1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 08:32:56.59 ID:/EoubV080.net
花京院「学生の間しか長期休みなんて取れませんもんね」

花京院「やはり貴重な夏休みには>>4をするしかないな」

引用元: 花京院「さて、夏休みの朝だし>>4するとしよう」 





11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 08:40:13.65 ID:/EoubV080.net
花京院の家

デデデデデンッ
ブウウゥウウゥゥゥゥゥゥゥンッ!
カチャカチャ カチャカチャ

花京院「待てハイエロファント!」カチャカチャ

ハイエロ「」カチャカチャ

花京院「ぼくの車体の前に出るのはやめろ!くそ!」カチャカチャ

ハイエロ「」カチャカチャ

花京院「無視か?なんて性格の悪いヤツなんだまったく」カチャカチャ


2P win! デデーーーンッ

花京院「あー・・・負けてしまった!!」

ハイエロ「」ニッコリ

花京院「くそ!己のスタンドに負けるなんてぼくもまだまだ修行が必要だな」フフフ

花京院母「ノリアキー!電話よー!」

花京院「え?だれです?」

花京院母「>>15くんとか言ってたわね」

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 08:43:05.92 ID:R8u/3IkD0.net
荒木

22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 08:46:59.94 ID:/EoubV080.net
花京院「あ、荒木・・・・・・さん!?」

花京院母「ええ、保留ボタン押してあるから、早く出てあげてね」

花京院「・・・・・・」ゴクリ

ピッ

花京院「あ、あのもしもし?花京院です」

荒木「あのさ、困るんだよね」

花京院「え?」

荒木「夏休みなら学生らしく外に出てもらわないと、話進められないしさ」

花京院「はあ」

荒木「そもそも家でゲームする上にスタンドと対戦ってきみどんだけ友達いないんだよ」

花京院「・・・・・・」

荒木「いいかい、さっさと誰かつれてどこかへ行くんだ。わかったね」

花京院「・・・・・・はい」

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 08:49:20.59 ID:/EoubV080.net
花京院「まったく!こういうプライドの高いぼっち設定にしたのは他でもないあいつじゃあないか!」

花京院「だというのに文句を言ってくるなんて最低野郎だな」

花京院「・・・しかし、荒木さんが言うのなら仕方がない」

花京院「学生らしく>>26で遊ぶか・・・」

花京院「そうだな、人を呼べと言っていたし>>34でも呼ぼう」

26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 08:50:18.35 ID:wY7Ufxij0.net
海水浴

34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 08:51:04.77 ID:B0WF8p680.net
DIO

48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 08:56:50.55 ID:/EoubV080.net
とぉうるるるるるるるるるるんっ

ガチャッ

DIO『なんの用だ』

花京院「もしもし、花京院です!さっそくだが海に行くぞ、DIOッ!」ババァーーーンッ

DIO『は?』

花京院「9時半に海の家の前で待ち合わせだからな、遅れてくるんじゃあないぞ!」

DIO『なんの話だ』

花京院「遊びに誘ってやってるんですよ」

DIO『結構だ。わたしを巻き込むな』

DIO『そもそも、だ。このDIOは日の出ている間は外には・・・』

花京院「なにィ!?」

花京院(困ったな・・・ノリが悪い)

花京院(こうなれば>>50をエサにしてDIOを連れ出すしかないな)

50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 08:57:44.36 ID:xwZVqrkd0.net
ダリオ・ブランドー

56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 09:03:28.52 ID:/EoubV080.net
花京院「いいか、DIO。じつを言うとぼくは本当は遊びたいからといって貴様を誘っているんじゃあない」

DIO『どういうことだ』

花京院「・・・・・・これを聞けば驚くかもしれないが」

花京院「貴様の父、ダリオ・ブランドーの残した物がその海に隠されているという噂があってな」

花京院「なにしろ、その隠したものというのがとんでもないお宝らしい」

DIO『なにぃ!?』

花京院「というわけで、一緒にそのお宝を探したいと思うんだがどうだろう?」

DIO『・・・・・・』

DIO『・・・・・・なぜ貴様があいつの名を知っているのか些か疑問ではあるが』

DIO『あの薄汚い男が隠していたモノだと?フフフ・・・くだらん。しかし、気にはなるな』

花京院「それじゃあ・・・」

DIO『いいだろう花京院、その話、乗ろうではないか』

花京院「そうこなくてはな!!」

61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 09:08:14.40 ID:/EoubV080.net
海水浴場

