1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 18:52:43 ID:55cymIys
唐沢「いきなり何を…」

モトハル「だから言ったろ!?もう姉ちゃんにはうんざりなんだって!」

唐沢「どうしてだ?」

モトハル「この顎の傷見ろよアイツのせいなんだぜ!髪型だって馬鹿にされてよー…」

モトハル「とにかく今日は家に帰らない!副会長!泊めてくれ!」

副会長「え!?いや…無断外泊は校則違反で…」

モトハル「じゃあ唐沢!」
唐沢「いいよ」
副会長「おい!!」


会長(いる意味ないな…俺…) 


男子高校生の日常
男子高校生の日常
posted with amazlet at 18.07.09
(2014-03-19)
売り上げランキング: 136,880
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 19:40:22 ID:55cymIys
唐沢「モトハルも一日すれば戻るさ」
副会長「うーん……」


唐沢家
唐沢「ただいま」
モトハル「おじゃましまーすぅ」

唐沢「ひとまず俺の部屋に…」

モトハル「あぁ…」

唐沢部屋
唐沢「モトハル、明日は家に帰るのか?」

モトハル「あぁ、一応な」

唐沢「そっか…なら泊まってけ そして明日は家に帰れよ」

モトハル「わーったよ…あ、おばさん、何か手伝いましょうか?」

唐沢「……」

唐沢(本当に明日家に帰るのか…?) 

3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 14:03:13 ID:OCGx0rlM
パラッパッパー♪

唐沢「モトハル、メールだぞ(なんて着メロだ…」

モトハル「どれどれ…げっ!姉ちゃんだ…」

唐沢「なんて?」

モトハル「どこにいるの?あと今日の夕食は何がいいかって…無視していいよな」

唐沢「返信はしろよ」

モトハル「えーー…」

唐沢「……」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 17:51:25 ID:OCGx0rlM
モトハル「唐沢、ス◯ブラしよーぜ俺1Pで」

唐沢「メール返信しろ」

モトハル「後でするってぇ…俺ルカ◯オな」

唐沢「ちょっと待ってろ…」すくっ


廊下
唐沢「もしもし」
副会長「どうした?」

唐沢「モトハルの姉さんに電話をしておいてくれないか 俺は今モトハルといるから電話するタイミングが…」

副会長「…分かった」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 17:55:01 ID:OCGx0rlM
唐沢「お待たせ」

モトハル「お前もしかして姉ちゃんに…」

唐沢「電話もメールもしてない。発信履歴見るか?」

モトハル「いや、いいわそんな自信満々なら。つかスマ◯ラ!」

唐沢「あぁ…」

唐沢「………」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 18:00:02 ID:OCGx0rlM
プルルルルル…

モトハル姉「はい…」

副会長「あ、もしもし私、真田北高等学校生徒会副会長と申します。モトハルくんのお姉様でしょうか?」

モトハル姉「そうですけど…あ、もしかしてモトハルの事で…」

副会長「…はい。今日、恐らくモトハルくんは帰ってこないと思います」

モトハル姉「えっ…?」 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 18:04:52 ID:OCGx0rlM
副会長「友達の家に泊まっていくと…」

モトハル姉「なんでそれ言わないのさぁ…お陰で…」

副会長「その事なのですが…」

モトハル姉「?」

副会長「モトハルくんは……」

ドクン…
ドクン… ドクン…
副会長(ダメだ…言えない…モトハルが姉さんの事を嫌っているなんて…)

モトハル姉「あの~…」

副会長「モトハルくんは明日帰ると言ってました…」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 18:08:15 ID:OCGx0rlM
モトハル姉「当たり前ですよ!二日続けて外泊なんて許さない!」

副会長「は、はぁ…では、失礼します…」

つー つー つー
副会長「はぁ…本当の事なんて…言える訳ない…明日は必ず家に帰ってもらおう…」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 18:17:27 ID:OCGx0rlM
唐沢家
モトハル「おばさん、食器洗いますよ!」

