4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/09(木) 21:40:53 ID:v3cHkDBU
恭介 「なんだよ、お前まさかバレンタインも知らないのか?」

理樹 「いやいやバレンタインくらい知ってるけれどもさ。というか僕も恭介も毎年鈴とあやちゃんから貰ってるよね?」

恭介 「俺、中学以降鈴から貰ったことないんだが…」

理樹 「あちゃあ…」 


リトルバスターズ! Converted Edition - PSVita
プロトタイプ (2012-03-22)
売り上げランキング: 11,398
5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/09(木) 21:43:13 ID:v3cHkDBU
理樹 「で? 何さバレンタインバスターズって」

恭介 「そのままのさ意味さ」

恭介 「リトルバスターズのバレンタインデーってな」

理樹 「じゃあ逆じゃない?」

恭介 「気にしたら負けだ。それにバレンタインバスターズのが燃えるだろ?」

理樹 「いや、それはどうだろう…」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/09(木) 21:47:13 ID:v3cHkDBU
恭介 「まぁ聞け、このままだとこの聖なる日に理樹を奪い合う為に血で血を洗うような凄惨な争いが起こるのが目に見えている」

理樹 「それもどうだろう…」

恭介 「だがリトルバスターズは正義の味方だ。そんな鬼気とした殺戮を繰り広げるのはイメージダウンに繋がる」

理樹「いや、何かが下がるほど元々好印象じゃないと思うけど」

恭介 「えぇい黙れ! バレンタインくらい俺にも遊ばせろ!!」

理樹 「本音が漏れた!? 第一年中遊んでるよねぇ!?」

恭介 「とにかくだ、ルールはもう決めてある。仕込みも終わってる」

理樹 「用意周到過ぎるよ…」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/09(木) 21:53:04 ID:v3cHkDBU
恭介 「くじ引きで決めた順番で理樹にチョコレートを渡す。しかしお前はその場で想いの詰まった甘い甘いチョコレートを口にしてはいけない」

理樹 「なんでさ!?」

恭介 「まぁ結局選ぶ権利はお前にあるわけだし料理上手も女子力をアピールできる要素の一つだが… 料理の苦手な奴もいる。味だけで左右されちゃ可哀想だろ?」

理樹 「まぁそうだけど… あと恭介が女子力って言うとなんだか響きが怪しいね」

恭介 「魔力みたいな? ってうるせぇ。全員からチョコを受けとり、今までの印象そしてチョコを受け取った時どれだけ切なさが炸裂したか。それらからお前が考えて、好きな奴を1人選ぶ」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/09(木) 21:56:18 ID:v3cHkDBU
恭介 「くじ引きで決めた順番で理樹にチョコレートを渡す」

恭介 「しかしお前はその場で想いの詰まった甘い甘いチョコレートを口にしてはいけない」

理樹 「なんでさ!?」

恭介 「まぁ結局選ぶ権利はお前にあるわけだし料理上手も女子力をアピールできる要素の一つだが…」

恭介 「もちろん中には料理の苦手な奴もいる」

恭介 「味だけで左右されちゃ可哀想だろ?」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/09(木) 22:10:00 ID:v3cHkDBU
理樹 「まぁそうだけど…」

恭介 「全員からチョコを受けとり、今までの印象を」

恭介 「そしてチョコを受け取った時どれだけ切なさが炸裂したか」

恭介 「それらからお前が考えて、好きな奴を1人選ぶ」

恭介 「そして翌日の朝、学食でお前が選んだ1人のチョコをみんなの前で食すのさ」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/09(木) 22:14:53 ID:v3cHkDBU
理樹 「それじゃあまるで当て付けじゃないか!」

恭介 「その方があいつらも諦めがつくだろ?」

理樹 「それは…」

恭介 「ちなみにお前に拒否権は無い」

恭介 「ミッション開始の合図はこれからだが、ファーストアタックは朝食後だ」

理樹 「わかったよ…」

恭介 「それじゃあ、ミッションスタートだ!」バッ 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/09(木) 22:19:52 ID:v3cHkDBU
―翌朝―

真人 「………」ガツガツ

謙吾 「………」パクパク

鈴 「………」モクモク

恭介 「ピュィ-♪」

理樹 (空気が重い…)

理樹 (第一どうして恭介は口笛を吹いているんだ…) 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/09(木) 22:27:16 ID:v3cHkDBU
理樹 「そ、そういえば今日はバレンタインだね!」

真人 「そうだな」ガツガツ

謙吾 「楽しみだな」パクパク

鈴 「ふっ、楽しみにしていろ」モクモク

理樹 (地雷踏んだー!)

理樹 (というか何故真人と謙吾がやる気なんだ!?)

理樹 (まさか2人も参加して…)

理樹 (いやいやいや2人は男だしそれに真人はともかく謙吾はいつも誰かから貰う立場だし…) 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/09(木) 22:33:35 ID:v3cHkDBU
真人 「そろそろか…」ガタッ

謙吾 「あぁ、待っていろよ理樹」ガタッ

鈴 「じゃあな、りき」

理樹 「ちょ、ちょっと待ってよ!」

理樹 「そろそろって何さ!?」

3人 「「「ふっ…」」」

理樹 「その意味深な含み笑いは何!?」

恭介 「ピュィー♪」 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/09(木) 22:40:51 ID:v3cHkDBU
男子寮前

理樹 (結局みんな早々にいなくなった…)テクテク

理樹 (心なしか人気も少ないし…)テクテク

理樹 (大丈夫かな、いろいろと…)テクテク

葉留佳 「わっ!!」バーン

理樹 「うひゃあ!?」

葉留佳 「へへへ、大成功~」ニコニコ

葉留佳 「それにしても漫画みたいなリアクションですネ」ニヨー

理樹 「あはは、ちょっと考え事しててさ…」 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/09(木) 22:50:38 ID:v3cHkDBU
葉留佳 「ズバリはるちんからの愛が詰まりに詰まったちょっこれいとのことを考えてましたネ?」

葉留佳 「いやぁやらしいなぁ理樹君やらしいなぁ」

理樹 「まぁ当たらずとも遠からずだけど…」

理樹 「それにやらしくないよね」ハァ

葉留佳 「やはは、それもそですネ… へ?」

理樹 「ん?」

葉留佳 「今なんて…?」

理樹 「やらしくないよねって…」

葉留佳 「その前!」

理樹 「当たらずとも遠からずって…」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/09(木) 22:57:31 ID:v3cHkDBU
葉留佳 「ま、マジっすか…?」

理樹 「いや、マジだし口調変わってるよ?」

葉留佳 「やはは、まさかのカウンターでしたネ///」

葉留佳 「さすがは理樹君…///」

理樹 「顔紅いけど、大丈夫?」

葉留佳 「だ、ダイジョブですよダイジョブ!」

葉留佳 「それより理樹君これ!!」バッ

理樹 「あぁ…ありがとう」ウケトリ

葉留佳 「あ、明日まであけたらダメですヨ?」

理樹 「うん、分かってるよ」

葉留佳 「ま、待ってるから! じゃね!!」ダダダ 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/09(木) 23:45:01 ID:v3cHkDBU

理樹 「行っちゃった…」

理樹 「一番手は葉留佳さんだったのか…」

理樹 「これ食べたら駄目なんだよね…」チラ

理樹 「これ一日持ち歩くって… 結構かさ張るなぁ」

理樹 「昼に学食で袋貰おう」

理樹 「そういや残った分はどうするんだろ…?」 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/09(木) 23:50:27 ID:v3cHkDBU
―教室前廊下―

理樹 「…誰もいない」

理樹 (早めに出すぎたのかな?)

