1: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 21:56:07.65 ID:b/1WteI70
苗木「事件の発端は江ノ島さんのモノクマに対する暴力からだった」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1380718567

引用元: 苗木「モノクマになった……」 




【PS4】ダンガンロンパ1・2 Reload
スパイク・チュンソフト (2017-05-18)
売り上げランキング: 4,738
2: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 21:57:24.60 ID:b/1WteI70
江ノ島「はい、これで満足?」(フミッ!

モノクマ「そっちこそ」

江ノ島「は?」

モノクマ「学園長ことモノクマへの暴力を禁ずる。校則違反だね…」

    「召喚魔法を発動する! 助けて、グングニルの槍っ!」

苗木「 」(ドスドスドスドス

モノクマ「…………あれ?」

3: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 21:57:54.72 ID:b/1WteI70
苗木「な……ん………で……………?」

モノクマ「……………間違えちった、テヘペロ」

苗木「モノ……ク………マ…………」(バタンッ

4: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 21:58:31.62 ID:b/1WteI70
「………………ん」

「…………此処は…………教室?」

「どうしてボクはこんな所で…………」

「あれ? 机が何時もより大きく見える……?」

モノクマ「やあ、苗木クン!」

「あっ! そうだ、ボクはさっきモノクマの槍に刺されて!」

「って、あれ? モノクマおっきくない?」

5: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 21:59:03.26 ID:b/1WteI70
モノクマ「はい、鏡」

「え?」

鏡「君はモノクマですよー」

モノクマ(苗木)「 」


6: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 21:59:41.82 ID:b/1WteI70
モノクマ(苗木)「……え? な、何だこれ!? どうしてボクがモノクマに!」

モノクマ「いやぁ、間違えちゃって苗木クンをやっちゃったからね」

    「ボクも責任を感じてね。今苗木クンの体を修復中なんだよ」

    「その間に動けないのはかわいそうだから、ボクの体を特別に使わせてあげる事にしたのです!」

モノクマ(苗木)「え? そ、そんな事出来るの……?」

モノクマ「此処は希望ヶ峰学園だよ、そんな事おちゃのこさいさいだよ!」

モノクマ(苗木)「えっと、何時位になるの?」

モノクマ「とりあえず一カ月くらいは掛かるからね」

モノクマ(苗木)「一か月も……モノクマなのか………」

7: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:00:09.37 ID:b/1WteI70
モノクマ「という訳で、これから一ヶ月はその姿で我慢してね! モノクマとの約束だよ!」

モノクマ(苗木)「本当に直してくれんだよな……?」

モノクマ「大丈夫、モノクマ嘘ツカナイ!」

モノクマ(苗木)「果てしなく不安だ……」

8: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:00:51.19 ID:b/1WteI70
モノクマ「あ、モノ木クン」

モノ木「モノ木?! あ、表記までモノ木になってる!」

モノクマ「はい、このファイルにモノクマ生活に必要な事を書いておいたから」

モノ木「あ、うん」

9: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:01:17.86 ID:b/1WteI70
 モノクマ生活ファイル
 ・二十四時間フル稼働可能だよ、すごいでしょ!

 ・充電はこまめににね! 動けなくなっちゃうよ!

 ・充電は寝る時がいいとボクは思うな!

 ・尻尾にコンセントがあるから個室にある電源から取ってね!

 ・食事は出来るけど、しなくても大丈夫なんだよ!

 ・食事したらちゃんとトイレに行くよーに!

 ・このモノクマが壊されたら、君本体にも死んでもらうから! 気をつけよう!

 ・疲れを知らない鋼の体だ! でも使ったらちゃんと休ませようね!

 ・モノクマクローの威力は絶大! 何時でも簡単に人が殺せちゃうよ!

 ・爆弾は外しておいたよ! これで君も立派な被害者候補だ!

10: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:01:53.02 ID:b/1WteI70
モノ木「なんか至せりだ尽くせりだね………?」

モノクマ「うん、これでも悪いと思ってるんだよ」

    「校則違反してないのに、こんな事しちゃったからね」

モノ木「モノクマ………」

モノクマ「それに苗木くんはこれから最優先でクロととして疑われるからね!」

モノ木「……ん?」

11: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:02:25.72 ID:b/1WteI70
モノ木「ど、どうしてボクが疑われるんだよ!」

モノクマ「それはこれを読めばわかるよ! ザ・モノクマファイル!!」

モノ木「これは?」

モノクマ「死体に関するファイルだよ」

    「それにはボクが死体状況や死因っぽいのをまとめたファイルなんだ!」

モノ木「えっと、これで何でボクだと思われるの?」

モノクマ「ココ読んでみなよ、読めばわかるさ」

モノ木「えっと『死亡発見現場となったのは、寄宿舎エリアの苗木の部屋』」

   「…………あ」

12: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:02:51.37 ID:b/1WteI70
モノ木「こ、これは! 舞園さんが怖がってたから!」

モノクマ「うぷぷぷ、その言い訳は皆に言うんだね」
    
    「という訳でモノクマチュートリアル終了!」

    「食堂に皆待たせておいてあるから、すぐにそこに行くように! じゃあね!」

モノ木「あ、行っちゃった………」

   「……と、とりあえず、食堂に行こう」


15: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:04:22.55 ID:b/1WteI70
モノ木「よし、行くぞ」

   (テトテト テトテト 

モノ木「うわっ!」(ツルッ!

   「むぎゅ!」(スッテンコロリン

   「痛………くわない。モノクマの体って痛み感じないんだ」(ムク テトテト

   「あ、またッ!」(スッテンコロリン

   「この体に慣れてないせいで進まない!」

17: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:07:25.49 ID:b/1WteI70
モノ木「十回程転んでなんとか辿り着いたぞ!」

   「えーっと。し、失礼しまーす!」(食堂へ

みんな「!」

石丸「モノクマ! 苗木クンはっ、苗木くんはどうなったのだ!!」

大和田「とっとと吐きやがれ、このクマ公!」

朝日奈「そうだよ、どうなったのモノクマ!」

モノ木「あ、ボクが違……えっと何から話せば」

山田「おや、モノクマから苗木誠殿の声が……」

18: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:08:01.96 ID:b/1WteI70
セレス「何故苗木クンの声がモノクマから?」

腐川「お、大方、死んだ苗木の声を使って私たちを煽ろうとしてるのよ! そうに決まってるわ!」

葉隠「そうなんか!? 最低だべ!」

モノ木「違うよ!」

十神「ならば、どういうつもりだ。とっとと答えろモノクマ」

霧切「説明してくれるわね」

モノ木「えっと………」

19: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:08:27.43 ID:b/1WteI70
 説明中

モノ木「って、事らしい」

山田「えー、要約しましてー」

  「つまり苗木誠殿の体は修復中でその間はモノクマになっているでよろしいかな?」

モノ木「うん、大体合ってる」

セレス「つまりあなたは苗木クンであると」

モノ木「うん、そうなるよ」

不二咲「す、すごい技術!」

20: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:09:28.45 ID:b/1WteI70
桑田「俺なんか頭痛くなってきた」

大和田「俺もだ」

大神「ぬぅ、黒幕は一体何者なのだ」

石丸「とりあえずは苗木クンは無事という訳だな!」

不二咲「よ、良かった」

大神「うむ、そうだな」

山田「拙者はどうせなら美少女になって帰ってきてほしかったですな」

朝日奈「山田、あんた……………」

十神「ふん、それは黒幕の言葉が正しければの話だがな」

大和田「あン? どういう意味だ」

21: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:12:59.48 ID:b/1WteI70
十神「そのモノクマは苗木と語っているだけで実際は黒幕が操作してるやもしれん」

モノ木「ち、違うよ!」

十神「ならば証明できるか。無理だろうな、苗木誠であると今のお前には出来る訳がない」

モノ木「それは……確かに出来ない、けどさ………」

朝日奈「や、やめなよ! 苗木が戻ってきたそれでいいじゃん!」

22: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:14:04.98 ID:b/1WteI70
霧切「いいえ、十神クンの言葉は一考の余地あるわ」

  「もしかしたら今は苗木クンだったとしても途中で黒幕の操り人形となる場合もありうるわ」

朝日奈「そ、そんなッ!」

全員「…………………」

モノ木「み、みんな………」


23: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:15:16.73 ID:b/1WteI70
モノクマ「やほう!」

モノ木「うわっ! モノクマ!」

全員「!?」

モノクマ「皆でいじめですか?」

    「超高校級の幸運なのにグングニルに刺されて、その上皆からいじめられる」

    「もうこれは超高校級の不運に肩書変えるべきだね! ねぇモノ木クン!」

モノ木「うるさいよ! 気にしてるんだからほっといてよ!」

24: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:15:54.70 ID:b/1WteI70
山田「あのぉー、モノクマ殿、モノ木というのは………」

モノクマ「現在の苗木クンのあだ名だよ、モノクマと苗木を融合して『モノ木』クン」

セレス「安直ですわね」

モノクマ「正確には『モノ木まクマ』クンね」

モノ木「勝手に人の名前を変えるな!」


25: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:16:23.96 ID:b/1WteI70
モノ木「何しに来たんだよ!」

モノクマ「せっかちだな、せっかちは嫌われちゃうよ。あ、もともとか」

モノ木「うるさいよ! 早く言ってよ!」

モノクマ「モノ木クンにプレゼントだよ」

    「じゃじゃーん、モノ木クンセットー!」

苗木アンテナ・苗木パーカー「やぁ!」

モノクマ「これでボクとモノ木クンが一目瞭然な訳なのです!」

    「手作りなので大事にしてくれると嬉しいな!」

26: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:16:53.85 ID:b/1WteI70
石丸「うむ、分かりやすいというのは大切な事だ!」

不二咲「えっと、つまりパーカーとアンテナ? ある方が苗木クンって事で良いんだよね?」

大和田「おう、ささっと付けろよモノ木」

モノ木「あれ?! そっちで呼ぶの大和田クン!?」

葉隠「だべ、さっさとつけるべモノ木っち」

モノ木「葉隠クンも!?」

十神「良いからさっさとつけろモノ木、話が進まん」

モノ木「十神クンまで?!」

27: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:17:19.32 ID:b/1WteI70
モノ木「……とりあえず着たよ」(モノクマ+アンテナ+パーカー姿

朝日奈「うんうん、似合ってるよモノ木!」

大神「そうだな、良く似合っているぞモノ木」

腐川「も、モノ木の事なんでどうでもいいわ……」

モノ木「……………………なんか釈然としない」

28: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:17:50.74 ID:b/1WteI70
モノクマ「という訳で『苗木クン槍間違えちゃった事件』は終わり」

    「そして今から数時間後に学級裁判を開くから!」

    「ちゃんと捜査して、クロを特定しないとクロ以外はオシオキだよ!」

モノ木「そうだ! 舞園さんが殺されたんだった!」

桑田「つーかさぁ、その犯人苗木だろ?」

モノ木「ッ!」

29: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:18:22.92 ID:b/1WteI70
大和田「あ? 何を根拠に言ってんだ?」

桑田「お前モノクマから貰ったファイルよく見てねえだろ。よく見てみろよ」

朝日奈「あ! 死亡現場が『苗木の個室』って書かれてる!」

山田「ひぃ……! じゃあ! もしかして………!」

モノ木「ちょ、ちょっと待ってよ! 違うんだって!」

   「舞園さんと部屋を一晩だけ交換したんだよ!」

   「それっていうのも彼女が怯えたから!」

腐川「うそ臭い……わね……! 真実だけ言いなさいよ!」

30: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:20:00.67 ID:b/1WteI70
モノ木(あの視線……! みんながボクを犯人だと疑っている……ッ!)

霧切「話し合いはもういいでしょう」

  「そろそろ捜査を始めましょう、此処からは別行動よ」

  「誰か舞園さんを殺したのか、その答えに辿り着く為に」

  「大和田クンと大神さんは手筈通りに頼むわね」

大和田「おう」(スタスタ

大神「では参ろうか」(スタスタ

霧切「健闘を祈るわ」(スタスタ

全員「……」(スタスタ

モノ木「…………………」

32: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:25:13.78 ID:b/1WteI70
モノクマ「うぷぷぷ、ボクの言った通りになったでしょ」

モノ木「このままじゃみんなが処刑されてしまう……!」

モノクマ「モノ木クンも頑張って捜査して証拠を集めなよ、じゃあね!」

モノ木「ボクの為に、みんなの為に、何より舞園さんの為にッ! 捜査しないと!」

   「まずはモノクマファイルを確認しておこう」

   モノクマファイル確認中

33: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:25:41.69 ID:b/1WteI70
モノ木「成程、まずは自分の部屋に行ってみない事には始まらないな」

   「よし、行こうか」

   「……ってあれ? 誰か一人残ってる」

江ノ島「……………」


34: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:26:16.15 ID:b/1WteI70
モノ木「江ノ島さん……? どうしたの……?」

江ノ島「……………あ、モノ……」

   「苗木く……苗木、で良いんだよね……?」

モノ木「うん、こんな姿になったけどボクだよ」

江ノ島「………………ごめんなさい」

   「迂闊な行動して………こんな事になってしまって」

   「ごめんなさい………」

35: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:27:28.90 ID:b/1WteI70
モノ木(江ノ島さんが震えてる。それに顔色も悪い)

   (仕方ないよな。ボクが代わりに刺されなければ、江ノ島さんが殺されていたんだ)

   (しかも、ボクのようにモノクマなる様な事なく…………)

   「だ、大丈夫だよ! 今モノクマがボクの体を修復中だから!」

江ノ島「でも……」

モノ木「ううん、本来なら一人いなくなるはずだったのに誰もいなくならなかった」

   「だから、これは良いんだよ!」

36: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:29:16.61 ID:b/1WteI70
モノ木「それに悪いのは全部モノクマなんだし!」

   「だから、謝らないでいいんだよ」

江ノ島「………………ありがとう、苗木クン」

モノ木(江ノ島さんまだ顔色が悪い………)

   「江ノ島さんはココで休んでいていいよ」

江ノ島「え………」

モノ木「ボクは捜査して、みんなも、江ノ島さんもっ、処刑されない様に頑張るから!」

   「よし、頑張るぞ! おー!」(テトテトテト ツルッ!

   「ふぎゃッ!」

37: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:30:41.05 ID:b/1WteI70
モノ木「くっ………やっぱり慣れない体の所為で」

   「でも挫けるもんか!」(スタッ! 

   「うおおおおおおおおおおおおおおおおお」(テトテトテトテトテトテトテトテト ツルッ!

   「うわっ!」(ゴロゴロ ビタンッ!

   「食堂から出るのすら困難だなんてっ………!」

   「でもボクは諦めないぞ、諦めてたまるか!」

江ノ島「……………」

38: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:31:44.34 ID:b/1WteI70
モノ木「漸く食堂の入口まで来れた」

   「でもすでに満身創痍だ………」

   「こんなのでボクはまともに捜査出来るんだろうか……?」

   「いや弱気になるな! やるんだ! やらなくちゃいけないんだ!」

   「いくぞ………って、あっ!」(ツルッ!

