4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 05:03:19 ID:ln0PTUks
幼馴染「男~、お~はようっ!」

男「おう」

幼馴染「あのねあのね!聞いて聞いて?昨日、面白い事があったの!?」

男「……テンション高いな。どうしたんだ?」

幼馴染「あのね、うち犬飼ってるでしょ?」

男「……おぅ」

幼馴染「その犬の話なんだけどね?これが、傑作でさ!?ねぇ、聞きたい?」

男「……いや、別にどうでもいい」

幼馴染「何それ、酷~いっ!」 


恋愛感情のまるでない幼馴染漫 1 (バンブーコミックス)
渡井 亘
竹書房 (2018-09-07)
売り上げランキング: 3,262
5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 05:08:43 ID:ln0PTUks
幼馴染「……って事があってね?自分で壁にぶつかっちゃったの!」

男「ふ~ん……」

幼馴染「これが本当の『犬も歩けば棒に当たる』ってヤツ!」

男「……上手い事、言ってんじゃねぇよ」

幼馴染「ねぇねぇ、どう?面白いでしょ?」

男「……正直、そんなに面白くない」

幼馴染「え~、何それ~?酷~い!」


女「あっ、男君、幼馴染ちゃん、おはよう」

男「あっ、女さん、おはよう」

幼馴染「あっ……おはよう……ございます……」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 05:13:21 ID:ln0PTUks
女「何の話してたの?凄く楽しそうだったけど?」

幼馴染「犬の……話です……」

女「……犬?」

男「こいつ、犬飼ってるんだけど、その犬の爆笑トーク」

女「あはは、爆笑トークなんだ?面白そう、聞かせてよ?」

幼馴染「……あの」

女「……ん?」

幼馴染「……そんな、爆笑トークじゃないです」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 05:17:27 ID:ln0PTUks
女「……」

幼馴染「……」

男「……いやね、こいつの飼ってる犬がね?」

女「ん?」

幼馴染「……やめてよ」

男「昨日、散歩に連れて行った時の話らしいんだけどね?」

女「うんうん」

幼馴染「……やめてよ、面白くないからさ」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 05:20:59 ID:ln0PTUks
男「……って、感じで自分で壁にぶつかっちゃったらしい」

女「あはは、可愛いねワンちゃんだね!」

幼馴染「ありがとう……ございます……」

男「これが本当の……」

女「あっ!?『犬も歩けば棒に当たる』って、ヤツだ!」

男「正解」

幼馴染「……うぅ」

女「あはは、おっかし~!そんな話って本当にあるんだ!?」 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 05:26:16 ID:ln0PTUks
女「あっ、いけないっ!私、今日、ちょっと急がなくちゃいけなかったんだ!?」

男「……委員会?」

女「うん、ごめんね?私、先に行くね?」

男「うん」

幼馴染「……はい」

女「幼馴染みちゃん、今度そのワンちゃんの写真とか見せてよ?」

幼馴染「えっ……?はい……」

女「ありがとう。じゃあ、私行くね?」

幼馴染「……はい」

男「………」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 05:29:31 ID:ln0PTUks
幼馴染「バカ」

男「ぐおっ」

幼馴染「バカ、アホ」

男「ぐおっ、やめろっ……!脇腹をこづくな!」

幼馴染「何が爆笑トークだ!バカっ、アホっ!」

男「いでで……やめ、やめろっ……!」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 05:34:26 ID:ln0PTUks
幼馴染「おりゃ、おりゃ」

男「いでで……わかった、わかったからっ!俺が悪かったって……!」

幼馴染「ふ~ん……まぁ、そこまで言うなら許してあげようかな?特別だよ?」

男「何で、俺が悪者になってんだよ……」

幼馴染「ん~?また殴られたいのかなぁ~?」

男「わかった!わかったって!」 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 19:06:05 ID:ln0PTUks
幼馴染「それでね、そのままビューンって、飛んでいったの!」

男「はいはい」

幼馴染「ホントだよ?ビューンって!」



女「あっ、男君、幼馴染みちゃん、おはよう」

幼馴染「あっ……」

男「あれ?女さん、委員会は?」

女「う~ん……なんか、すぐ終わっちゃった」

男「ふ~ん」

女「あっ、幼馴染ちゃん、ちょっと聞きたい事あるんだけどいいかな?」

幼馴染「……えっ?」 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 19:17:43 ID:ln0PTUks
女「あのね、男先輩って知ってる?」

