1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/23(金) 21:59:33 ID:GpZP122o
幼「男~遊ぼっ」フリフリ

男「今、忙しいんだよな」 

幼「横になって、おしりかいてるのは、暇なんじゃないのかな」

男「こう見えて、日本の未来に、思いを馳せているのさ」ポリポリ

幼「私の退屈にも、思いを馳せてほしいよっ」プー 


幼なじみになじみたい 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
新挑 限
KADOKAWA (2018-08-22)
売り上げランキング: 14,780
6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/23(金) 23:15:06 ID:GpZP122o
男「はいんな」クイッ 

幼「おじゃましまーす♪」 

男「とりあえず緑茶でいいか?」コポコポ

幼「ありがとー」

男「…」イジリイジリ

幼「おまんじゅう、おいしー」パクッ

男「…!」イジリイジリ

幼「なにしてるの?」キョトン

男「…茶柱、立ててんだよ」グイグイ

幼「…それ自分でやっちゃ、駄目なんじゃ」

男「」イジリイジリ 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/23(金) 23:32:59 ID:GpZP122o
幼「男のお部屋って、いつもきれいだよね。物多いのに、えらいね」

男「…幼がくるからな」ボソ

幼「なんか、とってもいい匂いするよね。ふしぎ」

男「…アロマ焚いてるからさ」ボソ

幼「おいてるまんがも面白いし」

男「…好みはリサーチ済みだし」ボソ

幼「住みたくなっちゃうなぁ」ニコニコ

男「な、何いってんだよっ!!」プンプンニコニコ

幼「…何で、複雑な顔して起こってるの?」

男「」ジタバタ 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/23(金) 23:51:30 ID:GpZP122o
男「幼、DVD見ようぜ」

幼「…それ怖いやつじゃん…。私、ほん怖すらみれないのに…」

幼「やーっ」ジワッ

男「ちょっとでいいんだ。一話分。怖いの見たい気分なんだ」

男「…俺も側にいるし」

幼「…ちょっとだよ」グスッ 

男「…怖いDVD見てたら、幼が抱きついてきた作戦開始」ニヤリ

……

DVD「バアアアッ!!」
幼「きゃああっ!?」ブンドゴン

男「ぐっ!?」ガッ

幼「…男、どうして倒れてるの?」

男「…あごが」キュ~ 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/24(土) 13:23:32 ID:AgOmANh2
男「なぁ、幼」

幼「なあに?」ゴロゴロ
男「すごいくつろいでんな…。一応、俺の部屋だよ…」

幼「幼稚園から高校まで通ってる部屋だもん♪」ニコニコ 

幼「えへへ~、落ち着く~」ゴロゴロ

男(ふふっ)ニコ

男(…スカートに気をつけてほしい)

幼「男~、クッション取って~」ニコニコ

男「ほい」ポイッ

幼「届いてないよ、おとこぉ~」ジタバタ

幼「も~」ジタバタ

男(…やべえ、なんか、和んだ)

幼「クッション取れたぁ」モゾモゾ ギュッ 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/24(土) 14:03:26 ID:AgOmANh2
幼「とうっ!」ポスッ

男「…ナチュラルに俺のベッドでゴロゴロかい」

幼「♪」ゴロゴロ

幼「このマンガ面白い~」クスッ

男(…ベッドにいい匂いがついたら、夜寝られなっちゃう)モンモン

幼「それにしても、男の本棚って、オマケ付きの本多いねぇ」

幼「それに、創刊号ばっかり。ホント飽きやすいんだから」クスッ

男「悪かったね」ブスッ

男「…まあ、絶対飽きないものもあるんだが」ボソ

男「…」ジーッ 

幼「なぁに?」クビクィッ 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/24(土) 14:22:16 ID:AgOmANh2
幼「飽きたたほうがいいものもあるよね。」クスッ

男「うん?」

幼「…万物を創造する左手。」キリッ

男「…?」

幼「…陰に住まう鬼神」バーン

男「…!?」

幼「…奇跡管理機構」カッ

男「よせっ!やめろ!!」

幼「…中1から、中2病、重症すぎだよ、男…。早くおさまってよかったね」

男「!」ジタバタジタバタ
幼「ジタバタしてる男、かわいい」クスッ

幼「…ふふっ、…わたしにだけ、そういう設定、教えてくれたんだよね…」ボソ 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/24(土) 16:47:20 ID:AgOmANh2
男(クッション、だっこしてるの、かわいいな…)

