1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 00:27:37.19 ID:KVEoIOQKo
音ノ木坂学院 部室

真姫「……は?」

凜「…って、かよちんが言ってるにゃ!ね!かよちん!」

花陽「私…思ったの。色々考えたんだけどね、」

真姫「ちょっと待って、何を言い出すしてんのよ花陽」

花陽「やっぱり、ヘタレ攻め×誘い受けが最高なんだって!」キラキラ

真姫「(聞いてないし…しかも空を見てる)」

花陽「だからね、皆にもやってもらいたいの!誘い受け!」

真姫「そ、そうなの…(こうなった花陽は人の話聞かないわね)」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1391527657

引用元: 凜「誘い受け選手権だにゃ!」 



2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 00:29:09.77 ID:KVEoIOQKo
凜「凜気になってたんだけど…そもそも誘い受けって何にゃ?」

希「それはやな、凜ちゃん」ヌッ

真姫「!の、希アンタいつから居たのよ!」

希「初めからおったで?…ええか、誘い受けって言うのはな、」

ガチャ

にこ「自分からちょっかい出して誘惑する癖に、いざという時は受け身になってしまう人のことよ」

真姫「にこちゃん!?」

凜「んー?誘惑ってなんかオトナな響きだにゃー…」

4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 00:35:52.50 ID:KVEoIOQKo
花陽「そうですっ…それとなく、むらむらっとさせる行動を織り交ぜて、ヘタレで普段絶対手を出してこない攻め手にアピールしてゆく、始めはヘタレて何もできない攻め手が、その受け手の挑発的な視線に感化されてだんだんと理性を崩してゆく…その過程が本当に最高なんです!そもそも誘い受けって言うのはですね、…」

真姫「……にこちゃん、花陽がおかしくなった」

にこ「かよちんは好きなモノのこととなるとキャラが変わるからね…」

希「コレもおもろくてええやん?」クスクス

花陽「とにかくっ!」バアンッ!

凜「にゃっ!?」

花陽「皆の中で、一番の誘い受けを決めたいと思いますっ!」

ガチャ

穂乃果「えー!なになに!勝負するのー!?」

ことり「おもしろそうー」

真姫「…………面倒なメンバーばっかりね、μ'sって」

にこ「…にこは嫌いじゃないけどね」

5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 00:40:42.14 ID:KVEoIOQKo
希「でも、そもそも、誰を誘うん?」

凜「確かに…その、へたれぜめ?の役は誰がするにゃー?」

にこ「誘惑される方も迷惑じゃないの?ま、にこが相手なら誰だって嬉しいでしょうけどねー!」ドヤァ

真姫「………」ハイハイ

花陽「もちろん、ヘタレと言えばあの人っ!」

ガチャ

海未「お疲れ様です、すみません弓道部の方に行ってて…」

「…」

海未「な、何ですか?人の顔をじっと見つめないでくださいっ」

希「(なるほど、これは強敵やね)」コソコソ

ことり「(難攻不落ですっ!)」コソコソ

花陽「(ルールは簡単です、あの手この手を使い海未ちゃんにチューしてもらった人の勝利です)」コソコソ

穂乃果「(なんだかわかんないけど面白そうっ!頑張るよー!)」コソコソ

6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 00:46:43.28 ID:KVEoIOQKo
海未「……………?とりあえず、先に練習に行ってますからね?」

バタン

花陽「…よし、じゃあ今日は希ちゃんが誘ってね」

ことり「へ!?日替わりなの?」

花陽「モチロン!みんなで一気に誘ったらバレちゃうもん」

真姫「日替わりで誘うのも十分バレると思うけど…」

花陽「練習終わりから、海未ちゃんが寝るまで!それまで頑張って誘ってね!」

希「うふふ、腕が鳴るわぁ~…」ニヤニヤ

にこ「…希に誘い受けって出来るのかしら…?」

凜「ユーワクは得意そうだにゃ」

ガチャ

絵里「…みんな?練習始められないって海未が困ってるわよ?」

「「はーい!」」

花陽「(さて、誘い受け選手権、スタートですよっ!)」

――

7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 00:54:14.80 ID:KVEoIOQKo
練習終了後

凜「はぁ~今日も疲れたにゃぁ…」

海未「まったく…?これくらいでへばってたら、ステージで持ちませんよ?」

希「そうや、海未ちゃん」

海未「はい?」

希「今から暇やったら、手伝ってくれん?ちょっと仕事があるんよ」

海未「わかりました。お安い御用ですよ」

にこ「(うごいた!)」

花陽「(さすが、早いっ!)」

希「うふふふ……」

絵里「…?(皆が海未と希を見てる……?)」

8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 00:58:02.22 ID:KVEoIOQKo
部室

海未「よいしょっと……これで全部ですか?」

希「うん、ごめんなー?書類整理手伝わしてしもて」

海未「いえいえ、構いませんよ」

――

真姫「……この隠しカメラの多さは何?」

凜「希ちゃんが設置してくれたにゃ!」

にこ「……驚くほど音もちゃんと聞き取れるわね」

ことり「んー、今のところは普通ねー」

穂乃果「はやくちゅーしちゃえばいいのに!」

花陽「あ!希ちゃんが動き始めましたっ!」

9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 01:03:11.48 ID:KVEoIOQKo
希「あ、そうや、お礼に」ゴソゴソ