唐沢「……」

プルルルルル
唐沢「!携帯…?」
ピッ
唐沢「もしもし」

副会長「唐沢…俺はダメな奴だ…モトハルの姉さんに本当の事を…言えなかった……」

唐沢「…別にそれでいい。姉さんが気付く前にモトハルの姉さんに対する考えを正せばいい…」

副会長「あぁ……」


ピッ
唐沢「モトハル、風呂沸いたから先入れよ」

モトハル「いや、お前からでいいよ今食器洗ってるし」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 18:31:25 ID:OCGx0rlM
プルルルルル…
モトハル「電話…げっ!姉ちゃんだ…」

唐沢「電話ぐらいは出ろよ」

モトハル「…わーったよ……」ピッ

モトハル「もしもし…?」

モトハル姉「あ!モトハル!なんで連絡しないのさ!」

モトハル「ごめん姉ちゃん忘れてた…」

モトハル姉「明日は私の友達連れて鍋パーティやるから、絶対帰って来なさいよ!」

ボキ[心の折れる音]

唐沢「! モ、モトハル!」

モトハル「……」

モトハル「唐沢、もう一泊していいか?」

唐沢「何言ってるダメだ」

モトハル「…そうか」 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 18:36:36 ID:OCGx0rlM
翌日

唐沢「じゃあな真っ直ぐ帰れよ」

モトハル「…おじゃましました……」

唐沢「今は土曜のお昼…モトハルが責めて夕方までに家に帰ればいいが…」


モトハル「はぁ…どこかで時間潰すか…漫画喫茶でも…」

モトハル姉「あ!おーいモトハル!」

モトハル「」 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 20:24:54 ID:OCGx0rlM
女子高生A「あ、ミノの弟だ!」

女子高生B「久しぶり~」

モトハル「ど、どうも…」

ヨシタケ姉「相変わらずダサい顎髭だねw髪型は弟の友達に似てるけど…」

モトハル「タダクニですか…?」

ヨシタケ姉「そうそうあの地味なの」

モトハル「………タダクニ」

モトハル姉「よし、モトハル!鍋の材料買いに行くよ!」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 20:32:01 ID:OCGx0rlM
ヨシタケ姉「やっぱ髪型変えてみよーよリボンあるし」

モトハル「え!?」

数分後……
ハルヒヘアーモトハル
モトハル姉達「あっははははは!!」

モトハル「………」ゴゴゴ…

モトハル姉「よし!そろそろ行こう!」

モトハル「………」

モトハル姉「どしたモトハル?」 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/01(日) 15:15:24 ID:fdbjZyBM


モトハル「いや、な、なんでもない…」
モトハルは爆発しそうな感情を静かに抑え、そっと蓋をした。


しかし次の瞬間、その蓋は容赦なく開けられた。

ヨシタケ姉「つかそのハルヒヘアーいつまでやってんのさキモいんだけどw」

女子高生A「プッ!」

モトハル「」

モトハル姉達「ぎゃはははは!」

バキッ!
モトハル姉「!?」

モトハルはコンクリートの壁を殴り、ヒビを入れたのだ。

モトハル姉「ちょっ…モトハル何やってんのさ!?」 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/01(日) 15:22:34 ID:fdbjZyBM
モトハル「……うだ…」

モトハル姉「え?」

モトハル「いつもこうだ!」

ヨシタケ姉「ビクッ!」

モトハルは姉の胸ぐらを掴んで言った。

モトハル「反撃できない弟という立場を利用して俺をおもしろおかしく馬鹿にしやがって!!」

モトハル姉「モ、モトハル…?」

ヨシタケ姉「え、何?マジギレ?」

女子高生B「ぷっw」

女子高生A「あははw」

モトハル姉「ちょっ…三人共…」

モトハルはそのまま姉を突き飛ばした。

ドサッ
モトハル姉「痛っ!」 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/01(日) 15:30:19 ID:fdbjZyBM
そのままモトハルは四人の前から去った。

ヨシタケ姉「何あれ?」
女子高生A「ミノ大丈夫?」

モトハル姉「うん……」

女子高生B「もう行こうよ」

モトハル姉「……………」


そしてモトハルは……

モトハル「これからどうしよう…」

モトハル「そうだ!」ピッ

プルルルルル
ヒデノリ「もしもし…モトハル?」

モトハル「おうヒデノリ、なぁ、今日泊めてくれないか…?」

ヒデノリ「……それがさぁモトハル…無理なんだ…」

モトハル「……え?」

ヒデノリ「唐沢に言われてんだ…多分、タダクニやヨシタケも…」

モトハル「……マジかよ…」 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/01(日) 15:35:02 ID:fdbjZyBM
モトハル「どうしよう…」

