1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 20:14:21.56 ID:MxzpFKoT0
美希「あふぅ。皆おはようなのー」ガチャ

春香「おはよう。随分ギリギリだったね」

律子「あ、美希来たの? 良かった、これで全員揃ったわね」

真「久々に皆揃ってテレビかぁ」

雪歩「ライブとかでは一緒だけど、こういう仕事では珍しいね」

響「最近は皆売れてきてるから仕方ないさー」

亜美「おかげで休むヒマもないのはどーかと思うなー」

伊織「特に律子は……ま、何言っても今は聞かないんでしょうね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1394795661

引用元: P「ホワイトパーティ」 



2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 20:16:09.12 ID:MxzpFKoT0
真美「でもさ、皆一緒なのはやっぱ嬉しいよね」

やよい「何だかいつもより張り切っちゃいます!」

律子「プロデューサー、何してるんです? 皆揃ったみたいなので早く行きましょう」

P「悪い。仕事っていうのウソなんだ……だから慌てなくていい」

千早「はい?」

貴音「貴方様、嘘とは……どういう事でしょう?」

P「その仕事は架空のものだから実際には何も無いって意味」

あずさ「という事は、今日は?」

P「何にも予定はないな。だから全員休みだ」

3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 20:19:07.23 ID:MxzpFKoT0
伊織「あ、あああアンタねぇ! 何しれっと言ってるのよ!」

律子「どういう事ですか! 説明してください!」

小鳥「あのー、私も全く初耳なんですけど」

P「すまない。皆には本当に申し訳ないと思ってる。ただ、これは社長も同意してくれた話なんだ」

春香「社長も? えぇと、話がよく分からないんですけど」

P「さっき、亜美が言ってたろ。最近休む暇がないって」

亜美「言ったね」

P「それでもアイドルたちは俺や律子が調整してるが……その律子はどうなんだ?」

律子「私は大丈夫です」

P「それこそウソだろ。ついでに俺や小鳥さんも同じだ。このままじゃいつか倒れる」

4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 20:21:00.12 ID:MxzpFKoT0
P「今が忙しい時期だって事は承知してるが、だからこそ休みが必要なんだよ」

小鳥「つまり、プロデューサーさんは無理やり休みを作るために、社長と一計を案じたと?」

P「そうです。律子は普通に休めって言って聞くタマじゃないからな」

律子「だからといって、こんなやり方は……」

P「それについては、さっきも言ったが申し訳ないと思ってる。結果的に、他の皆を巻き込むやり方だったからな」

P「……だから、というわけじゃないんだがこんなものを用意してみた」サッ

響「こんなものって……こ、これは!?」

貴音「なんと、山のようなお菓子が……これは夢か幻でしょうか」

P「今日はホワイトデーだろ。ホントは個別にお返ししようと思ったんだが、一個一個作りすぎてさ」

千早「これは、作りすぎというレベルではないと思うんですが」

真美「パッと見ただけでも30人分はあるじゃん。多過ぎってレベルじゃないYO!」

5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 20:23:19.92 ID:MxzpFKoT0
P「ちょっとしたパーティみたいだろ。当然カロリー控えめに作ってあるから、皆食べてくれないか」

真「まとめると、結局プロデューサーはパーティがしたかったって事ですか?」

雪歩「そうなんですか?」

P「ま、ぶっちゃけな」

律子「……はぁ」

P「そう考え込むなよ。俺はパーティしたかった。ついでに律子を休ませられれば一石二鳥だった。そんだけなんだから」

律子「もう、こうなったら諦めますけど……今度からはちゃんと事前に言ってくださいよ」

P「あぁ。約束する」

貴音「では?」

春香「せっかくなので、頂いちゃいましょう!」

アイドル一同「おぉー!」

6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 20:25:04.29 ID:MxzpFKoT0
小鳥「……あのー、私は?」

P「もちろん、小鳥さんも。今日は楽しんでください」

小鳥「では、ありがたく頂きますね!」

真「とはいえ、この量は……」

雪歩「どこに何があるのか見回すだけで大変ですぅ」

千早「……この丸いのはチョコですか?」

あずさ「小さくて食べやすそうね~」

亜美「んん? それ、亜美たちがバレンタインで上げたのに似てるね」

真美「っていうか、ほぼ一緒じゃん」

P「あぁ、確かにそれは元々亜美たちへのお返しに作ってたやつだ」

7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 20:27:08.54 ID:MxzpFKoT0
美希「このチョコだけで100個は超えてるの」

律子「いくら一口サイズとはいえ……本当に作りすぎですよ」

P「だから皆で食べて欲しいんだよ」

春香「それじゃ、頂きますね」

千早「では私も」

貴音「私も頂きま……はて、亜美や真美は食べないのですか?」

響「亜美も真美も、せっかくなんだし二人が一番に食べていいと思うぞ」

亜美「……いやぁ~、先月のにーちゃんの事を思うとさー」

真美「ちょっとエンリョしちゃうよね」

伊織「……あんたたち、何したのよ」

8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 20:29:41.81 ID:MxzpFKoT0
やよい「プロデューサー、何があったんですか?」

