1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:18:29 ID:/M7gvTXk

シーン…

鈴羽「あれ?誰も居ない?……何これリストバンド?」ヒョイ

鈴羽「んー?なになに未来ガシェット試作機?これ未来ガシェットなの?ふーん」クルクル

鈴羽「うーん見た感じはただのリストバンドだけど……」

鈴羽「ひょっとして戦隊モノみたいに変身できるとか?」ゴクリ

鈴羽「…………」



カチリ

鈴羽「へ、変身っ!!」シャキーン!

引用元: 鈴羽「おっはー!岡部倫太郎ー」 



STEINS;GATE コンプリート Blu-ray BOX スタンダードエディション
KADOKAWA メディアファクトリー (2018-04-25)
売り上げランキング: 80
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:21:11 ID:/M7gvTXk

岡部「……何をしているのだバイト戦士よ?」

鈴羽「うひゃわう!!?」ガタタン

鈴羽「い、いきなり入ってこないでよ!!?」

岡部「ここは俺のラボなのだが!?」

鈴羽「み、みた?」

岡部「う、うむ……」

鈴羽「う、うう~出来れば皆には内緒にしててほしいな……」

岡部「安心しろ、お前がそう言うならだれにも話さん」

岡部「しかしお前が仮面ライダーファンだったとは……」

鈴羽「や、やっぱり変かな?」

岡部「いや?男のダルだってプリキュアを見るし問題ないだろう」

鈴羽「橋田至……流石にそれはどうなの……」

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:23:24 ID:/M7gvTXk

岡部「それに俺は男だ女だの色眼鏡で人の好みの良し悪しを決めるような男ではない」

鈴羽「岡部倫太郎……」

岡部「気持ちも分からんでもないしな……っと、これはマッドサイエンティストとしては
   失言だったかな?フゥーハッハッハッハッハ!!」

鈴羽「もう……あ、そうだ!」スッ

岡部「ん?なんだそのリストバンド二つあったのか」

鈴羽「岡部倫太郎もこれ着けて一緒にポーズを取ろう!」

岡部「な、何故俺がそんな事をせねばならんのだ!」

鈴羽「あたしこういう決めポーズを誰かと一緒にやってみたかったんだよね」

岡部「お、俺でなくてもいいだろうが!」

鈴羽「だって他の人に頼むのは恥ずかしいもん!」

岡部「俺はいいのか?」

鈴羽「岡部倫太郎にはもうばれちゃったし……ダメかな?」

岡部「ぐっ……い、一回だけだぞ!」

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:24:29 ID:/M7gvTXk

鈴羽「やったぁ!君ってホントいい奴だよね!!」

岡部「やれやれ、この鳳凰院凶真ともあろう者がヒーローごっこなど……」

鈴羽「いつもやってる事と同じようなもんじゃないの?」

岡部「馬鹿者!あれこそが俺の真の姿なのだ!!」

鈴羽「うーん、よくわからないや」

岡部「ぐぬぬ……いつ助手たちが来るかわからん、さっさと終わらせるぞバイトライダーよ!」

鈴羽「バイトライダーってあたしの事?じゃあ君はマッドライダー?」

岡部「狂気の走り屋か。うむ、悪くないな」カチリ

鈴羽(適当に言ったんだけど結構気に入ったみたいだね)

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:25:37 ID:/M7gvTXk

岡部「フゥーハッハッハッハ!我こそは狂気の走り屋(マァッドライダー)※ネイティブな発音※、仮面ライダー一号!」シャキーン!

鈴羽「えと、ふぅーはっはっは!バイトライダーは仮の姿!悪の支配を正すために未来から来た未来人!仮面ライダー二号!!」シャキーン!

