6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 15:26:30.27 ID:V7j+urYL0
恭介「あぁ、明日はバレンタインだろう?」

理樹「そういえばそうだね」

恭介「我らがリトルバスターズの女子たちも、きっと俺たちのためにチョコを作ってくれているに違いない」

謙吾「いや、それはどうだろうか」

恭介「おいおい。ずいぶん悲観的だな、謙吾」

謙吾「考えてもみろ、理樹はともかく、あいつらが俺たち三人のためにチョコを作るような女に見えるか?」

恭介「……たしかに見えない」

理樹「あ、あっさり認めちゃった!?」

恭介「くっ……どうして理樹ばっかりモテるんだよちっきしょう!」

理樹「そ、そんなことないよ。というか、僕だってもらえるって決まったわけじゃないし」

引用元: 理樹「リトルバスターズ女子のバレンタインチョコ?」 



リトルバスターズ! パーフェクトボーカルコレクション
Key Sounds Label (2014-08-08)
売り上げランキング: 677
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 15:35:12.22 ID:V7j+urYL0
謙吾「いや、もらえるな」

恭介「間違いない。ウッハウハだぞ」

理樹「っ……ぼ、僕のことはいいじゃない! それより恭介たちはどうしたいのさ?」

恭介「もちろん、チョコがほしい」

謙吾「俺もだ」

恭介「真人はどうだ?」

真人「……フッフッ、俺は……フッフッ、筋肉さえあれば……フッフッ、それでいい……ッ」

理樹「あはは……真人らしいね」

恭介「ほう、じゃあ理樹の手作りチョコならどうだ?」

理樹「は……?」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 15:38:09.46 ID:V7j+urYL0
謙吾「なに……?」

真人「り、理樹の手作り……だと?」

バッチーンッ!

理樹「っ! 真人のエキスパンダーが!?」

真人「理樹! 俺たちにチョコを作ってくれるのか!?」

理樹「いや、作らないけど……」

真人「うぉおおおおおおお!!! 俺は嬉しい! 俺は嬉しいぞ、理樹ぃいいいい!!」ボロボロ

理樹「って、聞いてないし……」

恭介「それじゃ理樹、三人分よろしくな」

謙吾「今日の晩飯は抜いて、腹を十分に空かせて待っていよう」

理樹「いや、作らないからちゃんと食べてよ!」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 15:44:22.25 ID:V7j+urYL0
恭介「そうか……作ってくれないか」ガクッ

理樹「なんでそんなに残念そうなのさ!? 男の僕からもらったって嬉しくないでしょ」

恭介「いや、嬉しい」

真人「あぁ、筋肉が震えるぜ」

謙吾「後生だ、理樹」

理樹「……作らないからね」

恭介「……くっ、仕方ないか。なら、最後の頼みの綱は女子メンバーということになるな」

理樹「小毬さんあたりならみんなに作ってくれそうに思うけど」

謙吾「そうだな」

真人「俺は理樹のチョコがほしいんだ!」

理樹「それはもう諦めてよ……」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 15:52:44.05 ID:V7j+urYL0
理樹「僕以外なら誰からのチョコがほしいの?」

真人「俺は食えるなら何でもいいぜ」

理樹「なるほどね」

謙吾「俺は実は甘いものは好きじゃないんだ」

理樹「じゃあなんで欲しいなんて言ってたの!?」

謙吾「ほしいが、食うとは言っていない」

理樹「……」

恭介「俺はもちろん鈴だ。あいつからはこの18年間、一切そういったプレゼントをもらったことがないからな」

理樹「そ、それはなんというか……ご愁傷様だね」

謙吾「だが、鈴なんて一番バレンタインから縁がなさそうに見えるじゃないか」

恭介「っ……悔しいが、もっともな意見だ」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 16:00:41.59 ID:V7j+urYL0
理樹「でも今年は小毬さんやクドがいるじゃない」

恭介「? それは、あいつらがいることで、鈴がなにがしかの影響を受けるってことか?」

理樹「うん、それもあるけど、最近は女の子同士でチョコを交換し合う『友チョコ』っていうのが流行りらしいよ」

謙吾「ほう、そんな文化が芽吹いていたとはな」

真人「知らねえ間に時代は変わっていくもんだな」

理樹「ただ単に、謙吾たちがそういうことに疎すぎるだけだと思うけど……」

恭介「だが、それじゃ結局、鈴からチョコをもらうことはできないじゃないか」

理樹「小毬さんたちに相談してみるってのは? 鈴が恭介にチョコを作るようにしてあげてほしいって」

恭介「……なんだかこすい真似のように思えるが、それしかないか」

真人「で、誰が行くんだ?」

謙吾「理樹しかいないだろう」

理樹「……そうだとは思ったよ」ハァ

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 16:09:21.34 ID:V7j+urYL0
恭介「それじゃ理樹、頼んだぞ」

謙吾「ついでに俺たちの分も作るように言っといてくれ、理樹」

理樹「うん、できたらね」

真人「何かあったら俺たちに連絡しろよ? すぐさま駆けつけて俺の筋肉で……」

理樹「はいはい、そんな事態には絶対ならないから大丈夫」

恭介「それでは、ミッションスタートだ!」

ガチャ

理樹「うーん、まずは女子寮に行ってみようか」

スタスタ...

