2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:27:23.13 ID:6Dzjucdz0
穂乃果「やろうよ!」

海未「何を言い出すんですか突然」

穂乃果「だってカッコイイじゃん!憧れるじゃん!」

ことり「穂乃果ちゃん,流石にいきなりは……」

花陽「私もちょっと……」

凛「でも,面白そうにゃ!」

真姫「凛まで何言ってるのよ」

にこ「そうよ!今日はこれから練習でしょ!」

希「まあまあ,穂乃果ちゃんはこうなったら聞かないやん?」

絵里「希まで……」

穂乃果「よーし!いくよー!」

引用元: 穂乃果「仲間をかばってやられるやつやりたい」 


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:28:04.63 ID:6Dzjucdz0
~ほのうみの場合~


海未「あなたが敵のボスですか」

「ほう,よくぞここまで辿り着いたな」

穂乃果「海未ちゃん気をつけて……今までの敵とは明らかに雰囲気が違うよ」

海未「安心してください穂乃果.あなたは私が守ります」

「1人で私に勝つつもりか?」

海未「あなた程度,私1人で十分です」

穂乃果「海未ちゃん,穂乃果も援護するね」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:29:10.36 ID:6Dzjucdz0
海未「ありがとうございます.でも無理はしないでください」

「さあ,いつでもかかってくるがいい」

海未「それでは遠慮なく……いざ―――「ピカッ!!」

海未(なっ!目くらまし!)

海未(これでは視界が!)

「フハハハハ!死ね!」ズシャ

穂乃果「海未ちゃん!」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:29:56.56 ID:6Dzjucdz0
海未「くっ!」

海未(……ん?)

海未(切られてない?)

海未「やっと視界が戻ってきました……え?」

海未「……穂乃果?」

穂乃果「ははは……海未ちゃん油断しすぎだよ」

海未「そんな……どうして」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:30:38.73 ID:6Dzjucdz0
穂乃果「私,いつも海未ちゃんに頼ってばかりだったからさ……」

穂乃果「1回くらい海未ちゃんの役に立ちたくて……」

海未「何を言ってるのですか!私は!私はっ……!」

海未「いつだってあなたに助けられてっ……!あなたといるのが楽しくてっ……!」

穂乃果「えへへ……嬉しいな」

穂乃果「海未ちゃん……勝ってね――――」バタン

海未「穂乃果?!穂乃果!!」

海未「嘘だと言ってください!穂乃果!!」ユサユサ

海未「穂乃果ーーーーーーー!!!!」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:31:13.25 ID:6Dzjucdz0
――――――――――――――
―――――――――――
――――――――
―――――
―――


ことり「うぅ……穂乃果ちゃん」グスグス

凛「泣かせてくれるにゃ……」

希「よし!次はうちらや!いくでえりち!」

絵里「え?私もやるの?」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:31:58.60 ID:6Dzjucdz0
~のぞえりの場合~


絵里「ふう……やっとここまできたわね」

希「そうやね,もうすぐここから出られる」

絵里「最後まで気を抜かないようにしましょ」

希「わかってるって.きっとそろそろ出口が……あ!」

希「見てえりち!向こうに明かりが見える!」

希「あそこから外に出られるんや!」ダッ

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:32:53.62 ID:6Dzjucdz0
絵里「ちょっ!希!待ちなさい!」

希(やっと……やっとや!)

希(やっとここから出られ「バタン!」……え?」

希(なんで床に穴が……)

希(あかん止まれない……落ちる!)グッ

絵里「希!」バッ

希「え」グワン

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:33:36.83 ID:6Dzjucdz0
希(なんで……なんでえりちがそこにいるん?)

希(だって……落ちたのはうちで……)

絵里「……」パクパク

希(なに?何て言ってるの?)