ワイワイガヤガヤ

花京院「よおし、水着もゴーグルも着たし完璧だな。いつでも泳げるぞ」ルンルン

花京院「しかし、DIOのヤツ遅いな」

花京院「朝御飯に海の家でイカ焼きでも買おうか・・・」

花京院「・・・・・・まてよ」

花京院「焼きそばも捨てがたいな」

花京院「選んでいたら本当にお腹が空いてきたな。とにかくなんか食べるか」

花京院「すみません、イカ焼きください」

>>65「あいよ」

花京院「!?」

65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 09:09:58.95 ID:4yJM93Sy0.net
ワールド蹴球マン

68: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 09:17:44.78 ID:/EoubV080.net
ワールド蹴球マン「イカ焼きね!1200円だよ」

花京院「なにぃ!?冗談はやめてくれよ。いくらぼくがあまり外で遊ばないからといっても、こういった場所での食べ物の相場くらいわかりますよ」

ワールド蹴球マン「へえ、じゃあ1100円に負けてやるよ」

花京院(ジョースターさん、今こそ、あなたに習ったあれが使えそうです)

花京院「・・・・・・1100円?ばかにしないでいただこう」


花京院「50円だ!!きさまの作るものなど50円で十分だ!このボッタクリ野郎!!!」ババァーーーンッ


ワールド蹴球マン「なにぃーーーー!?」



花京院(交渉開始!!!!)ニヤリ

70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 09:21:31.61 ID:/EoubV080.net
花京院「結局怒らせて買えなかったな・・・」ショボン

花京院「やれやれ、やはり日本でやるようなことじゃあないですね」


花京院「おや、待ち合わせ場所に誰か立っている」

花京院「あの黄色の日傘はもしや・・・?」

花京院「おーい、DIO」タタッ


DIO「遅いぞ花京院」クルッ


花京院「!?!?」

花京院(DIOが>>75の格好をしている!?)

75: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 09:23:47.09 ID:QzwBTX0w0.net
バニーガール

83: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 09:30:48.28 ID:/EoubV080.net
バニーガールDIO「時間厳守は社会人になる前に覚えておくものだぞ!」ババァーーーンッ

花京院「ウウッ・・・!イカれた格好でマトモなことを言いやがって」

花京院「なに考えているんだ貴様!海水浴だぞ!なにをしに来たというんだ!!」

バニーガールDIO「宝探しだろう」

花京院「それで海に入るのか!?」

バニーガールDIO「このDIOの着るものに対して文句をつけるな、不愉快だ」

花京院「見ているこっちが不愉快だ!!」

バニーガールDIO「花京院よ、きさまこそウェットスーツなんて本格的なものを着ていているがサーファー気取りか?」

花京院「!」

バニーガールDIO「ボードに乗ったことも、ましてや触ったこともないクセによくもまあそんな格好ができるな」

花京院(クソ!ご丁寧にウサ耳カチューシャまでつけやがって不愉快な変態だ!!)

花京院(こんなヤツ呼ばなきゃあよかった!!)

85: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 09:36:20.69 ID:/EoubV080.net
バニーガールDIO「さてと、花京院よ。さっそく探しにいくとしようじゃあないか」

花京院「・・・きさまと一緒に行動したくないがやむを得ん」

花京院「ところで、目星はまったくついていないんですよねこれが」

バニーガールDIO「・・・・・・なんだと?」

花京院「ああ、しかし待ってくれ。ここは地元民に聞くのが一番だとおもうんですよ」

花京院「ちょうどあそこに水着のかわい子がいるから声かけてみませんか」

バニーガールDIO「おい、そいつが地元民かどうかはわからな・・・」

花京院「すみませんちょっといいですか?」

バニーガールDIO(・・・ただのナンパか)

>>89「え?」

89: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 09:37:47.03 ID:bzHDf7yP0.net
ナランチャ

97: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 09:43:56.99 ID:/EoubV080.net
ナランチャ「アァ~??なんだよ?」

花京院(オラオラ系女子か・・・悪くない)

花京院「今暇ですか?ジュースでも奢るんでぼくらと一緒に遊びませんか?」

バニーガールDIO「!?!?」

ナランチャ「え、奢ってくれんのか」

花京院「ええもちろん」

バニーガールDIO「待て花京院」

花京院「なんだ」

バニーガールDIO「そいつと一緒に遊ぶのか?例の件の聞き込みをするんじゃあないのか」

花京院「DIO・・・」コソッ

花京院「忘れたんですか、ぼくらが探しているのは『宝』なんですよ」

バニーガールDIO「!」

花京院「『宝』・・・つまり、財宝、金になるものだ」

花京院「そういったモノに対する情報を、そうやすやすと入手はできないだろう」

98: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 09:48:32.58 ID:/EoubV080.net
花京院「そのためには・・・」