理樹「……あれ、いい香りがする。これはチョコレートかな。ほんとに作ってるんだ」

理樹「ひとまずはこの匂いをたどっていけばいいか」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 16:16:48.60 ID:V7j+urYL0
スタスタ...

理樹「……匂いのもとは、あそこか」

理樹「あの部屋はたしか……女子寮備え付けのキッチン?」

理樹「よし、行ってみよう」

??「わふー! 焦げてしまったのですー!」

??「クーちゃん、普通のお砂糖つかっちゃダメだよ~」

??「……どうしてだ?」

??「あのね、私たちが普段つかってる上白糖っていうのはちょっと甘めでね~。だから焦げやすいんだ~」

??「へぇ、そうなんだー!」

??「だから、グラニュ~糖っていう焦げにくいお砂糖をつかった方がうまくできるんだよ~」

??「……なるほど、勉強になります」

理樹「……みんな、すごく頑張って作ってるみたいだね」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 16:25:15.80 ID:V7j+urYL0
理樹「でも入りづらいなぁ……邪魔しちゃうのもアレだし」

??「たしかにな、彼女たちはみんな理樹君のためにチョコを作っているわけだし」

理樹「え、そんなことないでしょ……って」

理樹「く、来ヶ谷さん!?」

来ヶ谷「やぁ、少年」

理樹「い、いつからいたの!?」

来ヶ谷「なぁに、少しトイレのために席を外していたんだが」

来ヶ谷「なにやら女子寮の廊下をうろつく挙動不審な人物を見かけたものでな」

理樹「そ、それって僕のこと……?」

来ヶ谷「他に誰がいるというんだ?」

理樹「うぅ……何も言い返せない」

来ヶ谷「まぁ、このことは誰にも言わないでおいてやろう」

理樹「そ、それは助かるよ」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 16:36:09.84 ID:V7j+urYL0
理樹「ところで、来ヶ谷さんもチョコを作ってるの?」

来ヶ谷「あぁ、本当はやりたくなかったんだが、小毬君に無理やりな……」

理樹「あはは……小毬さん、たまに強引なときあるからね」

来ヶ谷「理樹君はチョコのつまみ食いに来たんだろう?」

理樹「ち、違うよ!」

来ヶ谷「まったく、どうせ明日になればもらえるというのに抑制のきかない少年だ」

理樹「人の話聞いてよ……」

来ヶ谷「はっはっは……冗談はさておいて、何しに来たんだ?」

理樹「えっと、来ヶ谷さんに話しちゃっていいものか……」

来ヶ谷「お姉さんに何でも話すといい」

理樹「うーん……」

来ヶ谷「……あれ、こんなところに校則破りの不審な少年が」

理樹「わ、わかったよ! 話すから!」

来ヶ谷「ふ、よろしい」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 16:44:41.31 ID:V7j+urYL0
理樹「実は……」カクカクシカジカ

来ヶ谷「……なるほどな。それで鈴君を探しにここへ来たと」

理樹「うん、まぁね」

来ヶ谷「だが、残念ながら鈴君は恭介氏にチョコを作るとは言ってなかったぞ」

理樹「え、ほんと?」

来ヶ谷「あぁ、そもそも鈴君も小毬君たちに無理やり連れてこられたようなものだからな」

理樹(あちゃ~……これは恭介落ち込むだろうな)

来ヶ谷「というか、私たちは誰にチョコをあげるかは一切詮索し合わないことになっているんだ」

理樹「え、それって……」

来ヶ谷「つまり、明日のバレンタインになってからでないと、誰が誰にチョコを渡すかはわからないということだな」

理樹「なんでなの?」

来ヶ谷「さぁ、乙女の心は難しいからな」

理樹「自分だって女の子なのに……」

来ヶ谷「では、恋する乙女、といった方が正しいか」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 16:50:01.27 ID:V7j+urYL0
理樹「恋って、小毬さんたちが?」

来ヶ谷「あぁ」

理樹「へぇ、一体相手は誰だろう……」

来ヶ谷「……少年、それはわざと言っているのか?」

理樹「え、なにが?」

来ヶ谷「……まぁいい。そういうわけだ、彼女たちに聞いてみても答えてくれないと思うぞ」

理樹「そっか。ありがとう、来ヶ谷さん」

来ヶ谷「フッ、なぁに。礼は理樹君の女装ブロマイドカードでいいさ」

理樹「……そんなものあげないからね」

来ヶ谷「そうか、残念だ」

理樹「それじゃ、僕はいったん恭介たちのところに戻るよ」

来ヶ谷「あぁ、君も明日のバレンタインを楽しみにしているといい」

理樹「はは、あまり大きな期待はしないでおくことにするよ。それじゃ」

スタスタ...

