1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/08(金) 22:04:55 ID:CxIfOk5M
戦士「俺は戦士、腕にはそこそこ自信がある」

戦士「酒場で魔物の討伐依頼を受けて、それで金を稼いでる」

戦士「俺の住んでる街のまわりはそれなりに強い魔物がたくさんうろついてるんで討伐依頼が途絶えず、金に困ることは無い」

戦士「さて、今は依頼をこなした帰りなんだが、誰かいるな」

>>2「………」

戦士「…?、遠くからじゃあよくわからんが、何してるんだ?」 


戦士に愛を : 1 (アクションコミックス)
双葉社 (2018-04-28)
売り上げランキング: 66,263
2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/08(金) 22:07:43 ID:H1VNMuaA
妖精使い 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/08(金) 22:24:26 ID:CxIfOk5M
妖精使い「うーん、困ったな…」

戦士「何してんだ、あんた?」

妖精使い「おや、お恥ずかしいところを見つけられてしまいましたね」

戦士「ん?」

妖精使い「私、妖精使いをしている者ですが」

戦士「妖精使いって言うと、妖精を使役して力を行使するってやつの?」

妖精使い「ええ、そうです」

妖精使い「妖精と契約する事によって、妖精が持つ火、水、風、地の4属性の力を自在に操る」

妖精使い「一般に妖精術と呼ばれ、魔術とは一味違った力を使えます」

戦士「詳しい説明をどうも」

戦士「で、なにが困ってるって?」 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/08(金) 22:35:19 ID:CxIfOk5M
妖精使い「実は使役している妖精のうち、1匹がどこかに行ってしまったんです」

戦士「ほう」

妖精使い「契約した当時からやんちゃな子だったもので」

妖精使い「しばしばこうして消えることがあるんですよ」

戦士「じゃあ放っておいてもそのうち戻ってくるんじゃないのか?」

妖精使い「ええ、私もそう思ったんですけどね」

妖精使い「いつもは日が落ちる前には私の元に帰ってくるのですが」

妖精使い「今回はいつもの時間になっても帰ってこないもので」

妖精使い「妖精というのは私のような使役者の精神力を注ぎ込んで、初めて力を発揮できる生き物なので」

妖精使い「1匹だけではそこらの魔物の格好の餌になってしまうんですよ」 

7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/08(金) 22:41:43 ID:CxIfOk5M
戦士「ふーん…」

妖精使い「いやあ、心配です…」

戦士「そうか」

妖精使い「ええ」

戦士「……」

妖精使い「……」

戦士「?」

妖精使い「代わりに探してくれないんですか?」

戦士「え、なんで?」

妖精使い「いや、その……いえ、いいです」

妖精使い「あのですね、私はもう少しこの辺りを探していますので、見かけたら私に伝えてください」

戦士「おう、見かけたらな」

妖精使い「はい」

戦士「じゃ、そういうことで」スタスタ 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/08(金) 22:49:42 ID:CxIfOk5M
戦士「見かけたらって言われてもなあ」

戦士「実際、妖精なんて見たことないからな…」

戦士「もう日が落ちてきて暗くなってるから、魔物が活発化してきてるんだよな」

戦士「…もう食われてるんじゃねーの?」

ガサゴソ

戦士「ん?」

戦士「あそこの藪に何かいるな」

戦士「……魔物か?」ザッ

>>11「!」バッ

戦士「うおっ!?」 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/08(金) 22:53:07 ID:ZDDQWsCg
融合戦士(色々な物や生物と融合する事が出来る。部分のみでも可) 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/08(金) 23:01:53 ID:CxIfOk5M
融合戦士「ジュルジュルジュル」

戦士「何だこいつ!、手足がいっぱい生えてて気持ち悪っ!」

融合戦士「ブジュル」

戦士「とりあえず敵意があるのはわかった!」

戦士「先手必勝、くらえ!」ブンッ

融合戦士「ジュブッ」ズボッ

融合戦士「ジュルジュル」ズズズ

戦士「うわ!、剣が吸い込まれて一体化してやがる!」

戦士「手放さないと俺もやばい!」バッ

戦士「さて、あいつが気持ち悪い見た目をしているのはいろんな奴を取り込んでるからだとわかったが」

戦士「俺の剣が取り込まれた現状で、どうしたものか」 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/08(金) 23:10:41 ID:CxIfOk5M
戦士「何か持ってないかな…」ガサゴソ

戦士「……おっいいもの発見」

融合戦士「ジュルジュル」

戦士「そら!、これでも飲み込みな!」ブン

融合戦士「ジュルル」ズボッ

融合戦士「ジュルジュル」ゴクリ

戦士「今お前が飲み込んだのは、」

戦士「発破用の携帯爆弾だ!」

ドゴォォォン

融合戦士「!?!?」ビチャビチャ

戦士「うお、いろんな破片が飛び散ってやがる」

戦士「だが俺の剣は無事に回収できたぜ」チャキ 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/08(金) 23:15:46 ID:CxIfOk5M
戦士「そして…」

融合戦士「ジュル……」

戦士「表面が吹っ飛んで核が丸見えだ!」ザシュッ

融合戦士「!!!」

戦士「……どうだ?」

融合戦士「ジュルル…ル……」ボトボト

戦士「…ふぅー、倒したか」

戦士「取り込んでたものが次々に分離されていってるな」

戦士「しかし、こんな魔物、今まで見たことがないな…」

>>17「うへー……」

戦士「ん?、取り込まれてた奴か?」 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/08(金) 23:20:20 ID:kzuAr8sI
魔女 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/08(金) 23:28:59 ID:CxIfOk5M
魔女「ひどい目に合った…」

戦士「大丈夫か?」

魔女「んー…?」

戦士「……」

魔女「…あんたが?」

戦士「ん?」

魔女「爆弾放り込んだのあんたでしょ!」

戦士「えっ」

魔女「爆発で死ぬところだったじゃないの!、何考えてるのよ!」

魔女「まぁーその?、一応助けてくれたみたいだからお礼は言うけど」

魔女「私のこの服がボロボロになっちゃったじゃないの!、お気に入りだったのに!、どうしてくれるのよ!」

戦士「なぜ俺は怒られてるんだ?」 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/08(金) 23:42:22 ID:CxIfOk5M
戦士「あれだ、怒ってばっかだと小ジワが増えるぞ」

魔女「むきー!、私はまだ230歳よ!、魔女の中ではまだ若いわよ!」

戦士「魔女の年齢なんざ知らんわ!」

……

戦士「やっと落ち着いた」

魔女「あーもう、しくじったわー」

戦士「何が?」

魔女「魔王軍よ、魔王軍!」

魔女「なんかよくわかんないんだけど、魔王が魔女狩りを始めたわけよ」

魔女「『我が脅威となるものは徹底的に排除する!』とか言っちゃってさあ!」

魔女「ただでさえ人間共に嫌われて人里離れた場所で肩の狭い生活してるってのに」

魔女「で、私も抵抗むなしくさっきの魔物に取り込まれちゃったわけよ!」

魔女「てか寝てる時に襲われちゃあ抵抗もできねぇってば!」

戦士「どおりでパジャマ姿なわけだ」 

21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/08(金) 23:53:52 ID:CxIfOk5M
魔女「あー、あいつに取り込まれてた間はなんか自分が自分じゃない感覚で気持ち悪かったわぁ」

戦士「そうかい」

魔女「…そういえばあんた、魔女である私を見ても、怖くないのね」

戦士「前に魔女の討伐依頼を受けたことあるしな」

魔女「うげえ!?、あんた魔王軍の手先か!」

戦士「なんでそうなる!?」

魔女「その依頼受けたのいつよ?」

戦士「1週間前」

魔女「あーそれ完全に魔女狩り始まった時期だわー、絶対依頼したの魔王軍の手先だわー」

戦士「そういえば、依頼人は他の奴とは違う気配を出していたな?」

魔女「あーくそ、あんたと一緒にいたらいつやられるか分かんねぇや」

魔女「そんなわけで私は逃げます!」

魔女「転移魔法!」バシュン

戦士「…やかましい奴だったな」 

22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 00:03:13 ID:9EMWpHrY
……

戦士「街に戻って酒場で情報を集めると」


戦士「確かに最近魔王軍の動きが活発化しているらしい」

戦士「まあ、おかげで魔物討伐依頼が増えて懐が暖まるわけだけどな!」

戦士「さて、依頼の報告もしたし、今日は家に帰るかな」

……

戦士「…んん!?」

戦士「俺んちの前に誰かいる?」

>>23「……」 

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 00:08:04 ID:sGgEcXhw
メカ娘 

26 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 10:54:05 ID:9EMWpHrY
メカ娘「……」ピピピ

メカ娘「戦士様、お疲れ様デス」

戦士「…ああ、そうだ」

戦士「この前の依頼の報酬でこの子を貰ったんだっけか」

戦士「えっと、ろすとてくのろじーとか言ってたっけ?」

戦士「希少価値が高いらしいけど、俺にはよく分からん」

メカ娘「お食事にしますカ?」

戦士「しかし、どんなからくりで動いてるんだろうな?」
ペタペタ

戦士「身体が金属で出来てるけど、ゴーレムとか、そういう魔物とは違うらしいし」ペタペタ

メカ娘「あノ……」

戦士「ん?」ペタペタ

メカ娘「よ、●●なら家の中デ…」モジモジ

戦士「違うわ!」 

27 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 11:07:06 ID:9EMWpHrY
戦士「この娘が動く原理はさっぱり分からないが」

戦士「この娘の作る飯は美味いので気にしない事にした」モグモグ

メカ娘「して、戦士様」

戦士「ん?」

メカ娘「お食事の後は、●●でしょうカ?」

戦士「しないっての」

戦士「時折、変な勘違いをするのがキズだな」

戦士「じゃあ俺、風呂に入るから」

メカ娘「お風呂で●●二…!?」ピピピ

戦士「その発想から離れろ!」 

28 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 11:15:24 ID:9EMWpHrY
戦士「特に事に及ぶことなく翌日」

戦士「●●●で起こされた」

戦士「悔しいが気持ちよかった」

メカ娘「ご馳走様でしタ」ピピピ

戦士「……もしかしてそういう目的で造られたのか?、こいつ」

メカ娘「戦士様がよろしければいつでモ」

戦士「あーあー、依頼探してくる」スタスタ

メカ娘「…いけずですネ」ピピピ 

29 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 11:22:21 ID:9EMWpHrY
戦士「酒場に来た」

妖精使い「……」ズーン

戦士「なんか暗い奴がいた」

妖精使い「ああ…あなたですか」

戦士「妖精、見つかった?」

妖精使い「………」

戦士「………」

妖精使い「まだ見つかってないんですよ~~!」メソメソ

戦士「うっ」

妖精使い「もう心配で心配で、夜も眠れなかったんです~~!」メソメソ

戦士「こいつ、朝っぱらから酒飲んでやがる…」

戦士「これ以上関わらないほうがいいな、離れよう」スタコラ 

30 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 11:30:02 ID:9EMWpHrY
戦士「さて、なんかいい依頼ないかな?」

戦士「……」

戦士「どれもみみっちいなぁ…」

戦士「…ん、これは…」

>>32「その依頼に興味がお有りで?」

戦士「ん?」 

32 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 11:38:57 ID:bZUCg8xU
鍛冶屋 

34 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 21:14:42 ID:9EMWpHrY
鍛冶屋「どうも」

戦士「この依頼の依頼主か?」

鍛冶屋「いや、違うけど」

戦士「(違うのかよ)」

鍛冶屋「ただ、依頼に指定された場所が気になってね」

戦士「…内容を読む限り、山地の洞窟としか分からんが」

鍛冶屋「実は、この洞窟の近くにドワーフ族の里があるんだよ」

鍛冶屋「俺は見ての通り鍛冶屋でね、いくらか世話になったことがあるんだ」

戦士「依頼内容は魔物討伐か」

鍛冶屋「指定された洞窟はドワーフ族が鉱石を掘りによく潜っている場所なんでな」

鍛冶屋「知った相手だから心配なわけだよ」 

35 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 21:22:09 ID:9EMWpHrY
戦士「ふーん…」

鍛冶屋「でだ、あんたがその依頼を受けるって言うならぜひ俺も連れて行って欲しいんだ」

鍛冶屋「なあに、自分の身は自分で守るさ」

戦士「…報酬はやらんぞ」

鍛冶屋「構わねぇよ、洞窟まで行って鉱石でも掘ろうってのが本音なんでな」

戦士「…まあ、いいだろ」

鍛冶屋「へへ、礼を言うぜ」 

36 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 21:30:05 ID:9EMWpHrY
………

戦士「洞窟に来た」

鍛冶屋「うひょー!、質のいい鉱石が沢山あるぞ!」

鍛冶屋「つるはしを沢山持ってきたんだ、目一杯掘るぞ!」カンカン

戦士「つるはしを沢山持ってたら鉱石の方を持てないんじゃないのか」

鍛冶屋「そんときはドワーフ族にあげるつもりだよ、つるはしを」

戦士「(鉱石じゃなくてつるはしのほうか…)」

戦士「…そういえば、そのドワーフ族を一人も見かけないな」

鍛冶屋「ふむ、前来たときはここらへんにもたくさんいたんだけどな」

鍛冶屋「やっぱ魔物を警戒して来なくなったのかね?」 

37 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 21:34:06 ID:9EMWpHrY
ゴト

戦士「…ストップ」

鍛冶屋「ん?」

戦士「奥に何かいるぞ」

鍛冶屋「マジ?、暗くて何も見えねーけど」

ゴトゴト

>>38「…!」

戦士「む!」 

38 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 21:35:17 ID:kUy98xcU
妖精使いの妖精 

40 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 21:48:39 ID:9EMWpHrY
ゴトゴトゴト

鍛冶屋「…瓦礫が揺れているな」

「誰かー!」

戦士「瓦礫の下に何かいるのか?」ヒョイ

妖精「っはー!、やっと出られた!」

戦士「…なんだこのちっこいの」

鍛冶屋「あ、これ妖精だ。似たようなのをドワーフの里で見たことあるぞ」

鍛冶屋「でもその時見たのは土の妖精だったけど、こいつは土の妖精じゃないな」

戦士「青いから水の妖精か?」

鍛冶屋「なんでこんな洞窟にいるんだ?」

妖精「あ、聞いてくれるの?」

妖精「すごい苦労したのよ!、死ぬかと思ったわ!」 

41 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 21:55:55 ID:9EMWpHrY
回想

妖精「あーもう」

妖精「妖精使いにこき使われるのも楽じゃないわー」

妖精「こうやって羽伸ばさないとやってられないっての」

妖精「そりゃあ、あいつの精神力がないと力を発揮できないのも事実だけど…」

融合戦士「ブジュル」

妖精「うっ」

妖精「何こいつ、嫌な予感がする」

融合戦士「ジュルジュル」ガシ

妖精「ひゃあ!、ちょっと!、離しなさい!」ジタバタ

融合戦士「ジュルル」ゴクリ

妖精「やーん!」ズププ

融合戦士「ジュル」 

42 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 22:04:05 ID:9EMWpHrY
………

ドゴォォォン

ボトボト

妖精「ぶへぇ!、た、助かった?」

妖精「は、早いとこ帰らなきゃ」

魔女「あーもうひどい目にあったわー」

魔女「ん?」

妖精「げっ」

妖精「ま、魔女だわ、嫌な予感しかしない」

魔女「おおっと!」ガシ

妖精「あっ!、おいこら、離せ!」ジタバタ

魔女「妖精とは珍しい生き物を見つけたわ!」

魔女「持ち帰って研究材料に使いましょ」

魔女「とりあえずポケットに突っ込んどこう」

妖精「やーん!」ズボッ 

43 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 22:12:38 ID:9EMWpHrY
………

魔女「さて、転移魔法で帰ってきたのはいいけど」

魔女「何か忘れてる気がするなー、何だっけなー」

妖精「……」ヒョコ

妖精「…考え事に耽っている今がチャンスね!」パタパタ

魔女「うーん…」

魔女「あ、そうだ!、研究で失敗して出来た魔物が逃げ出したんだ!」

魔女「その魔物を処理しようとした時に魔王軍の手先のあの気持ち悪い奴に取り込まれたんだ!」

魔女「……あれ、確か奴には寝込みを襲われたはず…」

魔女「あ、そうか、失敗作の処理は後回しにして寝たんだっけか」

魔女「そうだったそうだった」

魔女「寝るか」 

45 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 22:21:32 ID:9EMWpHrY
妖精「ここ洞窟じゃないのよー、暗いじゃないのー」

妖精「あの魔女、こんなところに住んでたわけ?」

ズシン

妖精「う、なんか地響きが」

妖精「いや、私飛んでるから地響きなんて感じないけど周りが振動してる」

ズシン

妖精「なんかデカイのがいるんだわ!、早く逃げないと」

ズシィィン!

妖精「わー!天井が崩れてきた!」

ガラガラガラ

妖精「うげえ!」ドゴ

妖精「痛た…頭に当たった」

妖精「て、あー!、羽が瓦礫に挟まってる!」

妖精「これじゃあ動けないじゃないの!」

妖精「誰かー!」 

46 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 22:30:08 ID:9EMWpHrY
………

妖精「そして今に至る」

鍛冶屋「まあ、なんだ、大変だったってのは伝わった」

戦士「てか、その話が本当なら近くに魔物がいるんじゃね?」

鍛冶屋「あー…地響きするくらいデカイらしいね」

戦士「どんなやつか見てないのか?」

妖精「見てないわよ、さっさと逃げようとしたら瓦礫に埋まったわけだし」

ズシン

鍛冶屋「…」

戦士「地響き、したな」

妖精「私が瓦礫に埋まった時と同じ感じだわ」 

47 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 22:40:07 ID:9EMWpHrY
ズシン

鍛冶屋「とすると、なんだ」

鍛冶屋「近くにいるってわけか?」

戦士「だろうな」

ズシン

鍛冶屋「逃げよう!」

妖精「逃げましょう!」

戦士「お前、何で付いてきたんだ!」

鍛冶屋「言っただろ!、鉱石堀に来ただけだって!」

戦士「ドワーフ族の心配はどうした!」

鍛冶屋「あんなもん建前だー!」

ズシィィン!

鍛冶屋「あで!、瓦礫が降ってきた!」

戦士「俺は魔物の討伐に来たんだ、戦うぞ!」チャキ

鍛冶屋「アホか!、こんなところで戦ったら洞窟が崩れて生き埋めになっちまう!」 

48 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 22:52:30 ID:9EMWpHrY
戦士「ちっ!、退くしかねーのか」スタコラ

………

鍛冶屋「ふう、何とか洞窟の外にまで逃げてこれたな」

妖精「もうこりごりだわ」

戦士「…ここなら何とか戦えるか」パラパラ

鍛冶屋「…何撒いてんの?」

戦士「魔物寄せの餌、さっきからずっと撒いてた」

鍛冶屋「ぅおい!、なんでそんなもん撒いてんだ!」

戦士「洞窟から誘き出せば戦えるかと思って」

鍛冶屋「ひゃー!、まだ逃げないといけないのか!」

ズドン!