幼馴染「知らない……です……」

男「生徒会長だぞ」

幼馴染「知らないもん……」

男「ぐおっ」

女「え~っと……いいかな?その男先輩にの飼ってる犬にね、子犬が生まれたらしいんだけどね?」

男「へぇ~」 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 19:22:14 ID:ln0PTUks
女「それで、私その子犬を引き取る事にしたの」

幼馴染「そう……なんですか……」

男「家族の了承とかは得てるの?」

女「うん。お父さんもお母さんも、前からペット飼いたいって言ってたし」

男「ふ~ん」

女「それでね?私、犬飼った事とかないから、幼馴染ちゃんに、やっちゃいけない事とか聞いてみたくて」

幼馴染「……えっ?」

女「幼馴染ちゃん、犬飼ってるんだよね?」

幼馴染「……それは」

男「飼ってるだろ」 

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 19:25:38 ID:ln0PTUks
幼馴染「あの……」

女「うん」

幼馴染「飼ってます……けど……」

女「うんうん」

幼馴染「世話は、ほとんどお母さんがしてるから……」

女「えっ?」

幼馴染「私、わかりません……」

男「………」

幼馴染「ごめんなさい……」

女「あっ、いいのいいの。ごめんね?変な事聞いて」

幼馴染「……いえ」

男「………」 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 19:32:40 ID:ln0PTUks
―――――


幼馴染「ねぇ、男!ほら、面白い話があるの!聞いて聞いて」

男「……どうぞ」

幼馴染「あのね!昨日、テレビで動物番組やってたんだけどね!」

男「お前、好きだなぁ……」

幼馴染「もうっ!ちゃんと聞いてよ!今日はラクダの話っ!」

男「……なぁ?」

幼馴染「あのね!ラクダって言うのはね……」

男「……お前、何で女さんに嘘ついたの?」

幼馴染「!」 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 19:37:01 ID:ln0PTUks
幼馴染「嘘なんてついてないもん」

男「お前、毎日世話してるじゃん。犬の」

幼馴染「そんなの知りませんよ~だ」

男「……昨日も散歩、行ったんだろ?」

幼馴染「行ってませんよ~だ」

男「……朝、話してたじゃん」

幼馴染「あれは嘘ですよ~だ」

男「お前なぁ……ぐおっ」

幼馴染「もうっ!ちゃんとラクダの話を聞きなさいよ、バカ!アホ!」 

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 19:41:05 ID:ln0PTUks
放課後―――


幼馴染「男、帰ろっ、帰ろ!」

男「そうだな」

幼馴染「あのね!面白い話があるの!」

男「……今度は何だ?サルか?」

幼馴染「あっ、近いっ!ゴリラの話っ!」

男「……ゴリラの話なんて、聞きたかねぇよ」

幼馴染「そう言わずに聞いてよ!絶対、面白いからさっ!」 

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 19:46:31 ID:ln0PTUks
幼馴染「……って、いう習性がゴリラにはあるの!ねっ、面白いでしょ?」

男「うむ。この話は面白ろかった」

幼馴染「ちょっと~!『この話は』って、何よ~?他は面白くないって言うの~?」

男「まぁ、そうなる……ぐおっ」

幼馴染「バーカ」

男「お前なぁ……毎回、脇腹をこづく……ぐおっ」

幼馴染「あはは、バーカ、アーホ」

男「……ん?あれは女さんだな」

幼馴染「……えっ?」 

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 19:53:00 ID:ln0PTUks
男「やぁ、女さん」

幼馴染「ちょっと……男……」

女「あっ、男君に幼馴染ちゃん」

男「女さん、こんな所で何してるの?」

女「ちょっと、友達とお茶してたら、遅くなっちゃって……」

男「ふ~ん……じゃあ、方角一緒だし、一緒に帰ろうよ?」

幼馴染「えっ……?」

女「えっ……?私、一緒に帰っていいのかな……?」

男「構わないよ。暗くなって来たし、女の子一人じゃ、危ないよ」

幼馴染「………」 

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 19:56:23 ID:ln0PTUks
男「そういえばさぁ……?」

女「ん?どうしたの?」

幼馴染「………」

男「先輩からもらうっていう、犬の名前もう決めてるの?」

女「あっ、実はもう候補があるの~」

幼馴染「………」

男「へぇ~、良ければ聞かせてくれない?」

女「ふふ、笑わないでね?ミックとザック」

幼馴染「………」 

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 20:00:15 ID:ln0PTUks
男「二匹も貰うんだ?」