海未「そんな、お礼だなんて」

希「はい、ポッキー!海未ちゃんこの味好きやろ?」

海未「…!ど、どうしてそれを?」

希「ふふ、海未ちゃんのことなら何でも知ってるでー?」

――

にこ「…人をパシらせといてよく言うわ」

穂乃果「そういえば希ちゃんに海未ちゃんの好きなお菓子聞かれたよー」

真姫「あの短い間に、海未ちゃんの好きなお菓子調べて、買ってくるなんて…」

凜「用意周到にゃー……」

花陽「ちょっと黙ってくださいっ!ここからが正念場なんですって!」

10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 01:03:46.09 ID:KVEoIOQKo
希「はい、あーん」

海未「へ?」

希「ほら、早よせんと食べてしまうでー?」

海未「…え、いや、でも」カアアアッ

希「ええから、あーん」

海未「……」アーン

希「ふふふ、かわええなあ、海未ちゃんは」ナデナデ

海未「う、うう…」ポキッ

――

ことり「お、おお……」

花陽「来ましたっ!来てますよー!」

穂乃果「海未ちゃん真っ赤になって食べてるー!可愛いー!」

凜「なんか…ちょっといい雰囲気だにゃあ…」

にこ「さすが希…凄いわね…」

11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 01:04:20.39 ID:KVEoIOQKo
海未「……ポッキー食べるのにこんな辱めを受けるとは思いませんでした」マッカ

希「ふふ、純情やなぁ…」

海未「の、希が悪いんですよっ!」

希「なあ、海未ちゃん、もう一本、あーん」

海未「……」アーン

希「かわええなあ、海未ちゃんは」

海未「っ!?そ、そんなことっ…」

希「ホンマに思っとるよ?前からずっと…」

海未「へっ………?」ドキ

希「海未ちゃん………」スッ

海未「~~~~~~!」

――

花陽「キマシタワー」

ことり「希ちゃんが…!海未ちゃんの首筋からあごへ……スルリと指先を滑らせ」

真姫「ことり、やめなさい」

にこ「短時間でこの雰囲気にする希はやっぱり凄いわね…」

凜「でもこれ、チューする方になっちゃうんじゃないのかにゃ?」

花陽「そう!ここからの受け転換が最高なんだよ凜ちゃんっ!」

12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 01:09:48.68 ID:KVEoIOQKo
希「…海未ちゃん」パクッ

海未「の、希………」

希「………もう一本、いる?」

海未「い、いや、それは希が食べるんじゃっ……」

希「んー」ズイー

海未「……い、いや、ダメです、希っ…」

――

花陽「ポッキーゲーム…」タラー

真姫「花陽、鼻血垂れてるわよ、はいティッシュ」

穂乃果「これ、海未ちゃんの好きなお菓子がお饅頭だったらどうするつもりだったんだろー?」

にこ「…ポッキーだからこの作戦にしたんじゃないの?」

凜「希ちゃん賢いにゃー」

ことり「……ど、どうなるんだろう……?」ゴクリ

13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 01:13:51.61 ID:KVEoIOQKo
希「ほら、チョコが溶けてしまうでー?」

海未「ポッキーのチョコはっ解けませんからぁっ…離れてくださいっ」グイッ

希「(んー、やっぱりダメかぁ)」ジー

海未「…み、見てもダメですっ!私、帰りますっ!」

海未「お、お疲れ様でしたっ」

バタン

希「………失敗やぁー」

花陽「いえいえ、素晴らしかったです」ボタボタ

希「……かよちん、ティッシュ真っ赤になっとるで、交換し」

凜「海未ちゃん…やっぱり超ヘタレだー」

にこ「確かに…堕ちてたけど手は出せなかったみたいね」

希「んー、ま、仕方ないかな?」

14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 01:14:29.45 ID:KVEoIOQKo
花陽「じゃあ、明日は…」

真姫「ちょっと待って、これ全員やるの?」

花陽「そうだよ?…あ、クジの結果明日は真姫ちゃんになりました!」

真姫「何よそれ!」

ことり「頑張ってねー?まーきちゃん?」

真姫「うう…」

――

二日目

真姫「…本当にやるの?」

花陽「当然!頑張ってね!」

真姫「うう……」

凜「それとも海未ちゃんを落とす自信がないかにゃー?」ニシシ

真姫「なっ!そんなわけないじゃない!このスター西木野をなめるんじゃないわよっ!」

にこ「(相変わらず、チョロいわね)」

ことり「スター西木野ってなんか素敵な響きだねー」

16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 01:17:21.32 ID:KVEoIOQKo
練習後

海未「あ、そうだ、真姫」

真姫「っ!!な、何!?」

海未「(何でそんなに驚いているのでしょうか…)新曲をそろそろ考え始めたいので、ちょっと練習後残って付き合ってもらえますか?」

真姫「あ、ああ、そんなこと。ええ、いいわよ」

希「(おお、渡りに舟やね)」

花陽「(真姫ちゃんがどんなふうに二人きりにしようと誘うのかも気になりましたが…コレもいいですね)」

にこ「(かよちんのキャラってどっちが本当かわからなくなる恐ろしさがあるわね)」

17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 01:23:00.38 ID:KVEoIOQKo
音楽室