モトハルは一人、夜の街を歩いていた。

モトハル「寒いな…今頃あいつら…鍋でも喰ってんだろうな…」

モトハルはこの間、ひったくりに財布を盗られたばかりなので、あまり金を持っていないのだ。

ピザ屋前
モトハル「……ピザ食いてえな…」

タダクニ「モトハル?」

モトハル「! タダクニ…?」 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/01(日) 15:41:34 ID:fdbjZyBM
ピザ屋
タダクニ「ほら食えよ皆には内緒だぞ」

モトハル「いいのか?店長とかに見つかったら…それに唐沢にも…」

タダクニ「関係ないよ、俺のおごりだし、唐沢が何言おうが友達助けるのは当たり前だろ?」

モトハル「た…タダクニ…!」

タダクニ「だから食えよ 焼きたてだぞ?」

モトハル「ありがとな…!」

タダクニ(これで俺の出番増えるかな…) 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/01(日) 15:48:22 ID:fdbjZyBM
モトハル家

女子高生A「ミノー、肉入れていい?」

女子高生B「ミノ?」

モトハル姉「…ねぇ、三人共…悪いけど…今日は帰ってくれない…?」

ヨシタケ姉「え…!?」

モトハル姉「ごめん……」

女子高生A「わ、分かったよ、ミノも色々あるもんね…じゃあ鍋パーティはまた今度で…」

モトハル姉「…うん」

女子高生A「おじゃましました」
女子高生B「じゃあね、ミノ」
ヨシタケ姉「また今度ね」

バタン…

モトハル姉「………」


モトハル「反撃できない弟という立場を利用して俺をおもしろおかしく馬鹿にしやがって!!」


モトハル姉「…モトハル……」 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/01(日) 17:05:29 ID:fdbjZyBM
タダクニ「俺ん家は妹いるしな…そこから唐沢に連絡いったらまた…」

モトハル「いや、いいよ そこまで迷惑は掛けない 俺は帰る…」

タダクニ「え、マジ?」

モトハル「あぁ、色々ありがとな…」

タダクニ「お、おぅ…じゃあな…」

バタン…

モトハル「とは言ったものの…これからどうしよう…ネットカフェでも…いや……」

モトハル「そうだ!」

プルルルルル…
ミツオくん「もしもし…モトハル?」

モトハル「なあミツオくん、今日泊めてくれないか?」

ミツオくん「え?と、とりあえず俺ん家来いよ…」

モトハル「分かった、じゃあ後でまた…」ピッ

モトハル「さすがの唐沢もミツオくんには連絡してなかったみたいだな…!」 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/02(月) 19:12:57 ID:t2fdxpzU
ミツオ家

モトハル「すまねえな、こんな時間に…」

ミツオくん「まぁいいけど…何があったの?」

モトハル「ちょっと訳ありでさ…家出してるんだ」

ミツオくん「帰れ」

モトハル「」

ミツオくん「お前姉さんと二人暮らしだろ!姉さんに心配とか負担とかかけるな!」

モトハル「……え~」

ミツオくん「とにかくお前は家に帰れ!そして姉さんに謝れ!たとえ姉さんが悪くても心配かけた事は謝れ!いいな!?」

モトハル「おいおい…マジで?」

ミツオくんは基本的にはいじられキャラだが、他のキャラにはない熱さを秘めているのだ。 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/02(月) 19:28:03 ID:t2fdxpzU
モトハル「仕方ない…とりあえず…どこか行くか…」

モトハル「タダクニが金貸してくれたし…これでどこか民宿でも…」

民宿
[潰れ宿]
モトハル「…なんだこの名前は……」 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/02(月) 19:38:35 ID:t2fdxpzU
モトハル「やめよう…ネットカフェとかのがよっぽどマシだ…」

