1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 15:46:51.69 ID:MepZkP3p0
レッド「俺が草むらに入るとオーキドが来る」

レッド「先程は気持ち悪いからリセットしたが、どうすれば見つからずに旅に出られるのか…」

レッド「とりあえずきずぐすりを引き出しておくか…」

引用元: レッド「オーキドに見つからずにマサラタウンを出る」 



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 15:52:35.60 ID:MepZkP3p0
レッド「とりあえずグレンタウンまで泳ぐか…」

レッド「とりあえずそこにいるデブを捕まえるか」

男「レッド殿www科学の力はすごいでござるよwwww」

レッド「デブ男ってモンスターボール持ってる?」

男「キタコレwwwww最近拙者もポケモンを捕まえようと躍起になってるでござるよwwwwwほらwwwww」

レッド「そうか…」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 15:59:16.58 ID:MepZkP3p0
男「レッド殿に特別に触らせてあげるでござるよwwwwwぬぽぅwwwww」

レッド「ありがとう」ニコッ

男「いやはやモンスターボール手に入れるだけでも相当苦労したでござるwwwww…レッド殿…?なんで野球のフォームしてるでござる?」

レッド「いっけぇぇえええいモンスターボール!!!」モンスターボールヒョイ

男「おふwwwwwキタコレwwwww避けられn」

レッド「まずはデブ男ゲットか…」

レッド「こいつ何覚えてるんだろう」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 16:07:10.27 ID:MepZkP3p0
【デブ男】
クソデブポケモン

タイプ1:オタク
タイプ2:デブ

性格:おっとり
特性:あついしぼう

・からにこもる
・なみのり
・はねる


レッド「こいつでグレンタウンまで行くか」

レッド「いけっ デブ!」シュッ

デブ男「キタコレィン!!!」

レッド「デブ、なみのりだ」

デブ男「キタコレィン!!!」



レッド「(出た時はデブ男だったけどなみのりの時はラプラスみたいなアイコンになるんだな…)」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 16:15:12.57 ID:MepZkP3p0
レッド「ん~海パン野郎とかビッチが多くて避けながら進むのはめんどくさいな…」

水着のおねぇさん「!」ピコンッ

レッド「あっ」

水着「貴方トレーナーね? 目があったら勝負!!」

レッド「くるくる回ってる癖に通る時だけこっち向くとか無いわ…」


テレレレレレレレレレ


水着のおねぇさんの清楚系が勝負を仕掛けてきた!

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 16:19:09.32 ID:MepZkP3p0
レッド「よし行くか…いけっでb」

水着のおねぇさんはキングドラを繰り出してきた!

キングドラ「フナッ…シー…」

レッド「いぃいい!?」

水着「ふふ…この辺りは弱いトレーナーしかいなくて…ね?」

レッド「(ね?って何がだよ…)」

レッド「ここは…」グッ

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 16:26:37.43 ID:MepZkP3p0
レッド「(デブ男が持ってたボールを使うか…)」

水着「あららぁ?モンスターボール握りしめてまさか他人のポケモンを捕まえる気?」

レッド「あぁ…!そのまさかだ…!」モンスターボールヒュン

水着「他人のポケモンをt」

レッド「いいのかな?ひょいひょい出てきちまって…?」

レッド「デブ!水着のおねぇさんを人質に取れ!」

デブ男「キタコレィン!!!」ガシッ

水着「あんっ… 何をして…!」


レッド「…さてキングドラくん?そこに俺のモンスターボールがあるじゃろう?」

レッド「入るか 入らないか 選ばせてあげようじゃないか」

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 16:37:52.86 ID:MepZkP3p0
キングドラ「フナ…シー…」ポンッ

トゥル トゥル トゥル …

レッド「やった!キングドラGETだぜ!!!」

水着「あぁ…私のキングドラちゃん…!」

レッド「もうこれからは通る時だけこっち向くとかしちゃダメだぞ!」

水着「………さな…い」

レッド「ん?」

水着「絶対許さないんだから!」

レッド「そういう雑魚みたいな台詞いいから…」

レッド「じゃあ精々頑張れよ!」

水着「うぅっ…ひっぐ…」

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 16:40:15.34 ID:MepZkP3p0
デブ男「レッド殿…良かったんでござるか?」