理樹 (みんなチョコ貰ったり渡したりしてて遅いとか…)

美魚 「直枝さん」

理樹 (いやでもまあ…あれ、でもいくらなんでも少な過ぎじゃない?)

美魚 「直枝さん」

理樹 「あれ、西園さん?」

美魚 「今日は学校お休みですよ?」

理樹 「………」

理樹 「しまったぁ!!」 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/09(木) 23:54:34 ID:v3cHkDBU
理樹 「今日はいつかの代休で休みじゃないか僕の馬鹿!!」

美魚 「とりあえず落ち着いてください」

理樹 「う、ごめん…」

理樹 「あれ?」

美魚 「どうしました?」

理樹 「なんで西園さんはいるの?」

美魚 「私のNYPを駆使して直枝さんの位置を感知しました」

理樹 「なにそれこわい」 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/09(木) 23:57:24 ID:v3cHkDBU
美魚 「冗談です」

理樹 「そっか…そうだよね」

美魚 「図書室に来ていました」

美魚 「三枝さんからは何も言われなかったんですか?」

理樹 「言われなかった…」

理樹 (教えてくれてもよかったじゃないか…)

理樹 (それによく考えたら葉留佳さん私服だったし) 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 00:03:47 ID:Lz8swhF2
美魚 「でも、お呼びする手間が省けましたね」

理樹 「じゃあもしかして…」

美魚 「はい、私が二番手です」 

美魚 「私ごときには緑色の人ポジションがお似合いだと暗に示唆されているのかもしれませんね」

理樹 「そんなことないと思うけど…」

美魚 「先手必勝でもなく、後手必殺でもない」

美魚 「半端な位置におさまってしまいました」ショボン

理樹 「バレンタインにそんなこと関係ないでしょ」 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 00:11:06 ID:Lz8swhF2
美魚 「流石です直枝さん。バレンタインなぞ関係なしに俺の嫁はもう決まってるぜと言わんばかりですね」

理樹 「いやいやいや…」

美魚 「では私がその嫁に選ばれていることに一縷の望みをかけてこれをお贈りします」スッ

理樹 「えと、ありがとう」

美魚 「大したものではありませんがその…拙いながら頑張りました///」

理樹 「うん…///」ポリポリ

美魚 「それとこちらも…」スッ 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 00:14:33 ID:Lz8swhF2
理樹 「これは…?」

美魚 「美鳥からです」

理樹 「美鳥から?」

美魚 「どうしても直枝さんに受け取ってほしいとのことだったので」

美魚 「気持ちだけでも貰ってあげてください」

理樹 「うん、ありがとう。嬉しいよ」

美魚 「美鳥も、ありがとうと」

理樹 「そっか」 

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 00:23:32 ID:Lz8swhF2
美魚 「それでは、気を付けてくださいね」

理樹 「気を付ける…?」

美魚 「ルール上、私達はお互いの贈り物を知りません」

美魚 「ですが、他の方が全員普通なものを贈られるとは思えないので…」

理樹 「確かに…」

理樹 (気持ちは嬉しいけどどぎついのはなぁ…)

美魚 「では私はこれで」

理樹 「うん、じゃあね」 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 00:31:31 ID:Lz8swhF2
―自販機前―

理樹 (寒いしコーヒーでも飲もう)

来ヶ谷 「君はブラックだったかな?」

理樹 「今日はカフェオレにしようかな」

来ヶ谷 「そうか。ほら」ホイッ

理樹 「うわぁ、ありがとう来ヶ谷さん」キッチ

理樹 「ってなんでいるの!?」

来ヶ谷 「私の手にかかれば少年が今日を平日と勘違いして登校してしまいなんやかんやあって飲み物を買いにくることを予測するなど造作もないことさ」

理樹 「もう色々と凄いね」 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 00:37:53 ID:Lz8swhF2
来ヶ谷 「して理樹君。2人とは甘々な展開に発展したのかい?」

理樹 「いや、どうなんだろう…?」

来ヶ谷 「Aか!? Bか!? もしや…」ハァハァ

理樹 「飛躍しすぎだよ」

来ヶ谷 「うむ、どヘタレの天然ジゴロ君にはそこまでやらかす勇気は無いな」

理樹 「もう突っ込みどけろが多すぎるよ」

来ヶ谷 「はっはっはっ、照れるな照れるな」

理樹 「はぁ…」 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 00:47:25 ID:Lz8swhF2
理樹 「来ヶ谷さんはいつもどおりだね」

来ヶ谷 「うむ、実はモジモジしながら普通にチョコを渡す」

来ヶ谷 「というギャップ萌えも狙おうかと思ったのだがな」

理樹 (モジモジする来ヶ谷さん…)

理樹 (凄い気になる!)

来ヶ谷 「私が面白く無いからやめた」

理樹 「バッサリいったね…」

来ヶ谷 「やはりおねーさんは誘惑でときめかせないとな…」ゴソゴソ

理樹 「?」 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 00:52:28 ID:Lz8swhF2
来ヶ谷 「じゃーん」

理樹 「リップ?」

来ヶ谷 「に似せたチョコだ。少し溶けかけのな…」

来ヶ谷 「ちゃ、ちゃんと手作りだぞ?」

理樹 「うん」

来ヶ谷 「これをだな…」

理樹 「それを…」ゴクリ

来ヶ谷 「こうする」スーッ

理樹 (チョコを唇に…!?)

来ヶ谷 「んむんむ…うん、中々に美味いな」

理樹 「」ドキドキ

来ヶ谷 「これを、どうすると思う…?」

理樹 「ど、どうするって…」

来ヶ谷 「それは後からのお楽しみさ」

理樹 (魅惑的過ぎる!!) 

