1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/03(月) 16:57:08.31 ID:XLSuR7fSO
真姫「かよちんを太らせるって、いきなり何言い出すのよ」

凛「真姫ちゃんは分からない?かよちんのあのぷにぷにのほっぺを見てたらもっとかよちんを太らせたいと思わない?」

真姫「普通はそんなこと思わないわよ、第一かよちんって前から痩せたいって言ってたし、無理な話じゃない?」

凛「も~!そんなの関係ないにゃ!とにかくかよちんを太らせたいの!何かない?」

真姫「うーん…じゃあ>>3を食べさせるとか?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1391414227

引用元: 凛「安価でかよちんを太らせる」 


7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/03(月) 17:10:17.68 ID:XLSuR7fSO
真姫「春雨とか…?」

凛「はるさめ?何だかわかんないけどそれでいくにゃ!」

真姫(言ってみただけなのに…こんなんで大丈夫かしら?)

-----昼休み----

凛「かよちん、ご飯食べよ!」

花陽「いいよ♪」

凛「凛からかよちんにプレゼントだにゃ!」つ春雨

春雨「凛ちゃん、これ春雨…しかも固いまま…」

凛「え?」

真姫(あちゃー、こりゃダメだわ)

9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/03(月) 17:22:17.51 ID:XLSuR7fSO
----花陽宅----

花陽「ただいまー」

花陽「μ'sの練習でもうお腹ペコペコだよ~早速ご飯たべなくちゃ!」グゥー

花陽宅裏庭

凛「テステス、こちら凛隊員、そっちの様子はどうかにゃ?マッキー隊員」

真姫「様子もどうもないでしょ一緒にいるんだから」

真姫「それより何で私まで来なくちゃならないのよ…お風呂出たばっかりだったのに」

凛「しょうがないにゃ真姫ちゃんはもう【かよちん太らせるぞ計画】の隊員なんだから」

真姫「何よそれ、イミワカンナイ」

凛「そして凛達は今かよちんの食卓に>>10をさりげなく出すのに成功したにゃ」

真姫「私来た意味あるのかしら…」

12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/03(月) 17:34:51.66 ID:XLSuR7fSO
凛「穂乃果ちゃんが練習後に食べようと持ってきたパンだにゃ!」

真姫「って、それ持ってきちゃ駄目でしょ!」

凛「大丈夫だにゃ、穂乃果ちゃんには後で幻のゴールデンチョコパンを奢ってあげるのにゃ」

真姫「あの伝説の…!なら仕方ないわね」

----花陽宅----

花陽ママ「花陽ちゃん、ご飯よー」

花陽「はー………え?」トントン

花陽(ご飯に…パン!?何で?お母さんにはパンはもう食べないって言ったはずじゃ…しかも炭水化物×炭水化物!)

花陽ママ「どうしたの花陽ちゃん、食べないの?」

花陽「え?た、たべるよ!」

花陽(うう…また太っちゃう…)モスモス

凛(大成功だにゃ!)

真姫(早く寝たい)フワーア

13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/03(月) 17:38:35.79 ID:XLSuR7fSO
花陽「ふ、増えてる…どうしよう!>>15kg増えてる!」

1kg~10kgまで

16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/03(月) 17:57:49.38 ID:XLSuR7fSO
花陽「2kg増えてる…」

花陽の体重が45kg(憶測)~47kgになりました

----翌日----

花陽(ああ…また太ったこのままじゃμ'sの練習にもついていけなくなっちゃう)

花陽「お腹空いたなあ」グゥゥ

花陽「朝ご飯欠かすのなんて何年ぶりだろう。今日はお弁当も一つにしてきたしダイエットしなくちゃ」

カーヨチーン

花陽「?」

凛「かーよちーん!おはよー」ガバッ

花陽「っ!//り、凛ちゃんびっくりしたよー///」ドキッ

凛「どうしたのかよちん?元気そうじゃなかったけど」

花陽「ちょっと朝ご飯食べてなくて、それで…」

凛「え!?(かよちんが朝ご飯食べてないなんて考えられないにゃ、でもその分昨日の春雨とパンが効いてるってことだよね)」

花陽「凛ちゃん?」

凛「何でもないにゃ!いこっかよちん!」

花陽「凛ちゃん待って~そんなに動くと、お腹が~」

17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/03(月) 18:07:48.21 ID:XLSuR7fSO
----昼休み----