花京院「まずは情報を引き出せそうなヤツと親しくなり、友情を深める・・・」ドドド

花京院「それが大事なんじゃあないか」ドドドドドド

バニーガールDIO(なるほど・・・一理あるな)ドドドドドド


花京院「というわけでぼく買ってきますよ!何飲みます?」

ナランチャ「エヘヘヘヘ。んじゃあよォ~、メロンソーダ!」

バニーガールDIO「ならば花京院これを」スッ

花京院「これは・・・・・・」

バニーガールDIO「わたしの財布だ」

花京院「DIO・・・!」ジィーン

花京院「それじゃ、行ってきます!」タッ

バニーガールDIO「気を付けろよ」

ナランチャ「ヨロシクゥー」

101: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 09:52:47.65 ID:/EoubV080.net
花京院(やった!これでただで女の子と遊べるぞ!やはりDIOを連れてきてよかった)ルンルン






バニーガールDIO「ところできさま、ここへは一人で来たのか?」

ナランチャ「そんなワケねェだろォが」

バニーガールDIO「ならばツレはどこにいる」

ナランチャ「あっちで遊んでるぜ」

バニーガールDIO「ほう」チラッ

ナランチャ「オレはちょっと休憩してんだ」

バニーガールDIO「そうか・・・」

>>105「ナランチャ、そ、その人は誰だ?」

105: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 09:54:41.48 ID:xwZVqrkd0.net
エルメェス

111: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 10:05:49.40 ID:/EoubV080.net
バニーガールDIO「!?!?」

ナランチャ「エルメェス!」

エルメェス「そ、そのイカれた格好しているヤツは誰だって聞いてるんだ・・・ッ!」

ナランチャ「え?」

ナランチャ「エートォ~・・・」チラッ

バニーガールDIO「DIOだ」

ナランチャ「だってさ」

エルメェス「おい行くぞナランチャ」グイッ

ナランチャ「え、な、なんでだよォーッ!?オレこいつらに一杯奢ってもらうんだから邪魔すんなよ」

エルメェス「いいから!とっととこい!」

ナランチャ「チェーッ!」

ナランチャ「あー、DIOだっけ?オレ向こう行くからあの前髪ウネウネ兄ちゃんに言っといてくれよ」

バニーガールDIO「伝えておこう」

エルメェス「おい、近寄るなバカ!」

ナランチャ「人をバカって言うのは良くない!」

113: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 10:10:58.18 ID:/EoubV080.net
バニーガールDIO「・・・・・・彼氏持ちか」








花京院「お、自販機をやっと発見したぞ」

花京院(メロンソーダは、と・・・・・・。あったぞ!)

花京院(しかし、先に自販機の前に人が一人いるな。こいつの後に買うしかないのか)

ガコンッ ピーーーッ

花京院「!?」

メロンソーダ『売り切れ』

花京院「そんな・・・・・・ッ!?」

花京院「きさま!!な、なぜよりにもよってメロンソーダを買うんだ!」

>>116「え?」クルッ

116: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 10:15:13.54 ID:jPoS+83D0.net
徐倫

120: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 10:21:00.20 ID:/EoubV080.net
徐倫「なによアンタいきなり文句つけてくるなんて何様だよ」

花京院「ハッ!す、すまない・・・切羽詰まっていたもので」

徐倫「フゥーン」ジロジロ

花京院(中々過激な水着の女の子だなぁ・・・目のやりどころに困る)

花京院「その、実はそのメロンソーダが入り用でね。できたら譲って欲しいんだが・・・」

徐倫「なんで?」

花京院「理由は言えない。しかし、譲ってくれるのなら倍以上の値段をだそう」

徐倫「ヘェ~・・・・・・じゃあいいわよ」

花京院「ほ、ほんとうか!」

徐倫「ただし条件があるわ・・・」

徐倫「>>125してくれるゥ?」

花京院「お安いご用だ!!」

125: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 10:22:38.66 ID:xwZVqrkd0.net
ラバーソールの物まね

129: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 10:29:24.77 ID:/EoubV080.net
花京院「おれの名はラバーソールッ!!」ババァーーーンッ