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 00:56:58 ID:Lz8swhF2
来ヶ谷 「もちろんチョコはちゃんと君の為にもっと格別なものを用意してある。溶けかけをキープせねばいかんからまだ預かっておこう」

来ヶ谷 「それに…」

理樹 「それに…?」ゴクリ

来ヶ谷 「唇だけでなくあぁんなところやこぉんなところに塗りたくってくれていいのだぞ?」

理樹 (なん…だと…)

来ヶ谷 「ふふ、楽しみにしているよ」ツカツカ 

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/10(金) 01:01:39 ID:Lz8swhF2
来ヶ谷 (まさかここまで緊張するとはな…///)ツカツカ

理樹 「来ヶ谷さんのチョコが魅惑的過ぎてヤバい…」

理樹 「いやいやしっかりしろ直枝理樹!」

理樹 「単純な色仕掛けにはまり過ぎだ」

理樹 「来ヶ谷さんのことだから結局はからかってて…そう、塗りたくるってどうせ指とかに決まってるよ!」

理樹 (あれ…むしろ●●くね?)

理樹 「ぐああぁぁぁ…!」モンモン 

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 00:24:28 ID:iMQBgP4Q
―寮 自室―
理樹 「まったく、完全に無駄足じゃないか」

理樹 「みんなも一声くらいかけてくれれば…」

理樹 (みんな朝食べてすぐにどっか行ったんだった…)ズーン

理樹 「ただいま…」ハァ

真人 「よぅ、待ってたぜ理樹っち」

理樹 「」 

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 00:27:26 ID:iMQBgP4Q
理樹 (ついにこの時が来てしまった…)

理樹 (いやいや待て待て真人は男だぞ?)

理樹 (それに待ってたぜって別に…)

理樹 (そう、真人は僕と遊びたいから待ってたんだよ)

理樹 (仕方ないなぁたまには真人と筋肉で…)

真人 「まぁなんだ、その…///」

理樹 (頬を朱に染めた!?) 

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 00:36:03 ID:iMQBgP4Q
真人 「まどろっこしいのは苦手だからよぉ…」

理樹 「」ヤメテキキタクナイ

真人 「ほら俺からの感謝の気持ちだ」スッ

理樹 「えっ…?」

真人 「いつもおちゃらけてばっかだけど、ちゃんと感謝してるぜ」

真人 「宿題とかめちゃくちゃ助かってる」

真人 「だからよ、代わりといっちゃなんだが、気持ちだけでも受け取ってくれや」

理樹 「真人…」ジーン 

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 00:42:25 ID:iMQBgP4Q
真人 「へへ、やっぱ面と向かってこんなことやるのは恥ずかしいな///」

理樹 「ありがとう、真人。凄く嬉しいよ」

真人 「おぅ、俺もめちゃくちゃ嬉しいぜ」

理樹 「でもまさか真人がチョコを作るなんてびっくりだよ」

真人 「あぁ、俺自身まさかの出来栄えにびっくりしてるんだよ」 

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 00:47:20 ID:iMQBgP4Q
理樹 「そんなにいい出来なんだ」

真人 「科学部監修のもとマッスルエクササイザーエクスタシーチョコが完成した日には俺は自分の才能に目からゴボウだった…」

理樹 「いやいやゴボウじゃないし使い方違うよ………へ?」

理樹 (マッスル…エクササイザー…?)

真人 「あれさえあればどんな奴でも理想的な筋肉を手に入れることができる…」

真人 「頼んだぜ、理樹!!」

理樹 「あ、あははは………」ピクピク 

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 00:51:53 ID:iMQBgP4Q
―自室―

理樹 「真人は筋トレにでかけた…」

理樹 「マッスル……」

理樹 「はは、ははは……」

理樹 (どうしよう……)

携帯 「ヴーン ヴーン」

理樹 (メールだ……)

佳奈多 『寮会室に来てちょうだい』

理樹 「佳奈多さんから……」

理樹 「仕事か、はたまた……」 

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 00:55:52 ID:iMQBgP4Q
―寮会室―

佳奈多 「悪いわね、呼び出しちゃって」

理樹 「いいよ、仕事でしょ?」

佳奈多 「そんなところ」

佳奈多 「そんなに多くはないからすぐ終わるわよ」

理樹 「よし、がんばろ」 

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 00:59:12 ID:iMQBgP4Q
理樹 「………」カキカキ

佳奈多 「………」ペタンペタン

佳奈多 「………」チラッ

理樹 「………」カキカキ

佳奈多 「………」ペタンペタン

佳奈多 「………」チラッ

理樹 「………ん?」

佳奈多 「っ………///」ペタンペタン

理樹 (なんか視線を感じるような…) 

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 01:02:36 ID:iMQBgP4Q
佳奈多 「なっ、直枝っ!」

直枝 「は、はい」

佳奈多 「おおおお茶飲む?」

直枝 「の、のみます」

佳奈多 「丁度いい茶葉をクドリャフカに貰ったのよ」ガサゴソ

直枝 (なんか迫力が…) 

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 01:06:43 ID:iMQBgP4Q
ポット 「ジョロロ~」

佳奈多 「はい直枝、熱いから気を付けてね」

理樹 「ありがとう、佳奈多さん」ニコッ

佳奈多 「――っ!///」

理樹 「どうしたの!?」

佳奈多 「お、お湯がちょっと指に被っただけよ///」アセアセ

理樹 「大丈夫? ちょっと見せて」

佳奈多 「だっ、大丈夫だから///」アセアセ 

52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 01:11:42 ID:iMQBgP4Q
理樹 「ちゃんと見てみなきゃわからないだろ!」

佳奈多 「!?」ビクゥ

理樹 「佳奈多さんが人に体を見せるのが辛いのも嫌なのもわかってる」

理樹 「でもこんなことで怪我なんてして欲しくないよ!」

理樹 「それに僕やリトルバスターズのみんなだけでも信頼して欲しいから…」

佳奈多 「直枝…///」

理樹 「あ、いやそのなんかごめん急に熱くなっちゃって…」

佳奈多 「いいのよ、心配してくれてありがとう」 

53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 01:17:20 ID:iMQBgP4Q
佳奈多 「本当に大丈夫だから、さっさと終わらせちゃいましょう」ヒラヒラ

理樹 「うん、そうだね」



理樹 「はいこれで全部っと…」

佳奈多 「お疲れさま」

理樹 「いやーやっぱり佳奈多さんは仕事が早いね」

佳奈多 「慣れてるだけよ、おせんべい食べる?」

理樹 「うん貰うよ」バリボリ

佳奈多 「その、あと…ね?」

理樹 「?」バリボリ 

54 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 01:20:06 ID:iMQBgP4Q
佳奈多 「えーとその…///」

