1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 20:57:42.10 ID:BHD9fV250
櫻子「家でゴロゴロしてたら花子とねーちゃんに邪魔だからって追い出された…」

櫻子「可愛い可愛い家族が熱中症で死んでもいいのかーっ!」

櫻子「……」

櫻子「…あぢぃ…」

櫻子「>>4に行くかー…」

引用元: 櫻子「暑いー…」 


ゆるゆり (15) 特装版 (百合姫コミックス)
なもり
一迅社 (2017-05-31)
売り上げランキング: 29,456
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 21:04:27.64 ID:BHD9fV250
櫻子「と、いう訳で」

向日葵「何がという訳なんですの…」

櫻子「遊びに来てやったぞ!」

向日葵「帰れ」

櫻子「そんな冷たい事言うなよー」

櫻子「冷たい…」

櫻子「アイスが食べたい!」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 21:09:15.67 ID:BHD9fV250
櫻子「向日葵! アイス!」

向日葵「家にはないですわよ」

櫻子「アイス食べたくない?」

向日葵「まぁ…どちらかというと、食べたい…ですわね」

櫻子「じゃあ買って来い!」

向日葵「嫌ですわ」

櫻子「じゃあ作れ!」

向日葵「嫌ですわ」

櫻子「ケチー! ○○○○分けろ!」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 21:12:42.95 ID:BHD9fV250
向日葵「なんであなたはそんなに偉そうに…」

櫻子「偉いからな!」

向日葵「…用が済んだなら帰ってくださる?」

櫻子「やだー! 暑いー! 暇だよー!」

向日葵「うるさいですわよ」

櫻子「そうだ! >>13やろうぜ!」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 21:18:17.97 ID:BHD9fV250
櫻子「結婚しようぜ!」

向日葵「……暑さで頭でもおかしくなったのかしら…?」ボソッ

櫻子「聞こえてるぞ!」

櫻子「…ふふん、まぁ向日葵には分からんだろうな」

向日葵「そうですわね」

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「何が?って聞けよ!」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 21:22:52.43 ID:BHD9fV250
向日葵(めんどくさっ…)

向日葵「何がですの?」

櫻子「聞きたいなら土下座しろ!」

向日葵「じゃあ遠慮しておきますわ」

櫻子「そんなに聞きたいなら仕方ないなー…」

向日葵(本当にめんどくさすぎますわ…)

櫻子「私が向日葵と結婚する理由はただ一つ…」

櫻子「>>21だっ!」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 21:29:45.71 ID:BHD9fV250
櫻子「愛だっ!」

向日葵「…ちょっと何言ってるか分かりませんわ」

櫻子「つまりだな…」

櫻子「愛、愛す…アイスっ!」

向日葵(なんかもう可哀想ですわ…)

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 21:34:02.21 ID:BHD9fV250
櫻子「と、いう訳で結婚しろ!」

向日葵「何がという訳なんですの…」

櫻子「アイス食べたいよー!」

向日葵「……はぁ」

向日葵「櫻子、行きますわよ」

櫻子「どこに?」

向日葵「スーパーですわ」

櫻子「えっ、なんで?」

向日葵「あなた、本当に物分かりが悪いですわね…」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 21:38:54.67 ID:BHD9fV250
向日葵「アイスを買いに行きますわよ」

櫻子「買いに行ってきてよ」

向日葵「なんでそうなるんですの…」

櫻子「しっかたないなー、私も付いてってやるよ!」

向日葵「はいはい、じゃあ行きますわよ」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 21:45:31.66 ID:BHD9fV250
-スーパー-

櫻子「わーい涼しいー!

