1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 21:26:18.92 ID:pKttRYPLo
――事務所

P「しくしく……しくしく……」

小鳥「プロデューサーさん、大の大人がさめざめと泣かないでください」

P「ぐすっ、すみません……」

小鳥「残りの感じだと、午後いっぱいかかりますね。頑張りましょう」

P「……はい」

小鳥「…………」カタカタ

P「…………スンッ」

小鳥「…………」カチッカタカタ

P「…………スンッスンッ」

小鳥「あーもーうっおとしいぜッ!!プロデューサーさんッ!!」

P「だって……だって……」

小鳥「チョコなら私あげたじゃないですか!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392294378

引用元: P「律子からチョコ貰えるかなぁ」ルンルン 



THE IDOLM@STER STELLA MASTER 01 Vertex Meister 
如月千早、秋月律子、菊地真、四条貴音、我那覇響
日本コロムビア (2018-02-07)
売り上げランキング: 177
2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 21:27:40.28 ID:pKttRYPLo
P「…………律子のが欲しかった」

小鳥「」カッチーン

P「あ、怒りました……?」

小鳥「しょうがないでしょーが、風邪引いちゃったんだから!」

P「何で今日に限って休むんだよ……」ションボリ

小鳥「電話して、チョコだけでも持ってくるよう言いますか?」

P「………………いや、それはさすがに」

小鳥「随分間がありましたね」

P「まぁ、用意してくれているかも分かりませんし」

小鳥「…………」スパーン

P「痛いッス」

小鳥「そんだけ騒いどいて貰える確信なしですか」

P「可能性が潰えた、という一点で騒いでました」

小鳥「呆れた」

P「すみませんでした」

3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 21:28:43.24 ID:pKttRYPLo
小鳥「まったく……」カタカタ

P「…………ねぇ、小鳥さん」

小鳥「…………何か?」

P「……ちょっと、律子に電話してみてくれません?」

小鳥「はぁ?」

P「いや、大丈夫ー?みたいな、装ってチョコの有無をさりげなく」

小鳥「………………しかたないなぁ」←ちょっと興味ある

P「随分間がありましたね」

小鳥「ケータイ取出し、ポパピプペ」ピッピッピ

P「チョコレートくれま・す・か」

小鳥「……あ、もしもし、律子さん? いえ、そういうわけじゃ……はい」

P「…………」ソワソワ

4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 21:29:42.48 ID:pKttRYPLo
小鳥「体調はどうですか? ああ、良かった……ええ、本当に」

小鳥「あははっ、そりゃそうですよ。ええ、ええ……」

小鳥「確かに確かに。あ、何かできることあったら……そうですか、しっかりしてますね」

小鳥「いや、私が風邪引いた時なんか……あはっ、そうそう」

小鳥「ええ……そうですね。はい、お大事に……はーい、はいはい……はい」ピッ

小鳥「ふぅーっ」

P「…………」

小鳥「…………あ」

P「普通に会話楽しんでんじゃねー!」

小鳥「めんごめんご」

P「ちくしょー……みんな馬鹿にしてやがる……」メソメソ

5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 21:30:17.23 ID:pKttRYPLo
小鳥「…………」ガサガサ

P「…………しくしく」

小鳥「…………」スッ

P「…………もぐ」

小鳥「…………」スッ

P「……もぐもぐ」

小鳥「…………」

P「甘いッス」

小鳥「ふふ、手作りです。……元気出ました?」

P「…………全然」

小鳥「そこは嘘でも元気出せよ!」

6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 21:30:51.51 ID:pKttRYPLo
P「……なんで律子すぐ風邪引いてしまうん?」

小鳥「最近忙しかったからじゃないですか?」

P「はぁー、心配だなぁ」

小鳥「おっ? やはり心配ですか、このこのーっ」

P「チョコレート」

小鳥「そっちかよ!」

P「だって……」

小鳥「だってもくそもないですよ」

P「す、すみません」

小鳥「心配するなら、律子さんの身体の方でしょう?」

P「り、律子の肉体……?」ゴクリ

小鳥「中学生かアンタは」

P「すみません……はぁ、仕事戻りましょう」

小鳥「はいはい……」

7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 21:31:17.28 ID:pKttRYPLo
P「…………」カタカタ

小鳥「…………」カタカタカチッ

P「……小鳥さん、そっちにUSBメモリありますか?」

小鳥「ああ、はいはい」

P「…………」カタカタ

小鳥「……先方にメールしましたけど、一応、後でファックスしておきましょうか?」

P「あ、そうですね」

小鳥「了解です」

P「…………小鳥さん」

小鳥「なんでしょう?」

9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 21:32:27.60 ID:pKttRYPLo
P「……チョコレートってどれくらいもちますかね」