妖精「うひゃあ!、出てきた!」

戦士「こいつが魔物の正体か!」

>>50「ギャオース!」 

50 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 22:57:40 ID:Pg1xh2QU
グリズリー 

51 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 23:15:22 ID:9EMWpHrY
グリズリー「グルルル!」

妖精「熊だー!」

鍛冶屋「うわ、デケェ!」

戦士「グリズリーか、骨が折れそうだな…」

グリズリー「グオゥ!」メキョ

鍛冶屋「うわぁ、木が簡単にへし折られてる」

戦士「正面から挑むのは危険か!」

グリズリー「グオォ!」

戦士「だったらこいつをくらえ!」ビシュッ

グリズリー「グゥ!」ザクッ

鍛冶屋「投げナイフか?、でもそんなもんじゃあダメージにもならないんじゃあ…」 

52 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 23:22:11 ID:9EMWpHrY
戦士「ただのナイフじゃあないぜ」

戦士「そのナイフには携帯爆弾を括りつけている!」

ドゴォォォン

グリズリー「グワォゥ!?」ヨロッ

鍛冶屋「おお!、効いてる!」

グリズリー「グルルル…」チラ

妖精「えっ?」

グリズリー「グォオオオ!」

妖精「きゃああ!」

戦士「ちぃっ!」ガキン

妖精「え、あんた!?」

戦士「弱そうな奴から先に仕留めようとしたのか、小賢しい奴!」ギリギリ

グリズリー「グルルル」グググ

妖精「あ、あたしを守って…!?」 

54 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 23:29:12 ID:9EMWpHrY
戦士「ぬおぉ、やっぱりとんでもないパワーだ…!」グググ

グリズリー「グルルル…!」グググ

戦士「…だが!」

グリズリー「…!?」ヨロッ

鍛冶屋「動きが鈍った?」

戦士「やれやれ、やっと効いてきたか」

グリズリー「グ、グルル…」ズシン

妖精「な、何したの?」

戦士「さっきの投げナイフな」

戦士「刃に神経毒を塗ってたんだ」

グリズリー「…、…!」ピクピク

戦士「しばらくは動けないはずだ」 

55 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 23:36:19 ID:9EMWpHrY
鍛冶屋「爆弾に毒か、用意周到なもんだな…」

戦士「今のうちに首を刎ねておこう」ザシュッ

グリズリー「」ゴロン

戦士「ふう、これで依頼完了かな?」

妖精「……」

戦士「…ん?、どうした?」

妖精「…そ、その」

妖精「…助けてくれて…ありがと」ボソ

戦士「おう」 

57 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 23:45:34 ID:9EMWpHrY
その後

鍛冶屋「ドワーフ族の里に洞窟の魔物は討伐したって報告しに行ったらな、」

鍛冶屋「すごい喜んでたぜ、俺も何もしてないのに珍しい鉱石を貰っちまった」

鍛冶屋「そんなわけだからこの鉱石であんたに剣を作ってやるよ!、安くしとくぜ!」

戦士「金取るんかい!」

……

妖精使い「うお~!、無事で良かった!、ほんとに心配したんだから~!」

妖精「ちょ、はなじで、ぐるじい」ジタバタ

妖精使い「おろろ~ん!」

戦士「(…こんなキャラだったのか?)」

妖精使い「あ、そうだ」キリッ

妖精使い「うちの妖精を助けてくれたお礼です、少ないですが」チャリン

戦士「お、おう」 

58 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 23:51:44 ID:9EMWpHrY
………

戦士「あー、今日も疲れた」

メカ娘「おかえりなさいまセ」ピピピ

メカ娘「お食事ですカ?、お風呂ですカ?、私ですカ?」

戦士「風呂」

メカ娘「お背中お流ししますネ」

戦士「おう、背中だけな?、前はいいからな?」 

59 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/09(土) 23:55:52 ID:9EMWpHrY
………

魔女「………」

魔女「なんか忘れてる気がするなー」

魔女「………」

魔女「あ、そうだ、研究材料として妖精捕まえたんだっけ」

魔女「えーっと」ガサゴソ

魔女「あれ?、いねえ、ポケットに突っ込んだはずなのに」

魔女「わー、もしかして逃げられたかー?」

魔女「………」

魔女「まいっか」

魔女「寝よ」 

61 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/10(日) 00:04:05 ID:z7l6N9fk
戦士「そして翌日」

メカ娘「ご馳走様でしタ」ピピピ

戦士「…やっぱりそういう目的で作られたんだろうな、こいつ」

メカ娘「今日も酒場ですカ?」

戦士「まあ、そうだな」

メカ娘「いってらっしゃいまセ」

戦士「おう」スタスタ

メカ娘「……」

メカ娘「今はチャンスを待つべきですネ…」ピピピ 

62 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/10(日) 00:08:59 ID:z7l6N9fk
戦士「酒場に来た」

妖精使い「……」ズーン

戦士「あれ、デジャヴ」

妖精使い「ああ…あなたですか」

戦士「なんかあったのか?」

妖精使い「……」

戦士「……」

妖精使い「またあの子がどこかに行っちゃったんです~!」メソメソ

妖精使い「目が覚めたらどこにもいなくて~!」メソメソ

戦士「また朝から酒飲んでやがる!」

戦士「うん…離れよう」 

63 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/10(日) 00:14:32 ID:z7l6N9fk
戦士「なんか依頼ないかなー」

戦士「………」

戦士「どれもぱっとしないなー…」

戦士「どうしたもんかなー」


>>64「……」

>>64「あいつか…」 

64 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/10(日) 00:16:01 ID:SRWZIZVM
音楽家 

66 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/11(月) 17:04:00 ID:YJaSFX7U
音楽家「そこの君!」

妖精使い「……」

妖精使い「はい?、私ですかぁ?」

音楽家「うっ…酒を飲んでいるのか」

妖精使い「何か御用でぇ……」

妖精使い「ぐぅ…」スピー

音楽家「……」

火の妖精「ちょっと!、何寝てるのよだらしない!」

火の妖精「すみません、私のご主人がこんな状態で」

音楽家「ほう、君が妖精と言うものか」

火の妖精「私で良ければ用件をお伺いしますが」

音楽家「まあ…いいだろう、私の用件は妖精に関わるものだからね」 

67 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/11(月) 17:13:46 ID:YJaSFX7U
音楽家「さて、私は曲を作り、演奏する事を生業としている者だが」

音楽家「最近スランプ気味でね」

火の妖精「そうなんですか?」

音楽家「演奏する分には何ら問題がないのだが、」

音楽家「作曲が捗らないのだ」

音楽家「ピンとくるメロディーが思い浮かばないのだ!」

音楽家「ああなんという事っだっ!、この王宮演奏団の作曲担当たる私っがっ、行き詰ってっしまうとはっ!」

火の妖精「あの…」

音楽家「…ゴホン、失礼」

音楽家「そこでその…そこで寝息を立てている妖精使い殿にお願いがあるのだが」 

68 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/11(月) 17:20:28 ID:YJaSFX7U
音楽家「聞けば、妖精使いは火、水、風、地の4属性の力を持つ妖精を使役すると言うではないか」

音楽家「その4匹の妖精が華麗に飛び舞い、一面を4色に彩る様を鑑賞することで」

音楽家「何かメロディーが…」

音楽家「ピィィンッ!!」

火の妖精「っ…」キーン

音楽家「…と、来るのではないのかと思ってね」

音楽家「どうかな?、妖精4匹の舞、見せてもらえはしないかな?」

火の妖精「まあ…舞自体はたまに貴族の方に頼まれて披露することがあるので問題はないのですが」

火の妖精「ちょっと問題がありまして」

音楽家「ふむ?」

火の妖精「……1匹、家出中なんです」

音楽家「この場にいないということかね?」

火の妖精「そうです」 

69 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/11(月) 17:34:21 ID:YJaSFX7U
火の妖精「水の妖精なんですが、昔からやんちゃな子で」

火の妖精「しょっちゅう姿を眩ませるんです」

火の妖精「この前だって怖い目にあったのにも関わらず、懲りずに消えてしまいまして」

音楽家「…なるほど」

火の妖精「なので、残念ですが…」

音楽家「わかったっ!、私も捜索に協力しようではないかっ!」

火の妖精「へ?」

音楽家「生憎、私には時間がないのだっ!、次の演奏会までに間に合わせなければいけないのでなっ!」

音楽家「そこのご主人様を叩き起こしたまえっ!、酔覚ましの薬なら私が買ってこようっ!、何、代金は私が持つっ!」

火の妖精「あー、私のご主人、一度寝たら簡単には起きなくて…」

音楽家「では、君でいいっ!、一緒に捜索に向かうぞっ!、そうだ、残りの妖精もいるだろう?、その子たちも付き合わせたまえっ!」 

70 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/11(月) 17:41:54 ID:YJaSFX7U
火の妖精「うーん…いいのかなあ、勝手に」

地の妖精「別にいいんじゃないのー?」

火の妖精「あっ、地!、いいってそんな」

地の妖精「ご主人がこんな状態じゃ、どうせ今日は一日中何もしないだろうしさー」

火の妖精「だけど…」

風の妖精「心配なら書き置きでも残せばいいのではないのですか?」

火の妖精「あー、それもそっか」

音楽家「(…全員奔放だな)」 

71 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/11(月) 17:51:45 ID:YJaSFX7U
ワイワイガヤガヤ

戦士「…今日はいい依頼がないなー」

戦士「なんか騒がしくなってきたし…今日は帰るか」ガチャ



音楽家「よし!、それでは捜索に行こうではないかっ!」

地の妖精「捜索と言ってもどこ探すのさー?」

風の妖精「アテはあるのですか?」

音楽家「ん?、君達が魔力探知とか何かで探してくれるのではないのか?」

火の妖精「そんな都合のいい能力があったらご主人はここで飲んだくれてないよ!」

音楽家「それもそうか…困ったな」

地の妖精「最初から詰んでるねー」

風の妖精「そもそもあの子、行方をくらますのは一番得意ですし」

音楽家「まああれだ…とりあえず外に出よう」ガチャ 

72 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/11(月) 17:59:23 ID:YJaSFX7U
………

戦士「ただいまー」

メカ娘「あれ?、今日はお早いお帰りですネ」

戦士「いい依頼が無かった」

メカ娘「そうなんですカ」

戦士「今日一日暇だなー、どうすっかな」

メカ娘「…そうダ!、ピクニックに行きましょウ!」

戦士「ん?、ピクニック?」

メカ娘「今日はいい天気ですシ!、こういう日は外に出たほうがいいですヨ!」

戦士「ピクニックかぁ…たまにはいいかな」 

73 :妖精→水の妖精:2013/02/11(月) 18:09:50 ID:YJaSFX7U
戦士「でも二人でピクニックってのもなぁ」

水の妖精「ピクニック?、面白そうね」ヒョコ

戦士「ぅおい!、お前いつから付いてきた!」

メカ娘「まア!、妖精さんですカ?」

水の妖精「ずっとポケットに忍んでいたのになんで気付かないのよ!」

戦士「なんか逆ギレされた」

水の妖精「私もピクニックに行くわ、いいでしょ?」

メカ娘「もちろん、大歓迎ですヨ!」

戦士「お前、ご主人様はいいのか?」

水の妖精「いいのよ、あいつの元にいてもつまんないし」 

76 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/12(火) 16:35:00 ID:Emy6PkWA
戦士「つまんないってお前なあ」

水の妖精「なんであいつと契約しちゃったかなーもー」

メカ娘「お弁当、作って来ますネ!」

水の妖精「いっそ契約破棄しちゃおうかなー」

戦士「契約破棄して、その後のアテはあるのか?」

水の妖精「あるにはあるけど…遠いんだよねぇ」

水の妖精「はあ…故郷が恋しいなぁ…」

戦士「…故郷、ね」

水の妖精「いやはや、ホームシックになるとは参ったね」

水の妖精「最初は契約して外に出られることを喜んでたのになあ」 

77 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/12(火) 16:48:16 ID:Emy6PkWA
戦士「ちなみに、故郷ってのはどこだ?」

水の妖精「この街からずっと東に行った、海に面した洞穴」

戦士「んー…水の都と言われる街に近い所なのかね」

水の妖精「行ったことあるの?」

戦士「水の都にはな。お前が言ってる洞穴には行ったことないな」

水の妖精「そうなんだ…」

メカ娘「お弁当、準備できましたヨ!」

戦士「早いな!」

水の妖精「それじゃあ辛気くさい話はこれで終わり!、早くピクニックに行きましょ!」

戦士「行くって言っても、どこに行くんだよ」

水の妖精「あら、私いい場所知ってるのよ?」 

78 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/12(火) 16:58:20 ID:Emy6PkWA
………

音楽家「さて、待たせたな」

風の妖精「随分待たされましたね」

火の妖精「で、何を持ってきたの?」

音楽家「お、気になるかね?、これはギターガンと言ってね」

音楽家「ろすとてくのろじーとかいうオリジナルを専門家が解析した結果、」

音楽家「数が少ないながら複製に成功した武器なのだよ」

地の妖精「それって武器なのー?」

音楽家「うむ、銃口を対象に向けて、精神力を込めて琴線を掻き鳴らせば」ギュイィィン!

バコン!

音楽家「こんな風に、シビれるような音の衝撃波を発射することができるのだよ、原理はさっぱりだが」

火の妖精「すごい!、ドアが吹っ飛んだよ!」

風の妖精「ですがあのドア、他人の家のドアですよね?」

音楽家「…早くここを離れよう」 

79 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/12(火) 17:06:37 ID:Emy6PkWA
音楽家「さて、あの場所を離れたわけだが」

音楽家「これがあれば魔物に襲われても撃退できるぞ!」

火の妖精「でもあの子、魔物が出るような危険な場所には行かないよ?」

音楽家「…そうなのかね?」

地の妖精「要らなかったねー」

音楽家「そうか…残念だ」

風の妖精「行くとすれば、街中の何処かか、街の離れの草原ではないでしょうか」

音楽家「よし、手分けをして探そうか」

音楽家「私は壊したドアの家の持ち主とばったり会いたくないので、その草原を探すとする」

風の妖精「なんとまあ…」

音楽家「君達は街中の捜索を頼むよ」

火の妖精「まあ、いいけど」 

80 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/12(火) 17:11:06 ID:Emy6PkWA
………

妖精使い「…むにゃ」

妖精使い「いけない、眠ってしまいました…あれ」

妖精使い「…よ、妖精がみんな居ないよー?」

妖精使い「…あ、書き置きだ」

『ご主人が起きる気配がないので、私達だけで水の妖精を探しに行きます。妖精一同』

妖精使い「(´・ω・`)」 


82 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/12(火) 17:32:48 ID:Emy6PkWA
………

メカ娘「わあ!、いい場所ですネ!」

戦士「なるほど、確かにここの草原は見晴らしがいいしな」

水の妖精「へへん!、どう?、すごいでしょ?」

戦士「いや、俺は前からこの場所知ってたし、てかお前がすごいわけでもないだろ」

水の妖精「ちぇー、褒めてくれたっていいじゃないの」

メカ娘「ささ、お弁当を食べましょウ!、自信作ですヨ!」

水の妖精「待ってました!」

戦士「…妖精って何食うんだ?」

水の妖精「ん?、普段は空気中の魔力元素を糧にしてるけど、人間の食べ物も食べれるわよ?」

メカ娘「サンドイッチを作りましタ!」

戦士「ほれ、俺の少しやるよ」プチ

水の妖精「それ、パンの耳じゃない!、ハムをよこしなさい、ハムを!」 

83 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/12(火) 17:40:37 ID:Emy6PkWA
戦士「うん、美味いな、これ」

メカ娘「えへへ、ありがとうございまス」

水の妖精「あら、この卵サラダ美味しいわね」

メカ娘「それ、頑張って作ったんですヨ!」

戦士「お前、身体が小さすぎてサンドイッチとして食えてないじゃねーか」

水の妖精「う、うるさいわね」



>>84「…いい匂いがする…」 

84 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/12(火) 18:01:31 ID:zFPv5sHE
しゃべる狼 

85 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 15:50:39 ID:y/RkCRsM
音楽家「ふぅむ、いつ来てもここの草原はいい場所だな」

音楽家「…お」


戦士「~~」

メカ娘「~!」

水の妖精「!?、~~!!」


音楽家「ピクニックに来ているのかな?、確かに今日はいい天気だ、いいピクニック日和ではある」

音楽家「…して、あの青い妖精は行方不明になった水の妖精では?」

音楽家「妖精は希少で個体数が少ないと聞く。あれが別個体である可能性は低いな」

音楽家「いまいち確証が得られぬ、木陰に隠れて様子を窺ってみよう」ササッ 

86 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 16:01:07 ID:y/RkCRsM
水の妖精「ところで、さっきから気になってたんだけど、あなた人間じゃないわよね?」

メカ娘「はい、私は機械でス」

水の妖精「き、機械?」

戦士「なんでも、ろすとてくのろじーとかいう技術で動いているらしい」

水の妖精「どんなからくりなのかしら…」


メカ娘「……」ピピピ

戦士「……さて」

戦士「そこにいるのは分かってるんだ、さっさと出てこい」

音楽家「(げっ、バレたか…?)」

ガサ

狼「…グルルル」 

87 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 16:10:27 ID:y/RkCRsM
戦士「…なんだ、野生の狼か」

水の妖精「ここら辺に狼が出るなんて珍しいわね」

狼「…貴様らから食い物の匂いがするぞ」

戦士「ほう…喋るのか、てことは魔物の類だな」

メカ娘「喋る狼さんは初めて見まス」

狼「貴様らの持っている食い物を寄越せ」

戦士「てめえに分ける食い物はねぇよ、早く去らねえと蹴飛ばすぞ」

狼「そうか…なれば」

狼「代わりに貴様らを喰らってくれる!」バッ

戦士「おらっ!」ドゴッ

狼「ギャイン!?」

水の妖精「ほんとに蹴飛ばした」 

88 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 16:20:55 ID:y/RkCRsM
狼「ちぃ…大人しく咬み殺されていればいいものを」

狼「ならば」グワン

狼「灼熱の劫火でこんがり焼いてやろう!」ボォォ

水の妖精「姿形が変わった!?」

戦士「ホムラオオカミか」チャキ

メカ娘「周りの草花が燃えてしまってまス!」

焔狼「さて、レアがいいか、ウェルダンにするか…」

戦士「…参ったな」

水の妖精「どうしたのよ?」

戦士「ホムラオオカミ自体は大した相手じゃないんだが、超高温の炎を纏っているせいで剣が溶けるんだよな」

戦士「前にホムラオオカミの討伐依頼を受けたんだが、報酬が全部武器代になっちまったんだ」

メカ娘「私の金属のボディも融解される程の温度が計測されていまス」ピピピ

焔狼「…随分と余裕ではないか」 

91 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 16:35:45 ID:y/RkCRsM
焔狼「炎の鉤爪をくらえ!」ブン

戦士「どうすっかなー、今回は報酬が出るわけでもないし、この剣高かったしなー」ヒョイ

水の妖精「投げナイフはどうなのよ?」

戦士「あれ、使い捨てじゃなくてちゃんと後で回収してるんだぞ?、それに剣ほどじゃないが値も張るんだ」

焔狼「高熱の炎弾だ!」ボン

水の妖精「あんたは何か無いの?、目から光線出すとか」ヒュン

メカ娘「いえ、私は愛玩用に製作されたので、武器の装備、充填はされていませン」サッ

戦士「お前やっぱりそういう目的で作られたんじゃねえか!」

焔狼「……愚弄しおって!」 

92 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 16:50:29 ID:y/RkCRsM
水の妖精「しょうがないわね!、私が一肌脱いであげるわ!」

戦士「何か出来るのか?、妖精単体は無力と聞いたが」

水の妖精「だからあんたの精神力を使って助力するのよ!」

戦士「ほう?」

メカ娘「確か、人間の誰もが精神力を秘めているんでしたよネ?」

水の妖精「そ。それで精神力が一際強い人が妖精使いになったり、魔術使いになったりするのよ」

焔狼「呑気に談議とは、馬鹿にしているのか!」ブン

水の妖精「それじゃあ、私を信じて思いっきり剣を突き刺してやりなさい!」サッ

戦士「毎度ご主人の元から逃げ出してる奴を信じろと言われてもなぁ」ヒョイ

水の妖精「いいから!、早くしなさい!」 

93 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 16:59:36 ID:y/RkCRsM
戦士「それじゃあ、さくっとやるか!」チャキ

