1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/03(木) 16:19:37.07 ID:hEBv0nN60
遊矢「父さん!?」

遊勝「スマイルワールドを発動させるんだ遊矢!」

遊矢「よし…スマイルワールドを発動!」

「うわああああああああああああああ」

柚子「こ、これは」

「^_^」

遊矢「父さんこれは一体」

遊勝「スマイルワールドだ」

遊矢「そうか…スマイルワールドなんだ」

権現坂「さすがだぞ遊矢!」

柚子「何だか意味はわからないけどスマイルワールドなのね!」

ユーゴ「スマイルワールドだとさ…どうかしてるぜ遊矢の奴」

ユーリ「勝てば何だって良いんじゃない?」

ユート「…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1525331976

引用元: 遊矢「このままじゃ負けてしまう…」 遊勝「スマイルワールドだ!」 



遊戯王OCG デュエルモンスターズ CYBERNETIC HORIZON BOX
コナミデジタルエンタテインメント (2018-04-14)
売り上げランキング: 287
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/03(木) 16:28:55.47 ID:hEBv0nN60
ユート「遊矢」

遊矢「どうしたユート」

ユート「あれはデュエルじゃない」

遊矢「立派なデュエルだよ」

ユート「違う」

遊勝「どうした」

遊矢「ユートがうるさいんだ」

遊勝「スマイルワールドだな」

遊矢「スマイルワールド」

ユート「^_^」

遊矢「そんなガミガミ言うなよ。俺達一心同体だろ」

ユーゴ「おいいい加減に」

ユーリ「待ちなよ。逆らっても同じ目に合うだけさ」

遊矢「これがスマイルワールドなんだよ」

ユーリ「そうだね。それがスマイルワールドなんだよ」

遊矢「ユーリ!」

ユーリ「君が…いや君達が正しいよ」

遊矢「ああ!」

ユーゴ「てめえ遊矢!いい加減に」

遊矢「スマイルワールド」

ユーゴ「^_^」

遊矢「実体のない2人にも効果があるなんて」

遊勝「スマイルワールドだからな」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/03(木) 16:42:37.06 ID:hEBv0nN60
ユーゴ「もう我慢できねえ!どうにかならねえのか!?」

ユート「無駄だろうな」

ユーリ「ユートの言う通りだね」

ユート「実態の無い俺達には何をやっても無駄だ。後は消えて行くまで」

ユーゴ「消えるだと?諦めるなよ!必ず元の身体に」

ユーリ「無理でしょ」

ユーゴ「無理じゃねえだろ!」

ユーリ「感じないかい?柚子の中に居るセレナ達が消えたのを」

ユーゴ「なわけねえ!」

ユート「ユーリの言う通りだ。瑠璃も居ない…それに」

ユーゴ「言うな!それ以上言うんじゃねえ!」

ユート「俺達は消える」

ユーゴ「クソ…」

ユーリ「だから今を精一杯生きる事が必要なんだ」

ユーゴ「このまま何も成し遂げられないまま俺達は死ぬっていうのか」

ユーリ「もう死んでるけどね」

ユーゴ「俺らの人生なんだったんだよ」

ユーリ「人生も何も僕は元々1人ぼっちだったし」

ユート「残りの人生を」

ユーゴ「残りの人生…何も残ってねえだろ」

ユーリ「そうだね。消えて行くだけだよね」

ユーゴ「馬鹿野郎…」

ユート「…」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/03(木) 16:52:01.41 ID:hEBv0nN60
赤馬「えー本日のランサーズ定例会は」

遊矢「零児」

赤馬「はい遊矢」

遊矢「俺達は世界を救った。けど戦争の爪痕は残っている」

沢渡「どうせなら赤馬の親父を檻にぶち込んじまうか」

権現坂「…」

沢渡「なんちゃって…」

遊矢「だから俺はスマイルワールドを四つの次元で満たしたいと思ってる」

赤馬「何を言っているのかわからないが」

遊矢「全次元笑顔化計画を進めたい。それには零児の力が必要なんだ」

赤馬「つまり君が笑顔でデュエルを管理するというわけか?スマイルワールドの申し子である君が」

遊矢「うん」

沢渡「俺は嫌だぞ!」

権現坂「馬鹿者!お前は遊矢とのデュエルを通して何も学ばなかったのか!?」

沢渡「いやいやあいつの言ってる事ってつまり赤馬の親父と同じ侵略行為だぞ?」

権現坂「違う!」

沢渡「何とか言ってくれよ月影、黒咲」

黒咲「…」

月影「…」

沢渡「無視かよ」

遊矢「それが償いじゃないか?」

赤馬「償い…そうだな。父親の責任は子である私にもある」

遊矢「じゃあ決まりだ!早速父さんに報告するよ」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/03(木) 17:04:34.37 ID:hEBv0nN60
月影「…黒咲」

