2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 15:50:47.15 ID:Qzv58eg60
P「結婚する事にしたんだ」

引用元: P「みんな聞いてくれ。俺はこのアリーナが終わったら――」 



3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 15:51:12.54 ID:Qzv58eg60
春香「…………」

千早「…………」

雪歩「…………」

やよい「…………」

律子「…………え!?」

伊織「…………」

あずさ「…………」

亜美「…………」

真美「…………」

美希「…………」

響「…………」

貴音「…………」

真「…………え? け、結婚ってどういうことなんですかプロデューサー!?」

4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 15:53:00.94 ID:Qzv58eg60
響「と、というかいったい相手は誰なのさー!?」

P「ああ、相手は――志保だ」

伊織「志保ォッ!!??」

P「ああ、話すと長くなるんだが……レッスンで汗ダクになった志保を見てたら、こうムラッとしてな」

P「結果、アリーナ後に結婚する事になった」

亜美「短い上に意味がわかんないよぉ!? いったいセリフの間に何があったの!?」

P「ハハハ、おいおい亜美。あんまり野暮な事言わせるなよ?」

6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 16:01:22.88 ID:Qzv58eg60
千早「プ、プププ、プロデューサー、何を言っているんですか? 正気なんですか!?」

あずさ「じょ、冗談ですよね。そんないくらなんでも……ね、ねぇ志保ちゃんも何か言って頂戴?」

志保「………………ポッ」

真美「なんで頬を赤くして恥らってるんだよぉ!?」

雪歩「そ、そもそも志保ちゃんは14歳だった筈……け、結婚なんて無理ですよぅー!」

P「大丈夫!志保は合法だ!背も高いし!」

やよい「うっうー!なんの言い訳にもなってないじゃないですかー!?」

貴音「お、落ち着くのです皆の衆。ほら、美希も何か言って差し上げなさい」

美希「あばばばばばばば(白目)」

律子「み、美希ー!? 美希が泡吹いて倒れているわ!?」

春香「――――私は、天海春香だから!!」

P「おいおい春香、まだここはクライマックスじゃないぞ。このうっかりさんめ、ハハハハ」

7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 16:18:08.27 ID:Qzv58eg60
P「でも俺は嬉しいよ。まさか皆がこんなにも祝福してくれるだなんて…」

亜美「誰も祝福してないよ!誰も祝福してないよ!!」

伊織「そもそも、なんで志保なのよ!? 私じゃダメなの!? 私じゃムラッとしなかったて言うの!?」

雪歩「お、落ち着いて伊織ちゃん。正直になっちゃ行けないとこまで言っちゃってるよ!?」

P「そうだぞ伊織。だいたいお前はまだ子供じゃないか……さすがにロリコンじゃないしムラッとはしないよ」

伊織「私のほうが!志保より!年上だわよ!!」

千早「そもそも14歳に手を出しておいていうセリフじゃありません……」

律子「だ、だいたいハリウッドはどうしたんですかハリウッド!」

貴音「はりうっど、とは何の事ですか?」

P「ああ、あれか……止めた」

律子「止めたぁ!?」

P「ああ、やっぱり俺も所帯を持つからには、しっかりと腰を据えて挑まなくちゃと思ってな」

P「ハリウッド研修は白紙にしてもらったのさ!」

9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 16:35:56.91 ID:Qzv58eg60
美希「――ハッ!? お、恐ろしい夢を見たの……ポッと出の女にハニーを寝盗られる悪夢だったの……」

やよい「それ夢じゃないですよ、美希さんー」

美希「やっぱり夢じゃなかったのー!? ど、どういうことなのハニー!?」

P「なんだ美希、聞いてなかったのか。アリーナが終わったら俺と志保は結婚するんだ」

美希「なんで美希というものがありながら、そういう結論になるの!?」

P「……ん? 美希達のプロデュースはこれからもちゃんとするぞ? これからも一緒にトップアイドル目指して頑張っていこうな!」

美希「んなことできるわけねーなのっっ!!」

真美「ミキミキの怒りがマックスになっててワケわかんないことになってるよー」

響「いや、でも気持ちはわからなくないぞ……」

美希「――ハッ!? 今ハニー、アリーナが終わったら結婚するって言ったの?」

P「え、ああ、そうだな。やっぱりある程度区切りというか大きな仕事を達成してからの方が」

美希「なら美希、アリーナ止めるの!むしろ妨害する方向で進むの!」

P「ははは、おいおい美希。そんな無茶苦茶な――」

約全員「――それだッッ!!」

P「…………え?」


こうして765プロは内部分裂。
これによりアイドル戦国時代へと突入し、アイドル達は己が覇を唱えるべく戦い続けるのであった。
後世において人はこれをミリオンライブ事件と呼び習わしたと言う……