   「ッ………あれ? 地面の感触がない?」

江ノ島「苗木くん」(ダッコ

モノ木「江ノ島さん?」

39: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:32:20.43 ID:b/1WteI70
江ノ島「手伝う、あたしが苗木くんをそうした原因だから」

モノ木「でも、江ノ島さん休んでいた方が……」

江ノ島「ううん、やらせて」

モノ木「……………うん、分った。悪いけどボクの事運んでくれるかな?」

江ノ島「うん、何処に連れて行けばいい」(ギュウッ

モノ木「 」

江ノ島「苗木くん?」

40: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:33:12.75 ID:b/1WteI70
モノ木(背中に感じる柔らかい感触)

   (これは………○○○○!?)

   (お、おおおおおおお、落ち着け! 江ノ島さんの好意でやってもらってるんだ!)

   (やらしい事考えてたら江ノ島さんに悪いだろっ!)

江ノ島「苗木くん? ねえ大丈夫?」

モノ木「大丈夫! 柔らかいから大丈夫っ!」

江ノ島「柔らかい?」

モノ木(しまったッ! 余計な煩悩が漏れた!)

41: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 22:34:38.84 ID:b/1WteI70
モノ木「何でもない、うん何でもないよ!」

江ノ島「?」

   「それで、何処に行けばいいの?」

モノ木「と、とりあえず犯行現場のボクの部屋に行ってみよう」

江ノ島「うん」

55: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 23:34:00.99 ID:b/1WteI70
廊下

江ノ島「………」(カツカツカツ

モノ木「………」

   (駄目だ! 黙っていると胸が気になっちゃう!)

   「あの……ボク重くない?」

江ノ島「ううん、むしろ軽いくらい」

モノ木「それならよかった」

   (…………何でボク女の子みたいな事聞いてるんだろ?)

56: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 23:34:40.00 ID:b/1WteI70
舞園の個室前

江ノ島「ココね」

モノ木「え? 違うよ? ココは舞園さんの個室だよ?」

江ノ島「え? でも、プレートはココって……ほら見て」

モノ木「あ、ほんとだ。でも生徒手帳には舞園さんの部屋になってるよ? ほら」

江ノ島「ほんとだ…………何で?」

モノ木「うーん、誰かが入れ替えたって事かな……?」

江ノ島「どうしてそんな事を……?」

モノ木「うーん? 分かんないや」



58: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 23:41:17.52 ID:b/1WteI70
舞園の個室前

江ノ島「ここだよね」

モノ木「え? 違うよ? ココは舞園さんの個室だよ?」

江ノ島「え? でも、プレートはココって……ほら見て」

モノ木「あ、ほんとだ。でも生徒手帳には舞園さんの部屋になってるよ? ほら」

江ノ島「ほんとだ…………何で?」

モノ木「うーん、誰かが入れ替えたって事かな……?」

江ノ島「どうしてそんな事を……?」

モノ木「うーん? 分かんないや」


59: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 23:42:07.64 ID:b/1WteI70
モノ木「とりあえず、舞園さんの部屋は後に来る事にして、今はボクの部屋に入ろう」

江ノ島「うん」

 苗木の個室

モノ木「相変わらずひどい有様だ」

江ノ島「壁や床に切り傷がいっぱい……」

モノ木「って、あれ? 大和田クンと大神さん? 何やってるの?」

大和田「あん? テメー聞いてなかったのかよ……!」

モノ木「え? え?」

大神「待て、その時苗木はその場に居なかったぞ」

大和田「ん? ああそうだったな、わりぃ」

モノ木「???」

61: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 23:44:05.90 ID:b/1WteI70

大神「我々は現場保持の為の見張りだ」

大和田「犯人のクソヤロウが証拠を隠滅しねえ為の見張りだ」

モノ木「ああ、成程確かに必要だね」

大和田「苗木お前には言ってなかったな」

   「証拠を隠滅しようとしたらぶっ殺す!」

   「マジで、完璧に、グチャッと殺す!! 分ったか!?」

モノ木「わ、分ってるよ……」

江ノ島「苗木はそんな事しないよ」 

大神「我々は此処から離れられん、故に裁判の方は貴様らの出した結論に従うしかない」

モノ木「うん。任せて、とは言えないけど頑張るよ」

62: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 23:45:06.88 ID:b/1WteI70
 捜索中

モノ木「抜き身で金箔が剥げている模擬刀、刃物による切り傷がる模擬刀の鞘、部屋に落ちていたボクの個室の鍵」

   「使われていないボクの工具セット、減っている粘着テープクリーナー、争った形跡のある個室」

   「うーん、色々分ったけど……やっぱり良く分らないなぁ……」

   「ん………? 江ノ島さん? 何やってるの?」

63: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 23:45:48.32 ID:b/1WteI70
江ノ島「えっと、粘着テープクリーナーが使われてたでしょ? あれ苗木が使ったんじゃないんだよね?」

モノ木「うん、そうだけど」

江ノ島「ならもしかしたら犯人が使ってるかもしれないから、探してるの」

モノ木「何を?」

江ノ島「髪の毛、これだけ争っていれば髪の毛くらい落ちるからさ」

   「でも、今の所一個も落ちてない。苗木のも含めて」

モノ木「つまり、犯人が犯行後にクリーナーで掃除したって事だね」

64: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 23:46:18.72 ID:b/1WteI70
モノ木「ありがとう、江ノ島さん。また一歩進んだよ」

江ノ島「ううん、あたしこれぐらいしか出来ないし……」

モノ木「これぐらいじゃないよ。ボクじゃこの事には気付けなかったからね」

   「江ノ島さんがいて助かったよ」

江ノ島「ど、どういたしまして」(///

大和田「……こんな所でいちゃついてんじゃねえよ」

モノ木「い、いちゃくいてなんかないよ!」

江ノ島「ち、違うっての!」

65: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 23:47:23.16 ID:b/1WteI70
モノ木「そ、それはそうと大和田クン、何か気付いた事ある?」

大和田「ああそういえば、すでに証拠隠滅したって可能性もあるよな」

モノ木「そういえば、そうだね。モノクマファイルによれば犯行時間は午前一時くらい」

   「つまり、証拠を隠滅する事が時間は沢山ある」

大和田「おう、こっちの寄宿舎にはゴミ捨て場もあったしな」

   「あそこで処分してっかもしんねーぞ」

モノ木「なるほど、ありがとう大和田クン後で行ってみるよ」

66: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 23:48:15.00 ID:b/1WteI70
シャワールーム前

モノ木「シャワールーム………この先に舞園さんが………」

江ノ島「苗木、大丈夫……?」

モノ木「……うん、大丈夫。弱気になって立ち止まってるヒマなんてないんだ……!」

   「だから行くよ!」

江ノ島「うん……行こう」

67: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/02(水) 23:48:56.71 ID:b/1WteI70
シャワールーム

モノ木「舞園……さん………」

モノ木(大量の血と変わり果てた姿の舞園さん)

   (それを見ただけで感情がぐちゃぐちゃにかき混ぜられた)

   (モノクマの体で良かったかもしれない)

   (モノクマの体じゃなきゃそんな感情でボクは参っていたかもしれない)

   (彼女を見ても涙も、吐き気も、立ちくらみも出てきやしない)

   (でも……それが少し悲しかった)

68: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 00:01:08.04 ID:wRu8NJiO0
モノ木「………………………」

江ノ島「苗木くん…………」

モノ木「……大丈夫だよ」

   「ボクはどうして彼女が殺されなければならかったのか。その真相を解き明かすんだっ!」

江ノ島「うん」

モノ木「調べよう。舞園……さんを………ッ」

江ノ島「………うん」


69: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 00:02:18.59 ID:wRu8NJiO0
モノ木「お腹に刺さっている刃物、これが致命傷だよね。これは……」

江ノ島「包丁の様に見えるけど……?」

モノ木「包丁……確か食堂にあったよね? 後で食堂に行って確認しないと」

   「後モノクマファイルによると手首が骨折しているらしい」

江ノ島「あ、右手首に金色の何かが付いてる」

モノ木「これは金箔……?」

70: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 00:03:18.29 ID:wRu8NJiO0
モノ木「って、事は模擬刀による負傷だよね?」

江ノ島「うん、そうだと思う」

モノ木「つまり、犯人は部屋で襲い掛かり、舞園さんを骨折されたんだろう」

   「そして、舞園さんは追い詰められてシャワールームに逃げ込んだ」

   「そして、このシャワールームでこの刃物によって致命傷を負ったんだ……」

   「…………………」

江ノ島「………苗木くん」

71: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 00:04:03.74 ID:wRu8NJiO0
モノ木「もっと調べてみよう。………あれ? 舞園さんの左手……」

江ノ島「人差し指だけ血が付いてるね」

モノ木「どうしてだろ……あ! 舞園の後ろの壁に何か書いてある!」

   「11037………?」

江ノ島「血で書かれてる………何かの暗号? ダインメッセージってヤツかな?」

モノ木「はっきりそうとは言えないよ」

   「もしかしたら犯人が混乱させる為に残していったものかもしれないし……」

江ノ島「そっかー……」(ションボリ

モノ木「ああ、でも舞園さんが書いたものかもしれないよ! ほら!人差し指に血が付いてるし!」

江ノ島「苗木、あわてすぎ」(クスクス

72: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 00:04:59.99 ID:wRu8NJiO0

モノ木(少しずつだけど、江ノ島さんの顔色が良くなってきている)

   (僕と一緒に捜査する事で気が紛れているのかもしれない)

   「とりあえず、数字に強い超高校級のプログラマーの彼女に聞いてみることにしよう」

江ノ島「かのじょ………?」

   「あ、うん。彼女ね! 不二咲千尋!」

モノ木「うん……?」

   (なんだろ、この反応?) 
83: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 12:19:46.06 ID:wRu8NJiO0
モノ木「後は特に目につく物は見当たらないな……」

江ノ島「じゃあ、そろそろココから出ようか」

モノ木「うん」

江ノ島「次何処行く?」(ギュウッ

モノ木(う、また胸の感触が……ッ)

84: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 12:20:27.31 ID:wRu8NJiO0
苗木の個室

江ノ島「……? あれ? ドアが壊れてる?」

モノ木「ん? ああ、建て付けの事」

江ノ島「え? 建て付け?」

モノ木「いやこのドアは建て付けが悪くてらしくて」

   「ボクも最初は、鍵掛かってるのかなって思ったんだけど」

   「コツを掴めば簡単に開けられるよ」

江ノ島「そうじゃなくて、ドアノブの部分が取れかかってるんだけど……」

モノ木「え!?」

85: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 12:21:19.45 ID:wRu8NJiO0
モノ木「本当だ、ドアノブの部分が取れかかっている……それもネジを外した状態だ」

江ノ島「これって元からこうなってたの……?」

モノ木「うんん、ボクがいた時にはこうなってなかった」

江ノ島「なら………」

モノ木「犯人がしたと思う」

86: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 12:22:42.69 ID:wRu8NJiO0
江ノ島「舞園がした可能性は……ほら、コツがわからなくて外したの」

モノ木「……ないと思う。彼女にはちゃんとコツを教えたから」

   「それに、ドライバーみたいな道具も持ってないはず」

   「確か女子には裁縫セット、男子には工具セットが配られてるんだよね?」

江ノ島「うん、あたしも裁縫セット持ってる」

モノ木「そして工具セットにはドライバーが入ってる」

江ノ島「つまり……?」

モノ木「犯人は男性の誰かになる、はずだ」

87: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 12:23:47.91 ID:wRu8NJiO0
江ノ島「でもココは苗木の部屋だからそれ使われていたら……?」

モノ木「いや、確認したんだけどボクの工具セットはビニールに覆われたまま、つまり使われていないんだ」

江ノ島「つまり………工具セットを使っている人が犯人?」

   「それ男子みんなに聞けば犯人が分かるかも!」

モノ木「……いや、やめておこう。これは決定的証拠になると思う」

   「でも、それを今聞くのはまだ早い」

   「言って裁判前に犯人にそれが証拠に気付かれたらその証拠を隠滅する為の行動に出るかもしれない」

   「そうなったらこの証拠が使えなくなる。だから今はやめておこう

88: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 12:24:30.11 ID:wRu8NJiO0
モノ木「使うなら学級裁判で、だよ」

江ノ島「うん、分った。それで次何処に行くの?」

モノ木「隣の舞園さんの部屋に行こう。その途中途中でみんなにも色々聞いて回ろうと思う」

江ノ島「舞園の部屋に何しに行くの?」

モノ木「ちょっとある物を取りたいんだ」


89: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 12:25:48.49 ID:wRu8NJiO0
モノ木「確かゴミ箱の中に……あった!」

江ノ島「それって………」

モノ木「モノクマの持ってきた舞園さんの動機のDVD」

   「これは直接事件に関係ないかもしれないけど……」

   「……でもこうなったからには知っておきたいんだ」

江ノ島「苗木クン……」

90: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 12:26:31.99 ID:wRu8NJiO0
寄宿舎エリア

モノ木「あ、十神クン」

十神「苗木か。ふん、脳の足りないギャルも一緒か」

江ノ島「……いきなり何よ」

十神「モノクマに暴力をすればどうなるかあのプランクトンを見て分らなかったんだ」

  「そう呼ばれて当然だろ」

江ノ島「っ………!」

モノ木「十神クン!」

十神「黙れ愚民め。江ノ島、せいぜい苗木とモノクマの操作ミスに感謝するんだな」

江ノ島「……………」

十神「今生きていられるのはそれらのおかげなのだからな」

91: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 12:27:31.25 ID:wRu8NJiO0
十神「おい、苗木お前に聞きたい事がある」

モノ木「な、何さ」

十神「舞園さやかはどうしてお前の部屋で死んでいた? お前が犯人だからか」

モノ木「ち、違うよ……昨晩舞園さんが怯えていたから部屋の交換をしたんだよ」

十神「………………」

モノ木(あからさまに……疑ってる目付きだな………)

十神「万が一、お前の言葉が本当だとしても、舞園さやかの死の責任はお前にあるんじゃないか」

モノ木「……えっ?」

92: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 12:28:07.11 ID:wRu8NJiO0
十神「舞園さやかは、お前と部屋を交換したせいで殺された」

  「そうは考えられないか?」

モノ木「………ッ!!」

  (僕のせい……? 舞園さんがボクの代わりに殺された……?)