真姫「…んー、冬に聞きたいラブソング系、よね……」

海未「そうですね、Snow halationと被ったらいけないから少し難しいですけど…」

真姫「………こんな、感じかな…?」♪

海未「ああ、いいですね」

海未「んー……」カリカリ

真姫「~♪~~♪」

――

凜「い、いつもの光景にゃ…」

穂乃果「曲作りいっつも二人で頑張ってるもんねー」

希「真姫ちゃんがピアノを弾いて、そのそばでメモに歌詞を書いてる海未ちゃん」

花陽「ここからどう詰めるかですね……!」

18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 01:26:02.63 ID:KVEoIOQKo
海未「あ、ちょっと待っててくださいね、いいのが浮かんだので」

真姫「そ、そう………」

海未「………………」カリカリ

真姫「……………」

真姫「思いが重なるまでー…待てずにー」♪

海未「……真姫?」

真姫「…悔しいけど……好きって純情」♪

海未「真姫…その、恥ずかしいですから、こちらをまっすぐ見て歌わないでください…」

真姫「………だって、仕方ないじゃない」

海未「……?」

真姫「………悔しいけど…好きだから」

海未「!?」

19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 01:28:27.62 ID:KVEoIOQKo
真姫「!あ、あなたの詞がよ!?」

海未「!あ、ああ、そうですよね!うん!詞!」

海未「えへへ、良い詞でしょ!?あ、あ、じゃあこっちに座って詞書いてますね!」スタタ

真姫「…………っ」

――

凜「どうしてあきらめるにゃああああ!」

希「凜ちゃん、聞こえてしまうで」

凜「!ご、ごめんにゃ…」

にこ「やっぱりあの子は素直に話すのが苦手ねー…」

ことり「でも海未ちゃんちょっとときめいたみたいだよっ!」

花陽「…」ゴクリ

20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 01:34:35.76 ID:KVEoIOQKo
真姫「…………~♪……~♪」

海未「……」カリカリカリカリ

真姫「………(せ、攻めなきゃ進まないわよね…)」スクッ

海未「…ま、真姫?今度はどうしました?」

真姫「………」トタトタ

海未「な、何か……?」

真姫「…詞も…もちろん、好きだわ…でも」サラッ

海未「…………!」ビクッ

真姫「好き……だから、あなたの髪も、綺麗な、目も…」ゴニョゴニョ

海未「ま……き…?」

真姫「っ!な、なんでもないっ!ぴ、ピアノ弾いとくから早く続き考えなさいっ」カアアッ

海未「……え、ええ……」ドキドキ

真姫「……………」バクバク

――

花陽「来てます!来てます!来てるよおおおお」

希「だから聞こえてしまうでって」

にこ「ま、真姫ちゃん攻めたわね…」

ことり「海未ちゃんも真紀ちゃんも顔が真っ赤っか♪」

穂乃果「ちゅーはまだなのー?」

にこ「これは時間の問題ね」

凜「…!いや、これは……!」

21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 01:38:20.17 ID:KVEoIOQKo
海未「……」ガタンッ

真姫「!?」ビクッ

海未「い、いやー、今日はとても疲れましたね!はい!」

真姫「う、海未……ちゃん…?」

海未「これは曲を考えている元気もありませんよね!ええ、ありませんとも!」ゴソゴソ

真姫「え、いや、ちょっと」

海未「……と、いう訳ですので!今日は帰りましょう?」

真姫「………………」ジト

海未「……な、なんでしょう?」

真姫「……ヘタレ」

海未「へっ……!?」

真姫「私は帰るわ、一人で」

海未「え、あ、はい、お疲れ様…でした」

22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 01:40:37.71 ID:KVEoIOQKo
――

真姫「なんなのよあいつ!」プンスカ

凜「確かにアレはどうかしてるにゃー」

真姫「この私の誘いをあんな簡単に…!」

希「惜しかったわ、というか、相手が悪かったわよね…」

花陽「でも…素晴らしかったです!ツンデレ受け…最高でしたっ……」ダラダラ

にこ「…はいティッシュ。昨日と今日で1箱使い切っちゃいそうね」

ことり「じゃー、明日は誰がするのー?」

花陽「えーっと…あ、穂乃果ちゃん!」

穂乃果「ホントー!?よーし、いっちょやるよっ!」

にこ「…アンタに出来るのかしら?」

穂乃果「出来るよー!皆を見ててもどかしかったもん!私はすぐにできちゃうよっ!」フンス

真姫「なっ………!?」

ことり「まぁ~穂乃果ちゃんなら、簡単かもね…」

23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 01:46:10.67 ID:KVEoIOQKo
三日目 練習後

穂乃果「うーみちゃん!」ギュッ

海未「きゃっ!ど、どうしました穂乃果」

穂乃果「あのね、ちょっとここに残ってもらってもいい?」

海未「?え、ええ……」

ことり「(おお、行動はやーい!)」

花陽「(友情めかした積極的なスキンシップは逆にハードルを上げてしまうのに…!いったいどうするっ)」

真姫「(相変わらず興奮してるわね…)」

絵里「(…今日は穂乃果……?いったい何してるのかしら?)」

24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 01:47:22.86 ID:KVEoIOQKo
穂乃果「へへ、二人っきりだね!海未ちゃん!」

