1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 20:03:44.89 ID:wY3Hn5Fu0

モバP「ほら、好み分かれるじゃんかアレは」

頼子「私は好きですよ。あの甘さと爽やかさのコンビネーションがいいですよね」

モバP「よかったよかった。歯磨き粉みたいとか言い出したらどうしようかと」

頼子「よく聞きますね、その比喩は。好む身としてはピンと来ませんが」

頼子「ところで、チョコミントがどうしましたか?」

モバP「今度のミニライブってアイスクリームショップとのタイアップだろ」

モバP「ステージにアイスクリームのオブジェを置いたりすることは最初から決まっていたんだが、それが衣装にも波及してな」

頼子「衣装に?」

モバP「うん。で、先方と一緒に『頼子はアイスクリームで言うとどのフレーバーか』という議論を重ねてだね」

頼子(どういう議論なんだろうそれは)

モバP「頼子はチョコミントだろう、と」

頼子(いまいちピンと来ない)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1533726224

引用元: モバP「チョコミント好きか?」古澤頼子「チョコミントですか」 



THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 20 リトルリドル
CINDERELLA GIRLS
日本コロムビア (2018-08-22)
売り上げランキング: 94
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 20:05:01.70 ID:wY3Hn5Fu0

モバP「そして出来上がった衣装デザインがこちらです」

頼子「……確かに一目でチョコミントと分かる色合いですね」

頼子「ハットと胸元のイミテーションも分かりやすいですし、かわいらしいです」

頼子「ただ……」

モバP「どうした? 何か気になるか?」

頼子「……少し、布地が少ないな、と」

モバP「あぁ、それ材料費の節約」

頼子「………………………………なるほど?」

モバP「ウソです」

頼子「」

モバP(そんなバカなと思いつつも僅かな可能性を捨てきれず無理やり納得しようとするよりっちマジキュート)

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 20:05:57.07 ID:wY3Hn5Fu0

モバP「冗談はさておき、布地面積に関しては半分水着みたいなもんだからな」

モバP「今回のステージはプールに面しているわけだし」

モバP「プールでぷかぷか浮かぶお客さんの前にバッチリ着込んで出ていくのはなんか違うだろ?」

頼子「それはまあ……そうですけど……」

モバP「ふーむ、煮え切らない様子だな。今ならまだ修正利くから何でも言ってくれ」

頼子「修正、というわけでもなくて……」

モバP「じゃ、何だ」

頼子「……布地が少ないな、と」

モバP「んん? だからそれは水着みたいなもんであって」

頼子「……」モジモジ

モバP「……」

モバP「……あっ、もしかしてシンプルに恥ずかしいってこと?」

頼子「…………はい」コクン

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 20:08:21.93 ID:wY3Hn5Fu0

モバP「そういえば頼子はハワイ行った時の水着もワンピースだったな」




頼子「セパレートタイプの水着は経験がなくて」

頼子「これまでの衣装もあまり露出があるものではなかったですし」

モバP「……そうだったっけ?」

頼子「はい。肩出しくらいならありましたけど」

モバP(最初に着てもらったヤツなんかは、あれはあれで意外ときわどかったと思うんだが)

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 20:10:38.71 ID:wY3Hn5Fu0

モバP「ともかく、頼子としてはもう少し露出は抑えたい、と?」

頼子「可能であれば……」

モバP「うん、それ無理」

頼子「そんな、さっき修正が利くと」

モバP「細かいディテールの話よ、それ。シルエットを変えるってなると、殆ど全ボツだもの」

モバP「だから覚悟決めよう。な?」ニコニコ

頼子(何故そんな嬉しそうに……)

頼子「ど、どうしても?」

モバP「どうしても。俺だって見たいし、これ着た頼子」

頼子「え」

モバP「最近の頼子は笑顔が柔らかくなってきたからな。ここらでいっちょポップな衣装を着せたいのよ」

頼子「笑顔が……」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 20:11:38.21 ID:wY3Hn5Fu0

頼子「本当に見たいですか、この衣装を着た私を」

モバP「こんなことで嘘はつかないよ」

頼子「でしたら……その、約束して下さい」

モバP「約束?」

頼子「私がこの衣装を着た時に……似合う、と」

頼子「かわいい、と褒めてくれませんか。嘘でも、いいので」

モバP「おう、勿論だ」

頼子「約束ですよ?」フフッ

モバP(この子たまにグイグイくるのよね……だがそれがいい)

頼子「……布地、少ないなあ」ボソッ

モバP(しかも自分を鼓舞する約束取り付けたくせにまだ踏ん切りがついてない。かわいい)

モバP(とはいえ、折角やる気を出してくれたんだし何かいい案はないものか)フム

モバP(……)