来ヶ谷「……フッ、本当に鈍感な少年だ」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 16:56:40.14 ID:V7j+urYL0
ガチャ

理樹「ただいま」

恭介「理樹、待ちくたびれたぞ! どうだった!?」ガシッ

理樹「き、恭介落ち着いて!」

恭介「あぁ、すまん……」

理樹「んーと、すごく言いにくいんだけど……」

恭介「なんだ、言ってみろ」

理樹「えっとね……」カクカクシカジカ

------------------------------------

理樹「……というわけなんだ」

恭介「……くっ、明日にならなければわからないだと……?」

恭介「そんなの俺は待てない! 今すぐに鈴からチョコがもらえるという確約がほしいんだ!」

理樹「だからそれは無理だって……」

謙吾「むしろ、実際に口に出して『恭介には作らない』と言われなかっただけ、幾分マシに思えるな」

真人「恭介、そんなに落ち込むなよ。一緒に筋トレして、イヤなことは忘れようぜ」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 17:09:59.72 ID:V7j+urYL0
理樹「……恭介?」

恭介「っ……いや、俺は諦めない! 絶対に鈴から『お兄様ラブ』というメッセージカードの入ったチョコを受け取ってやるんだ!」

理樹「微妙にハードルあげないようにね……」

恭介「何か方法はないか、お前たち!」

真人「んー、ねぇな」

謙吾「諦めろ、恭介」

恭介「ぐっ……!」ガクッ

理樹「さすがにひどすぎるよ真人、謙吾!」

謙吾「そもそも俺たちはあまりチョコに執着がないからな」

真人「あぁ、理樹が作ってくれるなら別だがよ」

理樹「……」

恭介「ぅう……っ……」

理樹「……しょうがないな。作ってあげるよ、恭介」

恭介「……り、理樹?」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 17:18:07.54 ID:V7j+urYL0
理樹「い、言っとくけど、出来にはあまり期待しないでよ?」

真人「理樹! おめえってやつは!」

謙吾「恭介、よかったな!」

恭介「……っ、あぁ……あぁ!」ボロボロ

理樹「それじゃ、今から作りに行ってくるよ。一から覚えなきゃいけないしね」

謙吾「なにか俺たちに手伝えることはあるか?」

理樹「いや、いいよ。恭介を慰めてあげてて」

真人「おうよ。ほら恭介、黒ヒゲでもやろうぜ」

恭介「っ……理樹、俺はお前という友達を持って最高に幸せだぜ」

理樹「はは、大げさな……それじゃあね」

恭介「あぁ、楽しみにしているぞ……!」

バタンッ

理樹「……さて、何から始めればいいのかな」

理樹「とりあえず図書室へ行って、チョコの作り方を覚えることから始めよう」

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 17:32:51.70 ID:V7j+urYL0
スタスタ...

理樹「図書室はここかな……って、人多い!?」

理樹(ほとんど女の子だけど、もしかしてこれ、みんなチョコ作りの本を探してるんじゃ……)

理樹「えっと……料理本の棚は……」

理樹「……ない。きれいさっぱり、全部貸出し中だ」

理樹(どうしようか……こうなると直接誰かに教わるしかないよね)

理樹(となると、やっぱり小毬さんたちかな……)

理樹(でも、この恰好のまままた女子寮に行ったら、今度こそ誰かに見つかっちゃう)

理樹(一体どうすれば……)

??「あれ、君はたしか……」

理樹「ん、あれ……寮長さん?」

あーちゃん「こんにちは、直枝理樹君……だっけ? 何か困りごと?」

理樹「え、ええ……まぁ、ちょっと」

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 17:41:40.04 ID:V7j+urYL0
あーちゃん「……ふむふむ、なるほどね」

理樹「大見得切って出てきちゃったので、恭介たちには相談しにくくて……」

あーちゃん「そんでもって、女子の知り合いは全員女子寮のキッチンにいる、と……」

理樹「まぁ、そんなところです」

あーちゃん「ふふ……君も生真面目ね。たかだかチョコ作りのためにそんな真剣に悩むなんて」

理樹「でも、恭介をこれ以上悲しませたくないんです」

あーちゃん「うん、わかってる……それなら、私に考えがあるわ」

理樹「え、なんですか!?」

あーちゃん「ちょっと耳を貸して」

理樹「えっと……こうですか?」

あーちゃん「……」ゴニョゴニョ

理樹「……///」カアァ

あーちゃん「……ってのはどう?」

理樹「そ、そんなのイヤに決まってますよ!///」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 17:47:48.31 ID:V7j+urYL0
あーちゃん「あら、いいアイデアだと思ったんだけど」

理樹「ぜ、全然よくないですよ!」

あーちゃん「うーん、いけると思うんだけどなぁ……それに、私には他に妙案が思いつかないし」

あーちゃん「君だってこのまま何もしないってわけにもいかないでしょ?」

理樹「そ、それはそうですけど……」

あーちゃん「制服なら私が貸すから」

理樹「……っ///」

あーちゃん「どう? それでもやらない?」

理樹「わ、わかりました……やります……///」

あーちゃん「おお、よく決意した!」

あーちゃん「それじゃ、さっそく私の部屋に行きましょうか。一階だから、ベランダから侵入できるし」

理樹「お、お願いします」

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 17:53:35.69 ID:V7j+urYL0
ガラッ

あーちゃん「……よし、ルームメイトはいないようね」

理樹「し、失礼します……」

あーちゃん「んじゃ、着替えてくるからそこで待ってて」

理樹「あ、はい」

バタンッ

理樹(うぅ……なんで僕が女装なんて……)

ガチャ

あーちゃん「お待たせ~。はいこれ、私の制服」スッ

理樹「……ほ、ほんとにいいんですか?」

あーちゃん「うん、いいよ。もしかして、下着も貸してほしかった?」

理樹「し、下着!?」

あーちゃん「はは、冗談冗談」

理樹「や、やめてくださいよ……」

あーちゃん「それじゃ、早く着替えてきなよ。髪だってそのままじゃすぐバレちゃうだろうし、セットしなくちゃ」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 17:59:32.61 ID:V7j+urYL0
ガチャ