幼「♪」ギュー 

男(沈黙が苦にならないな)ニコ

幼「」(マンガ読んでます)

男「…」ニコ

幼「…なぁに?」

男「…なんでも」

幼「」グーッ

男「ぷっ!」

幼「いまの私じゃないよっ!」カァッ

男「…そろそろ、昼ご飯食べるか…」ニコ

幼「私じゃないもんっ!食いしんぼ違うっ!!」

男「いっぱい作ろううね?」

幼「もぉー!」

男(…微笑ましいな) 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/24(土) 17:21:38 ID:AgOmANh2
男「…」ジーッ

幼「」

男「えいっ!」

幼「ふぁっ!!」

幼「わき腹、つつかないでよぉ!男~!」

男「悪い、悪い」

幼「もぉ~」

幼「…」

幼「とおっ!」

男「があっ!!」

男「…おい」

幼「えへへ、ごめんね」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/24(土) 17:30:24 ID:AgOmANh2
男「…」

男「ていっ!」

幼「にゃっ!」

幼「男~!またぁっ!?」

男「…すまん」

幼「もぉ~、やめてよねっ」

幼「…」

幼「えいっ!」

男「ぎあっ!!」

男「…わき腹って敏感なんだな」

幼「…ごめんね」

男幼「……」

男「…ご飯用意しようか」

幼「うん」 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/24(土) 20:13:57 ID:AgOmANh2
幼「エプロンど~お?男っ」クルッ 

男「似合ってるな」

幼「ねえ、なんで私の分のエプロンがあるの?」 

男「…おかんが買ってきたんだよ」

幼「…ふーん」

男「さっ、作ろうか」

男(…よく来るから、俺が用意したんだけどね) 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/24(土) 20:29:58 ID:AgOmANh2
幼「そういえば、エプロンと言えば、新婚さんだよね」

男「…まあ、そうだな」

男(…いきなり、何言い出すんだ…)

幼「…」カァッ

幼「え、エプロンで思い出したんだけどね」

幼「…あとね、か、割烹着」

男「うん?」

幼「…き、給食の時、小学校の頃のさ」

男(急に話題を変えたな、…なんか、しどろもどろだし)

幼「着てたよね」

男「うん」 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/24(土) 20:48:56 ID:AgOmANh2
幼「割烹着、普段、着ないよねぇ」

男「うん」

男「持って帰って、洗濯するんだよな、あれ」

幼「忘れがちだよね」

男「給食袋なんてのもあったな」

男「ランチョンマット入れて持っていくんだよな」

幼「…なんか懐かしくなっちゃう…」

男「…給食の甘いカレー」

幼「家じゃ、作れないんだよ、あれ。市販のルーじゃダメなのかなぁ…」

男「きな粉あげぱんとか…」

幼「残るとジャンケンだったよね、プリンもだけど」

男「…俺、勝ったことないや、ジャンケン」 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/24(土) 21:01:09 ID:AgOmANh2
幼「わたしあるよ♪」

男「幼、昔っから、運いいからなぁ」

幼「まあねっ」ニコ

幼「私はいつも幸せだよ」ニコニコ

幼「今だってね」クスッ チラッ

男「…なんだ?」

幼「給食、男は食べるの早かったよね」

幼「走るの遅いのに」クスッ

男「うっせ」 

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/24(土) 21:17:25 ID:AgOmANh2
男「幼も遅いじゃんか」

幼「私はいいんだよ、おそくても…」

幼「男がかわりに、走ってくれるって言ったじゃない」

幼「私が困ってたらって…」

男「小1のときか…」
幼「…ちゃんと覚えててくれるんだ」

男「…忘れないって」

幼「…そろそろでき
るよ、ご飯」

男「食おうか。時間かかりすぎ」

幼「私たち、雑談してばっかりだもん」

男「楽しいから、いいじゃんか」

幼「うん」 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/24(土) 21:32:13 ID:AgOmANh2
男「テレビ、見ながら食べようぜ」パクッ

