1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/17(木) 20:51:53.71 ID:BwQGAXzto
イチゴ「そうなの! とにかく、早く来て!」

ガシッ!

ヒロ「おっ、落ち着いてイチゴ!」

ゴロー「そうだ、簡単で良いから説明してくれ」

フトシ「とりあえず、ゴハン食べてからでも良いんじゃない?」

ゾロメ「おっ、デブもたまには良い事言うじゃねーか」


イチゴ「良いから、早く!」


男子達「は……はい」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1526557913

引用元: ヒロ「ゼロツーがちっちゃくなった?」 



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/17(木) 20:57:09.45 ID:BwQGAXzto
  ・  ・  ・

イチゴ「このドアの向こうに……ゼロツーが居るの」

イチゴ「……うん、多分だけど、ゼロツーが」

ヒロ「多分って、どうしてそんなに曖昧なの」

ココロ「あっ、あのね! 肌が赤いんだけど、角が生えてて、それで……!」


フトシ「おっ、俺はココロちゃんを信じるよ!」

ミツル「僕は、この目で確かめない限り信じられませんね」


ココロ「ミツルくん……!」

ミツル「ま、まあ……ココロさんがそこまで言うのなら、本当なのでしょうが」

ココロ「ミツルくんっ♪」


フトシ「……」

ゾロメ「元気出せよ、デブ」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/17(木) 21:00:44.61 ID:BwQGAXzto
ゴロー「しかし、ちっちゃくなったって……なあ?」

イクノ「信じられないだろうけど、本当よ」

ミク「怯えてるのかわからないけど、手がつけられないの!」

ゾロメ「ほー! それじゃ、いつものミクと一緒って事か!」

ミク「はぁ!? ちょっと、それどういう意味よ!?」

ゾロメ「そのまんまの意味ですぅー!」

ミク「むっきぃー! アンタにも言えた事じゃないのよ、それ!」

ゾロメ「あぁ!? んだとコノォ!」


イチゴ「いい加減にして! そんな事してる場合じゃないでしょ!」


一同「……はい、すみませんでした」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/17(木) 21:05:10.98 ID:BwQGAXzto
ゴロー「とっ、とにかく、見てみない事には始まらない!」

ゴロー「なっ? だからこのへんにしとこうぜ?」

ミツル「……そうですね、彼の言う通りだ」

イチゴ「――ヒロ」

ヒロ「なっ、何?」

イチゴ「アンタは、ゼロツーの……ダーリンなんでしょ?」

ヒロ「う、うん」

イチゴ「何があっても、あの子の傍に居てやんなさいよね」

ヒロ「!」


ヒロ「ああ! 当たり前だろ、そんな事!」


女子達「……」

男子達「……?」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/17(木) 21:09:54.69 ID:BwQGAXzto
イチゴ「それじゃあ……男子、あとは任せたわよ!」

ゴロー「えっ?」

ココロ「頑張ってね……ミツルくん」

ミツル「えっ?」

ミク「一応、忠告しといてあげる……やっぱやめた!」

ゾロメ「はっ?」

イクノ「イチゴ、遅れちゃったけど、私達も食事にしましょう」

フトシ「待ってよ!? 僕には何も無いわけ!?」


女子達「……ファイト」


男子達「……?」


ヒロ「ファイトって……ゼロツー、どうしちゃったっていうんだ……?」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/17(木) 21:14:44.58 ID:BwQGAXzto
  ・  ・  ・

ゾロメ「女子達め! 本当にメシ食いに行きやがった!」

フトシ「食べかけだったから、僕も行って良いかなぁ、なんて」

ゾロメ「良いはずあるか!」

ミツル「とにかく、ドアを開けてみましょう」

ゴロー「女子の話によると、気が立ってるみたいだからな……ヒロ」

ヒロ「うん、わかってる」


ヒロ「まずは、俺一人で中に入ってみるから」

ヒロ「何かあった時のために、皆は外で待っててくれ」キリッ


ゴロー・ゾロメ・フトシ「おう!」

ミツル「ヒロ……!///」キュンッ!