理樹 「なに?」

佳奈多 「これ…」スッ

佳奈多 「べっ、別に義理じゃないんだからね!///」

理樹 「それ言うなら逆じゃないかな…」ニガワライ

佳奈多 「べ、別に義理じゃないんだから間違ってないじゃない!」

理樹 「いや、あはは…」 

55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 01:23:29 ID:iMQBgP4Q
佳奈多 「これが私の気持ち! 以上解散!///」

理樹 「はーい」アハハ

佳奈多 「笑わないでよぉ!///」



―寮内―

理樹 「そろそろ半分くらいかな」

理樹 「随分濃い人達をこなしてきたからそろそろ下り坂が…」

クド 「リキーっ!」ブンブン

理樹 「下り坂万歳…」 

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 01:26:05 ID:iMQBgP4Q
クド 「はろーです。下り坂かどうかしましたか?」

理樹 「おはよう、なんでもないよ」

クド 「そうでしたか」ニコニコ

クド 「それよりもセンパイ!」

理樹 「は?」

クド 「あ、今からは私が後輩という設定なので気にしないでください」

理樹 「はぁ…」 

57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 01:29:18 ID:iMQBgP4Q
クド 「ぷれぜんとふぉーゆー、なのです!」スッ

理樹 「うん、ありがとうクド」ナデナデ

クド 「わふー///」

理樹 「で、なんで後輩?」

クド 「後輩キャラがいないので自分の個性を活かしてみようかと…嫌でしたか?」

理樹 「なるほどね、嫌じゃないよ」

クド 「そうですかー」ニコニコ

理樹 (下り坂万歳…!) 

58 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 01:32:13 ID:iMQBgP4Q
クド 「それでは、いい返事を期待してます」

理樹 (…どうしよう)

クド 「バイバイですー」ブンブン

理樹 「うん、バイバイ」フリフリ

理樹 「やっぱり一人だけ選び出すなんて辛いよ…」

理樹 「いやでもここらでちゃんとケジメをつけないとな…」 

59 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 01:35:37 ID:iMQBgP4Q
杉並 「な、直枝くん…」

理樹 「杉並さん!?」

杉並 「あ、あの、私でびっくりした?」

理樹 「う、うん…」

理樹 (てっきりリトルバスターズだけだと)

杉並 「そ、そっか、よかったぁ…///」

理樹 「どうして杉並さんが?」

杉並 「ルールのこと聞いて棗先輩に参加させて貰ったの」

理樹 「そうだったんだ…」 

60 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 01:38:47 ID:iMQBgP4Q
杉並 「その、私は他のみんなみたいに可愛くもないし特別直枝くんと仲がいいわけでもないけど…」モジモジ

杉並 「みんなに負けたくないから…」モジモジ

杉並 「直枝くんのことが好きだから…///」モジモジ

理樹 「杉並さん…///」 

61 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 01:42:38 ID:iMQBgP4Q
杉並 「だからっ、だからこれっ…///」スッ

理樹 「あ、ありがと…///」

杉並 「受け取ってくれてありがとう///」

理樹 「うん、嬉しいよ」ニコ

杉並 「えへへ…///」

杉並 「それじゃあ、また明日ね…?」

理樹 「うん、また明日」

杉並 「ばいばい」フリフリ 

67 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 23:05:52 ID:iMQBgP4Q
―自室―

机 「どっさり」

理樹 「えらいいっぱい貰っちゃった…」

真人 「おぅ、もう随分貰ったみたいだな」

理樹 「お帰り、大変だよもう…」ハァ

真人 「丁度半分くらいか、まぁ今日一日頑張れよ」

理樹 (明日も頑張らないといけないんだけどね)

真人 「そんなことより飯だ飯!」

理樹 「うん、学食行こうか」

佐々美 「させませんわ!」バーン

理樹 「」 

68 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 23:10:42 ID:iMQBgP4Q
佐々美 「直枝さんはお借りしていきますわね」

理樹 「え、ちょっ」

真人 「くっ、悔しいがルールだ…」

理樹 「えぇっ!?」

真人 「口惜しいが諦めるしかねぇ…」

理樹 「諦めないでよ!」

真人 「ぐぅっ…!」

佐々美 「井ノ原さん…?」ピラッ

食券 「やぁ!」

真人 「」 

69 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 23:15:03 ID:iMQBgP4Q
真人 「理樹を頼むぜ笹瀬川!」ニカッ

佐々美 「というわけですので参りましょう直枝さん!」ハァハァ

理樹 「ちょっとなんでハァハァ言ってるの佐々美さん、ねぇ!?」

佐々美 「おーっほっほっ!!」

真人 「へへへ… カツカツ!」 

70 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 23:19:56 ID:iMQBgP4Q
―女子寮 廊下―

佐々美 「いらっしゃいませ直枝さん」

理樹 「いらっしゃいました…」グー

理樹 「お腹空いた…」

佐々美 「すぐに用意しますから少々お待ちください」

理樹 「え、部屋入ったらダメ…」

佐々美 「し ょ う し ょ う、お待ちください」オホホ

理樹 「ひゃい…」 

71 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 23:23:51 ID:iMQBgP4Q
―十分後―

理樹 「寒い…」ガタガタ

理樹 「廊下寒いよー」ガタガタ

佐々美 「よ、よろしいですわよー」ガチャ

理樹 「はい、おじゃましまー」

佐々美 「い、いらっしゃいませ…」メイドフク

理樹 「す」 

72 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 23:33:13 ID:iMQBgP4Q
佐々美 「よ、ようこそ」
理樹 (あ…ありのまま今起こったことを話すぜ!)

理樹 (友達の部屋に行ったら友達が黒猫耳メイドになっていた…)

理樹 (な…何を言ってるのかわからねーと思うが僕も何をされたのかわからなかった…)

理樹 (頭がどうにかなりそうだった…)

理樹 (お嬢様だとかがっかり●●●●だとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ)

理樹 (もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…)

佐々美 「直枝さん…?」
理樹 「やぁ、よく似合ってるね直枝さん」キリッ

佐々美 「!?///」 

73 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 23:35:21 ID:iMQBgP4Q
理樹 「やばいよ、僕がメイド服きてることになってるよ…」

理樹 「仕方ないからいまから書き直すね…」 

74 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 23:36:29 ID:iMQBgP4Q
佐々美 「よ、ようこそ」

理樹 (あ…ありのまま今起こったことを話すぜ!)

理樹 (友達の部屋に行ったら友達が黒猫耳メイドになっていた…)

理樹 (な…何を言ってるのかわからねーと思うが僕も何をされたのかわからなかった…)

理樹 (頭がどうにかなりそうだった…)

理樹 (お嬢様だとかがっかり●●●●だとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ)

理樹 (もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…)

佐々美 「直枝さん…?」

理樹 「やぁ、よく似合ってるね佐々美さん」キリッ

佐々美 「!?///」 

75 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 23:40:04 ID:iMQBgP4Q
佐々美 「ななななな…」

理樹 「今日はどうしたの?」

佐々美 (直枝さんが突然イケメンに…?)