海未「…で?穂乃果?用はいったい…んむっ!?」

穂乃果「」チュー

海未「~!」グイグイ

穂乃果「っ!」ギュッ

海未「………っぷは!な、ななな……!」ワナワナ

穂乃果「えへへ……ちゅーしちゃった」

花陽「何してるんですかぁーーーー!」バターン

海未「花陽!?」

穂乃果「へ?」

花陽「ちょっとこっちへ!」グイ

バタン

海未「な、何だったのでしょうか…」

25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 01:48:00.34 ID:KVEoIOQKo
花陽「貴方は大馬鹿!最低!もー最悪!百合というものを一つも理解していない!いい?あのね…」ガミガミ

凜「あのかよちんが穂乃果ちゃんとはいえ年上を正座させて怒ってる…」

ことり「気迫が凄いねー」

真姫「穂乃果…キスすればいいものと勘違いしてたのね」

にこ「だからあんな余裕そうだったってわけね…」

26: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 01:48:27.48 ID:KVEoIOQKo
穂乃果「え、じゃあこの勝負はどうなるの?」

花陽「失格だよ!?もちろん」

穂乃果「う………」ズーン

花陽「今日は折角のほのうみが見れると思ったのに…!私は悲しい!」

真姫「お、落ち着いて、花陽」

凜「そ、そうにゃ!明日、明日の人決めよう!」

花陽「ううう……」ガサガサ

花陽「……にこちゃん、です」

にこ「なんでそんな面白くもなさそうなのよ」

花陽「だって…!にこうみなんて………!マイナーにもほどがあるしっ…!」エグエグ

希「そ、そういう発言はアカンでかよちん?」

にこ「ふ、ふふん!この世界のにこちゃんを馬鹿にしてたら痛い目見るからね!」

にこ「見てなさい!あのヘタレ海未ちゃんをオオカミにしてやるから!」

27: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 01:48:57.71 ID:KVEoIOQKo
四日目

にこ「(とは言ったものの…)」

海未「にこ?どうしました?何か用事があるのでしょう?」

にこ「あ、ああ!用事よね!用事……」

にこ「(ど、どう切り込めば……!)」モジモジ

――

花陽「予想どおり」

凜「予想どおりにゃ」

希「予想どおりやね」

真姫「ちょっと…にこちゃんの扱い酷くないかしら?」

穂乃果「にこちゃん純情そうだもんねー!」

ことり「ゲームオーバーでいいんじゃないかな?」

29: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 01:50:27.84 ID:KVEoIOQKo
にこ「えっと……あのね?」

海未「本当に、どうしました?らしくないですよ?」

にこ「!う、うるさいわねー!良いから私が用事を思い出すまでこの魅力的な美少女に酔いしれてなさい!」

海未「ふふ、それです」

にこ「?何が?」

海未「そんなふうに、自然体でいてくれる方が助かります」

海未「私は、そっちのにこの方が好きですから」

にこ「~~~~~~!」

――

花陽「わー、わー」ドバドバ

真姫「アンタよく貧血にならないわね…はい、ティッシュ」

希「いやー、天然って恐ろしいなぁ?」

ことり「あんなこと言われたら…だめっ」ダラダラ

真姫「こ、ことりも鼻血?!」

30: 以後訂正しますすみません 2014/02/05(水) 01:51:43.30 ID:KVEoIOQKo
海未「どうかしました?顔が赤いですよ?」ジリ

にこ「……………」カアアアア

海未「ひょっとして…熱があるんですか?」

にこ「っ!」ギュッ

海未「……!?にこ!?」

にこ「ちょっと………このままにさせて」ギュウウウウ

海未「わ、わかりました…」

海未「(体調を崩すほど…悩んでいることがあるんでしょうか)」

海未「(黙って話してくれるのを待つことにしましょう)」ナデナデ

にこ「っ!」

――

花陽「」ドクドク

凛「真姫ちゃんせんせー!かよちんが死んじゃいましたー!」

真姫「捨ててきなさい」

ことり「にこちゃん…海未ちゃんの胸に抱かれて優しく背中を撫でられてっ…」

穂乃果「!見て!あのサイン!」

花陽「あれはっ……『これ以上やったら惚れるからギブ』サインです!」

凛「かよちん復活!?」

希「ん、じゃあちょっと行ってくるな?」

31: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 01:53:05.70 ID:KVEoIOQKo
ガチャ

海未「!ち、違うんですこれはっ…て」

希「ウチやで?」

海未「の、希ですか……」

にこ「」フラー

希「にこちゃんおいで……ん、こっからは3年生同士のお話や。海未ちゃんは帰り?」

海未「!……あ、はい、わかりました」

希「(えー感じに勘違いしてくれて助かるわ)」

希「じゃ、お疲れなー」ヒラヒラ

海未「はい、お疲れ様です」

バタン

希「……さて」

32: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 01:53:47.38 ID:KVEoIOQKo
にこ「…無理、アレは無理だったわ」

