1 :S-River:2012/10/15(月) 12:06:13 ID:903aumH2
士郎「ふーっ、今日の訓練も疲れたな。ありがとうセイバー」

セイバー「礼には及びません、士郎。しかし、それはそうとお腹がすきました」

士郎「はは、セイバーってば相変わらず腹ペコキングだなぁ」

セイバー「むむっ。士郎、食が戦の上でどれほど重要か分かっていないようですね。
……それになんですか、その腹ペコキングというのは」

士郎「あだ名さ。可愛いだろう?」

セイバー「かわっ……。なにやら馬鹿にされているような気がします」

士郎「そうか? 凛も桜も絶賛していたんだけどなぁ」

セイバー「むぅ。私だけこのような称号を一方的に授かるのは不服です。士郎、
あなたには何かあだ名はないのですか?」

士郎「俺はこれといって特徴のない平凡な高校生だからなぁ。これまでも特に
あだ名なんてつけられたことなかったし……」

セイバー「よいのですか?」

士郎「へっ?」

セイバー「仮にもこの物語の主人公が、そのように無個性でよいのですか? と聞いてい
るのです」

士郎「」 


劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower」(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2018-05-09)
売り上げランキング: 390
2 :S-River:2012/10/15(月) 12:07:19 ID:903aumH2
~柳桐寺~



士郎「うわああああん一成ぃいいい、俺にあだ名を授けてくれー!」

一成「ぬお!? 何事だ衛宮」

士郎「実はかくかくしかじかで……」

一成「ほぉ……ふぅむ」

士郎「というわけなんだよ、一成。俺にぴったりのあだ名を授けてくれ! 付き合いの
長いお前なら分かるはずだろ? 頼むよ!」

一成「ううむ、しかしだな衛宮。助けてやりたいのは山々なのだが、
俺というやつはどうもこういったことには疎くてな。面白いあだ名が思い浮かばんのだ」

士郎「いや、面白さとか求めてないから! こう、俺を一言で表現しているクールな
あだ名をさ、なんか寺の力とかでどうにか!」

一成「ええい、離れんか! それに寺の力ってなんだ! ……ごほん、まあ、心配するな。
実はいくつか候補はあるのだ」

士郎「まじか!」

一成「うむ。まず一つ目だ」

士郎「ごくり……」 

3 :S-River:2012/10/15(月) 12:08:36 ID:903aumH2
一成「工務員A」

士郎「……」

一成「察した。二つ目だ」

士郎「お、おう。頼んだぞ一成……!」

一成「真面目なヤンキー」

士郎「あれか? 髪が茶髪だからか?」

一成「うむ。次、三つ目だ」

士郎「どきどき……」

一成「家庭科オール5」

士郎「いや、自信は多少あるけれども、なんでさ」 

4 :S-River:2012/10/15(月) 12:09:09 ID:903aumH2
一成「次、四つ目だ」

士郎「おう、サクサクいくね」

一成「ハンカチ常時携帯」

士郎「してるよ? してるけどね?」

一成「次、五つ目だ」

士郎「期待してる」

一成「右に左折! で笑わない男」

士郎「なんでさ! 笑うよ! 急に言われたら笑うよ!」

一成「次、六つ目だ。これで最後だ」

士郎「どうか良いのが来ますように……」

一成「工務員B」

士郎「いやそれ最初のあかんやつと同じだから!」 

5 :S-River:2012/10/15(月) 12:09:47 ID:903aumH2
~衛宮邸~



凛「なるほどねー、まあ確かに衛宮君てキャラ立ってないわよね。主人公なのに」

士郎「ぐさっ」

桜「ねっ、姉さん! なんてこと言うんですか!」

セイバー「もぐもぐ……士郎、おかわりをお願いします」 

6 :S-River:2012/10/15(月) 12:10:20 ID:903aumH2
士郎「うっ……この腹ペコキングめ……」

セイバー「王とはいつも空腹なものです」

凛「ここまで開き直るくらいキャラが立ってれば、ね」

桜「せ、先輩は十分魅力的ですよっ!」

士郎「……ほんとに?」

桜「もっちろんです! 私が保証します! なんてったって先輩は優しくてカッコよくて
弓道上手で家庭的でお料理もできるし掃除だっt」 

7 :S-River:2012/10/15(月) 12:10:54 ID:903aumH2
士郎「あだ名は?」

桜「はい?」

士郎「あだ名は?」

桜「ええっと……」

士郎「あだ名、俺にぴったりのやつって、なんか思いついたりする?」

桜「え、えーっと……すぐには……ちょっと、難しいっていうか」

士郎「……ぐすっ」 

8 :S-River:2012/10/15(月) 12:11:18 ID:903aumH2
凛「あ、桜が衛宮君泣かした」

桜「ちょ、もう、待って! 姉さんはすぐそういうこと言う! 一生懸命考えてるのに
すぐそういうこと言う!」

士郎「いいんだ……どうせ俺なんてヒーローの親父が居て、すっげー強いサーヴァントが
いて、なんかまわりもすごいキャラ立ってて、俺自身はたいしてすごいことしてないく
せにヨイショされまくってようやく主人公の枠におさまれてるだけのキャラなんだ」