佐々美 「いえ、わたくし今日は直枝さんに御奉仕しようと…」

理樹 「えっ、佐々美さんが!?」

佐々美 「や、お気に召しませんでしたよね…」ショボン

理樹 「凄く嬉しいよ!」

佐々美 「ふぇ?」 

76 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 23:45:04 ID:iMQBgP4Q
佐々美 「ななななな…!///」カァァ

佐々美 「何をおっしゃってるんですか!?///」

理樹 「佐々美さんかわいいねって」

佐々美 「―――!!///」シュー

理樹 「それで、何を御奉仕してくれるの?」

佐々美 「な、なんでもやりますけど…」

佐々美 「いやらしいのはダメですわよ!?///」

理樹 「もちろんだよ」ニコ 

77 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 23:49:19 ID:iMQBgP4Q
理樹 「それじゃあ…」

佐々美 「………」ゴクリ

理樹 「ご飯作ってよ」

佐々美 「は?」

理樹 「佐々美さんの青椒肉絲、また食べたいな」

佐々美 「そ、そんなことでしたらいくらでも!」

理樹 「うわぁ、ありがとう佐々美さん」

佐々美 「オホホホホ、ではわたくしが腕によりをかけてご馳走いたしますわ!」 

78 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 23:53:44 ID:iMQBgP4Q
青椒 「食えよ」

理樹 「やっぱり美味しそうだなぁ」

佐々美 「もちろん見た目だけではありませんわよ」

理樹 「うん。いただきます」

佐々美 「召し上がれ」

理樹 「うん、すっごくおいしい」

佐々美 「そう言って貰えれば作った甲斐がありますわ」

理樹 「佐々美さんはいいお嫁さんになれるね」

佐々美 「」 

80 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 23:56:20 ID:iMQBgP4Q
理樹 「佐々美さんと結婚する人が羨ましいよ」

佐々美 「けけけけけっこ、けっこん…///」パクパク

理樹 「佐々美さん!? 佐々美さーん!」



佐々美 「取り乱してしまいましたわ…」

理樹 「大丈夫?」

佐々美 「だ、大丈夫ですわ!」

佐々美 「そんなことよりも!」 

81 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/11(土) 23:58:44 ID:iMQBgP4Q
佐々美 「どうぞ!」スッ

理樹 「ありがとう」

佐々美 「その、なんの捻りもありませんけど…」

佐々美 「チョコレートと御奉仕がわたくしからの贈り物です///」

理樹 「うん、ありがとう」

佐々美 「明日はその、お願いしますね」ウワメヅカイ

理樹 「」ドキーン 

82 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/12(日) 00:11:06 ID:DbmeNwS2
理樹 (まさか佐々美さんが色仕掛けだなんて)

理樹 (予想外過ぎて思わずポルナレフしてしまった…)

理樹 「…///」

理樹 「さてこれで残りも少ないはずだけど…」

理樹 「いったい次は誰だろ?」 

83 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/12(日) 00:15:03 ID:EbCrD04I

84 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/12(日) 00:19:09 ID:DbmeNwS2
謙吾 「俺だ」

理樹 (来てしまったっ!)

理樹 (それ以前に何故謙吾がこんなにいいタイミングで僕の部屋に!?)

謙吾 「笹瀬川にメールを貰って直ぐにお前の部屋の前の部屋で待ち構えていたからな!」

理樹 「陰湿だよ!っていうかみんなタイミングいいと思ってたらそんなシステムだったんだ!?それにモノローグに勝手に入って来ないでよ!」

理樹 「………」ゼェハァ

謙吾 「いい突っ込みだ」ウンウン

理樹 「うるさぁい!」 

85 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/12(日) 00:23:52 ID:DbmeNwS2
謙吾 「まぁ落ち着け」

理樹 「まったく…」プンスカ

謙吾 「まずは俺からのプレゼントだ、受け取ってくれるか?」

理樹 「まぁ、受け取るけど…」

謙吾 「開けてくれ」

理樹 「え、いいの?」

謙吾 「食い物じゃないから大丈夫だ」

理樹 「それなら…」スルスル

謙吾 「魚偏の漢字が書かれまくった湯飲みパート?さ!」

理樹 「」 

94 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 21:52:25 ID:zoda6zi6
理樹 (ちょっといいかもって思ってしまったー!)ズーン

謙吾 「俺が悩みに悩んで選んだ珠玉の逸品だ」

謙吾 「これを俺だと思って大事に大事に使ってくれ」

理樹 「重いよ!!」

謙吾 「それとだな…」

理樹 (まだあるんだ…) 

95 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 21:57:13 ID:zoda6zi6
謙吾 「ふっふっふ、見てから腰を抜かすなよ…」

理樹 「抜かさないよ…」ハァ

謙吾 「俺お手製のリトルバスターズジャンパーだ!」バーン

理樹 (うわぁ…)

謙吾 「猫だと俺と被るからな。ヴェルカ、ストレルカデザインにさせてもらった」

理樹 「お揃いだとかの発想は無かったんだね」

謙吾 「………」

理樹 「謙吾…?」

謙吾 「しまったーっ――」ガーン

理樹 (うわぁ…) 

96 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 21:59:49 ID:zoda6zi6
謙吾 「理樹とペアルックが出来るチャンスだったのに!」

理樹 「落ち着きなよ…」

謙吾 「俺を…許してくれるのか?」

理樹 「いや、許すも何もないと思うけど…」

謙吾 「心の友よっ!」ダキッ

理樹 「うひゃぁっ!?」 

97 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 22:06:51 ID:zoda6zi6
理樹 (く、苦しい…)

謙吾 「いやっほーっう!!」ハグハグ

理樹 (あぁ、意識が…)

理樹 (今からそっちに行きます、お父さん、お母さん…)

あや 「離れろぉっ!!」ズダダダダダ

謙吾 「あべし!」

あや 「フーッ、フーッ……」

理樹 「けほけほ…」

あや 「大丈夫理樹君? ●●は無事!?」

理樹 「飛躍し過ぎだしそもそも誰にも操をたててないよ…」

あや 「ごめんね理樹君私が私が目を離したばっかりに…ごめんねぇ」ウェーン

理樹 「大丈夫だから…」

謙吾 「」チーン

理樹 (どうして謙吾が亡き者に…) 

98 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 22:11:49 ID:zoda6zi6
理樹 「それよりどうしてあやちゃんが?」

