1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 20:04:02 ID:.dD8oVjs
スパイ「いっちょやるか!」
------------
指令所

まずは>>3に向かえ

追って連絡する

ーーーーーーーーーーーーー 


情報戦と女性スパイ
情報戦と女性スパイ
posted with amazlet at 18.10.09
上田 篤盛
並木書房 (2018-04-20)
売り上げランキング: 105,793
3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 20:16:23 ID:7vcq/g0E
惑星ベジータ 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 20:20:42 ID:.dD8oVjs
スパイ「惑星ベジータ?」

スパイ「何だそれ・・・ググルか」

スパイ「・・・なるほどとにかく地球じゃないのな」

スパイ「・・・どうしたら其処にいけるかな>>7 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/30(金) 20:42:20 ID:QBM3Q6FQ
行く方法がないので諦めよう 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 18:48:06 ID:8wgQL1ig
スパイ「ふむ行く方法がない・・ならば」

ピッピッピ

スパイ「これでいいかな」 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 18:53:05 ID:8wgQL1ig
スパイ「これで俺がやらなくてm」

ピッピピ

スパイ「ん?」

ボス

君の願いは聞き入れよう

その代わり次の任務はこなしてくれ給え

次のミッションは>>10だ

健闘を祈る

P.sこの連絡は別に消えたり爆破しないので危険はありません 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 18:57:08 ID:dSr7CXu6
プー○○のムダ毛を剃る 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 19:02:03 ID:8wgQL1ig
スパイ「プー○○のムダ毛・・・」

スパイ「・・・よしまずはプー○○の下えもぐりこむか」

スパイ「でもいったい何処のムダ毛を・・・>>12どこの毛だ?」 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 19:10:18 ID:j/cwkd/6
まゆげ 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 19:52:16 ID:8wgQL1ig
スパイ「な、なるほど・・」

スパイ「ここは日本私はスパイ・・飛行機には乗れない・・」

スパイ「如何すればいいのだ!おぉ~神よ~~」

神「・・あ”~・・そだな>>15に頼め!これ神のお告げな~」

スパイ「お告げ!ありがたく聞かせていただきます」

スパイ「では>>15くん如何すればいい?」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 19:56:43 ID:dSr7CXu6
荷物に隠れて貨物船 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 20:04:19 ID:8wgQL1ig
スパイ「なるほど・・そうと決まれば港にGOOOO」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スパイ「ふむ港に付いたから・・何の荷物に隠れようか」

スパイ「・・・・・おっ!こんなところに丁度いい樽が」

スパイ「この御時世まだ樽があるとは」

スパイ「・・ん?この樽」クンクン

スパイ「ほのかなこの匂いは>>18だ!」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 20:18:12 ID:j/cwkd/6
キュアピース 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 20:26:19 ID:8wgQL1ig
スパイ「まさか」

パカ

ピース「ZZZZ]

スパイ「やっぱり!キュアピースだ!」

ピース「ん?ん~よくねた~」ピカピカピカリン

ピース「ん・・・あなたは誰ですか?」ウルウル

スパイ「え、あ~おれは・・ここで本名は名乗れないたとえピースちゃんでも」

スパイ「俺の名前は>>22だ」 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 20:34:11 ID:j/cwkd/6
ナイトメア・山田 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 20:51:22 ID:8wgQL1ig
スパイ「おれは・・ナイトメア・山田です」

ピース「!?な、ナイトメア・ヤマダ??」

スパイ「はい・・・と言うかピースさんは何故此処に?」

ピース「え、なんでわたしのなm」

マーチ「ピースー!!!」

ピース「!マーチ!」 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 20:55:38 ID:8wgQL1ig
スパイ「マーチさん」

マーチ「大丈夫かピース」ユサユサ

ピース「だ、だいじょぶだよよよマージ」ガクガク

スパイ「あの~」

マーチ「?!お前だれだ・・さてはお前もはんにんか!」 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 21:00:11 ID:8wgQL1ig
ピース「ち、違うよマーチこの人は・・や、山田さん?だよ!」