凛「かよちんお昼食べよ!」

花陽「うん、…あれ?今日は真姫ちゃんは?」

凛「え!?あ、あぁ真姫ちゃんはお昼休みだしにこちゃんと音楽室じゃないかにゃ?」

花陽「でも今日は一日学校来てないけど…」

凛「じゃ、じゃあ分からないにゃ(かよちんのお昼ご飯作ってるなんて言えないにゃ)」

凛「それより早く食べるにゃ!」カップラーメン

花陽「うん」オベントパカッ

花陽「え?」

凛「?」ラーメンtrtr

花陽「花陽のお弁当が…おにぎりが…ない」

18: ◆zKjbjkrOkHbR 2014/02/03(月) 18:09:45.47 ID:XLSuR7fSO
晩飯&風呂で更新遅くなります

19: ◆zKjbjkrOkHbR 2014/02/03(月) 18:26:58.45 ID:XLSuR7fSO
凛「え!?(凛勝手に取ったりしてないよ!?)」

花陽「どうして…花陽のお弁当」ウルウル

花陽「は!そういえばあの時…」

----授業中(回想)----

花陽「もう限界…オナカスイタ……オベントウ…オニギリ…」パカッ

花陽「」mgmg

----回想終わり----

花陽「あの時だ…」

凛「知らない内にお弁当を平らげてるなんて、流石だにゃ」

花陽「うぅ…どうしよう」

<ドウスレバ <ドウスレバ

花陽「どうすればいいの?」

ダッテカノウセイカン「待たせたわね!」
凛「その声は…!」

花陽「真姫ちゃん!」

真姫「持って来たわよ…花陽の新たなお弁当!」

花陽のお弁当>>21

22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/03(月) 19:00:04.62 ID:XLSuR7fSO
真姫「日の丸弁当よ!」

花陽「日の丸…弁当」

真姫「そうよ…家の和食の専属料理人に頼んで作ってもらったの」

凛「こんなにキラキラしたかよちん見たことないにゃ」

花陽「眩しい…日の丸が眩しい!」mgmg

花陽「日の丸弁当がこんなに美味しかったなんて…お米一粒一粒が生きてるみたいに躍動して、そこに梅干しの甘酸っぱい絶妙な味が絡み会って…感激です!」mgmgmgmgmgmgmgmg

真姫「まだまだあるわよ、どんどん食べなさい!」

凛「この勢いなら一気に体重が増えてるはずだにゃ!真姫ちゃんありがとう!」

真姫「ふふん、この真姫ちゃんにかかれば朝飯前よ」

真姫「それに…ここまで来たからにはもう後戻りはできないしね」

----花陽宅----

花陽「え!?まさか…ここまで増えてるなんて」

増えた体重>>24
5kg~15kgまで(現在47kg)

27: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/03(月) 19:35:29.94 ID:XLSuR7fSO
花陽「62kg…あぁ…もういや……なんでこうなっちゃったの?」

花陽の体重 47kg~62kgになりました

一週間後----

凛「それから凛達は毎日のようにかよちんに食べ物凸していったにゃ、どんどん太ってくかよちんを見れて凛も嬉しいにゃ~」

----回想----

真姫「くらえ!パイ投げならぬケーキ投げ!」

花陽「」ベチャア

凛「かよちーん、逆日の丸弁当できたにゃ!」

花陽「(>8<)」キュウ

真姫「花陽、今日は私を食べても…いいわよ//」

花陽「////」

----回想終わり----

凛「そしてかよちんの体重はついに90kg台に!」

花陽「リ゙ン゙ヂャーン゙」ドスドス

凛「あ!かよちーふぎゅっ」ドシーン

花陽「リ゙ン゙ヂャーン゙」バタバタ

凛「がっ、かよぢン>>29あげるからはなれて~」

29: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/03(月) 19:37:43.93 ID:XLSuR7fSO
↑食べ物でお願い