真姫「まあ、気持ち…わからなくはないわね」

ことり「あの状態で鼻血を出さなかったにこちゃんすごーい!」ダラダラ

花陽「完全に新たな扉開けたよ…!ありがとう!」ダラダラ

穂乃果「ティッシュ無くなったからトイレットペーパー持ってきたよー!」

希「じゃ、次は誰?」

真姫「まだやるの…?そろそろ死人が出そうなんだけど」

花陽「やるよっ!…次は!凛ちゃん!」

凛「!凛、かぁ…自信ないけど頑張るにゃ!」

33: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 01:55:44.05 ID:KVEoIOQKo
五日目

凛「う、海未ちゃん!」

海未「何ですか?凛」

凛「あ、あのね…今日凛と一緒に帰って欲しいの!」

海未「?いいですけど……」

凛「ホント!?やったー!」

絵里「……………」

花陽「(ついに来てしまった…!この誘い受けとNTR感を感じられるこの日!)」ゾクゾク

真姫「花陽?震えてるわよ、大丈夫?」

花陽「武者震いだよっ!」ドンッ

真姫「?」

34: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 02:02:52.71 ID:KVEoIOQKo
帰り道

凛「最近弓道部はどんな感じなのかにゃ?」

海未「うーん…昇段審査が近いので…綺麗に射ることの方を大切にしています」

凛「しょーだんしんさ?…て何?」

海未「ああ、昇段審査というのはですね…」

凛「んー、難しいにゃ…」

海未「とにかく、真ん中に射ることより綺麗に射ることの方が大切という話です」

凛「!弓道している時の海未ちゃんはいっつも綺麗だにゃ」

海未「そ、そんな…恥ずかしいです」テレッ

凛「♪~」

――

花陽「うう…来ています、来ていますよっ…!」

真姫「何がよ…」

穂乃果「でも、いつも私たちといる時と変わらないよー?」

ことり「キスするシチュエーションにならないと…」

にこ「あ、凛ちゃんが公園に誘ったわね」

希「…公園だと海未ちゃん人目を気にしそうやけど、大丈夫やろうか?」

35: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 02:10:55.31 ID:KVEoIOQKo
凛「~」ペラペラ

海未「」ウンウン


真姫「めちゃくちゃ喋ってるけど…」

にこ「全然言い出さないわね…」

花陽「凛ちゃん…楽しそうっ…!」ゾクゾク

ことり「…かよちゃん、昨日までと楽しみ方違うね…」

希「世間話しかしとらんねー、このままだと日が暮れるで?」

36: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 02:14:00.39 ID:KVEoIOQKo
凛「へへ、海未ちゃん面白いね!」

海未「ふふ…ですが、もう夜になってしまいましたね。そろそろ…」スクッ

凛「っ!」ギュッ

海未「……凛?」

凛「ちょっと、待ってにゃ」

海未「………どうし、ました?」

凛「(い、言い出せない…)」

――

花陽「袖を控えめにつかむ仕草…いいよ、凛ちゃん、いいよお……!」

ことり「さっきまで楽しそうに話していたのと…今の照れた顔のギャップは…」

希「うん。すっごくええね」

真姫「(早く帰りたい)」

37: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 02:19:43.48 ID:KVEoIOQKo
海未「(にこもでしたが…みなさん悩みがあるのかもしれませんね)」

海未「(凛は年下ですし…私が話を聞くべきなのでしょう)」

海未「(…ですが、遅くまで女の子を連れまわすのは…ちょっと)」

凛「……凛ね」

海未「……はい」

凛「…………………」ブルッ

海未「……寒くなってきましたね」スルッ

ファサ

凛「!」

海未「それで少しは暖かいでしょう?」

凛「でも、海未ちゃん」

海未「私は大丈夫ですよ、体温は高い方ですから」ニコッ

凛「…………」ギュッ

――

穂乃果「凛ちゃん、真っ赤になってうつむいちゃったー」

希「にこちゃんといい、挑戦者側が堕ちすぎやね」

ことり「天然タラシだ…」

にこ「ねえ、寒いんだけど…帰ったらだめなの?」

38: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 02:21:03.94 ID:KVEoIOQKo
凛「…あのね、海未ちゃん」クル

海未「…!」

凛「凛、ね…………」ウルウル

海未「っ!」ガシッ

凛「!?」

――

花陽「凛ちゃんは涙をその目に湛えながら海未ちゃんを見上げ、言葉を漏らす」ゾクゾク

ことり「その言葉を遮るように海未ちゃんは凜ちゃんの肩をつかみっ…!」ドキドキ

穂乃果「ねえねえ!次の詞は花陽ちゃんに任せるのもいいんじゃないかなっ?」

真姫「……そうね」

希「静かにしっ!初めて海未ちゃんからのアプローチ入ったんよ!?」

39: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 02:27:11.02 ID:KVEoIOQKo
海未「凛、………」