マーチ「山田?んん?だ、誰だか知らんがお前をさらった犯人の仲間じゃないんだな」

ピース「そ、それはわからないけど」チラ

スパイ「え?俺は何もしてないよ・・・ただピースちゃんの匂いがしたから」

マーチ「に、匂い~・・・」

ピース「匂い???」クンクン 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 21:05:07 ID:8wgQL1ig
マーチ「駄目だピースこんな気持ちわrコホン・・知らない人の床にいちゃ」

ピース「でもこのひとはやまd」

マーチ「良いからいくよ!」ガシ

ピース「え?」

マーチ「ハッ!」シュビ

スパイ「・・(いま絶対気持ち悪いっていおうとしたよね・・いちゃったし)」 

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/03/31(土) 21:11:30 ID:8wgQL1ig
スパイ「さてそろそろ」ピピピ

スパイ「ん?同僚から?」

同僚
ーーーーーーーー
見てこれ

プー○○の全身の毛www

マジやばい
ーーーーーーーーーー

スパイ「     」 


29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 11:37:09 ID:A0gVBdr.
スパイ「よし名にはともあれミッションはokだろ」 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 11:47:09 ID:A0gVBdr.
ぴぴっぴ

スパイ「ん、こんどはボスからだ」

BOSS
ーーーーーーーーーーー
さっき与えたミッションは君には無理だったようだな

そして新しい任務を君に与える

こんどは省略しない様に

そしてプー○○の毛で、プチ・プー○○ロイドを作ることが決定したぞ

p、s次のミッションは>>33にいって貰う
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スパイ「p、sでいいのかそれ」 

33 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 15:16:40 ID:KPB0eQm2
折部やすなが通う学校 

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 15:21:30 ID:A0gVBdr.
スパイ「ふむ此処が指令所に乗っていた学校か」

スパイ「ここに潜入か・・・童顔でよかった」

スパイ「ここは転校生きゃらがいいとおもうが」

スパイ「ほかに潜入方法があるか?>>35?」 

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 15:38:04 ID:A0gVBdr.
スパイ「なさそうだな」

