1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26(水) 23:47:14.19 ID:LmUBLpUc0
夫「………え?」

妻「と、とにかく今はだめ!!」

夫「な、なんかやましいことしてるのか?」

妻「そ、そんなんじゃない!!」

夫「じゃあなんだよ!?」

妻「とにかく今はだめだから!!」

ピッ ツー ツー


夫「……」

引用元: 夫「出張なくなったから今から帰るよ」妻「え!?だ、だめ!!」 



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26(水) 23:53:40.08 ID:LmUBLpUc0
夫「……」

夫「これってやっぱりあれか…」

夫「浮気だよな……」

夫「やましいことじゃないなら理由言うもんな…」

夫「男でも連れ込んでたのか…?」

夫「またか…。結婚する前に付き合ってた彼女も俺が知らないところで浮気してたし…」

夫「妻のことは信じてたけど、やっぱ女ってこんなもんなのか…?」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/26(水) 23:56:26.30 ID:LmUBLpUc0
夫「家に帰りづらくなったな…」

夫 「どうしたらいいんだ…」

夫「面倒な出張が無くなったと思ったらこれか…」

夫「とりあえずネカフェにでも寄るか…」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 00:01:06.90 ID:dArzLcdx0
ピロリロリ♪

夫「ん…?メールか」

妻『さっきはごめん…!本当にやましいことは何もないから!信じて!
気をつけて帰ってきてね…』

夫「……」

夫「いまさらそう信じられないよな…」

夫「仮にやましいことは無かったとしても、妻をこんなに疑ってる時点で俺は最低だ…」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 00:06:20.85 ID:dArzLcdx0
夫「ああ…どうしていつも俺はこうなんだ…」

夫「思えば小学生の時に母親が男を作って家を出ていったときからそうだ…」

夫「女が心から信頼出来ない正確になってしまった…」

夫「結婚してからもそうだ…。妻は本当に健気に尽くしてくれるのに、裏切られるのをいつもどこか心の奥で考えてしまう…」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 00:09:01.54 ID:dArzLcdx0
夫「きっと妻も俺が心から信用してないのも見抜いてたんだろうな…」

夫「それに呆れて他の男を作ったのか…」

夫「ハハッ、結局俺の自業自得じゃないか…」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 00:11:07.95 ID:dArzLcdx0
夫「やっと幸せな家庭を手に入れたと思った…」

夫「けどそれを自分で壊してしまうなんてな…」

夫「俺本当にどうしようもないやつだな…」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 00:15:10.41 ID:dArzLcdx0
夫「…まだ昼の三時か」

夫「もう間男もいないことだろうけど、家に帰りづらいな…」

夫「考えすぎで頭が痛い…」

夫「メール返信しなかったから電話やメールが次々に来てるな…」

夫「どうせいいわけだろ…電源きっとくか…」ピッ

夫「頭痛い…。寝るか」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 00:19:45.53 ID:dArzLcdx0
―――――

『あなたがわるいんだよ?わ私のこといつも放っておいて…』

『あなたが私のこと信用してないのに、なんで私があなたを信用しなくちゃいけないの…?』

『…ごめん、あなたとは一緒にいられない、別れよう』

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 00:23:14.87 ID:dArzLcdx0
―――――――

夫「……ハッ」

夫「……」

夫(最悪だ…よりによって元カノとの夢を見るとは…)

夫(でも元カノの言うことは正解だ…)

夫(俺は妻の事を信用していたつもりだったが、やはりどこかで信用できていなかったのかもしれない…)

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 00:26:00.15 ID:dArzLcdx0
夫「…今何時だ…?」

夫「もう夜の12時だ…出張でも家に帰ってる時間じゃないか」

夫「今から帰ったら日付変わる頃に家に着くな…」

夫「…はあ、こんなところにいても仕方が無い、明日も仕事だし、一旦家に帰るか…」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 00:30:24.05 ID:dArzLcdx0
―――――――――――

夫(とうとう家に着いてしまった…)

夫(正直入りたくないがこんなところに突っ立ってても仕方が無い)

夫(……入るか…)

ガチャッキーー…

夫「…真っ暗だな」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 00:33:38.31 ID:dArzLcdx0
夫(思えば真っ暗な玄関なんていつぶりだろう)

夫(いつも帰る時は明かりをつけてまってくれていたな…)

夫(当たり前のようだったが幸せなことだったんだな…)

夫(…まあそれももうこの先ないんだろうな…)

夫「なにも見えないから明かりつけるか…」

カチッ

夫「…!?」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 00:35:36.01 ID:dArzLcdx0
妻「あ…やっと帰ってきた…おかえり」

夫「お前…玄関なんかで明かりもつけずになにやってるんだ…?」

妻「何って…夫をまってただけだよ…?」

夫「…」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 00:38:54.04 ID:dArzLcdx0
夫「…まってた、か…」

妻「…え?」

夫「正直にいってくれていいぞ…。…もうおれじゃだめなんだろ?」

妻「え?なんのこと…?」

夫「とぼけなくてもいいよ…。昼間なにしてたんだ…?」

妻「!!」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 00:43:12.12 ID:dArzLcdx0
妻「何を勘違いしてるのかわからないけど、本当になにもないよ!!」

