2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/20(木) 17:24:08 ID:q637Chyc
数日前

幸子「プロデューサーさん!ボクもかなりトップアイドルに近づいていますね!」

P「………」

幸子「それでですね、そろそろカワイイボクのファンについても考えていっても良いと思うんですよ」

P「………」

幸子「ですからレッスンについてもそういう方向で考えていくべきですよ。もっと広くレッスンをですね…」

P「………」

幸子「あの、プロデューサーさん…?」

P「わかった。幸子が満足するよう手配しよう」

幸子「え、いいんですか?あ、カワイイボクの為なら当然ですね!これからもお願いしますよ!」

P「ああ。任せておけ」 


3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/20(木) 17:24:59 ID:q637Chyc
そして―――

P「幸子。今日のレッスンだが、特別講師を呼んである。忙しい中来てくださった人だから失礼無い様にしてくれな」

幸子「特別講師ですか?」

P「こないだ色んな経験を積んでみたいって言ってただろ?何とか手配できたんだよ」

幸子「ああそういえば…ありがとうございます。カワイイボクの為なら当然ですが」

P「まぁな。さて、そろそろ来るころだけど…」

ガチャリ

Ⅳ「お待たせしました。輿水幸子さんですね?Ⅳです。今日はよろしくお願いしますね」 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/20(木) 17:26:11 ID:q637Chyc
Ⅳ「では早速はじめましょうか」

幸子「…ってええええええええええええ!?」

Ⅳ「どうしました?」

P「どうした幸子?」

幸子「講師って極東エリアのデュエルチャンピオンのⅣさんなんですか!?」

P「ああ。デュエリストといえばまさにアイドル!そのチャンピオンのⅣさんからなら幸子も多くのことを学べるだろう」

Ⅳ「それに、ファンサービスは僕のモットーですから」

幸子「そんな、ボクがチャンピオンとなんて…いくらボクがカワイイからって急にチャンピオンとなんて…」

Ⅳ「アイドルがそんなに卑下しちゃだめですよぉ。君はカワイイんですから自信を持って挑んでください」

幸子「!…Ⅳさん…」

Ⅳ「それに僕は皆に知って欲しいんです。デュエルの無限の可能性を。君にだって僕を倒せるかもしれない。それがデュエルなんだって!」

幸子「Ⅳさん…わかりました。やりましょう!」

Ⅳ&幸子「「デュエル!!」」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/20(木) 17:27:28 ID:q637Chyc
Ⅳ「さ、君からどうぞ」

幸子「こうなったらカワイイボクのデュエルを見せてあげますよ!ドロー!」

幸子「ボクはジェムレシスを召喚!効果を発動します!デッキからジェムナイト・アンバーを手札に加えます!」

幸子「手札からジェムナイトフュージョン発動します!ジェムレシスとアンバーを融合!出でよ、ジェムナイト・ジルコニア!」ATK2900

幸子「ボクはこれでターンエンドです!」

Ⅳ「おぉ!いきなり攻撃力2900のモンスターを召喚してくるなんて!カワイイだけじゃないんですねぇ!」

幸子「ふふん!」

Ⅳ「僕のターン、ドロー!」

Ⅳ「ですが、僕はフィールド魔法、エクシーズコロッセオを発動します」

Ⅳ「このカードはフィールドのモンスターエクシーズの攻撃力を200ポイントアップさせ、モンスターエクシーズ以外の攻撃を禁止する…」

幸子「むむっ」

Ⅳ「モンスターをセット。カードを二枚伏せターンエンドです。さぁ、この状況どうしますか?」 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/20(木) 17:30:38 ID:q637Chyc
幸子「ボクのターン、ドロー!ならボクは融合解除を発動します!ジルコニアをエクストラデッキに戻し、ジェムレシスとアンバーを特殊召喚!」