P「なぁに、ちょっと丸ごと入ってた唐辛子が目に沁みただけだよ」

美希「二人ともハニーに何してるの!?」

亜美「ちょっとしたジョークだよー」

真美「っていうか、一つだけで他はフツーだったし!」

真「ちょっと待って。じゃ、これって……」

律子「まさか。仮にも私たちにも食べてもらおうってモノにそんな……ですよね、プロデューサー?」

P「はっはっは」

雪歩「な、何で笑ってるんですかぁ!?」

9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 20:32:55.32 ID:MxzpFKoT0
美希「こうなったら、春香! リアクション女王の出番なの!」

春香「それ、いつから呼ばれてたの!? ……まぁ、いいけど。頂きまーす」パクッ

あずさ「……春香ちゃん、どう?」

春香「……ん? んん? 甘いけど……これって羊羹?」

P「あぁ、それもあるな」

春香「表面がコーティングしてあって分からなかったけど……これはこれで美味しいです」

貴音「では私も……ふむ、これは餡子ですね」モグモグ

千早「……これはココア味みたい。……もしかして」モグ

P「おう。全部違う味になってるぞ」

真「へぇー面白いですね……あ、これ抹茶だ」

10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 20:34:18.58 ID:MxzpFKoT0
P「最初は全部茶色のもので統一しようと思ったんだが、途中でネタ切れしてな。表面だけ同じにした」

小鳥「何が出るかお楽しみってやつですね……これは、バナナですね」

伊織「オレンジ味も中々ね……ん? やよい、食べないの」

やよい「そうじゃないけど、持ち帰りとかできないかなーって」

P「やよい、そこら辺は気にしなくていいぞ。高槻家には別個で送ってある」

やよい「えっ」

P「やよいだけから貰ったわけじゃないからな。呼び方の都合でやよいしか呼べなかったが、ちゃんとお返しはしてあるよ」

やよい「そうなんですか。プロデューサー、ありがとうございます」

P「お礼を言われる事じゃないさ。さ、やよいも遠慮せずに食べてくれ」

やよい「はいっ!」

11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 20:35:55.83 ID:MxzpFKoT0
雪歩「他にはなにが……あ、可愛い。こっちの方にあるのは和菓子ですか?」

貴音「確かに。これは、雪うさぎの形をしていますね」

P「おっ、気付いたか。その辺は和菓子シリーズだ。雪歩のお茶に合うものをって考えて作ってみた」

伊織「……今更だけど、これ全部手作りなのよね」

P「ん? ああ、全部俺が作ったけど」

春香「……プロデューサー、私よりお菓子作り上手じゃないかな」

千早「そんな事はないわ。春香のお菓子も凄く美味しいもの」

P「千早の言うとおりだ。大体、俺は毎日のように作る事なんてできないからな。今日が特別だよ」

律子「一体いつこれだけ作る時間があったのか気になるんですが」

P「気にするなよ。それより、和菓子も結構自信作なんだ」

12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 20:38:38.66 ID:MxzpFKoT0
真「ここは雪歩が最初に食べるべきじゃないかな」

雪歩「そ、それじゃこの雪うさぎのを頂きますぅ」ハムッ

雪歩「……あ、これ上品な甘さですね。優しい味ですぅ」

春香「私は桜の形をしたものを……なんたって、春香ですからね。春香」

亜美「はるるん、それあんまり上手くないよー」

真美「どっちかっていうと冬が来たって感じ」

春香「ひ、ひどい……でも美味しい~♪」

千早「見た目が綺麗だから、ちょっと食べるのに気が引けますけど」

P「まぁ、和菓子だからな。見た目も拘らないと。でも、せっかくだから食べてくれよ」

千早「はい……ん、いいですね」

13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 20:41:19.62 ID:MxzpFKoT0
あずさ「伊織ちゃんもどうかしら……伊織ちゃん?」

伊織「…………」

響「どうしたんだ?」

貴音「はて。視線の先にあるもの……真っ黒ですね」

やよい「このケーキ、焦げてるんですか?」

亜美「ちょっ、にーちゃんこっそり失敗作で水増ししたね!」

真美「でも、なんでいおりんはそれをじーっと見てんの?」

P「あぁ、それは伊織へのお返しで作ったやつだよ」

あずさ「えっ」

14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 20:43:55.86 ID:MxzpFKoT0
伊織「……やっぱりね」

律子「ちょ、ちょっと! どういうつもりなんです!?」

伊織「私がアンタに焦げたチョコ渡したから……それのあてつけでしょ」

響「プロデューサー、これは幾らなんでも酷いと思うぞ」

美希「ハニー……理由があるんだよね? そうだよね?」

貴音「貴方様……どういう意図でこのような事を?」

P「……なぁ、伊織。何も言わずにそれ、食べてみてくれないか」

伊織「ふん。……いいわよ、別に」パクッ

春香「あっ、ダ、ダメだよ。プロデューサーさんも、何で止めないんです!?」

P「……」

15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 20:47:16.44 ID:MxzpFKoT0
伊織「……美味しい」

