1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 18:34:05.31 ID:lMAiWyp00
穂乃果「まずはことりちゃんをころそう」

穂乃果「ことりちゃーん!」

ことり「どうしたのホノカチャン」

穂乃果「焼き鳥好き?」

ことり「うん!好き」

穂乃果「じゃあことりちゃんチュンチュンって言って」

ことり「え・・・?チュン・・チュン?」

穂乃果「目つぶって」

ことり「なにホノカチャン?」

ドスッ

ことり「チュン!?」

バタッ

穂乃果「やったぜ」

引用元: 穂乃果「μ'sメンバーも肥えてきたことだしそろそろ殺るか」 


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 18:34:35.03 ID:lMAiWyp00
穂乃果「マッチマッチ・・・」

穂乃果「あった!」

シュバ
ゴゴゴゴ

穂乃果「ことりの焼き鳥完成!」

~ことり編完~

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 18:37:27.88 ID:lMAiWyp00
海未「穂乃果・・・人を呼んでおきながら遅刻とは・・・相変わらずです」

穂乃果「うーみちゃーん!」

海未「遅いですよ穂乃果」

穂乃果「海未ちゃんの名前って面白いよねー」

海未「いきなりなんですか」

穂乃果「夏休みだし今から海いかない?」

海未「ファッ!?」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 18:40:47.97 ID:lMAiWyp00
海未「突然過ぎるでしょう・・なにかあるんですか?」

穂乃果「なんか海未ちゃんの水着姿が見たいなーって!」

海未「穂乃果・・からかっているのですか?」

穂乃果「じょーだんじょーだん!」

海未「まあいいですけど今日は無理ですよ」

穂乃果「えー?」

海未「えーって・・常識的に考えて無理でしょう」

穂乃果「じゃあ明日!」

海未「仕方ないですね・・ことりは連れていかないんですか?」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 18:45:06.53 ID:lMAiWyp00
ギクッ
穂乃果「ことりちゃんは・・・」

ガシッ

海未「!?い・・いきなりなにするんですか・・!」

穂乃果「私、海未ちゃんが好き・・・」

海未「い・・・いきなりなにをいうんですか!今日の穂乃果おかしいですよ!」

穂乃果「穂乃果海未ちゃんと二人っきりがいい・・」

海未「・・・///」

海未「分かりましたよ・・」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 18:49:16.90 ID:lMAiWyp00
~夜~
穂乃果「ことりちゃんは明日まではやり過ごせるだろう・・」

穂乃果「明日海未ちゃんを殺して、次は誰にしようかな・・・」

・・・・

~朝~
海未「穂乃果相変わらず遅いですね」

穂乃果「ははは~ごめん海未ちゃん!」

海未「まあいいです電車がいってしまいます早くいきましょう」

穂乃果「うん!」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 18:52:03.71 ID:lMAiWyp00
穂乃果「ついたー!!!」

海未「綺麗ですね」

穂乃果「わ~人いっぱいいるねー」

海未「そうですね」

穂乃果「海未ちゃん」

海未「なんですか?」

穂乃果「なんで服着てんの?」

海未「そ・・・それは・・恥ずかしい・・」

穂乃果「もー海未ちゃん!ここは海だよ!海!もっとダイタンにいこうよ!」

海未「は・・はい」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 18:55:39.25 ID:lMAiWyp00
穂乃果「わ~可愛い!」

海未「やめて下さい!恥ずかしいです!」

穂乃果「いいじゃ~んほれほれ」プニプニ

海未「ヒャン!やめて下さい!」

穂乃果「ほれほれ~」

海未「や・・・め・・なさい!」ハァハァ

穂乃果「わ・・わかったよぉ~」

穂乃果「じゃあ早速海で泳ごう!」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 18:59:51.14 ID:lMAiWyp00
穂乃果『なるべく人が少なさそうな・・おっ洞窟!あそこなら・・・』

穂乃果「あっ!海未ちゃん!海未ちゃん!」

海未「なんですか穂乃果」スイー

穂乃果「あそこに洞窟があるよ!いってみよう!」

海未「なんか危なさそうですよ・・やめた方がいいんじゃ・・」

穂乃果「人間何事も挑戦だよ!海未ちゃん!」

海未「仕方ないですね・・・いきますか」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 19:04:43.16 ID:lMAiWyp00
穂乃果『暗いこれは好都合・・』

