1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 20:08:32.32 ID:OVxt4wU10
コナン「まずは>>5でぶっ殺してやる!!」

引用元: コナン「あ、光彦がいた、殺すぞおおおおおお!!」 



名探偵コナン 94 (少年サンデーコミックス)
青山 剛昌
小学館 (2017-12-18)
売り上げランキング: 1,517
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 20:09:11.45 ID:0gg70Xog0
光彦

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 20:11:45.61 ID:OVxt4wU10
コナン「まずは光彦でころしてやる!!!
(あれ?でも光彦で光彦を殺すっておかしくね??)

歩美「コナン君なにやってんの?」

元太「うな重でも食いたそうな顔だな」

コナン「あ、お前ら、いい光彦の殺し方無い?」

歩美「>>15

元太「>>18

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 20:12:19.05 ID:j+94mflY0
やっぱファラリスの雄牛かな

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 20:12:35.82 ID:QqpffynlP
アイアンメイデン

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 20:17:20.94 ID:OVxt4wU10
歩美「やっぱファラリスの雄牛かな」

元太「アイアンメイデン」

コナン「お、おう(こいつら残酷すぎるだろ・・・・気が狂ってんじゃねえか)」

博士「じゃあその二つ合体させたファラリスの処女で殺したらどうじゃ?」ジャーン

歩美「すごーい!!」

博士「まずは無数のトゲが光彦君を突き刺すんじゃ。もちろん急所ははずしてな」

博士「そのあとファラリスの雄牛と同じことをすればいい!!!」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 20:23:01.63 ID:OVxt4wU10
コナン「!?(な、なんだ?!なんでこいつらノリノリなんだ?!)」

博士「さっそくこの光彦君で試すのじゃ!」

光彦「な、なんですか博士、それと皆さん」

歩美「えへへー光彦君こっち来てー」

光彦「は、はい!」タッタッタ

歩美「よしっ!!手は縛ったよ!!」ギュ

光彦「なっ!なにするんですか!?離してください!!」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 20:28:38.97 ID:OVxt4wU10
元太「なー!光彦うるさいから口も縛らないの?」

博士「それはダメじゃ。何故かというと、苦しむ声を上げてくれないと」

博士「ファラリスの雄牛の最大の見所である、悲鳴が牛の鳴き声のように聞こえる仕組みが台無しじゃ」

元他「なるほど!それは縛っちゃだめだ!!」

歩美「はやく牛さんモーモー聞きたいなー♪」

コナン「(ダメだ・・・・こいつら狂ってやがる・・・)」ガクブル

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 20:33:07.60 ID:OVxt4wU10
博士「ん?なんじゃ?具合が悪いようじゃが」

コナン「?!っなんでもねえよ・・・」ブルブル

博士「じゃあ早速やるかのお!!」

光彦「ちょっとなにするんですか!!ングッ!?」

博士「ちなみに今飲ませた薬は生命力増加薬じゃ、通常より死ににくくなるぞ」

歩美「いっぱいいっぱい牛さんの声聞けるんだね!!」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 20:37:32.56 ID:OVxt4wU10
コナン「(こんな・・・こんな殺し方を望んでるわけじゃなかった・・・
こんな苦しみを最大限まで与えて殺すようなこと・・・
俺はもっと・・・みんなが笑えるような死を・・・光彦に・・・)」

博士「いいから入れっ!!」ドンッ

光彦「なんですかもうっ!!うぎゃっ!!」

博士「元太君!!歩美君!!閉めなさい!!」

歩美「はーい♪」

元太「うなー♪」

ギィィーーーーガッシャン!!

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 20:42:05.32 ID:OVxt4wU10
光彦「っっああああぎゃあああああああああああああぅぅぅぅいあゃぁぁやっぁああああああああ!!!!!!
いだいぃぃぃいぃぃぃぃいいい!!!!!いだぃいいいいいいですぅううううううううううううぅうぅぅ!!!!!!!
だ、、、だず、、だずげでぐだざいぃぃい!!!!!めにはりがあああああぁああああああ!!!!!!
コナンぐんぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅううううううううううう!!!!!!!!!!!!!」

コナン「(すまん・・・すまん光彦・・・・)」

歩美「いい声で鳴くなゴミめ」

博士「はっはっはwww

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 20:47:24.72 ID:OVxt4wU10
ポタ・・・ポタ・・・ポタ・・・

博士「お!血がたれてきたぞい!!!」

歩美「ペロッこれは光彦の血!!」

コナン「(やべえよこいつら・・・ひどすぎる・・・)」

元太「◯◯してきたぜ!!」

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 20:54:50.88 ID:OVxt4wU10
博士「そして次はファラリスじゃ!!歩美君火を!!!」

歩美「もーえろよもえろーよ♪光彦もーえーろー♪」ボウッ

元太「ガッチャマンもってきたぜ!!」ポッ

コナン「(あ、歩美・・・・)」

博士「器を横に倒してっと・・・」

博士「火をつけろ!!!」

ぼおおおおぉぉぉおぉぉぉ!!!!