黒咲「…」

月影「御主の妹の件だが」

黒咲「言うな」

月影「…」

黒咲「それぐらい俺にもわかる」

月影「だがな柚子を攻めてはならぬぞ。あの娘に何の責も無い」

黒咲「…」

沢渡「こうなったらランサーズを真っ二つに割ってでも止めるしかねえぞ?聞いてるのか」

黒咲「その必要はない」

沢渡「必要ねえ?お前あれだぞ?遊矢の中にはお前の仲間も居るんだろ」

黒咲「それもいつまで続かんだろ」

月影「妙な考えはやめた方が身の為だ」

黒咲「俺が行動を起こした時、貴様はどっちに行く」

月影「…」

黒咲「赤馬だろうな」

沢渡「遊矢が変な行動したらお前の仲間も同罪だぞ?仲間だったらお前」

黒咲「仲間か」

沢渡「そうだぞ。仲間なんだよ」

黒咲「俺もお前のように単純なら人生も楽しかっただろうな」

沢渡「あいつ俺をバカにしたよな?絶対にしたよな」

黒咲「結局俺達は何も救えなかった…安心しろ。バカな真似はしない」

月影「…」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/03(木) 17:26:20.63 ID:hEBv0nN60
遊矢「どうしたんだ黒咲?」

黒咲「ユートは居るな」

遊矢「居るけど…話せないぞ」

黒咲「だったらお前の意識を飛ばすか」

遊矢「は?」

ゴスッ

遊矢「うっ…」

黒咲「ユート」

遊矢「こ、こんな方法があるなんて」

黒咲「だろうな。俺も適当にやって見た」

遊矢「久しぶりだな隼」

黒咲「いつまで持つ」

遊矢「近い内に俺もみんなも消えるだろう。これが隼と会話する最後の機会かもしれない」

黒咲「…次元戦争の中心には常に遊矢の親父が居た」

遊矢「いきなり何を言い出すんだ」

黒咲「赤馬零王が前の世界の生き残り…そんな男と友人である榊遊勝」

遊矢「…」

黒咲「奴はどうにもきな臭い。まるで全てを見越し知り尽くしている…俺達は奴の手の中で踊らされている気がしてならん」

遊矢「ただの中年…では無さそうだな」

黒咲「当然の様にこの世界に生きる連中の大半の記録など出鱈目だ」

遊矢「おかしな行動だけはやめるんだぞ隼」

黒咲「俺がお前を救ってやる」

遊矢「救う?待ってくれ隼!」

黒咲「…」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/03(木) 17:42:26.79 ID:hEBv0nN60
翌日

黒咲「…」

遊矢「冗談だろ?」

黒咲「元凶はお前の親父だ」

権現坂「やめんか黒咲!」

黒咲「少しは考えてみろ。奴は何だ?あのスマイルワールドの効果は…それにお前だ遊矢」

遊矢「俺?」

黒咲「あれから1年…お前は少しずつ変わっている」

遊矢「そんな事無いぞ」

黒咲「なら聞くがどうして赤馬零王と奴は繋がっている」

遊矢「友達だからだろ」

黒咲「あの愚か者が友人を作る奴か?そうだろ赤馬」

赤馬「…ああ」

黒咲「あれは己の野暮の為に大勢を犠牲にし生き続けている」

遊矢「何とか言ってくれよ零児!」

赤馬「父にとって他者との繋がりは利用するかされるか…そもそも遊勝さんと何時何処で友人関係を結んだかも私は知らない」

遊矢「お前…」

赤馬「次元移動の件は私にも責任がある。だが事実を何故対戦相手だったストロング石島に黙っていたのか」

遊矢「あの当時は言ったとしても信用してくれないから…そうだよな零児!?」

黒咲「縦しんばそうだとしても報告はする。それによりお前が苦労する事もまともな奴なら考えもするだろ。況してや父親なら」

遊矢「言いがかりだ!父さんがエクシーズ次元を救えなかった事で根に持ってるだけだろ!」

黒咲「奴は知っていた。お前の進むべき道をペンデュラムの覚醒を次元戦争に巻き込まれる事も…全てはスマイルワールドによる絶対的な力で四つの次元を支配する為の序章だ」

遊矢「適当な事を言うな…権現坂!」

権現坂「どうやらお前は何も変わらなかったようだな」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/03(木) 18:03:35.69 ID:hEBv0nN60
ユーゴ「見ろよお前の仲間が喧嘩売ってるぜ」