水の妖精「ようやく私の見せ場ね」キィィン

メカ娘「戦士様の精神力が妖精さんの中で魔力に変換されているのを感知しましタ」ピピピ

焔狼「灼熱の牙で噛み砕いてやる!」バッ

戦士「綺麗に喉元にぶっ刺してやるよ!」ザッ

水の妖精「いくわよ!、フリーズエンチャント!」カッ

ズシュッ 

94 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 17:09:51 ID:y/RkCRsM
戦士「…へぇ」

焔狼「がっか…」ピクピク

メカ娘「纏っていた炎が一突きで消えましタ」

戦士「武器に魔力を付加したのか」ズボッ

焔狼「コヒュッ」ドサッ

水の妖精「御名答、あんたの剣に氷の魔力を付加させたの」

水の妖精「魔力そのものをぶつけるよりずっと精神力の消費を抑えることができるわ」

戦士「ふむ、武器も溶けてないみたいだな」ブンブン


「ふぬぅおおおおおおおお!!!」ガサッ

戦士「うおっ!?」

水の妖精「だ、誰?」

音楽家「冷気を纏いし剣士!!相対する炎の魔物!」

音楽家「閃いた!、ピィィンときた!、インスピレーションが湧いてきたァ!!」 

95 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 17:18:46 ID:y/RkCRsM
音楽家「こうしてはおれん!、忘れぬうちに譜面に書きぶつけなければ!」

音楽家「おふぉおおい!」スタコラ

戦士「…誰だあいつ?」

水の妖精「さ、さあ?」

メカ娘「あの人の持っていた武器、見覚えがありますネ」

………

地の妖精「あ、戻ってきたよー」

火の妖精「おーい!、街にはいなかっ

音楽家「ヴヒャハーイ!」スタコラ

地の妖精「…行っちゃったよー?」

風の妖精「な、何があったのでしょう?」 

96 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 17:28:28 ID:y/RkCRsM
戦士「もうピクニックって気分じゃなくなったなー」

メカ娘「あの草原、燃えてしまいましたしネ…」

水の妖精「残念だなぁ、緑溢れるいい場所だったのに」

火の妖精「あー!、水ー!」

地の妖精「どこ行ってたのー?」

風の妖精「ご主人が心配してましたよ?」

水の妖精「あれ?、みんな、何でここに?」

火の妖精「あんたを探してたの!」

地の妖精「ご主人、また飲んだくれてるんだよー?」

水の妖精「酔いどれになるなんて、いつものことじゃないの」

風の妖精「誰のせいだと思ってるんですか!」

水の妖精「あ、あはは…」 

99 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 17:45:06 ID:y/RkCRsM
その後

音楽家「出来たァ!」

音楽家「今までで五本の指に入る出来だ!」


戦士「そんなわけで開演された楽曲、『情熱を駆ける冷線』」

戦士「音楽の事はよく分からないが、燃えるような暴れるビートから凍るような鋭いリズムが駆け抜け、お互いが相殺されたかのように最後に静かな野原のようなのどかなメロディーが流れて締める感じの楽曲…らしい」

戦士「評判はすこぶるいいとか。流石は王宮演奏団と言うところか」

………

妖精使い「もうあなたに振り回されるのはこりごりです!」

妖精使い「契約破棄します!、切ります!」

水の妖精「えっ…」

妖精使い「はいっ今切りました!、もうどこにでも行きなさい!」

水の妖精「ちょ、ちょっと」

妖精使い「あー…新しい妖精と契約しに水の都へ行かなければ…」

水の妖精「……」 

100 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 17:54:09 ID:y/RkCRsM
………

戦士「それで俺のところに来たわけか?」

水の妖精「う、うん」

戦士「自業自得というか、なんというか…」

水の妖精「お願い!、他に行く場所がないの!」

メカ娘「私はいいですヨ、賑やかになりますシ」

戦士「…いなくなっても探してやらんぞ」

水の妖精「やった!」


………

鍛冶屋「いい鉱石が安く手に入ったぞ、へへ」

鍛冶屋「…」

鍛冶屋「俺んちのドアが吹っ飛んでるー!」 

101 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 18:18:48 ID:y/RkCRsM
………

戦士「おはよう」

メカ娘「ご馳走様でしタ」ピピピ

水の妖精「…い、いつもこんな起こされ方してるの?」

戦士「今日は激しい方だったな、腰が痛い」

メカ娘「沢山搾り取れましタ」

水の妖精「……うぅ」

コンコン

メカ娘「おや、来客ですカ」

戦士「こんな朝っぱらから誰だよ」

コンコンコン

メカ娘「今出まース!」ガチャ


>>102「………」 

102 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 18:32:07 ID:4f292e2M
(レアな)光の妖精 

103 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 20:33:59 ID:y/RkCRsM
鍛冶屋「戦士の旦那ー!、助けてくれー!」

水の妖精「あら、久しぶりね」

戦士「鍛冶屋じゃないか、朝早くからどうしたんだ」

鍛冶屋「実は昨日の夜帰ってきたら、俺んちのドアが壊されていて」

鍛冶屋「金目の物、全部盗まれてたんだよー!」

メカ娘「まあ、それは可哀想ニ…」

戦士「災難だったな、それで?」

鍛冶屋「残ってたこの剣、買ってくれ!」

戦士「刃こぼれしまくってるじゃねえか!、これ修理前の剣だろ!、こんなもん買うか!」

鍛冶屋「くう……商売道具の金槌まで盗られて一文なしだぁ…」


光の妖精「……」ジー

水の妖精「…ん?」

光の妖精「っ」サッ 

104 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 20:44:06 ID:y/RkCRsM
水の妖精「ねえ、その子誰?」

鍛冶屋「あぁ、こいつ?、旦那の家に向かう途中、道端に落ちてたんだ」

鍛冶屋「やけに光ってるから、金かと思って近付いたら羽を怪我したこいつだったんだ」

光の妖精「……」ペコリ

戦士「金って」

水の妖精「うーん…」

戦士「どした?」

水の妖精「この子、なんの属性なのかしら」

水の妖精「どうも火、水、風、地の4属性とは違うみたいなんだけど…」

鍛冶屋「てことはレア物?、高く売れる!?」

光の妖精「!?」ビクッ

水の妖精「ちょっとやめなさいよ!」 

105 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 20:57:47 ID:y/RkCRsM
水の妖精「何なのかしらね、この子」

戦士「ふむ」

鍛冶屋「…いやいやいや、俺はそんな用事で来たんじゃないんだよ!」

鍛冶屋「早くお金を貯めて最低でも金槌を買わないと鍛冶屋を続けられないんだ!」

戦士「ドワーフ達はどうなんだよ?」

鍛冶屋「旦那も知ってるだろ?、里までの道中で魔物が出るじゃないか」

鍛冶屋「装備があった前までならまだしも、丸腰で行くには危険なんだよ」

戦士「あるじゃないか、剣が一本」

鍛冶屋「これ修理前のボロ剣だぜ?、無理だって」

戦士「そんな物を売ろうとするな!」

光の妖精「……」キョトン 

106 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 21:07:47 ID:y/RkCRsM
鍛冶屋「よし!、じゃあドワーフ族の里まで護衛を頼むよ!」

戦士「それくらいは構わんが、見返りは?」

鍛冶屋「あー…そうだなぁ」

戦士「そういえば、前に俺に剣を作ってやると言ってたが、」

戦士「その剣をタダで譲るというのはどうだ?」

鍛冶屋「あー、あの剣ね」

鍛冶屋「既に作り終えてたんだけど、一緒に盗られちゃった」

戦士「そのボロ剣でいける所まで頑張るんだな」

鍛冶屋「待って!、見捨てないで!」 

107 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 21:16:35 ID:y/RkCRsM
………

戦士「結局護衛する羽目になった」

鍛冶屋「いや、すまんね、ほんと」

水の妖精「どうせ私達が断ったらその子を売るつもりだったんでしょ!」

光の妖精「!、…」

鍛冶屋「は、はは…」

戦士「ところで、お前も付いてくるのか?」

水の妖精「別にいいでしょ?」

戦士「はぐれても探してやらんぞ?」 

108 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 21:20:06 ID:y/RkCRsM
光の妖精「……!」

鍛冶屋「ん?、どうした、ちびっ子」

光の妖精「…」クイクイ

鍛冶屋「あっちに何かあるのか?」

戦士「おーい、どこ行くんだー?」

鍛冶屋「いやちょっと、この子が」

水の妖精「待って、誰かいる」

戦士「……あいつは?」


>>110「…」 

110 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 21:32:43 ID:x/XnqoZU
異世界人 

112 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 22:41:25 ID:D6mwjFq2
マーベルでスーパーな奴だったり…… 

113 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 23:27:34 ID:y/RkCRsM
異世界人「……」

異世界人「よし、異世界移動は無事に成功したようなのです」

異世界人「前の世界では惜しいところで邪魔が入り、失敗してしまいましたが」

異世界人「新しくやってきたこの世界では、見事に世界征服を果たしてやるのです!」

異世界人「さて、まずは根城の確保…」

戦士「……」

水の妖精「……」

鍛冶屋「……」

光の妖精「……」

異世界人「ニャニャ…早速見つかってしまったのです」 

114 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 23:38:29 ID:y/RkCRsM
戦士「誰だお前」

異世界人「にゃふふふ…」

異世界人「この私の姿を見て気付かないとは、愚かの極みなのです…」

戦士「なあ、わかるか?」

鍛冶屋「いや、猫耳と尻尾が生えた女の子にしか見えない」

異世界人「…そうでした、ここは異世界でしたです」

異世界人「皆に恐れられたこの私を知らなくても無理はないのです」

水の妖精「あ、よく見たら手足も猫っぽいわね」

異世界人「知らないのならば、名乗ってあげましょうです!」

異世界人「私こそ、最凶のアーツを習得し、あらゆる種族の頂点に立ったニャンクルスの女王なのです!」ババーン

戦士「あ、あーつ?」

水の妖精「にゃんくるす…?」

光の妖精「…?」 

115 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 23:49:06 ID:y/RkCRsM
異世界人「にゃふ…どうやら異世界では常識も違ってくるようですね」

異世界人「まあいいのです、私の姿を見たからには…」

異世界人「消え去ってもらうのです!」

戦士「むっ!」

異世界人「前の世界では発動させることが出来なかったのですが、ここなら邪魔は入らないのです」

異世界人「最凶と呼ばれ、封印されていた禁忌のアーツをくらうがいいです!」

異世界人「メテオディザスター!!」カッ

……………

戦士「……」

光の妖精「……?」

水の妖精「何か変わった?」

異世界人「…あれ?」 

116 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/13(水) 23:57:26 ID:y/RkCRsM
異世界人「な、何故発動しないのです?」

異世界人「空気中のエーテルが不足しているですか?」オロオロ

鍛冶屋「エーテルってなんだ?」

水の妖精「さあ?、魔力元素とは違うみたいだけど」

異世界人「……にゃ!?」

異世界人「まさかまさか、世界の構成、そのものから違うですか!?」

戦士「何言ってるか分からんが、失敗したらしいな」

異世界人「にゃふー…こうなったら仕方ないのです」

異世界人「肉弾戦は好まないですが、このフォトンセイバーでぶった切って」スッ

異世界人「…」

水の妖精「何、その筒」

異世界人「エーテルが無いので光の刃が出ないのです…」 

118 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/14(木) 00:08:11 ID:a9TlGPmg
異世界人「にゃふ…こうなったら最終兵器です」

異世界人「必殺、猫ぱんちなのです!」ペシ

戦士「……」

異世界人「にゃふ!、にゃふ!」ペシペシ

戦士「何してんだお前」

異世界人「ば、馬鹿な…解放軍相手に無双した猫ぱんちが効いてないです」

異世界人「はっ!?、これもエーテルが無いせいで本来の威力が」

戦士「とりあえずゲンコツ」ガツン

異世界人「ヴにゃあ!?」

戦士「先急ごうぜ」スタスタ

鍛冶屋「おう」スタスタ

光の妖精「……」フリフリ 

119 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/14(木) 00:14:25 ID:a9TlGPmg
異世界人「うぅ…痛いのです…」

異世界人「……おかしいです、こんなハズではなかったのです」

異世界人「こうなったら異世界移動装置で再び別の世界に」カチ

異世界人「……」カチカチ

異世界人「これもエーテル可動式だったのです…どこにも行けないです…」


>>120「…」ジー

異世界人「にゃ?」 

120 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/14(木) 00:17:30 ID:V.CIZ.Ug
獣使いのおねーさん 

121 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/14(木) 14:50:16 ID:a9TlGPmg
獣使い「ふーん、珍しい獣人がいるものね」

異世界人「お前は誰です?」

獣使い「ワーキャットにしては容姿が人間に近すぎるし、ネコマタにしては尻尾が2本もないし…ふむ」

獣使い「でも私のペットにするには落第点かなー」

異世界人「誰だと聞いているのです!」

獣使い「ふん、小娘のくせに生意気な口を聞くじゃないか」

異世界人「にゃふー、女王に向かってその態度とは、生意気な奴なのです!」

獣使い「別にあんたに用は無いけど、刃向かうなら容赦しないよ!」

異世界人「にゃふふ…さっきゲンコツしてきた奴から、この世界の武器をちょろまかしたのです」ジャキ

異世界人「……この武器、重いのです」

獣使い「…ぶふっ!、なんで剣を鞘から抜かずに構えてるんだい!」

獣使い「中々愉快な奴だけど、邪魔者認定だ!、何の女王かは知らないけど始末させてもらうよ!」

異世界人「にゃふふー、この私に勝てると思っているのです?」 

122 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/14(木) 15:00:40 ID:a9TlGPmg
獣使い「誰も私が相手するとは言ってないよ?」

異世界人「にゃふ?」

ザッ

剣獅子「グルルル…」

獣使い「戦うのは私のペットさ!」

異世界人「にゃにゃ!?」

獣使い「あんたは私のペットの餌になるのがお似合いさ!」 


124 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/14(木) 15:11:57 ID:a9TlGPmg
………

戦士「さて、無事に里に着いたな」

鍛冶屋「よし、早速掛け合ってくる」スタスタ


戦士「…あれ!?」

水の妖精「どうしたのよ?」

戦士「俺の剣が無い!」

水の妖精「え!?、ちょっと、今まで気付かなかったの!?」

戦士「落としたわけは無いだろうし、鍛冶屋の野郎に盗むような器量と度胸があるわけないし、一体どこで…」

ニャー!

戦士「…あいつか!」 

125 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/14(木) 15:22:03 ID:a9TlGPmg
………

異世界人「にゃははははー!」

剣獅子「」ドシャ

獣使い「そ、そんな…こんなあっさり…」

異世界人「よく分からないけど、武器を振り回していたら何かが吹っ飛んで刃が出たのです」

異世界人「後はこんな下等種族など、全ての頂点に立つニャンクルスの前では赤子を捻るも同然なのです!」

獣使い「くぅ…魔王軍で一の猛獣使いであるこの私が…」

異世界人「さて…次はお前が相手になるですか?」

獣使い「くそ…簡単な任務だと思ってペットを1匹しか連れて来なかったのは失敗だったか…」 

126 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/14(木) 15:31:43 ID:a9TlGPmg
戦士「…てめえ!」ザッ

異世界人「にゃふ!、お前はさっきのゲンコツかました奴!」

異世界人「ちょうどいいです、今ここでぶった切ってやるです!」

戦士「俺の剣を軽々振り回してやがる…」

水の妖精「な、なんか倒れてるんだけど」

戦士「あれはサーベルレオだ、こいつを屠るとは、あいつかなりの実力者か!」

獣使い「(今のうちに逃げよう…)」コソコソ 

127 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/14(木) 15:41:15 ID:a9TlGPmg
戦士「くそ、手持ちの武器は投げナイフしかないぞ…」

異世界人「来ないならこっちから行くです!」ブンッ

戦士「うおっと!」

戦士「(鋭い一撃だな…これは相当修練を積んでるぞ)」

戦士「(…だが!)」

戦士「安易に突っ込んできたのは間違いだったな!」

異世界人「にゃふ?、……!!」サッ

ドゴォォォン!

異世界人「…危なかったのです」

異世界人「火薬の匂いに気付かなければ、足下に転がってた爆弾にやられてたのです」

ザクッ

異世界人「ぶにゃあ!?」

戦士「余所見禁物だ、格好の的だったぜ」 

128 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/14(木) 15:51:28 ID:a9TlGPmg
異世界人「に、にゃふ…エッジスローですか…」

戦士「何言ってるか分からないが、投げナイフだ」

異世界人「にゃふふ…しかし、この程度で倒れる私では…!?」ヨロッ

戦士「投げナイフの刃には神経毒を塗ってるんでな」

異世界人「か、身体が、動かないです…」ドサッ

戦士「よーし、俺の剣、返してもらおうか」ヒョイ

水の妖精「剣の鞘、あっちに落ちてたわよー」

戦士「え?、なんでそんな遠くに飛んでるんだよ」 

129 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/14(木) 16:01:44 ID:a9TlGPmg
鍛冶屋「あ、旦那ー!、ここにいたのか!」

光の妖精「……」フリフリ

戦士「おう、鍛冶屋か、どうだった?」

鍛冶屋「とりあえず、金槌と薪といくつかの鉱石を分けてもらえたぜ」

水の妖精「あら、良かったじゃない」

戦士「じゃあ帰るか」

………

獣使い「……」ガサッ

獣使い「あの剣士、そこそこの腕があるみたいね」

獣使い「それにあの光り輝く妖精はまさか…」

獣使い「…ふふ、この近くに住んでる魔女を討伐する本来の任務は失敗したけど、それに匹敵する情報を得ることが出来たわ」

魔女「私がなんだって?」

獣使い「えっ」 

130 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/14(木) 16:10:48 ID:a9TlGPmg
獣使い「げえっ!、魔女!?」

魔女「うげへぇー!?、まさか魔王軍の手先!?」

獣使い「なんで私より驚いてるんだい、お陰で冷静さを取り戻したよ」

魔女「いやだぁー!、散歩してただけなのになんでばったり会っちゃうのよー!」

魔女「お願い!、命だけは助けて!、てかもう来ないで!、ホントお願い!」

獣使い「くぅ、標的が目の前にいるのに何も出来ないなんて…」

魔女「あ、そうだ!、転移魔法!、どっか飛んでけ!」カッ

獣使い「え、ちょっと待」バシュン

魔女「ふひぃー、危なかったわ、咄嗟に魔法唱えなきゃやられてたわー」

異世界人「…まだ動けないです…」

魔女「ん?」 

131 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/14(木) 16:27:42 ID:a9TlGPmg
その後

鍛冶屋「いやー、なんとか持ち直したぜ」

鍛冶屋「一文なしになったときはマジで焦ったぜー」

鍛冶屋「ん?、あの妖精?、羽の怪我が治ったら、どっかに飛んでいっちまった」

鍛冶屋「さようならの書き置きと、助けてくれたお礼の金貨一枚が残されてたよ」

鍛冶屋「何だったんだろうな?」

………

異世界人「まだ野望は潰えていないのです!」

異世界人「いつの日か、この世界を支配してやるです!」

魔女「ご飯できたー?」

異世界人「にゃふ!、も、もう少し待ってくださいです!」

魔女「いやー、珍しかったから獣人を拾ったけど、ほんと楽になったわー」

異世界人「にゃふー…いつか寝首を掻いてやるです…」

………

獣使い「…こ、ここはどこー…?」 

133 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/14(木) 16:39:26 ID:a9TlGPmg
………

戦士「おはよう」

メカ娘「ご馳走様でしタ」ピピピ

水の妖精「もう慣れたわ」

戦士「さぁて、そろそろ依頼をこなさないとなー」

メカ娘「酒場に行かれるのですカ?」

戦士「おう、行ってくる」

メカ娘「行ってらっしゃいまセ」

水の妖精「行ってきまーす」

戦士「相変わらず付いて来るのな」

水の妖精「いつものことでしょ?」 

134 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/14(木) 16:43:08 ID:a9TlGPmg
戦士「酒場に着いた」