レッド「あぁ…彼女はまだ強くなる素質がある、俺を恨むことでそれを糧にしてもっと強くなるだろう…」

デブ男「でもそれではレッド殿が…!」

レッド「いいんだよこれで…さ」ニコッ

レッド「そんなことよりそろそろグレンタウンに着くぞ…!」




ーーーグレンタウンーーー

レッド「少し硫黄臭いな」

レッド「まずはあのデカイ屋敷から攻め落とすか…?」

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 16:47:43.44 ID:MepZkP3p0
ーーーポケモン屋敷ーーー

レッド「いかにもスイッチとかありそうな屋敷だな…」

レッド「ん、なんだあのミュウスリーみたいな像は」ポチットナ

ウィィイイインガシャ

レッド「おー…こういう仕掛け作るやつって頭湧いてるとしか思えんな」

火事場泥棒「!」ピコン

火事場「お前も…アイテムあさりにk」

レッド「そういうのいいから…キングドラ、ハイドロポンプ」

ポカァン

キングドラ「フナ…シー…!!!!」ポンプププププ

火事場「くぁwせdrftgyふじこlp」


レッドは火事場泥棒との勝負に勝った!
賞金の財布を手に入れた!

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 16:51:59.11 ID:MepZkP3p0
レッド「うーむ、こういう所って大抵迷子の女の子とか助けるイベントとか起きるはずだよなぁ…?」

レッド「…にしても逆走してるせいか、いいアイテムばっか落ちてんな…」ヒョイヒョイ

レッド「ん?」

女の子「…」スッ

レッド「!!!」

レッド「迷子の女の子発見!!」ダッ

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 16:56:14.49 ID:MepZkP3p0
レッド「ハァ…ハァ… 女の子足速すぎだろ…」

レッド「マサラ人のこの俺が遅れをとるとはな…」

レッド「どこに…行ったぁ!!」

レッド「お?」

ギィィイ…

レッド「そ…こか」ニィィイイ

レッド「女の子みぃぃいつけた」ガチャ

レッド「む?この部屋は…」

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 17:01:12.18 ID:MepZkP3p0
レッド「なんかたくさん本があるな…」

レッド「これは…日記みたいだな…」

「7月5日 ここは南アフリカのギアナ、ジャングルの奥地で新種のポケモンを発見」

「7月10日 新種のポケモンを「ミュウ」と名付けた」

「2月6日 ミュウが子供を産む。生まれたばかりのジュニアを「ミュウツー」と呼ぶ事に」

「9月1日 ポケモン「ミュウツー」は強すぎる。駄目だ…、私の手には負えない!」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 17:04:33.09 ID:MepZkP3p0
レッド「なんだこれ?バイオじゃねーんだからさぁ…」

女の子「ばいお…?」

レッド「そうそうゾンビが襲ってくるゲームでな? かゆ…うま…ってなるんだよ」

女の子「かゆうま?」

レッド「かゆうまー!」

女の子「かゆっうまっ」

レッド「さて特に何も無いし帰ろ」ガチャ

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 17:09:09.97 ID:MepZkP3p0
レッド「道具も揃ったし、んじゃ早速ポケモントレーナーらしくジムに挑むか!」

レッド「たのもー!」

カツラ「おっひょっひょ、今時珍しく威勢がいい少年じゃのう」

カツラ「…じゃが最近ジム戦ばかりでうんざりしてるんじゃ」

カツラ「ワシのクイズに答えられたらバトルせずにバッジをやろう」

レッド「マジかよこのおっさんちょろっちいいい(本当ですか!ありがとうございます!」

カツラ「では第一門!」ババンッ

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 17:16:41.06 ID:MepZkP3p0
カツラ「キャタピーが進化するとトランセルになる?」