あや 「」

理樹 「もしかして…」

あや 「えぇそうよ尾行してたわよ理樹君がチョコを貰いまくるから一日中ジェラシーしてたわよ、悪い?」

理樹 「いや、僕のピンチに駆けつけてくれたのかと思ったんだけど…」

理樹 「着けてたんだ…」
あや 「」 

99 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 22:17:19 ID:zoda6zi6
あや 「また自ら墓穴を掘ってしまったぁ~」ズーン

理樹 「い、いや、結果的に助かったから、落ち込まないで」

あや 「うぅ…ありがとう」

理樹 「お礼を言うのはこっちだよ、ありがとう」ニコ

あや 「う、うん…」キュン

あや 「そ、それでね理樹君///」

あや 「着けてたのもその次が私の番だからって言うか…」モジモジ

理樹 「うん///」

あや 「一刻も早くチョコを渡したかったっていうか、謙吾に何かされないか気が気でなかったていうか…」

理樹 (結局そっちもなんだ…) 

100 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 22:21:28 ID:zoda6zi6
あや 「だからその…す、す、すすすす…う…」

理樹 「う…?」

あや 「うんがー!!///」バキィ

理樹 「ごふっ!」

理樹 (泣き所ぉ…)サスサス

あや 「ご、ごめん理樹君!」

あや 「うわぁん! 告白どころか脛に蹴りいれちゃったよぉ!」ウェーン

理樹 「もうほんと、大丈夫だから。お願いだから泣かないで…」 

101 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 22:28:38 ID:zoda6zi6
あや 「うん…」

理樹 「だから、ちゃんと聞かせてくれないかな…///」

あや 「わかってるわよ…///」

あや 「私はり、理樹君がす、すすす、す…」

あや 「げげごぼうぇっ」

理樹 「」

あや 「………」シクシクシク 

102 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 22:31:45 ID:zoda6zi6
あや 「好きです…」ズーン

理樹 (そんな沈んだまま言われても…)

あや 「何よ、散々引っ張って引っ張って、挙げ句出てきたのはその程度って言いたいんでしょ?」

あや 「全く馬鹿馬鹿しいわよね、一緒に笑いましょう、ほら笑いなさいよ、あーっはっはっは!!」

理樹 「あはははは!!」

あや 「笑うなぁ!」バキィ

理樹 「鳩尾っ!?」 

104 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 22:36:14 ID:zoda6zi6
理樹 「」チーン

あや 「うわぁ! ごめん理樹君!!」

理樹 「大丈夫、大丈夫、まだいける…」

あや 「自己暗示してる…」

理樹 「ありがとうあやちゃん、とっても嬉しい」ニコ

あや 「あ、うん…」

理樹 「でもあやちゃんにはいつも笑っててほしいから、あんまり自分を卑下しないで」

あや 「理樹君…///」

あや 「チョコレート、よろしくね///」

理樹 「うん、また明日」

あや 「じゃあ…」ダッ 

105 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 22:39:55 ID:zoda6zi6
>>103
ドンマイ


理樹 「あたたた…」

理樹 「流石に鳩尾は効いたよ…」

理樹 (これでメンバーは残すところ鈴と小毬さんか…)

理樹 (恭介はどうなんだろ…)

理樹 「」ゾクッ

理樹 (はやく終わらせよ…) 

106 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 22:44:35 ID:zoda6zi6
理樹 (またメールだ)

小毬 『私のお気に入りの場所に来てください』

理樹 「お気に入りの場所って言ったら…」

―屋上―

理樹 「ここだよね…」

小毬 「やっほー」ブンブン

理樹 「あ、小毬さ…」

理樹 「!?」ブンッ

小毬 「ほぇ? どうしたの後ろ向いて」

理樹 「その、小毬さんが高いところに立ってるから…」

小毬 「…ほわぁっ!?」

理樹 (アリクイさん…) 

107 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 22:47:38 ID:zoda6zi6
小毬 「見えちゃった?」

理樹 「見えてないよアリクイさんなんて」

小毬 「やっぱり見られてるぅー」ウェーン

理樹 (しまった…)

小毬 「とりあえず降りるからこっち見ないでね?」

理樹 「はい…」 

108 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 22:51:05 ID:zoda6zi6
小毬 「はぁ…」

理樹 「元気出しなよ…」

小毬 「よぉし忘れよう!」

理樹 「はぁ…」

小毬 「理樹君が屋上に来たら私は夕陽を眺めてました、おーけー?」

理樹 「うん、おーけー」

小毬 「よぉし、理樹君こんにちわ」

理樹 「こんにちわ小毬さん」 

109 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 22:55:03 ID:zoda6zi6
小毬 「理樹君を呼んだのは他でもありません」

理樹 「うん」

小毬 「じゃーん、ハッピーバレンタイン理樹くーん!」

理樹 「ありがと…えっと、多いね」

小毬 「理樹君にあれもこれも食べて貰おうと思ったらこうなっちゃった」エヘヘ

理樹 「あはは…」 

110 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 22:57:59 ID:zoda6zi6
小毬 「好きな人に渡せるのは1つだけなんて決まりはないからだいじょーぶだよ」

理樹 「そりゃそうだけどさ…」

理樹 (持ちきれない…)ズッシリ

小毬 「夕陽が綺麗だねぇ…」

理樹 「そうだね」

小毬 「思い出しちゃうなぁ…」

理樹 「思い出す?」 

111 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 23:06:55 ID:zoda6zi6
小毬 「ずっと昔、丁度こんな風に夕陽が綺麗な日に屋上でね」

小毬 「友達とお別れしたんだ」

理樹 「そっか…」

小毬 「あ、別に今も仲良しさんだよ?」

理樹 「そうなの?」

小毬 「うん、ずぅっと大好きな友達だから」

理樹 「大好きな友達か…」

小毬 「理樹君に似てるかも」フフ

理樹 「僕に?」

小毬 「うん、優しいところとかそっくりだよ」 

112 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 23:10:36 ID:zoda6zi6
理樹 「僕に似てる…」

小毬 「それじゃあ私は最後の人が残ってるから」

理樹 「じゃあ僕も…」

小毬 「理樹君はここにいて?」

理樹 「どうして?」

小毬 「鈴ちゃんも、すぐに来ると思うから」

理樹 「…うん、じゃあね、小毬さん」

小毬 「理樹君、また明日」

理樹 「うん、また明日」 

113 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 23:14:38 ID:zoda6zi6
理樹 「ふぅ…」

鈴 「りき…」

理樹 「あぁ、鈴。もうこんばんわだね」

鈴 「悪い、遅くなった」

理樹 「ううん、いいよ。寒くない?」

鈴 「ちょっとさむい」

理樹 「あはは、ほら」パサァ

鈴 「…?」

理樹 「僕の制服、無いよりはマシでしょ?」

鈴 「…うん」

理樹 「嫌だった?」

鈴 「ううん、あったかい」 

114 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 23:18:37 ID:zoda6zi6
理樹 「よかった…はくちっ」