岡部「き、決まった……」ジーン…

鈴羽(何か良く分からないけどあたしより感動してる)

岡部「ふぅ、なかなかいい前口上だったな鈴羽よ」

鈴羽「い、いま名前で……」

岡部「?どうしたバイト戦士よ」

鈴羽(戻った……)ショボン

鈴羽「なんでもないよ。そういえばこのリストバンドって岡部倫太郎の発明?未来ガシェットって書いてあったんだけど」

岡部「何?俺はこんなもの作った覚えはないぞ?」

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:26:46 ID:/M7gvTXk

鈴羽「え?じゃあこれ……」

岡部「ダルか紅莉栖が作ったのか?いやしかし俺は何も……」

鈴羽「う~ん、どちらにしてもとりあえず外した方がいいかもね」

岡部「そうだな、勝手に使ったとなってはいったい何を言われるか……」

鈴羽「……あれ?」グッ

岡部「……どうした?」

鈴羽「は、外れない……」サァー

岡部「何っ!?そんな馬鹿な……」カチャカチャ

岡部「だ、ダメだこっちもビクともせん……」

鈴羽「ど、どうしようこれ……」

岡部「お、落ち着け!きっと解除条件があるはずだ。ラボにメモか何かあるかもしれん、それを探すぞ!」

鈴羽「オーキードーキー!」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:27:51 ID:/M7gvTXk


―――30分後―――




岡部「くっ……パソコンの中まで調べてみたが……」

鈴羽「見つかったのは橋田至の隠し○○画像フォルダだけだったね……」

岡部「ぐぬぬ……万事休すか」

鈴羽「はぁ……手がかりは無しかー」

岡部「仕方ない、休憩がてらに飲み物でも……ぬ、ドクぺの備蓄がそろそろ切れるな」プシッ

鈴羽「あーあたしそろそろバイトの時間だ……いかなきゃ」スクッ

岡部「そうか、まぁ仕方あるまい。俺の方でリストバンドについては何とか調べておこう」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:29:09 ID:/M7gvTXk

鈴羽「ごめんね、任せっきりで……」

岡部「気にするな。これもシュタインズ・ゲートの選択だ」

鈴羽「あはは、君って良い奴だよね」

岡部「ええい、いいから早く行け!遅刻しても知らんぞ!」プイッ

鈴羽(顔赤くなってる、本当に素直じゃないなぁ……)

鈴羽「ありがとう、それじゃあお言葉に甘えて行ってくるね」ガチャ




鈴羽「って痛っ!!?」ビクッ

岡部「ぐああああああああ!!?」ビリビリ

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:30:20 ID:/M7gvTXk

鈴羽「ちょ、岡部倫太郎大丈夫!!?」ガチャ

岡部「ななななんだ急に電流が流れたように痛みが……」ビリビリ

鈴羽「う、う~んどうもこのガシェット同士が一定距離離れると電流が流れるみたいだね……」

岡部「な、何でお前はそんな平然としているのだ……」

鈴羽「慣れてるから?」

岡部「普通は慣れんぞ……しかし、これでは俺たちは常に二人一組で動かなければならないという事ではないか?」

鈴羽「そ、そうなるね……」

岡部「くっ!もしもし俺だ!どうやら『機関』の罠に嵌められたらしい!至急危険物処理班の出動を要請する!!」

鈴羽「う~ん……まいったな、あたし今日バイトあるのに……」

岡部「致し方あるまい、こうなってしまった以上恥を忍んで助手かダルに連絡を……」カパッ


おかけになった電話は、電波が届かない所か、通話が―――


岡部「助手もダルも出ない……だと?」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:31:23 ID:/M7gvTXk

鈴羽「ええ!?ど、どうしよう……」

岡部「……はぁ、仕方ないな。行くぞ鈴羽」

鈴羽「え?」

岡部「一応出来るだけ邪魔はしないようにする。俺が一緒に居なければ仕事に支障が出るだろう?」

鈴羽「つ、着いてきてくれるの?」

岡部「ああ、今日はラボには誰も来てないようだしな」

鈴羽「……なんか、ごめんね。あたしの所為で」

岡部「気に病むなバイト戦士。なに、助手かダルに連絡を取るまでの辛抱だ」

鈴羽「……君って本当にいい奴だね」

岡部「……お前はラボメンだ。困ったときはお互い様だろう」

鈴羽「……ありがとう」


鈴羽(本当に……良い奴過ぎて困るくらいだよ……)

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:32:11 ID:/M7gvTXk

―――――ブラウン管工房



岡部「お前のバイト先ってブラウン管工房だったのか……」

鈴羽「そうだよ?」

天王寺「なんで岡部まで来てんだ?ついに家賃を払う気になったか?」

岡部「あーこれはですねミスターブラウン、深い訳が……」

鈴羽「現金で返せないからここで働いて少しでも返すってさ」

岡部「お、おい!?」

天王寺「ほう?お前にしては随分とまっとうな考えじゃねえか」

鈴羽(働いてた方が一緒に居ても不自然に見えないでしょ?)ヒソヒソ

岡部(た、確かにそうだな……)ヒソヒソ

岡部「ところでミスターブラウン?しあつ……萌郁は?」

天王寺「あん?ああ、あいつはなんだか用事があるらしくてな。今日は休みを取っている。
     だから臨時バイトをそいつに頼んだんだ」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:33:50 ID:/M7gvTXk