唐沢家
唐沢「……」
プルルルルル…
モトハル姉「はい…」

唐沢「もしもし、モトハルのお姉さんですか?」
モトハル姉「はい……」

唐沢「私はモトハルと同じ生徒会の唐沢といいます。モトハルはいますか?」
モトハル姉「……いえ…」

唐沢(やっぱり…)「あの…モトハルの事で…」

モトハル姉「……私…モトハルに嫌われてたんだね…」

唐沢「……!」

モトハル姉「今日、駅前でモトハルに会って…いつもみたいにまたモトハルをいじってた…」

唐沢「………」

モトハル姉「モトハルは…それがずっと苦痛だったんだね…姉として、こんな事もわからないなんて…私は姉失格だなぁ…」

唐沢「…そんな事ありませんよ」

モトハル姉「ちょっと、モトハル捜しに行ってくる…それじゃ」

ツーツーツー… 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/02(月) 20:01:08 ID:t2fdxpzU
唐沢「……」

唐沢(モトハルの姉さんはやはり気付いた…モトハル……何処にいるんだ…)

モトハル姉「モトハル…」 

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 18:11:41 ID:XWeEU/AY
「よぉ姉ちゃん」

モトハル姉「!?」

科学部長「俺らとどっか遊びに行こうぜ…」
映画研究部長「行こうぜ」
コンピューター部員「行こうぜ」

モトハル姉「え…いや…」

科学部長「黙ってちゃ何もわかんねーよ!」がっ


38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 18:16:23 ID:XWeEU/AY

モトハル姉「は、離して…!」

モトハル姉(力…強い…モトハルも…こんぐらい強かったんだろうなぁ…)

映画研究部長「よし、まずは映画でも見に…唐沢「それぐらいにしろ」

コンピューター部員「生徒会!」

副会長「お前ら…廃部決定だ」

科学部長「」
映画研究部長「」
コンピューター部員「」 

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 18:21:24 ID:XWeEU/AY
唐沢「大丈夫ですか?」

モトハル姉「あ…ありがとう…」

副会長「唐沢、モトハルのお姉さんを家まで送ってくれ」

唐沢「分かった」
モトハル姉「え…?」

副会長「ここはどうか我々に任せてください」

モトハル姉「………」 

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 18:47:08 ID:DtJv0F0s
はよはよ 

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 11:59:11 ID:wWAMdVwE
チュンチュン…

モトハル「朝……?」

モトハル「そっか…いつのまにか公園で寝てたのか、俺…」

モトハル「さみーな…朝飯買いに行くか…」


コンビニ
モトハル「あれ?ミツオくん!?」

ミツオくん「モトハル!」

モトハル「よ、よう…久しぶりだな…」

ミツオくん「昨日会ったばかりだろ…」 

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 16:25:36 ID:wWAMdVwE
ミツオくん「にしても今朝は早いな どうしたんだ?日曜だってのに」

モトハル「え、あーあれだ…生徒会の会議(ウソ)があって…ミツオくんは…?」

ミツオくん「俺は部活の朝練だけど…あ!よかったら一緒学校行くか!」

モトハル「え!?」


真田北高校
ミツオくん「じゃあ俺はこれで!」タタッ

モトハル「…学校来ちまったよ…でもここだと姉ちゃんにも見つからないな…しばらく学校で時間潰すか…」 

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 18:21:27 ID:wWAMdVwE
昼過ぎ…

モトハル「腹減った…食堂行くか…」

食堂
モトハル「うどんください」
おばちゃん「はいよっ」

ズルズルズルズルっ
モトハル「そーいや昨日はシャワーすら浴びてねえや…体育館のシャワー使えるかな…」

体育館
モトハル「あダメだ…掃除中だ…」

モトハル「……どこ行こう…」 

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 18:33:02 ID:wWAMdVwE
モトハル家

モトハル姉「…モトハル……帰ってきてよ……モトハル………ぐすっ…」


副会長「いたか!唐沢!?」
唐沢「いや、ここにもいない」
副会長「どこいったんだ…モトハル…!」

唐沢「こうなったら仕方ない…2ーA全員でモトハルを捜索する!」

数十分後…
2ーA全員が公園に集まった! 

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 18:43:22 ID:wWAMdVwE
唐沢「俺ら2ーAで絶対にモトハルを見つけるぞ!」

ヒデノリ「おー!」
ヨシタケ「おー!」
タダクニ「お、おー…!」

唐沢「どうしたタダクニ、歯切れの悪い…」

タダクニ「い、いや、何でもない」
タダクニ(モトハルとは昨日ピザ屋前で会ったんだけどな…


角して…この間違えては2ーA生徒で溢れた!

