2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 23:38:08.92 ID:YLnGLkMAO

―――壁外 鎧の巨人の上にて


ミカサ「…え?」

ジャン「お前いま何て言った?」

アルミン「いや…だからさ、このまま一緒にライナー達の故郷まで行けばいいんじゃね?って思って。」

鎧(ライナー)「!?」

ベルトルト「何を考えてんだこいつ…」


引用元: アルミン「このまま一緒に故郷まで行けばいいんじゃね?」 



DVD付き 進撃の巨人(24)限定版 (講談社キャラクターズライツ)
諫山 創
講談社 (2017-12-08)
売り上げランキング: 2,419
3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 23:49:14.96 ID:YLnGLkMAO

エレン(な…何を言ってるんだアルミンは…)


ミカサ「アルミン、今はエレンを助けに来ている。ライナー達の故郷まで行かれたら手遅れなの。」

ジャン「そうだぞ、エレンに何かあれば人類にとって大損害だ…」

アルミン「もう…落ち着いて聞いてよ。もう一度言うよ?だからさ、このまま一緒に故郷まで行けばいいんじゃね?って。」

鎧(ライナー)(…は?)

ベルトルト「何を考えてんだこいつ…」


ミカサ「…ごめん、アルミン、何を言っているのか全く理解できない。」

アルミン「エレンは人類の希望だから何かあってはいけない…それは分かるよ。」

ミカサ「えぇ。だからエレンを取り返さなくてはいけない。故郷まで行かれたら駄目なの。」

アルミン「いや、そんな事は無いよ。」

ジャン「は!?」

コニー「何を言ってるのかわからないのは俺がバカだからじゃないよな?」

クリスタ「大丈夫、コニー。私にもわからない。」


4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/09(日) 23:58:25.81 ID:YLnGLkMAO
アルミン「だってさ…冷静に落ち着いて考えてみて。」

ミカサ「…冷静じゃないのはアルミンのような気がするのだけど…」

アルミン「いや、僕は至って冷静だよ。落ち着いてないのは君たちの方だ。エレンを取り返す事に頭がいっぱいで重要な点に気付いてない。」

ジャン「…何だよ?」

アルミン「ライナー達は人類の敵。違う?」

ミカサ「…いえ、その通り。ライナー達は私たちの敵。」

ライナー(覚悟はしてたが、やっぱり敵と言われると少し傷つくな…)

ベルトルト「…」

エレン「…」

ジャン「それがなんだよ。」

アルミン「つまりさ、ライナー達の故郷って、言ってしまえば人類の敵そのものなんでしょ?」

ミカサ「…そう…なのだろうか?」

アルミン「じゃあ、一緒について行けば敵の正体分かるじゃん。」

ライナー「」

ベルトルト「」

エレン(そう来たか)


6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 00:39:01.15 ID:ja3XjbBAO

アルミン「それに、僕達はこうして鎧の巨人の上にいれば他の巨人に襲われる心配も無い。ライナーが戦ってくれるからね!」

ジャン(今は敵とはいえ、なかなかに酷いな。)

ミカサ「…いや、敵の正体がわかったとしてもエレンに何かあれば…」

アルミン「ライナー達の故郷に着いた瞬間に取り返せばいいんだよ。」

ミカサ「あ、そうか。」
コニー「言われてみればそうだな。」

クリスタ「難しく考え過ぎるのもよくないみたいだね。」

ユミル「じゃあ、私らは故郷に着くまで雑談でもしていようか、クリスタ。」


ライナー「」

ベルトルト「」

エレン「やはりアルミンには正解を導く力がある。」


8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 00:53:23.95 ID:ja3XjbBAO

サシャ「みなさーん、待ってくださいよー!」パカラッパカラッ

クリスタ「あ、サシャだ。」

コニー「お前もこっち来いよー!」

サシャ「はい!私も混ぜてください!」バシュッ

ベルトルト(また1人増えた…)

サシャ「この巨人は誰ですか?」

コニー「これはライナーだぜ!」

サシャ「へー、ライナー久しぶりです!」

鎧(ライナー)(…)

アルミン「これからライナーとベルトルトの故郷まで行くとこなんだ。サシャも来るよね?」

サシャ「もちろんです!旅行みたいで楽しみですねぇ。」

ベルトルト(もう何から突っ込めばいいのかわからない。)

9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 01:05:17.54 ID:ja3XjbBAO

ジャン「…!おい、お前ら、前見ろ!」

アルミン「え?」

ライナー(あれは…!)


エルヴィン「…」パカラッパカラッ

巨人「…」┣¨┣¨┣¨┣¨ドドッ!!