十神「そういう可能性もあるいう話だ」


93: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 12:28:43.51 ID:wRu8NJiO0
モノ木「………………」

江ノ島「………………」

モノ木「………とりあえず、食堂に行こうか……」

   「包丁調べなきゃ……」

江ノ島「………うん」

100: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 12:53:29.67 ID:wRu8NJiO0
厨房

モノ木「あ、包丁が一本無くなってる」

江ノ島「ほんとだ」

モノ木「うーん、厨房に詳しい人に話を聞いてみたいな」

江ノ島「確か………昨日朝日奈は食堂によくいた気がするけど」

モノ木「そうなんだ。なら朝日奈さんに話聞きかなきゃ」


102: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 12:54:34.24 ID:wRu8NJiO0
食堂

モノ木「あ、朝日奈さんが丁度やってきた」

   「朝日奈さーん!」

朝日奈「あ、苗木と江ノ島ちゃん」

   「どうして江ノ島ちゃんが苗木持ってるの?」

モノ木「まだこの体に慣れなくてさ、良く転んじゃんだよ」

   「それじゃあ捜査出来ないから、江ノ島さんの厚意で捜査を手伝ってもらっているの」

   「ね、江ノ島さん」

江ノ島「うん」

103: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 12:56:31.75 ID:wRu8NJiO0
モノ木「それで聞きたい事があるんだけど、厨房の包丁が一本無くなってるんだ。何か知らない?」

朝日奈「そうそう、私も変だと思ってたんだよね」

   「いつの間にか、包丁なくなっててさ」

江ノ島「最初からじゃなくて?」

朝日奈「違うよ。前に見た時にはちゃんと全部揃ってたもん」

モノ木「包丁がなくなったのに気が付いたのは、いつの事?」

朝日奈「昨日の夜、紅茶を飲もうとして、厨房に入った時は、確かに包丁が揃ってたよ」

   「だけど、食堂で紅茶を飲んだ後、その紅茶をかたずけ用と厨房に入った時には……」

   「もうなかったんだ……」


104: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 12:57:31.11 ID:wRu8NJiO0
モノ木「じゃあ、朝日奈さんが食堂で紅茶を飲んでいた間に、包丁が消えちゃったんだね?」

朝日奈「うん……」

モノ木(つまり、その間に誰かに持ち去られたって事か)

   (だったら朝日奈さんはボクがその時間に食堂にやってきてないって知ってる)

   (つまり、ボクが凶器を持ちだしていないという事も!)

   (ボクがやっていない証拠になるぞ、これは!)

105: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 12:58:02.73 ID:wRu8NJiO0
江ノ島「誰が持って行ったか見てない?」

朝日奈「見たと思うんだけど……えっと……その………」

江ノ島「?」

モノ木「言い淀んでどうしたの?」

朝日奈「その時に来た人はいるんだけど………その人って……」

朝日奈「舞園ちゃん……なんだよ」

モノ木「え?」


106: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 12:59:27.61 ID:wRu8NJiO0
モノ木「他に誰も来なかったの? 舞園さんだけ?」

朝日奈「うん、食堂で紅茶を飲んでいた時、さくらちゃんと一緒だったからさくらちゃんも見てるはずだよ」

モノ木「さくらちゃんって……大神さんの事か」

   (つまり、舞園さんが自分で持っていったって事は、その包丁を犯人に奪われたんだ)

   (駄目だ、これはボクが犯人じゃないって証拠にならない………)

江ノ島「ん? どうした苗木?」

モノ木「ううん、何でもないよ」

   (少し頭冷やさなきゃ、ボクは自分が犯人じゃないって証明をしなきゃいけないんだから)

107: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 13:00:47.68 ID:wRu8NJiO0
朝日奈「…………ねえ苗木」

苗木「何かな? 朝日奈さん」

朝日奈「苗木って舞園ちゃんを本当に殺しちゃったの?」

モノ木「な、何言ってるんだよ! そんな訳ないじゃないか!」

朝日奈「…………………」

江ノ島「朝日奈はさ、苗木が犯人だと思ってる?」

108: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 13:01:21.81 ID:wRu8NJiO0
朝日奈「舞園ちゃんは苗木の部屋で殺されたんだよね? だったらやっぱり………」

モノ木「…………」

江ノ島「あたしは………違うと思う」

モノ木「江ノ島さん……」

江ノ島「根拠とは言えないけど、苗木と捜査してて私はそう思った」

   「だから、苗木は犯人じゃない……と思う」

109: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 13:02:42.62 ID:wRu8NJiO0
朝日奈「………私は………わっかんない!」

   「苗木が犯人かじゃないとか分かんないよ」

   「……でも、信じたくない」

   「舞園ちゃんと仲良かった苗木が殺したって信じたくないよ……」

モノ木「………朝日奈さん、ありがとう」

   「その言葉聞けただけで幾分か気分が良くなったよ」

   「それに江ノ島さんもありがとう。僕の為に言ってくれて」

江ノ島「あ、あたしがそう思っただけだし……別に………」

モノ木「次に行こう、謎を解き明かす為に」

110: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 13:03:56.75 ID:wRu8NJiO0
時間来たので去る。夜に再開するつもり。

123: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 19:16:59.50 ID:wRu8NJiO0
帰ってきた、今からあげる。

124: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 19:17:26.34 ID:wRu8NJiO0
トラッシュルーム

モノ木「来てみたは良いけど………」

江ノ島「鉄格子があって近寄れない……」

   「でも何か焼却炉の周りに落ちてるよ」

モノ木「あ、ほんとだ! 遠すぎて何かまでは分らないけど落ちてる!」

   「でも、この鉄格子をどうにかしないと」

モノクマ「ここは終着駅……」

モノ木「わっ!?」 江ノ島「きゃっ!?」

125: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 19:18:13.52 ID:wRu8NJiO0
モノクマ「そうゴミ捨て場、名付けてトラッシュルーム」

モノ木「お、脅かすなよ! モノクマ!」

江ノ島「………ぁ………ぅ」(ギュウウウゥゥゥッ!

モノ木「!?」

   (江ノ島さんの顔色が真っ青になってる!?)

   (モノクマが怖いんだ……! 早めに切り上げないと……!)

モノ木「何の用だよ、モノクマ!」

モノクマ「ひ、ひどい、ボクはただ教えてあげようと思っただけなのに」

モノ木「何の事だよ……」

126: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 19:18:40.98 ID:wRu8NJiO0
モノクマ「ここから先は掃除当番以外入れないんだよ!」

モノ木「掃除当番……? 誰の事……?」

モノクマ「ここから先は掃除当番以外入れないんだよ!」

モノ木「答える気はないのか………」

127: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 19:19:26.81 ID:wRu8NJiO0
モノクマ「あ、そうそう江ノ島さん」

江ノ島「………ッ」

モノクマ「苗木クンに感謝しなきゃいけないよ、特例で校則違反取り締まらないのだから」

    「でも、もう二度とないから……ね?」

江ノ島「………ッ………ッ」(ギュウウウウウゥゥゥッ

モノ木「言う事言ったら帰れよ! モノクマ!」

モノクマ「うぷぷぷぷ、では引き続き楽しい捜査を」

128: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 19:20:12.67 ID:wRu8NJiO0
モノ木「はぁ……」

   「もう大丈夫だよ、江ノ島さん」

江ノ島「ごめん、ね………苗木クン………」

   「…………ほんとうに……ごめんなさい」

モノ木「いいんだって、それより次に行こ?」

江ノ島「うん………」

129: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 19:20:50.84 ID:wRu8NJiO0
モノ木(今気付いたんだけど、彼女何度かボクの事を『苗木クン』って言ってる)

   (いつもなら、苗木って呼び捨てなのに)

   (……しかも、その時にはいつものと違った言葉遣いになる)

   (もしかしてこっちの方が素なのかな………? ならどうしてそんな事してるのだろう……?)

江ノ島「…………」(ギュウ

モノ木(……聞けないや。こんなに震えてる子を追い詰めてしまうかもしれない行為したくない)

130: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 19:22:13.38 ID:wRu8NJiO0
学校エリアの廊下

モノ木「あ、不二咲さん」

不二咲「あ、苗木クンと江ノ島さん」

   「? 何で江ノ島さんが苗木君を持ってるのぉ……?」

モノ木「またこの説明しなきゃいけないのか」

    説明中

モノ木「って訳なんだ」

不二咲「そうなぁんだぁ……大変だね、二人とも……」

江ノ島「あたしは別に」

モノ木「あはは……」

131: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 19:23:07.06 ID:wRu8NJiO0
モノ木「そうだ、不二咲さん。この数字に何か心当たりかな?」

   「例えば何かの暗号……とか」

不二咲「『11037』?」

江ノ島「どう?」

不二咲「うーん……ううーん………?」

   「ご、ごめんなさい……わからないです……」

132: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 19:24:04.80 ID:wRu8NJiO0
モノ木「そっか、ならいいんだ。ありがとう」

不二咲「ところで何の数字なのぉ……?」

モノ木「死んだ舞園さんが最後に残したメッセージなんだ………」

不二咲「そうなんだ………」

   「うん、頑張ってもっと考えてみるよ!」

モノ木「うん、お願い」

133: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 19:24:53.53 ID:wRu8NJiO0
モノ木「あ、そうだ。そういえばもう一つ聞きたい事あるんだけど良い?」

不二咲「聞きたい事? なぁにぃ?」

モノ木「ゴミ捨て場の鉄格子の中に行きたいんだけど、掃除当番しか入れないらしいんだ」

   「不二咲さんは掃除当番誰か誰か知らないかな?」

不二咲「うーん、誰だろう………ごめんなさいまたわからないや………」

   「あ、でも知ってそうな人なら心当たりあるよぉ」

モノ木「それは誰かな」

不二咲「石丸クンだよぉ」

モノ木「あ、成程、超高校級の石丸クンなら知っててもおかしくないや」

   「ありがとう、不二咲さん」

不二咲「えへへ、どういたしまして」

134: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 19:25:32.06 ID:wRu8NJiO0
モノ木「石丸クンにも話聞かなきゃ」

江ノ島「うん」

モノ木「それにしても舞園さんが残したメッセージ、これなんだろう……?」

江ノ島「うーん、もしかして数字じゃないの……かな?」

モノ木「数字じゃない……?」

江ノ島「うん、死にそうになってるのに暗号なんて考えてられないと思うから」

   「あたしならすぐに相手の名前を書いちゃう……と思う」

モノ木「………名前」

135: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 19:26:08.43 ID:wRu8NJiO0
モノ木「……………」

江ノ島「苗木……?」

モノ木「もしかしたら………」

江ノ島「どうしたの?」

モノ木「ごめん、江ノ島さん。悪いんだけど視聴覚室じゃなくてボクの部屋に戻ってくれないかな?」

江ノ島「何か気付いたの?」

モノ木「かもしれない……それを確かめに行く」

136: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 19:27:14.18 ID:wRu8NJiO0
苗木のシャワールーム

モノ木(相変わらず、物言わぬ舞園さんがそこに居た)

江ノ島「それでどうするの? 調べ直す?」

モノ木「あのね、僕をひっくり返して持ってくれないかな?」

江ノ島「ひっくり返す……? こう?」

モノ木「うわっ!」

   (ボクの目の前に広がったのは江ノ島生足だった)

   (とても健康的でしゃぶりつきたくなる太ももがっ! ボクの目の前にッ!)

   (意外と筋肉質だなぁ………)

137: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 19:27:52.14 ID:wRu8NJiO0
モノ木(正直言って眼福です)

   「………じゃなくて! 江ノ島さん逆! 前後逆!」

江ノ島「? えっと……? こうかな……?」

モノ木(……ちょっと残念な気持ちになってしまった)

138: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 19:36:00.61 ID:wRu8NJiO0
モノ木(この状態であの血文字を見ると………)

   (……ッ! 読める!)

   (Nの中の部分がかすれているけど、読めるぞ!)

   (LEON、レオンって読める!)

139: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 19:40:07.00 ID:wRu8NJiO0
モノ木「ありがとう江ノ島さん」

江ノ島「何か分ったの?」

モノ木「舞園さんが残したメッセージは犯人の名前だったよ」

   「11037をひっくり返す見るとLIONって文字になった」

江ノ島「LION、レオン……これって桑田の名前」

モノ木「そう、彼なら男子だし工具セットを持ってる」

   「だから、犯人の可能性が高い」

江ノ島「可能性……? 桑田が犯人で決まりじゃないの?」

140: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 19:41:02.37 ID:wRu8NJiO0
モノ木「いや、もしかしたら別に犯人がいて、そいつが書いた可能性もあるんだ」

   「正直、ボクはそれはかなり低いと思うけど………舞園さんの人差し指に血が付いてたし……」

   「でも、まだ桑田クンだって断定できない。だから調べて証拠を集めないと」

   「大神さんに昨日の夜の話を聞いて、舞園さんのCDを見て、石丸クンに掃除当番を聞いて」

   「掃除当番にトラッシュルームの鍵を開けてもらって、調べてみないと」

江ノ島「うん、分った。行こう」

142: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 19:48:32.50 ID:wRu8NJiO0
苗木の部屋

モノ木「大神さん、ちょっと聞きたい事があるんだけど良いかな?」

大神「何だ」

モノ木「昨日の夜、食堂で朝日奈さんと一緒に紅茶を飲んでいたのって本当?」

大神「そうだ、我は昨晩朝日奈と共に行動していた」

モノ木「その時に舞園さんは食堂やってきた?」

大神「うむ、確かに舞園が来たのを我は見たぞ」

モノ木「うん………分った、ありがとう大神さん」

144: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 19:56:02.95 ID:wRu8NJiO0

モノ木「犯人は舞園さんが持ち出した包丁を奪ったのは確定した」

   「となると次は石丸クンを探そう」

江ノ島「うん、分った」

モノ木「あと、見かけた人に掃除当番かも聞いていこうと思う」

145: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 19:58:14.64 ID:wRu8NJiO0
寄宿舎エリア廊下

モノ木「あ、山田クン」

山田「おやおや苗木誠殿に江ノ島盾子殿ではないですか」

  「はて? 何故江ノ島盾子殿が苗木誠殿を持って歩いているのですかな?」

モノ木「またか……あはは」

 説明中

モノ木「って、訳」

山田「つまり! フラグが立っているという事ですな!」

モノ木「違うよ! どうしてそうなるんだよ!?」

江ノ島「フラグ? 旗……?」

146: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 20:01:08.10 ID:wRu8NJiO0
モノ木「そんな事より! 掃除当番を探してるんだけど何か知らないかな」

山田「掃除当番……?」

  「ああ、それなら僕ですが。何か?」

モノ木「え? 山田クンだったの?」

山田「昨日の朝、モノクマに頼まれたんですよ」

  「掃除当番がいないと、学園中がゴミだかけになってしまうとのことでしたので……」

  「わたくしめが立候補したのです!」


148: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 20:06:56.56 ID:wRu8NJiO0
山田「本当は、今朝から始める予定だったのですが、あんな事やこんな事があったせいで実働はまだですがね」