小鳥「えっ?」

伊織「これ、トゥルトー・フロマージュね」

真「と、トゥル……?」

律子「確か、フランスのチーズケーキだったような」

P「そう。表面をわざと焦がすお菓子だ。焦げ自体はそこまで美味くないと思うが、ケーキとしては美味いだろう?」

伊織「私のとは違ってね」

P「それは違う。伊織から貰ったチョコ、凄く美味しかった」

伊織「そんなわけないでしょ。私だって、市販品にした方が良かったって後悔してるんだからっ!」

P「それでも、嬉しかったんだよ。伊織の気持ちも、手作りのチョコも」

16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 20:48:48.20 ID:MxzpFKoT0
P「だから伊織にも同じ気持ちを伝えたかった。伊織のチョコがどんだけ美味かったかって事を、このケーキで」

P「伊織、さっき美味いって言ってくれたよな? それはお世辞か?」

伊織「そんなわけっ……ないでしょ」

P「俺も一緒だ」

伊織「……」

やよい「……伊織ちゃん、プロデューサーはウソなんてつかないよ。伊織ちゃんも分かってるでしょ?」

伊織「……うん」

亜美(今日皆を集めるのに、思いっきりウソついてたけど)

真美(さすがにここでツッコむほど真美たちは空気読まなくないYO)

17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 20:50:46.47 ID:MxzpFKoT0
春香「えーっと、これは雨降って地固まるってやつかな?」

千早「それでいいんじゃないかしら」

伊織「全く……ずっと気にしてたのがバカみたい。やよいもどう? これ、美味しいわよ」

やよい「うん! それじゃ、あーん」

伊織「えっ……はい、あーん」

やよい「えへへっ、ほんとにおいしいね」

あずさ「良かったわ~」

亜美「それにしても……」モグモグ

真美「けっこー食べてるのに全然減らないね」ムシャムシャ

響「一体どれだけあるんだろうな」パクパク

美希「……ねぇ、ハニー。このケーキ、なんでこんな形なの?」

18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 20:53:11.81 ID:MxzpFKoT0
春香「何か気になるケーキでも……うん、実に妙な形だね」

千早「妙って……ケーキに妙も何も……プロデューサー、何ですかこれ」

P「何って、Pケーキ」

小鳥「パンケーキですか?」

P「いえ。ですからPケーキです。ほら、Pの形してるでしょ」

真「うん、だから凄く奇妙なんだよね」

雪歩「なんでこんな形にしたんですか?」

P「プロデューサーである俺が作ったからな、頭文字を取ってPにした」

律子「それだけの理由ですか? こんな形……作るの大変だったでしょうに」

響「気になるんだけど、これは元々誰へのお返しだったんだ?」

19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 20:55:49.00 ID:MxzpFKoT0
小鳥「……はっ」

P「小鳥さんだよ」

亜美「ピヨちゃんに?」

真美「ピヨちゃん、どんなチョコ上げたの?」

小鳥「え、えっと~、な、なんだったかしら~」

あずさ「?? 覚えてないんですか?」

貴音「私には動揺しているように見えますが」

P「忘れたんですか? ヒヨコ型のチョコですよ」

やよい「何だか可愛い感じですね」

伊織「ふぅん、ヒヨコね……ヒヨコ?」

20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 20:58:00.54 ID:MxzpFKoT0
P「小鳥さんの名前をとって、ヒヨコだったんですよね。その洒落っ気に返そうと思ったらこうなったんですよ」

小鳥「へ、へぇ~、先月の私ったらそんなものを……」

律子「……まさかとは思いますけど、私を食べて、なんてメッセージがあったり……」

小鳥「ギクッ!?」

春香「ギクって言ったよ。ギクって」

千早「……そこまで動揺しなければ、ただの洒落で済んだでしょうに」

あずさ「でも、プロデューサーさんには届かなかったのね~」

亜美「にーちゃんだもん」

真美「ちかたないよ」

小鳥「ピヨォォ」

21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 21:00:24.13 ID:MxzpFKoT0
P「製作で苦労したのはやっぱこの棒の部分で…………ん? お前ら、何を話してるんだ?」

美希「別に何でもないの」

P「そうか? ま、作り方の話なんてつまんないか」

真「あはは……それにしても、平和だなぁ」

雪歩「そうだね……あれ、でも何か忘れてるような」

美希「?? 別に何も忘れてないよ?」

律子「……たまにはこういうのもいいのかもね」

22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/14(金) 21:02:08.10 ID:MxzpFKoT0
黒井「で、お前は事務所にいなくていいのか」

高木「私の役目は材料費を半分負担したところで終わったよ」

黒井「それでいいのか」

高木「私はどちらかといえばお邪魔虫だろうしねぇ」

黒井「ふん。それがお前の優しさ……やり方だとでも?」

高木「ウィ」

黒井「人の口癖を取るなっ」


終わり