1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 18:39:39.34 ID:aAPbDRUp0
~ガラクタ堂~

男「よう、おやっさん!」

店主「おう、お前さんかい」

男「今日は何か面白い品入ってる?」

店主「ああ……入ってるよ。≪5億年ボタン≫ってやつが」

男「5億年ボタンって……あの!?」

店主「そう、あの5億年ボタンさ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1546249178

引用元: 男「5億年ボタンをレンタルしてみた」友人「5億年ボタン?」 



このライトノベルがすごい! 2019

宝島社
売り上げランキング: 3,469
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 18:40:25.44 ID:aAPbDRUp0
男「これかぁ……やっぱ実物は迫力あるな」

店主「押してみるかい?」

男「押すわけないだろ! 絶対押さない! 恋人が人質にされてても押さない! いないけど」

男「だけど……ちょっと持っててみたい気もする」

店主「ならレンタルしてみるかい? お安くしとくよ」

男「んー……一日だけ借りてみよっかな」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 18:41:12.49 ID:aAPbDRUp0
友人「5億年ボタン?」

男「そう」

男「ざっくり説明すると、押すと押した奴は何もない異空間に飛ばされ、そこで5億年過ごすことになる」

男「5億年過ごした後は、記憶が消えてまたこの場所この時間に戻ってくる」

男「その後、押した奴は100万円貰える……って感じかな」

友人「ふーん、5億年っていわれても全然ピンとこないな」

男「押してみるか?」

友人「うん、押してみる」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 18:41:41.85 ID:aAPbDRUp0
男「いや、バカ! やめろ! 絶対やめろ! 押すなよ! 絶対押すなよ!」

友人「じゃあなんでレンタルしたんだよ」

男「珍しいから、一日だけ持ってみるのも悪くないかな……と思って」

友人「で、俺に自慢したかったってか? ちょっと押してみる」ポチッ

男「ちょっ、バカ!」

ジャキーン!

友人「おおっ、ホントに100万円が出た!」

男「あわわ……」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 18:43:14.36 ID:aAPbDRUp0
友人「もう一回」ポチッ

男「おいっ!」

友人「もうちょい増やすか」

ポチッ ポチッ ポチッ ポチッ ポチッ ポチッ ポチッ ポチッ

男「おわああああああああ!!!」

友人「これで1000万か。この辺にしとくかな。ほれ、お前にも一割やるよ」ポイッ

友人「じゃーな!」スタスタ

男(なんて重い100万円なんだ……!)

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/31(月) 18:44:01.18 ID:aAPbDRUp0
~ガラクタ堂~

男「おやっさん、5億年ボタン返しにきたよ!」

店主「ああ、それなんだが……こっちもレンタル料は返すわ」

男「へ、どうして?」

店主「仕入れ先に聞いたら、その5億年ボタン、故障してんだと!」

男「え、そうなの!? もしかして、5億年過ごすのはナシみたいな? 俺も押せばよかった!」

店主「いや、そうじゃねえ」

店主「なんと5億年過ごしても記憶が消えねえんだとさ! とんだ欠陥品だろ?」

男「……え?」





< 終 >