岡部「しかし一日位ならミスターブラウン一人でもなんとかなるのでは?」

岡部(というかそもそもこのブラウン管工房に人手が足りないなんてあり得んだろう)

天王寺「生憎今日は丁度綯の授業参観があってよぉ……午前中はどうしても店を開けなくちゃなんなくてな」

岡部「なるほどそれで……」

天王寺「つーわけだ、バイト、岡部。店番をよろしく頼む」

岡部「うむ、承知した」

鈴羽「オーキードーキー。任せてよ店長!」





岡部「……本当に客が来ないな」

鈴羽「まぁ、ブラウン管の修理位しか需要ないからね……」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:34:52 ID:/M7gvTXk

岡部「新規でブラウン管など余程の物好きでなければ買わんしな」

まゆり「あれー?オカリンこんな所で何してるのー?」

岡部「む、まゆりか。これには深い事情があってだな……」

鈴羽「あははこれのせいで離れられなくなっちゃってさ」フリフリ

まゆり「んーリストバンド?わぁ!オカリンと鈴さんおそろいだねぇ」ニコニコ

岡部「違う違う!これは未来ガシェット(仮)だ!」

鈴羽「(仮)って……めんどくさい表現するね……」

岡部「これのせいで一定距離を離れると地獄のような拷問を強いられることに……」

鈴羽「電流が流れるだけなんだけどね」

まゆり「良く分からないけれどそのガシェットさん(仮)のせいで離れられないって事?」

岡部「うむ」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:36:26 ID:/M7gvTXk

まゆり「そっかーねぇねぇ鈴さん?」

鈴羽「何だい?椎名まゆり」

まゆり「オカリンは鈍感さんだからこの機会にちゃんとアピールしなきゃダメだよ?」ヒソヒソ

鈴羽「ふ、ふぇ!?」ボンッ

まゆり「えへへーそれじゃあまゆしぃはそろそろ行くねー」

岡部「何だ、ラボによっていかないのか?」

まゆり「今日はメイクイーンでイベントがあるからちょっと早めにいかなきゃいけないのです」

岡部(成程、どおりでダルが携帯に出ない訳だ)

まゆり「ルカ君も今日は来れないみたいだから、オカリンも鈴さんもバイト頑張ってねー?ばいばーい」フリフリ

岡部「ああ、まゆりも気を付けてなー」

鈴羽「じゃ、じゃあねー」

岡部「?どうしたバイト戦士よ、顔が赤いようだが……」

鈴羽「な、なんでもないよ!」

岡部「?」

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:37:41 ID:/M7gvTXk

鈴羽(もう!椎名まゆりが変な事言うから岡部倫太郎の顔が見れないよ!!)ブンブン

岡部(急に首を振り始めたぞ……首筋でもこってるのだろうか……)