レッド「え…?」

レッド「(キャタピーってなんだよ…)」

レッド「はい」

カツラ「正確じゃ!!」

カツラ「では次の問題!」

………
……



カツラ「ぐぬぬ…5問とも正解するとは…」

カツラ「最後の問題じゃ」

カツラ「わざマシン28とは 「しねしねこうせん」 である」

レッド「これは聞いたことあるぞ!!」

レッド「答えは… イエェェエエエエエス!!!!」

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 17:22:41.01 ID:MepZkP3p0
カツラ「はい残念、ゆけっキュウコン」ヒュン

キュウコン「シャァァァボック!!!」

レッド「えぇぇええ!?しかも始まるのはえぇえ!しかも日照り!?」

カツラ「今時炎パでキュウコン入れない奴とかいるの?」

レッド「何を言ってるかよくわからねぇが…いけっ キングドラ!」

キングドラ「フナ…ッシー…」

レッド「(このキングドラはHCぶっぱ…初手雨乞いが安定か…)

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 17:28:20.55 ID:MepZkP3p0
カツラ「キュウコン、身代わり」
レッド「キングドラ!雨乞い!」

カツラ「フッ 甘いな少年、そちらの手持ちは2匹、ジワジワやらせていただくよ」ニマッ

レッド「(こんな下衆いヤツがこの世にいたなんて…!)」

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 17:32:18.94 ID:MepZkP3p0
レッド「よし、キングドラ!ハイドロポンプで身代わりごとキュウコンを撃ち抜け!!!」

キングドラ「ムチャッ…シー…」ポンプププププププププププ

キュウコン「シャァァァアボック!?!?」ズゴッ

カツラ「キュウコンたん!?」

カツラ「……貴様よくもワシのキュウコンたんを…!」

レッド「おいおいもう勝ち目ねーんじゃ無いの?ご老人?」ニヤァ

カツラ「…」

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 17:40:57.94 ID:MepZkP3p0
カツラ「ワシにこいつを出させるとはな…」

カツラ「ゆけ…バシャーモ…!」

バシャーモ「ドガァァァス」

レッド「何を出すかと思えばぁ!? まさかの鶏もどきですかぁ?」

レッド「キングドラァ!ハイドロポンプ!!」

カツラ「…」ニヤァ



カツラ「バシャーモ…まもるじゃ」

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 17:45:05.00 ID:MepZkP3p0
バシャーモ「ドガァァァス」カキキキキン

レッド「(まもる…? 雨乞いの時間稼ぎか…?)」

カツラ「何をしておるかわからんじゃろう… 気づいておったよ…先程のキュウコンの日照りの反応から貴様が夢特性を知らんことをな!!」

レッド「…!」

レッド「こいつは…!!」

バシャーモ「マタドガァァァァス!!!」

レッド「素早さが一段階上がってやがる…!!」

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 17:50:39.68 ID:MepZkP3p0
レッド「(俺のキングドラはHCぶっぱ…! 素早さが負けたか…!)」

カツラ「どうする小僧…? そこの降参ボタン押して金払って帰ってもいいんじゃよ?」ニヤァ

レッド「フン…俺のキングドラが飛び膝一発で死ぬとでも…?なぁキングドラ!」

キングドラ「フナ…ッシー…!(死ぬわ、俺多分死ぬわ)」

レッド「その意気だ! キングドラ!ハイドロポンプ!!」

カツラ「信じる心を踏みにじるのはなんとも気持ちがええのう…!」

カツラ「バシャーモ、地獄送りじゃ!!」

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 17:57:50.96 ID:MepZkP3p0
バシャーモ「ドガァァァス!!!」
キングドラ「フナッ…シー…!!!」

カッ



キングドラ「」ハイムリデシタ


レッド\デブ男『おいいいいいいいいぃぃい!?』

デブ男「ここは…降参するでござるッポルカツヌゥ!!」

レッド「デブ…よく聞け、俺のGoogleには降参の2文字などない

デブ男「…で?」

レッド「いいから行ってこいやぁデブガァァァ!!!」

デブ男「キタコレィン!!!」

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 18:03:09.84 ID:MepZkP3p0
デブ男「」コンガリ

