1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 05:39:13 ID:Ni12HhKw
番長 「チョコレート菓子の定番といったらこれだ」

陽介 「チョコはほろ苦いくらいが美味いもんな」

完二 「チィーッス」

完二 「あれ、なに食ってんすか2人とも」

番長 「きのこの山」

陽介 「お前も食うか?」

完二 「はぁ?」

完二 「なんで俺がんなもん食わなきゃなんねーんだよ」 


2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 05:41:52 ID:Ni12HhKw
完二 「大体きのこなんて不味いじゃないっすか」

完二 「チョコとクッキーが合ってないっていうか」

完二 「そもそも持ち歩いたら首折れちまうし」

完二 「普通の味覚してりゃきのこよりもたけのこっしょ」

陽介 「おい…」

番長 「聞き捨てならん」 

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 05:44:37 ID:Ni12HhKw
完二 「まさか先輩達きのこ厨…」

陽介 「完二クゥン?」

陽介 「まーさか君がたけのこ厨だったとはねぇ」

番長 「不良でも根は良い奴と思っていたんだがな…」

完二 「おいちょっと待てよ」

完二 「たけのこの何がいけねーんだ」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 05:47:18 ID:Ni12HhKw
番長 「なんか粉がキモい」

陽介 「チョコが甘ったるいんだよな」

番長 「というか生理的に無理」

完二 「…わかったっすよ」

完二 「頭の軽いきのこどもには口で言っても分かんないだろうからな」

番長 「ふっ、こちらの台詞だ」

陽介 「ここらで白黒ハッキリさせるか」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 05:52:57 ID:Ni12HhKw
千枝 「おーっす!」

雪子 「おはよう、番長君」

番長 「おはよう」

陽介 「なぁ里中、お前きのこの山とたけのこの里ならどっちが好きだ?」

完二 「たけのこっすよね先輩!?」

千枝 「は、はぁ?」

雪子 「どうしたのいきなり?」

番長 「かくかくしかじか」

千枝 「ほうほうほほほう」

雪子 「私はきのこかなぁ」

千枝 「…は?」

千枝 「冗談でしょ?」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 05:56:35 ID:Ni12HhKw
千枝 「きのこなんて人間の食べるものじゃ無いよ」

雪子 「ちょっと、いくら千枝でも許せないよ」

千枝 「ふーん、そう雪子はきのこ厨なんだ…」

雪子 「そう言う千枝もたけのこ厨だったんだね…」
千枝 「」バチバチ

雪子 「」バチバチ

陽介 「は、入り込めねぇ…」

番長 「だが3対2だ」

完二 「ぐぬぬ…」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 05:58:56 ID:Ni12HhKw
陽介 「ま、この調子だとたけのこが泣きを見るのは確実だな」

番長 「まったくだ」

完二 「ま、まだ他にもいるっすよ!」

千枝 「そうだよ! 絶対負けないんだから…」

雪子 「惨めな負け犬達ね」

雪子 「行こう、番長君」フフン

千枝 「ぐぬぬ…」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 06:01:58 ID:Ni12HhKw
りせ 「せんぱーいっ!」

直斗 「おはようございます」

クマ 「おはようクマー」

千枝 「たけのこの里が好きな人ー!」

りせ 「わっ」

直斗 「どうしたんですかいきなり?」

クマ 「チエチャン必死クマ」 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 06:04:30 ID:Ni12HhKw
直斗 「なるほど…」

りせ 「センパイはもちろんたけのこですよね?」

番長 「きのこうまうま」

りせ 「」

陽介 「りせちーがたけのこ厨だったなんて…」

雪子 「2人は?」

陽介 「クマはきのこだよなー?」

クマ 「クマー…」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 06:08:55 ID:Ni12HhKw
クマ 「クマはぶっちゃけたけのこの方が好きクマ」

陽介 「なん、だと…」

千枝 「よく言ったクマ!」

完二 「やっぱお前はただのクマじゃねぇな!」

クマ 「クマクマー」

陽介 「じゃ、じゃあお前は楽しそうにきのこを食う俺を心の中ではゲラゲラ腹を抱えて笑ってたんだな…」

番長 「どんまい」ポン

クマ 「べ、別にきのこも嫌いなわけじゃ…」

りせ 「は?」

クマ 「き。きのこなんてごみクマ!」

陽介 「てめぇ!」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 06:12:53 ID:Ni12HhKw
陽介 「ぜってー許さねーかんな!」