幼「うん」パクッ

幼「あっ、ペット特集だ」ニコニコ

男「幼ペット好きだもんな」

男「まあ、幼自身がペットみたいなもんか」クスッ

幼「男~、怒るよっ!」

男「ちまっこくて、小動物みたいだし」

幼「そんな小さくないもん!背は低くないしっ!」

男「…少しスレンダーなだけだよな」

幼「セリフ取らないでよっ!」

幼「しかもバカにしてる~!」

男「そんな怒るなよ」

幼「」(怒) 

31 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/24(土) 23:33:21 ID:AgOmANh2
テレビ ペット特集

幼「えへへっ。ネコちゃんかわいい~」

男「…」ジーッ

幼「どうしたの?男」ニコニコ 

男「…いや、幼もかわいいなって…」

男(しまった!何言ってんだ俺…)

幼「…」

幼「ふふっ…、じゃあ」

幼「にゃー、なんちゃって」

幼「にゃーにゃー」

(詰め寄る幼)

男「おい!?なんだよ!」

幼「ふにゃーん」スリスリ 

男「…」(汗) 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/24(土) 23:48:44 ID:AgOmANh2
男(…どうしょう、てか、いい匂いする)
幼「ふにゃ」スリスリ

幼「にゃん、にゃーにゃー」スリスリ

男「…」ナデナデ 

幼「にゃふぁ、ふわっ…ふぇ」

男「」ナデナデ 

幼「ふぇ、ふぁっ…はわっ、ふぅ…」

男(かわええ、いい匂いするし…)ナデナデ
幼(ふぁ…ふ、ふぇぇっ…)トローン 

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/24(土) 23:58:30 ID:AgOmANh2
男「…幼の髪、綺麗だな」ナデナデ

幼「ふぇ、えへへ」スリスリ

男「スゴイ、さらさらしてるし」ナデナデ

男(甘い匂いするし)
幼「ふふっ、肩までの長さでも、お手入れに気をつけてるんだよ」

幼「気づいてもらえて、うれしいな」ニコ 

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/25(日) 00:08:02 ID:xerO541A
幼「…男、どうして女の子が髪のお手入れ頑張るか、わかる?」

男「」 

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/25(日) 12:41:26 ID:xerO541A
男「…」

幼「…」 

39 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/25(日) 12:44:13 ID:xerO541A
男「…」

幼「…」 

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/25(日) 12:53:23 ID:xerO541A
(電話、ジリリリリン)

幼「…でるの」

男「あっ、うん」

男「…はい、もしもし」

男「…すみません、うちは○○じゃないんです…」

幼「…」

幼「…まあ、乙女にはいろいろあるんだよ」 

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/25(日) 13:21:01 ID:xerO541A
幼「ご飯、おいしかったねっ」ニコ

男「ああっ、ナポリタン上手くできてよかったな」 

幼「ふふっ、そだね」

幼「男、お口汚れてるよ」フキフキ

男(…顔近い…)

幼「取れたよっ」ニコッ 
男「…」カァッ

幼「食器、片づけようね」

男(恥ずかしげもなく、そういう事するんだよ、昔っから)

幼「♪」

男(…今日は、顔の赤みがなかなか引かない、…なんで?)

男(こんなの、よくあることなのに)

男(幼の顔が、見れない…)

幼「…どうしたの?」 

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/25(日) 14:44:29 ID:xerO541A
幼「少し、ゆっくりしょっか」

男「ずっとゆっくりしてるじゃん」

幼「もっとなの!」

幼「最近、つかれてるんだよ」フー

男「なに、疲れるんだよ」

男「幼、部活とかしてないじゃん」

幼「それでもつかれるの」

幼「男とのリフレッシュたいむが、大事なのっ」

男「そうかい。でも毎日、そう言ってるよな」

幼「事実だもん」

男「…そっか」

男「…お茶でも飲むか?」

幼「うんっ、飲むっ!」 

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/25(日) 15:31:12 ID:xerO541A
男「コーヒーな」

幼「もちろん、ブラックで」キリッ 

男「砂糖3つ、ミルク2つだろ、甘党め」

幼「言ってみただけ」ニコ 

幼「男は砂糖2つで、ミルクは1つだよね」

男「うん。ありがとう」

幼「あったかいねえ」ニコッ

男「うん、あったかいな…」 

44 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/25(日) 15:48:16 ID:xerO541A
……