モノ木「掃除当番って、トラッシュルームの鉄格子を開けられるの?」

山田「とーぜんでしょう!」

  「掃除当番は、集めたゴミを、トラッシュルームに廃棄しなければならないのです」

  「トラッシュルームの鉄格子を開ける鍵もちゃんと受け取ってますがな!」

  「ちなみに掃除当番は一週間ごとの交代らしいので、その内苗木誠殿も江ノ島殿も担当する事になるでしょう」


149: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 20:08:06.41 ID:wRu8NJiO0
モノ木「あの、そのトラッシュルームを調べたいんだけど……」

山田「いいよ」

モノ木「軽……ッ!」

山田「ただし一つだけ答えて頂きたい苗木誠殿」

モノ木「え? 何?」

山田「ズバリ、モノクマボディには触覚の機能が搭載されているのか、ですよ!」


152: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 20:22:25.73 ID:wRu8NJiO0
モノ木「え、えーっとそれは………うん、感じるけど」

山田「それはつまりアレですな! 今も江ノ島盾子殿の○の感触を味わっているという事ですな!」

モノ木「ッ!」

江ノ島「………え?」

154: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 20:24:26.57 ID:wRu8NJiO0
江ノ島「そ、そうなの?! 苗木くん!?」(///

モノ木「ご、ごめんなさい! 言わないでごめんなさい!」

江ノ島「ぁ………ぅ…………」(////////

山田「キタコレ! 超高校級のギャルである江ノ島盾子殿が○を押し付けていた事にまさかの赤面!」

  「いいですぞー! ギャップ萌えですぞー!!」

  「三次元に萌えるなんて悔しいッ、でも○○ちゃうっ! ビクンビクンッ!」

モノ木「ちょっと山田君は黙ってて!」

155: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 20:24:53.61 ID:wRu8NJiO0
モノ木「江ノ島さんほんとごめん! 最初に言っとけばよかったよね」

   「謝って済む訳じゃないけど、本当にごめんね!」

江ノ島「うぅぅ………」(////

   「し、仕方ないし……苗木がこんな風になった私のせいだし………」(////

   「そ、それに………苗木くんだったら………ごにょごにょ」(///////////

モノ木「え……?」(////

山田「ふむ……これはアレですな」

  「リア充爆発しろ!」

156: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 20:25:43.13 ID:wRu8NJiO0
トラッシュルーム

山田「しかしながら、苗木誠殿……よもやトラッシュルームで証拠隠滅しようとしてるのではあるまいな!?」

  「お、おのれ……図ったな!!」

苗木「ち、違うよ! ここには山田クン、そして江ノ島さんも居るじゃないか! 出来る訳ないよ!」

  「ボクは、犯人が証拠を隠滅していないか調べに来ただけだって!」

山田「犯人は苗木誠殿であろう? 自分が隠滅した証拠を自分で調べる……だと?」

  「え……? どんなパラレルワールド……?」

苗木「………山田クンはほっといて調べよう、江ノ島さん」

江ノ島「うん」


157: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 20:26:14.89 ID:wRu8NJiO0
モノ木「鉄格子の中には焼却炉がある。焼却炉と鉄格子は10メートル以上離れている」

   「その焼却炉の火が付きっぱの状態になっていた」

   「起動停止スイッチの近くに割れた状態のガラス玉が落ちていた」

   「そのガラス玉は占いに使う物らしい、その人に話を聞かなきゃ」

   「焼却炉の前には燃えカスの布があり、それは血の付いてワイシャツの袖口だった」

   「犯人が証拠を隠滅した名残だと思われる」

   「ここで調べられるのはこれぐらいかな?」

158: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/03(木) 20:26:44.89 ID:wRu8NJiO0
山田「しかしながら妙ですな」

  「前来た時には焼却炉の火も消えていたし、そんなガラス破片も、燃えかけの布もなかったのに……」

  「どういう事ですかな、苗木誠殿! そろそろ白状してもらいましょうか!」

モノ木「何で……ボク……?」

山田「あなたが犯人に決まっているのです! 謎はすべて解けているのですっ!」

モノ木「……………江ノ島さん、次行こうか」

江ノ島「あ、うん………そ、そうだね」(////

モノ木「あ、うん……」(////

山田「重要な事なのでもう一度言わせていただきましょう」

   「リア充爆破しろ!」

183: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 00:49:56.23 ID:pyUeU3AO0
ランドリー前

葉隠「はぁ………ないべ」

モノ木「あ、葉隠クン! 丁度良かった!」

葉隠「ん? ああ、苗木っち、そして江ノ島っち、何か用か?」

モノ木「あのさ、このガラス玉に見覚えのないかな?」

葉隠「あああっ!? 探してた俺の水晶玉っ!!」

185: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 00:52:29.46 ID:pyUeU3AO0
葉隠「え? 割れてる……え? え?」

  「ぜ、絶対割れない奇跡の水晶玉って言われたから買ったのに」

  「え? 何で割れてる? しかもガラス玉だった!? 水晶ですらなく?」

  「もしかして俺って騙されたんか?」

モノ木・江ノ島「うわぁ………」

モノ木「あ、あのさ……葉隠クン。その話は置いといて……」

   「これって間違いなく葉隠クンの物だよね?」

葉隠「間違いなく……俺んだけど…………」

187: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 00:55:56.33 ID:pyUeU3AO0

葉隠「昨日の夜、ランドリーに置き忘れたと思いだして、さっきまでそれを探していたんだべ」

  「それがこんなんになって………」

モノ木「という事は、誰にでも持っていけたって事だね……。うんありがとう」

葉隠「ああ………」

江ノ島「ところでそれいくらで買ったの?」

葉隠「……占いで稼いだ2年間のほぼすべて……………」

  「リアルな話……1億だべ」

モノ木「い、1億ぅ!?」

188: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 00:57:42.29 ID:pyUeU3AO0
江ノ島「あんたって………本当にアホなんだ」

葉隠「モノクマに暴力振るって殺されかけた江ノ島っちに言われたくないべ!」

江ノ島「ッ!」

モノ木「は、葉隠クン!」

葉隠「に、睨らまんでくれ苗木っち。モノクマに睨まれてるみたいで怖いんよ……」


189: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 00:59:03.50 ID:pyUeU3AO0
葉隠「じゃ、じゃあな!」(スタコラサッサ

江ノ島「…………」

モノ木(………また、俯いてる。何か気を紛らわせなきゃ!)

   「えっと、が、ガラス玉って何に使われたと思う? 江ノ島さん!」

江ノ島「……投げたんだと思う」

モノ木「やっぱり江ノ島さんもそう思う?」

   「焼却炉の起動ボタンであるスイッチを押す為に使われたんだよね……やっぱり」

   「超高校級の野球選手である彼なら簡単な事だろうし……」

   「やっぱり桑田クンなのかな……?」

190: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 01:02:02.41 ID:pyUeU3AO0
江ノ島「そう……なのかもしれない………」

モノ木「やっぱりわからないよね」

   「……だから、学級裁判するんだしね……」

   「とりあえず視聴覚室に行こう」

   「そして、舞園さんのビデオを見てみるんだ」

江ノ島「うん……」

191: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 01:02:55.92 ID:pyUeU3AO0
学校エリア 廊下

江ノ島「あの、ね……苗木くん」(ギュウ

モノ木「何かな? 江ノ島さん」

江ノ島「あたし舞園のテープ見るの止めておくよ」

モノ木「何で……?」

江ノ島「このテープは苗木以外が見ちゃいけない……そう思うんだ」

モノ木「そっか。……うん、ならそうしようか」


192: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 01:03:50.12 ID:pyUeU3AO0
視聴覚室

モノ木「よし、席に着いた。再生するよ」

江ノ島「うん、あたしは外に居るね。終わったら呼んでね」

モノ木「うん、ありがとね江ノ島さん」

江ノ島「………うん」

193: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 01:04:47.74 ID:pyUeU3AO0
モノ木「………よし、見るぞ」(再生

  視聴中

『正解発表は"卒業"の後で!』

モノ木「うそだろ………国民的アイドルグループだぞ!? みんなが知ってるアイドルグループなんだぞ!?」

   「そんな彼女たちにまで……ッ!」

   「な、何者……なんだ………! こんなことまでして………!」

194: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 01:05:38.77 ID:pyUeU3AO0
モノ木「………とりあえず、江ノ島さんを呼ぼう」

   「江ノ島さんっ、見終わったよ!」

霧切「そう終わったのね」

モノ木「え? 霧切さん?」

195: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 01:06:14.11 ID:pyUeU3AO0
霧切「苗木クンに用事があってきたわ」

江ノ島「……らしいよ」

モノ木「何かな?」

霧切「あなたの部屋のドアノブの事よ、犯人が入る際手こずったようなの」

  「そして、ドアノブをドライバーのような物で外したのは知ってるかしら?」

モノ木「うん、知ってるよ。それで何が聞きたいの?」

霧切「犯人がどうして手こずったのかが知りたいの」

196: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 01:06:53.46 ID:pyUeU3AO0
霧切「あなたのシャワールームには鍵は付いてない」

  「なら何が犯人を遮ったのか。苗木クン、あなたは知ってるわね?」

モノ木「うん、知ってるよ」

   「犯人を遮ったのはドアの建て付けだよ」

霧切「建て付け……なるほどね。」

197: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 01:07:28.16 ID:pyUeU3AO0
霧切「苗木クン、その事は誰かに言ったのかしら?」

モノ木「昨日の時点では部屋を交換した舞園さんに」

   「今日では一緒に捜査してくれた江ノ島さんに教えたよ」

霧切「そう………これですべてのピースが揃ったわ」

モノ木「………」

198: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 01:08:37.13 ID:pyUeU3AO0
モノ木「……霧切さん、逆にこっちが聞いて良いかな?」

霧切「ええ、構わないわ」

モノ木「………キミは犯人の目星がついているの?」

霧切「ええ、大まかには」

モノ木「ボクも大体は見当はつけたよ」

   「でも、二つほど分からない事があるんだ」

霧切「それは何かしら」

モノ木「ネームプレートが交換されていた件と」

   「犯人がどうやってボクの部屋に入ってこれたか、だよ」

199: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 01:09:12.51 ID:pyUeU3AO0
霧切「ふむ………あなたにはその謎を解くのは難しそうね」

モノ木「その口ぶりだと、その謎は解けているんだね」

霧切「でも言わないわよ」

キーンコーンカーンコーン

霧切「丁度学級裁判が始めるみたいだからね」

  「何よりこの事件の謎はあなたが突きとめるべきよ」

  「でないと、きっと納得できないまま終わってしまう事になるから」

  「じゃあ、学級裁判で会いましょう」


200: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 01:09:48.42 ID:pyUeU3AO0
モノクマ『えー、ボクも待ち疲れたんで、そろそろはじめちゃいますか?』

    『お待ちかねの………』

    『学級裁判をッ!!』

江ノ島「苗木くん……」

モノ木「……………行こう、江ノ島さん」

   「学級裁判に」

江ノ島「………うん」(ギュウゥ


216: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 12:07:55.52 ID:pyUeU3AO0
エレベーター前

石丸「苗木くん! 江ノ島くん! 遅かったじゃないか! みんな待っていたのだぞ!」

江ノ島「少し遅れただけじゃない」

モノ木「あはは……ごめん」

石丸「む、何で江ノ島くんが苗木くんを持っているのかね! 自分の足で歩きたまえ!」

大和田「自分の足って……無理だろ」

山田「モノクマですからな……」


217: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 12:08:52.84 ID:pyUeU3AO0
モノ木「えっと………」

 説明中

セレス「成程、確かに人間とモノクマでは勝手が違うのでしょう」

石丸「そういう事情があるなら仕方ない! すまなかった!」

モノ木「分かってくれればそれでいいよ」

大神「江ノ島、ずっと持って疲れたのではないか?」

  「代わりに我が持ってもいいが、どうする」

江ノ島「……いーって。あたしのせいなんだし、あたしが持つ」

大神「そうか」


218: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 12:09:36.84 ID:pyUeU3AO0
モノ木(みんなが僕を見る)

   (その目はボクを疑うもの……)

   (その中に桑田クンの視線もある)

   (その目はボクには疑いではない違うもののように感じた)

   (ボクの推理では桑田クンだと言ってる。……本当に桑田クンなのだろうか?)

   (舞園さんが好意を抱いていた彼が舞園さんを殺した?)

   (まだ確実とは言えない……二つも謎が残っているのだから)

   (この裁判で全部の謎を解き明かすんだ)

219: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 12:10:07.62 ID:pyUeU3AO0
モノクマ『うぷぷ、みんなそろいましたね? それでは……』

    『正面に見えるエレベーターにお乗りください。そいつがオマエラを裁判場まで連れてってくれるよ』

    『オマエラの……運命を決める裁判場にね………』

    『うぷぷ、ボクは先に行って待ってるからね』

大神「では、行こう」

モノ木(大神さんを先頭にみんながエレベータに入っていく)

220: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 12:10:56.48 ID:pyUeU3AO0
江ノ島「苗木くん………」(ギュウ

モノ木「…………行こう、江ノ島さん」

   「舞園さんの為に、みんなの為に、そしてボクの為に」

   「すべての謎を解き明かしに行こう」

江ノ島「うん」

モノ木(そして最後にボクと江ノ島さんが入って、エレベーターが動き出した)

221: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 12:11:30.45 ID:pyUeU3AO0
モノ木(エレベーターが落ちてゆく)

   「死刑を待つ囚人の気持ってこんな感じなのかな……」

セレス「それを言うなら”判決を待つ被告人”の気分じゃありません?」

モノ木「…………」

江ノ島「苗木………」(ギュウゥ

モノ木「大丈夫だよ………」

   (僕らの不安な気持ちをよそに、エレベーターはどんどん地下へと潜っていった……)

222: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 12:12:12.38 ID:pyUeU3AO0
裁判所

モノクマ「にょほほ! やっと来たね!」

    「どう、これっていかにも裁判場って感じじゃない?」

    「ハリウッドクラスのリアルな再現じゃない?」

大和田「どこがだ……悪趣味な空間だぜ……」

モノクマ「はいはい、じゃあオマエラは、自分の名前が書かれた席についてくださいな」

    「ハリーアップ、ハリーアップ!」

モノ木(モノクマに言われるまま、ボクらは、指定された席へと向かった)


223: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 12:13:08.18 ID:pyUeU3AO0
モノ木(一同が、円状に陣取るように配置された席……)

   (みんなの顔が見れるようになって……………)

   (……モノクマの背が低い所為でみんな顔が見えない)

   「モノクマ………みんなが見えないんだけど……」

   「ボクはどうすればいいの? このまま?」

モノクマ「準備はぬかりないよ! カモン、跳び箱」

モノ木「え?」

   「 」(ズドーンッ!