スパイ「よし潜入開始!」

~~~~~~~~~~~~~

スパイ「A~今日からこのクラスに!!」

ソーニャ「!お前!」

スパイ「ソーニャ!」

やすな「?二人とも知り合い?」 

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 15:42:30 ID:A0gVBdr.

休み時間

やすな「そーなんだふてりともしりあいなんだ~」ニヤニヤ

ソーニャ「なんにいいたい!」

やすな「いやー二人はどうゆう関係なのかな~って」ニヤニヤ

スパイ「ははは、兄弟だ」

やすな「?!」 

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 15:47:32 ID:A0gVBdr.
スパイ「な?ソーニャ!」

ソーニャ「そnwk」オサエー

スパイ「いっつもお兄ちゃんってよんでくれるもんな?」

ソーニャ「んぐっもがぐーー」

スパイ「な?」ハナス

ソーニャ「・・」 

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 15:58:14 ID:A0gVBdr.
ソーニャ「・・・・」

スパイ「な?~」

ソーニャ「・・・オ・・オニイ」

スパイ「んんんん~?」

ソーニャ「~~~誰がゆうかー!!」

スパイ「あ~残念!」

ソーニャ「~とゆうかいつの話だ昔だろむ・か・し!」

やすな「へ~ソーニャちゃんにもかわいい過去が」

ソーニャ「あ”?」 

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 16:08:46 ID:A0gVBdr.
やすな「ずびばぜ」

スパイ「まぁまぁ、ソーニャをからかうのはたのしいな~」

ソーニャ「からかうなー」

スパイ「おっと~・・・危ないぞソーニャナイフは二十歳カラな」

あぎり「そ~ですよ~危ないですからね~」

スパイ「おぉ・・あぎりか(相変わらず神出鬼没だ)元気か?(愚問だろうな)」

あぎり「そ~ですね~・・しいと言えば生理がこないことですかね~」

ソーニャ・やすな「「?!」」

スパイ「へ~そっか・・俺にはわからんな~」

ソーニャ「い、いつからだ!こないのは」

あぎり「そ~ですね~」

やすな「アギリサンガオトナノカイダンヲ・・アギリサンガオトナノカイダンヲ!!・」ブツブツ 

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 16:21:35 ID:A0gVBdr.
あぎり「未だに来ないんでこまっています~」

ソーニャ「い、未だに?!」

スパイ「俺でもわかる・・・それは遅すぎる!」

あぎり「ふふふ」

やすな「!まさか、また冗談」

ソーニャ「ダヨナ、さすがn」

スパイ「あぁないだろ」

あぎり「ただわらっただけです~」

三人「on~」 

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 16:24:35 ID:A0gVBdr.
スパイ「・・そういえばあぎりさっきの質問だが、元気か?」

あぎり「はい~げんきですよ~」

スパイ「ならよかった」

やすな「いいの?」

ソーニャ「・・・そういえば何しに此処にきたんだ?」

スパイ「しらんよ」

スパイ「・・・なんでだっけ>>43」 

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 16:25:20 ID:Yvlz3THU
この学校の校長の暗殺と没キャラの暗殺 

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 16:33:04 ID:A0gVBdr.
スパイ「だそうだ」

やすな「え?」

あぎり「あら~・・・・・させない!」

ソーニャ「おい、あぎりわかってるだろ・・・・ッ!私もやりたくわね~が」

やすな「え?えぇぇぇぇ?」 

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 16:36:47 ID:A0gVBdr.
スパイ「・・・はぁ、殺りあうのか?」キッ

ソーニャ「!!ゾクゾクゾク・・・・なぜ校長を殺す!?」

スパイ「しらんそれは>>47に聞け」

スパイ「なら俺からも・・・なぜそいつ等を庇う?」

ソーニャ「そ、それは>>49・・だからだ!」 

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 19:12:40 ID:A0gVBdr.
ジャンプかってきてよんでた

ソーニャ「お前から答えろ!」

スパイ「俺は>>47のためそいつ等を葬る」


47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 19:23:03 ID:O8TsVDVs
上司 

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 19:25:48 ID:A0gVBdr.
スパイ「俺は上司のためにヤルだけだ」

スパイ「お前は何のためにやつ等を庇う?」

ソーニャ「そ!それは・・>>49だからだ・・!} 

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 19:27:30 ID:NRX81QHo
だちだから 

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 22:44:13 ID:A0gVBdr.
スパイ「おぉー・・・美しき友情はよきかな~」

スパイ「はぁ・・ソーニャお前殺し屋だろ?」

ソーニャ「それが何だ?!」 

スパイ「何時まで・・何時まで!ぎゃぐまんがやってるつもりだ?」

ソーニャ「ギャグマンで何が悪い!」 

スパイ「わるくないよ~・・・だからどけ

ソーニャ「わ、わたぢは」カクカク 

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 22:47:32 ID:A0gVBdr.
ソーニャ「わたしは」

スパイ「ならば戦うか?戦わないか?」

ソーニャ「・・・>>53だ!」 

53 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 22:55:29 ID:rhtlOz6s
