5: 代行ありがとう、短いけど書いてく 2012/12/18(火) 20:13:29.84 ID:hFIfUaJ1O
P「……」カタカタ

P「……ふう」ギシッ

P「もうこんな時間か……休憩するかな」

小梅「!」テテテッ

P「どれコーヒーでも……っと、小梅?」

小梅「……ん、しょ」ポフン

小梅「……えへ」

引用元: モバP「小梅が膝の上に座ってくる」 



THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS MASTER SEASONS AUTUMN!
ゲーム・ミュージック 相葉夕美(木村珠莉) 多田李衣菜(青木瑠璃子) 中野有香(下地紫野)
日本コロムビア (2017-10-18)
売り上げランキング: 32
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 20:15:34.99 ID:hFIfUaJ1O
P「またか……」ナデ

小梅「ん……」

P「ま、いいけどさ。やっぱりあったかいなぁ小梅は」

小梅「Pさんも、あったか……♪」スリスリ

P「事務所以外じゃこんなことするなよ? すぐパパラッチが飛んでくるからな」

小梅「う、うん、大丈夫、です」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 20:18:07.00 ID:hFIfUaJ1O
P「ん、分かってるなら存分にどうぞ」

小梅「は、はい……えへへっ」

P「あーもー、あったかいし可愛いし……小梅は最高だな」

小梅「……あ」

P「う」ビク

小梅「Pさん、Pさん……」

P「な、なんだ小梅」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 20:21:10.39 ID:hFIfUaJ1O
小梅「向かいのビルの……へ、部屋から……小さい子が、こっち見てます」

P「ひぃっ!?」ギュッ

P「ち、ちち、小さい子って、まままた例の子かっ?」ギュー

小梅「あ、あぅ……ぇへ、は、はい。この前の、子……窓ガラスにペタってくっついて、じっ、と……」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 20:23:38.44 ID:hFIfUaJ1O
P「だ、大丈夫、なんだよな? こっち来るとかなんか悪さするとか!」ギュギュー

小梅「お話し、したから……大丈夫、です」

P「うぅ、小梅が頼もしいよ……」ムギュー

小梅「……ふふ」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 20:26:17.43 ID:hFIfUaJ1O
小梅(えへ、へ……大成功、かな)

小梅(ほんとは、向こうには誰もいないけど……)

小梅(こう、しないと……甘えられ、ないし)

小梅(ぎゅ、ってしてくれる……し)

小梅(……い、いいよね?)クルッ

P「うおっ」ビクッ

小梅「あ……ごめん、なさい」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 20:29:37.42 ID:hFIfUaJ1O
P「な、なんだ? はは、じ、実は事務所にも誰かいる、なんて?」

小梅「う、ううん。いない、です」

P「そっかそっか、だよなー。いきなり振り向くからびっくりしたよ」ナデナデ

小梅「はふ……もっと、撫でて……」

P「ほれほれー」ナデナデナデナデ

小梅「んぅ……、ん♪」スリスリ

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 20:32:13.05 ID:hFIfUaJ1O
小梅(あぶな、かった……)

小梅(ごめんね。今は、あまり話せ、ないかも……)

小梅(……うん、ありが、とう)

P「……さて、そろそろ休憩終わり。もう少しで片付くから、それまで待っててくれな」ポンポン

小梅「きょ、今日は一緒に、帰れます……か?」

P「ああ、小梅が家に入るまで、ちゃんと見てるよ」

小梅「う、嬉しい……ですっ」ギュッ

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 20:35:26.96 ID:hFIfUaJ1O
P「おっとっと。はは、ほんとは俺が、一人だと怖いだけなんだけどな」

小梅「わ、私が、Pさん守るね……」

P「うん、よろしく頼むよ」

小梅「ま、ま、任せて……! いつもの、恩返し、だから……」

P「ああ、ありがとな」ナデ

小梅「あっちで、待ってるね」

P「ん。帰り仕度でもしといてくれ」

小梅「うんっ」トテトテー

P「走り方も可愛いなぁ」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 20:38:35.13 ID:hFIfUaJ1O
―――
――