女「うん。先輩、五匹も生まれて大変なんだって」

幼馴染「………」

男「へぇ~、そんなに生まれたんだ~?大変だね~?」

女「うん。でも、飼い主はもう全員分見つかったから」

幼馴染「………」

男「ふ~ん、そうなんだ~。……室内犬?」

女「うん、そうだよ~」 

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 20:04:55 ID:ln0PTUks
―――――


女「あっ、じゃあ私こっちだから?」

男「大丈夫?結構暗いよ?」

女「大丈夫大丈夫。すぐそこだし、街灯も沢山あるし」

男「そう?まぁ、何かあったら電話してよ?」

女「あはは、電話する暇があるなら、家に逃げるよ」

男「……それもそうだな。まぁ、それじゃあ」

女「うん。また明日ね?」

幼馴染「……あ、あの」 

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/08(日) 20:07:49 ID:ln0PTUks
女「ん?幼馴染ちゃん、どうしたの?」

幼馴染「……あの」

女「うん」

幼馴染「……うぅ」

女「うん」

幼馴染「……あの、あのっ」

男「………」

女「うんうん」

幼馴染「…………お」

女「……お?」



幼馴染「お、○○○○……」 


47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 03:37:15 ID:1rTxbBbQ
女「え……?」

男「………」

幼馴染「犬に……○○○○の場所、覚えさせる時は……」


女「………」

幼馴染「間違った……場所でしちゃった時に怒るよりも……」

男「………」

幼馴染「ちゃんとした場所でしてくれた時に……沢山褒めてあげた方が……」

女「……うん」

幼馴染「喜んで、場所を覚えてくれます……」 

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 03:41:24 ID:1rTxbBbQ
幼馴染「……うぅ」

女「………」

男「………」

幼馴染「あの……ごめんなさい……」

女「ふふ」

幼馴染「……うぅ」

女「幼馴染ちゃん……ありがとね?」

幼馴染「……えっ?」

女「凄く参考になったよ!私、犬飼った事なくて、正直心配だったからさ!」 

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 03:47:46 ID:1rTxbBbQ
幼馴染「あの……それと、それと……」

女「うんうん」

幼馴染「うぅ……名前の事なんですが……」

女「うん、名前がどうしたの?」

幼馴染「ミックとザックだったら……音が同じで似てるから……」

女「……音が同じ?」

男「呼ぶ時の事。ミック~♪って呼ぶのも、ザック~♪って呼ぶのも、同じようなニュアンスで呼んでるでしょ?」

女「あっ……なるほど」 

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 03:51:33 ID:1rTxbBbQ
幼馴染「それだったら……ワンちゃんが、どっちの名前が呼ばれてるかわからなくて……」

女「うん」

幼馴染「混乱しちゃうかもしれないから……」

女「うんうん」

幼馴染「その……あのっ……」

女「うん」

幼馴染「やめた方が……いい……」

男「………」

幼馴染「……かもしれないです」

女「………」

幼馴染「……ごめんなさい」 

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 03:56:02 ID:1rTxbBbQ
女「ふふ、幼馴染ちゃん?」

幼馴染「……ごめんなさい」

女「ううん、それだったらね?ヒューイとブラウンだったら大丈夫かな?」

幼馴染「あっ……それだったら……大丈夫だと思い……ます……」

男「そんな候補もあったんだ?」

女「うん、これはね、お父さんとお母さんが出した候補」

男「へぇ~」

幼馴染「……うぅ」 

52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 03:59:11 ID:1rTxbBbQ
男「……それじゃあ、そろそろ行くか。なっ、幼馴染?」

幼馴染「……うん」

女「幼馴染ちゃん、またわからない事があったら、教えてね?」

幼馴染「……はい」

男「じゃあ女さん、また明日」

女「うん、幼馴染ちゃんもまた明日ね?」

幼馴染「……はい」 

53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 04:01:53 ID:1rTxbBbQ
―――――


幼馴染「………」

男「………」

幼馴染「………」

男「……なんか」

幼馴染「……何?」

男「……ウサギの話とかないの?」

幼馴染「……あるよ?」

男「……聞かせてくれよ」

幼馴染「……うん」 

54 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 04:05:15 ID:1rTxbBbQ
幼馴染「……って、話」

男「……ふ~ん」

幼馴染「……ちゃんと聞いてるの?」

男「おうおう、聞いてますよ~」

幼馴染「もう、自分から聞いたくせに……バカ……アホ……」

男「……なぁ、幼馴染?」

幼馴染「……何?」

男「」ポンッ

幼馴染「!」 

55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 04:08:53 ID:1rTxbBbQ
男「今日は頑張ったな」ナデナデ

