも無い事に問題があるのです!…強いて言うならヨウさんにデリカシーが無いです…!」


ヨウ「(…?) …それは、何だか…、すいません…?」


21: ◆.s08/pYCBQ 2017/10/09(月) 18:07:45.06 ID:hag90dYF0
ヨウ「……あ!じゃあ!…僕自らスピーチをしようか? …これなら絶対間違いないと思うんだけど!」


リーリエ「…うふふふっ!」


ヨウ「え?」


リ-リエ「もう!そんなのダメに決まってるじゃないですか!意味ないですよ!ヨウさんったら、おかしいです!ふふふ!」


ヨウ「…だ…、ダメに、決まってますか…」


リーリエ「あ。でもみんなから笑いは取れるかもしれませんね!」


ヨウ「そこまで言わなくても!!」


22: ◆.s08/pYCBQ 2017/10/09(月) 18:08:41.23 ID:hag90dYF0
リーリエ「だって、自分で自分へのスピーチをしちゃうなんて変ですよ!ふふ!」


ヨウ「……僕への、スピーチ?」


ヨウ(…?あれ?何か話が噛み合ってない気がする…)


ヨウ「…な、なぁリーリエ?」


リーリエ「………。」


ヨウ「…? …リーリエ?」


リーリエ「…………ふふ。それにしても……なんだか赤い糸…ですよね……//////」


23: ◆.s08/pYCBQ 2017/10/09(月) 18:09:25.09 ID:hag90dYF0
ヨウ「な、何ッ…!?(…“あかいいと”。孵化厳選の必須アイテム…!)」


ヨウ(や、やっぱりポケモンの話をしているんだ。リーリエは!)


リーリエ(……わたしとヨウさんとの出逢いは運命に違いありません。だから言うなれば…、///)


リーリエ「わたし達の今があるのは、きっと赤い糸のおかげです…///」


ヨウ「そう…!“あかいいと”! 流石だな!どうやらわかってきたみたいじゃないか…!」


24: ◆.s08/pYCBQ 2017/10/09(月) 18:10:16.52 ID:hag90dYF0
リーリエ「ヨウさんも同じ想いでいてくれますか!嬉しいです!///」


ヨウ「付け加えるなら “かわらずのいし”も持っておくと尚、良い…!」


リーリエ「(夫婦としての)変わらずの意思!そうですね!素敵です!素敵すぎます!ヨウさん!!///」


ヨウ「(最強のトレーナーを目指す上で)、僕達にはたくさんの困難が待ち受けていると思うがお互い頑張ろう!!」


リーリエ「はい!!(妻として)一生ついていきます!!!///」


ヨウ「リーリエ!!」


リーリエ「ヨウさん!!//////」



ほしぐもちゃん「お前ら、いい加減にするぴゅい!!(怒)」



おしまい