戦う


と見せかけて逃走 

54 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 23:04:03 ID:A0gVBdr.
ソーニャ「た、戦うに決まってるだろ!やすな!、あぎり私の後を
ついて来い!」

やすな「!でも~」

あぎり(覚醒)「いいからいくのよやすなちゃん!」

やすな「!う、うん(あぎりさんが凛としてる)」

スパイ「そっか・・残念だよ、・・・・来世であおう」シュ

ソーニャ「うぉぉぉー」タッタッタ スパイ「っは!」スカ 

55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 23:04:57 ID:A0gVBdr.
スパイ「?」

ソーニャ「ウワァァー」ビュー やすな「にげるの?---」 あぎり覚醒「とくさくね」

スパイ「・・・フ・・・ヤリニいくか 

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 23:12:17 ID:A0gVBdr.
テレビ「けさ○○高校の校長の死体が見つかりました
警察は事故死と見ています

そしてもうひとつのニュースですけさ○×しでJKのいたいが発見され腹部に
刺し傷があることから警察は例のとうりま事件としてみています

次にニュースd」ブチ

スパイ「俺はスパイだ・・・なぜ殺しなんだ?・・・
まぁ007もやってるからいいか」 

57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 23:15:47 ID:A0gVBdr.
ぴぴっぴ

スパイ「・・ボスか」

BOSS
ーーーーーーーー
ご苦労だった

早速出悪いが君には>>60という場所に行ってもらいたい

追って連絡する
ーーーーーーーー

スパイ「・・・行くしかないな、いこう」スタタタ 

60 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/03(火) 23:29:33 ID:NRX81QHo
いいともスタジオ 

61 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 18:41:57 ID:A0fhMQ0U
チャンチャチャチャチャチャチャンチャンチャーン

TAMO[え~今日のゲストは~>>64さん(ちゃん)で~す」

キャーキャー
スパイ「キャーキャー」 

64 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 18:57:07 ID:d8NyANIg
カカロット 

65 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 19:10:26 ID:A0fhMQ0U
TAMO「カカロットさんで~す

キャーキャー
スパイ「キャーキャー」

TAMO「いや~何年ぶりですかね~」

カカロット「どこだ?ここオラ今まで、ブーと戦ってたのに」

TAMO[何を言ってるんですか?カカロットさん」

カカロット「!お、おまえフリーザ!」

TAMO「?何ですかかかろっとs カカロット「ウォー」ゴゴゴg 

66 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 19:19:33 ID:A0fhMQ0U
TAMO「おぉーカカロットさんお得意の一瞬で金髪になるマジックだね~」

おぉぉーー 

スパイ「おぉー(俺は体がすけっれるけどな)」 

67 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 20:37:49 ID:A0fhMQ0U
カカロット「ども皆さん3年ぶりです!」

YAMO「いやーカカロットくんは?また世界をすくったみたいだね~」
 
カカロット「いやーなりいきダケドうまくいったぞ」

TAMO「それで今回は>>70をたおしたんだってね~」 

68 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 21:01:08 ID:A0fhMQ0U
のびーるのびーる



のびてくれーーー 

70 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 21:29:04 ID:rdKIe.Z6
校長と没キャラ 

72 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 21:48:43 ID:A0fhMQ0U
カカロット「という人です」

TAMO「へぇ~それはたいへんだっただろ~」

カカロット「はい特に校長は裏組織のボスで近寄りがたいから毒を使いました」

ガヤガヤ ナンダ

スパイ「(あいつらは俺がやったんだが・・)」

TAMO「それはこないだのニュースの方たちですか?」

カカロット「そうだぞおらがヤッタンダ」

TAMO「ですがそれだとおかしいんですよね~」

カカロット「?」 

73 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 21:54:28 ID:A0fhMQ0U
TAMO「だってそれだと警察が”事故死”にはしないんですよ」

カカロット「何でだ?」

TAMO「毒を使ったなら検出されますよ?」

カカロット「?!」

TAMO「よってあなたは今回世界をすくってない!!」デデーン

ソーデスネ

スパイ「ソーデスネ(探偵www)」 

74 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 21:58:27 ID:A0fhMQ0U
ピピッピ

BOSS
ーーーー
という事だわれわれのやった事を自分の事にした

よってむかつくからヤレ!
ーーーー

スパイ「(ムカつくから・・・か)」

スパイ「しょうがないよな」スッ!!

カカロット「ち、ちがu    」ポト

TAMO「?!」

ザワッ 

75 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 22:03:11 ID:A0fhMQ0U
キャー 皆さん落ち着いてくだサーい

スパイ「しょうがないしょうがない」