レッド「うーん、まぁそう思ってたよ」

カツラ「さてと、勝負がついたようじゃ…」

女の子「…」クイクイ

レッド「ん?なんだいガール?お兄さんは今とても焦ってるんだ、後にs」

女の子「たた…かう…」

レッド「え?」

女の子「わたし…も…たたかう…」キュピーン

レッド「え?」

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 18:10:50.54 ID:MepZkP3p0
カツラ「なんじゃ?そのポケモンは?そんなかわいい人型のポケモン見たことない是非教えろください」

レッド「(…最近の子はねこみみ付けて出歩いてるもんだと思ってたが…)」

レッド「(これ本物の耳か?)」グイグイ

女の子「あうぅ…」

レッド「たまらんな」

カツラ「たまらん」

レッド「女の子の覚えてる技は…?」

女の子
タイプ1:エスパー
特性:シンクロ
正確:ひかえめ

・メガトンパンチ
・サイコキネシス
・ゆびをふる
・へんしん

レッド「(使えねぇ技ばっかだな…)

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 18:16:12.91 ID:MepZkP3p0
レッド「まぁいい!女の子!かわしてサイコキネシス!!」

女の子「みゅっ」ミョミョミョ

バシャーモ「カワスッテナニガァァァァス!!!!」ドサッ

カツラ「え?」

レッド「はいはい次の方どうぞ!」

カツラ「クッ…あとは雑魚しかおらん!」

ブーバー「(ナニコノアツカイ)」

カツラ「ゆけっブーバー! レッド「女の子!サイコキネシス!!」

女の子「みゅっ」ミョミョミョ

ブーバー「」


レッドはカツラとの勝負に勝った!

165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 18:31:35.33 ID:MepZkP3p0
レッド「女の子!良くやったぞー」ナデナデ

女の子「えへへ…」ニマ

カツラ「ウォッホン!いちゃいちゃらぶらぶしておるとこ悪いがこれが7個目のバッジじゃ…受け取れ」

レッド「おう!サンクスジジイ!」

カツラ「あとこれももってけ、技マシン38 だいもんじ じゃあとその幼女みたいなポケモンは何処で手にいれたのか詳しく話してもらおう」

レッド「んじゃ色々ありがとな!さいならー!」ウイーン

カツラ「…」

ーーーーーー
ーーー

171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 18:36:44.06 ID:MepZkP3p0
レッド「バッジが8個あること、夢特性なるものがあること、しねしね光線は存在しないこと」

レッド「ジムはやはり経験を積むのにええな」

女の子「みー」

レッド「んー…これから何処に行けばいいんだ?」

レッド「むっちゃ遠くに見えるけどあの二個くっ付いてるケツみたいな島に行くか」

レッド「いけっ デブ!」

デブ男「」

レッド「ポケセン行ってなかったわ」

176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 18:41:54.13 ID:MepZkP3p0
デブ男「酷いでござるぅwwwww酷いでござるぅwwwww」

レッド「よーしキングドラもみーちゃんも元気になったな」

キングドラ「フナッシム!!!」
みー「みぃー!」

レッド「んじゃ双ケツ島にいざ出陣!」

レッド「さっきと同じくなみのりで行くぞー!」

デブ男「まったく…ヤレヤレでござる」

デブ男「ここまで頼りがいのある背中もそうないでござるよ」ドヤァ

レッド「よーしキングドラ!なみのり!」

179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 18:48:16.61 ID:MepZkP3p0
レッド「うーむ、この水道はピクニックガールとかいるのか」

みー「…」ムッ

レッド「まぁ今まで通り隠密で行動するか」

海パン野郎「!」ピコーン

海パン野郎「そこのイカした兄ちゃん!波にノってるかい?」

海パン野郎が勝負を仕掛けてきた!