ベルトルト(エルヴィン団長が…巨人を連れてきた!?)

ライナー(くそ、巨人を使って足止めする気か!!)

アルミン「よし、ライナー、巨人は無視してこのまま突っ切れ!」

鎧(ライナー)「!?」

ハンネス「おい、お前ら、危ねぇから早く降りてこい!!」

エレン「あ、ごめんハンネスさん。俺たち一緒に故郷行って来るから。」

ハンネス「!?」

ミカサ「えぇ、私達は大丈夫だからハンネスさんこそ早く逃げて…。ハンネスさんも、大事な家族だから。」

ハンネス「いや、そう言ってくれるのは凄く嬉しいが…意味がわからんぞ!!?」

アルミン「とにかく僕達はライナー、ベルトルトと共に彼らの故郷に向かいます。ハンネスさん、また会いましょう!!」

┣¨┣¨┣¨┣¨ドドッ…

ハンネス「…行ってしまった…」


エルヴィン「…巨人無視してそのまま行っちゃった…」

エルヴィン「あれ、104期生達は!?」

ハンネス「…一緒に故郷に行って来ると…」

エルヴィン「は!?」


11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 08:24:32.10 ID:ja3XjbBAO

少し離れた場所 巨大樹の森


ライナー「はぁ…疲れたからいったん休憩だ…」

ベルトルト「うん…」

エレン「ライナー、ベルトルト。今はアルミンのおかげで休戦状態になっているが、お前らの事は一切許してないからな。」

ライナー「あぁ…わかってるよ。」

ミカサ「えぇ、だから故郷に着いた瞬間にあなた達からエレンを取り返す。」

エレン「けっ、お前に頼らなくても1人で何とか出来るよ。」

ミカサ「いや、エレンは1人じゃ心配。これで誘拐されたのは二回目。」

ジャン(まぁ、取り返すも何も…もうエレンは自由に動ける状態だし今、普通にミカサとアルミンの横に座ってるんだがな。)

コニー「なぁ、暇だから何かして遊ぼうぜ。」

サシャ「かくれんぼしましょうよ!」

クリスタ「もう、こんな場所でかくれんぼなんかしたら危ないよ?」クスッ

ユミル「ははは!相変わらず馬鹿だなお前らは!」

ライナー「はぁ~…」

ベルトルト「…はぁ…」

ジャン(ライナーとベルトルトも…もう疲れたというか…どうでもよくなったって感じの顔だな…)

アルミン「…」

ジャン(まさかアルミンの奴…こうなる事も予想してたのか?)


12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 09:11:06.91 ID:ja3XjbBAO
ドシンドシンドシンドシンドシン

エレン「ん、巨人が一体こっち来るぞ?」

アルミン「あの巨人は!」


女型の巨人「…」ドシンドシンドシン


ライナー「アニ!?」

ベルトルト「何でここに!?」


アニ「おい、ライナー!ベルトルト!」バシュッ

クリスタ「あ、巨人化解いてこっち来た。」

ミカサ「アニ、久しぶり。」

アニ「久しぶりだねミカサ。」

アルミン「結晶の中から出てきたんだね。」

アニ「うん、暇だったからね。」


アニ「みんな!迷惑かけてごめんなさい!!」

エレン「謝って済むなら憲兵はいらねぇ…」

アニ「…そうだよね…」


ベルトルト「いやいやいや、待って待って。色々と待ってよ。」

エレン「何だよ腰巾着野郎。いやと待ってを3回ずつ言いやがって。」

ライナー「何でアニまでいるんだよ……」

アニ「あんたらが私を置いて故郷に帰ろうとするからだろ!!私は仲間外れかい!?この薄情者!!」ゲシゲシッ

ライナー「悪かった、悪かった、痛いからやめろ!」


13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 09:20:11.77 ID:ja3XjbBAO
エレン「…リヴァイ班や他の先輩方も怪我で済んだから良かったが、お前のせいで壁外調査が失敗したのは事実だ。俺は許してないからなアニ!」

アニ「うん…故郷に帰ってまた壁に戻ったら自首するよ…」

ベルトルト(…は?)