理樹「……うぅ……き、着替えました……///」

あーちゃん「おー、これは想像以上に似合ってるね」

理樹「あ、あんまりジロジロ見ないでください……///」

あーちゃん「これなら、友達も本気にしちゃうかも」

理樹「ど、どういう意味ですか!?」

あーちゃん「はは、ほらここ座って」

理樹「……は、はい」

あーちゃん「まずはカツラを乗っけて、と」

理樹「……って、カツラ!? なんでカツラなんて持ってるんですか!」

あーちゃん「うーん……若ハゲ対策?」

理樹「……わかりました、もう寮長には何も聞きません」

あーちゃん「はは、それがいいと思うよ~」

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 18:04:31.61 ID:V7j+urYL0
あーちゃん「できた!」

理樹「……っ///」

あーちゃん「どっからどう見ても女の子! さぁ、行ってこい!」

理樹「……い、行くしかないんですよね」

あーちゃん「男なら自分の言ったことは最後まで貫こう! ……あ、女の子だっけ?」

理樹「男です!!」

あーちゃん「はは……まぁ、がんばんなさいな」

理樹「……は、はい」

スタスタ...

あーちゃん「がんばれ~」ブンブン

理樹「……あの人、絶対におもしろがってるよね」

理樹「はぁ……でも、ここまでしてもらったんだし、ちゃんとやらないと」

理樹「さて、キッチンはっと……あっちか」

理樹(待っててよ……恭介。それに、真人と謙吾も)

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 18:12:28.66 ID:V7j+urYL0
理樹「……さぁ、着いたぞ」

ワイワイガヤガヤ...

理樹(小毬さんたちはまだいるみたいだな……)

理樹(……っと、声色変える練習しないと)

理樹「んんっ……」

理樹(よし、行くぞ……!)

ガラッ

理樹「し、失礼します」ボソッ

小毬「ん? あれれ、見たことない子だ~!」

クド「おお、とてもキュートな方なのです~!」

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 18:19:16.10 ID:V7j+urYL0
葉留佳「あなたもチョコ作りにきたのー?」

理樹「は、はい」

小毬「わ~、じゃ一緒に作りましょ~!」

クド「なのですー!」

理樹「あ、あの……ぼ、僕……じゃなくて私、作り方全然わからないんですけど、よろしくお願いします」ペコリ

小毬「作り方なら私が教えてあげるよ~」

クド「私も初心者でしたが、小毬さんに教えてもらって何とかできるようになりました!」

葉留佳「それでも、クー公はまだまだ焦がしまくってますけどネ」

クド「わ、わふー! さ、三枝さん、それは言わない約束ですー!」

理樹(よかった……これで、なんとかなりそ……)

来ヶ谷「……」

鈴「……」

美魚「……」

理樹「……」タラタラ

理樹(この目線……もしかして、バレてる……?)

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 18:28:12.56 ID:V7j+urYL0
鈴「おい……お前、理樹か?」

理樹「っ!?」

小毬「え~。なに言ってるの~、鈴ちゃん?」

クド「そうですよー、直枝さんがこんなところにいるわけないですー、わふー!」

鈴「……それもそうか」

葉留佳「もしかして、鈴ちゃん。今日はまだ一回も理樹君に会ってないから寂しくなっちゃったのかな?」

鈴「……っ! んなわけあるかボケ!」

葉留佳「やははー、冗談ですヨ冗談」

理樹「……」ダラダラ

鈴「……すまん、人違いだ。忘れてくれ」

理樹「う、うん……」

来ヶ谷「……まぁ、とりあえずチョコ作りを再開しようじゃないか」

美魚「……そうですね」

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 18:40:43.35 ID:V7j+urYL0
小毬「そういえば、名前はなんていうの~?」

理樹(っ、しまった……! 考えてなかった……)

理樹「え、えーと……」

来ヶ谷「……直子君、だったかな?」

理樹「っ!?」

葉留佳「お? 姉御、知り合いなんですか?」

来ヶ谷「いや、先日職員室で名前を呼ばれているのをたまたま聞いてな」

葉留佳「なるほどー」

小毬「直子ちゃんか~、よろしくね~!」

クド「よろしくなのですー!」

理樹「よ、よろしく……」チラッ

来ヶ谷「……」ニヤニヤ

理樹(き、気づいてる……! この人、絶対気づいてる!)

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 18:47:06.60 ID:V7j+urYL0
小毬「直子ちゃんは、どんなチョコが作ってみたいとかある~?」

理樹「え、えっと……そうですね」

理樹(ど、どうしようか……恭介たちの好みでも聞いてくればよかった)

理樹「み、みなさんはどういったものを作っているんですか?」

小毬「私はね~……じゃーん! チョコドーナツですよ~!」

理樹「おお、すごい……」

理樹(さすが小毬さん……すごくかわいらしくコーティングされてる)

クド「私はチョコオムライスですー! わふー!」

理樹「ち、チョコオムライス……??」

クド「普通のオムライスに、チョコレートソースをかけて食べるのですー!」

理樹「そ、そっか……」

理樹(で、でもそれどうやって渡すの……?)