徐倫「ワア!・・・ハイ、カブトムシ」

花京院「ああ、これはどうも」バリバリバリバリビリッモグモグッモグモグッ

徐倫「オエーッ!マジで食いやがったコイツ!!」

花京院「ン?なんのことだい?」モグモグッ

徐倫「すっげー!ぶっとんでるなァーッ!」

徐倫「あジュース、飲む?」

花京院「いただくよ」ゴクゴク

徐倫「マジでカブトムシ食うとは思わなかったわよ」

花京院「そうかい?」

徐倫「必死ね。そんなに好きなの?」

花京院「ああ、好きなんだこの・・・」

131: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 10:32:24.74 ID:/EoubV080.net
花京院「・・・・・・」

花京院「・・・・・・メ・・・」ドドド

花京院「・・・・・・・・・メロンソーダ・・・?」ドドドドドド


徐倫「じゃ、それやるから近づくなよ変態さん」タッ

花京院「あ、ちょっと!」

花京院「く、クソ!!やられた!!」

花京院「なんのためにぼくが虫を食べたと思ってるんだ!!」ダンッ

花京院「・・・・・・仕方ない、海の家で買うか」

花京院「さっきの男がいるからあまり近づきたくないんだがやむを得ん」

132: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 10:37:09.01 ID:/EoubV080.net
海の家

花京院「すみません、メロンソーダひとつ」

ワールド蹴球マン「帰れ」

花京院「そこをなんとか」

ワールド蹴球マン「いいから帰れ」

花京院「・・・・・・」

花京院(なんだこの店員!どこまでさっきのことを根に持つんだ?いい加減にしろよ!ぼくは客なんだぞ!!)

花京院(ハイエロで絞め殺したいなまったく!)

>>136「すみません、メロンソーダひとつ」

ワールド蹴球マン「あいよ」

花京院「!」

136: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 10:38:57.26 ID:t4zpsSDk0.net
徐倫

143: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 10:45:37.56 ID:/EoubV080.net
徐倫「ホラ」

花京院「・・・・・・いやしかし。それはきみが頼んだメロンソーダだろう」

徐倫「いいから、もらっとけよ」

花京院「・・・・・・」

花京院「ありがとう」

徐倫「フフフ」

花京院(かわいい)

『花京院の中に何かが芽生えた瞬間だった!』




バニーガールDIO「花京院のヤツ遅いな」ポツン

バニーガールDIO「まったく、このDIOを置いていくとはいい度胸だ」

>>146「お、バニーちゃんじゃあねえか!ねえそこのお嬢さん!」

バニーガールDIO「ン?」クルッ

>>146「!?!?!?!?!?」

153: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 10:53:55.12 ID:/EoubV080.net
ダン「でぃ・・・でぃおさま!?!?」

バニーガールDIO「スティーリーダンか」

ダン「え?え?なんでこんなところに・・・?今は日中ですが」

バニーガールDIO「紫外線対策をバッチリしてきたから大丈夫だ」

ダン(ああ、それより何故そんな格好をしているのか気になるが聞くにきけない・・・)

ダン「お、驚きましたが・・・日中にDIO様を見られるなんて幸せです」

バニーガールDIO「わたしは海だからといって貴様と会うなんて不幸せだ」

ダン「あ、これは失礼」

バニーガールDIO「それよりダンよ、花京院を知らないか?」

ダン「花京院?」

バニーガールDIO「ああ、わたしは今花京院を探していてね」

ダン「はあ、花京院なら・・・」

ダン「花京院ならあそこで知らない女の子と>>158してましたよ」

バニーガールDIO「なにぃ!?」

158: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 10:55:45.67 ID:jAGMeQ9P0.net
Fmega

161: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 11:00:34.00 ID:/EoubV080.net
海の家 屋内

ブゥゥゥゥゥゥゥウウウウゥゥゥゥゥンッ
1P win!!

徐倫「決着ゥーーーーッ!!!!!」ババァーーーンッ

花京院「うわきみ強いなあ」

徐倫「フフフ、よく言うわよ」

徐倫「カキョーイン、あんた今手を抜いたわね?」

花京院「いやあ、きみの実力だろう」

ダダダダダダ・・・

花京院「ン?」


バンッ

バニーガールDIO「花京院ンンンンンッ!きさまァァァァッ!!!!」ババァーーーンッ


花京院「DIOっ!」

徐倫(へ、変態だァァァァァァッ!!!!!)ドドドドドド

162: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 11:06:08.85 ID:/EoubV080.net
バニーガールDIO「このDIOを外にほっぽって室内でゲーム遊びとはいい度胸じゃあないか!!」