男「寝てたか…」

男「コタツの魔力、侮れないな」

男「」チラッ 

幼「…」スヤスヤ 

幼「…ふふっ」 

男(ほっぺ、突っついてみたり…)ツン

幼「ふにゃ…」

男「楽しいな…」ツン

幼「ふぇ…」

男「…次はナデナデ」ナデナデ

幼「えへっ、えへへぇ…」

男「緩みきってる」
ナデナデ

幼「ふわっ、ふふっ…」スヤスヤ

男「…こんなことばっかしてるな、今日は…」 

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/25(日) 18:49:44 ID:xerO541A
幼「…ふぁぁ…」

男「」ピコピコ

幼「…ゲーム?何の…?」

男「…起きたか、RPGだけど」ピコピコ

幼「ふーん」

男「そういえば、幼がRPGするときは、よく、レベル上げをさせられたな…」

幼「今は自分でしてるよ。レベル上げも楽しいって、思えるようになったんだよね」

幼「私が男の為に、レベル上げしたこともあるし」

男「そうだな」

男「何でも協力しあうって、約束したからな」

幼「ゲームで大げさだなぁ」

幼「まぁ、そうなんだけどね」 

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/25(日) 18:59:55 ID:xerO541A
幼「いっしょにゲームするの、楽しいよね」ニコッ

幼「またやろうね。RPGとか、パーティーゲームとか、レースとか色々」

男「うん」

幼「…ゲームもいいけど、ちょっと外に行かない?」

幼「散歩しよ?」

男「いいよ、いこっ」 

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/25(日) 19:04:51 ID:xerO541A
幼「寒いね~」

男「大丈夫か?」

男「ほら、カイロやるよ」

幼「ありがとっ!」

幼「あったかぁい」ニコニコ

男「ふふ」ニコ 

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/25(日) 20:06:46 ID:xerO541A
幼「♪」

男「路肩の縁石に乗って歩いたら、危ないぞ」

男「幼はとても高一に見えないな、子供みたい」

幼「それは、私が若々しいってことよね♪」

男「…幼のプラス思考は時々、うらやましくなるよ」

幼「そうでしょ」

幼「…それに」

幼「男だって乗ってるじゃん」

男「」

幼「なんでかやっちゃうよね、それ」

男「…確かに」 

49 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/25(日) 23:00:07 ID:xerO541A
(ぶらぶら散歩する二人)

男「…」

幼「…この道、小学校の頃の通学路だね」

男「…そうだな。桜がスゴい咲くんだよな」

幼「キレイだよね。そこの公園、桜よく見えるから、お花見に来る人も多いんだよね」

男「俺らも、何回も行ったよな」

幼「私の家族と、男の家族でね」

幼「お弁当もって、あの木の下で食べたよね」

男「うん、あのでかい木だ」 

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/25(日) 23:20:44 ID:xerO541A
幼「小学校四年のお花見のとき、私のお弁当のササミしそ揚げ、勝手に食べたよね」

男「…なんで覚えてんだよ、そんなこと」

幼「食べ物のウラミは怖いんだよ。」

幼「バツとして、私にあんまんを奢りなさい」

男「幼が食べたいだけだろう」

幼「あのとき、オカズ交換って言って、私をだましたよね」

幼「男はそうやって私から、オカズを何回もうばったんだよっ!」

幼「家のご飯でも、お弁当でもっ!」

幼「忘れないもん!!」

男「…わかったよ」 

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/25(日) 23:31:40 ID:xerO541A
男(なんでそんなに、記憶力がムダにいいんだ…)

男(勉強には、全く活用されないのに)

幼「高校じゃ、私がお弁当、よく作ってるんだし、いいよね」

男「弁当は俺も作ってるんだけどね」

幼「それとこれとは、別なのっ!」

幼「…おいしいし、感謝してるんだけどね」ボソ 

幼「それでは、コンビニへゴー!」

男「…おー…」 

54 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/26(月) 00:39:18 ID:8xBZNiaA
幼「あんまん、にくまん♪」

男「なんだ、その歌?」

幼「中華まんのうた」ニコ

幼「ピザまん、ちょこまん、カレーまん♪」

男「子供みたい…」

男「…俺まで、腹へってきた」 

55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/26(月) 15:46:45 ID:8xBZNiaA
イラッシャイマセー 