モバP「慣れさせるか」ボソッ

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 20:14:02.30 ID:wY3Hn5Fu0

モバP「Hey Rumi」

留美「……私は音声アシスタントではないのだけど。何かしら」

モバP「今度イタリア行く時のオフ用に水着を買うとか言ってましたよね。あれもう済ませました?」

留美「相変わらずタイミングがいいわね。丁度この後行くつもりよ」

モバP「おお、ならちょっと頼子連れてってあげて下さいよ」

留美「頼子ちゃん? 別に構わないけれど、頼子ちゃんも水着を買うの?」

モバP「というか、頼子にビキニを見繕ってあげてほしいんです」

頼子「えっ?」キョトン

留美「当の本人は全くの寝耳に水のようね」

留美「でも、さっきから聞かせてもらっていた内容と照らし合わせれば……そういうことよね」

モバP「さっすがるーみん、話が早ぇや!」ヒュー

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 20:15:40.98 ID:wY3Hn5Fu0

頼子「あの、私には話が見えないのですが……」

モバP「うん、ミニライブまでまだ日数あるからさ、ちょっとビキニ着て遊んできなよ」

頼子「??? その、前後の話題の関連性が」オロオロ

留美「つまりね、ビキニで事前に露出に慣れておくことで、衣装への抵抗感を減らそうっていう案よ」

頼子「……なるほど……」

留美「やたらに肌を晒せばよいということはないけれど、アイドルとして一つの武器になり得ることも確かだし」

留美「今回の衣装を着こなすことは、きっと頼子ちゃんにとって大きなステップになるはずよ」

モバP「おお、そこまで汲んで下さるとは」

留美「これでも年長者だもの」フフ

頼子「……分かりました。留美さん、宜しくお願いします」

留美「ええ、任せてちょうだい」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 20:16:38.61 ID:wY3Hn5Fu0

.





モバP(それはそうと「露出に慣れる」っていう字面は結構○○いな……)

留美(あれは何か下らないことを考えている顔ね……)

頼子(ビキニ……)ドキドキ





.

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 20:18:01.63 ID:wY3Hn5Fu0

【店内】



頼子「……これ、殆ど紐じゃないですか。水着なんですか?」スリングー

留美「あらあら、頼子ちゃんは刺激的なのがお好み?」

頼子「い、いえ、初めて見たので、驚いて」

留美「ふふっ、こういうのはもっと大人になってからね」

留美「まあ、大人だからって誰でも着られるというわけでもないけど……ん?」ガサゴソ

つ[貝殻]

頼子「それも……水着ですか?」

留美「水着売り場に置いてあるんだから水着なんでしょうね……」

留美「……これにする?」

頼子「幾らなんでもそれは」

留美「冗談よ。こんなもの私も着られないわ」ガサゴソ

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 20:19:09.37 ID:wY3Hn5Fu0

留美「気を取り直して、これなんてどうかしら?」

頼子「あっ、かわいい……」

留美「お気に召したようね。どう、試着してみる?」

頼子「はい、着てみます」





頼子「どうでしょうか……」

留美「うん、なかなかいいじゃない。似合ってるわ」

頼子「それなら嬉しいのですが」      ピローン>

頼子「……?」

留美「プロデューサーさんにも訊いてみましょうね」ソウシンー

頼子「え」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 20:21:02.98 ID:wY3Hn5Fu0

<ピコン

モバP「ん? 和久井さんからメッセージが……」スッ

留美 [画像]

留美『頼子ちゃん初ビキニ。どう?』

モバP「……」





頼子「留美さん、プロデューサーさんはなんと?」ドキドキ

留美「既読はついたけど返事が来ないわね……っと、噂をすれば」ピコン



モバP『いやあ!!!!!! これだけでは判断がつきませんね!!!!!! 他にも沢山着させちゃって下さい!!!!!!』



留美「ふふっ、かわいいからもっと色々見せてくれ、ですって」

頼子「わ、本当ですか?」

留美「ええ。時間も水着もまだ沢山あるわ。プロデューサーさんのお気に入りを教えてもらいましょうね」

頼子「はいっ」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 20:23:02.03 ID:wY3Hn5Fu0

【それからどした】





モバP「……頼子のヤツ、ハワイの時と比べて泳ぎ方が綺麗になってるな。練習でもしたのかね」

モバP「お、戻ってきた」

頼子「ふぅ……」ザパッ




モバP「なかなか楽しんでるようだな」

頼子「はい。最近は酷暑でしたから、こうして涼しく遊ぶのが一番気持ちがいいですね」

頼子「連れてきて頂いて、ありがとうございます」

モバP「なに、元々こちらから言い出したことだからな。それにここが会場だから下見にもなる」

モバP「で、どうだ? 実際にビキニを着てみた感想は」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 20:24:23.36 ID:wY3Hn5Fu0

頼子「はい、最初に抱いていたほどの抵抗感はもうありません」

頼子「肌の露出に対しても、今は羞恥より爽快感の方が大きく勝っているように思います」

モバP「よきよき。本番の衣装も大丈夫そうだな」

頼子「勿論です。私も、今から楽しみにしてますよ」

頼子「……約束のこと、忘れてないですよね?」

モバP「当たり前だろ。俺だって楽しみだよ、チョコミント澤頼子は」

頼子(チョコミント澤頼子?)

モバP「ああ、それとな」







モバP「そのビキニも、似合ってる。かわいいぞ」

頼子「……ありがとうございます」フフ



おわり