凛「海未、ちゃん……………?」ウルウル

海未「」ブンブンブンブン

凛「っ!?」

海未「い、いけません……か、帰りましょう?本当に肌寒くなってきましたし」

凛「え、あ、わかったよ。海未ちゃん」

海未「(危ない…流されるところでした)」フウ

――

花陽「良かった……凜ちゃん、よかった…!」ギュウッ

凛「か、かよちん、苦しいにゃっ」

にこ「あの状況から持ち直せるってすごい才能ね…」

希「ヘタレさんもこの数日誘惑され過ぎて参ってるんやろうか?」

花陽「よし…次、は………!こ、ことりちゃんだっ!」

ことり「ホントー!?やった!ことり、いっきまーす!」

穂乃果「ことりちゃんなら楽勝だよっ!頑張れー!」キャイキャイ

真姫「(この期に及んで何でノリノリでいられるのかしら…)」

40: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 03:36:46.99 ID:KVEoIOQKo
六日目

ことり「って………」

穂乃果「か、風邪…?」

絵里「ええ、昨日遅くまで薄着で外に出てたみたいだわ」

凛「………」カアッ

花陽「そ、そうなんだ………」

希「どうするん?」

にこ「今日はやめといたら?」

ことり「…うーん、帰り道にお見舞いに行くね!」

花陽「!お見舞い、そうかそんなシチュも……」ブツブツ

絵里「(相変わらずみんな様子がおかしいわね…)」

41: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 03:37:23.19 ID:KVEoIOQKo
園田邸 海未部屋

ことり「うっみちゃーん」

海未「……ん、ああ、ことり…ですか」ゲホゲホ

ことり「寝たままでいいよぉー」

海未「あ……す、すみません」

ことり「風邪、引いちゃったんだね」

海未「ええ…季節の変わり目ですから……」

ことり「気をつけなきゃだめだよー?これ、みんなからのお見舞い置いとくね?」

海未「あ、ありがとう……」

ことり「…………」

――

にこ「さすがに人の部屋にカメラは無理だったのね…」

希「音声だけってのもいいもんやねー…」

花陽「たしかに…これはこれでトキメキが…!」

穂乃果「クッキーおいしー!」モシャモシャ

真姫「にしてもなんで私の家に…」

凛「一番広いからだにゃ!」

42: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 03:38:28.46 ID:KVEoIOQKo
海未「ごめんなさい…ことり、お構いも出来ず」

ことり「海未ちゃん……凄い熱だよ!起きなくていいからね!?」

海未「ん…すみません…」ハアッ

ことり「(…ホントに辛そう……だけど)」

海未「んっ…………」ハアハア

ことり「(なんでだろ…とってもドキドキしてきた………)」ギュッ

海未「……何ですか?いきなり手を…?」

ことり「……ねえ、海未ちゃん」

海未「はい…………」

ことり「風邪って、人に移したら、早く治るんだよ?」

海未「…………は、い?」

ことり「………」ギシッ

海未「ちょ、ちょっとことり?」

――

にこ「今の音……海未ちゃんに跨ったのかしらね」

真姫「…………なっ!?」カアッ

穂乃果「ねえ!凛ちゃん!あっちの池、魚がいるよーっ!」

凛「すぐに現場に急行にゃーっ!」ダダダッ

穂乃果「おーっ!」ダダダッ

真姫「ちょっとあんたたちっ!人んち走り回らないでよっ!」

花陽「ことりちゃん!押し倒しちゃったら誘い受けじゃない!襲い受けになっちゃうよおお!」バンバン

花陽「そ、それも…アリだけどっ!!!」

にこ「…アリなのね」

真姫「襲い受けって何!?大体ニュアンスでわかるけど…」

希「突っ込みが追い付かんなぁ?真姫ちゃん?」クスクス

43: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 03:39:06.52 ID:KVEoIOQKo
ことり「……海未ちゃんの、風邪、欲しいなぁ…?」

海未「ことりっ…顔が、近いです……」

ことり「だって……近づかなきゃ…風邪貰えないもんっ……」

海未「………っ」

ことり「海未、ちゃんっ………」

海未「こ、とり………」

――

花陽「え、今、ど、どうなってるのおおおお!?」

凛「イヤホン耳に突っ込んだかよちんが発狂してるにゃー」

真姫「もう見慣れちゃったわよ…」

希「ああ、今の状況?顔が1㎝位に近づいて、ことりちゃんが海未ちゃんの首に絡みついとるね」

花陽「!?」

希「そんで、ことりちゃんは真剣に見つめてて、海未ちゃんは熱でボーッとしながらも慌とるわ」

穂乃果「すごーい!なんでわかるの!?」

希「カードに聞けば何でもわかるんやでー?」

にこ「…ことりちゃんの髪留めに着けたカメラに聞いてるんでしょうが…」

凛「おお……それはとってもドキドキする状況だにゃ…」

44: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 03:40:03.79 ID:KVEoIOQKo
ことり「………ねえ、海未ちゃん」

海未「な、なんですか…?」

ことり「海未ちゃんの風邪…頂戴?」スッ

海未「え、いえ、ですが」

ことり「ほら、チュー、って」

海未「っ…………」バクバク

ことり「(これはいったでしょー)」ワクワク

海未「」ドキドキドキドキプシュー…

ことり「………あれ」

海未「…………」ガクン

ことり「……………かよちゃん、聞こえますか?」

ことり「……海未ちゃん、気絶してしまいました」

――

花陽「……ええええええ」

凛「こ、今度こそいっちゃうかと思ったにゃ…」

真姫「気絶って……」

希「まるでドーテーさんやなぁ?」

穂乃果「ドーテーさんって何ー?」

にこ「……アンタはまだ知らなくていいわ」

花陽「…ちょっと待ってください、まだ何かっ…」

45: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 03:41:31.09 ID:KVEoIOQKo
ピンポーン