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 20:59:34.61 ID:OVxt4wU10
光彦「モォォオォオオオオオオオオオオオオォオ!!!!!!!!!!
モォォオオオオオオオオオオオオオッォッォオ!!!!!!!!
モォンモォオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!」

歩美「本当に牛みたいだなww」

博士「火をつけたことにより傷口が止血され出血多量で死ぬこともなくなるんじゃ!!」

元太「可哀想だぜ光彦・・・・」

コナン「」

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 21:04:22.71 ID:OVxt4wU10
光彦「モッオォォォ・・・・・モォォォ・・・・・・モッォォ・・・・」

コナン「(この音・・・換気穴から漏れる液体・・・
光彦・・・・泣いてるのか?・・・・光彦・・・・・)」

博士「ヒャアアアアアアアアアアwwwwwwwww」

歩美「泣いてやがるぜwwwww」

元太「泣くときは泣いていいんだぜ」

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 21:08:25.49 ID:OVxt4wU10
コナン「(こんなことになっているのは・・・)」

光彦「モォォォオ!!」

コナン「(間違いなく・・・・っ!!)」

光彦「モォォン!!」

コナン「(俺のせいだっ・・・!!!)」

光彦「モボォーン!」

コナン「(都合のいいことを言っているのは分かってる!!光彦を助けてくれ!!神様!!)」

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 21:11:49.18 ID:OVxt4wU10
20分後

歩美「これだけなのも飽きてきたね」

博士「そうじゃな・・・中にねずみでもぶちこむかの!!wwwww」

元太「ねずみなら俺も食うぜ!!」

博士「じゃあいれるかの」ヒョイ

ねずみ「ピーピー」

歩美「ねーねーなんの意味があるの?」

博士「まあまあ見ておれ」

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 21:15:44.33 ID:OVxt4wU10
ねずみ「ピーピー!!」

博士「熱くて逃げ場を求めたねずみは」

ねずみ「ピィーー!!」グリグリッ

博士「光彦君の体内に逃げるんじゃ!!」

歩美「すごーい」

光彦「モォォォオオオオオオン!!!!!!!!!!」

コナン「(すまん・・・・何もできなくて)」

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 21:22:04.34 ID:OVxt4wU10
30分後

博士「飽きたのう」

歩美「一回引きずりだして爪はごうよ!!」

元太「いいなそれ!!」

コナン「(俺は・・・見過ごしている・・・・この惨状を・・・・)」

156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 21:24:41.59 ID:OVxt4wU10
博士「おらっ!!出て来いよ!!」ドスッ

光彦「」ドサアッ

歩美「うわあ・・・キモイ・・・生きてるの?これ」

博士「こんなでも命はまだまだ絶えないぞい」

歩美「すごーい!!」

博士「じゃあみんなで爪はぐかの!!」

歩美「じゃあ歩美から!!!えいっ!!」ブチィッ

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 21:29:18.32 ID:OVxt4wU10
光彦「っ!!っ!!」

元太「俺にも食わせろよ!!おい!!」ブチィッ

光彦「っ!!っ!!!!」

博士「わしは針を爪と指の間にさしこむぞい」ブス

光彦「っっっっ!!!!!!!!」

博士「・・・・?新一もやれよ」

コナン「え・・・俺は・・・」

169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 21:34:26.99 ID:OVxt4wU10
博士「まさか・・・新一・・・・できないのか」ギロッ

歩美「えーーーコナンくぅーーーん?^^」

元太「あ?」ギロリ

コナン「お、俺は・・・別に・・・・・」

コナン「俺は・・・・・・・こんなことしたくなかったんだよ!!!!!!!」

コナン「俺は!!!!楽しく!!!!豊かな!!!!愉快な!!!!!
光彦の死をみんなに提供したかったんだよ!!!!!!!!!
でもなんだよこれ!!!!!!◯◯◯◯じみてる!!!!!!
光彦が可哀想だ!!!!!!!!!!!!!!!」ドキドキ

179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 21:38:19.87 ID:OVxt4wU10
博士「ほう・・・ワシらに逆らうというならば、どうなるかは分かってるか?
光彦君と同じ運命をたどることになるぞい」

歩美「新しい雄牛さんの誕生かな♪」

元太「ジュルル」

コナン「くっ!!」マスイジュウ!