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/17(木) 21:18:42.47 ID:BwQGAXzto
ヒロ「……開けるよ」

男子達「……!」コクリ

ヒロ「……」

ガチャッ!


????「――っ!?」


ヒロ「ゼロツー? ちっちゃくなったって聞いたけど……」

ヒロ「ゼロ――」


ぜろつー「――!」


ヒロ「――ツー? えっ!? ちょっと待って!?」

ヒロ「本当に小さく、それに肌も赤くて……」

ヒロ「昔の――あの時、最初に会った時の――」


ぜろつー「だーりんっ!」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/17(木) 21:22:51.20 ID:BwQGAXzto
ぜろつー「だーりんっ! だーりんっ! だーりんっ!」

ガバッ!

ヒロ「う――わあっ!?」

…ドタッ!

ぜろつー「だーりん♪ だーりん♪ だーりん♪ だーりんっ♪」

ぎゅううっ!

ヒロ「ちょっ、ちょっと! そんなに頭をグリグリされると、つ、ツノが痛いよ!」

ぜろつー「だーりん♪ だーりん♪ だーりん♪ だーりんっ♪」

ぎゅっ!

ヒロ「ゼロツー……本当に、ちっちゃくなってる」

ぜろつー「うー♪」

すりすりっ


男子達「……マジでか」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/17(木) 21:28:09.87 ID:BwQGAXzto
ゴロー「おい、これ……夢じゃないよな?」

ぎゅむうっ!

フトシ「ひああっ!? どうして僕の●●をつねるのさぁっ!?」ビクンッ!

ゾロメ「まさか……こんな事ってあるのか?」

ぎゅむうっ!

フトシ「ひぎいっ!? 痛い! 痛いってばあっ!」ビクンッ!

ミツル「これは……説明がつきませんね」

スパーンッ!

フトシ「痛っ!? どうしてお尻を叩いたの!? ねぇ!? 痛いよ!」ビクビクンッ!


ゴロー・ゾロメ・ミツル「……痛くない、夢か」


フトシ「ココロちゃ――んっ!!」ビクーンッ!

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/17(木) 21:33:23.15 ID:BwQGAXzto
  ・  ・  ・

博士「――ほうっ! これはまた、面白い事になっとるな!」

ハチ「しかし、博士。速やかに解決すべき事態では?」

博士「何を言っておるか。こんなケース、見たことがない」

ハチ「ですが……」

博士「何か問題でも?」

ハチ「大有りです!」


ナナ「ええ……可愛すぎる……大問題ね」ブツブツ


ハチ「……」

ハチ「ナナ?」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/17(木) 21:37:52.19 ID:BwQGAXzto
ハチ「……とにかく、即刻介入すべきです」

ナナ「ハチの言う通りです! 私にも、ぎゅっとする許可を!」

ハチ「ナナ?」

ナナ「? 何、どうしたの?」

ハチ「あ、いや……」


博士「――ならん」


ハチ・ナナ「そんなっ!?」

博士「我々が介入する事で、観察の機会を失うかも知れん」

博士「その責任は誰が取る?」

ナナ「ですがっ! 私もだっこしたいです!」

ハチ「ナナ?」

ナナ「? 何、どうしたの? さっきから変よ、アナタ」

ハチ「……」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/17(木) 21:43:43.91 ID:BwQGAXzto
博士「良いか? くれぐれも、子供たちに手を出すなよ?」

ハチ「……わかりました」

ナナ「せっ、せめて! 可愛いお洋服を送る許可を!」

ハチ「ナナ?」

ナナ「もうっ! さっきからどうしたのよ、ハチ!?」


博士「――そのくらいなら、まあ、良いじゃろ」


ナナ「! ありがとうございます!」

ハチ「……お前、ゼロツーの事を嫌っているとばかり思っていたが」

ナナ「? ちっちゃいから、可愛いじゃない」

ハチ「……」


博士「ま、くれぐれも上に報告などつまらん真似はするなよ?」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/17(木) 21:49:35.54 ID:BwQGAXzto
  ・  ・  ・

ぜろつー「だーりんっ♪ うーっ♪」

ぎゅっ!