――――12時半過ぎ。



岡部「結局誰も来なかったな」

鈴羽「まぁ大体予想通りだけどね……」

天王寺「おうお前ら、真面目に店番やってたか?」

岡部「帰ってくるなりご挨拶だなミスターブラウンよ、朝から二時間ここから微動だにすらしなかったぞ」

鈴羽「お客さん一人も来なかったよ」

天王寺「まぁ分かってはいたんだがな」

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:38:32 ID:/M7gvTXk

岡部「このご時世ブラウン管なんぞ旧時代の遺物では集客は望めんだろう……」

天王寺「家賃千円アップだな」

岡部「ブラウン管の素晴らしさをもっと世間は理解すべきだろう、フゥーハッハッハ!」

鈴羽「君って本当にヘタレだよね……」

綯「あっ、鈴羽お姉ちゃんとオカリンおじさんこんにちはー」

岡部「何故俺だけおじさんなのだ!!」

鈴羽「だって岡部倫太郎老けてるじゃん」

岡部「ぐぬぬ……シスターブラウン!俺は決しておじさんなどでは……」

綯「ふぇ……ご、ごめんなさい……」

天王寺「岡部、家賃三千円アップな」

岡部「ちょ!?流石にそれは洒落にならん!!」

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:40:50 ID:/M7gvTXk

鈴羽「泣かせたらダメだよ岡部倫太郎、綯はまだ小学生なんだしさ」

岡部「ぐぬぬ……驚かせたのはすまなかった。しす……綯よ」

綯「ふぇ?(初めて名前で呼ばれた?)」ピクッ

岡部「だがその……一応俺は鈴羽と年齢は一緒なのでな……おじさんだと流石にちょっと傷つくのだ。
   最悪呼び捨てでも構わんからおじさん呼びだけは勘弁してくれないか?」

綯「う、うん……ごめんなさいオカリン……お兄さん?」

岡部「うむ、それでいい。さっきはすまなかったな」ナデナデ

綯「(撫でられた!!)えへへ……オカリンお兄さんも私の事名前で呼んでくれませんか?」

岡部「それもそうだな……了解した、これからもよろしく頼むぞ綯よ」

綯「うん!///」

鈴羽(まさか小学生まで……)

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:41:39 ID:/M7gvTXk

天王寺「岡部」

岡部「どうしましたミスターブラウン?」

天王寺「何綯と仲良くなってんだ家賃一万円アップだ」

岡部「それは流石に横暴だろう!!?」





―――




鈴羽「ふー取りあえず山場は越えたね、安心したらお腹すいてきちゃった」

岡部「昼飯がてらにメイクイーンに向かってみるか、ダルなら間違いなくそこに居るだろう」

鈴羽「オーキードーキー」

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:42:47 ID:/M7gvTXk

―――メイクイーン



フェイリス「お帰りなさいませ―――あっ、凶真ぁ!」ヒシッ

岡部「入店と同時に抱き付いて来るな!!」

フェイリス「んニャー、凶真は恥ずかしがり屋なんだニャン☆」

鈴羽(なんか見てるともやもやする……)

岡部「フェイリス、ダルは居るか?」

フェイリス「ダルニャン?ダルニャンなら……」

橋田「フェイリスたんから愛あるハグだと?オカリンマジ爆発すべきだお!」

岡部「おおダル、やはりここか。お前に聞きたいことがあるんだが」

橋田「お?ついに僕のおすすめ○○○オブザイヤーを聞く気になった?」

岡部「そんなもの今後永久に聞かんから安心しろ、俺が聞きたいのはこいつの事だ」スッ

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:43:42 ID:/M7gvTXk

橋田「リストバンド?オカリンにしては随分シンプルなデザインだお」

鈴羽「あたしもつけてるよ」スッ

フェイリス「ニャニャ?凶真と鈴ニャンお揃いなのニャン!」

橋田「え?何?メイクイーンにまで赴いて僕にペアルック自慢?リア充爆発しろ!!」

岡部「違う!こいつはどうも未来ガシェット(仮)のようでな、外せなくて困っていたのだ」

橋田「(仮)ってまた面倒な言い方するお……」

鈴羽「橋田至は何か知らない?」

橋田「う~ん……ゴメン、少なくとも僕は作った記憶がないお。
   開発室は最近牧瀬氏が占領してたし……」

岡部「という事は助手の発明で間違いなさそうだな」

鈴羽「う~んまいったなー……牧瀬紅莉栖が居そうな所なんて見当もつかないや……」

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:44:36 ID:/M7gvTXk

橋田「?それそこまで邪魔になるようにも見えないけれど……」

岡部「一定距離離れると電流が流れる仕組みらしくてな……」

鈴羽「だからこうやって午前中からずっと一緒に居るんだよね」

橋田「は?阿万音氏とくっつく事を強いられるとかむしろご褒美じゃないですか!!」

岡部「お前は本当に見境のないHENTAIだな……」

フェイリス「流石ダルニャン……」

橋田「まぁオカリンと常に一緒に居る事を強いられている阿万音氏には地獄かもね」

岡部「ぐぬぬ……言い返せん」

鈴羽「そう?あたしは結構楽しいけどな」

岡部「そ、そうか?」

橋田(あれ?思いのほか好感触?)