幼馴染「……うん」

男「………」ナデナデ

幼馴染「……うぅ」

男「……ぐおっ!」

幼馴染「う、うるさいっ……!バカにするなっ!」

男「おっ……おおっ……今のは完全に不意討ちで喰らった……」

幼馴染「あはは!バーカ!アーホ!」



おわり 

60 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 19:25:16 ID:rq80pFDE
終わりとなっているけど、続きを書いてみる。1です。

■幼馴染みは挨拶が出来ない

女「幼馴染みさん、おはよう」

幼馴染み「…………」ぷい

女「」がーん

男「おい、挨拶くらいしろよ。この前、犬の話をしてたろ」

幼馴染み「…………お、おはよう」

―教室

女「幼馴染みさんに嫌われてるのかな私?」

男「あいつは人見知りが激しいだけだから、嫌われてはいないと思う」

女「男くんには心を開いているみたいだけど、なにがきっかけなの」

男「…………幼馴染みだから?」 

61 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 19:33:44 ID:rq80pFDE
女「何それ。羨ましい」

男「羨ましいかあ?ご執心だな」

女「野生動物がなついたら嬉しいんじゃないかな」

男「動物扱いか」

女「男くんもまんざらでもないんでしょ。幼馴染みさん可愛いし。小動物みたいで」

男「小動物っぽいな。たしかに。まんざら?何が?」

女「友だち以上、恋愛未満。俺を好きなあいつみたいな」

男「友だち以上じゃあないぜ」

帰り道

幼馴染み「お腹空いたー。帰り、コンビニへ行こうよ。ファミチキ買う」 

62 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 19:36:05 ID:rq80pFDE
男「太るぞ」

幼馴染み「失礼なこと言うな。大丈夫だっつーの」

男「殴るな。解ったよ。俺、ジャンプ立ち読みするから待てよな」
幼馴染み「わかったよ。漫画ばっかり読んでるね。勉強しなよ」

男「うるせー」

幼馴染み「」ぺちゃくちゃ

男(よく喋るなあ。俺以外には喋れないのに)

男(まんざら?うーん)なでなで

幼馴染み「いきなり頭を撫でるな!」

男「いたっ」

男(考えたこともない。だな) 

63 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 20:10:15 ID:rq80pFDE
■家政婦……ではなく女は見た(たまたま)

女「幼馴染みさん、男くんにはあんなに眩しい笑顔を……」

女「羨ましい~!」

女友「女、気持ち悪いよ…………」

女「だって幼馴染みさん可愛いじゃない。この前ね」

女友「聞いたよ。何回も」

女「幼馴染みさんが犬の飼い方について教えてくれたのよ。震えてね、だけど」

女友「あんたハマるとおかしくなるよね。あの二人は付き合ってるの?」

女「さあ?」 

65 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 20:22:28 ID:rq80pFDE
■幼馴染みの休日

幼馴染み「またゲームやってんの?ゲームばっか」

男「おー。遊びに来てそれかよ」

幼馴染み「公園行くから付き合ってよ」

男「またか。晴れてるからいいけど」

公園

男「ふぁぁ眠いなあ」

女「男くんじゃない。何をやってるの」キョロキョロ

女友「こんにちわ。日向ぼっこ?」

男「ん?おはよう。君ら何をやってるの」

女友「買い物。休憩しに来たの」

男「ここ、環境いいよね」

女友「解ってらっしゃる」

男「お主もな」 

67 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 20:34:31 ID:rq80pFDE
女「それより幼馴染みさんは?いないの?男くんいるのに」

男「俺がいるからって幼馴染みがいることにはならないだろ」

女「いないんだ……」がっくり

男「いるけど。あっちだな。用事を済ませてる」

女「本当?行かねば……」スタスタ

女友「ちょっと女ー。男くん、幼馴染みさんは?」

男「んー?野良猫に餌をやってる。動物が好きだから」

女友「野良猫に?凄くない?てか女!はや!」

男「ここの猫、色んな人から餌を貰ってるから人懐こいんだよ」

女友「とりあえず私、追いかける!あの子見境がなくなることがあるから」

男「女さんが?後から行くわー」 

68 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 20:41:18 ID:rq80pFDE

――同公園内(広い公園です)

幼馴染「にゃーた♪にゃーた♪」なでなで

猫「にゃー」ごろごろ

幼馴染「よしよし」

猫2「なー」

幼馴染「とらちゃん忘れてないよ~。す・る・め」

■女はまた見た(自らの意志によって)