水の妖精「……」

戦士「どした?」

水の妖精「…元ご主人がいないと思って」

戦士「…」

水の妖精「あ、別に私は平気よ?、あんたといると退屈しないし、その、…楽しいし」ボソ

戦士「そうかい」

水の妖精「ほ、ほら!、なんか依頼無いの?」

戦士「そうだなぁ…」



>>135「……ふむ」 

135 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/14(木) 16:47:13 ID:WdQ0PEYY
万能可変剣 

140 :無茶振りでもない限りは安価処理するから気長に待っとくれ:2013/02/14(木) 20:05:17 ID:a9TlGPmg
戦士「…はて」

水の妖精「どうしたの?」

戦士「こんなところに剣なんて置かれてたかな」

謎の剣「ふむ……ふむ」

水の妖精「何よこの剣、喋ってるわよ」

戦士「インテリジェンスソードか、珍しいな」

謎の剣「我が気になるか?」

水の妖精「うん、さっきからふむふむ唸ってるし」

謎の剣「我はかつての英雄、剣聖が振るいし聖剣にあられる」

水の妖精「せ、聖剣?」

戦士「何でこんなところに置いてあるんだよ?」

聖剣「うむ、我はこの酒場の倉庫で眠っていたのを久しく掘り起こされ、来たるべき聖戦に備えてここにて剣聖の意思を受け継ぐ者を待っている」

戦士「えらくボロっちい見た目してるけど」

聖剣「我は使い手の意思により如何様にも形を変えることができる」 

141 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/14(木) 20:13:50 ID:a9TlGPmg
戦士「てかさ、刀身も錆びついてるんじゃないのか?」スッ

聖剣「ならぬ」バチッ

戦士「あでっ」

聖剣「我は剣、されど我には他の剣と違い、意思がある」

戦士「使い手くらい選ばせろって?」

聖剣「然様」

聖剣「我を振るう資格を持つのは剣聖の意思を受け継ぐ者」

聖剣「すなわち、」

聖剣「可憐なる美少女のみ!」

戦士「…はあ?」

聖剣「それ以外の者は我に触れる事すらさせぬ!」 

143 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/14(木) 20:26:02 ID:a9TlGPmg
戦士「…とんだ●●●だな、この剣」

水の妖精「もしかして、この酒場の女性を眺めてふむふむ唸ってたわけ?」

聖剣「我のかつての使い手、剣聖は、それはもう絶世の美女と呼ばれていた」

聖剣「いずれ現れるであろう次の使い手も、それに劣らない美貌を持つ筈である」

聖剣「例えば…」

聖剣「あそこで静かに飲んでいる女性とか」

聖剣「あそこで仲間と騒いでいる女性とか」

水の妖精「確かに美人だけど…」

聖剣「ふむ…お主もそんなに悪くはないな」

水の妖精「え、わわ私?」

戦士「女なら人間じゃなくても誰でもいいのかよ」

聖剣「誰でも良い訳ではない!、可憐なる美少女のみだ!」

水の妖精「わ、私が可憐…えへへ」 

144 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/14(木) 20:41:54 ID:a9TlGPmg
戦士「しかし、剣聖ねぇ」

戦士「遙か昔に邪悪なる者を討ち倒したとかいう伝承は聞いた事あるけど、女性だったのか」

聖剣「それはもう、道行く男性たちは皆振り返っておったくらいでな」

戦士「ふーん…」

聖剣「剣聖の話、聞くか?」

戦士「いや、いい」

戦士「そもそも俺はこんな喋る剣と会話しに来たのではない、じゃあな」クルッ

戦士「何かいい依頼は…」

聖剣「…ふむ、では我も女性の選定、ゲフン、継承者が現れるのを待つとするか…」

ガチャ

>>145「…」

聖剣「む?」 

145 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/14(木) 20:46:03 ID:WPFNBgFk
少女の天使 

148 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/15(金) 14:24:58 ID:DcAa7RNM
天使「はあ…はあ…」

聖剣「(ほう…天使とは珍しい)」

聖剣「(あの幼いながらも整った顔立ち…悪くない)」

聖剣「ふむ…ふむ…」

天使「…」キョロキョロ

天使「!、あった!」

聖剣「ん?」

戦士「……」

戦士「…おっ」

天使「ここにあったのですね!、伝説の聖剣!」

聖剣「我のことか?」

天使「後はこれを持ち帰れば…」

バタン!

獣使い「おーっと!、そうはさせないよ!」

天使「そんな!?、もうここまで!」 

149 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/15(金) 14:34:29 ID:DcAa7RNM
聖剣「(おお…中々レベルが高いな)」

聖剣「(凛としたツリ目に見事なバスト…悪くない)」

聖剣「ふむ…ふむ…」

獣使い「その剣が選ばれし者に渡ると、都合が悪いんでね」

獣使い「だからその剣は我々魔王軍が頂くよ!」

戦士「なあ、この依頼とかどうだ?」

水の妖精「えー?、それ場所が砂漠じゃない、私は嫌よ」

天使「くっ…この剣だけは守らないと!」

獣使い「ベノムスネーク!、そいつを捕まえろ!」

毒蛇「キシャアアア!」シュルシュル

天使「きゃあ!、離して!」 

150 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/15(金) 14:45:12 ID:DcAa7RNM
毒蛇「シュルルル」グググ

天使「か、かはっ…!」

獣使い「おっと、絞め殺すんじゃないよ、そいつを連れ帰って色々喋ってもらうからね」

獣使い「さて、こいつが伝説の聖剣かい?」ヒョイ

聖剣「中々の美人だ、我を振るうことを許可する」

獣使い「へえ、ほんとに喋るんだね」

水の妖精「あ、これどう?、場所が水の都だって!」

戦士「報酬の額が低い、駄目」

天使「くぅ…その剣は渡さない…!」

獣使い「うるさいわね、気絶する程度に締め上げなさい」

毒蛇「キュルルッ!」ギチギチ

天使「あ、あがっ…」ガクッ 

151 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/15(金) 14:58:04 ID:DcAa7RNM
獣使い「さぁて、後は魔王城に帰るだけだね」

獣使い「思ったより簡単な任務だったねぇ」バタン


戦士「だからそれは割に合わねーの!」

水の妖精「それだってなんか危険そうじゃないの!」

戦士「だったら留守番してればいいだろ」

水の妖精「うっ、それはそうだけど…ん?」

戦士「お、新しい依頼が貼り出されてるな」

二人「…お!」 

152 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/15(金) 15:09:12 ID:DcAa7RNM
………

獣使い「離れの草原まで来ればもうおしまいさね」

翼獣「ガルルル」

獣使い「後はこいつに乗って魔王城にひとっ飛びだね」ヒョイ

獣使い「さあ、飛ぶんだウイングビースト!」

翼獣「ガル!」バサ

翼獣「……」

獣使い「どうした?、早く飛びなさい!」

翼獣「クルルル…」

獣使い「…ほんとにどうした?」

獣使い「…!、ウイングビーストの足にツタが絡まってる!?」

翼獣「キュー…」

「逃しはしませんよ」 

153 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/15(金) 15:22:05 ID:DcAa7RNM
獣使い「!、誰だ!」

火の妖精「ファイアバースト!」ボォォ

獣使い「マズい!」サッ

翼獣「グガアアア!?」メラメラ

獣使い「くっ、ウイングビーストが…」

風の妖精「ウィンドカッター!」シュババ

獣使い「うわああ!」ズババ

毒蛇「カフッ」ズバジュ

天使「」ドサッ

獣使い「うぐぐ…」

ザッ

妖精使い「…魔王軍の獣使い、指名手配されているあなたを捕らえに来ました」

地の妖精「ちなみにツタを絡ませたのは私だよー」 

154 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/15(金) 15:34:00 ID:DcAa7RNM
妖精使い「依頼では生死を問わないと書いてありました」

妖精使い「抵抗しなければ命は取りません」

獣使い「…くふふ」

妖精使い「…何を笑っているのです?」

獣使い「前回学んだからね」

獣使い「万が一の事を考えておくことをさ!」ズドドド

火の妖精「じ、地面が揺れてるよー?」

風の妖精「まあ私達は飛んでるので感じないのですが、目に見えて揺れてます」

獣使い「私のとっておきのペットだよ!」

獣使い「出てこい、アースディガー!」

ズドン!

掘岩竜「グアオオオオ!!」

妖精使い「トカゲ!?」

火の妖精「お、大きい…」 

155 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/15(金) 15:47:30 ID:DcAa7RNM
獣使い「さあ、その鼻のドリルで刺し貫いてやりな!」

掘岩竜「グルアア!」ギュルル

妖精使い「くっ!」サッ

風の妖精「ど、どうしますか?」

妖精使い「…大丈夫、対策は思い付きました」

妖精使い「地の妖精!、足止めを!」

地の妖精「おーらい!、アースゲイザー!」ズドドン

掘岩竜「グルルル?」ガガガ

獣使い「ふん!、そんな土の柱で止められると思っているのかい!」

掘岩竜「グルア!」バゴン

妖精使い「ええ、少しの時間があれば十分です」

火の妖精「……」キィィン

風の妖精「……」キィィン 

156 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/15(金) 15:59:58 ID:DcAa7RNM
妖精使い「魔力変換は既に終えています、放ちなさい!」

火の妖精「行くよ!火と風の複合技!」

風の妖精「スパイラルバレット!」バシュン

ズドン!

掘岩竜「グガッ!?」ユラ

獣使い「な…アースディガーの頭を貫いた…?」

妖精使い「いかに強大な魔物でも、急所を突かれれば一撃で地に伏せます」

妖精使い「ところで…そこにいても大丈夫ですか?」

獣使い「え?」

掘岩竜「」グラリ

獣使い「うわ!」

ズシーン!

地の妖精「…下敷きになっちゃったねー」

妖精使い「…やれやれ、身柄を引き渡さなければいけないのに、この巨体の下から引っ張り出すのは大変そうですね」 

157 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/15(金) 16:10:31 ID:DcAa7RNM
………

天使「…う」

天使「ここは…草原?」

天使「…蛇を操っていた人はいない…」

天使「気絶している間に何が…」

天使「…そうだ!、伝説の聖剣!」キョロキョロ

天使「『異界より現れし勇者、光り輝く導き手を引き連れ、伝説の聖剣を振るい、諸悪を討ち倒し、世を平定せん』」

天使「光の妖精の出現が確認された今、あの伝承は正しかったと証明された」

天使「ならば、伝説の聖剣も存在するはず」

天使「そして、ようやく見つけたというのに…」

天使「一体どこへ…」

戦士「おっと、動くなよ」チャキ

天使「っ!」 

159 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/15(金) 16:19:36 ID:DcAa7RNM
戦士「今さっき、捜索依頼が出てな」

戦士「白い翼を持つ天使、てめえを捕まえろって依頼だ」

天使「…誰の依頼ですか」

戦士「さあ?、ローブを深く被ってて、顔が見えなかったな」

天使「く、もしや魔王軍が…」

戦士「とにかく、生きたまま連れてこいって話だ」

戦士「あんまり暴れないでもらえると、有難いんだがね」

天使「くっ!」バサ

水の妖精「フリーズエンチャント!」

戦士「そして投げナイフ」シュッ

天使「あっ…!」ザクッ

戦士「翼が凍れば空を飛べまい」

天使「うぅ…」 

160 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/15(金) 16:27:36 ID:DcAa7RNM
天使「…仕方ありません」

天使「催眠魔法であなたを眠らせ…!?」

戦士「投げナイフには、お馴染みの神経毒を塗ってある」

天使「身体が…」ドサッ

戦士「翼に刺さっても毒は体に回るんだな」

水の妖精「早めに見つかってよかったわね」

戦士「そうだな、今日はもう一つ依頼を受ける余裕があるかな」

水の妖精「早く連れて行きましょ!」

戦士「おう」ヒョイ

天使「うぅ…使命を果たせず、捕まってしまうとは…」 

161 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/15(金) 16:36:24 ID:DcAa7RNM
聖剣「………」

聖剣「我はかつての英雄、剣聖が振るいし聖剣である」

聖剣「…ここは草原か」

聖剣「………」

聖剣「誰か拾ってくれないかな…」

聖剣「まあ…可憐なる美少女に限るが」

聖剣「………」

聖剣「我は聖剣、剣聖の意思を受け継ぐ者を待つ…」

………

戦士「さーて、報酬をたんまり貰ったぞ」

水の妖精「次はどの依頼を受けるの?」

戦士「そうだな…」

>>162「あの…」

戦士「ん?」 

162 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/15(金) 16:36:57 ID:y3.Kze86
情報生命体。形は少女(長門とかそういうチートではなく、幽霊の様なもの。
物理も魔法も科学もすり抜ける(パソコンとかがあったら彼女に乗っ取られるかも
知れないが)。勿論彼女からの攻撃(そもそもしないが)も当たらない。壁抜けが
出来る。基本的に浮遊移動。飛翔も可。様々な情報を無限に収集するのが存在意義) 


168 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/15(金) 21:06:24 ID:DcAa7RNM
戦士「…?」

戦士「今のお前か?」

水の妖精「違うわよ、それに私も聞こえたし」

「あのー、すいません」

戦士「?」

水の妖精「んん??」

戦士「なんだ?、声だけ聞こえるんだが…」

「ここです、ここ」

戦士「どこだよ、見えねぇよ」

水の妖精「な、なんか薄気味悪いわね…」

戦士「幻聴ではないんだよな、二人とも聞こえてるわけだし」

水の妖精「…ね、ねえ、今日はもう帰らない?」

戦士「…まあ、一応稼いだし、そうするかな…」スタスタ



霊少女「……」 

170 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/15(金) 21:20:41 ID:DcAa7RNM
霊少女「うーん…」

霊少女「やっぱり見えないのか…」

霊少女「あの人ならもしかしてって思ったんだけど…」

霊少女「どうしたもんかなー」


音楽家「いやー、『情熱を駆ける冷線』は中々受けが良かったぞ」

音楽家「収入もたくさん入ったし、しばらくは贅沢ができるぞ」

音楽家「こんなに気分がいいと、歌いたくなってしまうな」

音楽家「ナナナァーナ、ナナナナァーーナ、」

音楽家「ナー、ナアアァァーーー!」

霊少女「ちょっと、あんたうるさい!」

音楽家「うおっと!、人がいたのか、騒いでしまってすまない」

霊少女「…あれ?」

音楽家「む?」 

171 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/15(金) 21:45:09 ID:DcAa7RNM
霊少女「あんた、私が見えてるの?」

音楽家「見えるとは?、何が見えないというのかね?」

霊少女「…私のことが見えてるのね!?」

音楽家「だから何が見えないというのだ、少女よ」

霊少女「よかった…やっと私が見える人に出会えた!」

音楽家「…私には話が見えぬ…」 

172 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/15(金) 22:02:25 ID:DcAa7RNM
………

音楽家「つまり、君は大半の人には姿が見えない存在であると?」

霊少女「うん、そうみたい」

音楽家「では君は幽霊とでもいうのかね?」

霊少女「うーん、それが自分でもよく分からないんだよね…」

霊少女「というか、自分の正体が知りたくて、見える人を探してたんだよね」

音楽家「ほう?」

霊少女「私、こう見えても情報収集は得意なんだ」

霊少女「すでに怪しいところを見つけてるんだけど、私一人ではどうしようもなくて」 

173 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/15(金) 22:12:20 ID:DcAa7RNM
音楽家「ふむふむ、それでこの王宮演奏団の作曲家たる私に協力してほしいと?」

霊少女「いや、私が見える人なら誰でもいいんだけど…」


メカ娘「今日の晩御飯は何にしましょうかネー」

メカ娘「それにしても今日はいい天気ですネ、歌いたくなってしまいまス」

メカ娘「みーんーなーでー朝ごはん♪、私が作ったー♪」

メカ娘「急いで♪、急いで♪、でも味わって食ーべてーねー♪」

音楽家「すまない、静かにしてくれないか」

メカ娘「あ、すみません二人共、騒いでしまっテ」

霊少女「…あれ?」

メカ娘「はイ?」 

174 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/15(金) 22:23:43 ID:DcAa7RNM
………

メカ娘「なるほど、実態を持たない方なのですネ」

霊少女「うん、それで自分の正体が知りたくて見える人を探してたんだ」

メカ娘「でも私、買い物をしなくてハ…」

音楽家「…」ジー

メカ娘「…なにカ?」

音楽家「あー、君は、機械仕掛け、なのかね?」

メカ娘「はい、そうでス」

霊少女「よくあるタイプのメイドロボだよね」

二人「メイドロボ?」

霊少女「あれ…知らない?」

メカ娘「はい、私はろすとてくのろじーとかいうので動いているらしいのですガ…」

音楽家「…待ちたまえ」 

175 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/15(金) 22:31:02 ID:DcAa7RNM
音楽家「君はこの機械仕掛けの子の素性を知っていると、そういうことかな?」

霊少女「う、うん」

メカ娘「あノ?」

音楽家「…やはり君も協力するべきだ」

音楽家「見えない少女と君は、何らかの関わりがあるのではないだろうか」

霊少女「ん?、あんたは協力してくれるの?」

音楽家「もちろんだとも!、謎の探求はロマンだからね!」

音楽家「さて!、私はっ準備をっしてくるっ!、その後にっ手がかりがあるっ場所へっ案内してくれたまへっ!」

霊少女「わ、わかった」

メカ娘「買い物ガ…」



>>176「…へえ」 

176 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/15(金) 22:32:02 ID:PVwxhS8A
音楽家の嫁さん 

179 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 12:33:32 ID:gW7B9Q8M
音楽家嫁「楽しいことしてるじゃないの」

音楽家「おお、我が嫁ではないか、どうしたのだ?」

音楽家嫁「どうしたはこっちのセリフよ!、散歩とか言って、その娘と逢引してたんでしょ!」

メカ娘「は、はイ?」

音楽家「待て嫁、あらぬ誤解をしていないか」

霊少女「(私は見えてないのか…)」

音楽家嫁「じゃあ何してたっていうの!」

音楽家「私は謎の探求をだな」

音楽家嫁「まあ!、その娘の謎はこの中にあるとか抜かして服を剥ぐつもりなのね!」

音楽家「何を言っているのだ」

音楽家嫁「この前も秘境探検とか言ってたわよね!」

音楽家嫁「どうせそれもこの娘の秘境は絶景だなーとかのたまってたんでしょ!」

音楽家「落ち着け嫁、何を言ってるのか理解できない」 

180 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 12:43:51 ID:gW7B9Q8M
音楽家嫁「まさか、仕事行ってくるついでにその娘みたいな女の人と会ってるの!?」

音楽家「何、私が仕事をしていないというのか!」

音楽家嫁「どうせ同じ仕事場の女性にベッドの上で発声させてるんでしょ!」

音楽家「私の仕事に対する情熱を理解してないのか!」

音楽家嫁「あら!、君の心を私の情熱で暖めてあげようとか言って抱いてるのね!?」

音楽家「私はプライドを持って仕事に臨んでいるのだぞ!」

メカ娘「会話が噛み合ってないでス…」

霊少女「ドッジボールね、まるで」

音楽家嫁「ガミガミガミ!」

音楽家「ガミガミガミ!」

メカ娘「……」

霊少女「……長いわね…」 

181 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 12:54:03 ID:gW7B9Q8M
音楽家嫁「もう頭にきた!、家でじっくり話し合おうじゃないの!」

音楽家「よーし望むところだ、全く君のヒステリーには骨が折れる」

音楽家「あっ、君達!、悪いが今日は無理そうだ」

音楽家「明日の正午に中央広場に集合だ!」

音楽家嫁「あっ!、浮気の約束ね!?」

音楽家「だからそんな事実はないと何度言えば分かるのだ!」

ガミガミガミガミ……


霊少女「…行っちゃった」

メカ娘「…そ、それじゃあ私は買い物に行きますネ…」スタコラ 

182 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 13:05:17 ID:gW7B9Q8M
翌日