224: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 12:15:29.52 ID:pyUeU3AO0
モノ木(ボクの背中をギリギリを狙ったかのように落ちてきた跳び箱)

   (少し後ろの下がっていたら半壊は免れなかっただろう)

   「な、何すんだ! モノクマ!」

モノクマ「ボクが当てるとでも思ったの?」

    「酷い、これでも跳び箱落とし検定10級なのに!」

モノ木「そこは一級にしておけよ!」

225: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 12:16:06.68 ID:pyUeU3AO0
モノクマ「大丈夫、モノクマはミスらないから! 安心安全だよ!」

モノ木「………ボク、お前のミスでこんな風になってるんだけど」

モノクマ「…………」

    「昨日までのボクと同じと思うな! より完璧なボクに変わってるんだぞ!」

モノ木「今日の朝の話だよ!」

226: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 12:17:06.77 ID:pyUeU3AO0
十神「下らんモノクマ同士の漫才もいい加減しろ」

セレス「あら、せっかく面白かったですのに」

石丸「苗木くんはツッコミの才能があるな! 見習いたいモノだ!」

大和田「あん? お前こういうの好きなのか?」

石丸「その通り! 特にリアクション芸が好きだ!」

葉隠「意外な趣味だべ」

227: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 12:17:59.01 ID:pyUeU3AO0
モノクマ「もう! モノ木クンのせいで緊張感が台無しじゃないか!」

モノ木「どう考えてもお前のせいだろ!」

モノクマ「これだからゆとり世代のモノ木くんは……」

モノ木「だから……!」

十神「苗木も一々反応するな! 話が進まんだろう……!」

モノ木「………なんでボクが怒られてるのさ?」

228: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 12:18:48.05 ID:pyUeU3AO0
モノ木「……着いたよ」(トビバコノテッペン

モノクマ「では、始めるよ! 学級裁判を!」

モノ木(モノクマのその言葉で緩んだ空気が一気に引き締まったのを感じた)

   (江ノ島さんと目が合う)

江ノ島「……」

   (最初に比べて随分顔色も良くなって少し安心してしまう)

   (それじゃあいけない、と言い聞かせる)

   (此処から先は遊びのない命がけ)

   (命がけの裁判)

   (命がけの騙し合い)

   (命がけの謎解き、命がけの言い訳、命がけの信頼)

   (命がけの学級裁判!!)

229: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 12:19:24.21 ID:pyUeU3AO0
モノクマ「まずは、学級裁判の簡単な説明から始めましょう!」

 説明中

モノクマ「晴れて卒業となりまーす!」

モノ木「………………本当に……この中に犯人がいるんだよな?」

モノクマ「当然です」

石丸「よし! みんなで目を閉じよう! そして犯人は挙手したまえ!」

大和田「アホか、あげる訳ねーだろ」

230: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 12:21:00.25 ID:pyUeU3AO0
霧切「ちょっといい、議論を出す前に聞いておきたいんだけど」

  「あれって、どういう意味?」

モノ木(霧切さんが指したのは舞園さんの席にある写真)

   (白黒の舞園さんの顔が写っており、その上に赤いバツが付けられている物が置かれている)

モノクマ「死んだからって仲間外れにするなんてかわいそうでしょ? 友情は生死を飛び越えるんだよ!」

山田「せいしが……飛び……超える!?」

モノクマ「本来なら江ノ島さんもそうなってたんだけどね!」

江ノ島「………ッ」


231: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 12:21:31.30 ID:pyUeU3AO0
モノクマ「でも、ボクが間違えちゃったから特例なのです!」

セレス「苗木くんが死んだ甲斐がありましたわね」(ニッコリ

モノ木「勝手に殺さないでよ……」

十神「モノクマ、ならあの空席は何だ?」

モノクマ「……深い意味はないよ。最大16人収容可能な裁判所っていうだけ」

    「さてと、前置きはこれぐらいにしてそろそろ始めようか!」

232: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 12:23:28.83 ID:pyUeU3AO0
モノクマ「まずは事件のまとめからだね! じゃあ、議論をかいししてくださーい!!」

モノ木(始める……犯人を決める為の議論が………)

    (何か気付いた事があったら、ボク自身が発言しないと)

    (ボクだけじゃない。みんなの命もかかってるんだっ!!)

233: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 12:23:59.90 ID:pyUeU3AO0
石丸「断言しよう! 殺されたのは舞園さやかだ!」

葉隠「……そんなん、わかってんべ」

十神「殺人が起きたのは苗木の部屋だったな」

朝日奈「そのシャワールームだったよね……?」

不二咲「部屋には争った形跡があったから……争った跡にシャワールームには後で行ったんだよね………?」

石丸「そのようだな! 舞園さやかくんと犯人が部屋で争ったのだろう!」

セレス「その後、シャワールームに逃げ込んだところで」

   「追ってきた犯人に殺されてしまったのでしょう」

モノ木(今のところ矛盾したところが見受けられない……)

大神「では、次は凶器の話だな」

山田「なんだか……それっぽくなってきましたな………」

234: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 12:24:37.19 ID:pyUeU3AO0
大神「舞園さやかを殺した凶器とはなんだったのだ?」

石丸「舞園さやかの腹部に刺さっていた刃物」

  「間違いない! あれが凶器だ!」

大和田「犯人が『ナイフで』ぶっ刺しやがったんだな」

モノ木「! 大和田クンそれは違うよ!」

235: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 12:25:53.62 ID:pyUeU3AO0
モノ木「あの刃物はナイフなんかじゃなくて、厨房の包丁だったはずだよ」

大和田「あ? 包丁だぁ……?」

江ノ島「そーよ、厨房にあった包丁が事件後一本なくなってたの」

モノ木「ボクと江ノ島さん、そして朝日奈さんもその事実は知ってるんだよ」

   「そうだよね、朝日奈さん?」

朝日奈「え……あ、うん! 確かになくなってたよ!」

大神「その包丁が、凶器になったという事か」

大和田「あぁ……確かにそうかもしんねーな。あの女の腹に刺さっていた刃物」

   「よく見ると包丁だな、こりゃ……」

236: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 12:26:55.76 ID:pyUeU3AO0
大和田「……なんつーか、よ」

   「苗木に指摘されると、モノクマに言われてるみたいでムカつくんだが……」

モノ木「え、ええぇー……」

江ノ島「苗木悪くねーじゃん!」

セレス「まあ仕方ありませんわね。モノクマですし……いえモノ木君ですし」

山田「これはあれですな」

  「『ぷるぷる……ボクは悪いモノクマじゃないよ』とモノ木殿が言うべきではありませんかなっ!」

モノ木「ちょ……」

霧切「待って」

  「話がずれているわ。今は凶器の話よ」

252: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 22:46:27.01 ID:pyUeU3AO0
桑田「凶器が包丁なのはわかったけどさぁ……。だからどーしたっていうの?」

  「つーかさ! 結局のところ苗木が犯人なんだろ!?」

モノ木「………………」

腐川「そ、そうよ……現場は苗木の部屋だったのよ……これ以上の根拠は……ないじゃない……!」

江ノ島「それを決めつけるのは早えーての!」

モノ木「……うん、そうだよ。その結論を出すのは議論を進めた後にしない?」

霧切「そうね。そうでないと学級裁判の意味がないわ」

桑田「けど、これ以上話し合ったって、どーせ、結論は変わらねーって」

モノ木(……………桑田くんからこのまま議論を流したいっていう悪意を感じる)

   (駄目だ! 思い込みに囚われてな!)

   (さっきも言ったばかりだろ。結論は議論を進めた後にしないと!)

253: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 22:46:56.56 ID:pyUeU3AO0
霧切「いいえ、そんな事ないわ。議論を続ければ、きっと見えてくるわ」

葉隠「何がみえてくるんだ?」

モノ木(そうだ、きっと見えてくるはずだ)

   (真実がッ!)

255: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 22:49:27.72 ID:pyUeU3AO0

桑田「で? 包丁だからってどーしたんだ?」

腐川「な、苗木が厨房から持ち出したんでしょ」

モノ木「腐川さんそれは違うよ」

腐川「何が違うっていうのよ……!」

モノ木「厨房から持っていったのは僕じゃないんだ」

腐川「お、お次は……犯人はボクじゃない……かしら? 言うだけなら……いくら出来るのよ……!」

モノ木「いいや、違う。ボクは誰が持って行ったか知ってるんだ」

   「持っていったのは………舞園さんなんだよ…………」

石丸「舞園くんがッ……!?」

腐川「あ、あんたの証言なんか信用できる訳ないじゃない……!」


256: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 22:50:05.53 ID:pyUeU3AO0
モノ木「じゃあ、証人がいるとしたら? ねぇ、朝日奈さん?」

朝日奈「え? わ、私……?」

モノ木「だって、朝日奈さんは言ってたよね」

   「『昨日の夜、紅茶を飲もうとして、厨房に入った時は、確かに包丁が揃ってたよ』」

   「『だけど、食堂で紅茶を飲んだ後、その紅茶をかたずけ用と厨房に入った時には……』」

   「『もうなかったんだ……』って」

   「その間に来た人は舞園さんだったんよね?」

朝日奈「う、うん。そうだよ」

257: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 22:50:45.88 ID:pyUeU3AO0
腐川「だ、だったらこういう可能性はどう……?」

  「……そこの水泳バカと苗木誠は共犯関係にあって……ウソの証言をしている……とか……」

朝日奈「水泳バカ……!?」

   「っていうか、なんで私が共犯なの!?」

モノ木「それはないんじゃないかな、その場には大神さんが居たらしいから」

   「そうだよね、大神さん」

大神「うむ、確かに我は昨晩朝日奈と行動を共にしていた。そして舞園さやかが厨房に来たのを我は見ている」

腐川「な、なら大神さくらも共犯よ……!」

山田「それはちょっと無茶があるんじゃないですかね……?」

258: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 22:51:37.62 ID:pyUeU3AO0
十神「ついでに、そこのヌイグルミに聞いておきたいんだが、共犯者が存在した場合は、そいつもクロになるのか?」

モノクマ「では、答えましょう!!」

    「殺人の際、共犯者を味方につける事は可能ですが、"卒業"出来るのは、実行犯であるクロ1名のみです」

霧切「つまり、いくら殺人を手伝ったところで共犯者は得しないのね」

大和田「じゃあ、共犯者ってのはなさそうだな……」

不二咲「でも……犯人がそのルールを知らなかっただけかもしれないし………」

モノクマ「ああッ、メンド臭いな! もうっ!! ないない! 今回の事件に共犯者はいないんだよ!!」

    「はッ……! 言ってしまった……!」


259: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 22:52:32.54 ID:pyUeU3AO0

石丸「では、包丁を持ち出したのは、被害者である舞園さん自身だったのか!」

十神「つまり、舞園は自分の持ち出した包丁を犯人に奪われ、それで殺されたんだな?」

  「分っているのか? 包丁を持ち出していないからと言って、容疑が晴れたとは言えないぞ?」

モノ木「分ってる、分ってて言ってるんだ」

   「ボクはこの場に立っているのは自分の無罪を証明する為じゃない」

   「舞園さんがどうして殺されたのか」

   「そして、犯人が誰なのか、その謎を解く為にこの場居るんだよ」

260: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 22:53:06.74 ID:pyUeU3AO0
桑田「………ッ。な、何だよ」

モノ木(思わず桑田クンを見てしまった。落ち着け、まだ決まったわけじゃない)

江ノ島「苗木……」

腐川「ふん……いくら良い事言ったって……苗木が犯人に決まってるじゃない……」

霧切「待って、苗木君を犯人だと決め付けるのは、まだ早いんじゃないかしら……?」

  「今回の犯人は、部屋の持ち主では"ありえない行動"を取っていた」

  「その行動の謎を判明しない限り、彼が犯人だと言い切れないはずよ」


261: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 22:54:29.57 ID:pyUeU3AO0
大和田「ありえねー行動? なんだそりゃ!?」

霧切「現場となった部屋には、"あって当然の物"がなかった」

  「苗木君、ここまで言えばわかるわね?」

モノ木(…………あって、当然な物)

   「それって……髪の毛の事だよね?」

江ノ島「ああっ! 確かに苗木の部屋には髪の毛一本も落ちてなかったッ!」

不二咲「犯人が……証拠隠滅したって事……?」


262: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 22:58:57.87 ID:pyUeU3AO0
モノ木「もしボクが犯人だったら……」

   「どうして自分の部屋の髪の毛をそこまで徹底的に掃除する必要があるの?」

江ノ島「別に自分の部屋に自分の髪が落ちてても何もおかしくないよねー」

桑田「………」

モノ木(この議論になってから桑田クンの顔色が見るからに悪くなった)

   (やっぱり……そうなのか?)

   (彼が犯人なのか………?)