レッド「みーちゃん、サイコキネシス」

みー「みぃぃ!!」ミョミョミョミョ

184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 18:51:35.52 ID:MepZkP3p0
ヒトデマン「」アヘッ

海パン野郎「モンスターボールから出る瞬間を狙うなんて卑怯だぞ!」

レッド「あの島ってなんか必要な技とかある?」

海パン野郎「…このっ」

レッド「みーちゃん、サイコキネs」

海パン野郎「かいりきが必要でございます若様」

レッド「苦しゅうないぞ」

レッド「(しかしかいりきか…)」

189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 18:57:56.39 ID:MepZkP3p0
………
……


水着「…あいつらマサラタウンから来たって事は二子島に用があるに違いない…!」

水着「そう思って待機してたのに…全然来ないじゃない!…クシュンっ」

水着「あーはだみず止まらない」


……
………



レッド「とりあえず洞窟の入り口に着いたけどさ」

レッド「すげぇ嫌な予感がするんだよね」

レッド「まぁいいやみーちゃん照らせる?」

みー「みみみ…」ピカァ

192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 19:02:57.76 ID:MepZkP3p0
レッド「あっ」

水着「あっ」

レッド「いやー今日は暑いですなぁ!」

水着「…」

レッド「…」

レッド「みーちゃん」

レッド「逃げよう」ダッ

水着「おのれ逃さん! いけ!カメックス!」

カメックス「ラッシャイラッシャイ」

レッド「なにその珍しそうなポケモン!」

水着「フン…マサラのボケ老人からいただいたまでよ…」

レッド「人の物を盗ったら泥棒だぞ!!!」

200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 19:11:31.09 ID:MepZkP3p0
水着「…」ピキーン

レッド「(…よし第一フェーズ終了、これより作戦KIUを遂行する…!)」

水着「カメックス!アクアジェット!」

カメックス「ラッシャイラッシャイ!!」スイッチョン

レッド「どぅうぉぉおお!? 人に攻撃するか普通!?」

水着「黙れブーメラン野郎っ カメックスもういっちょ!」

レッド「よし、見えた…! みーちゃん!テレポート!」

みー「みっ…!」シュッ


ドドドドドドド…

204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 19:16:52.02 ID:MepZkP3p0
水着「ケホッ…やったか…!?」
カメックス「ラッシャイ…」

シーン…

水着「いない…」

水着「何処だ!あいつらは!」

水着「先に進んだのかな…おのれ…!」ギリッ

ーーーーーー

みー「みぃー」シュッ

レッド「ふぃー着いたぜグレンタウン!」

デブ男「お、早かったでござるなwwww」

レッド「いやぁ脳筋で助かったぜぇー!」

208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 19:22:06.69 ID:MepZkP3p0
デブ男「いやぁ島に置き去りにされた時は何事かと思ったでござるwwwwwまさか水着対策だったとはwwwww」

レッド「しかも都合よく岩どけてくれたぜ」

レッド「んじゃキングドラは疲れてるだろうしデブ、なみのり頼むぞ」

デブ「キタコレィン!!!」

レッド「ちなみにKIUはKameでIwaをUgokasuの略だからな、テストに出るぜみーちゃん」

みー「みー?」

レッド「(たまらんな)」

211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 19:27:43.72 ID:MepZkP3p0
ーーー双ケツ島ーーー

レッド「しかしあの亀どうやって鍛えたら岩動かすほどのアクアジェットになるんだよ…」

デブ男「予想以上に成長が早いでござる…か?」

レッド「いや、これ位やってくれなきゃ面白くねぇ…!」

みー「ちな…みに…かいり…きの…威力は80なの…かめさんのHPが…赤だった…ら頷ける威力なの…」

レッド「モンハンかよ」

215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 19:33:23.68 ID:MepZkP3p0
レッド「みーちゃん、この辺りはお約束の落とし穴的なのがあるから気をつけるんだぞ」

みー「浮いてる…からだいじょ…ぶ」

デブ男「でもこんな見え見えの穴に落ちる馬鹿なんているんでござるか?wwwww」

ゴルバット「ディグダグ」ワッサワッサ


レッド「あぶねぇデブ!!」ドカッ

218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 19:36:40.29 ID:MepZkP3p0
デブ男「はいーwwwww来ると思ってましたぁwwwww」ヒュー