海未「穂乃果~どこですか~?」

穂乃果「ここだよー!海未ちゃん!」

海未「暗くて良く見えませんね」ペタ

海未「あ・・いたいた・・ゴボッ!?」

穂乃果「・・・」

海未「ぼ・・ぼのが・・なにを・・ゴボゴボはな・・・して」

穂乃果「海未ちゃんさようなら」

海未「!?」

海未はもう動かない

~海未編完~

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 19:10:38.49 ID:lMAiWyp00
穂乃果「すみません!」

監視官「どうしたんだい?お姉ちゃん?」

穂乃果「海未・・友達と洞窟ではぐれてしまったんです!」

監視官「どこで!?」

穂乃果「あの洞窟で・・」

監視官「ヤバイよ!早くいかなきゃ!」

・・・・

数時間後水死体と化した海未ちゃんが私の前に現れた

穂乃果「海未ちゃん・・!海未ちゃん!海未ちゃん!」

穂乃果「なんでこんなことに・・・」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 19:14:09.51 ID:lMAiWyp00
穂乃果「ただいま・・」

穂乃果母「穂乃果!大丈夫!?」

穂乃果「ごめん・・今日はもう・・」

穂乃果母「穂乃果・・・」

穂乃果母『今日はことりちゃん行方不明のことは言えないわね・・』

・・・・・・

穂乃果「やったぜ」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 19:17:22.97 ID:lMAiWyp00
次の日
私は海未ちゃんの件事情聴取のため警察に行った

そしてニュースではことりちゃんが行方不明というニュースが全国を回った

私はまた泣いた・・かなり激しく・・・

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 19:21:23.20 ID:lMAiWyp00
次の日
μ'sのみんなが私の家に来てくれた

絵里「穂乃果・・・大変だったわね・・」

希「みんながついてるからね・・・」

凛「元気だすニャー!」

花陽「・・・」

真姫「穂乃果・・・」

にこ「2人のためにもこれから頑張らなくちゃね・・」

穂乃果「みんな・・ありがとう」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 19:25:14.22 ID:lMAiWyp00
絵里「みんながついてるわよ穂乃果」

穂乃果「みんなありがとう・・・ありがとう・・」ポロポロ

希「長居するのもなんだしそろそろ帰ろか」

にこ「そうわねまたね穂乃果ちゃん・・」

凛「またね穂乃果ちゃん」

真姫「元気出しなさいよ・・」

みんなが部屋から出ていくだが花陽は出てこなかった

穂乃果「花陽ちゃん?」

花陽「穂乃果ちゃん・・・私・・・」

穂乃果「?」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 19:29:06.77 ID:lMAiWyp00
穂乃果「どうしたの?花陽ちゃん?」

花陽「私・・・見ちゃったの・・」

穂乃果『まさか・・・』

穂乃果「なにを・・?」

花陽「穂乃果ちゃんがことりちゃんを殺してるところ・・・」

穂乃果『なに・・・』

見られていた・・?私がことりちゃんを殺していたところを・・

穂乃果「花陽ちゃん・・何言ってるの・・?」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 19:32:07.27 ID:lMAiWyp00
花陽「ご・・ごめん・・見間違いかも・・」

穂乃果「多分そうだよ・・穂乃果がそんなことするわけないじゃん・・」

花陽「そ・・そうだよね・・」

穂乃果「そうだよ」

花陽「穂乃果ちゃんは殺すわけ・・ないよね・・・?」

穂乃果「うん絶対に」

花陽「そうだよね・・じゃあまた・・」

花陽は部屋を出て行った

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 19:40:12.68 ID:lMAiWyp00
穂乃果『まずいことになった・・』

穂乃果「次は・・・」


・・・・・
数日後
今日もテレビでは相変わらずことりちゃんの行方不明事件で盛り上がっていた

穂乃果母「ことりちゃんどうしちゃったのかしら・・」

穂乃果「うん・・・」

あれから私は海未ちゃんの事故の件で何回も事情聴取を受けたりことりちゃんの件でも何度か話を聞かれた
だが依然として私に犯人の疑いがかからないのは幸運だった

穂乃果『これも花陽ちゃんのおかげか・・』

穂乃果『でも知っちゃたから仕方ないよね・・』

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 19:46:36.47 ID:lMAiWyp00
プルルルル
花陽「?」