サシャ「こうして104期で集まるのは久しぶりですね!」

コニー「あぁ…訓練生の頃を思い出すな。」

アルミン「あの頃に戻りたいね。」

ジャン「…マルコもいればな…」

マルコ「え、僕が何だって?」

ジャン「ふぁっ!?」


14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 09:33:18.79 ID:ja3XjbBAO
ミカサ「マルコ、久しぶり。」

マルコ「久しぶりだね、ミカサ。」

ジャン「待て!!は!?どういう事だ!?」

アニ「ここに来る途中にいたから一緒に連れてきたんだよ。」

ジャン「…もう理解が追い付かねぇ…」

サシャ「何を言ってるんですかジャン!マルコが生きてたなんて喜ぶべき事じゃないですか!」

ジャン「いや、そりゃ凄く嬉しいぞ。だが、もう混乱してそれどころじゃない…」

マルコ「ごめんね、ジャン。実は僕は…王政府や中央を実力者達を裏で調査している者だったんだ。」

アルミン「ふむふむ」

ジャン「…」

マルコ「それで僕は、調査している事が中央の人間達にバレてしまった。だから、死んだフリをして奴等の目を欺くしかなかったのさ。」

マルコ「心配かけてごめんね。」

ジャン「あ、あぁ…ちょっと、頭を整理させてくれ…」

アルミン「ん?じゃあ何でアニはマルコの立体機動装置を持ってたの?」

アニ「だから前に言ったじゃない。拾ったって。」

マルコ「うん、奴等にバレないようにその辺に捨てたからね。」

アルミン「あぁ、そのまんまの意味で本当に拾っただけなんだね。」


15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 10:02:04.74 ID:ja3XjbBAO
サシャ「とりあえず、これでみんな揃った訳ですね。」

コニー「あぁ、やっぱり皆といると楽しいな!」

クリスタ「うん…」


クリスタ「…私ね、本名はヒストリア・レイスで、レイス家という貴族の生まれなんだけど…妾の娘として親からも誰からも愛されず周りから迫害を受けながら育って来たの。だから、私は自分はこの世界に必要の無い存在なのかなって思って生きてきた…訓練所にいた時も、嫌われたくないなって一心で生活してた…」

ユミル「…」

ジャン(さらっと重大な話を話し始めた。)

クリスタ「…でもね、こうして久しぶりに皆で集まって…今やっと気付いたの。私はたくさんの仲間に囲まれていたんだって…私は今、充分に幸せなんだって。」

クリスタ「そう思ったら、過去の事なんかどうでも良くなっちゃった!」ニコッ

ユミル「あぁ、それでいいんだ。ヒストリア。」

エレン「…クリスタ、前は無理して作ったような笑顔で気持ち悪いって思ってたけど。今のクリスタは自然でいい笑顔だぜ。」

クリスタ「ありがとう、エレン。でも気持ち悪いなんて酷いなぁ。」

アルミン「そうだよ、エレン!気持ち悪いは酷いよ!」

エレン「ん、あぁ…はっきり言い過ぎたな、悪い。でも今のクリスタは本当にいいと思うぞ。」

ライナー「エレン!貴様、俺の婚約者であるクリスタに気持ち悪いなどと抜かすとは許せんぞ!!」ガタッ

エレン「うるせぇな腰巾着野郎!!お前は本当に気持ち悪いんだよ!!!」

ライナー「腰巾着野郎はベルトルトだろうが!!」

ベルトルト「お前らいい加減にしろ!!」

アニ「ベルトルトがキレた。」


16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 10:12:23.03 ID:ja3XjbBAO

ベルトルト「何で…何でこんな事になってるんだよ!!僕らの目的は、エレンとユミルとクリスタを連れて故郷に帰る事だったはずだ!!」

ベルトルト「でも今、エレンもクリスタもユミルも普通にそこで楽しそうに雑談している!!なんなんだこの状況は!!」

ライナー「まぁ…いいんじゃないか?あいつらも来るって言ってるし。」

アニ「そうだよ、それにかつての仲間じゃないか。」

エレン「そういえば、お前俺たちの事を仲間だと思ってたって言ってたよな。俺は許してねぇけど。」

ミカサ「えぇ、泣きそうになりながら言ってた。」

ベルトルト「え…」

ライナー「俺は今でもそう思ってるぞ。」


アルミン「もうさ…」


アルミン「このまま君たちも協力して皆で故郷を潰しに行かない?」

アルミン「僕たち、仲間でしょ?」


ベルトルト「」


17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 10:26:29.77 ID:ja3XjbBAO

ベルトルト「な…何を言ってるんだ、アルミン…」

アルミン「…ライナーもアニもさ…もうぶっちゃけて本音話しちゃおうよ。ここには僕ら104期しかいない。」

アルミン「かつての仲間になら、本心を話しやすいでしょ?」

ジャン(こいつ…こういう話に持って行くために他の調査兵団を連れて来なかったのか?)