~~~~~~~~~~~~~~~~~

テレビ「とゆう事件が起きました警察は早急に犯人を」ブチ

スパイ「・・・俺ころしやだとな~」 

76 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 22:05:15 ID:A0fhMQ0U
スパイ「・・・プハー」煙草ウメェー

ぴーぴぴ

スパイ「ッ・・この着信音は・・・・>>78か(いやだでたくない)」 

78 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 22:21:38 ID:6ia/Vczk
ソーニャちゃん 

79 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 22:28:43 ID:A0fhMQ0U
スパイ「まぁでんきゃだめだよな」ピ

スパイ「はい・・」

ソーニャ『今から会えないか?』

スパイ「あぁ・・・わかった」

この時俺は何かいやなよかんがした

すぱい「何処に行けばいい?」

ソーニャ「>>80」 

80 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 22:29:23 ID:gitw/NTI
マクドナルド 

81 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 22:35:37 ID:A0fhMQ0U
スパイ「わかった・・・ひとつ聞くどこの?」

ソーニャ『さがせー!』ブチ

スパイ「え~ってきるなよ」

スパイ「最後に海賊王的なこと言われても・・・」

スパイ「しょうがない・・・・よし>>82のとこにしよう」 

82 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 22:37:29 ID:gitw/NTI
バイト一人しかいない本部の近くの店 

83 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 22:49:18 ID:A0fhMQ0U
カランカラン

いらっしゃーい

スパイ「・・このダブルクウォータパウンダーのセットのLで」

バイト「のみものはー?」

スパイ「ジンジャエールで(相変わらずだるそうな声で・・)」

スパイ「きょろきょろ」オ

バイト「おまてせしましたー30000円になりまーす」 

84 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 23:02:40 ID:A0fhMQ0U
スパイ「はい(これ所謂ボッタクリである)」

よく聞くだろボッタクリバーやボッタクリカフェをだが此処まで高くないだろ

それにあれ(バーやカフェ)はちゃんとしたものが出るだろ?


此処は違う  此処はこれが出る 

86 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 23:07:59 ID:A0fhMQ0U
いやまだこれはいいほうだ

挙句の果てこの言葉が合いすぎるほどのものが・・これだ

バイト「ワん・トゥー・スリー」

スパイ「・・・どうも」

バイト「いえ、いえー」

デデン

>生ジャガイモ

>包丁

>二千円 

87 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 23:17:14 ID:A0fhMQ0U
どう思うよみんな


>>88 

88 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 23:24:51 ID:V8xQrvL2
殺戮しましよう 

89 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 23:30:03 ID:A0fhMQ0U

スパイ「はぁ・・・・ふざけんなーーー!!」

ドガがガガガ    ボカンガゴーン

スパイ「ハァハァ・・・・やりすぎた」

バイト「あ~、私の転職さきが~・」ダルソウナコエ

スパイ「・・・・・・(俺ガトリングとキャノン砲ぶっ放したのに)」 

90 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 23:32:26 ID:A0fhMQ0U
スパイ「まぁ店長はやれたしまんぞくだな」

スパイ「・・・・ソーニャはいなかったな」

スパイ「次いこ次!・・・・>>92にいくか」すたすた 

92 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/04(水) 23:43:22 ID:V8xQrvL2
ソーニャ通ってる学校の近くのマック 

95 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 17:03:50 ID:f7Xcp4qU
スパイ「本部前のには居なかったから・・・」

バイト「ソ~ニャさんの通ってる学校の近くの○○市本店に行けばいいのでわ?」

スパイ「・・・あぁーたしk・・・なんで居る?」

バイト「私の転職屋(マック店)を破壊されたので」

スパイ「・・なら帰れよ」

バイト「私は~あそこ住み込みだったもんでえ~」

スパイ「そっか・・・・・なら実家に帰れ!」
バイト「両親・祖母・祖父は共に天に召されました」

スパイ「そ、そうか・・ならとm」

バイト「田舎から出てきて友達は・・よよよ~」 

96 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 18:46:30 ID:f7Xcp4qU
男「技とらしいな~・・」