男「コンビニの匂いって、独特だよな」

幼「色々混ざっちゃってるよね、なんか落ち着くけど」

幼「何にしょうかなー」ニコニコ

幼「男も食べるよね?」

男「うん」

幼「じゃあねっ!」

幼「…あんまん二つ、にくまん二つ、後、ちょこまん一つくださいな~」

店員「……はい」

男「随分、食べるな…」

男「幼、テンション高いな…」クスッ

幼「まあね♪」

幼「近くの公園でたべよっ!」ニコ

男「ああ」ニコ 

56 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/26(月) 15:52:37 ID:8xBZNiaA
アリガトウゴザイマシター

幼「いこっ」ニコニコ

男「あんまり走ると、こけるぞ」ニコニコ

幼「平気だもん、…えへへっ」タタッ

店員「…」

店員「さびしいな、なんでだろ…」 

57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/26(月) 16:07:06 ID:8xBZNiaA
男「…ここ、俺たちが通ってた幼稚園の近くの、公園だね」

幼「ここに来たかったの…」

幼「懐かしいでしょ?…そこの砂場でお城よく、作ったよね」

幼「…男、ノイシュバンシュタイン城とか、名前つけてたでしょ」

幼「カッコつけすぎ」クスッ 

男「幼だって、ブランコで、私は風になるとか叫んでただろ」クスッ 

幼「若気の至り…だよ」ニコ

幼「…私たち、面白すぎだね」ニコニコ 

男「全くだよ」ニコニコ 

58 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/26(月) 16:22:48 ID:8xBZNiaA
男「…まあ、ふたりでいたから、楽しいんだよな」

男「何でもないことでも、すごく嬉しいんだよ。幼といると…」

幼「…私もそうだよ」

幼「一緒にいることが、当たり前になってるんだよ」

幼「これからも、ずっと男とふたりで、楽しく笑ってたいなぁ」

幼「…なんか、センチメンタルになっちゃうな。今日は…」

男「…確かに」

男「でも、一緒にいたいのは本音かな…」

男「幼はどうかな?」

幼「…」 

59 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/26(月) 16:34:19 ID:8xBZNiaA
幼「…私もそうだよ、さっきまで言った通り」

幼「男とずっと一緒にいたい…」 

男「…」

男「…じゃあ、そうしょうか?」

男「大学生になっても、社会人になっても、親になっても、お年寄りになっても」 

男「幼と離れずにいようか?」

男「当たり前を永遠にしよう」

男「幼…。それでいいかな?」 

60 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/26(月) 16:41:55 ID:8xBZNiaA
幼「…男、セリフがクサイよ」クスッ

幼「…断れるわけないよ」

幼「そんな風に言われたら」

幼「…」

幼「…はい」カァッ 

幼「…だいすき」ニコッ 

61 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/26(月) 16:43:22 ID:8xBZNiaA
男「俺もずっと大好きだよ」ニコ 

62 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/26(月) 17:18:07 ID:8xBZNiaA
幼「私も…」

男「うれしいな」

男「…」

幼「…」

幼「…なんか、恥ずかしいよぉ」ウルッ

幼「おねがい…、なにか、しゃべって…」

男「」ダキッ 

幼「ふわっ…」ギュッ 
男「」チュッ 

幼「…ふぇ」カァ

男「どうだ…」テレッ

幼「ふぁぁ、いきなりすぎだよぉ…」ジワッ 

63 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/26(月) 17:22:12 ID:8xBZNiaA
男「…ごめん、たえられなくて…」ナデナデ

幼「もぉ~」グスッ 

男「…中華まん、食べようか…」 

64 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/26(月) 17:39:12 ID:8xBZNiaA
幼「…おいしいね」パク

男「…うん」パク

男「幼、ちょこまん分けてくれよ」

幼「いいよ…」パク

幼「」チュッ 

男「!」 

幼「ふいうちだよ」ニコッ

幼「…負けないよ、男っ!」

男「…勝てないよ、幼には…」 

男(ちょこ味か…)

幼「私と付き合う以上、1日も退屈させないよっ!!」 

幼「私の暇つぶしにずっと、付き合ってよね」

男(俺の、幼との暇つぶしは、これからも続いていく)

男(ずっと、ずっと) 

65 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/11/26(月) 17:44:06 ID:8xBZNiaA
……

男「♪」

男(…そろそろかな)ニコニコ

幼「男っ!」ニコッ

幼「あそぼぉー♪」


おしまい