263: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 23:00:57.18 ID:pyUeU3AO0
セレス「『舞園が部屋を訪れた』という痕跡を消す為に、部屋中の髪の毛を掃除した」

   「そうは考えられませんか?」

霧切「彼女の痕跡を消すのが目的なら、髪の毛よりも、死体そのものをなんとかするはずよ」

山田「むむむ……一理ありますなぁ……」

桑田「だったら、どうして髪の毛が落ちてなかったんだよ」

モノ木(平静を振る舞っている桑田クン、さっきの動揺の意味は……やっぱり………)

霧切「もちろん、犯人が掃除したからよ。『自分がその部屋に訪れた』という痕跡を消す為にね」

大和田「って事は!」

霧切「そう、犯人が部屋の持ち主だとは考えられないのよ」


264: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 23:01:49.10 ID:pyUeU3AO0
不二咲「じゃあ、苗木くんは犯人じゃない?」

石丸「だが、そんな大事な事を、たかが髪の毛だけで決めていいのか!?」

霧切「いいえ、苗木君が犯人じゃないって根拠は、他にもあるわよ」

大神「聞かせてもらおうか」

霧切「現場となったシャワールーム周辺の状況を、よく思い出してみて」

  「舞園さんは最初に部屋で襲われ、その後、シャワールームに逃げ込んだのよね?」

大和田「犯人は、その後を追って、シャワールームに入った。そこであの女を刺し殺したんだ」

霧切「その時、犯人はすんなりとシャワールームに入れたのかしら?」


265: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 23:02:15.33 ID:pyUeU3AO0
セレス「どういう意味ですか……?」

霧切「犯人はシャワールームに入る際、かなりてこずったんじゃないかしら」

  「その証拠だってハッキリと残っているはずよ、そうよね苗木君?」

モノ木「犯人が手こずった証拠って……シャワールームのドアノブの事だよね?」

葉隠「ドアノブが……どうしたんだべ……?」

モノ木「江ノ島さんが見つけたんだけど壊されていたんだよ。ボクの部屋のシャワールームのドアノブがさ」

江ノ島「上の部分のネジが外れて取れ掛かってたのよ、ほら」

不二咲「本当だぁ……でも犯人はどうしてそんな事したの………?」

266: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 23:02:50.54 ID:pyUeU3AO0
霧切「犯人がシャワールームの鍵を壊そうとして、ドアノブごと外したのよ」

  「これが、苗木君が犯人と考えられない根拠。もう1つの"部屋の持ち主ではあり得ない行動"よ」

桑田「自分の部屋のドアを壊すはずねーってか?」

  「でも、壊すしかねーんだったら壊すだろ!! ありえねえーってほどじゃねーだろ!?」

モノ木「待って桑田クン、犯人はシャワールームの扉を開けられなかったかキミは分かってる?」

桑田「はぁ? 鍵が掛かってたんだろ?」

モノ木「桑田クン、それは違うよ」

267: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 23:03:21.02 ID:pyUeU3AO0
モノ木「そもそも男子のシャワールームには鍵が掛からないんだよ。掛かるのは女子の部屋だけでしょ?」

   「だから、鍵のせいじゃないよ」

大神「そう言えば……そうだったな……」

桑田「じゃあ、どうして苗木の部屋のシャワールームは開かなかったんだよ!」

モノ木「ドアの建て付けのせいなんだ」

桑田「は……? ドアの建て付け?」

268: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 23:03:53.56 ID:pyUeU3AO0

モノ木「ボクの部屋のシャワールームは、ドアの建て付けが悪かったんだ」

   「それは……そこのモノクマが証人だよ」

モノクマ「はい、そのとーりでございます!!」

    「でも、"超高校級の幸運"であるはずの苗木クンだけ、建て付けが悪いなんて……」

    「うぷぷ……! 全然、幸運じゃないし……!」

    「グングニルにも当たるなんて、もう超高校級の不運に変えた方がいいんじゃないかな!」

モノ木「………槍はお前のせいだろ」


269: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 23:04:36.84 ID:pyUeU3AO0
霧切「シャワールームのドアが開かなかったのは、建て付けのせいだった」

  「でも、犯人はそれを鍵のせいだと勘違いした。だからこそドアノブごと鍵を壊そうとしたのよ」

セレス「ですが……犯人はどうして、鍵が掛かってるなんて勘違いしたのでしょう」

   「男子の部屋のシャワールームに鍵が掛からない事は、わたくし達の全員が知っているはずですけど」

霧切「犯人が、そう勘違いしたのは現場に関する"重要な事"を知らなかったせいよ」

モノ木「犯人は……現場がボクの部屋だと知らなかったのかも」

山田「はぁ!? 犯人が現場の事を知らないなんて前代未聞ですぞっ!」

霧切「でも当たってるわ」

山田「なぬぅぅううッ!?」

270: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 23:07:35.91 ID:pyUeU3AO0
霧切「だけど、もう少し正確に言えば、犯人が知らなかったのは、苗木君と舞園さんが、部屋を交換していた事実」

  「そのせいで、犯人は勘違いしてしまったのよ。舞園さんがいた部屋が、彼女の部屋だとね……」

石丸「だから、シャワールームには鍵があると思い込み、鍵を壊しに掛かったのだな……」

大神「それが無意味な行動とも知らずに、か……」

霧切「最終的には、力ずくで開けたのか、ひょうな事からあいたのかはわからない」

  「犯人は相当、混乱したはずよ。結局ドアが開いた理由も分からず終いでしょうし……」

十神「なんにせよ、実に回りくどい行動だ。ありもしないドアの鍵を、壊そうとするとはな……」

モノ木「ドアがあかない理由を知ってたボクならそんなことするはずないよね……?」

十神「たしかにそうかもしれんな……」


271: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 23:09:44.13 ID:pyUeU3AO0
不二咲「じゃあ、犯人って、部屋の交換を知らなかった人なの……?」

腐川「な、苗木は……当てはまらないじゃない……!」

モノ木(ここまでは………順調に進んでいる)

   (でもここからだ。ここからまだボクが分からない謎があるのは)

大和田「だったら犯人は誰だっつーんだ!」

山田「スマンが拙者はお手上げでござる!」

江ノ島「…………」


272: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 23:10:14.14 ID:pyUeU3AO0
不二咲「このまま犯人が決まらなかったら、どうなのぉ……?」

石丸「よし! とりあえず多数決で決めよう!」

桑田「とりあえずで……いいんだ?」

葉隠「つーか、この状況ってやばくねーか? リアルな話、誰かなんとかしてくんねーと……」

セレス「どんな些細な事でも構いませんわ。どなたか、疑問に感じている事はないのですか?」

朝日奈「……あ! 疑問ならあるよっ!!」

セレス「あなたですか……」

朝日奈「何で残念そうなのッ!!」

273: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 23:10:42.10 ID:pyUeU3AO0
石丸「朝日奈くん、いいから話したまえ!」

朝日奈「そもそも、犯人はどうやって、苗木の部屋に入ったのかなーって思ってさ」

モノ木(これだ、ボクも分らないかった謎。これが一番分らない……)

   (一体犯人はどうやって怯えた舞園さんがいるボクの部屋に入ったんだ……?)

桑田「舞園が部屋の鍵を落としてそれを犯人が拾ったんだろ……?」

モノ木(本当にそうなのか? 怯えていた彼女があの後に外に出るか? それは……)

石丸「そんなに都合よく落とすをは思えんが……」


274: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 23:11:13.81 ID:pyUeU3AO0
不二咲「じゃあ……ピッキングとか?」

石丸「いや、鍵にはピッキング防止加工があったはずだ!」

山田「では、お答えしましょう。犯人は、もっと簡単に入ったのであります」

  「つまり、来訪者のフリをしてやって来た犯人を、舞園さん自らが招き入れたのです!」

モノ木「いや、それはないよ………」


287: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 23:36:21.67 ID:pyUeU3AO0
山田「ほぅ……随分と身の程知らずがいたもんですな……この僕に反論するとはね……」

  「もしもーし!! どうして、ないって言い切れるんですかぁ!?」

モノ木「だって、舞園さんは怯えていたんだよ? だからこそ、ボクに部屋の交換を頼んだんだ」

   「そんな彼女が、自分から鍵を開けたとは考えられないよ」

霧切「彼女が怯えていた事自体が、ウソだったとしたら?」

モノ木「え……?」

275: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 23:11:44.80 ID:pyUeU3AO0
モノ木「な、何言ってんだよ! どうして彼女がそんなウソを……!」

   (その時のボクの頭にはある考えるだけでも恐ろしい推測が組み上げあげられていた)

   (この『推測』なら筋が通ってしまう。全ての謎が解けてしまう)

   (だけど、ボクは…………その『推測』認められなかった)

   (いや、認めたくなかったんだ)


289: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 23:38:32.95 ID:pyUeU3AO0


 『2人きりで話したい事があります。
  5分後に、私の部屋に来てください。

  部屋を間違えない様に、
  ちゃんとネームプレートを確認してくださいね。

                 舞園さやか  』

276: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 23:12:11.28 ID:pyUeU3AO0
モノ木「……ッ!」

霧切「ある場所においてあったメモ帳の一番上のページを鉛筆でこすってみたら………こんな字が浮かび上がったわ」

朝日奈「あ、ドラマで見て事があるよ!」

モノ木(朝日奈さんが何か言ってる、でもボクの頭はそれを聞き流す)

   (彼女の言葉よりもボクの脳は違う事に使われていたからだ)

   (そしてあの『推測』はボクの『確信』へと姿を変えていた)

   (全てが繋がってしまった……)

江ノ島「………苗木、くん……」


277: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 23:12:44.06 ID:pyUeU3AO0
霧切「ちなみに、このメモ帳が置いてあったのは、苗木君の部屋のデスクの上よ」

モノ木「…………わざわざボクの方を使ったんだね、彼女は……」(ボソッ

霧切「つまり、このメモを事件前に残せたのは、苗木君の部屋に入った事のある人物だけ」

十神「部屋の持ち主である苗木か……昨晩だけ部屋を交換していたという舞園」

霧切「苗木君、これはあなたが書いた物かしら?」

モノ木「……………」

十神「おい、どうした苗木、何故答えん」

278: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 23:13:32.40 ID:pyUeU3AO0
モノ木「………ッ」

十神「俺を無視するとは、いい度胸だな苗木……!」

朝日奈「どうしちゃったの……?」

石丸「何故黙秘するのだ! 答えないか苗木くん!」

山田「フリーズですかな? 45度の角度からこう叩けば動きますかな?」

不二咲「昔のテレビじゃないよぉ……」


279: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 23:13:59.02 ID:pyUeU3AO0
葉隠「どうしたんだ? 苗木っち腹でも痛いんか?」

セレス「何を迷っているか分りませんがささっとお答えくださいな」

大和田「おらっ! 黙ってんじゃねーぞッ!」

大神「言わねば始まらないだろ」

腐川「も、黙秘権なんかあんたにないわよ。……いいから答えなさいよっ!」

桑田「……………」

江ノ島「苗木……くん…………」

霧切「――――真実から目を背けるの?」

モノ木「ッ!」

280: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 23:14:43.23 ID:pyUeU3AO0
霧切「真実から目を背けて、そして死にに行くつもり?」

  「――――彼女の罪を覆い隠して」

モノ木「………ッ………」

   「………霧切さん、それを答える前に一つ聞いて良い……?」

十神「そんな余裕あるとでも――」

霧切「いいわよ、言ってみて」

十神「ッ! 貴様ら………ッ!」

モノ木「これが学級裁判前に言っていた『あなたが突きとめるべき事件の謎』ってヤツなの……?」


281: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/04(金) 23:15:16.15 ID:pyUeU3AO0
霧切「……見えたようね、苗木君」

  「そうよ、これは『あなたが突きとめつべき事件の謎』よ」

モノ木「そう……か………やっぱりそうなんだ……」

江ノ島「苗木……くん………………」

葉隠「あの二人何言ってんだ? 誰か翻訳してくれ」

セレス「さぁ? お手上げですわね」

山田「二人だけにしか通じないやり取り……どことなく○○○を感じますなッ!」

石丸「何だ! 不純異性交遊か!? いけないぞ二人とも!」

大和田「テメーらは黙ってろ」


304: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:22:38.91 ID:RyM7hXQM0
モノ木「………質問に答えるね」

   「僕じゃないよ……きっと舞園さんが書いた物だと思う……」

   「犯人を招き入れる為に……」

   「そして、その犯人を――――殺す為に書いた物……だよね」

全員「!?」

霧切「そうでしょうね」

全員「!!??」

306: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:23:01.34 ID:RyM7hXQM0
十神「おい苗木、どういう事だ! 説明しろ!」

モノ木「彼女は包丁を持っていったよね。それは護身用にする為なんかじゃない」

   「犯人を殺す為なんだ……」

朝日奈「え? え? どういう事……ッ!?」

モノ木「そして、そのメモをドアの隙間からこっそり入れる事で犯人をボクの部屋へと呼ん出そうとしたんだ」

大神「まさか、被害者である舞園さやかは加害者だったのか……!」

大和田「ま、マジかよ……!」

山田「た、確かに超高校級のアイドルに呼び出されればそんな風に誘われた日には、男子ならイチコロですが……」

307: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:23:30.13 ID:RyM7hXQM0
セレス「お待ちになってください」

   「舞園さんと苗木君は部屋を交換していたのでしょう?」

   「そのメモの呼び出し先には『私の部屋』にありますわよ」

不二咲「そっか、そのメモで呼び出されら、その人は舞園の部屋に行っちゃうんだ!」

セレス「苗木君がいた舞園さんの部屋にです」

モノ木「セレスさん、それは違うよ」


308: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:24:56.78 ID:RyM7hXQM0
モノ木「何故ならボクの部屋と舞園さんの部屋は、ネームプレートが交換されていたんだよ」

セレス「ネームプレートが……?」

霧切「そう、部屋の交換と同じようにね……」

  「そのせいで、苗木君がいた舞園さんの部屋が"苗木誠"のネームプレートになり……」

  「舞園さんがいた苗木君の部屋は"舞園さやか"のネームプレートになっていたのよ」

十神「つまり、"舞園さやか"のネームプレートの部屋には、本当に舞園がいたという事か」

不二咲「じゃあ、そのメモの通りに行動しても、舞園さんがいる苗木君の部屋には行けたんだね……」

霧切「しかも、2人の部屋は隣同士……ネームプレートを入れ替えるにはうってつけだった」

モノ木「そして、それをした人物も舞園さんだったんだよ」

   「自分のやった罪を……ボクに擦り付ける為に…………」

江ノ島「………苗木くん」

309: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:26:39.86 ID:RyM7hXQM0
十神「なるほど、苗木の部屋の交換を隠した上で、犯人を呼び付ける」

  「これは被害者というよりも加害者の行動だ」

モノ木「それを裏付ける根拠もある」

   「彼女のメモにある『部屋を間違えないように、ちゃんとネームプレートを確認してくださいね』っていう念押し」

   「これはネームプレートの入れ替えを知っていたからこそ書けたものだよ」

霧切「つまりこの事件は加害者であった舞園さんが被害者に」

  「そして、被害者である犯人が加害者になった事件だったのよ」 


310: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:27:20.79 ID:RyM7hXQM0
霧切「では、犯人が呼びされた後、何が起きたか」

  「それについての議論しましょう」

大和田「あの女がが加害者っていうなら……襲ったんだろうな、犯人に」

大神「そう言えば、あの現場には模擬刀が落ちていたな」

大和田「そういや……あれってなんなんだ?」

モノ木「ボクが護身用に持って帰った物だよ」

   「舞園さんに勧められて、ね………」

江ノ島「……」


311: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:27:54.65 ID:RyM7hXQM0
十神「舞園は殺人を犯そうとした挙句に自分の勧めた模擬刀で犯人から反撃に受けた」

  「つまり、舞園は自分の手で自分を絞めた訳だ」

モノ木「………」

霧切「模擬刀の鞘には、刃物による傷があった。これの意味する所は……苗木君わかるわね?」

モノ木「犯人がその場にあった舞園さんによる刃物を防いだんだよね」


312: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:29:09.93 ID:RyM7hXQM0
モノ木「そして、犯人はその模擬刀を抜き、左手首を強打した」

   「舞園さんの左手首には骨折と同時に模擬刀の金箔が付いていたから、まず間違いない」

   「その強打によって舞園さんは骨折し包丁を落として、犯人に奪われてしまう」

   「彼女はとっさにシャワールームに逃げ込んだ」

   「そこで犯人が建て付けのせいでドアが開かなくてから鍵が掛かっていると思い」

   「自分のドライバーを使いドアノブを壊した」

   「そして、扉が開き、そこで犯人が奪った包丁で舞園さんを刺した」

   「これがあの部屋にあった事件の全貌だよ………」


313: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:31:43.05 ID:RyM7hXQM0
大和田「なんつーか………何言えば良いかわかんねー………」

モノ木(江ノ島さんはボクを気遣い悲しげな視線を投げかけてくれている)

   (後のみんなが困惑している……)

   (平然としているように見れるのは十神クンとセレスさんと大神さん、そして霧切さん)

   (でも、内心は穏やかじゃないだろうと想像が出来る)

   (その他のみんなは目に見えて動揺の色を隠せない様子だ)

   (そして、一番動揺しているだろう彼――桑田クンは酷く狼狽し、顔を青ざめさせている)


314: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:32:15.23 ID:RyM7hXQM0
モノ木(ボクは今から告げなきゃいけない)

   (彼が犯人である事を)

   (舞園さんを殺した犯人である事を)

   (それを告げるという事は彼を処刑させるという事で)

   (彼を――――殺すという事だ)


315: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:33:17.87 ID:RyM7hXQM0
モノ木(モノクマは人を殺す事を躊躇わない。それはボクが身をもって体験した)

   (ボクは彼が殺されると分かっていて、告げないといけない)

   (これを殺人じゃなくて何と言えば良いんだ……?)