「なにあれショタ萌え?きもっ」
「なにあのメイド服…」
「熊の着ぐるみ…?」

唐沢「なんで皆1巻のカバー下の格好で来たんだ…?」

唐沢「やばい!警察!ヨシタケが捕まる!」

ヒデノリ「ヨシタケぇ!逃げろぉ!」

ヨシタケ「おぅ!」

唐沢「ダメだ…俺だけでモトハルを捜さねば……ん?」 

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 18:50:35 ID:wWAMdVwE
唐沢「どうした、クギヒコ?」

クギヒコ「」ぼー…

説明しよう、クギヒコとは1巻の第3話、第11、12話にでていた常に笑っててボーっとしてしてる奴なのだ!多分…

唐沢「クギヒコ……?」

クギヒコ「」ボーっ スッ…

唐沢「!!」

クギヒコが指を指した場所には…


モトハルがいた…! 

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 19:35:27 ID:wWAMdVwE
唐沢「モトハル!」

モトハル「唐沢!」

唐沢「お前…姉さんがどれだけ
心配してるか…」

モトハル「………」

唐沢「今すぐ家に帰れ そしてまずは姉さんに謝れ」

モトハル「……俺はあいつを姉と思った事なんてねえよ」

唐沢「……?」

モトハル「あいつは同じ家に住んでる性別不明のよくわからん人間なんだよ!」

唐沢「………」

唐沢「だが家族だろ…」

モトハル「……!」 

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 09:36:40 ID:RHEn9hEA
モトハル「家族……」

モトハルの頭の中で何かが浮かんだ。

両親が仕事で家を出て、姉と二人暮らし。

家事も全てやってくれる姉。

夕食のリクエストを聞いてくれる姉。

ムカデを退治してくれる姉。 

57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 09:40:16 ID:RHEn9hEA
姉がいるから今の自分がいる…

モトハル「帰ろう…家に…」

唐沢「それがいい…」ニコッ

しかし…

副会長「大変だモトハル!」

モトハル「ん?」

副会長「お前の姉さんが倒れた!!」 

58 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 13:17:16 ID:RHEn9hEA
姉が倒れた原因は心身の疲労とストレスにあった。

モトハル「俺のせいだ……俺のせいで姉ちゃんが倒れた!」

唐沢「モトハル……」

唐沢も副会長もモトハルにかける言葉がなかった…。

会長(いる意味ないな…俺… 

59 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 13:21:00 ID:RHEn9hEA
数日後……とある海辺。

ザザァー…

モトハルは海辺に座り込んでいた。

会長「モトハル!」

モトハル「…?生徒会長……唐沢、副会長まで…」

唐沢「姉さんが意識を取り戻したらしいぞ」

モトハル「!」

副会長「会いに行ってこい!」 

60 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 13:24:23 ID:RHEn9hEA
モトハルは走った。風より早く…

そして…


モトハル「姉ちゃん…?」

モトハル姉「モトハル…?」 

61 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/09(水) 13:35:42 ID:RHEn9hEA
モトハル「姉ちゃん…ごめん…本当に…」

モトハル姉「なんで…?」

モトハル「え…?」

モトハル姉「なんで謝るの…悪いのは私なのに…」

モトハル「姉ちゃん…」

モトハル姉「モトハル…ごめんなさい…」

モトハル「別に、もういいよ…」 

64 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/10(木) 22:16:02 ID:V.0RGApI
モトハル「姉ちゃんは家事をやって…そして俺の相手もしてる…今まで考えた事なかったけど…大変なんだろうなぁ…」

モトハル姉「モトハル…」

モトハル姉は泣いていた…目は見えないので泣いてるかわかりずらいが、確かに泣いていた…。モトハルはそっと姉を抱きしめ、言った。


モトハル「姉ちゃん…大好きだ…」 

65 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/05/10(木) 22:19:30 ID:V.0RGApI
数日後…

姉は退院し、また俺は姉ちゃんと二人暮らし。

こうして、また俺の日常が…

モトハル姉「モトハルー、お風呂入るよー」

モトハル「」


唖々、今夜も俺は風呂で姉ちゃんと混浴することに……


こんな◯◯◯◯風な俺の日常が…


おわり