バイト「まぁ~・・なにわともあれ~私の家を壊したアナタは許しませんよ~」

男「はぁ・・(ダルソウナコエでいわれても・・)」

バイト「とゆうことでアナタについていきま~す」

男「何故そうなるんだ」ハァ

バイト「駄目で御座いますか”ごしゅじんさま”」

スパイ「・・・・>>98」 

98 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 19:05:15 ID:BqjkEJ52
今からお前は犬だ 

99 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 20:02:25 ID:f7Xcp4qU
スパイ「わかった・・」

バイト「ほんとですかぁ↑~」

スパイ「あぁ・・・・だがお前は、今から犬だ!」ビシッ

バイト「なんとぉー・・・・・わかったわん♪」

スパイ「・・(あっ覚醒た?)」 

100 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 20:06:16 ID:f7Xcp4qU
バイト(改め)「それよりソ~ニャさんとこ行かないのかWAN」

スパイ「そうだったな」

スパイ「ではいこうか」

バイト(今から私の名は>>102だ)「はい我が主♪~」 

102 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 20:47:24 ID:f7Xcp4qU
名前はそのままでいいということだね 

103 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 20:51:18 ID:f7Xcp4qU
イラッシャイ

店員「お二人様ですカー?」

スパイ「いや・・・(いた)あそこに人をまたせてるんで」

店員「ではお食事は~」

スパイ「シェイクを・・・」

バイト「シェイク二つう~」

店員「かしこまり~・・・・・・・・・・・どうぞー」 

104 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 20:59:58 ID:f7Xcp4qU
スパイ「よっ」

ソーニャ「!・・・・」スタ

スパイ「どうした?座れよ・・・」 

105 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 21:03:50 ID:f7Xcp4qU
ソーニャ「必要ない・・」

スパイ「なんだ?」

バイト「これ美味しいです~」

ソーニャ「・・・・・」フラーフラー

スパイ「・・・・?」

ソーニャ「・・・sねー!!」シュン

スパイ「な!?」 

106 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 21:09:25 ID:f7Xcp4qU
スパイ「(なっよけれない)!」

横には人が俺の逃げ場を塞いでる

後ろは柱

スパイ「(・・・ははなんだろ笑える)・・ガハッ!」

ソーニャ「フーフーフー」

スパイ「・・はは、殺し屋が人一人殺すのに息を上げるか・・」ぼたぼた

ソーニャ「?!ま、まだ喋れるのか」 

107 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 21:12:58 ID:f7Xcp4qU
スパイ「あぁ・・グッ安心しなもう指すら動かん」

ソーニャ「息の根は止める!」

スパイ「かーっこいー・・ゴホッ・・その前に一つ・・・何のために」

スパイ「何ために俺をヤル?」 

108 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 21:16:32 ID:f7Xcp4qU
ソーニャ「上司のためだ・・・」


スパイ「   」

俺は驚いただろう多分、真顔で

スパイ「そうか、捨てられたか・・俺」

ソーニャ「・・・そうだな」

スパイ「て、ことはこいつら全員仲間か?」 

109 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 21:19:40 ID:f7Xcp4qU
ソーニャ「あぁ」

スパイ「・・・俺の信用ゼロか・・・・ははは」

ソーニャ「言い残すことはあるか?」

スパイ「・・バイト!」

バイト「!!な、なんですか?」

スパイ「お前もそっちなのか?」

バイト「・・・残念ながら・・・」

スパイ「・・・・・そっか~まぁいいや」 

110 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/05(木) 21:24:38 ID:f7Xcp4qU
スパイ「・・(目がもう見えないな)」

ソーニャ「じゃあな」

スパイ「・・・あぁあ」

スパイ「(遣り残したことは・・・・あっ結婚どころが俺○○だww
彼女ほしかったな~)」

ーーーーーーーーーーーーーーー
バンバンバンバンバンバン ガンガンガンガン

その日銃で体や顔が滅茶苦茶になった死体がマックでみつかった

          ∥終∥