レッド「クッ…よくもデブを…!!」

レッド「ゴルバット許さんぞ!!!」

ゴルバット「イヤオマエノセイダロ」

レッド「みーちゃん!サイコキネシス!!」

みー「みみみ…」ミョンミョン

ゴルバット「あ、やめて」サッ

レッド「!?」

225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 19:43:32.34 ID:MepZkP3p0
レッド「サイコキネシスは命中100だぞ…!アニメじゃないんだから避けられるはずが…!」

ゴルバット「ちゃいますちゃいますそれは戦闘が始まっとった場合に限るんや」

レッド「なるほど…」

ゴルバット「んなことよりお仲間はん助けにいきまひょ」バサバサ

レッド「あれ?」

レッド「まぁいいか」

ゴルバット「足に捕まりんさい」バサバサ

レッド「折れねーかこれ?」

228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 19:48:23.47 ID:MepZkP3p0
ーーー双ケツ島最下層ーーー

レッド「…」

みー「…」

デブ男「」カキン

ゴルバット「あー…漫才しとったから少し遅かったんや…」

レッド「こいつは誰の仕業だ?」

ゴルバット「周囲の霜の多さから察するとフリーザーやな…」

レッド「ふーん…」

ゴルバット「兄ちゃん油断しとったらあかんで!ここのフリーザーはHDぶっぱ耐久型や…」

フリーザー「…」

230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 19:53:44.89 ID:MepZkP3p0
レッド「んでそのフリーザーとやらさんよぉ…後ろから不意打ちでもしようってわけか?」

ゴルバット「!!」
みー「…!」

ゴルバット「いつの間におったんや…何が起こってるかよくわからへんけど今起こった事をありのままに話すで」

フリーザー「トゥー↓ルー↑ドゥン」ブォォオオオ

ゴルバット「あ、やめて」サッ

ゴルバット「赤い兄ちゃん、ワイが次に何するかわかるか?」

レッド「…」コクン

ゴルバット「いくで…!」

234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 20:01:00.25 ID:MepZkP3p0
ゴルバット「…いかりの前歯…!!」

ゴルバット「耐久型にはこれがよ~効くんや」ガッ

フリーザー「ドゥンオオオオオウ!!!!」

レッド「よくやったゴルバット!」

レッド「マサラを舐めるなよ鳥類が…」

レッド「技マシン38スロットイン!!マサラ式大文字ッッッ!!!ヒィィィィトエンドォォオオオオ!!」

フリーザー「」プスップスッ


レッド「…マサラはマサラの風が吹く…」


ゴルバット「いや技マシンみーちゃんに使おうぜ」

237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 20:06:10.28 ID:MepZkP3p0
レッド「余熱でデブ焼くか」

デブ男「」カキン

レッド「ていうかなんで厚い脂肪なのに炎にも氷にも負けてるんだ…?」

ゴルバット「恐らくこのふとっちょが凍ったんは心の目絶対零度やな」

レッド「…タイマンじゃ勝ち目ねぇな」

みー「お兄…ちゃんは…特性…頑丈だか…ら…だいじょぶ…」

レッド「(たまらんな)」
ゴルバット「(こいつら人間なのか…?)」

レッド「それはお前が言うな」

ゴルバット「!?」

243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 20:12:29.26 ID:MepZkP3p0
ゴルバット「んじゃ兄ちゃんらを入り口まで届けたるさかい、感謝しなはれ」バサバサ

レッド「いや足折れるだろ」

ゴルバット「そのふとっちょをモンスターボールにしまえばええんや」

レッド「頭いいなお前」

ーーーーー
ーーー
ーー


ーーー20番水道ーーー

レッド「なんか色々世話になったな!」

ゴルバット「困ってる時はお互い様や…ではさいなら」バサバサ

レッド「またどっかでなーー!」

ゴルバット「どっかですぐ会うと思うで!」

ゴルバット「(トキワジムで待っとるで…!兄ちゃん…!)」バサバサ

246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 20:19:30.03 ID:MepZkP3p0
レッド「トキワジムで待っとるで…か」