アルミン「で、どうなの?君たちは…僕たちを故郷に連れて行くのが不満なら…今ここで皆で殺し合うかい?」

ライナー「いや…それは、嫌だな…」

アニ「私も…あんたらと殺し合いなんか嫌だよ…」

ベルトルト「…」

アルミン「ベルトルトはどうなの?僕らを殺してでも君たちだけで故郷に帰るかい?」


ベルトルト「…そんなの…」



ベルトルト「嫌に決まってるじゃないかぁっ!!」ブワッ

クリスタ「ベルトルト泣いちゃった…」


20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 18:28:39.11 ID:ja3XjbBAO

ベルトルト「ひぐっ…誰が、誰がっ、好きで、こんなごどっ…やるんだよっ!!」ボロボロ

ベルトルト「本当はやだよっ!!みんなとずっと仲良くしていたかったよぅ…ひぐっ、うあぁ…」

アルミン「ごめん、ベルトルト!!泣かせるつもりは本当に無かったんだ!!ほ、本当にごめん!!」オロオロ

エレン「お、おう…そうだぞ、泣き止めよ…お…俺も言い過ぎたかも知れねぇけどよ…」オロオロ

ミカサ「…」オロオロ

ユミル(ベルトルトが号泣してエレンまで困ってやがる。)

ライナー「ベルトルト…落ち着け、気持ちはわかる。」

アニ「うん…ほら、鼻水出てるからかんで。」

ベルトルト「ぐすっ…」ヂーンッ


22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 18:40:35.93 ID:ja3XjbBAO

アルミン「…落ち着いた?」

ベルトルト「うん…」

コニー「そんなに俺たちと戦うのが嫌ならよぉ…裏切れってこっちにつけばいいのに。」

ライナー「…そんな単純な話じゃないんだよ、コニー。」

アニ「あぁ、私達だって…戦士として任務を果たさなきゃならない理由があるんだよ。」

エレン「だからといってお前らのしたことは許されない。」

ライナー「わかってるよ…だが、やるしか無いんだ。」

アルミン「僕は三人とも、故郷側を裏切って僕たちに付くべきだと思うよ。」

ライナー「いや、だからんな事できないんだって!!」

アニ「裏切ったら…色々とヤバい事になるんだよ…」

アルミン「はぁ…本当、みんなは頭が固いね。カチンコチンだよ。」

ベルトルト(ちょっとイラッときた。)

アルミン「だからさ、その色々とヤバい事になる前に決着をつければいいんだよ。」

ミカサ「…」

エレン「…」

ジャン「もっと詳しく説明してくれ。」


23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 18:49:18.38 ID:ja3XjbBAO

アルミン「まず…君たちは僕たちを捕らえたフリをして、故郷に戻る。」

アルミン「そして、その故郷にいる黒幕の元まで僕たちを連れて行き、その瞬間に君たちは裏切るんだ!」

アルミン「その後は僕たちと君たち巨人三人の連携プレーで一気に黒幕を叩き全てを終わらすという寸法さ!!!」


エレン「…お前、本当にアルミンなのか…?」

ミカサ「えぇ、私達の知るアルミンはもっと賢かったはず。」

アルミン「え、ダメかな?」

サシャ「私はいいと思いましたけど…」

コニー「俺もそれなら行けると思ったぜ?」

クリスタ「…実は私も。」

ジャン「いやいや…ダメだろ。さすがにそれは無理がある…」


ライナー「…いや、意外と行けるかも。」

ジャン「行けるのかよ!?」


25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 19:06:29.87 ID:ja3XjbBAO

アルミン「それに、何よりもやっぱり…僕たちは敵対なんかしたくないからね!」

ライナー「…」

ベルトルト「…」

アニ「…」

アルミン「君たちの本心はどうしたいんだい?どちらかにはっきり決めた方がいい…」

アルミン「ライナーだって、色々な感情や思いがごちゃごちゃになったせいでおかしくなってしまったんだ。なら、はっきり心を決めれば、ライナーも更に強い男として生まれ変わるはずだ!!」

ライナー「…」


エレン「アルミンには正解を導く力がある…俺は何も口を出さない。」

ミカサ「エレンに同じく。」

ジャン「…まぁ、俺も正直、お前らと戦うなんていい気分はしない…」

コニー「一緒に戦おうぜ!ライナー、ベルトルト…罪の意識があるなら人類の為に協力してくれ!!」

サシャ「一度は敵対したけど…やっぱり私達は仲間じゃないですか!」

クリスタ「今からでもやり直せるはずだよ!他の人達が恨んでも…私は三人の味方をするから!」

ユミル「…どうすんだい?」


ベルトルト「僕は…」

ライナー「俺は…」

アニ「私は…」



「皆と同じ、104期生の仲間だっ!!」


26: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 19:17:52.45 ID:ja3XjbBAO