ヒロ「ほ……本当に、ゼロツーなんだよね?」

ぜろつー「うー! ぼく……ぜろ、つー!」

ヒロ「は、ははは……本当に、あの頃のまんまだ」

ナデナデ…

ぜろつー「う~っ……むゅぅふふふっ♪ だーりんっ♪ だーりんっ♪」

ぐりぐりっ!

ヒロ「アイテテ、ツノが……あ、あははは」

ぜろつー「だーりんっ♪ だーりんっ♪ だーりんっ♪」


男子達「……」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/17(木) 21:59:33.89 ID:BwQGAXzto
ぜろつー「うゅ~っ♪ だ~り~んっ♪」

ぎゅっ!

ヒロ「よーしよし、俺が来たから、もう大丈夫だよ、ゼロツー」

ナデナデ…



ゴロー「は、ははっ……驚いたけど、可愛いもんじゃないか」

フトシ「う、うん……だけど、ゼロツーにもあんな時期があったんだね」

ミツル「まあ、ヒロのあの頃の方が、数段可愛いですがね」


ゾロメ「おい、ヒロ! 俺にもちょっと撫でさせてくれよ!」


ぜろつー「っ!? うううう~~っ!」

ヒロ「どっ、どうしたのゼロツー……!?」


ゾロメ「なっ、何だよ……!? まだ、何もしてねえだろ!?」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/17(木) 22:07:20.91 ID:BwQGAXzto
ゴロー「あれは……警戒、してるのか?」

ミツル「ええ……どうやら、そのようですね」

フトシ「……相手がゾロメだから、嫌がってるとか?」

ゾロメ「はぁっ!? なんでそんな事がわかんだよ!」


ぜろつー「ううう~~っ!」

ぎゅううっ!

ヒロ「あ、あんまり大きな声を出すと、ゼロツーが驚いちゃうから……しー、しー!」

ぜろつー「? しー、しー?」

ヒロ「あ、意味がわからないの、かな? えっとね、これは――」


ぜろつー「しー、しー♪ しーっ♪」


ヒロ「……あっ」

男子達「……?」

ヒロ「……」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/17(木) 22:14:40.85 ID:BwQGAXzto
ヒロ「……」


ゴロー「おい、どうかしたのか?」

ミツル「ええ、なんだか表情が強張っているように見えますが」


ヒロ「――皆。ゼロツーは、俺の大事なパートナーだ」

ヒロ「どうしてこんな事になったのかは、わからない」

…じわあぁぁ


フトシ「……ねえ、なんか水たまりが出来てない?」

ゾロメ「おい、まさか――!?」


ヒロ「――違う」

ヒロ「いや、実際は思ってる通りだけど……違う事にしてよ、ね?」

ヒロ「あっ! そう、俺が! 俺がしちゃったんだよ、あはは!」

…じわあぁぁ


男子達「……ヒロ」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/17(木) 22:20:34.26 ID:BwQGAXzto
ゴロー「――ヒロ、お前ってやつはしょうがないな」

ヒロ「……ゴロー」

ミツル「――やれやれ、僕達は退散した方が良さそうですね」

ヒロ「……ミツル」

ゾロメ「――あー、そういえば、まだメシの途中だったな」

ヒロ「……ゾロメ」

フトシ「――あっ、そういうのは僕の台詞なんだから、取らないでよね!」

ヒロ「……フトシ」


ヒロ「皆……ありがとう」


男子達「へへっ!」


ぜろつー「……うーっ」ブルッ!

ヒロ「……あったかくて……あったかいや」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/17(木) 22:30:02.44 ID:BwQGAXzto
ぜろつー「だーりん?」

ヒロ「ほら、皆はもう行くから、バイバーイ、って」

ぜろつー「ばいぁーい?」

ヒロ「そう。こうやって、手を振るんだよ、ゼロツー」フリフリ

ぜろつー「……」フリフリ


ぜろつー「――けぇーわい、ばいぁーい」フリフリ

ゾロメ「えっ? あれ、俺に手を振って……えっ?」ズキンッ!