ユーリ「これは大変な事だと思うよ」

ユート「何をする気なんだ隼…俺を救うとは一体」

ユーリ「友達選びは考えなきゃね」

ユート「…遊矢!」

ユーリ「聞こえちゃいないでしょ」

黒咲「…」

遊矢「…」

権現坂「…」

赤馬「ランサーズ内での争いは御法度だ」

ユーリ「しかし君の友達はまるでキチガイだね」

ユート「まだキチガイ的な行動はしていないだろ」

ユーリ「いいやキチガイな行動するよ。だって過激なんだよね」

ユート「過激だが…キチガイでは」

ユーリ「あれはキチガイの目だよ」

ユート「キチガイなのはお前の方だ」

ユーリ「はいはい」

ユーゴ「こうなりゃキチガイでも何でもいいぜ!俺らの人生無茶苦茶した奴にギャフンと言わせてやろうぜ黒咲!」

遊矢「このキチガイが」

黒咲「それはお前の親父だろ」

遊矢「この…」

黒咲「俺は俺だ。俺の考えで行動する!誰にも縛られる事は決して無い!」

ユート「嫌な予感がする…止めてくれ遊矢!あの隼の目は本気で君達と事を構えるつもりだぞ!」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/03(木) 18:24:03.87 ID:hEBv0nN60
黒咲「…」

遊矢「デュエルしろよ。ほら来いよ!」

デニス「何だか知らないけど僕は黒咲に着くよ」

遊矢「デニス!」

デニス「最近の君は変だ。大義は黒咲にある」

権現坂「お前まで…!」

デニス「さあ黒咲!共に戦おう」

黒咲「もう遅い」

デニス「遅いって何が?相手が2人なら」

黒咲「いいやアルティメット・ファルコンの攻撃が遊矢を殲滅させる」

遊矢「何て事を…人殺し!お前はプロフェッサーより酷い奴だ!」

黒咲「そして再び元に戻る。こいつは俺の賭けだ…俺を止める事は不可能だぞ」

赤馬「元に戻らないぞ。間違いなく」

黒咲「お互い1度死に己らの所業を反省しろ」

遊矢「させるか!」

黒咲「上空からのアルティメット・ファルコンの攻撃を防ぐ事など不可能!1度[ピーーー]!そして生き返りやり直せ!」

ユーリ「ほら」

ユート「1度言い出したら止まらないからな…」

ユーゴ「ま、待てよ…これじゃ俺らも死ぬんじゃねえか!?」

ユーリ「だから死んでるんだよ」

黒咲「じゃあな遊矢…そして生き返った時に自分が何なのかを考えろ。1人の榊遊矢としてな」

遊矢「くっ…」

黒咲「これがお前への制裁!ファイナル・グロリアス・ブライト!!!」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/03(木) 18:32:46.76 ID:hEBv0nN60
ファンファンファンファンファンファン

ガチャッ

黒咲「…」

赤馬「仲間のよしみだ。腕利きの弁護士を」

黒咲「必要無い」

遊勝「やってくれたな」

黒咲「生き返った遊矢はお前の操り人形じゃないぞ」

遊勝「そうだな。生き返った時に」

黒咲「…」

権現坂「この人後しめ!」

黒咲「フン」

赤馬「未成年だ。手錠など必要無い筈だが」

「この凄惨な現場を見てください。これが未成年の所業ですか!?」

「あの男は立派な犯罪者です」

赤馬「…」

ピーポーピーポー

デニス「ううっ…足が」

沢渡「安心しろよ。折れてるだけだからよ」

権現坂「俺はお前を許さん!」

黒咲「ほざいてろ」

権現坂「ぐぬぬ…」

赤馬「連れて行ってくれ」

「さあ来い!」

黒咲「…」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/03(木) 19:22:22.72 ID:hEBv0nN60
数日後

黒咲「何か言いたげな顔だな」

柚子「当たり前でしょ!この犯罪者!」

黒咲「…」

柚子「遊矢を[ピーーー]なんて…」

黒咲「殺しはしない。生き返る」

柚子「狂ってる…」

黒咲「次はお前だ。瑠璃やセレナ達を引き摺り出す」

柚子「あ、あのね…その事なんだけど」

黒咲「既に居ない事ぐらい把握している。伊達に14年も瑠璃の兄をやっちゃいない」

柚子「…」

黒咲「だが可能性はある。本人の気持ち次第だがな」

柚子「気持ち?」

黒咲「お前が遊矢を想う気持ち…瑠璃もユートを愛していた」

柚子「…」

黒咲「リンとかいう奴はユーゴの幼馴染なんだろ?セレナとあれは知らんが」

柚子「それが何なの?もう居ない3人が」

黒咲「語りかけろ。それが突破口だ」

柚子「…それと赤馬零児がね」

黒咲「必要無いと言っておけ」

柚子「じゃ私は」

黒咲「…」

柚子「…」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/03(木) 19:36:13.20 ID:hEBv0nN60
デニス「しかし骨折だなんて」