そして、ライナー・ベルトルト・アニが再び加わった104期達は、そのままノリと勢いで故郷を目指し進撃していった…


鎧の巨人「…」ズシンズシンズシン

エレン巨人「…」ズシンズシンズシン

女型の巨人「…」ズシンズシンズシン

超大型巨人「…」ズシーンッ ズシーンッ

――超大型巨人の上

サシャ「すごいですねー!超大型巨人って本当に超大型巨人なんですね!」

コニー「俺たちの住んでた壁も見えるぜ!」

クリスタ「綺麗な景色…生きてて良かった…」



鎧の巨人(ライナー)(クリスタ乗せてうらやましい…)ズシンズシン


――エレン巨人の上

ミカサ「ウォール・マリアが見えてきた。」

アルミン「あそこはシガンシナ区だね。今日はとりあえずそこの壁の上で休もう。」

エレン巨人「…」コクッ


27: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 19:30:55.83 ID:ja3XjbBAO

―――シガンシナ区 壁の上

エレン「ここに来るのは久しぶりだな…」

ミカサ「えぇ…懐かしい。」

アルミン「…前の面影は無くなっちゃったね。」

ベルトルト「…ごめんね、エレン。」

ライナー「あぁ、俺たちが来なければ…こんな事には…」

アニ「どう謝ればいいのか…」

エレン「…俺はもちろん、まだお前らが大嫌いだけどよ…」

エレン「悪いと思ってて償いたいってなら…口だけじゃなくて行動もしろよ。」

ライナー「…あぁ、そうだな。」

アルミン「…さて、夜になって巨人も動かなくなったし…行こうか、エレン。」

エレン「え?今日はここで休むんだろ?」

アルミン「故郷に行くのはね。でも…他にやるべき事があるでしょ?」

エレン「…え?何の事だ?」

ミカサ「やるべき事?」

アルミン「もう…君たちは、忘れちゃったのかい?エレンにとったら故郷に行く事よりも重要だろ?」

エレン「え?」



アルミン「地下室だよ。」


エレン「……………あ。」

ミカサ「本当だ。」

アルミン「え、二人とも忘れてたの?」

エレン「い、いや…忘れてた訳じゃ無いんだが…あんまりにもすんなり来ちまったから全くそういう事を考えてなかった。」

ミカサ「えぇ…地下室に行くときはもっとこう…総力戦みたいな激しい戦いになるものだと…」

アルミン「ははは、漫画じゃないんだからさ。」

アルミン「それより、予定通りここにも来れたから、明るくなる早く地下室に行こう。」

ミカサ「え、予定通り?」

エレン「アルミンすげぇ。」


28: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 19:42:58.14 ID:ja3XjbBAO

―――そして彼等は地下室に辿り着く事に成功。そして彼等はそのまま故郷へ進撃し、激戦の末、黒幕を打ち破ってしまいそのまま壁内へ帰還していった。


アルミン「ただいま戻りました、エルヴィン団長!」

エルヴィン「うむ…全て聞いた。よく頑張ってくれた…というかやりすぎだ。」

アルミン「はっ!!」ドンッ

エルヴィン「…頼むから、今度からは勝手な行動はしないでくれ。」

アルミン「あ、すみません。もう既にみんな勝手に行動してます。」

エルヴィン「え!?今度は何する気なの!?」

アルミン「104期メンバーで壁内の黒幕を倒しに向かいました。僕もこれから行きます。」

エルヴィン「ああもう、調査兵団のやること無くなるじゃん!!」



29: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/10(月) 19:53:46.24 ID:ja3XjbBAO


―――中央 王政府本部


エレン「あとはここを潰せばいいんだな!!」

ミカサ「えぇ、王政やレイス家も人類の敵だとアルミンが言っていた。」

ジャン「これが最後の戦いだ!」

ヒストリア「みんな、行こう!全てを終わらせる…」

コニー「あぁ、そして皆であの頃のような楽しい生活に戻り。」

サシャ「美味いものをいっぱい食べる!!」

マルコ「憲兵になり王様になる!」

ユミル「クリスタといっぱい遊ぶ!」

ライナー「行くぞ、罪を償うため、そしてみんなの未来の為に…」

ベルトルト「僕ももう迷わない!僕の超大型巨人で蹴散らす!」

アニ「もう一度、みんなと過ごした美しい日々を取り戻してみせる!」


アルミン「よし、みんな揃ったね!」ダダダッ


アルミン「行くぞーっ!!」ドンッ



―おしまい―