戦士「おはよう」

メカ娘「ご馳走様でしタ」

水の妖精「今頃起きたの?、もう昼近いわよ」

メカ娘「あ、そうだ、私少し出かけてきますネ!」

戦士「ん?、おう、いってらっしゃい」

水の妖精「…珍しいわね、出かけるなんて」

戦士「いや、買い物とかで結構外出してるぞ」

水の妖精「あら、そうなの?」

………

戦士「そして俺達は酒場に」

水の妖精「あ、昨日の依頼、まだ残ってるわよ」

戦士「だからそれは割に合わないと何度言えば」

「あの、すいません!」

戦士「ん?」 

183 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 13:17:27 ID:gW7B9Q8M
………

音楽家「諸君、待たせたな」

霊少女「あら、それはギターガンね?」

音楽家「ほう、よく知っているな」

音楽家「やはり君はろすとてくのろじーと何らかの関係があるかもしれぬな」

メカ娘「あ!、その武器で思い出しましタ!」

メカ娘「あなた、草原で奇声を発していた人ですネ」

音楽家「き、奇声?」

メカ娘「なんか、ふぬおおお、とか叫んでいらしたようナ…」

霊少女「あら、私と会った時もナーナー言ってたわね、あれ奇声でもおかしくないわね」

音楽家「待ちたまえ、何故私は変人扱いされているのだ」 

184 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 13:27:56 ID:gW7B9Q8M
霊少女「とにかく、早く行きましょ」

霊少女「怪しい場所はあっちよ」

音楽家「街中なのかね?」

霊少女「そうよ」

音楽家「ふむ、街中にミステリーが隠されていたとは、心躍るな!」スタスタ

メカ娘「早めに終わるといいのですガ…」スタスタ


コソ

「………」 

185 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 13:40:07 ID:gW7B9Q8M
霊少女「着いたわ、ここよ」

メカ娘「あら、大きいお屋敷ですネ」

音楽家「確かここは、屋敷の持ち主が事故で死んで以来、誰も住んでいないと言われる場所だったな」

霊少女「じゃあ、行きましょ」スー

メカ娘「……」

音楽家「あー、待ちたまえ」

霊少女「え、何?」

音楽家「その、君はそうやってすり抜けられるからいいのだろうが」

音楽家「私達は実体を持っているのだ、どうやってこの門を通れというのかね?」

霊少女「あ、そうだったわ…」 

186 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 13:52:56 ID:gW7B9Q8M
霊少女「じゃあちょっと遠回りになるけど、裏口から入りましょ」

霊少女「盗賊か何かが鍵を壊して屋敷の宝物を盗んでたから」

音楽家「やれやれ、またギターガンでドアを壊さないといけないのかと思ったよ」

霊少女「?」

屋敷内部

メカ娘「埃がすごいですネ…」

音楽家「随分と荒らされているな」

霊少女「盗賊が洗いざらい持っていったからね」

霊少女「もう売れるような物は残ってないんじゃないかしら」

音楽家「ふむ、そんな状態で君のいう手掛かりは大丈夫なのかね?」

霊少女「大丈夫よ、そもそも持っていける物じゃないし」 

187 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 14:07:32 ID:gW7B9Q8M
霊少女「さ、怪しい場所はここよ」

音楽家「ここは…書斎か」

メカ娘「本もほとんど盗まれて本棚が寂しいですネ」

霊少女「で、手掛かりはこの本棚の裏にあるんだけど…」

霊少女「わたし、物を触ることができないからここから先は手詰まりなの」

音楽家「…この馬鹿でかい本棚をよせろと?」

霊少女「中身がほとんどないだけマシでしょ?」

メカ娘「頑張ってくださイ!」

音楽家「………」 

188 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 14:21:26 ID:gW7B9Q8M
………

音楽家「ゼェ、ゼェ……」

霊少女「ほら、これよ」

メカ娘「あら、本棚の裏に隠しドアがありますネ!」

音楽家「演奏のためのスタミナはあるが、筋肉はないんだぞ…ふぅ、ふぅ…」

霊少女「私は実体が無いから壁をすり抜けられるんだけど」

霊少女「何故かこの先だけはすり抜けられないのよ」

音楽家「それで、このドアを開けられる人を探していたと?」

霊少女「うん」 

189 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 14:33:26 ID:gW7B9Q8M
メカ娘「鍵はかかってないみたいでス」ガチャ

音楽家「ギターガンで壊す必要はないわけだな」

霊少女「それじゃあ、先に」バチン

音楽家「いきなり転んで、どうしたのだ?」

霊少女「痛た…ドアが開いても私は通れないみたい…」

音楽家「ふむ…じゃあここから先は私達二人で」

霊少女「…あ、そうだ」

霊少女「メカ娘さん、ちょっと体借りるね」

メカ娘「エ?」

スゥー

メカ娘「……よし、上手くいった」

音楽家「…何をしたのだ?」

メカ娘「メカ娘さんの身体を借りたの」

音楽家「幽霊の憑依みたいだな…そんな事が出来ると分かっていたのか?」

メカ娘「え、うん…なんでだろう」 

190 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 14:44:09 ID:gW7B9Q8M
メカ娘「とにかく、この状態なら私も先に進めるよ」スッ

音楽家「この先は…下り階段か」

メカ娘「かなり深いところまで続いてるね…」

音楽家「暗いな、松明なんて持ってきてないぞ」

メカ娘「あ、大丈夫、目が光るよ」パチッ

音楽家「…何かと便利だな」

メカ娘「戦闘用の装備はついてないけど、日常で役立つ装備は多々あるみたい」

音楽家「こっちを向くな、眩しい」

メカ娘「あ、ごめん」 

191 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 14:53:31 ID:gW7B9Q8M
………

音楽家「大分降りてきたぞ、終点はまだか…」

メカ娘「あ、見て!、ドアがある」

音楽家「ここまで来たら入るしかないな」ガチャ

ウィンウィンウィン

音楽家「……ここは一体なんだ?、よくわからない機械がたくさんあるのだが」

メカ娘「まだ動いてるみたい…」

音楽家「真ん中の透明な筒には…!?」

メカ娘「これは……私……!?」


少女「……………」ブクブク 

192 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 15:00:13 ID:gW7B9Q8M
音楽家「い、一体どういうことだ?、よもや双子ではあるまいし…」

メカ娘「わ、私にもさっぱり…」


>>193「案内ご苦労だったな!」

音楽家「ぬぅ!?、誰だ!」 

193 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 15:01:45 ID:7AdJrlng
アサシン戦士「安価で登場人物が増える」 


195 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 20:55:10 ID:gW7B9Q8M
ザクッ

音楽家「うぐっ!、腕が…」

アサシン「ふん、雑魚か…」

メカ娘「だ、大丈夫!?」

音楽家「これが大丈夫に見えるのか!、刃物が刺さってすごく痛いんだぞ!」

メカ娘「…案外元気そうね」

アサシン「私は魔王軍暗殺部隊の一人、アサシン!」

アサシン「貴様らの周囲から普通のものではない気配を感じ取り、後を付けてみたのだ」

アサシン「そしたらなんと、尋常ではない雰囲気の部屋に辿り着いたではないか」

アサシン「この場所は我々魔王軍が占拠させてもらおう、そして…」

アサシン「この場所を知る貴様らの命も頂く!」

音楽家「くっ…」 

196 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 21:09:00 ID:gW7B9Q8M
アサシン「ふっ!」シュバッ

音楽家「うおっと!」ガキン

メカ娘「わっ!」カン

メカ娘「…あ、そうか、この子、金属で出来てたっけ」

音楽家「咄嗟にガードしたけど、刃物がギターガンに刺さってしまったぞ…」

メカ娘「…!、奴がいない!」

音楽家「何ぃっ」

アサシン「せやっ!」ドガッ

メカ娘「きゃあ!」ドサッ

音楽家「後ろか!」

霊少女「うひゃあっ」シュポン

メカ娘「…ハ!、私は一体…ここはどこですカ!?」

アサシン「ほう、ただならぬ気配の正体は貴様か!」 

197 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 21:27:36 ID:gW7B9Q8M
音楽家「ギターガン、シャウト!」ギュイィィン

アサシン「甘い!」シャッ

音楽家「うわっ、避けた!」

アサシン「音速の衝撃波でも、軌道が見えていれば躱すのは容易い!」

音楽家「くっ!」

霊少女「ピ、ピンチね…」

メカ娘「あわわワ…」

アサシン「…余興は終わりだ、そろそろ命を刈り取らせてもらおう」

「させるか!」

アサシン「何?」

戦士「でやぁ!」ブンッ

アサシン「ぬぅ!?」ガキン 

198 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 21:39:19 ID:gW7B9Q8M
音楽家「君は!?」

メカ娘「せ、戦士様!?、なぜここニ!?」

戦士「話は後だ!、安全な場所に避難してな!」

アサシン「ちぃっ!」ガキン

戦士「うおぅ」

アサシン「貴様いつの間に現れた!」

戦士「はっ、尾行するのは得意らしいが、されるのは慣れてないようだな!」

アサシン「ふん!、大した口を聞くものだな!」シュッ

戦士「はん!、こんな投げナイフ、簡単に弾けるぜ!」ガキン

戦士「そら!、俺も投げナイフだ!」シュッ

アサシン「ふん、何だそれは」ヒョイ

ザクッ

戦士「壁に刺さったか…」

アサシン「この俺に投擲武器で挑もうなど、笑止!」 

199 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 21:49:25 ID:gW7B9Q8M
アサシン「ではこちらから」

ビィン

アサシン「んなっ!?」

戦士「さっきの投げナイフはてめえに当てる為に投げたんじゃあないぜ!」

戦士「ナイフに括りつけた糸で、てめえの足を引っ掛けるためさ!」

アサシン「くぅっ!」ドテッ

戦士「よし、貰った!」バッ

アサシン「…甘い!」バキッ

戦士「ぐえっ!?」

アサシン「この程度で好きを見せる俺様ではないぞ」

戦士「倒れたところから蹴りを放ってくるたぁ…」 

201 :誤字くらい脳内変換してくれると思ったけどその発想は無かった:2013/02/16(土) 21:58:50 ID:gW7B9Q8M
アサシン「残念だったな、さっきの転倒を狙うつもりだったのだろうが、」

アサシン「貴様の作戦は失敗したようだな!」

戦士「…いや、作戦は成功だ」

アサシン「…何?」

戦士「上手く行ったか?」

水の妖精「バッチリ、さっきの転倒の時に背中に爆弾をくっつけてやったわ!」

戦士「そういうことだ」

アサシン「んなっ!?」

ドゴォォォン!

アサシン「がは……!?」ドサッ 

202 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 22:10:41 ID:gW7B9Q8M
戦士「さて、終いだ」

アサシン「馬鹿な…この俺がやられるとは…」

戦士「首刎ね」スパン

戦士「ふぅー…何とか倒せたな」

水の妖精「ふふん、私、頑張ったでしょ?」

戦士「おう、よくやったな」

音楽家「いやはや…やはり強いのだな、君は」

メカ娘「戦士様、助かりましタ!」

戦士「間に合ってよかったぜ」

メカ娘「ところで、どうしてここニ?」

戦士「それはだな…」 

204 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 22:23:14 ID:gW7B9Q8M
回想


戦士「旦那の浮気だあ?」

音楽家嫁「そう!、後をつけて揺るがない事実を証明して欲しいの!」

戦士「ふーん…だがな、頼む相手が違うんじゃあ」

音楽家嫁「報酬はこれくらい出すわ」

戦士「よし、乗った」

水の妖精「ちょっと待て」 

206 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 22:34:54 ID:gW7B9Q8M
………

戦士「正午に中央広場だったか」

水の妖精「安請け合いしてよかったの?」

戦士「気配を消すのは慣れてる」

水の妖精「…まあ、私はついていくだけだからいいけど」

二人「…んん?」

水の妖精「あれ、メカ娘じゃないの?」

戦士「ああ、用事ってこの事だったか…」

水の妖精「どうする?、もう行く?」

戦士「いや、決定的な証拠を掴むまで尾行だ」 

207 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 22:43:29 ID:gW7B9Q8M
………

戦士「屋敷の裏口から中に入っていったな」

水の妖精「…いよいよ怪しくなってきたわね」

戦士「中で何をするつもりだ?」

水の妖精「とにかく、私達も後を追って」

戦士「待った、誰かいるぞ」

水の妖精「え?」


アサシン「……」ガサッ


戦士「…奴も中に入っていったな」

水の妖精「あいつも後をつけてるのかしら?」 

208 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 22:53:07 ID:gW7B9Q8M
回想終わり


戦士「で、今に至る」

音楽家「嫁め、私は一切浮気などしてないと何度も…」

戦士「ところで…中央にあるあれは何だ?」


少女「………」ブクブク


音楽家「ああ…あれか」

メカ娘「なんですかあレ?」

音楽家「…あれに憑依したら、何か分かるのではないか?」

霊少女「え、ええ?」

メカ娘「あ!、よく見たらすごく似てますネ!」

戦士「…誰と話してるんだ?」

水の妖精「さあ…?」 

209 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 23:04:40 ID:gW7B9Q8M
霊少女「じゃあ、行くよ…」

スゥー

音楽家「……」

メカ娘「……」ハラハラ

戦士「もしかしてこいつら、見てはいけない物が見えてるのだろうか」ヒソヒソ

水の妖精「そ、そうかもしれない」ヒソヒソ


少女「……」パチ

ウィーン、バシャア

音楽家「筒が開いた!」

戦士「おい、この漏れた液体は触れても大丈夫なのか…?」 

210 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 23:13:28 ID:gW7B9Q8M
少女「………」ヒタヒタ

メカ娘「う、動きましタ」

音楽家「だ、大丈夫かね?」

少女「…全部、思い出したよ」

戦士「この声、昨日聞いた謎の声だぞ」

水の妖精「ちょっと、怖いこと言わないでよ…」

少女「私は遥か昔、科学と呼ばれる技術が発達していた世界で生きていた」

少女「あなた達が言うロストテクノロジーが広く普及している時代…」

音楽家「そんな時代が昔に…」 

211 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 23:22:42 ID:gW7B9Q8M
少女「だけど…科学技術が発展し過ぎた影響で、大気の汚染が進んでいたの」

少女「汚染は瞬く間に世界中に広がり、人類は外の空気が吸えなくなった」

少女「食べ物や飲み水も汚染され、根本を覆す対策が確立されないまま、人口は減少の一歩を辿った」

少女「そして、人口がわずかになった時、あるプロジェクトが立ち上がったの」

少女「…アダム・アンド・イヴプロジェクト」

少女「プロジェクトの内容は永久冬眠装置に一組の男女が入り、大地が浄化された遠い未来に目覚めることで、人類の存亡を図ると言うもの」

少女「そして、そのイブの役に選ばれたのが、私」

音楽家「……」

少女「そして、私は人類の希望として、装置に入り、眠りについたの」 

213 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 23:31:55 ID:gW7B9Q8M
戦士「…話によればもう一人、いるそうだが?」

少女「…それは分からない」

少女「私と一緒に凍結されたはずだけど、ここには私しかいなかった」

少女「…それに」

シュウウ

少女「計画は、失敗だったみたい…」

水の妖精「!、シワが急激に増えて…!」

メカ娘「…老化が著しい速度で進んでいまス」ピピピ

少女「どうやら装置が完全じゃ、なかったみたい、だね…」 

214 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 23:40:15 ID:gW7B9Q8M
少女「……あはは…」

少女「結局、なんで私が霊体に、なってたのか、分からずじまいだったなあ」

少女「でも、よかった」

少女「人々が、はぁはぁ、平和に、暮らして、いる世界が、げほっ、見れた、か、ら…」

少女「……………」

音楽家「…おい?」

戦士「…駄目だ、もう…」

メカ娘「そんナ…」

……… 

216 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 23:50:35 ID:gW7B9Q8M
その後

音楽家「…お墓を作ってあげたよ、簡素で申し訳ないが…」

音楽家「そんなことより…」



音楽家嫁「ほんとだね!、ほんとに浮気してなかったんだね!?」

戦士「だからさっきからそう言ってるんだが…」

音楽家嫁「ほんとに!、間違いないんだろうね!」

戦士「だからほんとだってば」

音楽家嫁「嘘付いてたら針千本飲ますからね!、本気で!」

戦士「…どうすれば信じてくれるんだ?」

水の妖精「ムードぶち壊しね…」 

217 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/16(土) 23:56:14 ID:gW7B9Q8M
………

戦士「さて、今日もおはよう」

メカ娘「そしてご馳走様でしタ」ピピピ

水の妖精「平常運転ね」

戦士「さて、今日も酒場で依頼探すか」

メカ娘「行ってらっしゃいまセ」 

218 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 00:03:30 ID:ZnLaTF0M
戦士「そして酒場に着いた」

魔女「あれ?」

戦士「ん?」

水の妖精「うげぇ!、私をさらった魔女!」

魔女「うげへぇー!、魔王軍の手先ィー!?」

戦士「誰が魔王軍の手先だ!」

水の妖精「どうしてあんたがここにいるのよ!」

魔女「いやさ、ちょっとね、うちの奴隷、ゲフン、助手がどっか行っちゃってさー」

魔女「こうして、捜索依頼を出しに来たわけなのよ、これが」

戦士「助手なんていたのか」

水の妖精「奴隷って聞こえたけど…」

魔女「あんたなんかには頼まないんだからね!」

戦士「誰も受けると言ってねーよ」

水の妖精「こっちからお断りよ!」 

219 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 00:08:02 ID:ZnLaTF0M
戦士「さて、あいつは放って、依頼を探そう」

水の妖精「あ、あの依頼、まだ残ってるわよ」

戦士「だからそれは割に合わないと言ってるだろ」



>>220「…ふむ」 

220 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 00:09:43 ID:sqekuykc
騎士団長 (男。ハンサムでストイック。いかにもヒーローとでもいった存在として見られている) 

226 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 17:30:35 ID:ZnLaTF0M
騎士団長「この酒場にいる全員に告げる!」

ザワザワ

戦士「なんだ?」

魔女「あら、イケメン!」

騎士団長「今日より三日後に、王宮闘技場にて、武闘大会が開かれる!」

騎士団長「腕に自信のある者は奮って参加してくれたまえ!」

水の妖精「ねえ、あの人誰?」

戦士「王宮騎士団の騎士団長だ、実力は街一番と聞いてる」

魔女「騎士団長様!、サイン下さい!」

騎士団長「ん?、すまない、今仕事中だから後にしてくれないかな」

魔女「んまあ、素敵な顔…!」アハァー

魔女「おい、魔王の手先!、騎士団長様に取り付いてサイン貰ってこい!」

戦士「あ、こんなところに魔女討伐の依頼が」

魔女「お助けぇー!!」スタコラ 

227 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 17:39:40 ID:ZnLaTF0M
水の妖精「で?、あんたは大会に出るの?」

戦士「どうすっかなぁー、正直だる」

騎士団長「上位入賞者には王宮から賞金が貰えるぞ!」

戦士「よし!、出るか!」

水の妖精「相変わらずね」



騎士団長「………」

騎士団長「こんな金が目的の傭兵の集まりの中に実力者なんているものなのかな…?」 

228 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 17:45:36 ID:ZnLaTF0M
………

戦士「参加希望者は当日にエントリーすればいいのか」

水の妖精「…参加者が多そうね」

戦士「仮にもここは王都だし、色んな奴がいるからな」


>>229「ヘヘ…」

>>230「…この大会で…」 

229 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 17:50:50 ID:WpfyZW6c
中ボス 

230 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 17:54:58 ID:QiigbQRU
夢見る冒険者 

231 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 19:23:34 ID:ZnLaTF0M
中ボス「……」

中ボス「(諜報部隊の報告によると、どうもこの大会、怪しいらしい)」

中ボス「(何でもこの大会の成績優秀者は魔王軍討伐隊に加わるとか)」

中ボス「(そうなると魔王軍も軽い被害では済まされないだろう)」

中ボス「(…だったらぶち壊してしまえばいいじゃねえか)」

中ボス「(魔王軍突撃部隊隊長のこの俺が並み居る参加者を試合中にぶっ殺してやるぜ!)」

中ボス「…へへっ」



冒険者「…はあ…」

冒険者「(はるか東、海の向こうの島国を飛び出して早三年)」

冒険者「(運命の方とはいまだに出会えず…)」

冒険者「(…ですが、可能性を見つけました)」

冒険者「(…私より強い殿方を見つけ出します)」

冒険者「(そう、)」

冒険者「この大会で…」 

232 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 19:35:01 ID:ZnLaTF0M
戦士「三日後って話だし、近くの森で軽く腕鳴らしするかなー」

水の妖精「…そういえばあんた、剣の腕はあるの?」

戦士「なんだ、いきなり」

水の妖精「だって、今までの戦いだと、決め手はいつも爆弾や投げナイフじゃないの」

戦士「へっ、心配しなくても食っていく分には鍛えてるよ」

水の妖精「…大丈夫かしらね…」



戦士「さて、森に来たが」

水の妖精「先客がいるようね」


冒険者「………」

巨大魔物「グルル…」 

233 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 19:42:27 ID:ZnLaTF0M
戦士「見ない顔だな、あいつも今度の大会に出るのかね?」

水の妖精「というか、あんなでかいバケモノが出るのね、この森って」


冒険者「……」

巨大魔物「…グルア!」バッ

冒険者「ふっ!」ズバン!