凛「桜、あだ名なんて思ったままのこと言っちゃえばいいのよ。ほら、こうしてる間にも
どんどん衛宮君が腐っていく」 

9 :S-River:2012/10/15(月) 12:12:01 ID:903aumH2
士郎「どうせ俺なんか……(ぶつぶつ)」

桜「せ、せせせせ先輩っ! 思いつきました! 私、先輩のあだ名思いつきました聞いてください!」

士郎「……なにさ?」

桜「え、えっと……笑わないでくださいね」

士郎「ちょ、ちょっと待って。そんなに変なあだ名なの?」

桜「へ、変っていうか……その、言い辛いっていうか」 

10 :S-River:2012/10/15(月) 12:14:22 ID:903aumH2
士郎「聞こう。覚悟はできてる」

桜「じゃあ、言いますよ……?」

士郎「……ごくり」

桜「お……」

士郎「お……?」

桜「お、王子様……なんちゃって! やだ! 私ってば!」

凛「さっぶ」

桜「ええ!?」 

11 :S-River:2012/10/15(月) 12:14:45 ID:903aumH2
士郎「あ、ありがとうな桜、でも今のはちょっと……」

桜「」

セイバー「むむ。これがいわゆる『王道』というやつですね」

凛「ベタ紫」ボソッ

桜「聞こえましたよ姉さん!? 私のことですか!?」

凛「あら、良かったじゃない桜。あだ名が増えて……ぷっ、くすくす」

桜「いやぁー!」 

12 :S-River:2012/10/15(月) 12:15:02 ID:903aumH2
ピンポーン


イリヤ「おっじゃまっしまーっす! あ、士郎ー! 出会いがしらのフライングロリィアターック!」

ドガッ。

士郎「ぐふっ」

鈍い音とともにイリヤのゲージ2つ消費必殺技、フライングロリィアタックは炸裂した。
説明しよう! フライングロリィアタックとは、つるぺた少女イリヤスフィール・フォン・アインツベルン固有技であり、
助走をつけて自身のロリータボデェーを空中で解き放ち、相手に向かって飛び蹴りをくらわせる技、つまりドロップキックのことである!

士郎「なんでさっ!」 

13 :S-River:2012/10/15(月) 12:15:23 ID:903aumH2
イリヤ「えへへー、シロぉー」スリスリ

士郎「ちょ、こら、イリヤ……」テレテレ

セイバー「もぐもぐ」

凛「」

桜「」

凛「『ふぬけ』」

士郎「腑抜け!?」 

14 :S-River:2012/10/15(月) 12:15:51 ID:903aumH2
桜「……先輩ロリコンだったんですか? あ、じゃあ『ロリコン』で良いじゃないですか、あだ名。よかったですね? 
先輩、良いあだ名がみつかって。非常によくお似合いだと思います」