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:45:43 ID:/M7gvTXk

鈴羽「岡部倫太郎こそ嫌じゃない?」

岡部「そんな事は無いぞ、バイト戦士の女らしい一面を見れたりするからな。これが中々楽しい」

鈴羽「ちょっ、恥ずかしくなってきた……」カァー…

フェイリス(鈴ニャンの赤面とか初めて見たニャン……)

橋田(どう見てもカップルです本当にありがとうございました)

鈴羽「そ、それよりさ!お腹すいたし何か食べようよ!」

橋田(強引に話題を変えたお)

フェイリス(鈴ニャン分かりやすいニャン)

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:46:39 ID:/M7gvTXk

―――食後



鈴羽「ご、ごめんね岡部倫太郎……奢ってもらっちゃって」

岡部「構わん。気まぐれだ」

橋田「オカリンが奢るとか明日嵐でも来るんじゃね?」

岡部「ダルよ、さっきのオムライス代を請求してほしいのか?」

橋田「冗談だお。そういえばこれから牧瀬氏を探すみたいだけど当てとかあるん?」

岡部「うーむ如何せん携帯に出ないからな……助手が行きそうな所がラボ以外だと思いつかん……」

鈴羽「牧瀬紅莉栖のホテルは?」

岡部「実は詳しい場所を知らなくてな……」

橋田「それじゃあ八方ふさがりだお……」

24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:47:48 ID:/M7gvTXk

鈴羽「一旦ラボに戻る?もしかしたら入れ違いで牧瀬紅莉栖が来てるかもよ?」

岡部「そうだな、下手に動き回るよりはいいかもしれん」

橋田「んじゃ、一旦ラボに戻るって事でFA?」

岡部「うむ、だがその前にドクペを補充したいのだが……」

橋田「んじゃ近くのスーパー寄ってく?」

鈴羽「あたしは別にいいよ!もう少しこのままでもいいし……」ボソッ

岡部「何か言ったか?バイト戦士よ」

鈴羽「何でもなーい」

橋田(僕には丸聞こえだお……)