花京院「う、す、すまないDIO!すっかりきさまのことを忘れていた」

バニーガールDIO「きさま、許さん!!!」

徐倫「カキョーイン、この◯◯◯誰?」

バニーガールDIO「◯◯◯?」

花京院「ああ、彼はDIO。ぼくの元上司さ」

徐倫「こんな上司のいる会社なんて終わってんな」

バニーガールDIO「なにぃ!?この女よくも・・・ッ!」

バニーガールDIO「・・・・・・ン?」

バニーガールDIO「きさま・・・」ドドド

バニーガールDIO「きさまもしや・・・・・・ジョースターの血統か・・・?」ドドドドドド

徐倫「!」

徐倫「あんた・・・・・・あたしを知ってんのか?」ドドドドドド

167: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 11:12:39.32 ID:/EoubV080.net
バニーガールDIO「なるほど、やはりジョースター一族に繋がる者か」ゴゴゴ

花京院「なんだって?ジョースターさんたちの知り合いなのか?」

徐倫「・・・・・・」ゴゴゴゴゴゴ

徐倫「・・・やるのかてめー」ゴゴゴゴゴゴ

バニーガールDIO「ジョースターの血は根絶やしにしなければ・・・」ゴゴゴゴゴゴ

花京院「やめろDIO!相手は女の子だぞ!」

バニーガールDIO「関係ないな」

花京院「ならばこのぼくが相手だ、DIO!!」スッ

徐倫「カキョーイン!」

バニーガールDIO「ほう、向かってくるか花京院・・・」

花京院「しかしDIO、ここは海の家だ」

花京院「外に出て戦おうじゃあないか。そう・・・・・・>>171で決闘だ!!」

171: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 11:13:49.52 ID:vwbDPQw+0.net
ビーチフラッグ

183: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 11:23:04.17 ID:/EoubV080.net
『ビーチフラッグとはッ!ライフセイバーが行う反射神経を鍛えるためのスポーツであるッ!しかしながらッ!浜辺で最もよく行われる遊びのひとつであるッ!』

『進行方向とは後ろ向きに寝そべりッ!ヨーイドンで体を反転させッ!先にある旗を取る競技だッ!』

『旗(フラッグ)を最初に取った者が勝者ッ!』

『花京院たちは今ッ!ようやく海らしいスポーツで戦いを行おうとしていたッ!』



花京院「DIO、先に旗を取るのはぼくだ」

バニーガールDIO「ふん、そんなウェットスーツなどでスムーズに動けるものか。勝つのはこのDIOだ」

花京院「・・・・・・ところでDIO」

バニーガールDIO「なんだ」

花京院「スタンドを使うのはやめないか?きさまとて、こういう勝負にスタンドを使って勝ったとしても楽しくはないだろう」

バニーガールDIO「・・・そうだな」ニヤリ

徐倫(殺し合いでも始まるかと思えば、仲いいじゃあない)

189: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 11:28:54.81 ID:/EoubV080.net
バニーガールDIO「花京院よ・・・このDIOが勝ったあかつきには、徐倫とやらを潰すのを止めてくれるなよ」

徐倫「はァ?」

花京院「いいだろうDIO」

徐倫「オイオイオイオイオイオイオイオイオイオイオイオイ」

徐倫「チョットォ?あんたらの話ぜんぜんついていけねェんだけど」

徐倫「そもそもなんでこのバニーちゃんにあたしが殺られなきゃいけないんだ?」

バニーガールDIO「恨むならきさまの血を恨むことだ」

花京院「しかしDIO、それじゃあぼくが勝った場合は・・・」

花京院「ぼくが>>192するのを止めないでほしい」

バニーガールDIO「よかろう」

徐倫「!?」

徐倫(な・・・なんのための勝負なんだ・・・!?)ドドドドドド

192: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 11:30:00.11 ID:IUt/EGYx0.net
ダンス

193: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 11:33:18.19 ID:/EoubV080.net
花京院「それじゃ徐倫、審判を頼むよ」

徐倫「え、ええいいわ」

バニーガールDIO「確認するが花京院よ、スタンドはナシの勝負だな」

花京院「ああ」

バニーガールDIO「では、スタンドを用いた者はなにかペナルティが必要なんじゃあないか?」

花京院「ペナルティか・・・」

花京院「そうだなでは」

徐倫「>>197なんてどう?」

花京院「それは最悪だな」

バニーガールDIO「よし、それでいくぞ」

197: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 11:34:43.21 ID:YodPXK5B0.net
焼きそばをおごる

203: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 11:41:22.05 ID:/EoubV080.net
ナランチャ「ン?なんか始まるみてぇだぞ」

エルメェス「なんだなんだぁ?徐倫じゃあねえか!!どこ行ってたんだ探してたんだぞ!」

徐倫「あ、ハァイ!エルメェス。ナランチャも」

ナランチャ「あ!DIOじゃあねえか」

花京院(あ、あの娘はさっきの・・・ッ!!)