小鳥「あの、いっそもう取りに行ったらいいじゃないですか?」

P「はぁ!? 小鳥さんあなたっ、あなっ、あなっことっりつっ!? はぁ!?」ガタタッ

小鳥「うるさっ」

P「えっ、はっ、えっ??? はぁ??」

小鳥「いや、冗談ですけど……あ、そうだ、お見舞いしに行けばいいんですよ」

P「…………なるほど」

小鳥「お見舞いで好感度アップ、ついでにチョコレート貰って……」

P「ふむふむ」

小鳥「あわよくばさらにその先に」

P「えっ、その……そーゆーの、は、ちょっと」カアア…

小鳥「中学生かアンタ」

10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 21:33:05.59 ID:pKttRYPLo


P「というわけで、律子宅まで来ました」

小鳥「プロデューサーさん、仕事早かったですね」

P「そりゃもう。なんでついてきたんですか」

小鳥「アンタが律子さんの家知らないから……」

P「そんなことより早くインターホン押してください」

小鳥「聞く耳持たずかよ。都合悪い事はトコトン避けますね」

P「ハリーハリー」

小鳥「はいはい……」ピンポーン

12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 21:34:02.17 ID:pKttRYPLo
律子『……はい』

小鳥「小鳥です。お見舞いに」

律子『ああ、すみませんわざわざ』

P「俺も来てるよ」


ガタガタッドタッバタバタッ


小鳥「…………」

P「…………」

ガチャッ

律子「お、おはようございます……」

P「おばんです」

13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 21:34:32.40 ID:pKttRYPLo
小鳥「律子さん、何かありました? 五秒くらい」

律子「え、ええ……ちょっと、足攣っちゃって」

P「それはたいへーん」

律子「あっ、いえ……すぐ、治りましたから」

小鳥「気を付けてくださいね」

律子「ええ、まあ、中にどうぞ」

P「邪魔するよ」

律子「狭いとこですけど」ギィ

小鳥「ちょっとちょっと、ナチュラルに締め出さないでください」ガシッ

14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 21:35:01.47 ID:pKttRYPLo
律子「あ、小鳥さん居たんで……ごほん、すみませんでした」

小鳥「なんか今『居たんですか?』って言いかけませんでした?」

律子「そんなこと」

P「ないですよ」

律子・P「「ねー?」」

小鳥「息ぴったりかよ」

15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 21:35:45.38 ID:pKttRYPLo
――律子の部屋


小鳥「それで、こっちが……」

律子「……はい、ありがとうございます」

P「お見舞いなのに、仕事の話ってなんだかなぁ」

小鳥「らしいと言えば、らしいですけど」

P「それはまぁ……」

律子「今日一日でほとんど治りましたし、大丈夫ですよ」

小鳥「よかったです。……とすみません、トイレ借ります」

律子「はい、どうぞー」

16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 21:36:23.88 ID:pKttRYPLo


 ガチャ バタン


P「…………」

律子「あの……今日は、すみませんでした」

P「えっ、ああ……仕事はほら、一日くらいどうってことないよ」

律子「それもそうですけど……その、今日、バレンタインだったじゃないですか」

P「…………うん」

律子「……ちょっと、期待してたんじゃないですか?」

P「そ、そんなこと……」

17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 21:37:39.97 ID:pKttRYPLo
律子「ふふっ、二日前くらいからずーっとそわそわしちゃって」

P「……そわそわしてた?」

律子「してました。明日にでもあげようかと思ってたけど、
  プロデューサーが来てくれたし、今あげる。ちょっと待っててください」スッ

P「…………」

律子「……はい、どうぞ」

P「手作り……?」

律子「……ちょ、っと不恰好かもしれないですけど、味は問題なしです。多分」

P「ありがとう、律子」

律子「いえ、そんな大したことは……」

18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 21:38:24.44 ID:pKttRYPLo
P「本当に嬉しいよ」ギュッ

律子「わっ、あの、ぷ、プロデューサー……私……」

P「…………」チュウ

律子「…………んっ」

P「…………む」

19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 21:39:36.42 ID:pKttRYPLo


ガチャッ


小鳥「……ふぅー、いやー、どうもすみま……せ……」

律子「んぐっ、むー! ふろむーはー!」

P「……ぷはっ! げえっ! 小鳥さん!」

小鳥「うぇっ、にゃ、な、な、なんかごめんなさい……」ジャーンジャーン

律子「……なんてことなの、もうお嫁行けない」カアア

P「そうだな。俺のところに来るしかないな……」

小鳥「えーと……すみません、私先に帰るのでその……ご、ごゆっくり」タタタ…

20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/02/13(木) 21:40:05.49 ID:pKttRYPLo
――後日

春香「……今日、プロデューサーさん休み?」

千早「ええ、何でも風邪を引いたとか……ですよね、小鳥さん」

小鳥「…………え、ああ、そうそう」

律子「…………ごめんなさい」ポッ

春香「えっ、なんですか?」

律子「あ、いやなんでも……」

小鳥「……F**k the system!F**k the system!」



おわりつこ