25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:49:45 ID:/M7gvTXk

―買い物終了後―


岡部「やはり狂気のマッドサイエンティストが嗜むのはこの知的飲料でなくてはな」プシッ

鈴羽「それっておいしいの?」

岡部「気になるのか?」

橋田「興味本位で手を出すと後悔する味だお」

岡部「おのれフェイバリットライトアーム、我が知的飲料を愚弄するか!」

橋田「僕は一般論を言ったまでだお」

鈴羽「でもそこまで言われると気になるなー、ちょっと貰うね」ヒョイ

岡部「あっ!こらそれは俺が……」

鈴羽「んー、んー……」

橋田「わお、阿万音氏良い飲みっぷりですなー」

26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:50:39 ID:/M7gvTXk

鈴羽「……なんていうか、薬っぽい味だね」

橋田「だお?だからあんまり人気ないんだお」

岡部「ぐぬぬ……お前ら……」

鈴羽「でもこれ嫌いじゃないかも……」

橋田「mjd!?」

岡部「なんだと?」

鈴羽「うん、なんだろう?美味しいとは思わないんだけど……何か飲みたくなるというか……」ゴクゴク

橋田「まさか牧瀬氏以外にオカリンと同じ味覚を持ってる人がラボに居るとは……」

岡部「フゥーハッハッハ!流石はバイト戦士!いや、阿万音鈴羽だな!!」

鈴羽「あっ、全部飲んじゃった……」カラッ

岡部「なぁに気にするな、今の俺は大変機嫌がいい……クックック」

橋田「うわぁ……オカリンが久しぶりに気持ち悪い件について」

27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:52:09 ID:/M7gvTXk

岡部「鈴羽とはぜひラボで夜が明けるまでドクぺについて語り合いたいな……」

鈴羽「語るも何もあたしはさっき初めて飲んだばかりなんだけど……」

岡部「ふっ……ならば朝まで俺がドクぺの魅力をしっかりと身体に教えてやろう……」

鈴羽「か、身体に……」

橋田「わーおオカリン大胆発言」

岡部「そこだけ繰り返すな!そういう意味ではない!!」

鈴羽「あっ、話してたらラボについたね」

岡部「ふむ……部屋に電気はついてないようだな」

橋田「う~ん、また入れ違いかお?」

岡部「とりあえず一旦上がるぞ、結構歩いたからな……正直疲れた」

鈴羽「えー、岡部倫太郎だらしないなー」

岡部「お前のその元気はどこから出ているのだ……」

28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:53:18 ID:/M7gvTXk

――ラボ



岡部「よし、これでしばらくはドクぺの心配をしなくて済みそうだ」

鈴羽「橋田至帰っちゃったねー」

岡部「まったく、ダルはマイフェイバリットライトアームとしての自覚が足りん」

鈴羽「……ごめんね」

岡部「ん?急にどうしたんだバイト戦士よ」

鈴羽「元はと言えば、あたしが勝手にガシェットいじったから……こんな事に岡部倫太郎付きあわせちゃって……」

岡部「気にするな、これもまたシュタインズゲートの選択だ」

鈴羽「でも……」

岡部「ええい!バイト戦士よ、さっきも言ったが俺は俺で楽しんでいる!お前が気に病む事は無いのだ!!」

鈴羽「岡部倫太郎はあたしと一緒に居て楽しいの?」

29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:54:25 ID:/M7gvTXk

岡部「な、なんだ藪から棒に」

鈴羽「どうなの?」

岡部「……う、うむ。それはだな……」

鈴羽「あたしは楽しいよ。君と居ると退屈しない」

岡部「鈴羽……」

鈴羽「……岡部倫太郎」



鈴羽「……あたしは、君の事が」



ガチャ


岡部「!?」

鈴羽「あ、あれ?」

30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:55:22 ID:/M7gvTXk

岡部「は、外れた!外れたぞ!!」ブンブン

鈴羽「え?でもなんで……」

岡部「ふ、フゥーハッハッハ!
   何だか良く分からんが助手の発明もこの鳳凰院凶真の前には無力なのだ!!」

鈴羽(タイミング悪すぎ……)

岡部「ところで鈴羽よ、さっきは何を言おうとしてたのだ?」

鈴羽「え……え!?いやそれは……その……」





紅莉栖「―――居た!岡部!!」バターン!!

岡部「うぉあ!?く、クリスティーナ!!?」

31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:56:10 ID:/M7gvTXk

鈴羽「牧瀬紅莉栖!?」

紅莉栖「なんで阿万音さんまで?……まぁいいわ、岡部!アンタこの辺りに置いてたリストバンド持っていかなかった!?」

岡部「あ?ああ……それならここに……」

紅莉栖「あ……良かったー!やっぱり岡部が持ってたのね!」

岡部「やはり助手の発明か……一体なんだったのだこれは」

紅莉栖「ん?これはね未来ガシェット試作型『だーりんのばかぁ!』よ」

鈴羽「なにそのふざけた名前……」

紅莉栖「これは装着者同士の親愛値を脈拍や血圧その他もろもろから算出して、
    互いの値が一定値以上にならないと外れない……言うなれば喧嘩仲裁用ガシェットなのよ」

鈴羽「へーっ、てことは」

岡部「うむ、どうやら俺達はようやくその親愛値を上回ったという事か」

紅莉栖「…………は?」

32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:57:40 ID:/M7gvTXk

岡部「うむ……いや実はな。朝方鈴羽と俺が着けてしまってな……」

鈴羽「一日中ずっと一緒にいたんだよねー」

紅莉栖「」

岡部「その……なんだ、助手よ。勝手に使ってしまってすまなかった……」

鈴羽「ごめんね牧瀬紅莉栖。まさか外れなくなるとは思わなくて……」

岡部「しかし外れるのに丸一日掛かるとは……」

鈴羽「そういえばその装置って親愛値?がどの位で解除される設定になってるの?」

紅莉栖「え?いやそれは……」

岡部「なんだ助手、もったいぶらずに教えてくれてもよかろう」


紅莉栖(言えるわけないだろ!相思相愛レベルとか!!)

紅莉栖(元々私と岡部でつけようと思って作ったのに!)

33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 01:58:48 ID:/M7gvTXk


紅莉栖「えーと……き」

岡部「き?」




紅莉栖「き、企業秘密よ!」




岡部「何を訳分からんことを言っとるのだ助手!」

紅莉栖「う、うるさい!勝手に使った岡部が悪いのよ!!」

岡部「そんなに隠されたら気になるではないか!!」

鈴羽「あはは……」

34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/05/13(土) 02:06:03 ID:/M7gvTXk
ちょっと短いですがこれでおしまいです!
今年はもう鈴羽生誕の年なんですね……