2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 22:52:10 ID:yFY76xHs
 


 そう。
 私の武器。 
ニュースキャスター (集英社新書)
筑紫 哲也
集英社
売り上げランキング: 243,152
4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 22:54:55 ID:yFY76xHs
 今日は天気が良い。
 灰色の雲が空一面を覆っていて、今にも雨とか雪とかまた降り出しそうな感じ。どんより。空に見えるそれに高さは感じられず、奇跡的に泣き出さない曇り空がたまらなくいとおしかった。そこに私が見えたんだ。



 三日前。大雪が降った夕方。私は○○ではなくなった。 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 22:59:39 ID:yFY76xHs
 その瞬間の数分前、お気に入りのカーディガンのボタンが弾け飛んだのを、なかなか滑稽に、鮮明に覚えていたりする。

 雨が降ったのはおとといだったかな──。

 寝ているふりのまま痣や擦り傷の治療をされて、股の奥をじろじろ調べられて。
 ……病院の白いベッドは私好みのがちがちの硬さで、肩甲骨の痛みで夜何度も目が覚めた。その度に、自分の鼓動や呼吸が軋む痛みに気付かされた。 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 23:03:38 ID:yFY76xHs
 だけど軟らかいだけの枕は、まるで過保護な母親の体裁や世間体のように、しゃかしゃか鳴って雨音を拾えない。多分霧雨だったのだろう。厚いカーテンの向こうで、泣いているのは何。空模様か。それとも母の理想論か。

 いずれにしても白々しくて実態が無くて。掴めないのは、触れようともしないからなんだけど。



 飲み薬が減りカーテンが開け放たれた昨日。医者以外の知らないおじさん達が病室を訪れた。張り付いた黒い笑顔に、吐き気が真っ先に反応する。 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 23:06:31 ID:yFY76xHs
 ごめんね、辛いこと思い出させて。でも捜査だから……、と、痩せたおじさんが言った。

 見せられたのは全て見覚えのあるものだった。日が経って、というか、あの日を境に、少しだけ感じが変わっていたけど。

 泥のついた制服のスカート。ボタンの無いカーディガン。中身の無い財布。



 ──そして、ナイフが二本。 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 23:12:56 ID:yFY76xHs
 ベッドの上に並べられたそれらを眺めて、母は声にならないあわれみと絶望を漏らした。陳腐。
 そして、半身避けて母は私を見た。きたないものを遠ざけ、蔑む視線で。

 当然。お父さん、私はあなたの排泄物だものね?

 脂っこい方のおじさんが、黒い大きなサバイバルナイフを指差しながら、これで犯人に脅されながらだったのか? と訊いた。

 ──私の後頭部辺りに訪ねるような、異空間に詰問するような質問だったから、私はおじさんを見つめてただ黙っていた。
 少しあって、痩せた方のおじさんが脂っこい方を手で制して、ごめんね、ごめんね、と異空間に謝った。



 ──私はいよいよ、空みたいなものになったのかな。そう思って、窓の外を見やる。連れていって。雲と地球の間が霞んで見えた。 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 23:23:32 ID:yFY76xHs
 痩せたおじさんが、ビニールに包まれた小さい方のナイフをつまんで、これは君のかい? と訊いた。一瞥。

「さわらないで」

 私が呟くと、おじさんは慌ててそれを置いた。条件反射は焦りが滲む。おじさんも、私も。同時に発したごめんなさいと苦笑いには、僅かほども表情がなかった。



「そう。私の武器」

 そうか。これは普段から持ち歩いているのかい?

「うん。武器だもん」

 この国はね、こういうものを持ち歩いては駄目なんだよ?

「自分を守る武器も必要だよ」

 でも……この間は自分を守れなかったよね?

「私、守れなかったの?」

 違うのかい?

「守れなかったの?」

 ナイフは……柄に隠れたまま刃は出ていなかった。君はそれを握りしめて気絶していたんだ。

「どうして守れなかったって思うの?」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 23:24:02 ID:yFY76xHs
 ……え?