向日葵「はしゃぎすぎですわよ、櫻子」

櫻子「おおっ! このアイスおいしそー! あっ、こっちのも!」

向日葵(まぁ、櫻子らしいですわね…)

櫻子「…向日葵」

向日葵「どうかしましたの?」

櫻子「財布忘れた…」

向日葵「……」

向日葵「…アイスぐらいだったらおごってあげますわ」

櫻子「さすが向日葵!」

櫻子「あと…もう一個お願いがあるんだけど」

向日葵「なんですの?」

櫻子「>>35も買っていい?」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 21:50:46.64 ID:BHD9fV250
櫻子「これ」

向日葵「…そんなのどこから持ってきましたの…」

櫻子「あっちにあった! 買って!」

向日葵「買う訳ないでしょう…戻して来なさい」

櫻子「えー、ケチー! ○○○○寄こせー!」

向日葵「それ以上言うとアイスも無しですわよ」

櫻子「戻してくる!」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 21:58:57.75 ID:BHD9fV250
-向日葵の家-

櫻子「アイス!」

向日葵「はい、櫻子の」

櫻子「わーい!」


櫻子「うまい! ごぞうろく…」

向日葵「五臓六腑ですわよ」

櫻子「五臓六腑にしみわたる!」

櫻子「…ん? 向日葵は買ってないの?」

向日葵「わ、私はいらないですわ」

櫻子「……」

櫻子「…はい、一口食べていいよ」

向日葵「櫻子…」

向日葵「…ありがとう」

櫻子「感謝して食べろよな!」

向日葵「はいはい」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:03:13.92 ID:BHD9fV250


櫻子「美味しかったー!」

向日葵「そうですわね」

櫻子「ちょっと涼しくなったかも」

櫻子「……」

櫻子「…そうでもなかった」

向日葵「どっちなんですの…」

櫻子「…暑い」

向日葵「言うと余計暑くなりますわよ」

櫻子「向日葵も暑いって言ってるじゃん!」

向日葵「そういう櫻子もですわ」

櫻子「ぐっ…」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:05:58.93 ID:BHD9fV250
櫻子「……」

櫻子「寒いなー…」

向日葵「……」

櫻子「いやー、寒い! 冬ぐらい寒い!」

向日葵「そうですわね」

櫻子「今って冬?」

向日葵「夏ですわ」

櫻子「そっかー…」

櫻子「……」

櫻子「寒いなー…」

向日葵「……」

向日葵「涼しくなりました?」

櫻子「…全然」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:12:22.64 ID:BHD9fV250
櫻子「暑い!」

向日葵「結局言うんですのね…」

櫻子「だって暑いものは暑いんだもん!」

向日葵「本当に暑くなるから止めてくださるかしら」

櫻子「暑いー暑いー…」

向日葵「……」

櫻子「……」

櫻子「…この暑さを解決する方法を考えたよ、私は」

向日葵(櫻子が倒置法を…!?)

櫻子「心して聞け…それは…」

櫻子「>>54だ…」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:13:07.22 ID:Ke3iCcJoP
水風呂

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:16:07.22 ID:BHD9fV250
櫻子「水風呂だ…」

向日葵(櫻子が珍しくまともな事を!?)

向日葵(これは重症かも知れませんわ…)

櫻子「水風呂に入りたい…」

向日葵「わかりました、用意してきますわ!」タッ

櫻子「助かる…」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:18:37.00 ID:BHD9fV250
櫻子(行ったかな…)

櫻子(…よし、向日葵が戻ってくる前になんかしよっと)

櫻子(何しよっかなー…)

櫻子(冷蔵庫で涼んだりもいいなー)

櫻子(うーん…)

櫻子(>>61しよう!)

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:19:52.01 ID:iN70zxis0
全裸でおとなしく

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:24:24.72 ID:BHD9fV250
櫻子(おとなしく全裸で待つことにしよう)



櫻子(割と涼しい…)

櫻子(そろそろ戻ってくる頃かな?)