海未母「はーい……あら、絵里ちゃん」

絵里「ご無沙汰しております」

海未母「お見舞いに来てくれたのかしら?ありがとう。どうぞ上がって?」

絵里「はい…お邪魔します」トタトタ

ことり「!」ガバッ

絵里「あら……ことり?」ガチャ

ことり「え、絵里ちゃん…」

絵里「海未は?」

ことり「ね、寝ちゃってるみたい……だから、私帰るね」

絵里「ちょっと、ことり」

ことり「お邪魔しました!」トタタタ

46: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 03:48:06.50 ID:KVEoIOQKo
希「……………」

にこ「……………」

真姫「…………」

凛「にゃ?何にゃこの気まずい雰囲気?」

花陽「げ、現場は抑えられていないのでセーフですよ…たぶん」

穂乃果「何の話してるのー?」

にこ「……今の会話から大体察しなさいよ」

47: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 03:48:34.58 ID:KVEoIOQKo
穂乃果「ん?ことりちゃんが失敗だったってこと?」

凛「なら、明日かよちんが成功させて優勝にゃ!」

花陽「!?や、やるの…私も?無理だよ…」

真姫「(…この花陽、久しぶりに見た気がするわ)」

凛「人にやらせたんだからもちろんかよちんもやらなきゃいけないにゃ!」

穂乃果「待って!あと絵里ちゃんは?」

にこ「!…いや、だから察しなさいって」

希「……………そうやね、穂乃果ちゃん」

にこ「!?」

希「えりちにも…やってもらわんとな?」

穂乃果「そーだよね!じゃあ、くじ引き…」ゴソゴソ

穂乃果「えいっ!あ、かよちゃんだー!」

花陽「う、うう………私に出来るかなぁ……?」

凛「かよちんなら楽勝だよ!頑張ってにゃ!」

48: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 04:15:33.38 ID:KVEoIOQKo
七日目

花陽「……海未、せんぱい」

海未「ほら、先輩は無しですよ」

花陽「えっと……海未、ちゃん」

海未「ふふ、何ですか?花陽」

花陽「も、もう体調は、大丈夫なの?」

海未「ああ……大丈夫です。すっかり元気ですよ」

花陽「そ、そうなん…だ」

海未「?花陽、どうしましたか?」

49: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 04:17:15.55 ID:KVEoIOQKo
花陽「えっと……ずっと前から思ってたんですけど…」

海未「はい」

花陽「………好き、で、す……」

海未「へっ?」

花陽「ごっ!ごめんなさい気持ち悪いですよね……で、でも、海未ちゃんの恋人になりたいんですっ…!」

海未「はな、よ………?」

――

真姫「なにこれ…最初からクライマックスじゃない」

にこ「練習始まってないのに……」

ことり「これ、絵里ちゃん入ってくるんじゃ……」

希「んー?絵里ちは風邪で欠席やってー」

穂乃果「わ、風邪流行ってるね!気を付けないと!」

にこ「……もうそういうことでいいわ」

凛「かよちんの告白、果たしてどうなるっ……!?」

50: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 04:28:01.49 ID:KVEoIOQKo
海未「き、気持ち悪いなんて……思わないですよ?」

花陽「っ…」

海未「お気持ちは素直に嬉しいですし、尊敬します」

花陽「えっ…」

海未「………ですが、その気持ちには、答えられません」

花陽「そ、そう………です、か」

――

凛「か、かよちんが、フラれたっ……!?」ガーン

真姫「何でアンタがショック受けてんのよ…」

にこ「フラれるのわかってるのに告白するとは……」

希「この後に作戦があるんやろうね……」

ことり「……………」ゴクリ

51: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 04:28:27.93 ID:KVEoIOQKo
花陽「うみ、ちゃんっ……」

海未「えっ……?」

花陽「海未ちゃんのことは……諦める…から、」

花陽「さ、最後の思い出…く、ください」ギュッ

海未「ちょ、ちょっと花陽……目を開けてくださ……」

花陽「……ダメ…………?」ウルウル

海未「っ…」ビクッ

――

ことり「なんとっ……!」

希「そういうテか…なるほどなぁ」

凛「このかよちんの誘いを断るなんて人間じゃないにゃ!」

穂乃果「確かに、かよちゃん可愛いねー!」

にこ「これは……確かに弱るわね…」

真姫「これ、ネタバラシとかしないの?海未ちゃんに凄い誤解を与えつづけてるよね……?」

希「全部終わってから考えようやー」ヒラヒラ

52: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 04:29:23.10 ID:KVEoIOQKo
花陽「海未、ちゃん…お願いっ!」

海未「…」ギュッ

花陽「………!?」

海未「すみません、私には、心に決めた人がいるので……」

花陽「…!」

海未「これ、で…勘弁してください……」ギュウウ

花陽「っ…うみ、ちゃんっ………!」

バターン!