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 18:53:37.25 ID:V7j+urYL0
葉留佳「私はですネ、チョコシフォンケーキですよー! ででーん!」

理樹「あ、あの……これは?」

葉留佳「ふふふ、だからチョコシフォンケーキ……」

来ヶ谷「どう見ても風化したエアーズロックにしか見えないが」

葉留佳「ががーん! そりゃないですよ~、姉御~!」

理樹「あはは……じゃあ、西園さんは?」

美魚「どうして私の名前を知っているんですか?」

理樹「あ……」

美魚「……」

理樹「い、いやさっき……」ダラダラ

美魚「……」

美魚「……というのは冗談で」

理樹(……し、心臓に悪いからやめてよ)

美魚「私はロシェです。アーモンドをまぶしました」

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 19:01:10.06 ID:V7j+urYL0
理樹「へえ、おいしそうですね……」

美魚「あげませんよ、直枝さん」

理樹「っ!?」

小毬「美魚ちゃん、この子は直子ちゃんだよ~」

美魚「あ、そうでした……うっかり」

来ヶ谷「はっはっは、美魚君も天然だなー」

美魚「ごめんなさい」

理樹「うぅ……」

理樹(ぜ、絶対わざとだ! わざとやってる!!)

理樹「く、来ヶ谷さんは……?」

来ヶ谷「私か? 私はこれだ」スッ

理樹「……へ?」

来ヶ谷「一目で義理とわかるチョコ、ブラックサンダー」

理樹「……」

来ヶ谷「……」

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 19:13:09.03 ID:V7j+urYL0
理樹「……つまりサボっていると」

来ヶ谷「まぁ、そういうことだな」

小毬「唯ちゃんもそろそろちゃんと作りましょうね~?」

来ヶ谷「だ、だから唯ちゃんと呼ぶなと……!」

理樹「はは……」

鈴「んしょ……んしょ……」

理樹「えっと、あなたはどんなものを?」

鈴「ん、あたしか? あたしはだな……」

理樹「……もしかして、クッキー?」

鈴「ん……いろんな形のを作ってる」

理樹「へえ……誰にあげるとかはもう決まってるんですか?」

鈴「……っ///」

理樹「?」

鈴「ひ、秘密だ……っ!///」プイッ

理樹「あ……」

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 19:16:12.02 ID:V7j+urYL0
理樹(そっか、そういえば……)

小毬「んとね……私たち、誰にあげるかはお互いに教えないようにしてるんだ~」

小毬「だって教えるの恥ずかしいし、知っちゃったらつまんないでしょ~?」

小毬「だから~、それは明日になってのお楽しみなのですよ~!」

理樹「なるほど……」

理樹(鈴はいったい誰にあげるんだろう……なんとか恭介にあげるよう、誘導できないかな……)

理樹(やっぱり恭介だって、僕なんかより妹の鈴からもらった方が断然嬉しいだろうし……)

小毬「ところで直子ちゃん、何を作るか決まった~?」

理樹「あ……じゃあ私もクッキーにします」

小毬「そっか~、じゃあ鈴ちゃんが教えてあげられるね~!」

鈴「あ、あたしがか!?」

理樹「お、お願いします」

鈴「し、仕方ないな……」

小毬「だいじょ~ぶ! 私もフォローしてあげるから~」

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 19:33:40.48 ID:V7j+urYL0
鈴「まずはな……っ、ち、ちょっと待ってろ!」

理樹「は、はい」

鈴「……よし、いい感じだ……」ソロォ

鈴「っ……あ、ちち!」

理樹(ふふ……鈴ってば、楽しそうだな……)

鈴「……よしと、出来上がりだ」

理樹「はは、ちょっと形が崩れちゃってるね」

鈴「う、うるさい!///」シャー

理樹「あ、すみません」

鈴「……じ、じゃあ、始めるぞ」

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 19:40:05.85 ID:V7j+urYL0
鈴「まずはボウルにバターを入れてだな……」

理樹「これですか?」

鈴「そっちじゃない! そこの……それ! む……む……」

理樹「無塩バター?」

鈴「それだ! それを使わないとしょっぱくなるって、こまりちゃんが」

理樹「あぁ、そっか」

理樹(ふふ……鈴にこうやって何かを教わるって、変な感じだな)

鈴「それで、えっと……」

理樹「……」

鈴「……んー」

理樹「……それで?」

鈴「こ、こ……」

理樹「こ?」

鈴「小麦粉を、入れ……」

理樹「うん」

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 19:45:51.20 ID:V7j+urYL0
すいません、ちょいメシを

163: 保守ありがとう 2013/02/13(水) 20:04:56.04 ID:V7j+urYL0
鈴「……ない」

理樹「入れないんだ!?」

鈴「こ、こまりちゃん! 助けてくれ!」

小毬「はいは~い」

理樹(はは、まだ肝心なところは抜けてるなぁ……)

鈴「……こまりちゃん、この次はどうすればいいんだ?」

小毬「えっとね~、グラニュー糖を入れながらコネコネさせて~……」

理樹(でも、変わったよね……鈴)

理樹(前は友達とクッキーを作ってる姿なんて夢にも思わなかったのに……)

理樹(これも小毬さんやみんなのおかげ……いや)

理樹(なにより、鈴自身が変わろうとした結果なのかも)

理樹(がんばったね、鈴……)

168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 20:15:50.75 ID:V7j+urYL0
鈴「おい、とっとと始めるぞ!」