巨大魔物「カヒュッ」ドサッ


水の妖精「うわ!、胴体が真っ二つになった!」

戦士「刀使いか、見事なもんだ」

ガサッ

魔物「ガアッ!」

戦士「ふん」ドス

魔物「ケフッ…」ブラン

戦士「後ろから来るたあ、ちっとは賢い魔物らしいな」

水の妖精「喉を一突き…」 

234 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 19:48:33 ID:ZnLaTF0M
中ボス「……」

中ボス「あの程度の魔物には苦戦もしないか」

中ボス「あの二人、中々やるみてえだ」

中ボス「…へへへ!、楽しみになってきたぜ!」


騎士団長「…そこのお前、何者だ」

中ボス「おや、こんなところに騎士団長様が来るとは」

騎士団長「…貴様、魔王軍か」

中ボス「おっと、今ここでやりあうつもりはねえよ」

中ボス「…三日後の大会、楽しみにしてな!」ヒュン

騎士団長「…まさか、勘付かれたか…?」 

235 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 20:04:23 ID:ZnLaTF0M
三日後

戦士「ついに来たな、武闘大会!」

水の妖精「ちょっと、参加者多過ぎない?、百人超えてるわよ?」

戦士「どうやら予選を行って、その後、残った8人で決勝トーナメントが開かれるらしい」

水の妖精「ふーん…」


鍛冶屋「おーい、戦士の旦那!」

戦士「鍛冶屋じゃないか、どうしたんだ?」

鍛冶屋「やっぱり旦那も大会に出るんだな」

水の妖精「そりゃあ、金が出るからね」

鍛冶屋「はは、旦那らしいや」

戦士「で、どうしたんだ」

鍛冶屋「いや、ただの観戦だよ」

鍛冶屋「ともあれ、旦那が出るんなら応援しなきゃな!」 

236 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 20:11:59 ID:ZnLaTF0M
音楽家「だから無茶だと言ってるだろう!」

音楽家嫁「何言ってるの!、どうせあんた大会でいい女見つけたら魅惑のボイスでたらしこめるんでしょ!」

音楽家嫁「だったら私が参加して女という女を全員とっちめてやるわ!」

音楽家「ただの主婦に何が出来るというのだ!、正気に戻るんだ!」


水の妖精「…ねえ」

戦士「見るな、巻き込まれたら終わりだ」

水の妖精「…そうね」 

237 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 20:22:23 ID:ZnLaTF0M
大会予選

モブ兵「我こそは!、この大会で名を上げ、いずれは」

戦士「投げナイフ」シュッ

モブ兵士「ぐわっ!」

戦士「戦場じゃ名乗る暇なんざねーんだぜ」

水の妖精「一瞬ね」

戦士「…参加者全員こんな奴じゃないよな?」

………

冒険者「……」

モブ傭兵「…どうした姉ちゃん、来ねえのか?」

冒険者「…もう決着はついています」

モブ傭兵「何言って…!?」グラリ

モブ傭兵「あ、あんた、一体何をし…」ドサッ

冒険者「…こんなものですか」

冒険者「これでは期待外れかもしれませんね…」 

238 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 20:32:34 ID:ZnLaTF0M
………

モブ剣士「」ブラーン

中ボス「何だ何だ!、この程度で死んじまうのかよ!」

中ボス「話にならねえな!」ブンッ

モブ剣士「」ドシャッ

………

モブ魔法使い「フレイムア」

騎士団長「遅いっ!」ズン!

モブ魔法使い「がはっ…!?」ドサッ

騎士団長「安心したまえ、急所は外してる」

………

音楽家嫁「さあ、来なさい!」

モブ女剣士「…あなた、おたまと中華鍋で戦うつもり…?」

音楽家嫁「この色情魔!、旦那に近寄るな!」カンカン

モブ女剣士「いてて!、旦那って誰ー!?」 


241 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 20:43:39 ID:ZnLaTF0M
予選終了

戦士「難なく勝ち抜けたな」

水の妖精「ほんとにあっという間ね…」

戦士「どうやら決勝進出者の顔は戦う直前まで公開されないらしいな」

………

「…運命の殿方はいないのでしょうか…」

………

「…次は誰が殺されに来るんだ?、へへへ」

………

「…ふむ、そこらの傭兵の実力も侮れたものではないか…」 

242 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 20:48:40 ID:ZnLaTF0M
………

「………」

「ご主人、精神統一してるのかな?」

「いや、きっと緊張して動けないだけだよー」

………

「ふふふ、この大会で活躍して、麗しの騎士団長様とお近付きに…」

………

「にゃふふ、世界征服の野望はここから始まるのです」

「今までとは一味違うのです!」

………

>>243「………」 

243 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 20:50:52 ID:34L.Emd2
音楽家の永遠のライバルことロックンローラー 

244 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 21:08:06 ID:ZnLaTF0M
第一試合

戦士「さて、俺の相手は…」

ロックンローラー「HEY!YAAAAAAAAAA!!!」ギュイィィン

戦士「………」

R・R「YO!、ユーがミーの対戦相手かい?」

戦士「………」

R・R「ミーのシビれる戦いに勝てるかな?、HEYYYA!」ギューン

戦士「誰お前」

R・R「オゥ、ミー?、ミーはね…」

R・R「ROCKnROLLERRRRRR!!」ギュイィィン

水の妖精「…うるさい奴が来たわね…」 

245 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 21:24:40 ID:ZnLaTF0M
戦士「武器は…ギターガンか」

R・R「HOH!、ユーはこの武器を知ってるのかい?」

R・R「だったらこのギターガンのシャウト、」

R・R「避けきれるかい!?、HEEEEEEY!!」ギュイィィン

戦士「うおっと!」ヒョイ

R・R「WAOH!、その動き、ギターガンの避け方を知ってるようだね?」

戦士「音速の衝撃波でも、軌道が見えていれば避けるのは簡単だ」

R・R「だったらこいつはどうだい?」

R・R「ドラムノッカー!、SHOOOOOCK!」ズドン!

戦士「うお!?、地面が揺れてる!?」

R・R「すかさずギターガン!、HEEY!」ギュイィィン

戦士「ぬぐぅ!」ガキィン 

246 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 21:28:28 ID:va0bvnKk
ロックンローラー強えwww 

247 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 21:31:02 ID:ZnLaTF0M
R・R「すかさず剣でガードしたかい、やるねぇ!」

戦士「ちっ…ドラムノッカーか」

水の妖精「ねえ、何なのあれ?」

戦士「ハンマーみたいなやつなのは見れば分かるだろう」

戦士「あれで地面を叩けば大きく地面が揺れて相手の動きを止めるんだ」

R・R「ちなみに、跳んでも無駄ァ、だよ!」

R・R「跳んでる相手はギターガンの格好の的さ!、HOOH!」 

248 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 21:42:23 ID:ZnLaTF0M
戦士「ちっ!」ブンッ

R・R「物を投げても無駄さぁ!、ギターガンで撃ち落とすよ!」

R・R「WAHOOOH!」ギュイィィン

戦士「ふっ」

ドゴォォォン!

R・R「ホワっ!、爆弾だったのかYO!」

R・R「シット!、爆風で見失ったよHEY!」

R・R「こんなときは!、ドラムノッカー!SHOCK!」ズドン!

「うおぅ!?」

R・R「声がしたね!、音楽やってるミーには場所がわかるのさ!」

R・R「ギターガン!、シャウトォ!」ギュイィィン 

249 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 21:51:30 ID:ZnLaTF0M
……

R・R「HAN?、当たった音がしないね」

モクモク…

水の妖精「す、スレスレじゃないの…」

R・R「OH…妖精じゃないか…」

水の妖精「へへっ、声真似上手いでしょ?」

R・R「…い、一体どこへ?」

戦士「小手打ち!」ズドドン

R・R「アオッフゥ!?」ポロッ

戦士「さて、武器を落としたからもう戦えまい」

戦士「拾ってる暇は与えねーぜ」 

250 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 21:58:33 ID:ZnLaTF0M
R・R「……ジィーザス!!」

R・R「この大会で活躍して、音楽家の野郎を見返してやろうと思ったのにYO!」

R・R「これじゃあとんだ恥晒しじゃないか!、HAAAAA!」

R・R「音楽家、音楽家!、みぃんな音楽家!」

R・R「あんな時代遅れの音楽のどこがいいのSAAAAA!」

R・R「HEEEEEYOOOOOPAAAAAA!!」

戦士「うっせ!」ドカッ

R・R「パウッ」ドサッ


勝者・戦士 

251 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 22:08:44 ID:ZnLaTF0M
第二試合

冒険者「………」

妖精使い「………」

冒険者「…女性の方には用はないので、早めに終わらせてもらってもいいですか?」

妖精使い「…あら、随分と低く見られているようですね」

冒険者「事実、その通りですので」

妖精使い「まあ、早めに終わらせるに越したことはないですね」スッ

妖精使い「行きなさい!」

火の妖精「フレイムショット!」

風の妖精「ウィンドカッター!」

地の妖精「ストーンブラスト!」 

252 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 22:17:35 ID:ZnLaTF0M
冒険者「っ!」ヒョイヒョイガキン

火の妖精「全部避けた!?」

妖精使い「地!」

地の妖精「アースゲイザー!」ズドン!

冒険者「くっ」グラッ

妖精使い「風!」

風の妖精「エアハンマー!」ドン

冒険者「きゃっ!」ドテッ

妖精使い「取った!、火!」

火の妖精「オッケー!、フレイムレ、あぅっ!?」ゴツン

妖精使い「!、ストーンブラストを砕いた礫ですか…!」 

253 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 22:26:07 ID:ZnLaTF0M
冒険者「…」シュタ

妖精使い「(体勢を立て直されたか…!)」

冒険者「ふっ!」ブンッ

妖精使い「風!」

風の妖精「ウインドシフト!」ブォン

冒険者「飛んだ!?」スカッ

妖精使い「火!、地!」

地の妖精「いくよー!」

火の妖精「マグマゲイザー!」

ドバン!

冒険者「うっ…!」

妖精使い「周りを溶岩で囲まれては動けないでしょう?」 

254 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 22:35:35 ID:ZnLaTF0M
妖精使い「さあ、とどめです!」

妖精使い「火!、風!、地!」

火の妖精「よし!」キィン

風の妖精「…行きますよ」キィン

地の妖精「準備オーケー!」キィン

妖精使い「…デルタブレイザー!」ズドン!

冒険者「…」

妖精使い「構えた…?」


冒険者「奥義、魔斬っ!」ズバンッ


火の妖精「うっ…!?」

風の妖精「私達の魔法を斬った…!?」

地の妖精「よ、溶岩もふっとんだよー…?」 

255 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 22:40:58 ID:ZnLaTF0M
妖精使い「そんな…魔法を斬るなんて聞いたことが…」

冒険者「…さて」チャキ

妖精使い「うっ…(いつの間に喉元に…)」

冒険者「まだ続けますか?」

妖精使い「……参りました」

冒険者「…久しぶりに本気を出しました」スチャ

冒険者「その礼儀として私の名前を名乗っておきましょう」

女侍「…女侍と言います」


勝者・女侍 

256 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 22:57:32 ID:ZnLaTF0M
第三試合

中ボス「おや?、てめえと当たっちまったか」

騎士団長「……」

中ボス「まあ、騎士団長様なら、楽しませてくれそうだなあ?」

騎士団長「…対戦相手を全員殺したそうだな」

中ボス「あん?、それがどうかしたか?」

騎士団長「人の命をゴミのように扱うか、やはり魔王軍だな…」

中ボス「御託はいいからよ!、さっさと始めようぜ!」ジャキ

騎士団長「巨大なハルバードを片手で振り回すのか」

中ボス「どうした、怖気づいたか?」

騎士団長「まさか、倒しがいがありそうだと思ってね!」チャキ 

257 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 23:09:54 ID:ZnLaTF0M
中ボス「行くぜ!」ブンッ

騎士団長「ふん!」ヒョイ

中ボス「へっ、そんな重装備でよく躱すじゃねえか」

騎士団長「そんな遅い振り、私の部下でも躱せるよ!」シャッ

中ボス「あんたと同じ鎧を着た奴も俺が殺した中にいたけどな!」サッ

騎士団長「ほう、そいつには申し訳ないが、騎士団の真似事をしたゴロツキではなかったのかな!」ブンッ

中ボス「そうか、あんたは人気者だから模倣する奴がいるわけだな!」ガキン

中ボス「さぞかし女には困ってないんだろう!」ブォン

騎士団長「残念ながら私は仕事一辺倒でね」シュタ

騎士団長「モテたためしなんて一度もないよ!」チャキ

中ボス「ははは!、そいつはあんたが鈍感なだけじゃないのかい!」ジャキ 

259 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 23:21:52 ID:ZnLaTF0M
騎士団長「ふふっ、そうかもしれないな」

中ボス「はっはっは」


中ボス「いきがるんじゃねえぞ朴念仁野郎ッッ!」ブンッ

騎士団長「…」ガキン

中ボス「何だその済ました顔は、どこまでも余裕振りやがって!」ギリギリ

騎士団長「事実、その通りだ。貴様みたいなゲス野郎には本気を出すに値しないのでな」

中ボス「……はっ!、その涼しい面、てめえの血で赤く染めてやるよ!」

騎士団長「ふふ、その前に君の顔がひしゃげないといいけどね」ガキン

中ボス「てめえ、ふざけんじゃ」


騎士団長「私はどこまでも真面目さっ!」ドガァッ!

中ボス「ぐはっ…!?、盾で殴っただと…!?」 

260 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 23:28:00 ID:ZnLaTF0M
騎士団長「魔王軍突撃部隊隊長とやらの実力はこの程度だったか」

中ボス「何ぃ、俺の事を知ってるだぁ…?」

騎士団長「この大会の意図をどこで聞きつけたかは知らないが、一つ言わせてもらおうか」

騎士団長「我々、王宮騎士団を、引いては人間を舐めるなっ!!」ズバンッ!

中ボス「かはぁ……!?」ズシィン

騎士団長「…魔王軍め、待ってろよ」


勝者・騎士団長 

262 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 23:41:39 ID:ZnLaTF0M
第四試合

魔女「おいコラァ!」

魔女「いきなり姿消したと思ったら、こんなところで何やっとんじゃあ!」

異世界人「にゃふ!、誰もあんたの下僕になった覚えは無いのです!」

異世界人「この大会を足掛かりとして、世界征服の野望を今度こそ果たすのです!」

魔女「ふんだ!、正直今はあんたのことはどうでもいいのよ!」

魔女「私はあの騎士団長様にお近づきになってイチャイチャするのよ!、猫耳のガキはすっこんでろ!」

異世界人「にゃふふ!、いきがっていられるのも今のうちなのです」

異世界人「最近増えた小ジワを魔法で誤魔化してるババアは大人しく隠居しているのです!」

魔女「あー!!、言いやがったな!、もう許さないわ!」 

263 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/17(日) 23:55:01 ID:ZnLaTF0M
魔女「転移魔法なんて生温いことはしないわ!、核熱魔法で塵も尻尾も残さず蒸発させてやる!」キィィン

異世界人「にゃふふ…撃てるもんなら撃ってみるのです」

魔女「逝ねぇ!、核熱魔法っ!!」

シーン

魔女「……あれれー?」

異世界人「…にゃふふ!、思ったとおりです!」

魔女「な、何で出ないのー…?」

異世界人「伊達に世界征服を企ててはいないのです」

異世界人「密かに開発した装置を使って、ここら一体をエーテルフィールドに変えてやったのです!」

魔女「え!?、何それ」

異世界人「簡単な話、空気中の魔力元素をすべてエーテルに変換してやったのです」

異世界人「エーテルが無いとアーツが使えないのと同じように、魔法も魔力元素がないと使えないのです!!」

魔女「えっ!、魔力元素ないの!?、それチートじゃん!」 

264 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/18(月) 00:03:41 ID:3majSnJs
異世界人「にゃふふ!、代わりにエーテルが満ちたことで、ようやくアーツを放つことが出来るのです」

魔女「ちょっと待って、これ詰んでるって、おい!」

異世界人「今こそ、最凶のアーツをお見舞いしてやるのです!」

魔女「いやぁー!、騎士団長様とのラブラブ計画がぁー!」

異世界人「吹っ飛んでしまうのです!」

魔女「あ!、顔にかけた魔法が解けてる!、やだ、小ジワが、見ないでぇー!、見るな!」


異世界人「メテオディザスター!!」カッ

ズドドドドドド

魔女「ぐへぇ」ガクッ

異世界人「…生きてるとは驚きなのです、魔女だけあってタフなのです」


勝者・異世界人 

267 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/18(月) 18:45:49 ID:3majSnJs
………

戦士「何だかんだで勝ち進んできたなあ」

水の妖精「元ご主人が大会に出てるとは思わなかったわね…」

水の妖精「ところで、あんたって強かったのね」

戦士「今更だな」

戦士「そんで、残ってる奴らは…」

異世界人「にゃふ!、そこのお前!」

戦士「おう、久しぶりだな」

水の妖精「えっと…にゃるるるくす、だっけ」

異世界人「ニャンクルス、なのです!」

異世界人「この前は惨敗をしてしまったですが、今回はそうは行かないのです!」

異世界人「戦うことになったら覚悟するのです!」

戦士「(…こいつの試合を見てたけど、確かに油断はできないな)」 

268 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/18(月) 18:56:31 ID:3majSnJs
騎士団長「………」

騎士団長「(魔王軍の動きも気になるが、今は目の前の事に集中しよう)」

騎士団長「(今残っている者達の実力には、正直驚かされた)」

騎士団長「(もしかしたら本気を出さないといけないかもな…)」



女侍「………」

女侍「(今残っている二人の殿方、実力はありそうですね)」

女侍「(果たして、私の運命の相手として相応しいかどうか…)」

女侍「(もし、相応しい器であったら、あんな事やこんな事を…)」

女侍「(……ふふ、夢が膨らみますね……いけない、ヨダレが)」ジュル



異世界人「(リベンジの機会があったらあの野郎をぶちのめして、その後は世界征服なのです、にゃふふ!)」

戦士「(今でもしばらく遊べるくらいだが、勝てばさらに賞金が膨らむな)」

水の妖精「(なんだろう、騎士団長以外、ロクな事考えてない気がする…)」 

270 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/18(月) 20:12:25 ID:3majSnJs
準決勝 第一試合

戦士「ん、あんたが相手か」

女侍「ふむ、あなたですか」

戦士「まあ、特に語ることもないな、始めるか」チャキ

女侍「…あなたの実力が私にふさわしいかどうか、見極めさせて下さい」チャキ


戦士「ふっ!」ブンッ

女侍「はっ!」ガキン

戦士「……ぬん!」キンキンキン

女侍「せや!」キンガキン

ガキィンッ 

271 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/18(月) 20:24:34 ID:3majSnJs
戦士「……ふむ」ギリギリ

女侍「……むぅ」ギリギリ

戦士「(力に任せない流れるような剣技、これが刀の使い方か……)」

女侍「(ぶっきらぼうながらも力を最大限活かす鋭い攻撃、受けるのが精一杯ですね……あら)」

女侍「……あなた、その服の下に隠した投げナイフでいかがするおつもりでしたの?」

戦士「!、……へへ」

戦士「そういうあんたも、袖の中に潜ませたクナイで何するつもりだったんだ?」

女侍「!、……ふふ」

ガキンッ!