歩美「させないよ!」スッ

コナン「くっなんて速さだ!!」

185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 21:42:11.01 ID:OVxt4wU10
歩美「さあ、コナン君決めなよ。悶え死ぬか。光彦君の爪をはぐか」

コナン「くっ!!」

博士「いや・・いや!!いいことを思いついた!!」

歩美「なに^^?」

博士「もう光彦君も苦しいだろう。ころしてやろう」

博士「新一の手でな」ドヤッ

コナン「なんだと!?」

博士「なぁに、簡単じゃよ。キック力増強シューズで首を撥ねる。これだけじゃ」

192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 21:45:41.55 ID:OVxt4wU10
博士「そんなに光彦君が大事ならいいんじゃよ?」

博士「新一が代わりになれば」

博士「自分と光彦君、どちらが可愛いのかな?」ニヤッ

コナン「お、俺は・・・・」

コナン「>>200

殺すor殺さない

213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 21:49:01.11 ID:OVxt4wU10
コナン「さらに拷問をかけるしかねーだろ!!」ドヤァッ

博士「?!」

歩美「・・・ふーん」

コナン「おらあ!!くらえ光彦!!爪針!!」グサッ

光彦「っっぐうぅぅう!!!!!!」

コナン「目に針ーwwwwwww」グサッ

博士「いいぞいいいぞい!!!!!!!」

230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 21:53:11.09 ID:OVxt4wU10
歩美「歩美も目に針いれたーい!!」

歩美「えいっ!!」グサァッ

光彦「ぅぅぅぐぐううぅっぅうめめっがぁあああ!!」

元太「俺は◯◯に針さすぜ!!」グサッブニュッ

光彦「ぐううううううかああああああああああぁあああああああああ!!!!!!!!!!!!!」

265: しょ、しょうがないな 2013/11/25(月) 22:06:51.13 ID:OVxt4wU10
博士「次の拷問は何にしようかの!!」

歩美「とびっきりひどいのがいい!!!!!」

元太「食えるならなんでもいいぜ!!」

コナン「いやっはあああああwwwwwwww(ごまかせたか)」

博士「>>275

275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 22:08:23.93 ID:Bk0dkydy0
時間をかけ徐々に圧縮プレス

286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 22:11:41.52 ID:OVxt4wU10
博士「時間をかけジョジョに圧縮プレスじゃ!!」

歩美「いいネーッ!!」

博士「ちなみに、ワシらによく見えるように、ガラスで圧縮するぞい!」

元太「さいこーだよ博士!!」

博士「光彦くん、たちなさい」

光彦「」フラフラ

コナン「最高だぜえええ(あああ・・・・)」

298: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 22:16:33.40 ID:OVxt4wU10
博士「ちなみに、二枚のガラスが進む速度は、ワシらに視認できないほどゆっくりじゃ」

博士「内臓が次々と破損していく様をゆっくりと見れるんじゃ!!!!!」

歩美「歩美ビデオカメラ用意しちゃった!!」スチャ

元太「食うぜ!!!」

博士「ではスタート!!」

ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ

307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 22:21:40.14 ID:OVxt4wU10
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
光彦「(逃げたい、痛い、逃げたい)」
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
光彦「(怖い、逃げたい、怖い)」
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
歩美「ねえ博士、光彦君意識あるの?」
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
博士「薬のおかげで神経と意識だけははっきりとしてるはずじゃ」
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
コナン「(見てらんねえ!)」サッ
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
歩美「!」サッ

316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 22:28:04.92 ID:OVxt4wU10
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
歩美「あー!とうとう鼻に触れたよ!」
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
博士「まずは鼻が潰れるんじゃな!!」
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
元太「食いたいぜ!!」
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
コナン「う、うう、、、、」
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
歩美「(あのめがね、やっぱり・・・)」

328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 22:32:32.76 ID:OVxt4wU10
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
光彦「う、くぐぐぁああ!!!!!」ゴリッ
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
歩美「鼻が落ちたわーいわーい!!!!!」
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
博士「特徴的な鼻じゃのう!!」
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
元太「うまそう!!!!」
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ

341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 22:36:14.68 ID:OVxt4wU10
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
歩美「そろそろ内臓が飛び出すころかな!!」ワクワク
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
光彦「う、うがぎゃあああ!!!!!!!」ブシャアブチョッ
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
博士「残念!!脳漿が先だった脳!!なんちゃってwwwww」
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
歩美「殺すぞ」
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
博士「ごめん」

363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 22:43:47.73 ID:OVxt4wU10
コナン「(もうだめだ・・・助けよう)」サササッ
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
歩美「(!コナン君が怪しい動きしてる)」
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
コナン「(横からタックルして出そう。俺はどうなってもいい。光彦さえ助かれば)」
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
歩美「(そう・・助けるつもりなのね・・・いい顔してるから夫にしてやろうと思ってたのに。ま、裏切るなら。しょうがないね)」
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
コナン「(今だ!!)」ダッシュ
ぎ、ぎ、ぎ、ぎ、ぎ
歩美「博士!!プレスの早さを>>370にして!!」

370: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 22:44:46.94 ID:1Fb5tVme0
最大

389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/25(月) 22:48:40.09 ID:OVxt4wU10
博士「よしきた!!」グイーン
ぎぎぎぎぎぎぎぎぎぎぎぎ
パーーーーーーーーーーーン!!!!!!!

グチャ グチャ ポタ ポタ

歩美「歩美の勝ちだよ!コナン君!!」ニッコリ

コナン「あ、あ、あ、みつ、みつひ、」

歩美「どうなるか分かってる。よね?」ニンマリ

END

コナンの拷問かきたけりゃ好きにかいてくれ