「私はその時、守ろうと思わなかったもの」

 ……かわいそうに。

「どうして?」

 君は傷付いているんだ。錯乱している。ゆっくり休んだらいい。

「答えて。私は何も変わってないよ。だからかわいそうじゃないよ」

 ……仕方無いんだ。元気になったら、またお話しよう。必ず……捕まえるから。

「待ってよ。私は私のしたいようにするの。お願いだから、私を認めてよ」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 23:33:34 ID:yFY76xHs
 今朝。
 だあれもいないお部屋で目が覚めた。だあれもいないのはここでは初めて。
 ぶっ壊れていると思われたであろう私は、昨日おじさん達が帰った後から手枷と足枷に繋がれた。だあれもいないけど、離れたところできっと誰かが私を見ている。また、暴れるのではないか、と。

 病室は、尖ったものや色の濃い模様、光るものが除かれた。鏡も、布で無造作に覆われた。窓から望める曇り空が、私を唯一慰める。

 今日は天気が良い。
 灰色。どんより。
 私の“しろ”を浮き立たせる。 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 23:40:06 ID:yFY76xHs
──


 はい。はい。
 もう平気。大丈夫です。


── 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/22(日) 23:57:28 ID:yFY76xHs
 笑え。笑え。
 医者が言う。
 そう言っているように聞こえる。

「笑えるようになったら、私は外に出られるの?」

 多分先生の質問に答えるような事を言ってはいない。でめ、医者は口を厭らしく歪ませて話した。

 そうだね、笑顔でお話できるようになったら退院できるよ──……。



「また会うのが楽しみで仕方ないの」

 誰に?

「教えたくない」

 希望を持つのは良い事だよ。元気になったら会いたい人がいるんだ?

「うん」

 もうすぐ笑えそうかい?

「うん」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/23(月) 00:01:52 ID:5YuoV7lM
 雲に輪郭があらわれて、いくつか吹雪や霙が降って。
 痣や擦り傷が消え始めて、私は頬の筋肉を強ばらせ持ち上げる事を覚えた。
 笑う。私は笑う。灰色に。


 はい。はい。
 もう平気。大丈夫です。
 はい。はい。
 もう平気。大丈夫です。


 吹雪も霙も医者も痩せたおじさんも、私の前を次々と通り過ぎた。私は同じことを繰り返して訊かれても同じようにこたえていたはず。何も変わらないはずなのに、傷の癒え方と比例するように皆が私はもう大丈夫だと言った。滑稽。 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/23(月) 00:04:58 ID:5YuoV7lM
 ごめん。まだ捕まえられないんだ。

「はい。はい。
 もう平気。大丈夫です」

 ……十七歳はもう大人だから説明するね。事件後の検査では、君の体のその部分には裂傷と異性の○○がみとめられて……。

「はい。はい。
 もう平気。大丈夫です」


 来週退院だって。よかったわね。その日はお母さん仕事があるから、叔母さんに来てもらうわね。

「はい。はい。
 もう平気。大丈夫です」 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/23(月) 00:08:48 ID:5YuoV7lM
 その日、天気は悪かった。
 青空が空一面をぶんどって、灰色は山の奥で分前を授かっている。窒息。笑えなくて笑った。だからナイフは必要なんだ。穿って穴をあけるんだ。

 桜の蕾はアレの滲みたガーゼみたいだった。花開くのよー、女の子なのねー。

 叔母さんが手続きをしている。私は駆け出して、片尻を無様に開けたタクシーに乗り込んだ。
 ──貫け。想いは留まらない。



 お客さん、どちらまで?

「あの人のところまで」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/23(月) 00:10:07 ID:5YuoV7lM
──


 私は なんでか

 ヒガイシャ なんだってさ


── 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/23(月) 00:25:58 ID:5YuoV7lM
「ひさしぶり」

 ……。

「もう春だね。嫌な天気」

 ……退院したの?

「うん。傷が治って笑ったら外に出ていいんだってさ。傑作。訳分かんない」

 ……その……大丈夫?

「大丈夫みたいだね。穴があいてるのが普通の大人の女なんだってさ。おかしいね」

 ……本当の事、言ったの?