Ⅳ「レベル4のモンスターが二体!ということは…!」

幸子「その通りです!ボクは二体のモンスターでオーバーレイネットワークを構築!エクシーズ召喚!ジェムナイト・パール!」ATK2600

幸子「ジェムナイト・パールの攻撃力は2600!エクシーズコロッセオの効果でさらに200ポイントアップです!」ATK2600→2800

Ⅳ「凄いよぉ!フィールド魔法の隙を抜けつつ利用してくるなんて!君はなんてデュエリストなんだあ!」

幸子「ふふふん!凄いだけじゃなくカワイイデュエリストです!さらにボクは手札から装備魔法、メテオ・ストライクをパールに装備です!」

Ⅳ「メテオ・ストライク!装備モンスターに貫通効果を持たせる装備魔法ですねぇ!これはまずい…!」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/20(木) 17:31:39 ID:q637Chyc
幸子「ジェムナイト・パールでモンスターに攻撃です!鬼神の一撃!」

Ⅳ「僕がセットしていたのはギミック・パペット-ベビーフェイス。守備力は0です!」

幸子「ならそのまま2800のダメージです!」

Ⅳ「うわあああああっ!!」LP4000→1800

Ⅳ「くっ!罠カード、リペア・パペット発動!戦闘で破壊されたギミック・パペットと同じモンスターをデッキから召喚する!ベビーフェイスを守備表示で召喚!」

幸子「無駄ですよ!このターンで決めます!速攻魔法、鬼神の追撃を発動です!パールのオーバーレイユニットを全て取り除くことで追加攻撃を可能にします!」

Ⅳ「わお、このままじゃあ…」

幸子「ジェムナイト・パールでベビーフェイスに攻撃です!」

Ⅳ「わあああーっ!!」 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/20(木) 17:32:24 ID:q637Chyc
幸子「ふふふふん!どうです?プロデューサーさん!チャンピオンに勝ってしまい…」

Ⅳ「いやぁ見事ですねぇ。素晴らしい攻撃だぁ。でも僕はダメージを受けていません」

幸子「?!」

Ⅳ「残念ですが今の攻撃で僕は永続罠、ギミック・ボックスを発動していました。このカードは戦闘で受けたダメージを無効にして罠モンスターになります」

Ⅳ「そして無効化した数値がこいつの攻撃力になる…」ATK2800

幸子「くっ…ボクはこのままターンエンドです…」

Ⅳ「…そろそろ受けてもらおうか…俺の本当のファンサービスを」 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/20(木) 17:33:16 ID:q637Chyc
幸子「えっ…」

Ⅳ「希望を与えられ、それを奪われる。その瞬間こそ人間は最も美しい顔をする…」

Ⅳ「それを与えてやるのが、俺のファンサービスさぁ…」

幸子「な…何を言って…」

Ⅳ「俺のターン!ドロー!!」

幸子「ちょっ…」

Ⅳ「対応、決断、戦略、どれをとっても素晴らしいデュエルだった!だが!!しかし!!まるで全然!!!」

Ⅳ「この俺を倒すには程遠いんだよねぇ!!!」 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/20(木) 17:34:27 ID:q637Chyc
Ⅳ「俺はギミック・パペット-スケアクロウを召喚!さらに魔法カード、レベル・クロスを発動!スケアクロウのレベルを倍にする!」

Ⅳ「とくと味わってくれよ…俺のファンサービスを!!」

幸子「ひぃっ!?」

Ⅳ「俺はレベル8のスケアクロウとギミック・ボックスでオーバーレイネットワークを構築!エクシーズ召喚!!」

Ⅳ「現れろ、No.15!地獄からの使者、運命の糸を操る人形!ギミック・パペット-ジャイアントキラー!!」ATK1500→1700

Ⅳ「ジャイアントキラーの効果発動!オーバーレイユニットを一つ使い特殊召喚されたモンスター一体を破壊する!」

幸子「うわあああああ?!ジェムナイト・パールがっ!?歯車に巻き込まれて!?いやあああああああ!!」

Ⅳ「そして破壊したモンスターがモンスターエクシーズだった場合、元々の攻撃力分のダメージを与える!」OCG効果

幸子「何ですって!?」

Ⅳ「ジェムナイト・パールの元々の攻撃力は2600!俺のファンサービスだ、受け取れえッ!!」

幸子「きゃああああああああー!!?」LP4000→1400 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/20(木) 17:35:44 ID:q637Chyc
Ⅳ「…素晴らしい…カワイイよぉ…その苦しみに歪んだ顔!それでこそ、俺もサービスし甲斐があるってもんだぜ」