女「ふぉぉ」

女友「女!速い!あと女子の顔じゃなくなってる!」

女「しー。あれ。あれ」

女友「え?」 

69 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 20:50:17 ID:rq80pFDE
幼馴染『会えなくて寂しかったよ~』

猫2『なあ~』じたばた

幼馴染『ほらするめ♪』

女友「女……あんたの言ってること解ったわ。何、あの可愛い生き物」

女「でしょ。私は遠くから愛でていたいの」

女友「せっかくだから、私は話すけど。幼馴染さーん!偶然!」

女「ああ」

幼馴染「」びくっ

女友「幼馴染さん、猫好きなんだ?」 

70 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 21:02:06 ID:rq80pFDE
幼馴染「…………」

女友(顔が赤くなったり青くなったり忙しいなあ)

幼馴染「…………た、たまたま通りかかったから」

女友「なにその嘘!たまたまな可愛がり方じゃなかったのに!」

幼馴染「」びくっ

女友「しまった!思わずツッコミを!幼馴染さん?あの逃げなくても」

幼馴染「っ」ダッ

女友「ねえごめんってば」 

72 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 21:29:52 ID:rq80pFDE
■男は会った(3人の元へ向かう最中に幼馴染と)

幼馴染「~~!!」

男「お前、涙目だぞ」

幼馴染「女さんと女友さんに見られた!にゃーた達と遊んでるの」

男「ああ、俺が教えたからな」

幼馴染「なんで教えるんだ!アホ!」

男「お前、殴り癖直せよ。彼女たちは?」

幼馴染「走って逃げてきた」

男「はあ?走って?知り合いだろ」

幼馴染「恥ずかしかったからしょうがないじゃん!」 

73 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 21:35:51 ID:rq80pFDE
男「しょうがなくねえよ。俺がお前から逃げたらどうするよ」

幼馴染「……やだ」

男「だろ。謝りに行くぞ」

幼馴染「それもやだ」

男「アホか。ほら来い」

幼馴染「やだ!恥ずかしい!絶対、変に思われたから!」

男「俺が行くと言ってるんだから来い。俺が信じられないのか。ならいいぜ」

幼馴染「そんなこと言ってない!」

男「だろ。行くぞ」

幼馴染「うー」 

74 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 21:45:08 ID:rq80pFDE
■その頃、女さんと女友さんは

女友「いやあ内気そうな子とは思っていたけど、逃げられるとは。私、ショックだわ」

女「あの感じ……いいわよね」

女友「あんたが解らない……。でも女」

女「なによ」

女友「可愛さには同意する」グッ

女「でしょ」グッ

女友「あっ」

男「おーい。女。女友」

幼馴染「……」ぎゅっ

男「子どもじゃないんだから裾を握るな。背中に隠れるな」

幼馴染「しょうがないよ」ひそひそ

男「普通に喋れ。あのさ、こいつが走って逃げたんだろ」 


78 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 23:53:40 ID:rq80pFDE
女友「いや、私が急に声をかけたのが悪かったって言うか」

男「ほら謝れ」

幼馴染「……に、逃げてごめんなさい」

女友「わたしこそ、ごめんなさい。あのー仲良くしたいと思ったのよ」

男「だってさ。お前は」

幼馴染「……」フルフル

女友「ええ!!」

男「お前、仲良くしたいと言ってるのに首を振るか……」

幼馴染「ちがう!恥ずかしかったから」ひそひそ

男「えーと、嬉しかったらしい」 

79 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/09(月) 23:58:37 ID:rq80pFDE
女友「本当?」ぐっ

幼馴染「!」びくっ

女友「あれ?」

幼馴染「帰らなきゃ!」だっ

女友「……」

男「……あとで言っておくから、許してくれないか」

女友「うん」

■その頃の女さん

女「ふふふふふふふふふ」ハァハァ

■エピローグ

幼馴染「……」カキカキ 

80 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/10(火) 00:04:39 ID:m35vzHuA
女友『わたしこそ、ごめんなさい。あのー仲良くしたいと思ったのよ』

幼馴染「……」カキカキ

女友『わたしこそ、ごめんなさい。あのー仲良くしたいと思ったのよ』

幼馴染「ふふ」ガンガン

幼馴染母「幼馴染ーご飯よー。勉強を止め……あんた、机に頭をぶつけて大丈夫なの」

幼馴染「な、なんでもない」




ひとまず終わり。