絵里「……」パクパク

希(なに?聞こえないよ)

希(待って……待ってよえりち)

絵里「ノゾミ……イキテ」ニコッ

ヒューーーー

希「えりちーーーーーーーーー!!!!」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:34:06.72 ID:6Dzjucdz0
――――――――――――――
―――――――――――
――――――――
―――――
―――

海未「絵里……あなたって人は……」シクシク

にこ「なかなかやるじゃない……」

凛「よーし!次は凛とかよちんね!」

花陽「が,頑張ります!」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:35:21.41 ID:6Dzjucdz0
~りんぱなの場合~


凛「痛っ!」

花陽「凛ちゃん!大丈夫?!」

凛「うん……でも,足をやられちゃった」

花陽「……凛ちゃんはここで待ってて」

花陽「あとは私がやる」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:36:00.54 ID:6Dzjucdz0
凛「ダメだよかよちん……あと3人もいるんだよ?」

花陽「大丈夫.私だってやれる」

花陽「いつまでも凛ちゃんに守ってもらうわけにはいかないから」

凛「でも……でも!」

花陽「凛ちゃん,私を信じて?」

凛「信じてるけど!でも!」

花陽「ありがとう凛ちゃん」ニコッ

花陽「……行ってくるね」ダッ

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:37:08.37 ID:6Dzjucdz0
凛「かよちん!」

凛(待って……待ってよ……)

花陽「やあっ!ていっ!」ザシュ

凛(凛……まだ……)

花陽「きゃあっ!くっ!」グサッ

凛(かよちんと……やりたいこと……)

花陽「とりゃあっ!うっ」ドンッ

凛(いっぱい……あるのに……)

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:37:49.69 ID:6Dzjucdz0
花陽「私は……負けない!」

花陽「私が凛ちゃんを!守るんだーーー!!」パァン ズシャッ ドカッ スパッ

凛「かよちーーーん!!」

花陽「……」

花陽「……ふう」クルッ

花陽「凛ちゃん……私,やったよ?」

凛「かよちん!!」ズルズル

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:38:18.69 ID:6Dzjucdz0
花陽「私,1人で倒せたよ?」

凛「かよちん!!」ズルズル

花陽「凛ちゃんのこと,守れたよ?」

凛「かよちん!!」ズルズル

花陽「これで私も……凛ちゃんの隣に立てたかなあ……」ドサッ

凛「かよちん!嫌だよ!!」

花陽「凛ちゃん……ごめんね……」

凛「かよちん!嘘だよね?!かよちん!!」

凛「かよちーーーーーーーん!!!!」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:39:03.23 ID:6Dzjucdz0
――――――――――――――
―――――――――――
――――――――
―――――
―――


絵里「花陽……強くなったわね……」ウウッ

穂乃果「感動しちゃったよ……」

にこ「次は私の演技力を見せてあげるわ!真姫ちゃん!」

真姫「ヴェェェェ!私?!」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:40:13.42 ID:6Dzjucdz0
~にこまきの場合~


真姫「囲まれたわね……」

にこ「やだ~にこ~怖い~」キャピ

真姫「気持ち悪い」

にこ「ぬわんでよ!……はあ」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:41:07.68 ID:6Dzjucdz0
にこ「やるしかないわね」

真姫「ええ,やっちゃいましょ」

にこ「後ろは任せたわよ」

真姫「そっちこそ」

にこ「……さあ,行くわよ!」ダッ

キンキンッ ズシャッ カンカンッ―――――――――

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:42:01.27 ID:6Dzjucdz0
真姫「……終わったわね」

にこ「ええ……なんとかね」

真姫「流石に疲れたわ」

にこ「私もよ.早く帰りましょ」

真姫「そうね,早くお風呂に「パァン!」……え?」

にこ「……ふう,危なかったわね」ギュッ

真姫「に,にこちゃん?!なに急に抱きついてるのよ!!///」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:42:49.30 ID:6Dzjucdz0
真姫「それよりも!まだ敵の生き残りが!」

にこ「大丈夫よ.もうやったわ」

真姫「そう……じゃあ離してよ!///」

にこ「いいからいいから……ねえ真姫ちゃん?」

真姫「なによ?」

にこ「にこね,真姫ちゃんのこと好きよ?」

真姫「ヴェェェェ急に何言ってんのよ!」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:43:37.62 ID:6Dzjucdz0
真姫「……わ,私も好きよ///」