P「ふー。よし、終わった」

P「小梅ー。帰るぞー」

小梅「はー、い」トコトコ

P「うん、コートもイヤーマフも似合うなやっぱり」

小梅「ほ、ほんとに? 似合って、ますか?」

P「ほんとほんと。小さい小梅によーく似合ってるよ」

小梅「む……小さく、ないです。ま、まだ大きく、なりますっ」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 20:43:16.63 ID:hFIfUaJ1O
P「うん、期待してるよ。小梅が大きくなったら、可愛い小梅がもっと可愛くなるからなっ」

小梅「あ、あぅ……!」プシュー

P「おーおー、顔真っ赤だぞー?」ニヤニヤ

小梅「っ! っ!」ペシッペシッ

P「いてて、あはは!」

小梅「もう……!」

P「あっはっは……なぁ、小梅」

小梅「……?」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 20:46:12.10 ID:hFIfUaJ1O
>>31
そんな……照れる

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 20:50:18.30 ID:hFIfUaJ1O
P「別に、なにもなくても膝くらい貸してやるよ」

小梅「!」

P「幽霊がいなくたってぎゅってしてやるし」

小梅「……き、気づいて」

P「あ、怒ってるわけじゃないぞ? ここ最近は忙しくて、小梅が寂しがってるなーって思ってたからさ」

小梅「……う、うん……」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 20:53:33.36 ID:hFIfUaJ1O
P「甘えたいなら甘えてこい。しっかり受け止めてやるよ、小梅」

小梅「……っ!」ダキッ

P「おっ、し! いいタックルだ」

小梅「~~っ!」ギュー

P「よしよし」ナデナデ

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 20:58:15.29 ID:hFIfUaJ1O
―――
――


車内

小梅「……そういえば」

P「んー?」

小梅「Pさんは、ほんとは……お化けとか、怖く……ないの?」

P「うーん……そうだなぁ」

P「見えないものを怖がっても仕方ないしな。それに……」

小梅「それに……?」

P「何かあったら、小梅に助けを求めようかな? 頼りになるしなぁ」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 21:03:23.70 ID:hFIfUaJ1O
小梅「!」

小梅「~~っ!」ペシペシペシ

P「ちょ、こら小梅っ危な、運転中だから! 照れるのはあとあと!」

小梅「て、照れ、照れてないっ!」ペペペペッ

P「あだだだっ」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 21:08:36.12 ID:hFIfUaJ1O
―――
――


後日

P「うーん困った。スケジュールきついなぁここ……やれるかな……」

小梅「……」ソーッ

P「うーん……」ブツブツ

小梅「え、いっ」ダキッ

P「わおっ」

55: >>49マジ欲しい正に天使 2012/12/18(火) 21:12:00.13 ID:hFIfUaJ1O
小梅「えへへ……びっくり、した?」

P「ったくもう、小梅? 甘えていいって言っても、いつでもどこでもってわけじゃないからな?」

小梅「うん、分かってる、分かって、ます……んー」スリスリ

P「しょうがないなぁもう……」ナデナデ

ガチャ

凛「プロデューサー、ちょっと聞きたいこと、が……」

P「あ」

小梅「んー」スリスリ

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 21:14:48.69 ID:hFIfUaJ1O
凛「……」

P「……」

小梅「んぅ♪」スリスリ

凛「……」ゴソゴソ

パシャッ

P「あ、こら凛やめなさいやめて」

凛「うん、撮れた。早速みんなに……!?」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 21:16:56.31 ID:hFIfUaJ1O
P「? どした凛、顔真っ青だぞ」

凛「こ、こ、これっ!」バッ

小梅「……?」

P「ん? ……おお」

小梅「あ……」

凛「な、なななっなんか白い靄みたいのが写った!」

小梅「わぁ……!」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 21:20:31.15 ID:hFIfUaJ1O
P「これ、もしかして小梅と一緒にいる子だったり?」