33: ◆zKjbjkrOkHbR 2014/02/03(月) 19:47:49.66 ID:XLSuR7fSO
すいません>>28で

凛「米俵あげるからはなれて~」

花陽「ア゙リ゙ガドーリ゙ン゙ヂャン゙」バリバリ

花陽「」ザリザリ

凛「米のままで…流石かよちんだにゃ~」

花陽「リ゙ン゙ヂャン゙バヤ゙グジナ゙イ゙ドμ'sノ゙レ゙ン゙ジュヴバジマ゙ル゙ヨ゙ー」ザリザリ

凛「」

真姫「あれがアイドルなんて信じられないわね、このままでいいの、凛?」

凛「凛は太ったかよちんが見たかったんだからいいんだにゃ~」

真姫「でもあの体じゃいつかμ'sの活動に支障がでるわよ」スタスタ

凛「それは……って真姫ちゃんも途中からはノリノリだったにゃー!」

36: ◆zKjbjkrOkHbR 2014/02/03(月) 20:14:40.23 ID:XLSuR7fSO
----昼休み----

凛「かよちーん、今日はかよちんの好きなチャンコ鍋だにゃ♪」

花陽「ア゙リ゙ガドーリ゙ン゙ヂャン゙、リ゙ン゙ヂャン゙ガヅグッデグレ゙ル゙モ゙ノ゙ナ゙ラ゙ナ゙ン゙デモ゙ダイ゙ズギダヨ゙♪(ありがとう凛ちゃん、凛ちゃんが作ってくれるものなら何でも大好きだよ♪)」ハフハフ

凛「かよちん可愛いにゃー」モギュ

花陽(花陽が太れば凛ちゃんはもっと懐いてくれる…もう花陽は凛ちゃんのことしか考えられない)

真姫(本当にこれでいいのかしら…)

----花陽宅----

花陽(凛ちゃんのためにもっと太らなきゃ…)カレーmgmg

花陽(凛ちゃん…)カラアゲmgmg

花陽「リ゙ン゙ヂャン゙…」ハクマイmgmg

37: ◆zKjbjkrOkHbR 2014/02/03(月) 20:42:55.09 ID:XLSuR7fSO
絵里「ワン、ツー、スリー、フォー、ワン、ツー、スリー、フォー」パンパン

花陽「ハア、、ハア、」タンタン

絵里「ストップ、花陽遅れてるわよ。それにどうしたの?その…体型いくら最近雨の日が続いたからって弛みすぎよ?」

花陽「ハア、、ゴメ゙ン゙ネ゙、エ゙リ゙ヂャン゙」

絵里「この調子なら一体μ'sの活動を休止せざるを得ないわ」

希「何かあったん?花陽ちゃん」

ことり「ことり達にできることなら何でも言ってくれていいんだよ?」

凛「かよちんは大丈夫だよ!」

海未「凛には聞いてません」

花陽「ダ、ダイ゙ジョヴブ…ダイ゙ジョヴブダガラ゙…ア゙リ゙ガドヴノ゙ゾミ゙ヂャン゙、ヴミ゙ヂャン゙(大丈夫、大丈夫だから…ありがとう希ちゃん、ことりちゃん)