バニーガールDIO「邪魔をするなよナランチャ」

花京院「き、きさまァ!ぼくが居ない間にもう仲良くなったのか!!」

バニーガールDIO「なんの話だ」

花京院「とぼけるのもいい加減にしろよ!」ギリリッ

花京院(くそ!頭にきたぞ!こうなったらなにがなんでもDIOに勝つ!・・・彼女の前で!!)チラッ

ナランチャ(そういやあ、メロンソーダまだかよ)

徐倫「それじゃあいくわよ」

208: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 11:49:18.04 ID:/EoubV080.net
徐倫「いちについて・・・・・・」

バニーガールDIO「・・・」

花京院「・・・・・・」

花京院(しかし、DIOはこう見えて吸血鬼だ・・・生身のぼくが真っ向から戦って勝てるだろうか)

花京院(いや・・・・・・)

花京院(ひとつだけ方法があるぞ・・・!)チラッ



バニーガールDIO(花京院、このDIOに勝負を挑んで来た時点できさまの負けは決定している)

バニーガールDIO(なにをしようとも無駄無駄無駄ァ!)

花京院「ちょっと待ってくれDIO!」

バニーガールDIO「!」

花京院「きさま、寝転んでいて線が見えていないようだな。足が線からはみ出ているぞ」

バニーガールDIO「細かい男だな」

バニーガールDIO「・・・これで満足か?」

花京院「ウム、まあいいだろう。徐倫、続きを頼む」

213: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 11:55:24.01 ID:/EoubV080.net
徐倫「・・・わかったわ」

徐倫「それじゃあ気を取り直して・・・」

徐倫「いちについて」


バニーガールDIO(まったく、調子が狂う。花京院のヤツ、このDIOの集中を掻き乱すために下らんことで話しかけてきたな)

バニーガールDIO(だが、その手には乗らん)

バニーガールDIO(このDIOが、今までどれだけの人間と戦ってきたと思っているんだ)

バニーガールDIO(たかが人間に負けるはずはない)ザワッ


徐倫「よーい・・・・・・」

花京院「・・・・・・」

バニーガールDIO「・・・・・・」


徐倫「ドン!!」

217: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 12:02:04.61 ID:/EoubV080.net
バニーガールDIO「・・・」ダッ

花京院「!?」ダッ

ドシュルルルルルルルルルルルルルルルッ

花京院「な・・・ッ!?」

エルメェス「なんだあ!ありゃあ!!」

ナランチャ「す、すげえ!DIOの髪の毛がものすごい勢いで伸びやがった!!」

花京院「ひ、卑怯なッ!」ダダダッ

バニーガールDIO「フッ」ダダダッ

バニーガールDIO「スタンドは使っていないぞ花京院。これはあくまで吸血鬼の能力よ」ダダダッ

花京院「チィッ!」ダダダッ

バニーガールDIO「残念だったな花京院ンンンンンッ!」ダダダダダダッ

バニーガールDIO「過程なぞどうでもいい!最終的に勝つことが大事!!」ダダダッ

バニーガールDIO「手段は問題じゃあない!完膚なきまでに!きさまに敗北という名のヘドロを味わわせてやる!!」ダダダッ

218: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 12:07:03.12 ID:/EoubV080.net
ナランチャ「ああ!DIOの髪の毛がフラッグにとどいちまう!!」

エルメェス「早い!恐ろしい早さだ!!」

バニーガールDIO「ククク・・・」

バニーガールDIO「・・・・・・勝つのは!!!」

シュルルルルルルルルルッ

バニーガールDIO「このDIOだァァーーーーーーーーーッ!!」


シュルルルルルルルルルルルルルルルルッ


ガッ


徐倫「フラッグに髪がからみついた!」

220: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 12:10:21.47 ID:/EoubV080.net
バニーガールDIO「残念だったな花京院よ!!!!」

花京院「・・・・・・」

花京院「・・・・・・いいや、DIO」

花京院「まだ終わりじゃあないぞ」ニヤリ

バニーガールDIO「なに!?」


バニーガールDIO「ハッ!」ギクリ


バニーガールDIO(2時間UVカットオイルに漬け込んだわたしの髪が・・・毛先からボロボロと崩れおちているッ!?)

バニーガールDIO(な、なぜだ!なぜこのようなことが・・・!?)

バニーガールDIO(アイスにまで手伝わせたこのDIOの紫外線対策は完璧だったはず!!)