理樹「え……あ、わかったんですか?」

鈴「あぁ、グラニュー糖をこうやって入れてだな……」

理樹「あ、それ入れすぎなんじゃ……」

鈴「だ、大丈夫だ! 甘い方がおいしいに決まってる!」

理樹「……」

理樹(まぁこういうところは相変わらずだけど……)

鈴「よし……そしたら、泡だて器でグリグリかき混ぜる」グリグリ

理樹「なるほど……」

鈴「……」グリグリ

理樹「……」

鈴「お、お前がやらんかボケ!」

理樹「あ、すみません!」

172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 20:29:10.15 ID:V7j+urYL0
鈴「泡立ったら呼べ」

理樹「は、はい」

理樹「……」グリグリ

理樹(他の人はどんな様子かな……?)

葉留佳「見て見て~、お○○○ブルドーザー!」

美魚「……」

葉留佳「す、スルーなんてひどいですヨ……みおちん」

美魚「……」

葉留佳「むむ~……あ、なおちん貸して貸して~!」

理樹「な、なおちん!?」

葉留佳「よしっと……お○○○ブルドーザー発進!」ブルルルルッ

葉留佳「おお、よく混ざるよく混ざる~!」ビシャビシャ

美魚「……」ビシャッ

理樹「あっ……」

175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 20:35:30.00 ID:V7j+urYL0
理樹(に、西園さん怒ってるんじゃ……)

美魚「……三枝さん、こっちもどうぞ」

葉留佳「おお、ノリがいいね~! みおちん!」

理樹「あれ……?」

葉留佳「よーっし、いっくよー!」ブルルルッ

ボボボボボッ

葉留佳「げほっげほっ! な、なにこれ小麦粉~?」

美魚「……薄力粉です」

理樹「に、西園さん……」

葉留佳「や、やったな~、みおちん!」

美魚「……自業自得です」

来ヶ谷「はっはっは、楽しそうだな」

理樹「あ、来ヶ谷さん」

来ヶ谷「ふふ、直子君……クッキー作りは順調か?」

理樹「は、はい……まぁまぁです」

179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 20:42:56.12 ID:V7j+urYL0
来ヶ谷「私も以前、クッキーは作ったことがある。よければ手伝おう」

理樹「え、いや……り、じゃなくて棗さんに教えてもらってますし……」

来ヶ谷「いいじゃないか、お姉さんが直々に手解きしてやろうというんだ」

理樹「い、いや……」

来ヶ谷「ほれ、遠慮するな……」ムニュ

理樹「うっ……!」ドキッ

理樹(む、胸……が……///)

理樹「あ、あの……来ヶ谷さん?」

来ヶ谷「ふふ……いいではないかこのくらい。“女同士の”スキンシップだ」

理樹「ぐぅ……///」

理樹(こ、この人はもう……!)

来ヶ谷「……なーんて、冗談だ」

理樹「や、やめてくださいよ……ほんとに」

来ヶ谷「ふふ、そんなことを言いつつも、内心では嬉しかったと見える」

理樹「こ、困ってるだけです!」

186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 20:57:51.46 ID:V7j+urYL0
来ヶ谷「はっはっは、直子君はいい反応をするな。誰かさんと似ている」

理樹(ま、まったく……白々しい人だ……)

来ヶ谷「まぁ、何かあったら呼ぶといい。いつでもお姉さんが駆けつけよう」

理樹「は、はい」

理樹(……絶対呼びませんけど)

鈴「おい、そこの!」

理樹「あ、り……じゃなくて、棗さん」

鈴「おわったか?」

理樹「ええ、ちょっと量が減っちゃいましたけど」

鈴「ん……まぁいい。それじゃ続きやるぞ」

理樹「はい、お願いします」

鈴「それじゃハクリキコとコーンフレークを混ぜ合わせるぞ」

理樹「コーンフレーク……? コーンスターチじゃ……」

鈴「い、言い間違えただけだ!」

190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 21:08:30.05 ID:V7j+urYL0
理樹「んしょっと……」シャカシャカ

鈴「よし、それは後で使うからひとまず置いとけ」

鈴「次は生クリームと卵を入れるて、同じようにかき混ぜろ」

葉留佳「お、はるちんの出番ですかな?」

理樹「……いいえ、自分でやります」グリグリ

葉留佳「ちぇー」

------------------------------------

鈴「チョコレートは私が使ってたやつをやる。それとさっきの粉を混ぜ合わせてコネコネする」

鈴「それが終わったら、好きな形にしてラップに包んで冷やす」

理樹「なるほど」

------------------------------------

クド「直子さん、調子はどうですか?」

理樹「あ、順調ですよ」

クド「そうですかー、それはよかったです!」

196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 21:14:53.81 ID:V7j+urYL0
理樹「く……能美さんはどうですか? チョコオムライス……でしたっけ?」

クド「あぁ……あれは止めてしまったのです……」ガクッ

クド「作ったはいいけれど、どうやってプレゼントしたらいいかわからなかったので……」

理樹(い、今ごろその事実に気付いたんだ……)

クド「その代わりに、マカロンを作ることにしたのですー!」

理樹「へえ、マカロンか……いいですね」

クド「はい! 今、小毬さんに教わってる最中なのです」

理樹「がんばってください」

クド「わふー! 直子さんもがんばってくださいなのですー!」

理樹「はい……っと、そろそろか」

理樹(みんなもそろそろ完成し始めるころかな……)