鈴 「さむいのか?」

理樹 「あはは、大丈夫だよ」

鈴 「………」クルマリ

理樹 「えと、何してるの?」

鈴 「一緒に入ればあったかい」

理樹 「うん、そうだね」クルマリ

鈴 「あったかいな」ニコ

理樹 「あったかいね」 

115 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 23:21:09 ID:zoda6zi6
鈴 「でもちょっと狭い」

理樹 「あはは、謙吾や真人くらい大きければよかったね」

鈴 「それはやだ」

理樹 「なんでさ?」

鈴 「りきまで暑苦しくなるのはやだ」

理樹 「あはは…」

理樹 (ドンマイ2人とも…) 

116 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 23:24:04 ID:zoda6zi6
鈴 「星が綺麗だな」

理樹 「寒いと空気が澄むから綺麗に見えるんだって」

鈴 「りきは物知りだな」

理樹 「恭介が言ってたんだけどね」

鈴 「なんだ、あのバカが言ってたのか」

理樹 (ドンマイ恭介…)

鈴 「一杯チョコ貰ったのか?」

理樹 「えと…」

鈴 「貰ったのか?」

理樹 「はい…」 

117 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 23:27:42 ID:zoda6zi6
理樹 (何も後ろめたいことは無いはずなのに…)

鈴 「こまりちゃんは許す」

理樹 「許すって…」

鈴 「くども許してやっていい」

鈴 「くるがやは許さん」

理樹 「なんで!?」

鈴 「くるがやに任せるとりきのてーそーが危ない」

理樹 「普通逆だよ! それにまだ誰にも操をたてて無いって!」

鈴 「ほぅ、まだ…?」

理樹 (あ、地雷踏んだ) 

118 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 23:31:21 ID:zoda6zi6
鈴 「たてる予定があるんだな?」

理樹 「あぁいやその…」アセアセ

鈴 「………か?」

理樹 「へ?」

鈴 「…あたしにはたててくれるか?」

理樹 「それは……///」

理樹 「それにね鈴、普通操は女性が男性にたてるものなんだよ?」

鈴 「じゃああたしはお前にたててやっていい」

理樹 「はっ…///」

鈴 「いや、たてたい///」 

119 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 23:34:37 ID:zoda6zi6
理樹 「意味分かって…」

鈴 「分かってるぞそのくらい」

鈴 「あたしはそのくらいお前がその、好きだ///」

鈴 「だからこのチョコ、受け取ってほしい///」

理樹 「…うん」

鈴 「頑張ってつくった」

理樹 「うん」

鈴 「ちょっとしっぱいした」

理樹 「うん」

鈴 「…また明日な」

理樹 「うん、また明日…」 

120 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 23:37:55 ID:zoda6zi6
理樹 (めちゃくちゃどきどきした…)

理樹 (最後の方よく覚えてないや…)

理樹 (だってプロポーズみたいなもんじゃないか…)

恭介 「よ、お疲れさん」

理樹 「きょ、恭介…」ビクゥ

恭介 「安心しろ、俺は参加してない」

理樹 「よかった…」ホッ

恭介 「まぁ、チョコは用意してあるがな」

理樹 「えー」

恭介 「そんなに引くなよ、友チョコってやつだ」

理樹 「あぁそう…」 

121 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 23:40:32 ID:zoda6zi6
恭介 「明日は朝食後、食堂に残るように。いいな?」

理樹 「わかってるよ」

恭介 「そのチョコは自由に食ってくれ」

理樹 「え、いいの?」

恭介 「友チョコって言ったろ? 今日1日よく頑張ったで賞だ」

理樹 「恭介…」

恭介 「また明日な」

理樹 「うん」 

122 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 23:46:24 ID:zoda6zi6
理樹 「じゃあお言葉に甘えて…」

理樹 「見た目は普通のトリュフチョコみたいだけど…」パクッ

理樹 「………」モグモグ

理樹 「………」パクッ

理樹 「………」モグモグ

理樹 「………」ゴックン

理樹 「う、美味い…」

理樹 (程よい甘さとほろ苦さ、どれをとっても完璧すぎる!!) 

123 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 23:49:20 ID:zoda6zi6
恭介 「へへ、頑張った甲斐があったぜ」

あーちゃん 「棗君もよくやるわよねぇ…」

恭介 「おぅ、元気か?」

あーちゃん 「元気よ。それにしても直枝君モテモテね」

恭介 「そりゃ、あいつがモテない道理が無いさ」

あーちゃん 「それもそうね。それよりお疲れ棗君」スッ

恭介 「…俺に?」

あーちゃん 「えぇ」

恭介 「本命?」

あーちゃん 「えぇ」

恭介 「ひぃ…」

あーちゃん 「ひぃ?」

恭介 「ひぃぃぃやぁぁぁーっほぅぇ!おぇっほ!おぅえ!!」

あーちゃん 「大丈夫?」 

124 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 23:51:13 ID:zoda6zi6
―自室―

理樹 「ふぅ、これで終わりか…」

理樹 (明日の朝、そこで決めないといけない…)

理樹 「どうしようか…」

理樹 「僕が選ぶのは…」 

125 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/19(日) 23:53:18 ID:zoda6zi6
これで共通√終了です


134 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/22(水) 16:22:18 ID:dW/lRvFU
―翌日 食堂―

恭介 「さぁ、お前ら準備はいいな?」

みんな 「」コクリ

恭介 「理樹、お前もいいな?」

理樹 「うん、分かってる」

恭介 「さぁ、心に決めた奴のチョコを存分に食せ!」

理樹 (テーブルに並べられた沢山のチョコ)

理樹 (僕が選ぶのは――!!)

理樹 「これだ!」

みんな 「!!!」 

135 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/22(水) 16:29:43 ID:dW/lRvFU
葉留佳 「それであれは誰のなんですかネ?」

佳奈多 「このルールの穴ね」

美魚 「そう仰っているところでお二人のでは無いのが確定しましたね」

はるかな 「「」」

来ヶ谷 「そういう美魚くんもだがな」

美魚 「えぇ、そうなりますね」

謙吾 「どうしてなんだ理樹…」

佐々美 「―――」

小毬 「さーちゃんどうして絶句してるの?」 

136 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/22(水) 16:33:17 ID:dW/lRvFU
理樹 (凝ったつくりだ…)

理樹 (ホワイトチョコとビターチョコの二層で出来てる…)

理樹 「いただきます」パクッ

あや 「結局誰のよ!?」

理樹 「」モグモグゴックン

理樹 「うん、凄く美味しいよ」

クド 「どなたのなんでしょう…」ドキドキ

理樹 「佐々美さん」

佐々美 「―――はい///」 

137 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/22(水) 16:38:25 ID:dW/lRvFU
真人 「なん…」