どっとはらい

13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 17:33:24.22 ID:Qzv58eg60
可奈「時間がだいぶ余りましたので、聞いてください」

志保「私達、輝こう側バックダンサーズで『もしかしてだけど』」

14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 17:34:31.82 ID:Qzv58eg60
杏奈「もしかしてだけどォー!」

百合子「もぉーしかしてだけどォー!」

杏奈&百合子「私達って映画デビューで人気出ちゃうんじゃないのォー!!」

杏奈「テンションスイッチがなくなって、ただの気弱な子に見えちゃってるけど」

杏奈「雨合羽が異様に可愛らしいし、テンションあがらなくても」

杏奈「もしかしてだけどォー!」

百合子「もぉーしかしてだけどォー!」

杏奈&百合子「私達って映画デビューで人気出ちゃうんじゃないのォー!!」

百合子「唯一の見せ場が、合宿途中の取材中に」

百合子「捻挫しちゃって一時離脱しちゃうシーンくらいしかないんだけど」

杏奈「もしかしてだけどォー!」

百合子「もぉーしかしてだけどォー!」

杏奈&百合子「私達って映画デビューで人気出ちゃうんじゃないのォー!!」

15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 17:35:53.80 ID:Qzv58eg60
奈緒「もしかしてやけどォー!」

美奈子「もぉーしかしてだけどォー!」

奈緒&美奈子「私達って映画デビューで人気出ちゃうんじゃないのォー!!」

奈緒「本編にはいなかった関西弁キャラが、えらい目立ってたし」

奈緒「登場シーンも一番早くて、ええ感じやったんやから」

奈緒「もしかしてやけどォー!」

美奈子「もぉーしかしてだけどォー!」

奈緒&美奈子「私達って映画デビューで人気出ちゃうんじゃないのォー!!」

美奈子「ご飯のシーンで「ですよね!」って喰いついちゃうし」

美奈子「奈緒ちゃんとのコンビでいい感じにキャラ立ち出来てたし」

奈緒「もしかしてやけどォー!」

美奈子「もぉーしかしてだけどォー!」

奈緒&美奈子「私達って映画デビューで人気出ちゃうんじゃないのォー!!」

16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 17:37:20.59 ID:Qzv58eg60
可奈「もしかしてだけどォー!」

志保「もぉーしかしてだけどォー!」

可奈&志保「私達って映画デビューで人気出ちゃうんじゃないのォー!!」

可奈「本映画のメインヒロインといっても過言ではない大抜擢」

可奈「今後、ぽっちゃりキャラとしてなんか個性確立しちゃいそうだけど」

可奈「もしかしてだけどォー!」

志保「もぉーしかしてだけどォー!」

可奈&志保「私達って映画デビューで人気出ちゃうんじゃないのォー!!」

志保「可奈に次いでスポットを浴びたのはいいけれど」

志保「あれ?これ好感度下がりませんか?大丈夫ですか、と不安になったけど」

可奈「もしかしてだけどォー!」

志保「もぉーしかしてだけどォー!」

可奈&志保「私達って映画デビューで人気出ちゃうんじゃないのォー!!」

約全員「そういうことだろ」

17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 17:38:06.01 ID:Qzv58eg60
星梨花「もしかしてだけどー」

星梨花「もしかしてだけどー」

星梨花「私の出番って一番少ないんじゃないのー」

星梨花「セリフも目立ったシーンも殆どないし」

星梨花「全体的に杏奈ちゃんのキャラに押されていた気がしたんだけど」

星梨花「もしかしてだけどー」

星梨花「もしかしてだけどー」

星梨花「私の出番って一番少ないんじゃないのー……うっ、うっ……」

可奈「あ、いや、ほら…星梨花ちゃんはビジュアルが一番目立つしさ!」

志保「そ、そうよ! 画面に映ってるだけでこう映えるって言うか!」

星梨花「うわーん! いつか必ずトップアイドルになってみせますー!」

どっとはらい