1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 22:19:41.89 ID:pDkrpgRDO
「お、お兄ちゃん……こんなのは……」

―首輪をかけられて、四足は枷を着用

―一歩ずつしか歩けないでいる少女がそこにいる

「もう……こんな恰好……やだ……」

―夜の散歩に相応しい装い

―それは全裸である

「ね、ねぇ……今ならまだ……桃子、誰にも言わないから……」

ジャリ

「きゃっ……うぅ、引っ張らないでぇ」

―少女の哀願を無視して首輪に付けられた鎖を引っ張る男





―かつてプロデューサーと呼ばれた男であった



~~~~ペラリ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1541596781

引用元: 【ミリマス】薄い本大好き! 


THE IDOLM@STER MILLION LIVE! THEATER DAYS Brand New Song(1) (REXコミックス)
ima 原作:バンダイナムコエンターテインメント
一迅社 (2018-10-31)
売り上げランキング: 4,036
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 22:22:47.52 ID:pDkrpgRDO
桃子「な……桃子がこんな」ドキドキ

桃子「はぅっ!あんなの入らないよ……」ビクッ

コンコン

桃子「うぅ……お兄ちゃんって●●●なんだ……」

コンコン

桃子「桃子もいつかは……」



ガチャ

ミリP(以下P)「おーい、桃子ーっ!」

桃子「うっひゃあー!」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 22:26:45.22 ID:pDkrpgRDO
P「なんだ、いたんだ」

桃子「お、お兄ちゃん!?……レディの部屋へ入るときはノックぐらいしなさいよ!」

P「二回はしたけど、返事がなかったからいないと思った……ん?その本……」

桃子「え……あ、あぁぁ……」

P「桃子?」

桃子「……」

~~~~ホワンホワン

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 22:31:51.73 ID:pDkrpgRDO
~~~~

P「こんな●●●な本を読むなんて、桃子は●●●だな」

桃子「●、●●●じゃないもん!」

P「なら、なんでこの本をノックが聞こえなくなるぐらい夢中になって読んでいたんだ?」

桃子「それは……その……」

P「正直に言えば……まぁおしおき程度で済ましてあげようか」

桃子「い……言わなかったら?」





P「この本みたいにしてやろうか?」ギラリ

桃子「っ!」トゥンク

桃子「……はい、桃子の……桃子の○○○○の中に、お兄ちゃんの○○○○を入れて、桃子を○○○になるぐらい無茶苦茶にして!!」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 22:37:03.22 ID:pDkrpgRDO
~~~~

桃子(な、なんてことに)グヘヘ

桃子(よ、よし……)

P「どうした?」



桃子「お兄ちゃんがぁ、お兄ちゃんが怖いよぉ!」ガタガタ

P「誤解だから!誤解だから!」

桃子「お兄ちゃんに犯されるぅ!」ブルブル

P「やめて!」



桃子(って……間違えたぁ!!)

~~~~ペラリ

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 22:42:21.79 ID:pDkrpgRDO
~~~~

P「……なるほど、こんな本もあるんだな」ペラペラ

未来「えへへ~」

P「しかしなぁ、お前はまだ14歳だろ。こんな本をどこで手に入れたんだ?」

未来「あ、それは冒頭の桃子ちゃんの全裸以外は健全だから、普通に私でも買えるよ」

未来「それに、謎の光で見えないようになってるし」

P「そういう問題じゃないんだがな……」

P「とりあえず劇場にこういうのを持ってこないこと」

P「……桃子は当然として、星梨花や育。あと静香や志保に可奈に見られたらどうするんだ」

未来「それは……アミー共に戦い方を教育してあげます!」

P「一等自営業か!」ポカッ

未来「痛っ!」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/07(水) 22:46:30.36 ID:pDkrpgRDO
未来「もう~、女の子の頭を撲たないでくださいよ」

P「今回、悪いのはどちらだ?」

未来「スミマセン」



P「まったく……どこのどいつだ、こんなのを書くのは?」ペラリ

P「奥付は……印刷あゆまりん書房、発行はさいれんとこあ、執筆者はりとる☆ばーど?」

P「りとる☆ばーど……」

P「小さい鳥の、サイレントは音が無い……」



P「あ」

~Fin