   (いいや、これは……殺人だ。これから犯すボクの罪だ)

   (どうしてこんな事になったんだ?)

   (一体何が悪かったんだ?)

   (桑田クンが舞園さんを殺した事か? 舞園さんが桑田クンを殺そうとした事か………?)

   (――――違うっ! この状況を作り出したやつ)

   (舞園さんに『動機』を与えて凶行至らせたやつ)

   (全部――――モノクマのせいだっ!!)

316: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:33:58.79 ID:RyM7hXQM0
モノクマ「ん? 何だいモノ木クン? こっちなんか見てさ」

    「そんな事よりもさ、ほらっ! 早くクロを決めちゃわないと!」

    「時間切れで全員オシオキー! って事になったら、大変でしょー!?」

葉隠「そ、そうだべ……まずは犯人を決めねーと……」

モノ木(時間がない……)

   (言わないとここですべてが終わりになってしまう……)


317: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:34:31.11 ID:RyM7hXQM0
桑田「は、犯人を決めろっつってもよぉ……」

  「もう新しい手掛かりがないんだぜ?」

モノ木(ある………手掛かりならある)

   (でも、それは彼を、桑田クンを殺す………)

石丸「ならば今までの手掛かりをもう1度見直そう!」

セレス「そんな時間があるのですか……?」

モノ木(みんなが焦り始める)

腐川「は、破滅……破滅よ……!」

  「このまま……みんな破滅するのよ……ッ!」

モノ木(自暴自棄になる人も現れ始める)

   (………………もう、言うしかない……)

318: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:34:58.56 ID:RyM7hXQM0
モノ木「桑田クン……」

桑田「ッ! ……な、何だよ……!?」

モノ木「ボクは――――」
       「今から――――」
           「キミを――――」


319: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:35:39.84 ID:RyM7hXQM0

              「――――殺す」


320: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:36:23.53 ID:RyM7hXQM0
桑田「………は、はぁあッ!?」

朝日奈「な、何言ってるのさ苗木っ!」

十神「ふん、バカかお前は」

朝日奈「またバカ呼ばわりっ!? 十神あんたっ!」

十神「バカにバカと言って何が悪い」

  「苗木はこう言ってるんだ」

  「――――桑田がこの事件の犯人だとな」


321: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:37:07.37 ID:RyM7hXQM0
全員「な……ッ!!」

十神「苗木、これほど大口を叩いたんだ。明確な証拠があるんだろうな?」

モノ木「それはこれから証明するよ」

桑田「お、オレが犯人だぁ!? テキトーな事言うんじゃねーって!!」

  「出せるもんなら出してみろってッ! ショーコをよ!」

モノ木「舞園さんはダイイングメッセージを残していたんだよ」

桑田「ダイイングメッセージ……?」

モノ木「この『11037』って書かれているように見える血文字」

   「これが舞園さんの残したダイイングメッセージだ」

340: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 17:17:01.83 ID:RyM7hXQM0
桑田「これのどこがオレを示してるんだよっ! いい加減な事ばかり言いやがってッ!」 

モノ木「本来これはこう読む物じゃない。こう180度回転して読む物なんだ」 

桑田「回転だぁ……?」 

山田「おや? この11の部分、中の部分がかすれていますがアルファベットの『N』に見えませんかねぇ?」 

不二咲「ホントだぁ! アルファベットの『N』だ!」 

山田「フヒヒ、灰色の脳細胞がさえておりますぞぉ!」 

大和田「となると……L、E、O、Nか」 

   「おい! レオンって読めッぞ!」 

323: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:38:25.99 ID:RyM7hXQM0
桑田「こ、こんなのたまたまだって!」

  「たまたま、そう見えただけだって! 偶然の産物だっつーの!!」

  「つーかこれが舞園が書いたって証拠があるのかよ!!」

モノ木「舞園さんの左手の人差し指が血に汚れていた。その指で血文字を書いたからだよ」

桑田「そんなんこじつけだ! 証拠だなんて認めんねーぞ!」


324: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:39:05.08 ID:RyM7hXQM0
モノ木「ならもう一つ提出する」

   「これだよ、この血の付いた燃えカス」

桑田「な……なんだよ、それ……! そんなもん知んねーぞ、オレはッ!!」

モノ木「これはトラッシュルームの焼却炉の前に落ちていた、キミが証拠を隠滅しようとした名残だよ」

   「キミは舞園さんを刺し殺した際に返り血を浴びたはずだ」

   「その返り血を浴びたワイシャツを処分する為に、キミは焼却炉に放り込んだんだよ」

セレス「その際に燃えカスを残してしまったのですね……」


326: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:40:14.95 ID:RyM7hXQM0
大神「だが、そのワイシャツだけで、桑田怜恩が犯人だと犯人だと断定出来るのか?」

不二咲「袖口が白いワイシャツを着てる人は、桑田君以外にもたくさんいるもんね……」

桑田「そ、そうだ……! ワイシャツを着てる奴なんて、オレ以外にもいるんだ……!」

  「そんな燃えカスだけじゃ、誰のモンかなんて、わかるはずねーだろ!」

モノ木「そうだね」

   「でもこれがどうやってこんな風にしたかの方法を考えれば」

   「キミ以外はあり得ないんだ」


327: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:40:50.02 ID:RyM7hXQM0
桑田「は、はあぁ!? 何だって言うんだよ!!」

モノ木「トラッシュルームの焼却炉に近づくには掃除当番が持つトラッシュルームの鍵が必要だ」

桑田「なら、俺じゃないだろ! 掃除当番である山田が犯人だろ!」

山田「はははは……ブヒッ!?」

桑田「焼却炉に近づかなきゃ、証拠隠滅なんかできやしねー……」

  「つー事は、犯人は掃除当番だ!」

モノ木「桑田クン…………それは違うよ」

328: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:41:43.38 ID:RyM7hXQM0
モノ木「掃除当番じゃなくても証拠を処分する方法はある」

   「それも桑田クンにしか出来ない方法が、ね」

十神「聞かせてもらおうか、その桑田以外が出来ない方法とやらを」

モノ木「そう、キミはこれを使ったんだ」

大和田「割れちまってるけど……ガラス玉みてーだな……」

葉隠「いや、水晶玉……のはずだったんだけども……」

不二咲「これを使うって……どうやって使うのぉ?」

モノ木「鉄格子の隙間から、このガラス玉を投げたんだ。焼却炉のスイッチ目掛けてね」


329: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:42:12.61 ID:RyM7hXQM0
モノ木「そうやって焼却炉のスイッチを押す事で、焼却炉に火を付けたんだ」

山田「鉄格子の隙間から投げた!?」

モノ木「山田クン、キミは言っていたよね?」

   「鉄格子に閉まっている焼却炉が知らぬ間についていたって」

   「あれは桑田クンがガラス玉を投げてスイッチを押す事で、起きた状況なんだ」


330: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:43:08.93 ID:RyM7hXQM0
モノ木「そして、焼却炉の火を付けたところで、丸めたワイシャツを投げんだよ」

   「あの隙間から、そしてあの距離を投げて命中させられるコントロール」

   「普通の人では、いやこの中の誰にも出来やしない」

   「ただ一人キミを残して……」

   「練習もろくにせずにエースになれる実力を持つ野球の天才」

   「超高校級の野球選手の桑田怜恩クンならな」


331: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:43:46.17 ID:RyM7hXQM0
桑田「ふ、ふ、ふ、ふ、ふざけんなぁ……ッ!!」

  「お、オレって証拠になるか、そんなもん!? 山田なら証拠隠滅出来たはずだろおぉッ!!!」

モノ木「山田クンなら可能だけど、山田クンは近づけるが故にありえないんだよ」

   「近づけるならこんなに証拠を残す訳ないんだよ」

   「だって犯人はボクの部屋の髪の毛を念入りに掃除したんだよ?」

   「そんな犯人がこんなにも証拠を残しているのは」

   「焼却炉に――――近づけなかったからだ」

332: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:44:51.25 ID:RyM7hXQM0
モノ木「近づけるなら、焼却炉の火を消すし」

   「近づけるなら、ガラス玉なんて使わないし」

   「近づけるなら、燃えカスも出すわけがないんだよッ!!」

   「だから……ッ……キミが犯人なんだ」

   「桑田怜恩クンッッ!!!」


333: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:45:35.88 ID:RyM7hXQM0
霧切「どうなの桑田君? 何か反応はある?」

桑田「反論が……あるかって……?」

  「あるよ、あるあるっ!!」

  「あるに決まってんだろうぉぉがぁぁッ!!」

  「つーか、今のって全部推論だろ? 証拠がねーじゃねーか、証拠がよッ!!」

  「証拠がなけりゃ、ただのデッチ上げだ! そんなモン認めねーぞ!!」

霧切「苗木君、だったら教えてあげるといいわ、彼が犯人だという証拠をね……」

モノ木「………」


334: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:46:45.37 ID:RyM7hXQM0
桑田「ぜってーに認めねーぞ! このアホ! アホアホ!!」

  「アホアホアホアホアホアホアホアホアホアホアホーーーーーーッ!!」

モノ木「……」

桑田「アホアホアホアホアホアホアホアホアホアホアホッ!!」

モノ木「……」

桑田「アホアホアホアホアホアホアホアホアホアホアホッ!!」

モノ木「……」

桑田「アホアホアホアホアホアホアホアホアホアホアホッ!!」

モノ木「……」

桑田「アホアホアホアホアホアホアホアホアホアホアホッ!!」

モノ木「……」

335: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 16:47:11.22 ID:RyM7hXQM0
桑田「アホアホアホアホアホアホアホアホアホアホアホッ!!」

朝日奈「ど、どうしたんだろ苗木……何で黙ってるの……?」

桑田「アホアホアホアホアホアホアホアホアホアホアホッ!!」

江ノ島「………苗木くん」

桑田「アホアホアホアホアホアホアホアホアホアホアホッ!!」

モノ木「……」


336: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 17:12:45.90 ID:RyM7hXQM0
桑田「アホアホアホアホアホアホアホアホアホアホアホッ!!」

モノ木「……」

桑田「アホアホアホぁホッアホアっホぁホアホアぁホアほ……ッ!!」

  「アほあホあほっあホっあほっ……ッぁホっぁほぉぉぉ――……」

  「はぁッ! はぁはぁはぁはぁッ……!!」

モノ木「桑田クン……」

桑田「っ! 認めねーぞ!」

モノ木「キミの工具セットを見せてくれないかな」


337: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 17:13:18.82 ID:RyM7hXQM0
桑田「あぁ……?」

モノ木「キミの工具セットは使われているはずだ」

   「だってシャワールームのドアノブを工具セットのドライバーで」

   「こじ開けたんだからね」

十神「もし別の用途で使ったというなら、どこで、どんな使い方をしたのか説明してもらおう」

霧切「先に言っておくけど……なくした、なんて言い訳はなしよ」

桑田「ア……ホ………アァ……………………」












桑田「……アポ?」


338: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/05(土) 17:13:50.45 ID:RyM7hXQM0
十神「どうやら反論は出来ないようだな」

セレス「これで終わり……のようですわね」

桑田「     」

桑田「     」

桑田「     」

桑田「     」

桑田「     」

桑田「     」

桑田「     」

桑田「     」

桑田「     」

モノ木「桑田、クン……ッ……」


372: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:26:49.52 ID:RMWbo/z20
モノクマ「うぷぷぷ……」

    「議論の結論が出たみたいですね。では、そろそろ投票タイムといきましょうか!」

    「オマエラ、お手元のスイッチで投票してくださーい!」

モノ木「………ッ」

モノクマ「あ、念の為に言っておくけど……」

    「必ず誰かに投票する様にしてくださいねっ!! こんなつまらない事で、罰は受けたくないでしょ?」

霧切「………」

モノクマ「……はいッ! では張り切って参りますよ!!」

    「投票の結果クロとなるのは誰か!? その答えは……正解なのか不正解なのかーーッ!?」

    「さあ、どうなんでしょうーーッ!?」


374: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:27:55.33 ID:RMWbo/z20
MONOKUMA VOTE

→桑田 桑田 桑田

終了

375: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:28:27.70 ID:RMWbo/z20
モノクマ「あらら! 大正解っ!!」

    「今回、舞園さやかさんを殺したクロは……」

    「桑田怜恩クンでしたー!!」

桑田「……………」

  「……はい?」

  「ちょ、ちょっと……待てよ………」

モノ木「………ッ」

朝日奈「そ……そんな………」

376: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:29:23.50 ID:RMWbo/z20
大和田「テメェ、どうしてそんな事しやがったッ!!」

桑田「し、仕方ねーだろ……」

  「オレだって……殺されそうになったんだ……」

  「だ、だから……殺すしかなかったっつーか……」

  「オマエラだって一歩間違えれば、こうなってたんだ!」

  「たまたま、オレが舞園に狙われただけで……ツイて……なかったんだ……!」


378: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:30:01.16 ID:RMWbo/z20
大和田「クッ……!!」

桑田「それとも……大人しく殺されてればよかったってのかよ?」

モノ木「………」

   (この時のボクは舞園さんの言葉を思い出していた)

   (こうして振り返ってみれば、彼女がボクを陥れる為の準備を整えていたように思える)

   (でも、それでも………舞園さんは悪くない)

   (勿論桑田クンだって悪くない)

   (全部、悪いのは――――舞園さんにあんな映像を見せたあいつ)

   (モノクマのせいだっ!!)