女侍「(……もしかしたら、この方)」ザッ

戦士「(俺と同じ戦い方をするわけだ!)」ザッ 

272 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/18(月) 20:34:09 ID:3majSnJs
戦士「(だとしたらあのクナイ、俺の投げナイフ同様、なにか細工をしているはずだ)」

女侍「(かすり傷でも危険ですね)」

女侍「…しっ!」ブンッ

戦士「(おもむろに投げてきた)」ヒョイ

戦士「(…これは当てることを目的としてないな)」

戦士「(あのクナイに貼られた札が気になるな)」

戦士「(…ここは大きく離れる!)」ダッ

ドゴォォォン!

戦士「(爆発した?、あの札に何か仕掛けをしていたか)」

女侍「(私の故郷に伝わる忍の術と呼ばれる技の一つ、爆雷符)」

女侍「(やはり警戒して大きく離れましたね)」

戦士「……むっ!?」ダン

女侍「(そう、あなたが大きく離れるよう誘導させました)」

女侍「(そして、その先の足元には爆雷符を忍ばせてあります!)」

女侍「(当然、そこから離れるでしょうが、その動きには余裕がないはず!、狙うはそこ!)」ダッ 

273 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/18(月) 20:42:16 ID:3majSnJs
戦士「…甘いな!」シュババッ

女侍「なっ!?」ダン

女侍「(その場から動かず、投げナイフを投げてくるとは!)」シュタ

戦士「よく避けたな、今の」

女侍「……なぜ爆発しないのです?」

戦士「見るか?、ほれ」スッ

女侍「!、符を湿らせたわけですか」

戦士「所詮は紙だ、濡れたら効果が無くなるだろうと思ってな」

水の妖精「凍らせるより簡単にできるわよ」 

274 :あかん、安価出す猶予がない:2013/02/18(月) 20:52:32 ID:3majSnJs
女侍「(……なるほど、この方、洞察力もあるのですね)」

女侍「…そして」スパッ

戦士「ありゃ、バレたか」

女侍「先ほど投げた二本の投げナイフ同士に糸を繋げ、それらを投げて張る」

女侍「転ばせるに至らないにせよ、引っ掛けることによって生じる隙につけ込もうと思ったのでしょう」

戦士「御名答、やっぱ一筋縄じゃ行かないか」

女侍「…せい!」ブンッ

戦士「おら!」ガキン

女侍「…ふん!」シュタ

戦士「そらよ!」ブン

女侍「(あれは爆弾!、ですが距離から考えて、これは攻撃用ではなく、目くらまし!)」 

275 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/18(月) 21:03:45 ID:3majSnJs
戦士「だと思ったか?」

女侍「え?」

戦士「そのまま、ぶつけるんだなこれが!」カキーン

女侍「爆弾を剣で打ち出してきた!?」

女侍「(くっ、これは大きく避けざるを得ない!)」ザッ

戦士「その避け方じゃあ、次の攻撃は捌けまい!」

女侍「っ!、しまっ」

戦士「貰った!」ブンッ

ドゴォォォン! 

276 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/18(月) 21:13:55 ID:3majSnJs
モクモク…

戦士「……」

女侍「……」

戦士「……急所は外れてるぜ、多分」

女侍「不覚…」ドサッ

戦士「ふう、終わったか」

水の妖精「やったじゃない!」

戦士「……いや、やられた」フラッ

水の妖精「え?」

戦士「あの土壇場でクナイを投げるとは…」

水の妖精「あ、肩に…!」

戦士「麻酔薬か、何かか?、くそ…」ドサッ

水の妖精「あっ!、ちょっと!」



結果・引き分け 


278 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/18(月) 21:27:48 ID:3majSnJs
準決勝 第二試合



騎士団長「……」

異世界人「……にゃふ、向き合っただけでも強いってわかるですね」

騎士団長「そいつは光栄だね」

異世界人「まあ、だからこそ、倒しがいがあるのです」

異世界人「この世界の人間がどこまで強いか、あんたで計らせてもらうのです!」ブォン

騎士団長「…光の剣か?、見たことがないな」チャキ

異世界人「フォトンセイバーの切れ味を味わうがいいです!」

騎士団長「(……こいつからは底知れない何かを感じる!)」 

279 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/18(月) 21:42:46 ID:3majSnJs
騎士団長「……おおっ!」ブン

異世界人「にゃふ!」キン

騎士団長「ふっはっ!」カンキン

異世界人「にゃ、ふっ!」キンガキン

騎士団長「(こいつ、やる!、剣の腕は先の試合の二人と同等かそれ以上だ!)」

異世界人「(流石は騎士団長です、これではメテオディザスターを撃つ猶予を与えては貰えなさそうなのです…!)」

異世界人「にゃふ!」ブォン

騎士団長「ふっ!」ヒョイ

異世界人「…その重装備でよくそこまで動けるですね!」ブン

騎士団長「君にも言われるか、君こそ少女とは思えない腕だね!」キィン

異世界人「ニャンクルスを人間なんかと一緒にしてると、痛い目見るですよ!」 

280 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/18(月) 21:55:43 ID:3majSnJs
異世界人「(威力は下がるけど他のアーツなら撃つ余裕があるのです!)」

異世界人「スプラッシュバルカン!」ズドドドン

騎士団長「ぬぅぉおお!」カンカンカン

異世界人「にゃふぅ!?、全弾を剣で弾くとは思わなかったのです」

騎士団長「君が使うアーツとやらはよく分からないが、魔法と似ているものならば応用で対応できるさ」

異世界人「…にゃふふ!、まあそれくらいやってくれないと征服する側としてつまらないですからね」

異世界人「さらに攻めるです!、アクセル!」ドッ

騎士団長「むぅっ!?」キィン

騎士団長「(いきなり動きが速くなった!)」キンキン

異世界人「…アクセルで加速した私の動きについてくるですか」 

281 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/18(月) 22:08:12 ID:3majSnJs
騎士団長「くっ!」キィン

異世界人「堂々と渡り合ってきたのには驚きですが、これにアーツを加えたら、捌ききれるですか?」

異世界人「マッハマシンガン!」ズガガガガ

騎士団長「っ、ぬぁっ!?」

異世界人「流石にガードするしかないようですね!、貰ったのです!」ブォン

キィン!

騎士団長「ぬぐ、剣が…」

異世界人「にゃふ!」ブンッ

騎士団長「くっ」ギン

異世界人「さて、剣を吹っ飛ばされて、盾だけで何ができるです?」 

282 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/18(月) 22:16:52 ID:ae1NhMZU
盾は鈍器だろ? 

283 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/18(月) 22:20:18 ID:3majSnJs
騎士団長「…素晴らしい」

異世界人「にゃふ?」

騎士団長「君の実力を認めよう、これからは本気で行く」

異世界人「?、武器を吹っ飛ばされたくせに何を抜かすのです?」

騎士団長「武器ならあるよ、この盾がね」

異世界人「…ふざけてるですか?」

騎士団長「…ふふ、私はね」


騎士団長「いつだって真面目さ!」ガキィンッ!

異世界人「にゃにゃ!?」ズサー

騎士団長「誉めてあげよう、私が本気で戦うに値する相手は王宮騎士団にも一人とていない!」ガキン

異世界人「…変わった盾だと思ってたのです、まさか二つに分離するとは」

騎士団長「スマイトシールド、殴る為の盾さ」 

284 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/18(月) 22:35:41 ID:3majSnJs
騎士団長「ここからは死力を尽くそう!、君も倒れる覚悟でかかってきたまえ!」ザッ

異世界人「…にゃふふ、思った以上に楽しませてくれるですね!」ドン

騎士団長「ふふ!、お気に召してもらえたかい!」ガンガン

異世界人「(っ!、明らかに動きのキレが違うのです)」

騎士団長「(まさかここまでやる実力者とは!)」

異世界人「アクセルを掛けた状態の私相手に防戦一方じゃないのはお前が初めてなのです!」

騎士団長「私が本気を出して一瞬でやられないのは君で一人目だ!」

異世界人「(…にゃふー、表面上は強気ですが、実は結構ヤバイのです)」

異世界人「(アクセルを掛け続けていないと奴のペースについて行けないのです…!)」

騎士団長「(…く、言葉こそ平静を取り持ってるが、参ったな)」

騎士団長「(流石に速すぎる、決定的な一撃を繰り出せないぞ…!)」

異世界人「(このままではジリ貧なのです)」

騎士団長「(ならば最大の一撃に)」

異世界人「(賭けるのです!)」 

285 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/18(月) 22:42:56 ID:3majSnJs
騎士団長「行くぞ!、砲撃機関、開放!」ガシャン

異世界人「にゃふ!、エーテル全開なのです!」キィィン

異世界人「(盾に火薬装置が付いてたですか、それであの速度の攻撃とは…)」

騎士団長「(…奴の右腕に力が集中しているのが嫌でも感じ取れるな)」

「………」

騎士団長「必殺!、アトミックナックルッ!」

異世界人「くらうです!、猫パンチッ!」

ズドン! 

286 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/18(月) 22:47:05 ID:3majSnJs
「………」

異世界人「……にゃふ、邪魔が入ったですね」

騎士団長「…誰だ?、我らの試合に水を差す不届き者は」


>>287「…ふん」 

287 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/18(月) 22:49:45 ID:Wp.QSe6U
魔王軍四天王が一人 

290 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/19(火) 14:09:52 ID:aGkCqJSM
※「魔王軍討伐隊の選抜とやらが行われているからと聞いて潰しにやってきたが……」

※「お前ら二人以外の実力を見てると、妨害するまでもないように思えてきたな、ん?」

騎士団長「……貴様、魔王軍か」

※「ただの魔王軍じゃあないぞ?」

黒騎士「名乗らせてもらおう、魔王軍四天王が一人、黒騎士である!」

騎士団長「四天王、だと?」

黒騎士「まあ…魔王様直々の命令だ」

黒騎士「世界征服の支障になり得るお前ら二人、まとめて始末してやる!」ジャキ

異世界人「…にゃふ…?」 

291 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/19(火) 14:18:46 ID:aGkCqJSM
異世界人「今、世界征服と言ったのです?」

黒騎士「…なんだ、小娘」

異世界人「世界征服をするのはこの私なのです」

異世界人「頂点に立つのはニャンクルスの女王なる私なのです!、邪魔をするなら容赦なく叩き落とすのです!」ブォン

騎士団長「…魔王軍とあっては見過ごせはおけない」

騎士団長「私の前に出てきたこと、後悔させてやるぞ!」ジャキ

黒騎士「(さて…、こいつら一人ずつなら訳無いが、二人同時はちと骨が折れるか…どうしたものか)」

騎士団長「(黒騎士……個人の戦闘力だけなら魔王軍四天王の中で最強と聞く…どうする?)」

異世界人「(誰であろうと
立ち塞がる者はぶっ飛ばすのです!)」 

292 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/19(火) 14:29:07 ID:aGkCqJSM
異世界人「にゃふぅ!」バッ

黒騎士「なんだその踏み込みは?、止まって見えるぞ!」ガキン

異世界人「にゃにゃ!」

異世界人「(アクセルを掛けているはずなのに難なくいなされたのです!)」

騎士団長「私を忘れて貰うなよ!」ドン

黒騎士「はっ、そのなまっちょろい攻撃は何だ?」ガン

騎士団長「ぬぅ!?」

騎士団長「(見向きもせずに弾くだと?)」

黒騎士「…やはり一人ずつなら問題ないわけか」

黒騎士「闇障壁!」ブォン

騎士団長「うおっ!?」

黒騎士「少しの間、その闇障壁の中で大人しくしてもらうぞ、騎士団長」 

293 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/19(火) 14:39:34 ID:aGkCqJSM
騎士団長「ふん!」ガキン

騎士団長「…く、この壁、簡単に壊せそうにないか」


黒騎士「さて、まずは貴様だ、小娘」

異世界人「……」

異世界人「(おかしいのです、エーテルフィールドを展開しているはずなのに、魔法を使いやがったのです)」

異世界人「(どうなっているですか?)」

黒騎士「行くぞ!」ドン

異世界人「にゃふぅ!」ガキン

異世界人「(細かいこと考えても仕方ないのです!、まずはこいつをのしてやるのです!)」

黒騎士「どうした、その程度か?」

異世界人「にゃふぅ、アクセル状態の私より速いなんて…」 

294 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/19(火) 14:48:02 ID:aGkCqJSM
黒騎士「せやっ!」ガキンッ!

異世界人「にゃふぅ!?」ドテッ

黒騎士「終わりだ、死ね」

異世界人「っ、スプラッシュバルカン!」ズドドド

黒騎士「何だこの小細工は」キンキン

異世界人「簡単に弾かれたです…」

黒騎士「大人しく、死んでもらいたいのだがな!」ブンッ

異世界人「(にゃふぅ!、志半ばで死ぬ訳には…)」

キィン!

異世界人「……?、来ないのです」

黒騎士「……馬鹿な…!?」


光の妖精「……」キィィン 

295 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/19(火) 14:59:04 ID:aGkCqJSM
黒騎士「光の妖精、だと…!」

異世界人「にゃふ?、何なんですか、お前」

黒騎士「まさか貴様、伝承の勇者だとでも言うのか…」

異世界人「勇者?」

光の妖精「…!」カッ

パリィン

騎士団長「…壁が壊れた?」

黒騎士「…ちっ」

黒騎士「噂に聞く騎士団長と、勇者の素質を持つ小娘…」

黒騎士「闇障壁を無効化されては、戦うのは厳しいか」 

296 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/19(火) 15:11:16 ID:aGkCqJSM
騎士団長「光の妖精!?、まさか、君が…!?」

異世界人「みんな何を言っているのか分からないのです!」

黒騎士「……ここは大人しく退かせてもらおう」

黒騎士「任務は概ね達成したわけだしな」

騎士団長「何?」


水の妖精「こらー!、離しなさいよ!」

手下A「うるせー蝿だな!」ドカッ

水の妖精「きゃう!?」

手下B「黒騎士様、お連れしました」

戦士「……」

女侍「……」 

297 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/19(火) 15:20:04 ID:aGkCqJSM
騎士団長「先の試合の二人!?、どうするつもりだ!」

黒騎士「目的はあくまでも貴様らの戦力低下だ」

黒騎士「先の試合からまだ目覚めていなかったようなのでな、連れて帰ることにした」

黒騎士「こいつらは貴様と違って正義を振りかざしてるわけでもないしな、ちょっと手を加えれば簡単に我ら魔王軍の手駒となろう」

騎士団長「くっ!」

黒騎士「ではさらばだ!」バシュン

水の妖精「こらー、待ちなさーい!」

騎士団長「……行ったか」

水の妖精「……うぅ、戦士ぃ」グスン

騎士団長「……やるべき事はたくさんあるが、何より先決なのは」


光の妖精「……」フワフワ

異世界人「な、なんで私の周りを飛んでるです?」


騎士団長「勇者の件、だな」 

298 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/19(火) 15:31:30 ID:aGkCqJSM
………

女侍「……んぅ」

戦士「起きたか」

女侍「あなたは…そうでした、私は負けてしまったのでしたか…」

戦士「結果的には引き分けなんだがな、まさかクナイを投げて来るとは…」

女侍「いずれにせよ、私はあなたに倒されたのです」

女侍「ところで……ここはどこでしょうか?」

戦士「わからん、目が覚めたらここにいたんだ」

女侍「牢屋、でしょうか」

戦士「この雰囲気、街の城ってわけじゃなさそうだ、気を失ってる間に何があったんだ?」 

299 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/19(火) 15:40:59 ID:aGkCqJSM
女侍「あなたにもわからないのですか……」ピト

戦士「武器も全部取られてるみたいだ」

女侍「そういえば、クナイも爆雷符もありません」ギュ

戦士「……なぁ」

女侍「何でしょう?」スリスリ

戦士「な、なんで、その、くっついてくるんだ?」

女侍「私は遥か東の島国から旅をしてきました」

女侍「……私の運命の殿方を探す旅を」

戦士「う、運命の殿方?」

女侍「私を倒すくらいの強い方に出会った時は、その方に添い遂げる事を決めていたのです」

戦士「まさか、俺か!?」

女侍「はい、主様」

戦士「ぬ、主様?」 

300 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/19(火) 15:48:23 ID:aGkCqJSM
戦士「でもあれは引き分けでだな?」

女侍「私が主様によって地に伏したことは事実です」

戦士「しかし、その」

女侍「主様と共に一生を歩む覚悟は出来ております!」

戦士「い、いきなりそんなこと言われてもだな」

女侍「今はまだ贅沢は言いません、ですがこうしてくっつきたいのです!」ギュー

戦士「う、うを」


>>301「…あのさ」

戦士「!?」ビクッ 

301 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/19(火) 15:55:59 ID:e8Yeuh62
魔素精霊 (魔力そのものを拠り所とする精霊) 

304 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/19(火) 23:27:08 ID:aGkCqJSM
魔素精霊「よくこんなところでイチャつけるわね、あんたたち」

戦士「い、いたんだな」

魔素精霊「全くもう、見張ってるこっちとしてはげんなりするわー」

女侍「見張り?」

魔素精霊「あー、あんたたち寝たまま連れてこられたんだっけ、めんどくさいな」

魔素精霊「経緯を簡単に説明すると、あの大会に魔王軍四天王の黒騎士様が割って入って、あんたら二人を連れて帰ってきたの」

魔素精霊「で、とりあえず武器を剥いで牢屋に突っ込んだわけ」

魔素精霊「苦労したのよ?、二人とも投擲とか爆弾とか、至る所に武器仕舞ってるんだもの」

戦士「とすると、ここは魔王軍の領地ってことか?」

魔素精霊「領地も何も、魔王城その場所ね」

女侍「まあ…」ギュ

魔素精霊「ちっ、話してる間もベタつきやがって…」 

305 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/19(火) 23:38:03 ID:aGkCqJSM
戦士「で、お前は?」

魔素精霊「えー?、別にいいじゃないの、私の事なんて」

魔素精霊「まあ、黒騎士様が戻ってくるまでおとなしくしてればい……っぐ!?」ドクン

戦士「ん?」

ボンッ!

天使「あー!、あなた、あの時の!」

戦士「え、え?」

女侍「黒い見た目が白くなりましたね」

天使「大変だったんですよ!、あの後魔王城に連れて来られて」

天使「読心の魔法で聖剣の落とした場所が簡単にバレて、回収されてしまうし!」

戦士「…ああ!、お前、あの時捕まえた天使か!」

天使「今頃気づいたんですか!、もー!」

ボンッ!