ぜろつー「――やんほも、ばいぁーい」フリフリ

ミツル「言葉の意味はわかりませんが……何故、胸が痛く!?」ズキンッ!


ぜろつー「――やせろ、でぶ」フリフリ

フトシ「悪口だ! これ、悪口言われてるんだよ!」ズキンッ!


ぜろつー「――いーひと」フリフリ

ゴロー「いや、待て! そんな事はないぞ! 俺の事は褒めてるじゃないか!」

ぜろつー「――いーひとどまり、ばいぁーい」フリフリ

ゴロー「……あったわ」ズキンッ!


男子達「……」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/17(木) 22:39:51.97 ID:BwQGAXzto
  ・  ・  ・

男子達「……」


イクノ「その様子だと、こっぴどく言われたみたいね」

ココロ「だ、大丈夫……? ほら、だから教えておいた方が良かったんだよ!」

ミク「甘い! 男子も、同じ気持ちを味合わないと連携に支障が出るかもでしょ!?」

イチゴ「私達も随分な言われようだったし……あ、何を言われたかは絶対教えないから」


ゴロー「おい、どうして最初から言ってくれなかったんだ!?」

ミツル「ひどいですよ! いや、意味はわからないんですが!」

ゾロメ「ゴローはともかく、俺とミツルは何を言われたかサッパリなんだぞ!?」

フトシ「ねえ、僕は!? 僕に関しては何も言ってくれないの!?」


女子達「……」


男子達「……」


一同「……」

一同「……とりあえず、ゴハンにしようか」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/17(木) 22:53:46.85 ID:BwQGAXzto
  ・  ・  ・

ヒロ「……小さい時は、思ってる事をそのまま言っちゃうって言うけど」

ぜろつー「うー?」

ヒロ「……元に戻ったら、一緒に謝ろうね、ゼロツー」

ぜろつー「ぁーまう?」

ヒロ「うん……はいっ、これで綺麗になった! 完璧!」

ナデナデ…

ぜろつー「うゅ~ふふっ♪ だーりんっ♪」

ぎゅうっ!

ヒロ「それにしても……本当に、元に戻るのかな」

ぜろつー「だーりん♪ だーりん♪ だーりんっ♪」

ぐりぐりっ!

ヒロ「……あはは、ツノが当たって痛くないようにしてくれてるの?」

ぜろつー「むふひー♪」ニンマリ

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/17(木) 22:59:17.81 ID:BwQGAXzto
   ・  ・  ・

ヒロ「――っ! いけない……俺も寝ちゃってたのか」

ヒロ「ゼロツーを寝かしつけて、それで、そのまま――」


ゼロツー「おはよ、ダーリン」


ヒロ「っ!? ゼロツー!?」

ゼロツー「? どうしてそんなに驚いてるのさ?」

ヒロ「どうしてって、そんなの……!」

ゼロツー「驚いたのは、ボクの方なんだけどなぁ~?」


ゼロツー「目が覚めたら、ダーリンがボクのベッドで一緒に寝てるんだもん」


ヒロ「……」

ヒロ「いや! それは誤解なんだ、ゼロツー!?」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/17(木) 23:09:19.78 ID:BwQGAXzto
ゼロツー「誤解? 誤解って……」

むにゅんっ

ヒロ「あっ、柔らか……っ!?/// は、裸!?///」

ゼロツー「……なぁに、ダーリン?」ニンマリ

ヒロ「どうして裸なんだよ!?///」

ゼロツー「? ダーリンが脱がせたんでしょ、●●●」

ヒロ「それは違……いや、違わないけど! 違うんだ!」

ゼロツー「えー? ボク、よくわかんないなぁ」ニンマリ

ぎゅうっ!

ヒロ「ぜ、ゼロツーが、ちっちゃくなって……や、やめ、ああっ!?」

ヒロ「……わかりあえたのに! わかりあえたと思ったのに!」


ヒロ「……あっ」


ゼロツー「……んふふ」ニマー


ゼロツー「ダーリンがおっきくなっちゃった?」



おわり