クマ 「く、クマもきのこ厨のヨースケの家になんて住んでられないクマ!」

陽介 「おぅ、たけのこ厨と同じ屋根の下なんて考えただけでゾッとするぜ!」

クマ 「うわーんカンジー!」

完二 「あー」

雪子 「泣かせるのはよくないよ…」

陽介 「はんっ」

番長 「ちなみに直斗は?」

直斗 「あ、きのこおいしいです」

番長 「よく言った」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 06:15:15 ID:Ni12HhKw
番長 「まさか綺麗に半々とは…」

千枝 「まだだよ、この町にはもっと人がいる…」

完二 「これはもう…」

直斗 「やることはひとつですね…」

全員 『全面戦争だ!』 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 06:18:42 ID:Ni12HhKw
きのこ勢

雪子 「決戦の日は明日の夕方…」

陽介 「それまでにどれだけの味方を探せるかだな」

直斗 「負けるわけにはいきませんね」

番長 「じゃあ早速仲間を探しに行こう」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 06:22:09 ID:Ni12HhKw
番長宅

陽介 「なんでいきなりお前の家なんだよ」

番長 「頼りになる心当たりがある」

雪子 (番長君の家…)ドキドキ

直斗 (先輩の家…)ドキドキ

番長 「ただいま」

菜々子 「おかえり、おにいちゃん!」トタトタ

番長 「よしよし」ナデナデ

菜々子 「んー//」

雪子 (いいなぁ…)

直斗 (うらやましい…) 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 06:31:13 ID:Ni12HhKw
堂島 「おぅ、友達か」

番長 「あぁ」

番長 「おじさんはきのこの山とたけのこの里どっちが好きだ?」

堂島 「もちろんきのこだ」

2人 「」ガシィ

陽介 「なんて力強い握手なんだ…」

雪子 「それに一瞬で番長君がきのこ厨であることを理解するなんて…」

直斗 「流石は堂島さんだ」

番長 「菜々子はきのこが好きだもんな」

菜々子 「うん!」

足立 「僕はキャベツの方が好きかなぁ!」

番長 「訊いてない」

足立 「ひどいなぁ」 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 06:39:40 ID:Ni12HhKw
たけのこ勢

千枝 「仲間を探さないといけないんだけど…」

クマ 「センセーが向こうにいるのが痛いクマ」

完二 「なんてったって全部の能力がマックスっすからね」

りせ 「何言ってんの?」

完二 「なんでもねー」

千枝 「でも番長君がきのこ厨だったなんて…」

りせ 「センパイはきっと花村センパイに洗脳されてるんだよ!」

千枝 「はっ、そうだったのか!」

完二 「えー…」

クマ 「せんのー?」 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 06:41:31 ID:Ni12HhKw
りせ 「待っててねセンパイ、私が花村のヤローからセンパイを助け出してみせるから!」

りせ 「そしてゆくゆくは…ぐふふ」

完二 「じゃー早速仲間探しに行くかー」

クマ 「行くクマー」 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 06:46:45 ID:Ni12HhKw
美津雄 「あれ、君達…」

完二 「あれ、なんかどっかで見たことあるような…」

千枝 「なんか見てるだけでドーンしたくなるっていうか…」

美津雄 「ちょっと酷すぎるよ…」

りせ 「どうでもいいよ、早く行こう」

美津雄 「ま、待ってよぉ!」

クマ 「なんかついてきてるクマ」

完二 「警察呼んでろ警察」 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 06:49:18 ID:Ni12HhKw
美津雄 「き、君達がたけのこ厨だっていうから来たのに…!」

完二 「なんだお前もかよ」

千枝 「ハズレって感じだよね」

クマ 「ハズレクマー」

美津雄 「酷すぎるよ!」 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 11:41:48 ID:Ni12HhKw
『美津雄 が 仲間に なった!』

完二 「全然うれしくねー」

千枝 「あんたもたけのこ厨ってわけね」

美津雄 「もちろんだよ」

美津雄 「きのこなんて犬の餌にもならないじゃないか」

りせ 「それできのこ厨だったらサイテーね」

クマ 「人以下の何かクマ」

美津雄 「扱い酷すぎない?」 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 11:50:48 ID:Ni12HhKw
きのこ勢