198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 21:20:42.61 ID:V7j+urYL0
------------------------------------

チーン

理樹「よいしょっと……」

鈴「……うん、まぁまぁだな」

理樹「ふぅ、やっと完成した……」

小毬「あ、直子ちゃんも完成だ~!」

理樹「はい、なんとか」

来ヶ谷「こっちもだ」

葉留佳「バッチリですヨ!」

美魚「エアーズロックが少し潤いを取り戻した程度の出来ですが……」

葉留佳「ひどいよみおちん!」

小毬「よ~し、それじゃあみんなでラッピングをしよ~」

200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 21:27:00.58 ID:V7j+urYL0
理樹(鈴は袋に詰めあわせるみたいだな……僕もそうしようか)

鈴「んしょ……んしょ……」

理樹(あれ……すごい数作ってる。一体誰にあげるんだろ)

鈴「ん……」カキカキ

理樹(メッセージカードかな?)

鈴「……み、見るな! ふかーっ!」

理樹「わ、ごめんごめん……」

理樹(えーっと、僕も何かメッセージカードを入れておこうか)

理樹「『恭介、いつもありがとう』っと……」

理樹「こんなもんでいいかな」

小毬「みんな、できた~?」

ザワザワ...

小毬「じゃあ、これにてかいさーん! 明日のバレンタインがみんなにとって良い日になりますように!」

理樹「はぁ、やっと終わった……」

203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 21:32:57.97 ID:V7j+urYL0
スタスタ...

理樹「なんだかどっと疲れたな……」

??「直子ちゃ~ん、待って~!」

理樹「こま……神北さん」

小毬「はぁ、はぁ……よかった~、間に合って」

理樹「どうしたんですか?」

小毬「んとね、これ」スッ

理樹「えっ……」

小毬「直子ちゃんにも、ハッピーバレンタイン!」

小毬「本当は明日渡したいけど、直子ちゃんのクラス知らないから~」

理樹「……あ、ありがとう」

小毬「ううん、いいんだよ~! 今日は楽しかった?」

理樹「……はい、楽しかったです」ニコッ

小毬「ふふ、よかった~! それじゃ~ね~!」

209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 21:39:37.78 ID:V7j+urYL0
理樹「なんだか一足先にもらっちゃったな」

理樹「あ、でも待てよ……これで明日も小毬さんからもらっちゃったら合計二つも……」

理樹「うーん……」

理樹「やっぱり明日、事情を説明して返しておこう……」

ガチャ

理樹「ただいま」

恭介「……」

謙吾「……」

真人「……」

理樹「……? どうしたの、みんな」

恭介「……だ、誰だ? お前は」

理樹「誰って……理樹だよ。直枝理樹」

謙吾「理樹……その恰好……」

理樹「あ……」

221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 21:51:06.63 ID:V7j+urYL0
理樹(ま、まずい……女装のまま戻ってきちゃった……)

理樹「あ、あの……これは……」

真人「ぅ……ぉお……」

理樹「ま、真人……?」

真人「うぉおおおおおおお!!! 筋肉ワッショイ、筋肉ワッショイ!!!」

謙吾「俺は生まれてきて幸せだぁあああああああ!!!」

恭介「イヤッホォウ!! バレンタイン最高!!」

理樹「ちょ、みんな落ち着いてよ!」

恭介「理樹、それはあれか!? バレンタインチョコというやつか!?」

真人「手作りか!? 理樹の手作りなのか!?」

謙吾「マーーーーーーーン!! マーーーーーーーン!!」

理樹「あ、それは小毬さんの……!」

225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 21:55:31.97 ID:V7j+urYL0
真人「いっただきぃ!!」ガシッ

恭介「あ、真人! 抜け駆けは卑怯だぞ!」

バリボリィ!

真人「うぉおおおおおお!! うめぇぜ!!!! こんなにうまいドーナツを食ったのは初めてだ!!」

恭介「あぁ、俺もだぜ!! まるで口の中でとろけるような深みのある味わいだ!!」

謙吾「マーーーーーーーン!! マーーーーーーーン!!」

恭介「理樹、俺の妹にならないか!?」

理樹「な、なにバカなこと言ってるのさっ!///」

恭介「バカなことじゃない! 俺は本気だ、理樹!!」ガシッ

真人「理樹、パンツは履いてるのか!? どうなんだ!?」

謙吾「マーーーーーーーン!! マーーーーーーーン!!」

理樹「あぁもう、誰か助けてーーー!!」

234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 22:05:47.06 ID:V7j+urYL0
翌日

理樹「んん……朝か」

理樹「昨日はひどい目にあったな……まぁ、着替えてこなかった僕の責任でもあるけど」

真人「……ん、なんだ理樹……もう朝か?」

理樹「あ、ごめん……起こしちゃった?」

真人「いや、大丈夫だ……それより理樹」

理樹「ん?」

真人「もう着替えちまったのか?」

理樹「なっ……ば、バカなこと言ってないで早く学食行くよ!」

真人「へいへい」

240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 22:11:33.12 ID:V7j+urYL0
理樹「あれ、恭介たちもう来てるみたい」

真人「ほう、あれだけ夜中までバカ騒ぎしてたくせに珍しいぜ」

理樹「それは真人もでしょ」

スタスタ...