みー「…?」

レッド「いやなんでもないよみーちゃん」ナデナデ

みー「みぅ」ニコッ

レッド「デブはくたばってるし、キングドラ!なみのり頼むぞ!」

キングドラ「ヒサビサ…ッシー」ザバァン

レッド「次の町はっと…」タウンマップペラ

レッド「ニンジャの国か…!」




しばし離脱

265: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 20:45:20.78 ID:MepZkP3p0
プルルル プルルル

ゴルバット「はいなー 西の高校生探偵やけど」

???「例の件はどうなった…」

ゴルバット「反応薄っそんなんやからモテへんのや」

???「例の件は」

ゴルバット「…少なくともグレンタウンにはおらんかったなぁ」

???「ということは他で見たと」

ゴルバット「その話やけどまぁ帰ったら話しますわ」プツッ

???「…」

???「次からは部下に電話させよう…」

ーーーーー
ーーー
ーー

268: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 20:53:03.67 ID:MepZkP3p0
みー「あのあの…」

レッド「ん?」

みー「今…まで戦って…きた人…達…無事に…ポケセンまで…戻れるの…でしょうか」

レッド「大丈夫だ、ポケモンはくたばっても波乗りはできるしトレーナーだって鍛えてるから野生のポケモンにはまず負けないだろうよ」

みー「よか…た」ニー

レッド「(守りたい、この笑顔)」

レッド「ん?」

ピカァァアアン

デブ男「ハッ、ここは何処でござる!?拙者はイケメン…?」

レッド「勝手に出てくるなよ…お前はよく喋る豚のまんまだよ」

デブ男「くっ…あのトリッピーめ…素手でこれば勝てたでござる…!」

みー「そろそろ…着く…です」

270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 20:59:40.47 ID:MepZkP3p0
ーーーセキチクシティーーー

レッド「ニンジャの国か、ハラキリゲイシャ」

みー「…」ウズウズ

レッド「?」

レッド「どーしたみーちゃん?」

みー「あ…れ」クイクイ

レッド「サファリ…パーク?」

デブ男「ホントにwwwwwホントにwwwwwホントにwwwwwホントにwwwww」

みー「らいおん…だ」

レッド「よしいこう」

272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 21:04:16.95 ID:MepZkP3p0
係員「サファリパークへようこそ!ここd」

レッド「ボール30個ね、では」

係員「」


ーーーサファリパークーーー



レッド「ここではレアなポケモンがゲット出来るのか」

みー「奥まで…行った…ら…何かもらえるです…」

デブ男「捕獲はこの捕獲キングの拙者に任せてお二方はゴールを目指すでござるwwwww」

レッド「まったく当てにしないけど任せた」

みー「行ってきま…す」

279: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 21:11:38.76 ID:MepZkP3p0
レッド「これ普通にあのでっかいサイみたいなのに襲われたりしないのかね」

みー「彼…らは…脳が…小さいか…ら…近づくのは…危な…いです…」

レッド「動きが読めない分怖えな」

レッド「ん?あれはなんだ?」

レッド「なんか太ったアメリカ人みたいなアレ」

みー「あれ…はラッ…キー 見つけたら…ラッキーなの…」ニコ

レッド「(この笑顔見れた方がラッキーだな…)」

283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 21:17:41.70 ID:MepZkP3p0
レッド「結構歩いたけど…みーちゃん疲れてない?」

みー「んーん…飛んでる…から…だいじょ…ぶ」

レッド「(おんぶフラグ…が…!)」ドヨーン

みー「あ…あの小屋…で…最後みたい…なの…」

レッド「ぐぅううう」ワナワナ


係員「おめでとうございます!よくここまでたどり着きましたね!貴方が一番乗りです!」

レッド「あぁ…」ズーン

みー「やった…の…」

係員「(うわやりづれー…)」

係員「こちらが秘伝マシン03、なみのりでございます!やったね!」

290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 21:22:25.14 ID:MepZkP3p0
レッド「…」