士郎「ひぃぃ! 桜が虫でも見下すような目で俺を見ている!」

セイバー「なるほど、英雄色を好むと言いますからね。うむうむ。」

士郎「待て、セイバーはご飯の味以外なにもわかっちゃいない!」

凛「あだ名、増えて良かったわね衛宮君」

士郎「いやぁああ!」 

15 :S-River:2012/10/15(月) 12:16:06 ID:903aumH2
イリヤ「なぁに? あだ名?」

凛「そ。衛宮君が欲しいっていうから」

イリヤ「じゃあ凛がいっぱい持ってるから、分けてあげればいいのに」

凛「はぁ? あたし?」

桜「姉さんにあだ名なんてありましたっけ」

イリヤ「あるわよー、まず『ツンデレッド』でしょー、『世話焼き黒ニーソ』、『メカ音痴マジシャン』、そしてなんと言っても極め付けは『カレイドル……』」

凛「ていやっ」

イリヤ「むぐ」

桜「姉さん、最後のすごく気になるんですけど」 

16 :S-River:2012/10/15(月) 12:16:24 ID:903aumH2
凛「おほほほほ、桜、パンドラの箱を開けてはならないわ」

桜「はぁ」

士郎「ツ、ツンデレッド……くく」

凛「衛宮くん? そんなに可笑しいかしら。笑えなくしてさしあげてもよろしくてよ?」

士郎「悪かったよ遠坂。だからそのアゾット剣を収めてくれ」

セイバー「黒ニーソとはいったいなんですか?」

イリヤ「もがもが」 

17 :S-River:2012/10/15(月) 12:16:47 ID:903aumH2
桜「それにしても、結構みんなあだ名ってありますね」

凛「そうね。おほほほほ。このロリッ子にも『ロリブルマ』っていうあだ名あるしね」

イリヤ「ロリブルマかぁ……うーん……」

桜「セイバーさんにもありますし、藤村先生は『タイガー』だし、あとは……」

凛「あ、だったらアーチャーのやつにあだ名を考えてやってよ。まったくもうアイツってば、
事あるごとに人を小馬鹿にしたような態度ばっかりとって、いっつも『ふっ』とか『はっ』とか
鼻で笑って恰好つけちゃって、そういうのを揶揄するようなやつがいい」 

18 :S-River:2012/10/15(月) 12:17:07 ID:903aumH2
士郎「なるほど、じゃあこういうのはどうだ? 『揚げ足取りマシーン』」

凛「いまいちね」

士郎「なんでさっ。事あるごとに人の揚げ足取ってくるじゃないか」

凛「なんかこう、もっと意表をついたやつがいいわ」

桜「あの、姉さん」

凛「なぁに、桜」

桜「『推理小説を読んでいると横から、ふむ、こいつが犯人だな。とドヤ顔でネタバレしてくるやつ』というのはどうでしょう」 

19 :S-River:2012/10/15(月) 12:17:28 ID:903aumH2
凛「なっが! 面白いけど長いわ! そして9割がたイメージで構成されてるわよね」

イリヤ「はーい! 次わたしー!」

凛「言ってみなさい、ロリブルマ。聞くだけ聞いてあげるわ」

イリヤ「『熟女の魅力に目覚めし弓兵(子安ボイス)』」

凛「ぷっふー!」 

20 :S-River:2012/10/15(月) 12:17:47 ID:903aumH2
桜「じゅ、熟女って……くすくす」

士郎「不覚にも面白かったな。絶対アイツそんなもんに目覚めないとは思うけどな」

セイバー「殿方の好みにも色々あるのですね……」

凛「いいわね、これ。採用」

イリヤ「やたー!」

凛「明日にでも言ってやろ。……ところで、ライダーのあだ名ってないの?」 

21 :S-River:2012/10/15(月) 12:18:04 ID:903aumH2
桜「ライダーですか……考えたこともなかったですね」

士郎「『レースクイーン』とかどう?」

桜「ぶふっ」

イリヤ「あははははっ! シロウってば的を得てるー!」

凛「くく……確かに、ボディコンのイメージが強いから、ピッタリよね」

桜「先輩、それ採用で!」

士郎「よっしゃ!」 

22 :S-River:2012/10/15(月) 12:18:22 ID:903aumH2
イリヤ「じゃあ次はー……、ギルガメッシュ!」

士郎「ん? あいつには『金ピカ』っていうあだ名があるじゃないか」

イリヤ「そっかー。つまんなーい、じゃあ他には?」

士郎「慎二と一成とか、どうだ?」

イリヤ「誰……」

凛「これは私か桜が適任ね」

桜「むむぅ……兄さんのあだ名……」 

23 :S-River:2012/10/15(月) 12:18:44 ID:903aumH2
凛「一成ってば、いっつも衛宮衛宮言ってるわよね。○○なのかしら。あと、すぐに『喝!』とか言うわよね。……『○○カツ』でいいんじゃないかしら」

士郎「なんて雑な」

セイバー「『○○カツ』……なにやら美味しそうな響きですね」

士郎「ああ、ハムカツに響きだけは似てるもんな」

イリヤ「わかんなーい。つまんなーい」 

24 :S-River:2012/10/15(月) 12:19:03 ID:903aumH2
桜「兄さんは口が悪ければ態度も悪いし、それで顔だけはいいから女子にモテモテだし、割と客観的に見ても悪役ですよね。
『ビッグマウスワカメ』……」