絵里「本当?じゃあ休憩挟んだらさっきのとこから始めるわよ」

凛「かよちん…」

38: ◆zKjbjkrOkHbR 2014/02/03(月) 20:56:09.43 ID:XLSuR7fSO
数日後

----保健室----


凛「かよちん…ごめんね」


--------------

絵里「ワン、ツー、スリー、フォー、ワン、ドサッ

花陽「ハアハア、ハア、」

凛「かよちん!!」

皆「凛(ちゃん)!」

凛「かよちん!大丈夫!?かよちん!」

絵里「凛離れて!……捻挫ね、足をくじいたみたい。真姫は花陽を保健室へ連れてってあげて」

真姫「行くわよ花陽、捕まって(って重!)」ズシ

39: ◆zKjbjkrOkHbR 2014/02/03(月) 21:23:14.99 ID:XLSuR7fSO
凛「かよちん…」


絵里「凛、あなた何か知ってるんでしょ?」

凛「…」

絵里「…あまり深く追求するつもりはないけど、今は早く花陽のところに行ってあげなさい。」

凛「…」スクッスタスタ

穂乃果「凛ちゃん…」

にこ「かよちんがμ'sを辞めたりなんかさせないでよね、こっちだって困るんだから」

凛「…うん」

----保健室前----

凛「…あ、真姫ちゃん」スタスタ

真姫「私の方は話し終わったから 凛「ごめんね、真姫ちゃん」
真姫「何で凛が謝るのよ」

凛「凛が真姫ちゃんの忠告をちゃんと聞いてなかったから」

真姫「あなたのせいじゃないわ、これは私の責任でもあるんだし」

凛「でも…」

真姫「それよりも早くかよちんとこ行ってあげて、今頃寝ちゃってるかもよ?」

凛「…ありがと真姫ちゃん」

真姫「礼はいらないわ(決まったわ)」スタスタ

40: ◆zKjbjkrOkHbR 2014/02/03(月) 21:44:45.01 ID:XLSuR7fSO
----再び保健室----

凛「かよちーん」

花陽「あっ凛ちゃーん」

凛「怪我、大丈夫?」

花陽「真姫ちゃんに手当てしてもらったから、それにただの捻挫だから一週間も休めば完全に治るって」

凛「かよちんのこと、本当に心配だったにゃ~ごめんね凛のせいで」

花陽「ううん、凛ちゃんのせいなんかじゃないよ。それに、これは花陽が望んでなったのもあるから」

凛「え?」

花陽「凛ちゃんが前に太ってるかよちんも可愛いにゃ~って言ってたでしょ?」

花陽「その時からかな?痩せたいって思ってたはずの花陽が、凛ちゃんが望むならそうなりたいって思うようになったのは」

花陽「花陽の中では凛ちゃんは常に一番、大切な人なの」

花陽「だからあの時、もっと太らないて凛ちゃんに嫌われちゃうって思って怖くなって」

41: ◆zKjbjkrOkHbR 2014/02/03(月) 22:03:49.77 ID:XLSuR7fSO
凛「そんなことないにゃ!」ガシッ

凛「かよちんが何になろうと嫌いになるわけない!太ってるかよちんが可愛いって言ったのは確かだけど…でも凛はどんなかよちんでも好きなんだにゃ!!」

花陽「凛ちゃん…」ウルウル

凛「泣いてるかよちんも可愛いにゃー」ゴシゴシ

花陽「それは告白ってことで受けとっていいの?//」

凛「にゃ!?////か、かよちん!?」ボンッ

花陽「ふふふっ」クスクス

凛「えへへっ//」

凛「ねえかよちん」

花陽「なあに凛ちゃん」

凛「凛達、もう恋人、かな」

花陽「そうかなあ」



花陽「凛ちゃん、一つお願い…いや、凛ちゃんに一つ罰を与えます」

凛「え!?罰ゲームは嫌いだにゃ」

花陽「いくよ」

43: ◆zKjbjkrOkHbR 2014/02/03(月) 22:12:51.32 ID:XLSuR7fSO
チュッ

凛「え?ええぇぇ!?////か、かよちん今…」

花陽「まだほっぺだよ?」クスクス

凛「は、恥ずかしいにゃー///」プシュー
花陽「今度は凛ちゃんから、して?」

凛「う、うん//」スッ


チュッ


花陽「く、唇!?////」

凛「勢い余っちゃったにゃ☆//」テヘペロ

花陽「もう、凛ちゃん!//」

凛「やっぱり太ってるかよちんも可愛いにゃ~」



終わり