魔素精霊「っ……はぁ、はぁ、完全に抑え込んだと思ったのに…」

女侍「…戻りましたね」 

307 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/19(火) 23:50:49 ID:aGkCqJSM
魔素精霊「……私はね、魔力そのものを拠り所としてる精霊なんだけどさ」

魔素精霊「魔力元素が飛び切り満ちた魔王城なら、そのままでも問題ないんだけど」

魔素精霊「ここより濃度が低くなる外だと、どうしても生きていけなくなるわけよ」

魔素精霊「だから精神力の高い奴の意識を乗っ取って、そいつの精神力を糧にするわけなの」

魔素精霊「乗っ取った状態なら外に出ても問題ないし、何より実体があると色々便利だしね」

魔素精霊「この身体は聖剣の在り処を聞いたあとは用済みだったらしいから、私が有効活用させてもらってるわ」

天使『早く開放してくださいー!』

魔素精霊「あー、やかましく抵抗してきてるわー、あんたが起こしたせいよ、もー」

戦士「俺のせいかよ」 

308 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 00:02:41 ID:8zzqb91.
魔素精霊「…とにかく、魔王軍に楯突こうと考えてないなら、悪いようにはしないわ」

戦士「楯突くも何もなぁ」

戦士「金さえ稼いでればそれでいいわけなんだよな」

女侍「私は主様と一生を添い遂げることを決めましたので」ギュ

戦士「あ、あー、そうか」

魔素精霊「け、満更でもねーってか、爆発しやがれ」

ガチャ

黒騎士「……」

魔素精霊「あ、黒騎士様」

黒騎士「……目が覚めたようだな」

戦士「……よう」 

309 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 00:10:02 ID:8zzqb91.
黒騎士「……楯突く気はなさそうだな」

戦士「そもそも武器がないからどうこうしようと考えられないな」

黒騎士「ふん、そうか」

黒騎士「まあ、貴様らの考えなど、どうでもいいわけだがな」

戦士「何?」

黒騎士「さて、これからは我ら魔王軍の手駒として働いてもらうぞ」キィィン

女侍「一体何を…ぐ」ガクッ

戦士「女侍?、…うぉ」ガクッ

黒騎士「……完了、と」

魔素精霊「……洗脳しちゃったんですか?」

黒騎士「ああ、奴らにぶつけるには自我は邪魔になるからな」 

310 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 13:46:36 ID:8zzqb91.
………

異世界人「私が勇者?」

騎士団長「そうだ」

騎士団長「 異界より現れし勇者、光り輝く導き手を引き連れ、伝説の聖剣を振るい、諸悪を討ち倒し、世を平定せん 」

騎士団長「天界の者から伝えられた伝承だ」

異世界人「確かに異世界から飛んできたのですけど」

騎士団長「そして、その光の妖精……あれ、どこに行った?」

異世界人「さっきどこかに飛んでいったのです」

騎士団長「そうなのか……」

騎士団長「まあ、光の妖精が力を貸すということは、君は勇者で間違いないのだろう」

異世界人「にゃふー……」 

311 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 13:57:54 ID:8zzqb91.
異世界人「(なんかおかしな事になってきたのです)」

異世界人「(世界征服を企てるはずが、何故か勇者になってしまったのです、わけわからんのです)」

異世界人「(……いや、待つのです、勇者となると、戦う相手は魔王軍)」

異世界人「(その一味は確かに世界征服と言ってたのです!)」

異世界人「(だったら、そいつらを倒すには都合がいいのです!)」

異世界人「にゃふー、細かい事はよく分からないですが、奴らをぶっとばせるなら、勇者をやってや」

ザシュッ

異世界人「っが……!?」

騎士団長「なっ!?」 

312 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 14:11:12 ID:8zzqb91.
異世界人「に、にゃふ……」ドサッ

騎士団長「投げナイフだと?」

異世界人「…まさか、またあの神経毒ですか……」

ザッ

戦士「………」

騎士団長「!、君は攫われて……まさか!」

戦士「……察しがいいな」ジャキ

騎士団長「洗脳したのか、魔王軍め!」

戦士「ぬん!」ブンッ

騎士団長「くっ」キン

騎士団長「……貴様には悪いが、魔王軍の軍門に下った者には、容赦せんぞ」

戦士「へ、そうかい」

ズバンッ!

騎士団長「……がはっ…!?」

女侍「………」 

313 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 14:25:00 ID:8zzqb91.
戦士「その気になるのが遅かったようだな」

騎士団長「後ろからとは…」ドサッ

女侍「……」チャキ

異世界人「にゃふー…動けないのです……」

騎士団長「くそっ……!」

戦士「黒騎士様の御命令だ、てめえらをここで、殺す」チャキ

水の妖精「待ちなさい!」

戦士「?」 

315 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 14:35:35 ID:8zzqb91.
騎士団長「君は戦士の……駄目だ、逃げるんだ!」

水の妖精「あんた、私の事忘れたなんて言わないでしょうね!」

戦士「誰お前」

水の妖精「っ……私よ!、水の妖精よ!」

戦士「俺は黒騎士様に忠誠を誓った、てめえみたいなちっこいのは知らんな」

水の妖精「……そうね、初めてあった時も私の事をちっこいなんて言ってたわね」

水の妖精「あの時、でかい熊に襲われた時に助けてくれた事、ほんとに嬉しかった」

戦士「……っ、なんだ、頭が…」

水の妖精「炎の狼を相手に初めて一緒に戦ったことは誇らしく思うし、私を住まわせてくれるっていったときは本当に助かった」

戦士「ぐっ……やめろ!」ブンッ

水の妖精「その後も色々あったけど、どれも楽しかった!」ヒョイ

戦士「ちぃっ……」

水の妖精「……あーもう!、昔語りは好きじゃないの!、とっとと目を覚ませ!」ドカッ

戦士「ぐっ!?」フラッ 

316 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 14:48:17 ID:8zzqb91.
戦士「くぅ……」

水の妖精「どう?、思い出した?」

ガシッ

戦士「てめえ、よくもやってくれたな」

水の妖精「え、ちょっと!、まだ洗脳解けてないの?」

戦士「このまま、握り潰してやる!」グググ

水の妖精「うぐぅ…、あ、諦めないんだから!、アイスコフィン!」キィィン

戦士「もがっ!?」ズボッ

水の妖精「あんたなんか、冷たいもの口に入れて、頭がキーンってなっちゃえばいいのよ!」

戦士「ぐあ、頭がっ……!」キーン

水の妖精「(よし!、手を離した!)」

水の妖精「今度こそ目ぇ覚ませー!!」パコーン

戦士「ぬぁっ!」ドサッ 

317 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 14:55:21 ID:zr/f9MdU
水の妖精ちゃんが、どんどんアイマスの水瀬 伊織(アイマス2Ver.)に見えてくる件 

318 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 14:59:33 ID:8zzqb91.
戦士「………」

水の妖精「………」

戦士「!、俺は一体何を?」

水の妖精「!、元に戻ったのね!」

戦士「……なんでお前が?、俺は攫われた筈じゃあ…」

水の妖精「心配かけさせるな!、馬鹿!」グス

戦士「……そうか、洗脳されたのか」

戦士「……だったら」

戦士「もう一人、目を覚ましてやらねえとな!」ジャキ

女侍「……」 

319 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 15:10:31 ID:8zzqb91.
………

魔素精霊「人間の見張りの次は倉庫の見張りかー、かったる」

コソ

魔素精霊「…んん?」

魔女「あっ」

魔素精霊「げぇ!、侵入者!」

魔女「うげへぇー!!、見つかっちった!」

魔素精霊「しかも魔女じゃないの!、急いで増援を」

魔女「待ったァ!、催眠魔法!」ボワン

魔素精霊「わむぅ!?、………ぐぅ」ドサッ

魔女「ふぃー、危ねーとこだったー、マジヤバかったわー」

魔女「……それで?、ここで間違いないの?」

光の妖精「……」コクリ 

320 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 15:21:36 ID:8zzqb91.
魔女「……はー、普段はこんなチビ助の頼みなんてクソ食らえなんだけど」

魔女「麗しの騎士団長様がピンチとあれば、私が動かないわけには行かないじゃないのよ!」

魔素精霊「……」ムクリ

魔女「んげ!、魔法効いてなかった!?、よしもう一回」

天使「ま、待って!」

魔女「……よく見ると見た目と雰囲気が全然違うわね」

天使「助かりましたー、あなたがあいつを眠らせたおかげで身体を取り戻せました!」

魔女「ふーん、まあ、魔王軍じゃないならどうでもいいや」

光の妖精「……」

天使「!?、光の妖精!?」

魔女「……そうだ、ちっと手伝ってくんない?」 

321 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 15:32:35 ID:8zzqb91.
………

女侍「……うぐ」ガクッ

戦士「ふん、試合で戦った時の方が強かったぜ」

女侍「……私は何をしていたのでしょう?」

戦士「戻ったか」

女侍「あ、主様!」

水の妖精「……主様ぁ?、あんた一体何したのよ」

戦士「あー、色々あってな」


黒騎士「ふん、洗脳が解けたか」ザッ

戦士「……てめえには世話になったな」

黒騎士「まあ、狙いである騎士団長と勇者は手負いの状態、貴様らがいなくとも後は私だけで十分だ」 

322 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 15:43:28 ID:8zzqb91.
戦士「きっちりお返ししてもらわないとな」チャキ

女侍「私を操った代償、高くつきますよ?」スチャ

黒騎士「貴様ら程度の実力で私を倒せると思っているのか?」

女侍「主様と力を合わせる事で、実力は累乗されるのです!」

戦士「え、あ、そうか?」

女侍「もう!、主様のいけず!」

水の妖精「何?、夫婦漫才するほど仲良くなってたわけ?、私が心配してる間に?」

戦士「今はそれどころじゃないだろ!」

黒騎士「……あくまで刃向かうか、ならば死を与えよう」ジャキ 

323 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 15:54:43 ID:8zzqb91.
女侍「爆雷符!」バサ

ドゴォォォン

黒騎士「ふん、目くらましのつもりか」

ヒュンヒュン

黒騎士「投げナイフとクナイか、この程度」カンカン

戦士「うおお!」ブンッ

女侍「せいや!」ブンッ

黒騎士「ふん」

ガキン

黒騎士「ぬるい」

戦士「左右からの攻撃をいなしただと?」

女侍「主様と刃をぶつけ合わせるとは……」

黒騎士「生半可な小細工は通用せんぞ」 

324 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 16:04:05 ID:8zzqb91.
戦士「ちっ、爆弾だ!」ヒョイ

黒騎士「……」パシ

戦士「行くぞ!」ダッ

黒騎士「策もなく突っ込むか、この爆弾は返すぞ」ヒョイ

戦士「お返しどうも」パシ

黒騎士「何?」

戦士「最初から火を点けてないのさ!」ブンッ

黒騎士「くっ」ガキン

戦士「パリィが遅れたようだな!」

女侍「貰いました!」ブンッ

黒騎士「黒雷波!」ズドン!

戦士「ぬぁっ!?」

女侍「うっく!?」

黒騎士「まさか私に魔法を使わせるとはな」 

325 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 16:14:20 ID:8zzqb91.
戦士「……クソめ」

黒騎士「不本意だが、これ以上は容赦せんぞ」ドン!

戦士「消えた!?」

黒騎士「ぬぅん!」ドゴォ

戦士「ぐっは!?」ズサー

女侍「主様!?」

戦士「(くそ、見えなかった…!)」

黒騎士「まずは貴様だ、逝ね」ブンッ

戦士「くっ!」

水の妖精「いやぁぁ!」 

326 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 16:25:13 ID:8zzqb91.
女侍「させません!」ドカッ

黒騎士「むっ」

戦士「お前!」

女侍「せやっ!」ブンッ

黒騎士「貴様から先に死にたいらしいな」キィン!

女侍「うっく!?」フラッ

戦士「待て!」

黒騎士「終わりだ」ブンッ

ドスッ

女侍「…がふっ」

戦士「女侍!」 


328 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 16:37:47 ID:8zzqb91.
黒騎士「……急所を外したか」ズボッ

女侍「うぐっ……」ドサッ

黒騎士「今度は確実に狙う」チャキ

戦士「てめえぇ!」ダッ

黒騎士「……うるさいぞ、雑魚」ブンッ

戦士「ぬぅぉ!」ガキン

黒騎士「む?」

戦士「おらぁ!」ブンッ

黒騎士「……ふむ」サッ

戦士「ちぃっ!」

黒騎士「驚いた、激昂でここまで実力が上がるとは」 

329 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 16:47:11 ID:8zzqb91.
戦士「……酒場で依頼受けて金を稼ぐ毎日だからよ、女には縁がなかったんだ」

水の妖精「(どこがよ……)」

戦士「そんな中であんな事言われちゃあ嬉しくないわけないだろうが」

黒騎士「……」

戦士「つまり、何が言いたいかと言うと、」

戦士「てめえだけは絶対に許さねえ!」

黒騎士「……吼えるのは終わりか?」チャキ

戦士「行くぞこら!」チャキ

「待ったー!」 

330 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 16:56:06 ID:8zzqb91.
戦士「…誰だよ」

ドスッ

戦士「!、剣が飛んできた?」

黒騎士「!?、その剣は!」

天使「戦士さん!、その剣を使ってください!」

黒騎士「く!、取らせるものか!」

魔女「転倒魔法!」ボンッ

黒騎士「うわっ!」ドテッ

戦士「……この剣は」

聖剣「……久しいな、戦う者よ」 

331 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 17:03:45 ID:8zzqb91.
聖剣「さあ、我を手に取るが良い」

戦士「いいのか?、俺は男だぜ?」

聖剣「お主に戦う理由が在るように、我にも戦う理由が在る、それだけだ」

戦士「へっ、そうかい」ガシッ

キィィン

聖剣「……これがお主の思い描く剣の形か」

戦士「そういえばお前、持ち手の意志で形が変わるんだったな」

戦士「まあ、子供の頃童話に出てきた勇者の剣の形だ、陳腐なもんだろ?」


魔女「……ぐぬぬ」

天使「ま、魔女さん、いい加減抑えてください」

魔女「出来るか!、あのナマクラ、私を魔法で誤魔化したしわくちゃババアと罵りやがって!、キィー!」 

332 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 17:15:59 ID:8zzqb91.
士「お前ら、女侍を頼む」

天使「わ!、これ早く止血しないとヤバイですよ!」

魔女「えー、めんどくさい」

戦士「実は魔女討伐の依頼を受けていて」

魔女「治癒魔法くらいちょちょいのちょいよ!、えっへん!」


戦士「さて」

黒騎士「………」ムクリ

戦士「これからが本番だ、行くぞ!」

黒騎士「……ふん!、伝説の聖剣を構えたところで私に叶うものか!」 

333 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 17:26:45 ID:8zzqb91.
戦士「うおお!」ガキン

黒騎士「……!」ギリギリ

戦士「(すげえ!、力が湧いてくるぞ)」

戦士「(これが伝説の聖剣の力か!)」

聖剣「(……この男、我を使いこなしているな)」

聖剣「(我の本来の力を発揮するには、何より心の強さが不可欠)」

聖剣「(……女だったらなぁ、意志を受け継ぐ者でもおかしくなかったよなぁ)」

聖剣「残念だ」ボソ

黒騎士「……くっ!」ブンッ

戦士「見える!」キィン 

334 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 17:37:40 ID:8zzqb91.
黒騎士「黒雷波!」ズドン!

聖剣「我を振るえ!」

戦士「ふんぬ!」ブォン

黒騎士「!?、魔法を打ち消しただと?」

聖剣「我は暗黒魔法なら無効化する事が出来るのだぞ?」

黒騎士「……そうだったな」

戦士「流石は聖剣だな」ダッ

黒騎士「ちっ!」ガキン

戦士「らぁ!」カァン

黒騎士「ぬぅぁ!?」フラッ

戦士「終わりだ!」

ズシャ! 

335 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 17:47:36 ID:8zzqb91.
黒騎士「……がはっ……」

戦士「……」

聖剣「……急所を突いた、終わりだな」

黒騎士「まさか、勇者でもない者にこの私が倒されるとは……」コロン

水の妖精「あ、兜が落ちた……え!?」

戦士「……女、だったのか」

聖剣「……何故魔王軍についたのだ」

聖剣「嘗ての主、剣聖よ!」

戦士「何?、こいつが剣聖!?」 

336 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 17:57:36 ID:8zzqb91.
黒騎士「……」

黒騎士「私の最期、覚えているか?」

聖剣「……先代魔王と相討ち、だったな」

黒騎士「そうだ」

黒騎士「私は確かにあの時死んだ」

黒騎士「しかし、現代魔王が私を蘇らせた」

黒騎士「……禁忌と呼ばれる蘇生魔法によって」

魔女「蘇生魔法だって?」

戦士「知ってるのか?」 

337 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 18:07:21 ID:8zzqb91.
魔女「蘇生魔法ってのは、その名の通り死んだ人を生き還らせる魔法さね」

魔女「ただ、文献上に存在するだけで、誰にも扱う事は出来ないはず」

魔女「仮に扱えたとしても、無限に近い量の精神力が必要になるはずよ、使うなんてまず無理ね」

黒騎士「ああ、その通りだ」

黒騎士「しかし、現代魔王には、蘇生魔法が使えたのだ、何故かは分からぬがな」

黒騎士「そして…私は恐怖してしまったのだ、先代より遥かに強い現代魔王の強さに」

黒騎士「……私は魔王の配下にならざるを得なかった、魔王の実力を知ったから」

聖剣「……」 

338 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 18:16:38 ID:8zzqb91.
黒騎士「くく、皮肉なものだな」

黒騎士「かつて私が振るった聖剣によって、私が死にゆくとは」

聖剣「主の間違いを正すのも我の務めである」

黒騎士「ふっ、そうか」

黒騎士「……ふう、私は疲れてしまった、一度死んだところを無理やり起こされたからな」

黒騎士「聖剣を振るった男よ、感謝するぞ……」

戦士「……」

聖剣「……逝ったか、今度こそ安らかに眠れ、嘗ての我が主よ」 

339 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 18:25:27 ID:8zzqb91.
その後

異世界人「にゃふ、これが伝説の聖剣ですか」

聖剣「猫耳少女、大好物である」

聖剣「存分に我を振るうが良い」

光の妖精「……」ヒラヒラ

騎士団長「……私も討伐隊に加わりたかったんだけどね」

騎士団長「やはりこの街の警備を手薄にするわけにはいかないからね」

騎士団長「頼んだよ……勇者!」

勇者「にゃふ!、任せるのです!」

勇者「(そして魔王を討ったら世界征服なのです!、にゃふふ!)」 

340 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 18:33:48 ID:8zzqb91.
………

戦士「ただいまー」

メカ娘「おかえりなさいまセ!」

女侍「ここが主様の家ですか」

メカ娘「あら、その方は?」

女侍「主様と一生を添い遂げる事にした女侍です、不束者ですがよろしくお願い致します」

メカ娘「まア!、本妻の方ですネ!」

メカ娘「安心しました、戦士様、もしかしてあっちの趣味かもしれないと疑っていたところでス」

戦士「あっちってなんだよ」 

341 :以下、名無しが深夜にお送りします:2013/02/20(水) 18:41:33 ID:8zzqb91.
水の妖精「ところで、良かったの?」

戦士「何が?」

水の妖精「魔王軍討伐隊、誘われてたんでしょ?」

戦士「よせやい、俺はそんな大層なもんに向いてねえよ」

戦士「それに、こいつらを置いて行けないしな」

女侍「あら、主様、どうしました?」ギュ

メカ娘「夕食は何にしましょうカ?」

戦士「もちろん、お前もな」

水の妖精「!、も、もう!」


戦士「さぁて、」

戦士「明日も依頼、探すか!」



おしまい