小梅「う、うん!」

P「へぇすごいな、よく撮れてる。あ、そうだ凛、それ俺に送ってくれよ」

小梅「わた、私にも、ください……!」

凛「あれ、これ私が変なのかな……?」



おわり



小梅「待ち受け……私と、Pさんと、あの子の……スリーショット……えへへ♪」

84: スレタイと関係ないけども 2012/12/18(火) 22:11:56.35 ID:hFIfUaJ1O
また別の日

小梅「あの、Pさん……」

P「ん? なんだ小梅」

小梅「そ、の……今度のお休み、わ、私と……」

P「うん?」

小梅「は、廃墟に、行きません……か?」

P「廃墟か……。なんか面白そうなの、出てきそうだな。よし、行くか?」

小梅「! はいっ」パァッ

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 22:20:20.33 ID:hFIfUaJ1O
―――廃墟

小梅「~~♪」テクテク

P「小梅楽しそうだなぁ。なんだか生き生きしてるよ」

小梅「あ……」

『呪呪呪……』←壁一面

P「おー、やっぱ有名な心霊スポットだけあるな。先駆者も中々いい仕事する」

松永涼「な、な、な、なぁPサン?」

P「なんだ涼?」

涼「アタシ来る意味あった? ホラー映画とかお化け屋敷ならともかく、マジモンは勘弁して」

パキャッ

涼「うひぃっ!?」ビックゥ

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 22:31:34.17 ID:hFIfUaJ1O
涼「ななななになになに!?」

小梅「ごめ、ごめんなさい、涼さん……私が床の板、踏んだみたい」

涼「小梅ぇ……頼むぜマジで……」ギュー

P「涼さん、涼さん」

涼「なにPサン」ギュー

P「ちょっと刺激的だな。新鮮でもある」ギュー

涼「うわああ!? ごめ、ごめんPサンっ!」ズザザ

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 22:36:01.16 ID:hFIfUaJ1O
P「いいよいいよ、むしろ役得?」ニヤニヤ

涼「ニヤニヤすんなっ」ゲシッ

P「いってぇ! 脛蹴るなよぉ!」

涼「知らねーよ!」

小梅「……手、繋ぐ?」

涼「小梅? いや、ありがたいけどさ……流石に年上のメンツってもんがあるし」

P「んじゃ、これでいいな。俺の方が年上だし」ギュ

涼「Pサン!? ま、待って」

小梅「じゃ……わ、私は反対側……♪」ギュ

涼「あーもー、いいよ分かったよ……」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 22:44:29.72 ID:hFIfUaJ1O
―――
――


ヒタ…ヒタ…

P「結構奥まできたなー」

小梅「うん……とっても楽しい……です」

涼「……もうヤダぁ」グス

P(涼、意外と可愛いとこあるな。逃げ出さない分、根性据わってるし、いい仕事見つけて来よう)

小梅「この部屋で、最後……みたいです」

涼「よ、よかった……あとは引き返すだけだよな、な?」

P「そうだな……あぁそうだ、記念撮影でもして帰るか!」

涼「いっ!?」

99: 即興だと1レスが長くなるなすまん 2012/12/18(火) 22:49:05.53 ID:hFIfUaJ1O
小梅「ないす、あいであ……です……!」ワクワク

P「なんか空気重いしな、なんか写るかも」ワクワク

涼「なんでそんな……うう」

P「セルフタイマーかけてっと……よしっ」タタタッ

小梅「ぴーす」

涼「ええいヤケクソだ! うさちゃんピース!」

P「いえーい」

パシャッ

P「うっし、帰るか!」

小梅「手……繋ご、涼さん」

涼「……お願い」ギュ

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 22:55:17.36 ID:hFIfUaJ1O
P「さて、出口は……」

ガチャ ガチャ

P「……おろ?」

涼「どうしたんだ、Pサン?」

小梅「……?」

ガチャガチャガチャ

P「……扉、開かない」

涼「!?」

小梅「え……!」

涼「う、嘘だろ!?」バッ

ガチャガチャガチャッ

涼「……冗談、きついぜ……」ヘタリ

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 23:00:22.64 ID:hFIfUaJ1O
涼「……グス」

P(なぁ、小梅)ボソ

小梅(は、い……)ボソ

P(ちっと、イタズラしちゃうか?)