凛「前後の脈絡がないけれど、面白いのでいいんじゃないかしら」

士郎「しっくりくるしな。採用!」

桜「わぁい! えへへ!」

イリヤ「ぶー、私にも分かる人にしてよー」

士郎「はいはい、じゃあバーサーカーはどうだ?」

イリヤ「バーサーカーは『筋肉ダルマ』っていうあだ名があるからいいのよ」 

25 :S-River:2012/10/15(月) 12:19:24 ID:903aumH2
士郎「じゃあ親父になんかあだ名つけるか」

イリヤ「ちょ、切嗣に……本気?」

士郎「ああ。『顔芸坊や』とかどうよ」

凛「メタね」

イリヤ「うーん」

士郎「おっと、冬木での話だからイリヤはわからないんだったな」

桜「メタですね」 

26 :S-River:2012/10/15(月) 12:19:39 ID:903aumH2
士郎「んー、じゃあランサーとか綺礼あたりはどうだ?」

凛「いいんじゃないかしら? ランサーはいじりがいありそうね」

桜「ただでさえネタにされることの多い人……サーヴァントですからね」

イリヤ「ランサーのあだ名わかった! 『百戦錬磨の負け犬!』」

セイバー「ううむ……一応英雄に負け犬はどうかと思いますよ、イリヤスフィール」

イリヤ「えー」 

27 :S-River:2012/10/15(月) 12:19:54 ID:903aumH2
凛「あえて具体的に言うなら、負け犬っていうより、死に犬……?」

士郎「ま、まぁ確かにカニファンでは色々大変だったな、アイツ……」

イリヤ「バーサーカーの玩具にされてたしね」

桜「ランサーさんと言えば、アロハ、釣り人、花屋、カフェのウェイター、カレンさんの奴隷、よく死ぬ人、ワンちゃん、色々な要素がありますね」

凛「あと、女たらしよね。ナンパとかしちゃうし」

イリヤ「むー、やっぱり良いと思うんだけどなぁ、『百戦錬磨の負け犬!』」 

28 :S-River:2012/10/15(月) 12:20:06 ID:903aumH2
士郎「まぁ、百戦錬磨の腕を持ちながら勝てないってところがランサーらしいよな」

凛「そうね。まぁランサーはこれでいいでしょ、問題は綺礼よね」

桜「綺礼さんは……、『愉悦ワイン』でどうでしょう」

士郎「ぶふっ」

凛「もうひと押し欲しいわね」

イリヤ「愉悦……愉悦……」 

29 :S-River:2012/10/15(月) 12:20:27 ID:903aumH2
セイバー「では、『愉悦マーボー』というのは?」

凛「そういやアイツ超辛党だったわね」

士郎「うっ、なんか嫌な記憶が……」

桜「『愉悦エクソシスト』でどうでしょう」

凛「ねぇ、絶対その愉悦ってつけないとダメ?」

イリヤ「はーい! 『愉悦○○野郎!』」

凛「そのびっくりマークまであだ名に含めていいのかしら」 

30 :S-River:2012/10/15(月) 12:20:43 ID:903aumH2
桜「ていうか、もうただの悪口な気が……」

セイバー「しかし、何やらしっくりきますね」

士郎「うん、言いやすいしな」

桜「じゃあ親子つながりで、カレンさんのあだ名のほうもチャチャっと決めちゃいますか」

凛「え? 『はいてない子』って公式じゃないの?」 

31 :S-River:2012/10/15(月) 12:21:01 ID:903aumH2
士郎「ありゃ最初見たときは本当にびっくりしたなぁ」

凛「とか言いつつ鼻の下を伸ばしていた衛宮君なのでした」

士郎「な、なんでさっ! 不可抗力だろ!」

イリヤ「あはは、シロウの○○○ー!」

士郎「こ、こらイリヤまで」

桜「えへへ、せんぱい? 『ポッと出の○○』というのはどうでしょう」 

32 :S-River:2012/10/15(月) 12:21:24 ID:903aumH2
凛「私怨こもりまくりね」

イリヤ「『Sに見せかけて実はM』」

凛「あー、なんかリアルだからやめてそれ」

セイバー「むむ……、私には難しい話のようです」 

33 :S-River:2012/10/15(月) 12:21:41 ID:903aumH2
イリヤ「まぁ、ここは従来通り『はいてない子』でいいわよね、決定ー! バゼットはどうする?」

凛「バゼットねぇ……『男女』とか言っちゃうと、小学生男子のおふざけレベルだし」

桜「不器用そうですよね、バゼットさん」

士郎「バゼットねぇ……まぁ、アレで可愛いところはあるんだけどな」 

34 :S-River:2012/10/15(月) 12:22:08 ID:903aumH2
凛「へぇー」

桜「へー」

士郎「わぁ、つめたい目ー」

イリヤ「『Mに見せかけて実はS』」

凛「いや、そのシリーズはもういいから」

END