みー「…」

係員「…」

ピンポーン

係員「(救われた!)」

係員「お時間でーす!またのご利用お待ちしております!」エイギョウスマイル

レッド「散々だったな…」

みー「みぅー…」

デブ男「やったでござるwwwwwあの伝説のポケモンwwwwwタマ○マを手に入れたでござるよ!!!」

タマ○マ「バンギラァァス!!!」

レッド「そうか…」

みー「みー…」

デブ男「…あれ?」

292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 21:27:19.85 ID:MepZkP3p0
レッド「とりあえずポケセンで体調万全にして」

レッド「忍者屋敷を討ち取るか」

デブ男「今度は活躍するでござるよwwwww」

レッド「相手は毒タイプだそうだ、みーちゃん頑張ってくれよ!」

みー「みー!」


ドゥドゥドゥ テンテンテロリン

ーーーセキチクジムーーー

レッド「頼もー!!」

キョウ「ファファファ…」

295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 21:31:16.71 ID:MepZkP3p0
キョウ「ファファファ…拙者はキョウ攻め方は毒でじわりじわりなのです☆」

レッド「いけっみーちゃん!」

みー「みぅー!」

キョウ「フン…エスパーとか!わかってたし!」

キョウ「いけっ マタドガス!」

マタドガス「シャモッシャモッ!!」

レッド「いくぜぇえええみーちゃん!サイコキネシス!!」

みー「みみみ…」ミョンミョンミョン

296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 21:33:23.37 ID:MepZkP3p0
マタドガス「ゴッツキクゥウウ!!」

キョウ「…」

マタドガス「ピコーンピコーン」

キョウ「…」ニヤッ

298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 21:36:41.63 ID:MepZkP3p0
レッド「持ちこたえ…た?」

キョウ「気合のタスキだ若造…」

キョウ「エスパータイプをぶっ殺すにはこれしかないんでな…」

キョウ「マタドガス…グレートエクスプロージョン…」

マタドガス「シャモッシャモッ!!!」ピキーン

レッド「普通に大爆発言えや!」

レッド「うおおおおおおみーちゃん!!!!」

305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 21:42:35.01 ID:MepZkP3p0
レッド「…とみせかけてここでデブ男を特殊召喚!!!」ヒュン

デブ男「キタコレィン!!!っておおおおおおおおうwwwwwwwwww」

みー「!!」アセアセ


ドドドドドドド…


ーーーーーー
ーーーー
ーーー


みー「…」キョロキョロ

デブ男「…」

デブ男「心配するなみー殿…拙者は大爆発の威力を1/4に半減できるでござる」

デブ男「んじゃまた大爆発の時にwwwww」ヒュン


レッド「(チッ…死ななかったか…)」

レッド「さぁ次のポケモンこいやぁぁああ!!」

311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 21:48:38.43 ID:MepZkP3p0
キョウ「…でござる…」

レッド「え?」

キョウ「拙者の負けでござる」

キョウ「もうその子に勝てるポケモンはおらぬ…これ以上拙者の評判が下がらぬ内にバッジを持っていくがいい…」プイッ

レッド「(なんかデブと口調が被っててウザイな…)」

レッド「んじゃ、ありがとよ、ニンジャ!」

キョウ「…!」

キョウ「ニンジャ…か…」フッ

キョウ「少年…こいつも持ってい」

キョウ「あれ…」

314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/01(日) 21:53:57.02 ID:MepZkP3p0
みー「なんか…あの…おじ…さん最後に…喋ってた…よう…な…」

レッド「まじかーぜんぜんきこえなかったわーまじでかわいそうなことしたわー」

デブ男「まぁ何にせよwwwww拙者が活躍wwwwwできてwwwww満足でござるwwwww」

みー「…だいばくはつ…は少し…怖かったの…」

レッド「次からは俺が盾になるから!!」

ーーーーー
ーーー



レッド「んじゃとりあえずこの辺でキリがいいし、今日はここでレポート書くか」


ではまた後日