番長 「国家権力と俺の菜々子を手に入れた」

陽介 「よっ、ナナコン番長流石」

番長 「よせよ照れる」

直斗 「少し敵についても考えてみましょう」

雪子 「?」

直斗 「久慈川さんとクマがたけのこ勢についているのは痛いですね」

番長 「索敵能力か」

雪子 「あ、たしかにりせちゃんには私達がどこにいるかとかすぐわかっちゃうもんね」

直斗 「恐らくたけのこ厨は番長先輩を向こう側に引き込もうとしてくるでしょう」

陽介 「番長が一人きりになったところを狙って…」

直斗 「外道の権化であるたけのこ厨のことです。拉致まがいのことをしてくるかもしれません」

番長 「なら考えがある」 

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 11:54:01 ID:Ni12HhKw
たけのこ勢

りせ 「ふふ、センパイの洗脳を解くには一人の今しかない!」

完二 「ペルソナまで使うかよ」

千枝 「死活問題でしょ!」

クマ 「チエチャン恐いクマー」

美津雄 「女の嫉妬って恐いね」

りせ・千枝 「あぁん!?」

3人 「ひっ」ビクゥ 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 11:59:03 ID:Ni12HhKw
りせ 「せんぱーいっ!」タタタ

番長 「りせか」モグモグ

りせ 「センパイ、そんなの食べるの止めて一緒にたけのこ食べよっ!」

番長 「美味いぞ?」

りせ 「それは花村センパイに洗脳されてて…」

番長 「食べる?」

りせ 「い、嫌よきのこなんて…!」

番長 「そうか…」シュン

りせ 「うっ…(項垂れてるセンパイ可愛いけど心が痛い…)」

りせ 「ひ、一口だけなら」

番長 「そうか。ほら、あーん」

りせ 「!?」 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 12:42:04 ID:Ni12HhKw
雪子 「あ、帰ってきた」

りせ 「じゃあ次は私が食べさせてあげるねっ」イチャイチャ

番長 「うん、美味い」イチャイチャ

花村 「まさかたけのこ厨であるりせちーまで落としちまうなんて…」

花村 「流石は生き字引にして豪傑かつタフガイそしてオカン級の包容力を持ちなおかつ言霊使いでもある天然ジゴロ!」

雪子 「」グヌヌ

直斗 「」ジトー 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 12:46:46 ID:Ni12HhKw
雪子 「はやくいこ、番長君」

直斗 「きのこの山ならあとで僕が食べさせてあげますから」

りせ 「えー、私が食べさせてたのにー」

直斗 「順番です」

陽介 「死にてぇ」 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 16:13:41 ID:Ni12HhKw
完二 「りせが落ちた…(色んな意味で)」

千枝 「さ、流石は最強の色男…」

クマ 「やっぱりセンセーには敵わないクマー」

美津雄 「ど、どうするのさ…」 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 16:16:40 ID:Ni12HhKw
完二 「あーメンドクセェ」

完二 「もう一気に潰しちまおうぜ」

美津雄 「えー」

クマ 「ムリクマー」

千枝 「そうだ」

クマ 「クマ?」

千枝 「私のどーん! で…」

完二 「先輩死にますやん」 

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 16:27:17 ID:Ni12HhKw
決戦日

番長 (町中のペルソナ使いを巻き込んだきのこ厨対たけのこ厨の戦いが始まろうとしていた…)

完二 「決着をつけようぜ…」

陽介 「ペルソナ使いならやることは一つだな…」

千枝 「ペルソナっ」カッ!

クマ 「ゴー! キントキドウジー!」カッ

雪子 「コノハナサクヤ!」カッ

りせ 「すごい、みんなペルソナの力が今までに無いくらいに…」 

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 16:29:19 ID:Ni12HhKw
番長 「ふんっ」カッ

ベルゼブブ 「よっ」

『メギドラオン』

「「アッーーーー!」」チュドーン

番長 「勝った…」

りせ 「やったねセンパイ!」

2週目である番長の力によってきのこ厨は勝利を納めたのだった… 

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/16(金) 16:31:54 ID:Ni12HhKw
エリザベス 「お二人はどちらがお好きなのですか?」

キタロー・ハム子 「パイの実」

イゴール 「パイの実うまうま」


おわれ