夫「ならなんで電話のときあんな受け答えしたんだ?あんな受け答えされたら疑わないほうがおかしいだろ」

妻「それは…」

妻「でも本当にそんなことじゃないから…。お願い…信じて…。」

夫「…おれ今日リビングで寝るから…」

妻「あっ…」

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 00:45:30.81 ID:dArzLcdx0
夫(はあ…もうだめか…)

夫(あの態度…なにか隠してたな…)

夫(一旦リビングに入るか)

ガチャッ

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 00:48:27.72 ID:dArzLcdx0
夫「リビングも真っ暗か…」

夫「とりあえず明かりつけるか…」

カチッ

夫「!!」

夫「なんだ、これ…」

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 00:51:40.63 ID:dArzLcdx0
妻「あーあ…もっとちゃんとみせたかったんだけどな…」

夫「お前、このご馳走…なんだ?誰のだ?」

妻「誰って、夫のにきまってるでしょ」

夫「俺の…?でも今日は記念日でもなんでもないぞ?結婚記念日は三カ月以上先だし、二人の誕生日も今日じゃないぞ!?」

妻「……」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 00:54:17.73 ID:dArzLcdx0
妻「…」

夫「…どうしたんだ?なんか間違ったこといったか?」

妻「ううん、たしかに今日は何の記念日でもないよ」

夫「じゃあなんだこの沢山の料理に酒…」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 01:01:21.09 ID:dArzLcdx0
妻「この料理自体に深い意味はないの…」

妻「ただお仕事お疲れ様って思いをつたえたかっただけ」

夫「じゃあ昼間のは…?」

妻「ごめん、私本当は昼間家に居なかったんだ」

夫「え?

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 01:03:34.54 ID:dArzLcdx0
妻「本当は料理でも食べながら腰を落ち着けてはなしたかったんだけど…」

夫「…」

妻「昼間産婦人科に行って来たんだけど…」

夫「…!?」

妻「わたしね…」

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 01:04:06.39 ID:dArzLcdx0
妻「子供、出来ないらしいんだ…」

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 01:08:12.50 ID:dArzLcdx0
夫「…え?」

妻「ごめんね…急に…」

夫「…ちょっとまって、詳しく説明してくれ…」

妻「…うん」

妻「なんか最近、どうも下腹あたりに違和感があって、心配かけないように今日夫が出張の間に産婦人科にいってきたの…」

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 01:14:17.49 ID:dArzLcdx0
妻「どうもあんまりよくないタイプの腫瘍だったみたいで…発見が早かったから手術すれば命に関わらないらしいんだけど、もう…子供は…無理みたい…。」

夫「……」

夫「…ごめん、いきなりすぎて混乱してるんだけど…」

夫「じゃあどうしてこんなご馳走まで用意したり、昼間は隠したりしたんだ…?」

妻「ごめんなさい…昼間は私もショックで泣いてたから…泣き顔みせてあなたに心配かけたくなくて…」

妻「ご馳走はできるだけ腰を落ち着けて話したいのもあったけど、本当はあなたに嫌われたくなくて、必死でわけもわからないまま用意しちゃって…」

141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 01:19:16.90 ID:dArzLcdx0
夫「お前…おれがそんなことで嫌うはずないだろう…」

妻「だって…夫はまえから幸せな家族を作るのが夢だって言ってたから…」

妻「夫の家はお母さんが早くにいなくなって、寂しい家庭だったから、結婚した今くらい子供沢山つくってにぎやかで幸せな家庭を作りたかったのに…」

妻「わたし、子供産めなくなっちゃった…」グスッ

妻「もう夫の夢をかなえてあげられない…」ポロポロ

夫「……」

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 01:23:47.43 ID:dArzLcdx0
夫「………ごめんな」

妻「…え?」グスッポロポロ

夫「おれは謝らなければいけない…妻がこんなにくるしんでるのに、おれは浮気してるんじゃないかとうたがってた…」

夫「ほんとうにごめん…」

夫「……子供は、どうだったっていいんだ…」

妻「……え?」

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 01:31:13.07 ID:dArzLcdx0
夫「たしかに子供は欲しかったし、賑やかな家庭は俺の理想だった」

妻「…ッ!…」

夫「…でもなおれはほんとうは心から信頼できる、温かい場所がほしかっただけなんだ…」

夫「母親が出て行ったときから女が信用できなくなった…親父は必死に俺を養うために働いてくれたが、いつも家を空けていて寂しい家庭だった」

夫「おそれからずっと…俺は女を信用できなかったけど、本当は、自分を受け入れてくれる温かい人をずっともとめてたんだ…」

夫「自分の境遇を言い訳にして、本当は甘えたいただのガキだったんだ…」

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 01:36:26.45 ID:dArzLcdx0
夫「だから、もうにぎやかな家庭とかはどうでもいいんだ」

夫「こんなに俺のことを思ってくれている妻がいたのに、俺はそれにすら気付かづにいた…」

夫「こんなクズな俺に言われても困るだろうけど」

夫「おれは妻がずっとそばにいてくれるだけでいい」

夫「ずっと欲しかったものはもう手に入れていたんだ」

夫「今やっと気付いたよ…ごめん…」

妻「…ううん、こっちこそ、ごめんね…」

163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/27(木) 01:43:49.67 ID:dArzLcdx0
夫「…よし、しんみりしたのはやめだ!」

夫「妻!愛してる!ずっとそばにいてくれ!」

妻「はい…よろこんで!」グスッ

終了