バニーガールDIO「ま・・・」ドドド

バニーガールDIO「まさか・・・・・・」ドドドドドド

花京院「そう、そのまさかだDIO」

223: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 12:15:47.18 ID:/EoubV080.net
バニーガールDIO「こ、この・・・」ドドドドドド

バニーガールDIO「このフラッグに絡み付いている『茨』は・・・」ドドドドドド



バニーガールDIO「ジョセフ・ジョースターッ!!!」


ジョセフ「またまたやらせていただきましたぁン!」ババァーーーンッ



ジョセフ「波紋を練り込んで乗せたハーミットパープルじゃ。これが絡まっていたら、さすがのきさまもフラッグには触れまい」ニヤリ

バニーガールDIO「なぜきさまが妨害を・・・ッ!」

ジョセフ「ハイエロファントグリーンに頼まれてのう」

バニーガールDIO「花京院ッ!!!」

花京院「ぼく自身のスタンドで妨害をしたわけじゃあないぞDIO」

226: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 12:21:06.40 ID:/EoubV080.net
花京院「浜辺でジョースターさんが女の子をナンパしてるのには気づいていたんでね」

花京院「きさまのスキをついて、ハイエロファントグリーンでジョースターさんにお願いしておいたのだ」

バニーガールDIO「卑怯なッ!」

花京院「卑怯?なにを言っているんだDIO、ルールはきちんと守っているぞ」

花京院「きさまが言っていたんだろう」


花京院「手段や過程など問題じゃあない『勝てばいい』のだってね」ニヤリ


バニーガールDIO「花京院ンンンンンンンンンンッ!!!」ドドドドドド



花京院「フラッグはいただいたぞ、DIO!」ババァーーーンッ

徐倫「・・・勝者、花京院!!」

ワァァァァァッ・・・

230: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 12:28:49.39 ID:/EoubV080.net
バニーガールDIO「・・・これで納得いかん」

徐倫「約束は約束だろ」

バニーガールDIO「しかしジョースターたちと馴れ合うのは・・・」

ナランチャ「しつっけえなァーッ!」

エルメェス「ああ、ほら花京院が来るぞ・・・拍手してやれ」

花京院「お待たせしてすみませんみなさん」

ジョセフ「よ!待ってたぞ花京院ー!」パチパチ

バニーガールDIO「・・・」パチ・・・パチ・・・

花京院「オホン、それじゃさっそく」


花京院「ぼくの砂浜>>234ダンスを見ていってくれ」ババァーーーンッ

234: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 12:30:12.34 ID:sEkohqld0.net
レロレロ

243: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 12:36:27.67 ID:/EoubV080.net
花京院「レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロ」

バタバタバタバタバタバタバタバタバタバタバタバタドタドタドタドタドタドタドタドタドタドタドタドタドタドタドタバタバタバタドタドタドタバタバタバタドタドタドタドタドタドタドタドタドタ

ギュルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルラルルルルルルルルルッ!!


ナランチャ「す、すげぇ!」

徐倫「地べたに這いつくばって四肢をバタバタさせているだけだというのにッ!砂を巻き上げるほどの舌使いッ!」

エルメェス「グルグル回転して砂粒が空中でキラキラと軌跡を描いてやがる」

ジョニィ「あれが・・・黄金回転・・・」

ジョセフ「相変わらず気色悪すぎるのォーッ!!」

バニーガールDIO「くそ!・・・>>246!!」

246: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 12:37:55.52 ID:vwbDPQw+0.net
俺も負けてられるか!!!ジョジョー!!!

250: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 12:43:08.49 ID:/EoubV080.net
バニーガールDIO「俺も負けてられるか!!!ジョジョー!!!」バッ

ジョセフ「なんじゃなんじゃ!?」

バニーガールDIO「我がボディよ!今こそダンスパーティで培った技巧をこやつらにみせる時だッ!!」

バニーガールDIO「ウオオオオオオ!このDIOも共に踊るぞ花京院ッ!!!」

花京院「レロレロレロレロレロレロレDIO・・・ロレロレロレロレロレロレロレロ」

花京院「レロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロやれやれ、今度はレロレロレロレロレロレロダンスバトルかレロレロレロレロ・・・」

花京院「だがレロレロレロレロ」

花京院「いいだろうレロレロレロレロ、受けてたとうレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロレロッ!DIOッ!!レロレロレロレロレロレロ」