幸子「うぅ…なんてひどい事を…」

幸子「ですが負けませんよ…最後のドローまで諦めません…こんなひどい事をする人には…絶対負けません…!」

Ⅳ「フッハハハハハハ!良いよぉ!凄く良い心を持っているじゃないかぁ!!その通りだ!最後のドローまで諦めはしないよなぁ!!」

Ⅳ「だが俺は墓地のベビーフェイスの効果を発動する!このカードを除外することでこのカードを破壊したモンスターを蘇生する!ジェムナイト・パールをお前のフィールドに蘇生!!」

幸子「な、にを…」

Ⅳ「そしてジャイアントキラーの効果は一ターンに二度まで使用できる。ククク…」

幸子「そんな!?それじゃあ…!」

Ⅳ「お前には最後のドローなんて存在しないんだよ!再びジャイアントキラーの効果を発動!ジェムナイト・パールを破壊する!!」

幸子「あ…ああ……」

Ⅳ「その攻撃力分のファンサービスを味わいな!!」

幸子「いやああああぁー!!」LP1400→-1200 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/20(木) 17:36:39 ID:q637Chyc
Ⅳ「まだだ!本気のファンサービスはこれからだ!ジャイアントキラーで攻撃!!ファイナルダンス!!」

P「待て!勝負は着いた!これ以上のデュエルは許さない!!」

Ⅳ「邪魔をするな。お前にはあいつが喜んでいるのがわからないのか?」

P「俺は幸子のプロデューサーだ。幸子の気持ちはわかる。幸子は喜んでなどいない!」

Ⅳ「………」

P「………」

Ⅳ「…ふん。ならファンサービスは終わりだ。帰らせてもらうぞ」

P「…ああ」

P「幸子は…気絶してるか」 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/20(木) 17:37:47 ID:q637Chyc

P「目が覚めたか」

幸子「プロデューサー?…ボクは…」

P「負けた。当たり前だがな」

幸子「っ…そうですね。いくらボクが可愛くても、チャンピオンには敵いませんよね…」

P「………」

幸子「何ですか、そんなに見つめないでくださいよ。見つめたくなるほどカワイイのはわかりますけど」

P「悔しいんだろ?」

幸子「!」

P「希望を与えるアイドルなのに絶望した自分が許せないんだろ?」

幸子「…そんなことないです」

P「涙目だぞ」

幸子「………」

P「辛いときは泣いて良いんだ。幸子は一人じゃ無いんだからな」

幸子「う……」

幸子「うああああああああああああん!ぷろでゅーさあああああああああ」 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/20(木) 17:38:45 ID:q637Chyc
P「落ち着いたか」

幸子「はい…」

P「幸子。強くなろう」

幸子「はい…!」

P「一人では無理でも皆がいる。絆で繋がっているんだ。皆に頼ってくれ」

幸子「はい!!」

凛「そうだよ幸子」

亮「皆で特訓しよう」

杏「あたしらも手伝うよ」

きらり「さっちゃんきらりんぱわーで元気だすにぃ~」

Z「良い仲間を持ちましたね」

幸子「みんな…」

幸子「ありがとうございます」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/20(木) 17:40:38 ID:q637Chyc
P「早速特訓だ!」

幸子「はい!がんばります!」

凛&幸子「「デュエル!!」」

凛「スティーラー切ってクイックロンssクイックロンタイショウスティーラーss以下略」

凛「リミットオーバーアクセルシンクロ!シューティング・クェーサー・ドラゴン!!」ニレンダァ!