沢渡「ラッキーじゃねえか?なあ?」

デニス「いやいやラッキーじゃないよ。何もできないじゃないか!」

権現坂「…」

沢渡「もう退院してるしよ」

デニス「だからって」

権現坂「くっ…遊矢よ。何故死んでしまったんだ」

沢渡「殺されちまったから」

権現坂「沢渡!」

柚子「…」

沢渡「ゆ、柚子だ」

柚子「みんな気がついたら居なくなっていた。けど語りかけて何があるって言うのよ」

赤馬「3時間事件現場に立ちっぱなしだ」

沢渡「じゃあお前も3時間見てたのか」

赤馬「2時間50分は中島だ」

沢渡「10分だけかよ」

赤馬「色々と多忙でな。今回の件でランサーズ解散の声が上がっている」

柚子「もし生き返らせる事ができるなら私達だって…セレナ達にも人生がある」

権現坂「解散…」

赤馬「むっ!見ろ」

沢渡「ゆ、柚子の頭から紐が出てきたぞ!…何だありゃ!?」

赤馬「わからない。しかし黙って見守るしか無いようだ」

権現坂「柚子…」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/03(木) 19:54:01.29 ID:hEBv0nN60
ユーゴ「少しは反省できたか!」

遊矢「俺だって色々と考えて居るんだよ!」

ユーリ「これじゃ成仏できないよね」

ユート「見ろ。上から何か伸びてくるぞ」

遊矢「紐?4本あるぞ」

ユート「蜘蛛の糸だ」

ユーリ「まるで芥川龍之介だね」

ユーゴ「誰だそいつ…」

遊矢「捕まろう。そして帰るんだ!」

ユート「この感じ…この紐から瑠璃を感じる」

ユーゴ「ああ!俺の方はリンだぜ」

ユーリ「気でも狂ってるのかな?ただの紐でしょ」

遊矢「いいや!柚子だ!」

ユーリ「狂ってるね」

ユート「上るんだ!」

遊矢「俺は何てバカな事をしてたんだろ…俺は…」

ユーゴ「やってやるぜ!復活してやる!」

ユーリ「千切れそうなんだけどこの紐」

遊矢「俺は榊遊矢なんだ…今の俺じゃ様々な次元で出会ったみんなに笑われてしまうよ。そうだろ黒咲」

ユート「瑠璃…」

ユーゴ「リン!待ってろよ生き返ってやるからな!」

ユーリ「…」

遊矢「柚子!」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/03(木) 20:06:22.90 ID:hEBv0nN60
素良「黒咲!」

黒咲「クズにしては随分と手際が良いな」

素良「クズは余計なんだよ。脱走する手引きは済んだよ」

黒咲「ああ」

素良「それと遊矢のお父さんは何か行動を始めたらしいよ」

黒咲「そうか」

素良「最後に遊矢達が復活したってさセレナ達も」

黒咲「復活したのか」

素良「何でも頭から紐が出てきて引っ張ったら出てきたとか」

黒咲「…」

素良「な、何だよその顔」

黒咲「なら奴らに伝えておけ思うがままに生きろとな」

素良「何様のつもりなんだ君は」

黒咲「それと瑠璃には必ず帰ると伝えておけ」

素良「はいはい」

黒咲「世話になったな」

素良「正面から逃げればいいのに」

黒咲「ならさっさと先に行け」

素良「ここ狭いよ?そういえば君はこれからどうするの」

黒咲「榊遊勝を追う」

素良「君1人じゃ無理だよ。仕方ないから僕も一緒に行ってあげるよ」

黒咲「足手まといの雑魚はいらん」

素良「本当にムカつく奴だなこいつ…」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/03(木) 20:16:23.33 ID:hEBv0nN60
ユート「やはり肉体はいいな」

ユーゴ「だろ?俺もそれを思ってたんだよ」

ユート「隼はあれから姿を消した…だが必ず帰って来ると俺は信じている」

ユーゴ「あいつは人間の皮を被ったモンスターだぜ」

ユーリ「キチガイだけどね」

ユート「じゃ俺は」

ユーゴ「用事か?俺もなんだよ」

ユート「瑠璃が隼を心配していてな」

ユーゴ「そりゃそうだろ。とか言いながらデートするんだろお前」

ユーリ「…」

ユート「遊矢も…」

ユーゴ「ははは!」

ユーリ「瑠璃にリンそれに柚子?違うよ。時代は明日香さんさ…セレナと違って大人だもんね」