花陽「ほ・・穂乃果ちゃん・・」

ピッ
花陽「ほ・・穂乃果ちゃん?」

穂乃果「おはよう花陽ちゃんちょっと話したいんだけどいいかな?」

花陽「い・・いいよ」

穂乃果「今日会える?」

花陽「!?」

花陽「・・・な・・なんで?」

穂乃果「話したいことがあるんだ」

花陽「ここじゃ・・だめなの・・?」

穂乃果「駄目」

花陽「わかった・・行く」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 19:52:56.17 ID:lMAiWyp00
花陽『穂乃果ちゃんは私を殺すかもしれない・・』

花陽「でも・・・信じたい・・」

・・・・

穂乃果「花陽ちゃんこんにちは」

花陽「こんにちは・・」

花陽「今日はなにを・・」

穂乃果「花陽ちゃん・・・ことりちゃんを殺したのは私なんだ」

花陽「やっぱり・・・なんで・・・殺したの・・?」

穂乃果「それは・・ことりちゃんが大っ嫌いだから・・」

花陽「なんで・・あんなに仲良かったのに・・・」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 19:57:27.02 ID:lMAiWyp00
穂乃果「元から嫌いだったんだよねーあいついつもピーピー言っててうるさいったらありゃしない・・」

花陽「・・・」

穂乃果「だけどしられちゃったら仕方ないよね・・・」

と言って穂乃果は胸元から鋭いナイフを取り出した

花陽「!?」

穂乃果「花陽ちゃん・・またね」

と穂乃果は刃物を花陽に向ける

花陽「穂乃果ちゃん・・・嘘だよね・・?」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 20:07:05.27 ID:lMAiWyp00
穂乃果「いや、本当」

次の瞬間穂乃果は花陽に向かって走った

花陽「いや・・」

しかし穂乃果は途中で刃物を落とし

花陽「いまだ・・・」

花陽は刃物を持ち構えた

穂乃果「返してよ・・花陽ちゃん」

花陽「返さない・・」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 20:14:02.04 ID:lMAiWyp00
花陽「穂乃果ちゃん・・自首しよ・・今ならまだ・・」

穂乃果「嫌だね・・・私はこれからあなたを殺してそして・・・」

花陽「そして・・?」

穂乃果「μ'sのみんなを殺す」

花陽「なんで・・・」

穂乃果「私はもう疲れたよ・・だから・・・」

穂乃果「返せよ!!!」

花陽「・・・」プルプル

花陽『ここで穂乃果ちゃんを殺さないと・・みんなが・・死んじゃう・・』

花陽「うわあああああああああああ」

花陽は穂乃果に向かって走り穂乃果の腹部へ刃物を刺した

穂乃果「ぎゃあああああ」

穂乃果「ハァ・・花陽ちゃん・・・何を・・・」

花陽「私が・・あなたを殺す!」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 20:21:16.11 ID:lMAiWyp00
花陽はまた手を振り上げるしかしその手の中には刃物はなかった

花陽「な・・」

穂乃果「残念だったね花陽ちゃん」

その言葉のあと花陽の胸に刃物が刺さる

花陽「うわあああああああああ」

その刃物は無情にも何度も胸に突き刺さる

花陽「ほ・・・の・・か・・ぜ・・・たいに・・」

穂乃果「またね花陽ちゃん」

花陽からの返事はない

~花陽編完~

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 20:30:32.04 ID:lMAiWyp00
穂乃果「ガハッ・・・・」

さすがに腹部への損傷が酷いため穂乃果は倒れた

・・・・・
次の日
【女子高校生が乱闘1人死亡1人重傷】

という記事が全国を回った

穂乃果は全治2ヶ月の怪我をおった
警察やマスコミが穂乃果に話を聞いたが結局穂乃果が犯人として問われることはなかった

だがμ'sの中では穂乃果に対する疑惑が浮上してくるのであった

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 20:45:04.69 ID:lMAiWyp00
絵里「海未ことりそして花陽・・・なんでこんなことに・・・」

にこ「絶対になにかおかしい」

絵里「にこ?」

にこ「ここ数週間で3人μ'sのメンバーが死んじゃうなんておかしいに決まってる」

真姫「そうね絶対におかしい」

凛「かよちん・・」グスッグスッ

希「・・・」

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 22:06:13.72 ID:lMAiWyp00
希「みんな・・私やっぱり穂乃果ちゃんが怪しいと思うんよ」

絵里「希・・・それ・・本気で言ってるの?」

希「かよちんは穂乃果ちゃんにやられて死んだ・・」

絵里「じゃあ・・ことりと海未も穂乃果が殺したっていうの?」

希「それは・・・」

凛「きっと穂乃果ちゃんが殺した・・」

絵里「凛!」

凛「かよちんがあんなことするわけない・・絶対穂乃果ちゃんが殺したんだ・・・」

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 22:10:27.25 ID:lMAiWyp00
真姫「私はそうは思わないわ」