幸子「うわああああーーーっ!?」 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/20(木) 17:41:30 ID:q637Chyc
亮「デュエルカイザーを舐めるなあぁあ!!エヴォリューション・レザルト・バースト!グォレンダァ!!」

幸子「うわああああーーーっ!?」


Z「無は無限となり、無限のきらりん☆ぱわーから生まれる究極の時械神!究極時械神セフィロンを召喚!!」

きらり「セフィロンとメタイオンとグスタフ・マックスで攻撃!」

幸子「うわああああーーーっ!?」


幸子「ボクのターン!手札抹殺発動!」

杏「グラファシルバスノウブラウベージです」

幸子「うわああああーーーっ!?」 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/20(木) 17:42:16 ID:q637Chyc
P「幸子はがんばってるなぁ」

幸子「プロデューサー!!」

P「お、どうした」

幸子「少しづつわかってきたんです。デュエルで相手と繋がれるって」

幸子「ですからプロデューサー…その…」

P「よし。じゃあデュエルしようか」

幸子「プロデューサーっ!」パァッ

P「ただ、幸子」

幸子「はい?」

P「満足させてくれよ?」

幸子「もちろんです!」

幸子「デュエル!」
P「デュエッ!!」 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/20(木) 17:43:07 ID:q637Chyc
幸子「ボクの先攻!ドロー!モンスターをセット、カードを一枚セットしてターンエンドです!」

P「俺のターン!ドロー!手札抹殺発動ォ!手札を全て捨て捨てた枚数分ドローする!手札断殺発動ォ!互いに二枚捨て二枚引く!!」

P「手札のレベル5以上闇属性モンスターを捨ててダーク・グレファー特殊召喚!そして効果発動!手札の闇属性モンスターを捨てデッキから闇属性モンスターを墓地に送る!!」

P「そして手札からインフェルニティ・ミラージュを召喚!さあ!!ハ ン ド レ ス コ ン ボ の 始 ま り だ !!」

P「インフェルニティ・ミラージュの効果発動ォ!墓地のインフェルニティ・ネクロマンサー二体を蘇生!!」

P「ネクロマンサーの効果発動!インフェルニティ・ビートルを蘇生!もう一体の効果発動!インフェルニティ・デーモンを蘇生してインフェルニティ・ガンを手札に加える!!」 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/20(木) 17:44:08 ID:q637Chyc


~~~ 前  略 ~~~


P「イッツ・ア・ショーターイム!!ワンハンドレット・アイ・ドラゴンの効果発動!ネクロマンサー二体を蘇生!!」


~~~ 中  略 ~~~


P「ヒャーッハッハッハッハッハ!!ダイガスタ・エメラルの効果発動!ワンハンドレット・アイ・ドラゴン三体をデッキに戻し1ドロー!!」


~~~ 後  略 ~~~


P「まだだ!まだ満足できねぇぜ!!DDR発動!氷結界の虎王ドゥローレンを特殊召喚!!」


~~~ 全  略 ~~~ 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/20(木) 17:44:28 ID:eRW6BlQ.
小林幸子じゃなかった… 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/20(木) 17:44:48 ID:q637Chyc
幸子「はぁっ…はぁっ…」

P「幸子。何故俺がこんなにも幸子を痛めつけるんだと思う?

幸子「ふふっ。馬鹿にしないでくださいよ。ボクのことが大好きなんでしょう?愛しくて仕方ないんでしょう?」

P「その通りだ。お互いに痛みや苦しみを与え合う…これこそが愛だ」

幸子「プロデューサー。ボクのこともっと痛めつけてください。もっと傷つけてください。もっと愛してください」

幸子「まだ足りません。まだ満足できません。もっともっともっともっともっとずっとずっとずっとずっとずっと」

幸子「愛していますから」

P「ああ。ガガガガンマンの効果発動!800ポイントのダメージを与える!!」

幸子「~~~~~~ッ!!」LP800→0 ビーッ 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2012/12/20(木) 17:45:40 ID:q637Chyc

Ⅳ「………」

トーマス「どうしてこうなった」

おわり