向日葵「櫻子、用意できましたわ…よ…?」

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「やっとか」

向日葵「なんで全裸ですね…?」

66: >>64 ですね→ですの 2013/07/10(水) 22:26:53.15 ID:BHD9fV250
櫻子「暑かったもので…」

向日葵「はぁ…」

櫻子「……」

向日葵「……」

櫻子「割と涼しい」

向日葵「そんなこと聞いてないですわ」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:30:39.30 ID:BHD9fV250
櫻子(…なんか気まずい!)

向日葵(…なんか気まずいですわ!)

櫻子(普通に水風呂入ってくるって言えばいいよね?)

向日葵(相変わらず櫻子のする事がわかりませんわ…)

櫻子(……)

向日葵(…なんで何も言わないんですの!?)

櫻子(……)

向日葵(……)

櫻子(…よし)

櫻子「>>71

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:31:47.98 ID:LieVLKWi0
一緒に入るぞ

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:38:02.09 ID:BHD9fV250
櫻子「一緒に入るぞ!」

向日葵「は、はい!?」

櫻子「水風呂!!」


-お風呂-

向日葵(なんでこんな事に…)

櫻子「いやー、極楽極楽」

向日葵(と、とりあえず早く洗って出ましょう)ザバッ

櫻子「向日葵、体洗うの?」

向日葵「え、ええ」

櫻子「私が背中洗ってあげるよ」

向日葵「なっ…!」

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:42:51.72 ID:BHD9fV250
向日葵「じ、自分で洗えますわ!」

櫻子「遠慮するなよ! アイスのお礼だって!」

向日葵「……」

向日葵「…じゃあ、お願いしようかしら…」

櫻子「任せろ!」



櫻子「~♪」ゴシゴシ

向日葵(…櫻子に背中洗ってもらうなんてどれ位ぶりかしら…)

櫻子「向日葵の背中洗うのって久しぶりだなー」

向日葵「…そうですわね」

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:50:02.67 ID:BHD9fV250
櫻子「昔はよく一緒に入ったよね」

向日葵「そうですわね」

櫻子「……」ゴシゴシ

向日葵「……」

櫻子「よしっ! 終わり!」

向日葵「…次は私が洗ってあげますわ」

櫻子「えっ、いいよ別に…」

向日葵「遠慮しないの! 背中洗ってくれたお礼ですわ」

櫻子「むっ…」

櫻子「…じゃあ、お願い」

向日葵「ええ」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 22:54:04.52 ID:BHD9fV250


向日葵「……」ゴシゴシ

櫻子「あー、もうちょい右」

櫻子「そのへん…あ、ちょっと上」

向日葵「……」ゴシゴシ

櫻子「もう…ちょい左下…」

櫻子「…痛い痛い! ふざけんな!」

向日葵(本当、めんどくさいですわ…)

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:03:41.59 ID:BHD9fV250

-リビング-

櫻子「ふぅー、気持ち良かったー!」

櫻子「向日葵! 3時だぞ!」

向日葵「それがどうかしましたの?」

櫻子「おやつ!」

櫻子「3時のおやつだ!」

向日葵「そんなこと急に言われても…」

櫻子「なんでないんだよ!」

向日葵「逆ギレ!?」

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:08:14.16 ID:BHD9fV250
向日葵「さっきアイス食べたじゃありませんの…」

櫻子「そんなの知るか!」

向日葵「とんだ暴君ですわ…」

櫻子「なんかないの?」スタスタ

向日葵「あ、ちょっと櫻子…」

ガチャ

櫻子「うおー! 涼しいー!」

向日葵「…早く冷蔵庫閉めてくださる?」

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:11:49.38 ID:BHD9fV250
櫻子「ん、ヨーグルトだ!」

向日葵「それは楓のですわ」

櫻子「食べていい?」

向日葵「いいわけないでしょう!」

櫻子「ちぇー」

パタン

櫻子「……」

櫻子「…お菓子が食べたい」

櫻子「トリックオアトリート!」

向日葵「季節外れにも程がありますわ…」

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:17:13.07 ID:BHD9fV250
向日葵(…そういえば、チョコレートがありましたわね…)