希「真姫ちゃん・・・」

にこ「私も、少なくとも私はそう信じたい・・」

絵里「真姫・・にこ・・」

にこ「だって穂乃果ちゃんは・・リーダーだもん」

凛「でもじゃあなんでかよちんが・・!」

にこ「誰かに操られた・・・とか」

凛「誰に?」

にこ「・・・」

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 22:14:13.97 ID:lMAiWyp00
凛「やっぱり・・・誰も答えられない・・やっぱり穂乃果ちゃんが殺したんだ!凛、絶対に許さない」

真姫「まだ決めつけるのは早いわ」

にこ「真姫ちゃん・・・」

絵里「そうねまずは穂乃果に話を聞きましょ・・・私たちなら話してくれるかも」

希「せやな」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 22:21:52.31 ID:lMAiWyp00
穂乃果『前回のことで予想以上に怪我を負っちゃったな・・しかもかなり強引にでも・・・まだいける・・』

ガラガラ

穂乃果「?」

絵里「穂乃果元気!?」

穂乃果「絵里ちゃん・・」

絵里「大変・・・だったわね・・」

穂乃果「うう・・・みんなごめん・・・花陽ちゃんを・・」

絵里「それ以上言わなくていいわ・・辛いでしょう・・・」

凛「・・・」

にこ「事件当時なにがあったの?」

穂乃果「・・・花陽ちゃんが突然呼んで来たのそれで・・私たち喧嘩になっちゃった・・」

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 22:31:37.42 ID:lMAiWyp00
真姫「それで?」

穂乃果「それで・・怒った花陽ちゃんがいきなりナイフで・・私のお腹をさしてきて・・」

凛「穂乃果ちゃん」

穂乃果「?」

凛「それおかしいよ・・かよちんがそんなことするわけない・・・」

絵里「凛!」

穂乃果「凛ちゃん・・・ごめん・・・でも・・本当なんだ・・」

凛「嘘だ!!!絶対嘘だ!お前が・・お前が・・かよちんを」

パンッ

絵里「いい加減にしなさい凛!」

凛「・・・・」

ダッ

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 22:36:38.27 ID:lMAiWyp00
穂乃果「凛ちゃん・・」

にこ「本当にあんたがやったんじゃないでしょうね」

穂乃果「うん」

真姫「・・・」

・・・・・

絵里「私・・凛に悪いことしちゃったな・・」

真姫「エリーは悪くないわ、だけど・・・」

真姫「多分穂乃果が犯人だわ」

にこ「そうね・・」

絵里「・・・」

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 22:45:08.33 ID:lMAiWyp00
穂乃果『もう・・潮時かもしれないな・・いっそ・・』

・・・・・・
1ヶ月後
穂乃果はやっと退院した

しかし穂乃果の周りは相変わらず平和であった
アイドル研究部の部室にはにこ真姫絵里希が交代で管理しているらしい

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 22:49:35.49 ID:lMAiWyp00
穂乃果はアイドル研究部の部室に入る

穂乃果「みんないないのかな・・」

???「穂乃果ちゃん」

穂乃果「!?」

穂乃果『凛ちゃん・・・』

凛「退院おめでとう」

穂乃果『やばい・・・なにも・・・」

穂乃果「ありがとう」

凛「座って」

穂乃果「うん・・・」

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 22:55:48.12 ID:lMAiWyp00
ちょっと待って

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 23:11:27.85 ID:lMAiWyp00
凛「穂乃果ちゃん・・・死んで・・・」

と言って凛は刃物をテーブルの上に置いた

穂乃果「!?」

凛「穂乃果ちゃんが自分で死なないなら私が殺す」

穂乃果「凛ちゃん・・・」

凛「さあ・・早く」

穂乃果は刃物を手に取った

穂乃果「・・・凛ちゃんが死んで」

穂乃果は立ち上がり凛を刺した

凛「やっぱり・・・穂乃果ちゃん・・が・・」ドサッ

穂乃果「・・・」

グサッ
穂乃果に鋭利な刃物が突き刺さる

穂乃果「な・・・んで・・」

凛は刺さらないように厚い格好をしていた

凛「かよちん・・・やったよ・・」

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 23:31:07.70 ID:lMAiWyp00
凛は逮捕されたしかしすぐに釈放された
そして穂乃果の罪は世の中で恐怖の女子高生として一生語られるのであった