小梅(……えへ)

P(ようし……)

涼「ど……どうする?」

シーン…

涼「……あれ、Pサン? 小梅?」キョロ

涼「ちょ、どこ行ったんだよ!? イタズラなら止めろって! なぁ!」

涼「やだ、マジで……?」ウル

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 23:09:33.93 ID:hFIfUaJ1O
涼「Pサン!」

涼「小梅ー!」

シーン…

涼「な、んで……こんな狭い部屋なのに」ウルウル

P(かわいい)

小梅(……あ)

ヒュウ…

涼「ひっ!!」ビクッ

涼「なな、なんだよっ! ここ怖くなんかねぇからな!?」

涼「アタシが幽霊なんかでびびっ」

ピトッ

涼「う、ひゃああああ!?!?」ドサッ

P(小梅グッジョブ!)

小梅(あ、あの)

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 23:14:09.06 ID:hFIfUaJ1O
涼「あ、あ……腰、抜けた……」

涼(ちっと……漏れた)

P「涼!?」タタタッ

涼「あ、Pサ、ン……うぅ」

涼「どこ行ってたんだよばかやろおおお!!」

P「え、どこって……ずっとこの部屋にいたけど

P「いきなり涼の声が聞こえなくなって、姿も見えなくなったし」

P(隠れてただけだけどな!)

涼「う、そ。はは、嘘つくなって」

P「いや、ほんとに。涼、大丈夫か?」

小梅「……涼さん?」トテトテ

涼「小梅えええ!」ダキッ

小梅「ひゃうっ」ムギュー

P「あらら」

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 23:22:08.88 ID:hFIfUaJ1O
―――
――


小梅「外、出ました……」

涼「うぅ」

P「まさか涼が腰抜かすなんてなぁ」

涼「ぜっったいに秘密! アタシたちだけの秘密だから!」

P「分かってるよ。おんぶくらい、可愛い涼が見れただけでお釣りが来るさ」

涼「にゃろうっ」ポカッ

P「いでっ!」

小梅「……、もう大丈夫みたい、です」

P「ん?」

涼「へ?」

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 23:27:17.10 ID:hFIfUaJ1O
小梅「中に入ってから、ずっと……悪い子が、憑いてきてました」

P「あらま」

涼「」

小梅「最後の部屋……涼さんにイタズラしたの、その子、です」

涼「」

P「あれって小梅じゃなかったのか……害とかは?」

小梅「ううん……特に、力があったわけでも……それに、あの子が守ってくれてました」

P「そっか、良かった……涼、安心していい……ぞ?」

涼「きゅぅ……」

P「……あはは」

小梅「涼さん、可愛い……♪」

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 23:34:37.04 ID:hFIfUaJ1O
また後日

P「おーい、例の廃墟行ったときの写真できたぞー」

小梅「わぁ……」

涼「うぅぅ……変なの写ってたり、しないよね?」

P「いやぁそれがな」

小梅「あ……いっぱい」

涼「う、写って……! うあああっ!」

P「見事に涼の周りだけ……すげー」

小梅「きっと、涼さんの……こと、気に入ったんです」

涼「小梅」

小梅「は、い?」

涼「しばらくうちに泊まりな、強制だ」

小梅「え……ええ?」

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 23:38:20.87 ID:hFIfUaJ1O
涼「あと! 抱き枕になってもらう!」ムギュー

小梅「あぅっ!?」

涼「は、離すもんか……!」ガタガタ

P「小梅、頑張れー」

小梅「たす、Pさん助け、てっ」ジタバタ

涼「小梅! アンタの特等席はアタシの膝の上! いいな!?」

小梅「あうあうー……!」

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 23:45:19.05 ID:hFIfUaJ1O
P「はは、仲良きことは美しきかな……あ、そうだ。涼?」

涼「な、なにっ?」

P「単独ホラースポットの収録、オファーもらってきた!」グッ

小梅「い、いいな、いいな……!」

涼「はぁ!? ざっけんな!」

P「あ、一応言っとくけど。断ったらおんぶの件、みんなに言いふらすぞー」ニヤニヤ

涼「お、鬼! 悪魔ぁ!」

小梅「あ、安心して、涼さん……。私の知ってる子たち、憑いて行ってもらうから……ね?」

涼「ね? ってどこ見て話してんだ!? やだ、絶対やだ!」

P「まぁまぁ」

小梅「まぁ、まぁ……♪」

涼「ふざけんなぁぁあっ!」



おわり