にこ「やったあ♪これで両想いにこ~♪」

真姫「そ,そうね///」

にこ「……真姫ちゃん?真姫ちゃんも抱きしめて?」

真姫「うぅ……こう?///」ギュッ

にこ「ふふっ温かい」

にこ「……ねえ真姫ちゃん?」

真姫「今度は何よ?」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:44:43.49 ID:6Dzjucdz0
にこ「にこね,真姫ちゃんといられて幸せだったよ?」

真姫「わ,私もよ///」

にこ「だからね,これからは別の誰かを幸せにしてあげて?」

真姫「なに意味わからないことを――「ドサッ」……え?」

真姫「にこちゃん?どうしたのよ……ってすごい血じゃない!どうしたのよ!!」

真姫「まさか……私をかばって撃たれたの?」

真姫「ちょっとにこちゃん!しっかりしなさいよ!!」

にこ「真姫ちゃん……約束して?」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:45:26.60 ID:6Dzjucdz0
にこ「他の誰かを……愛してあげて?」

真姫「嫌よ!私が好きなのはにこちゃんだけよ!!」

真姫「私はにこちゃんを幸せにするの!私のことも……にこちゃんが幸せにしてよ……」グスッ

にこ「ふふっ真姫ちゃんは最後までわがままにこ」

にこ「……真姫」

にこ「……幸せになりなさい」スッ

真姫「嫌!にこちゃん!!目を開けて!!」

真姫「にこちゃーーーーん!!!」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:46:02.91 ID:6Dzjucdz0
――――――――――――――
―――――――――――
――――――――
―――――
―――


凛「にこちゃん……そこまで真姫ちゃんのことを……」グズグズ

希「やっぱり大好きなんやね……」

穂乃果「でも,ことりちゃんだけ残っちゃったね」

ことり「大丈夫!相手は見つけてきたから!」

8人「え?」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:46:43.87 ID:6Dzjucdz0
~こと??の場合~


??「お疲れさま,ことり」テクテク

ことり「ありがとう!○○!」テクテク

??「いいライブだったわ」テクテク

ことり「えへへ~みんな頑張ったから」テクテク

??「みんなのおかげで廃校を免れることができたわ」テクテク

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:47:14.64 ID:6Dzjucdz0
ことり「私たちだけじゃないよ.○○や学校のみんなのおかげ」テクテク

??(そうね……私たちが今まで積み上げてきたものは無駄じゃなかった)

??(これからも……私たちが立ち止まらない限り道は続く―――「キキーッ」……ん?」

パンパンッ パンパンパンッ

??(くっ!)ガバッ

ことり「な,なにやってるの?!」

ことり「理事長!!」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:47:55.00 ID:6Dzjucdz0
理事長「ぐうっ!くっ!」

理事長「あああ!!!」パンパンッ

「ぐあっ」 「くそっ」キキーッ

理事長「はあ……はあ……」

理事長「何よ……結構当たるじゃない……」

ことり「り,理事長?」ブルブル

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:49:03.65 ID:6Dzjucdz0
理事長「なんて声出してるのよ……ことり」ハアハア

ことり「だって……だって!」

理事長「私は……音ノ木坂学院理事長……南飛鳥よ……」ハアハア

理事長「このくらいなんてことはないわ」ハアハア

ことり「そんな……私なんかのために……」

理事長「生徒を守るのは私の仕事よ……」ハアハア

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:49:47.09 ID:6Dzjucdz0
ことり「でも!」

理事長「いいから行くわよ!」

理事長「みんなが……待ってるのよ」

理事長「それに……」

理事長(やっとわかったのよ)

理事長(私たちにはたどり着く場所なんて要らない)

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:50:35.02 ID:6Dzjucdz0
理事長(ただ進み続けるだけでいい)

理事長(止まらない限り……道は……続く……)

キボウノハナー

理事長(私は止まらないから……)

理事長(あななたちが止まらない限り……その先に私はいるわ!)ドサッ

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/13(土) 01:51:14.64 ID:6Dzjucdz0


理事長(だから……止まるんじゃないわよ……)





終わり