謙吾 「だと…?」

鈴 「しょーきか?」

美魚 「失礼ですよ」

佐々美 「わたくしでよろしいんですか?///」

理樹 「うん、佐々美さんのこと、やっぱりあの時から忘れられないみたいだ」

佐々美 「直枝さん…///」

理樹 「佐々美さん…」

葉留佳 「おあついですネ」

来ヶ谷 「ふっ、2人を祝福してあげようではないか」

小毬 「さーちゃんおめでとー」 

138 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/22(水) 16:42:28 ID:dW/lRvFU
恭介 「ふっ、これでミッションコンプリートだな…」

真人 「俺らも男同士でつるみづらくなるな…」

謙吾 「全くだ、今日の夜は3人で朝まで騒ごう…」

あーちゃん 「早く行きましょうだーりんっ!」ダキッ

恭介 「おいおい腕に抱きつくなよハニー」ハッハッハ

真・謙 「」 

140 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/22(水) 16:46:22 ID:dW/lRvFU
恭介 「2人とも…」チラッ

恭介 「ドンマイッ」テヘペロ

真・謙 「」



佳奈多 「まぁ、恨みっこ無しの勝負だったから、素直に祝ってあげるのが道理ね」

クド 「鈴さーん?」

鈴 「うぅ…」

来ヶ谷 「鈴くん?」

鈴 「うるさい、わかってる!」 

141 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/22(水) 16:49:47 ID:dW/lRvFU
鈴 「そのだな…」

理樹 「うん」

鈴 「おめでとう、ささみ…///」

佐々美 「棗さん? 今なんと…」

鈴 「うっさいさせこ!」

理樹 「鈴…」アハハ

佐々美 「ありがとうございます、鈴さん」

鈴 「っ!?」

あや 「悔しいけど、負けは負けね」

美魚 「これ以上、お二人のお邪魔をしてはいけませんね」

来ヶ谷 「楽しんでくるといいぞ」 

142 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/22(水) 16:53:29 ID:dW/lRvFU
謙吾 「りきー…」

真人 「キョウスケニカノジョキョウスケニカノジョ…」

あや 「ほらさっさと出ていく!」ゲシゲシ



理樹 「みんな気を使わなくてもいいのに…」

佐々美 「いいえ、使ってもらって嬉しいですわ」

理樹 「なんで…?」

チュッ

理樹 「へ?」

佐々美 「これからもよろしくお願いしますね、理樹さん///」

理樹 「う、うん…///」



佐々美end 

143 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/22(水) 16:58:01 ID:dW/lRvFU


理樹 (マッスルエクササイザー)

真人 「」キラキラ

理樹 (真人が目を輝かせている…)

理樹 (いやまて早まるな僕)

理樹 (そんなに筋肉が好きな訳じゃないだろう)

理樹 (謙吾以外の皆のを選べばいいはず、そうすれば薔薇色の学園生活が…)

エクササイザー 「飲めよ」

理樹 (ダメだダメだダメだ! いったん置いてから落ち着こう…)

エクササイザー 「マジかよ」コトリ 

144 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/22(水) 17:01:14 ID:dW/lRvFU
佳奈多 「直枝が悩んでいる…?」

来ヶ谷 「彼の中にまだかなりの未練や葛藤があるようだな」

あや 「理樹君…」

理樹 (そう、筋肉以外でいいんだ筋肉以外で)

理樹 (そうするだけでいいんだ…)スー

ガシッ

エクササイザー 「よっ」

理樹 (ダメだ、本能がエクササイザーを欲している…)

理樹 (こうなったら…!) 

145 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/22(水) 17:04:19 ID:dW/lRvFU
エクササイザー 「うは」ガシィ

理樹 「さようなら、リトルバスターズ!」ゴクゴク

葉留佳 「あーっと理樹君がゲテモノ色のドリンクを飲み干したーっ!」

鈴 「りき…」

理樹 「ぐっ…!」ガクッ

来ヶ谷 「しょ、少年…?」 

146 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/22(水) 17:10:35 ID:dW/lRvFU
理樹さん 「This way...」ゴゴゴゴゴ

小毬 「あわわわわ…」

クド 「おろおろ…」ガクブル

佐々美 「な、なんですのあれは…」

真人 「お、お前は筋肉の境地に辿り着いてしまったんだな!?」

理樹さん 「」コクリ

真人 「お、俺の才能が恐ろしいぜ…」

理樹さん 「This way...」

真人 「お、俺を境地へと連れていってくれるのか?」

理樹さん 「」コクリ

真人 「ひゃっほーぅ! 果てしない筋肉の旅の始まりだぁっ!」



葉留佳 「その日以来、旅に出た2人の姿を見た者はいないのであった…」


「筋肉が暴走した!?」end 

150 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/22(水) 21:51:00 ID:dW/lRvFU
私も筋肉あなたも筋肉!!


理樹 「これ、食べるね」

鈴 「!?」

小毬 「ふふ…」

来ヶ谷 「ほうほう」ニヤニヤ

佳奈多 「バレバレね」ニヤー

クド 「おめでとーです、鈴さん」

鈴 「うん…///」

鈴 「りき///」

理樹 「なに?」

鈴 「その、こまりちゃんに教えて貰って、頑張って作った」

理樹 「うん」 

151 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/22(水) 22:07:20 ID:dW/lRvFU
鈴 「ちゃんと、できてるから、美味しい」

鈴 「とおもう」

鈴 「でもその不味かったら…」

理樹 「あむっ」パクッ

鈴 「あっ…」

理樹 「………」モグモグ

鈴 「その、どうだ…?」

理樹 「鈴が作ったチョコが美味しくないわけがないじゃないか」ニコッ

鈴 「……///」

葉留佳 「見てるこっちが恥ずかしいですネ」

来ヶ谷 「はぁはぁ、赤面する鈴くん萌え…」ハァハァ

美魚 「落ち着いてください」

あや 「ま、鈴なら文句は無いわね」

佐々美 「ですわね」 

152 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/22(水) 22:16:09 ID:dW/lRvFU
恭介 「理樹」

理樹 「うん?」

恭介 「鈴を頼む」

理樹 「まかせt」

恭介 「妹はやらん!」

理樹 「!?」

恭介 「一回やってみたかったんだよなぁこれ!」

あや 「邪魔」ターン

恭介 「ぎゃーっ!!」

あーちゃん 「あらら」 

153 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/02/22(水) 22:18:24 ID:dW/lRvFU
あや 「はい後は2人でごゆっくり~」

あーちゃん 「じゃね~」

理樹 「………」

鈴 「なぁ、りき」

理樹 「あ、はい」

鈴 「キス、しようか///」

理樹 「うん…」




鈴end