バニーガールDIO「挑むところよ!」

ワイワイ

ナランチャ「楽しそうだなァーッ!」ワクワク

エルメェス「バカばっかじゃあねえか」


『こうしてッ!花京院たちのバトルは夜中まで続いたのだったッ!!!』

257: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 12:52:02.34 ID:/EoubV080.net
花京院「ハァッハァッ・・・」

バニーガールDIO「ゼェゼェ・・・」

ジョセフ「まだ帰らんのか花京院」

花京院「いや、まだ・・・まだスイカ早食い競争の勝敗がついてませんので・・・」ハァハァ

バニーガールDIO「マヌケが・・・・・・人間ごときがこのDIOにかなうはず・・・ないだろう」ハァハァ

花京院「いいやDIO・・・・・・きさまにだけは負けるわけには・・・」ハァハァ

徐倫「面白いから見てたけど、キリがないわね」

徐倫「エルメェスたち帰っちゃったしあたしも帰ろうかなァー」

ジョセフ「フム、じゃあわしが送ろう」

徐倫「サンキュー!ついでにアイス買って帰ろう。そうしたら海でナンパしてたことは特別にスージーQおばあちゃんに黙ってあげてもいいわよォ」

ジョセフ「ウグッ・・・お、おどさんでくれ徐倫!」

ジョセフ「・・・花京院、DIO。続きはまた今度にするんじゃな」

花京院「そ、そんな・・・ジョースターさんまで帰ってしまっては、公平に戦うための審判がいなくなってしまう」

260: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 12:58:01.30 ID:/EoubV080.net
花京院「・・・・・・しかし・・・わかりましたよ」

バニーガールDIO「なにぃ!?帰るのか花京院」

花京院「ああ、勝負はお預けだな」

バニーガールDIO「逃げる気か」

花京院「そうじゃあないぞDIOッ!失礼なことを言うな」

花京院「ただ、そうだな・・・今日はこれでおしまいにしよう」

バニーガールDIO「ダメだダメだ!認めんぞ花京院ッ!これで終わりには・・・」

花京院「いや・・・」

花京院「また明日だ、DIO」

バニーガールDIO「!」

花京院「また明日・・・明日決着がつかなければまた次の日だ」

花京院「夏休みはまだ長いからな・・・・・・存分に付き合ってもらうぞ、DIO」

バニーガールDIO「・・・・・・」

264: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 13:01:16.99 ID:/EoubV080.net
バニーガールDIO「・・・いいだろう」ニヤリ

バニーガールDIO「逃げるなよ花京院」

花京院「・・・フフフ、もちろんだ」



徐倫「まだやる気かよ。飽きないわねェー」

ジョセフ「青春じゃのー」

『夏の海を大満喫した花京院なのであった!』

265: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 13:05:41.71 ID:/EoubV080.net
ガチャッ

花京院「タダイマー」

花京院母「あら遅かったのね」

花京院「ああ、少し盛り上がってしまって・・・」

花京院母「そうそう、さっき電話があったわよ」

花京院「え?誰からですか?」

花京院母「空条承太郎くんって人からよ」

花京院「承太郎?」

花京院母「ええ、なんでも明日みんなでキャンプに行くからあなたも来ないかって」

花京院「キャンプだって!?」

とぅおるるるるるるるるるるるるんっ

花京院「もしもし承太郎?明日キャンプだって?ぼくも参加するよ」

花京院「・・・・・・え?予定?いや。ないから大丈夫さ!楽しみだなあキャンプ!」

271: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 13:09:56.84 ID:/EoubV080.net
DIOの館

バニーガールDIO「帰ったぞ」

アイス「おかえりなさいませDIO様」

バニーガールDIO「留守の間ご苦労だったな」

アイス「いえ、とんでもございません」

テレンス「それで、どうでしたか?」

バニーガールDIO「ああ・・・そうだな・・・」


バニーガールDIO「・・・たまにはヤツラと遊ぶのも悪くない。といった感じだ」


アイス「DIO様・・・」

テレンス「・・・・・・」

バニーガールDIO「また明日も海に出掛けるぞ」

アイス「はっ、かしこまりました」

テレンス「なるほど、やはり一日じゃあ難しかったんですね」

バニーガールDIO「そうだな、決着は一日じゃあつかなかった」

277: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/04(月) 13:13:13.09 ID:/EoubV080.net
テレンス「いえ、そうではなく・・・」


テレンス「その最初にDIO様がおっしゃっていた『お宝』とやらは見つからなかったということですよね?」



バニーガールDIO「あ・・・・・・」



『花京院に振り回されていただけのDIOだったッ!!』



ジョジョの奇妙な冒険
 スターダストクルセイダース
 ~花京院の夏休み 海水浴編~  【完】