理樹「……おはよう、恭介に謙吾」

恭介「おはよう、愛しのマイシスター」

理樹「……そろそろ僕も怒るよ?」

恭介「はは、冗談だ冗談」

理樹「もう……って、どうしたの謙吾?」

謙吾「……ぅ、あぁ……す、素振りのしすぎで筋肉痛なんだ……」

恭介「理樹の女装姿を見て高ぶった心を押さえつけるために、一晩中素振りをしていたらしい」

理樹「はぁ、まったく……」

スタスタ...

恭介「……お、今度は本物の妹様のご登場だ」

恭介「おはよう、鈴」

246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 22:16:55.39 ID:V7j+urYL0
鈴「……」ストン

恭介「……ありゃ、今日はご機嫌斜めか?」

理樹(……あれ、昨日はあんなに楽しそうだったのに)

小毬「恭介さんたち、おはよ~ございま~っす!」

恭介「よう、神北」

小毬「そして~……ハッピーバレンタイン~!」パチパチ

小毬「は~い、これは真人君の分。これは謙吾君の分」

真人「お、おっ? 俺にくれんのか?」

小毬「うん、そうだよ~。けっこう自信作だから食べてみて~」

恭介「ん、これ……昨日俺たちが食べた……」

理樹「っ!」バッ

恭介「んごんご……!」

小毬「?? どうしたの~?」

理樹「あはは……いや、なんでもないよ」

254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 22:23:32.03 ID:V7j+urYL0
謙吾「遠慮せずいただいておくぞ、神北」

小毬「うん! お腹すいたときにでも食べて~」

小毬「あ、そうだ! あと、鈴ちゃんにも~!」

鈴「っ! あ、あたしにか!?」

小毬「うん! 鈴ちゃんには特別にで~っかいのあげちゃう!」

鈴「あ、ありがと……///」

小毬「うん! ところで、鈴ちゃんはもうバレンタインチョコあげたの~?」

鈴「ん……」フルフルッ

小毬「そっか~、喜んでくれるといいね~!」

鈴「……っ///」

鈴「こ、小毬ちゃん……! これ……」スッ

小毬「わ、私に~!?」

鈴「ん……///」コクッ

小毬「わぁ!! すっごくうれしいよ~!」ダキッ

鈴「うにゃ……や、やめろぉ……///」

260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 22:33:37.92 ID:V7j+urYL0
小毬「あれ、そっちの紙袋にもいっぱい入ってるよ~?」

鈴「あっ……こ、これは……///」

小毬「ふふ、誰に渡すんだろ~?」

真人「もしかして俺たちか!?」

鈴「ち、ちが……ちが……!」

真人「なぁんだよ、違うのかよ……ちぇ」

鈴「っ、……///」ブンッ

理樹「いたっ! って、これ……」

鈴「お、お前ら三人で分け合え……!///」

262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 22:35:16.95 ID:V7j+urYL0
理樹「えっと……僕と真人と謙吾にってこと?」

鈴「……っ///」コクッ

真人「なんだよ、一人一袋じゃねえのかよ」

鈴「っ、文句いうなら食うな!」

真人「じ、冗談だよ! ……ありがとな、鈴」

謙吾「俺からも、ありがとうな」

鈴「ふんっ……///」

理樹「はは、素直じゃないなぁ……」

恭介「……」

理樹「あ、恭介……」

理樹(そういえば、恭介の分だけ……)

鈴「……っ///」

268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 22:42:18.25 ID:V7j+urYL0
小毬「……鈴ちゃん、渡さないの~?」コソッ

鈴「ぅう……///」

理樹「?」

鈴「っ、き……恭介!///」

恭介「! な、なんだ? 鈴」

鈴「……んっ!///」スッ

恭介「こ、これは……俺のか?」

鈴「は、早く受け取れ……! 腕がつる!///」

恭介「お、おうよ……」ガシッ

鈴「……っ、き、恭介……そ、その……///」

恭介「?」

鈴「……は、は……っ///」

恭介「……?」

鈴「……は……っぴ……っ///」

恭介「はっぴ……?」

272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 22:46:03.52 ID:V7j+urYL0
鈴「は、はっぴをくれ!///」

恭介「……それは、ホワイトデーのお返しにってことか?」

鈴「ん……///」コクコクッ

恭介「……あぁ、もちろんだぜ。楽しみにしてろよ」

鈴「ん……モフモフなやつだぞ……っ///」

恭介「あぁ、これ以上ないってくらいモフモフなやつを用意してやる」

鈴「……っ///」

恭介「……鈴」

鈴「な、なんだ……っ!?///」

恭介「バレンタインチョコ、ありがとうな!」グッ

鈴「……う、うん……///」

理樹(……よかったね、恭介……それに鈴)

279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 22:53:10.36 ID:V7j+urYL0
こうしてなんとも騒がしいバレンタインが終わった。

みんな、それぞれ想い想いの人にプレゼントを渡せたようだ。

僕も恭介たちに自分の手作りのクッキーを渡しておいた。それから寮長さんにも、制服と一緒に。

来ヶ谷さんがくれたバレンタインチョコの中には、(いつ撮ったんだか)僕の女装写真が入っていたので、速やかに焼き払っておいた。

283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 22:54:35.17 ID:V7j+urYL0
あ、終わりです