向日葵「櫻子、チョコレートならありますわよ」

櫻子「ほんとかっ!?」

向日葵「本当ですわ」

向日葵(…これで櫻子をどうにかしてみたいですわね)

櫻子「どこどこ? どこにあるの?」

向日葵「でも、一つだけ条件がありますわ」

櫻子「条件?」

向日葵「ええ、それは…」

向日葵「>>95ですわ!」

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:19:02.33 ID:oMgqpt6J0
歳納先輩へラブレターを出す手伝いをしてもらう

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:22:22.61 ID:BHD9fV250
向日葵「歳納先輩へラブレターを出す手伝いをする事ですわ!」

櫻子「…え?」

櫻子「誰が出すの?」

向日葵「私がですわ」

櫻子「な、なんで…?」

向日葵「ラブレターの意味がわからない程、あなたもバカじゃないでしょう?」

櫻子「……」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:27:43.48 ID:BHD9fV250
向日葵「どうかしましたの?」

櫻子「……」

向日葵「手伝わないなら、あげませんわよ?」

櫻子「……やだ」

向日葵「じゃあ早く手伝っ…」

櫻子「手伝いたくない!」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:33:56.23 ID:BHD9fV250
向日葵「でしたら、チョコレートは無し…」

櫻子「そんなのいらない!」

向日葵「…せっかく作っておいたんですわよ?」

櫻子「いらない!」

向日葵「……」

櫻子「向日葵がそれでも書くなら邪魔してやる!」

向日葵「櫻子…」

櫻子「そんなの絶対渡させない!」

向日葵「あなた…どうしてそこまで…」

櫻子「……好きだからっ…」

向日葵「えっ?」

櫻子「向日葵が…好きだからだよっ!」

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:37:05.07 ID:BHD9fV250
櫻子「私はずっと向日葵を見てきた!」

櫻子「ずっと好きだった!」

向日葵「櫻子…」

櫻子「なのに…なんで…」

櫻子「……なんでっ…」

向日葵「櫻子」

櫻子「むぐっ」モグ

櫻子「……」

櫻子「…え? チョコ…?」

向日葵「冗談、ですわよ」

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:40:14.34 ID:BHD9fV250
櫻子「え…?」

向日葵「だから、冗談」

櫻子「……」モグモグ

櫻子「……」ゴクン

櫻子「……」

櫻子「な…」

櫻子「な、な…」

『向日葵が…好きだからだよっ!』

櫻子「なーーーーっ!!」

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:47:32.44 ID:BHD9fV250
向日葵「櫻子!?」

櫻子「ぐおおおおっ!」

櫻子「忘れてくれ! さっきのナシ!」

向日葵「…忘れませんわよ」

櫻子「なんでだ! 忘れろ!」

向日葵「だって、私も櫻子が好きですから」

櫻子「なっ…!」

櫻子「…わ、わかった! それも…」

向日葵「これは本当ですわ」

櫻子「本当は冗談なんだろ!?」

向日葵「本当に本当ですわよ」

櫻子「ほん…とに…?」

向日葵「ええ」

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 23:57:41.98 ID:BHD9fV250
櫻子「ぐすっ…」

向日葵「さ、櫻子!?」

櫻子「ひまわりが…私のことっ…き、きらいになったかとっ…」

向日葵「…嫌いになるわけないじゃないですの」

櫻子「うぇーん!」ギュッ

向日葵「…まったく、子供なんだか…」

櫻子「ずびびっ!」

向日葵「……櫻子、今…服で鼻…」

櫻子「……」

櫻子「かんじゃった」

向日葵「さーくーらーこー…」

櫻子「ご、ご…」

櫻子「ごめん向日葵ー!」ダッ

向日葵「待ちなさい! 櫻子ー!」


終わり