「言ったよ? でもだれも信じてくれないの。皆私がぶっ壊れてるって思ってるんだあ」

 ……壊れてるよ。

「は?」

 壊れてる。

「君までそんな事言うの?」

 普通じゃなかったもん

「……なんでかなあ?」 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/23(月) 00:31:33 ID:5YuoV7lM
 ……。

「私は私のしたいようにするの。それが私の普通なんだもん。どうして普通じゃなきゃいけないの?」

 普通じゃないのは悪い子だもん。

「それでもいいよ。でも皆私の事良い子だって言うよ。あの日からは。よく頑張ってるねって。……勘違いなのにね」

 僕は……捕まるの?

「さあ? でもきっと守ってくれるよ。私のお母さんが」

 君は……捕まらないの?

「多分ね。私はなんでかヒガイシャなんだってさ。違うって言ったらぶっ壊れたって言われるし」

 僕は……君に○された。 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/23(月) 00:37:12 ID:5YuoV7lM
「うん。ああするしかなかったんだもん」

 どうして警察に本当の事言わないの?

「だから言ったって! 誰も信用しないんだあ」

 どうして……。

「私初めてだったでしょ? だから皆私がヒガイシャだって信じて疑わないの! ○○だから! ウケるね」

 ……。

「興奮しちゃってさあ! 一撃で失神するとは自分でも思わなかったよ! でけえんだよ! お前! ガキのくせに!」

 ……狂ってる……。

「あぁ?」

 僕の意思を無視してる。

「意思と理性は別物ってか?」 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/23(月) 00:38:58 ID:5YuoV7lM
 ……。

「おかしいよなあ? 一撃で失神した私から、なんで異性の○○が見つかるかなあ?」

 ……。

「興奮したんでしょ? 寝てる私で続けたんでしょ? 嬉しいなあ!」

 ……。

「……で、君は逃げ出した」

 ……。

「私は半分雪に埋まってた。半分裸だよ?」

 ……怖かった……。

「私なんか死んでもいいと思った?」

 ……そうするしかなかった。

「なあんだ! 君もか!」 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/23(月) 00:43:15 ID:5YuoV7lM
 ……君とは違うもん。

「逃げたくせに」

 ……僕は被害者だ。

「犯人みたいよ、君。おかしなモラルが常識のこの国では。少年Aだね」

 ……真実じゃない。

「でも証拠があるの。君の○○と、私の○○の血。だから私はヒガイシャ」

 ……。

「世の中○○はよく○○するからなあ! つって!」

 どうして……僕なの?

「……愛してるのよ」 

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/23(月) 00:50:29 ID:5YuoV7lM
 ……。

「あなたに貫かれたかったの。私。ずっと」

 ……僕は、最低だ。

「泣かないで。また私が全部包んであげるから。……脱がせてあげるね」

 ……どうしてナイフを持ってるの?

「君が逃げないように」

 どうしてナイフを僕に持たせるの?

「君が逃げられないように」

 よくわからないよ。

「逃げてもいいよ。今日も。でも今度逃げるときは、私を殺して。私、君と繋がって死ねるなら、それでいい」

 逃げないよ。

「逃げてもいいって。ナイフは自分を守る武器なの。貫きなさいよ。自分を守る為になら」 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/23(月) 00:51:35 ID:5YuoV7lM
 はあ。はあ。
 はあ。はあ。

 それでいい。



 私を、貫いて──。 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/23(月) 00:53:48 ID:5YuoV7lM
──


 理解不能な事、要約
 整理、曖昧に補完

 つ た わ る ─ ─

 案外、容易
 意外な程、幼稚


── 

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/04/23(月) 01:03:02 ID:5YuoV7lM
キャスター「次のニュースです。本日夕方、美倉市第二中学校裏の空き地から、同市に住む十七歳の女子高生、──さんがナイフで胸を刺され血を流して倒れているのを近くに住む主婦が発見し警察に通報、病院に搬送されましたが、一時間後死亡が確認されました。発見時、──さんに着衣の乱れと乱暴されたような跡があり、また、隣接する中学校校舎からは飛び降り自殺したとみられる全裸の男子中学生の遺体が発見された事から、警察は二つの事件になんらかの関係性があると見て捜査を進めています。また、──さんの母親、──さんは青少年犯罪における被害者弁護に数多く携わる弁護士の立場から、青少年の犯罪更正をテレビ等を通して訴え最近注目を集めており、捜査になんらかの影響があるものと見られます。
 次のニュースです──」





fin