379: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:30:41.69 ID:RMWbo/z20
モノクマ「それにしてもさぁ! やっぱ、芸能界って怖いんだよね~!」

    「たかが"人間関係"をきっかけに人を殺そうとするなんてさッ!」

    「あんなにキレイで性格もよさそうなのに、裏の顔は、狂気に満ちていたんだね~っ!」

モノ木「……ッ、ふざけるなお前が………ッ」

モノクマ「ん? あれ? 何その目? なんでボクを睨むのかな?」

    「舞園さんに裏切られて絶望する場面じゃないのかな?」

モノ木「お前が全部悪いんじゃないか!」

   「舞園さんがあんな事したのだって……」

   「全部全部……ぜんぶぜんぶ………」

   「お前のせいじゃないかーーーーーッ!!」


380: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:31:19.63 ID:RMWbo/z20
モノ木(もしボクが槍に刺されていなくて、モノクマの体になっていなかったら)

   (モノクマに飛び掛かって、暴力を振るっただろう)

   (でも、ボクは知っている。この身を持って体験してしまっている)

   (だからボクは動けない)

   (声を張り上げて、負け犬のように吠えるしか出来ない)

   (その事が悔しくて悔しくて)

   (仕方がなかった………)

381: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:31:50.27 ID:RMWbo/z20

モノクマ「……あー、びっくり。でも飛びかかってこないんだね臆病者のモノ木クン」

    「自分の臆病さに感謝するんだね! 今度は特例なんかないんだからさ、うぷぷ」

モノ木「……クソッ!!」

モノ木「……てな訳でッ! 学級裁判の結果、オマエラは見事にクロを突きとめましたので……」

   「今回は、クロである桑田怜恩クンのオシオキを行いまーす!」

桑田「お、おしおきって……!」

  「しょ、処刑……?」

444: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/07(月) 15:15:24.07 ID:bNGaerox0
モノクマ「……あー、びっくり。でも飛びかかってこないんだね臆病者のモノ木クン」

    「自分の臆病さに感謝するんだね! 今度は特例なんかないんだからさ、うぷぷ」

モノ木「……クソッ!!」

モノクマ「……てな訳でッ! 学級裁判の結果、オマエラは見事にクロを突きとめましたので……」

   「今回は、クロである桑田怜恩クンのオシオキを行いまーす!」

桑田「お、おしおきって……!」

  「しょ、処刑……?」

382: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:32:20.96 ID:RMWbo/z20
桑田「ちょ、ちょっと待ってくれよ……」

  「オレは……仕方なく殺しただけなんだって!」

  「そうだ! 正当防衛じゃね!? オレは自分の身を守る為にとっさに……」

セレス「あなたの行為のどこが正当防衛なのですか?」

   「あなたは、シャワールームの鍵を壊す際、自分の工具セットを使ったのですよね?」

   「つまり、彼女がシャワールームに閉じこもった後、あなたは1度わざわざ自室に帰り」

   「そこから、持ってきたドライバーで鍵を壊し、とどめを刺したのでしょう?」

   「その間、何度も立ち止まるチャンスはあったはず」

   「あなたに明確な殺意があったからではないですか?」

桑田「い、いや………それはさぁ…………」

439: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/07(月) 14:50:06.34 ID:bNGaerox0
モノ木「もういいよ……」

   「……もうやめようよ」

セレス「あら、よろしいのですか? 舞園さんはあなたと1番仲がよろしかったのでしょう?」

   「その大事な舞園さんがころされてしまったんですよ?」

モノ木「ボクは、桑田クンだけを責めるつもりはないよ……」

   「もちろん、舞園さんを責めるつもりもない」

   「だってさ……」

   「悪いのは、あいつじゃないかッ!!」

モノクマ「にゃぽ……?」

384: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:34:29.14 ID:RMWbo/z20
モノ木「お前がいなければ……舞園さんも桑田クンも、こんな事にはならなかったんだ……!」

   「ボクらが戦うべきなのは、仲間同士なんかじゃなくって……」

   「……こんな事を仕組んだ、黒幕ただ1人なんだ!」

江ノ島「……っ」

モノクマ「あらやだ、目覚めちゃったの? 正義感に……!?」

    「あのね、正義感ほど非人道的なモノなんか、ないんだよ?」

    「正義なんて振りかざす連中がいるから、戦争だってなくならないんだよ?」

    「キミはそんな正義感に目覚めちゃったと……そういう訳?」

モノ木「うるさい……!」

385: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:34:54.97 ID:RMWbo/z20
モノクマ「ふぅん………まぁ、いいや。そんな事より……」

    「さっさと、クロのおしおきをはじめちゃおうか~! みんな待っているんだしさっ!」

桑田「た、頼むよぉ……! やめてくれよ……!」

モノクマ「言い訳無用ッ!! 秩序を乱したら罰を受ける! それが社会のルールでしょ!」

桑田「や、やめてくれッ!!」

「今回は超高校級の野球選手である桑田怜恩クンの為の、スペシャルなおしおきを用意させて頂きましたっ!!」

桑田「イヤだイヤだイヤだイヤだイヤだイヤだイヤだイヤだイヤだイヤだイヤだイヤだイヤだ……ッ!!」

モノ木「ッ……!」

モノクマ「では張り切っていきましょう! おきおきターイム!」

桑田「イヤだあああああああああぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーーーーーーッ!!」


388: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:36:48.94 ID:RMWbo/z20

    GAME OVER

 クワタくんがクロにきまりました。
   おしおきをかいしします。


     千本ノック

     執行

389: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:37:39.98 ID:RMWbo/z20
モノ木(桑田くんが柱に縛り付けられる)

   (そして、彼の目の前にはピッチングマシーン)

   (そのピッチングマシーンから排出されていく千個の野球ボール)

   (そのボールたちが彼を肉塊へと変えていく)

   (それはぶつけるというよりは押し潰すと表現した方が正しい光景だった)

   (そして彼の反応がなくなり、やがて玉も尽きた)

    千本ノック

    執行完了

441: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/07(月) 14:55:43.60 ID:bNGaerox0
モノ木(ボクらが目の当たりにしたもの)

   (それは絶望)

モノクマ「いやっほう!! エクストリーーーーーーーーーーームッ!!」

    「アドレナリンがぁーーーー染みわたるーーーーーッ!!」

山田「あわ……あわわわわわ………」

腐川「な、なによ……コレ………!」


391: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:40:26.40 ID:RMWbo/z20
不二咲「も、もう……いやだよ………」

   「こんな事を……これからも続けなきゃいけないの……?」

   「もう嫌だよ……!!」

モノクマ「それが嫌なら……。きっぱりと、"外の世界"との関係を断ち切って、ここでの一生を受け入れるんだね」

    「オマエラに、それが出来たらの話だけどね……うぷぷぷぷ」

    「ぶひゃっひゃっひゃっひゃっひゃッ!!」

モノ木「―――――モノクマァッ!!」

392: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:42:28.79 ID:RMWbo/z20
モノ木「一体何がッ! 何が目的なんだッ!!」

   「ボクたちにこんな事をさせて……ッ! 一体何がしたいんだ……ッ!」

モノクマ「またキミか、モノ木クン。キミも好きだねぇ……?」

    「でも、ボクをそれはお門違いだよ」

    「いまの殺人だって、オマエラが"出たい"なんて思ったから置きたんでしょ!?」

    「いつまで経っても、外の世界の未練を断ち切れないオマエラが悪いんジャーン!!」

モノ木「お前がッ、そう仕向けたくせにッ……! お前が……ッ!」

モノクマ「ああうるさいうるさい、そんなに強くほえないでよ」

    「せっかくの美しいボクの体がただの雑魚みたいじゃん」

モノ木「………ッ!」

393: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:43:16.32 ID:RMWbo/z20
葉隠「も、もう嫌だべ! こんなわけわかんねーところに閉じ込められて! 誰かだしてくれよぉ!!」

モノクマ「ふーん、"閉じ込められて"ねぇ……」

    「でも、この学園の謎がすでて知った時、オマエラは間違いなくこう思うはずだよ」

    「『ここで一生暮らせるなんて幸せだ』ってね!」

石丸「ど、どういう意味だ……それは………」

395: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:44:54.22 ID:RMWbo/z20
霧切「ずいぶん、意味深な事をいうのね。さっきもそうだけど………」

  「あなたは言う"みんな"……それって誰の事かしら?」

モノクマ「さてね、ボクから言えるのはここまでだよ」

    「楽しみは、後にも取っておかないとね!」

    「ぶひゃっひゃっひゃ……!!」

モノ木(そして、モノクマは姿を消した)

   (この悪夢のような現実に打ちのめされたボクらだけを残して……)

   (後に残ったものは沈黙と無気力感だけだった)

396: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:46:24.40 ID:RMWbo/z20
モノ木(モノクマから解放された後も……ボクらはしばらく、その場を動けずにいた)

   (いや、江ノ島さんだけはボクを跳び箱の上から降ろす為に来てくれたけど)

   (彼女以外のみんなは動けずにいた)

   (きっとみんな――ボクを抱きしめる江ノ島さんも含めて――怖かったんだと思う)

   (一人になるのが……)


397: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:46:59.55 ID:RMWbo/z20
霧切「苗木君、ちょっといい」

  「戻る前に……あなたに……話しておきたい事があるの……」

モノ木(彼女は江ノ島さんに抱きしめられているボクに対して、静かに告げる)

   (彼女の視線は江ノ島さんに遠慮してほしいように見えた)

モノ木「江ノ島さん……ちょっとだけ霧切さんと二人だけで話がしたんだ」

   (彼女が何についての言ってくるか、なんとなく察しがついていた)

江ノ島「………うん、わかった。終わったら言ってね……」(カツカツ…


398: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:47:47.65 ID:RMWbo/z20
モノ木「…………」

   「舞園さんの事……でしょ?」

霧切「よく、わかったわね……学級裁判の直前、私はあなたに言った事」

  「この事件の謎は、あなたが突き止めるべきだって………」

モノ木「舞園さんの裏切りを……ボク自身に気付かせようとしたんだよね?」

   「騙されているとも知らずに……まんまと信じて容疑者になったバカなボク自身に……」

霧切「確かに、舞園さんはあなたを陥れようとしていた。それは曲げようのない事実……」

  「でも、彼女は最後まで迷っていたはずよ。だからこそ……」

  「死ぬ間際に、あなたの事を考えていた」

モノ木「死ぬ間際に……ボクの事を……?」


399: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:49:09.62 ID:RMWbo/z20
霧切「あなたがどうなっても構わないなら、あんなメッセージを残したりしないはず……」

モノ木「そんなの……自分を殺した桑田クンに仕返しをしたかっただけかもしれないじゃないか……」

霧切り「確かに、その可能性もあるわ。だけど、私の考えは違う……」

   「彼女は迷っていたのよ」

   「あなたを騙す事……そして、人を殺す事……」

   「だからこそ、彼女の計画は失敗してしまった」

   「彼女の迷いが……失敗を引き寄せてしまったのよ」

   「皮肉な話だけどね……」

モノ木「……………」

400: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:49:43.04 ID:RMWbo/z20
モノ木「どうして……ボクにそんな話をする?」

霧切「あなたは……乗り越えられる人間だから」

  「舞園さんや桑田君……仲間の死を乗り越えて、先に進める人間だから……」

  「そういう人間でなければ……この極限状態を打破する事は出来ないから……」

モノ木「仲間の……死を乗り越える?」

   「そんなの……」

   「そんなの……ボクには無理だよ」

霧切「………」


401: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:50:13.45 ID:RMWbo/z20

モノ木「見ての通り今は泣けもしないモノクマの体だし……もともとボクはそんなに強い人間じゃない」

   「だから……ボクはずっと引きずっていくよ……」

   「乗り越えなんかしない……舞園さんの死も……桑田クンの死もずっとずっと引きずっていく」

   「みんなの想いを引きずったまま、前に進むんだ!!」

403: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:50:42.40 ID:RMWbo/z20
霧切「…………」

  「乗り越えるのより……ずっと大変な道を選ぶのね」

  「でも、期待してるわ……」

モノ木(そう言いながら……彼女は小さく笑った)

霧切「あなたは自分の事を弱いというけど私から見れば十分強いわ」

モノ木「そう……かな……」

404: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:51:08.87 ID:RMWbo/z20
霧切「……ねぇ、苗木君。ついでに聞いておきたいんだけど……」

  「さっき、私が舞園さんの話をするってどうして、わかったの?」

モノ木「ああ、それは………」

   「……………」




         「エスパーだから」
   

405: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:51:45.63 ID:RMWbo/z20
霧切「え……?」

モノ木「冗談……ただの勘だって………」

406: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 22:52:11.89 ID:RMWbo/z20
    
    第一章 

    イキキル

    END

 生き残りメンバー

   15人
    ↓
   13人



421: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 23:39:39.39 ID:RMWbo/z20
……………

……………

……………


422: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 23:40:12.33 ID:RMWbo/z20
江ノ島「………」

   (私は学級裁判が終わった後、苗木くんを部屋に返してから自室に戻った)

   (私は強引に頭に付いているウィッグを外し、乱暴にベットの脇に置いた)
   
   (そして、私は戻った)

   (盾子ちゃんと双子の姉妹なのにまるで似ていない私)

   (戦刃むくろに……)


423: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 23:40:52.37 ID:RMWbo/z20
戦刃(ベットに身を任せながら学級裁判で見たあの光景を思い出していた)

  (モノクマとなった苗木くんが盾子ちゃんが操るモノクマに食い掛ってるあの光景)

  (その光景は象徴のように感じた)

  (まるで、シロクロのモノクマを二人がそれぞれに担っているかのようなそんな光景)

  (シロの部分を苗木くんが担い、クロの部分を盾子が担う)

  (そんな象徴染みた光景)


424: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 23:41:55.30 ID:RMWbo/z20
戦刃(私は彼と彼女のどちらに付くか選択しなければならない……)

  (裏切っている彼と裏切られた彼女)

  (盾子ちゃんに裏切られていないと思いたい自分が居る)

  (苗木くんを裏切りたくないと思う自分が居る)

  (そしてもう一つ、もう二度と捨てられたくないと思う自分が居る)


425: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 23:42:34.02 ID:RMWbo/z20
戦刃(本当はどっちを選ぶべきか、分っている)

  (自分が彼に本当の事を言えば良いと分っている)

  (そうすれば、このコロシアイ学園生活は終わる)

  (彼なら受け入れてくれると思う)

  (でも、もし、もしも受け入れてくれなかったら……)

  (そう考えると私は怖くてしかたない)


426: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 23:43:23.65 ID:RMWbo/z20
戦刃(彼はそんな事しないと思っていても、怖くてしかたない)

  (怖くて怖くて怖くてしかたがない)

  (もう捨てられたくない。もう二度とあんな想いをしたくない)

  (あんな痛くて苦しい思いしたくない)

  (でも、このままだと私は彼を裏切り続ける事になる)


428: ◆wrJDK5t5IHMh 2013/10/06(日) 23:45:12.58 ID:RMWbo/z20
戦刃(どうすればいいの……?)

  (どうすればいいの? 盾子ちゃん)

  (どうすればいいの? 苗木くん)

  (その言葉は聞けないまま私の中に沈んでいく)

  (そして、私は決められない)

  (何も決められないまま、時間だけが過ぎていくのだった)


                           To Be Continued……?