凛「なんでにゃあああ!」

花陽「り、凛ちゃん!?」

53: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 04:36:29.22 ID:KVEoIOQKo
凛「海未ちゃん!なんでかよちんの告白振るばかりかっ……!こんな!」

海未「え、えええ!?」

凛「かよちんから、離れてー!」グイ

花陽「凛ちゃんっ!」

凛「かよちん!凛が傍に居るから!大丈夫だからっ!!」

花陽「りんちゃあんっ………」ギュウッ

海未「…………よ、良かった、ですね……?」

――

真姫「…………これ、は…」

希「ハッピーエンド、なんかな…?」

にこ「凛ったら、いつの間に乱入してるのよ……」

ことり「んー、かよちゃんもダメだったかぁ…」

穂乃果「じゃあ、最後は絵里ちゃんだねっ!」

絵里「…私が、何て………?」

真姫「!?」

54: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 04:47:46.28 ID:KVEoIOQKo
希「えりち……今日休みって…」

絵里「忘れ物してたから取りにきたのよ…それより」フラッ

絵里「………何?…最近様子がおかしかったのは、これ………?」

ガチャ

花陽「そ、そう、です……」

絵里「まったく…………」

絵里「とりあえず、人の心をもてあそぶようなことしちゃ、ダメよ………?」

凛「…ご、ごめんなさい」

55: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 04:48:45.21 ID:KVEoIOQKo
穂乃果「あのね、絵里ちゃん!元気になったら絵里ちゃんもしてくれる!?」

ことり「ほ、穂乃果ちゃんっ!」

希「………ええかもね、えりちにしてもらうのも」

真姫「希までっ!」

絵里「…………いい、けど……?」

花陽「!い、いいんですか?!」

絵里「私もやらないと…仲間はずれなんて嫌じゃない」

穂乃果「やった!じゃあ、今日はゆっくり休んでね!」

にこ「……はあ、何だったのかしらこの一週間…」

56: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 04:52:39.16 ID:KVEoIOQKo
八日目

穂乃果「絵里ちゃん!元気になった?」

絵里「ええ、バッチリよ」

穂乃果「やったー!」バンザーイ

絵里「それで…さそいうけ?だったかしら?」

希「とりあえず、誘って海未ちゃんにチューされたらええんやで?」

凛「海未ちゃんは弓道部で自主練中にゃ」

ことり「今は道場でひとりだから、チャンスだよっ!」

絵里「ん…それなら、行ってみましょうか」

花陽「………」ワクワク

57: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 04:59:59.67 ID:KVEoIOQKo
弓道場

海未「…………」バシュッ

絵里「…お見事、ね」

海未「……ああ、絵里ですか。風邪はもう大丈夫なんですか?」

絵里「ええ、……って、知ってるでしょ?」

海未「まあ、そうですけど」

――

花陽「……おお………!」

希「スタートからいい雰囲気やねぇ…」

にこ「さすが、彼女よね」

穂乃果「…え?」

58: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 05:05:00.18 ID:KVEoIOQKo
海未「……それで、何しに来たのですか?」

絵里「えっと…それはっ…………」

海未「会いたくなったんですか?」ジリ

絵里「っ………ちょっと、海未っ」ジリジリ

海未「待ち遠しかったんですか?一昨日散々したでしょう?」ダンッ

絵里「っ……!」

海未「ふふ、可愛いですね、絵里」ツーッ

絵里「う、み…!やあっ……」

海未「して欲しいのなら…いくらでもしてあげますよ…………んっ」チュー

絵里「んぅっ…………!」

――

ことり「こ、これは…………」ハァハァ

希「きてるわー、ホンマにやばいわー」ハァハァ

凛「!簡単にチューしたにゃ!」

穂乃果「(海未ちゃんと絵里ちゃん付き合ってたの!?)」

にこ「……しかも、何というか…」

真姫「深い方………!」カアッ

花陽「これはっ……まさか…………」

59: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 05:12:12.85 ID:KVEoIOQKo
絵里「っぷは………ちょっと………海未、はな、れてっ……」

海未「あれ?口答えするんですか?」

絵里「っ…そ、そうじゃなくてっ……」

海未「ふーん………?お仕置きが、必要みたいですね」ゴソゴソ

絵里「いやっ!ここ、人がっ……」

海未「見せつけてあげればいいじゃないですか?……

    …そこの7人とかにも」

7人「!!」ビクッ

海未「私は…絵里だけのものですから、残念でしたね……?」

絵里「やっ………やあっ……!」

60: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/05(水) 05:12:58.93 ID:KVEoIOQKo
にこ「やばい………気付かれてたっ!?」

凛「と、止めるにゃ!?」

希「……いや、この場を黙って去るんがええやろ」

穂乃果「う、うわー………うわー」

ことり「まさか、海未ちゃんがっ……」

花陽「ヘタレ攻めではなく………覚醒ドS年下敬語攻めとはっ…!!」

真姫「……は、花陽?」

花陽「………アリですっ……!もはや役満ですっ……………」フラー

バターン

凛「かよちーーーーーん!!!!」


おわり